D30と作品制作(03/12/12)
■私の通勤路沿いのシャープ多気工場の拡張工事現場の壁面のクリスマス・イルミネーションです。昨年に初めてお目見えして今年で2年目。10階建てのビルくらいの高さがある壁面ですからすごくアピールします。家路のドライブが楽しくなりました。誰が何の目的でこんなことを始めたのか私は知りませんが、今年は「Love & Peace」のメッセージが入りました。誰だってそう思いますね!
■EOS D30で撮りました。レンズはEF20〜35mmF3.5〜5.6です。Pモード、評価測光のデフォルトの設定です。1/8、F3.5、補正なし、現像パラメータはすべて標準、ASA400、Large−FineのJpegです。レタッチはPhotoShopLEでリサイズしただけです。このシーンを商業的に使える画像とするためにはつぶれているそれぞれの部分(道路、車のライト、夜空、イルミネーションの各パーツなど)に適切な露出のカットをそれぞれ撮ってレイヤーでアセンブルするわけ。わかっていてもそこまでする時間はない!
■11月15日、D30で作品を作って勤務先の養護学校の文化祭に出品しました。「秋の海」のテーマの4枚組です。文化祭を目標に制作したわけで、何か目標がないと作品はなかなかできません。
■D30での制作は思いのほかスムーズに進みました。4月以来、D30を仕事カメラとして毎日使ってきて、傾向と対策がわかってきたことが大きい。EOSそのものもわかってきたように思っています。そのあたりのことをまとめて書いてみたいと思います。
■障害がある子どもたちの毎日を写真に撮って残すことは彼らの生命の証だと考えています。できるだけクオリティの高いものとしたい。だからSLR(一眼レフ)です。黒い帆布のカメラバッグに詰め込んだ機材はシグマのEX70〜200mmF2.8HSMが加わって7キロ近くにもなっています。毎日これを持ち歩いています。レンズは使わなくても持ち歩くだけでもカビ防止になるから!
■半年間、D30を常用カメラとして使ってきてほどよく馴染んできたところです。私が購入して2年、その間にEOSシリーズのデジタルは、D60、10D、1D、1Ds、そしてkissデジタルが発売されました。どれもが600万画素以上の解像度です。325万画素のD30はスペック上見劣りしますし、雑誌などでの比較テストでもその差は明らかです。解像度だけでなく色調や画質などのソフト面もこの2年間に進歩しています。でも、この頃、D30もなかなかいいじゃん!と思えてきています。
■D30のことは『デジタルカメラマガジン』2003年12月号で、今更ながら、でも、今だからこそ書ける特集があっておもしろいものとなっています。D30の受光素子はAPSサイズで325万画素です。EOS Kiss Digitalは同じAPSサイズで630万画素です。630万画素のメリットは明らかだけどD30の1画素当たりの情報量の多さがノイズの少なさに結びついているという記述に納得している私です。あと、後期ロットのモデルは画質やAFの精度が上がっているとのこと。私のD30はAFの精度もあまり気にならないし、画質は自分自身がD30に慣れることでかなりよくなってきたので大きな不満はありません。それは最後期のロットなので細かな改善がなされているということか。
■デジカメの色調の特性を云々することは銀塩のフィルム選びと同じですね。デジカメはランニングコストが少ない反面、一度買えばその色調から完全に逃れることはできない。しかも、色調や解像度、ピント、露出などはロットによってもちがうというのだ。自分が使う機材のことをどれだけ理解しているかもプロの条件です。私はプロではありませんが、D30のコダクロームライクのちょっとワケありの画像からいろんなことを学ぶこの頃です。
■私はD30にバッテリーグリップBG−ED3とEF20〜35mmF3.5〜4.5またはEF28〜135mmF3.5〜5.6ISを付けて常用カメラとしています。バッテリーは常時2個入れています。レンズそのものの画質はEF20〜35mmF3.5〜4.5が圧倒的にいい。画像管理ソフトでサムネイルを見るだけでわかる。でも、ブレのないカチッとした画像ということではISレンズの圧勝です。高解像度のデジタルカメラにおいてはピントが合っていることとブレがないことが何よりも重要なファクターとなってきます。大型三脚がそうそういつも使えるアイテムではありませんからISレンズが実用となってきます。325万画素ですらこうですから600万画素以上のクラスでは尚更です。いくら解像度が上がってもピントが甘かったりブレていたりではいい写真は撮れない。
■ふだん、現像パラメータの彩度、シャープネス、コントラストはすべて標準にして使っています。1枚1枚をレタッチするだけの時間がないからです。でも、作品に仕上げるときは全てを弱にするべきです。標準だとちょっと加工するだけで画像が荒れます。今回もあまりいじれませんでした。RAWもいいけどJpeg同時記録ができないD30だとやっぱりすごく面倒です。時間があるときでないと使えない。
■D30のJpeg、Large-Fineは1枚が2MB前後のデータです。今回はこれをPhotoShopでプリント用の360dpiワイド4つ切りにして保存用のTIFFに変換すると50MB近いファイルになりました。1枚が50MBというのはふだんから使える大きさではありません。パソコンもそれ相応の性能が求められる。メディアも容量が必要で、LaVieにDVD−RAMドライブをカスタマイズして助かっています。
■パソコンといえば、カラースペースの管理を徹底するにはやはりMacとのこと。

D30その後(03/4/24)
■新年度から仕事カメラとして使っています。カメラバッグはD30とバッテリーグリップBG-ED3、EF50mmF1.4、EF28〜135mmF3.5〜5.6IS、EF20〜35mmF3.5〜4.5、そしてバッテリーチャージャー、PCとの接続コード、CFカードやPLフィルターなどでいっぱいでとにかく重い! 重いけどカメラはやっぱり画質です。バッテリーグリップは常時使っています。この重さに慣れるとボディだけではもの足りなくてブレそうです。
■ピントは中央1点AFです。露出は中央部重点測光で撮ってきましたがよくはずれます。フラッシュを使うとさらにはずれます。これからしばらく分割評価測光を試すことにします。露出は距離情報も使って計算するニコンが正確ですね。かつて最も安価だったF60でさえも露出がはずれたショットはほとんど思い出せないくらいです。とにかくニコンの評価測光のノウハウはすごい!
■現像パラメータは1枚ずつレタッチする時間もないのですべて“標準”で撮っていますが、全部を“弱”に設定してレタッチする方がやっぱりきれいです。色調はイエローが強くてコダクロームみたいです。これはこれで味わいがあります。しかし、D30は色空間の設定ができない上にモニタとプリンタのカラーマネジメントもしていないので色に関してはレタッチしてもプリントに反映されません。
■画像全体の印象はやはりコダクロームです。イエローが強いだけでなく全体的に沈んだ色調です。レタッチしても私の技術ではベルビアにもプロビアにもできません。しかし、この落ち着いた色調はすでにノスタルジックなもので、いつか、D30のこの色調が根強い人気で雑誌に取り上げられることもあるでしょう。
■325万画素の解像度は今の水準で見るともの足りません。しかし、325万画素といってもある程度以上のレンズを使って三脚も使ってピントもきちんと合わせて撮って初めてその解像度を云々することができるのであって、今の私の使い方ではD30の325万画素の性能を十分生かしているとはいえません。Large-Fineモードで1枚のデータは2MBにもなることがあります。VAIOのHDDも日に日に埋まっていきます。325万画素でさえこの始末、600万画素クラスだと単純計算でデータサイズは2倍です。RAWとjpegの同時記録とかするものならパソコンも買い替えとなってとんでもない出費になります。私にはD30が身の程というところです。
■これは宮川のラブリバー公園の菜の花畑です。レンズはEF20〜35mmF3.5〜4.5、ISO100、Large-Fine、現像パラメータ全て“標準”、レタッチなしです。全体に白っぽいのはフレアです。フードを使ってもこのフレアとは…でも、見た目はこれでいいのかも知れません。

D30の画像(01/11/3)
■EOS D30で撮りました。レンズはEF28-135ISです。現像パラメータをすべて“弱”に設定して、Large-Fineモード、絞り優先、評価測光で撮影。ヒストグラムで確認するとアンダー寄りのEOSらしい評価測光です。レタッチは、PhotoShopLEのヒストグラムでレベルを明るめに、そしてトーンカーブでコントラストを上げてシャープネスも少し上げました。Web向けのレタッチです。
■サイトにアップするために解像度をぎりぎりの72dpiに落としてあり、JPGの圧縮もかかっているので画質はわかりづらくなっていますが、データはかなりのクオリティだと見ています。加工してもクオリティが落ちた印象がありません。
■昨夜、テレビで映画『グース』をみました。カナダとアメリカの紅葉した自然がすごくきれいで驚きました。あの色、あれはほんとにあの色なのだろうか、フィルムの色なのだろうか、編集時の加工の色なのだろうか…後半の少女とグースたちの長旅を彩る暖かい画面の色に魅入られてしまいました。
■『花時間』の11月号の色もとてもいい。いろんなフラワーアレンジメントの写真が、目にやさしい、暖かい基調のトーンで統一されていて、ずっとみていても疲れません。あんな写真は、でも、D30では撮れないかな? なんとなくハイライトに弱そう。ニコンD1xなら得意かも。

EOS D30のキャラクター(01/10/18)
■EOS-1Dのスペックと発売が発表されました。75万円という価格は私にはとても手が出ませんが、同じEFレンズを使うので気になるカメラです。1Dはフォルムがいいですね。
■1DはCCDを使っています。CMOSはD30だけなのだろうか、どうして?と思いましたが、CMOSゆえのメリットはまたD30の使い方を示しているように思います。D30のバッテリーのもちのよさは驚異的ですらあります。縦位置グリップにセカンドバッテリーを装着して私のように内臓ストロボを使わない使い方だと1000ショットはいけるのではないかと思うくらいです。1Dも500ショットはいけるということですが、D30はリチウムイオンバッテリーなのでバッテリーそのものが小さくて軽い。また、メモリー効果の心配もなく充電できますから取り扱いに気をつかわなくてすみます。
■そして、ちょっと“眠たい”発色ですが、これはCMOSだからというわけではなく、チューニングによるものです。キャノンは“素材”を提供すると説明しているとのこと。コダクロームのような落ち着いた画像は私には魅力です。彩度、シャープネス、コントラストの現像パラメータもますます眠たくなる“低”に設定してレタッチに耐えるデータで記録できるようにしています。ふだん仕事に使っているFUJIFILMのFinePixは正反対の画像ですからD30の画像はかえって新鮮です。FinePixの画像はそのまま使える彩度もシャープネスもコントラストもあります。レタッチするとかえって見られなくなります。レタッチをしないで使う画像です。S1proもいじれないデータとのこと。このあたりのキャラクターを承知して使うべきです。
■D30はまだまだ使いこなすところまで行っていません。パソコンで画像を見ると簡単に大きなサイズでピントやボケのチェックができますからどうしても細かなところまで気になってしまいます。まず、ピントです。どこにピントがあるのか、ないのか、それがよくわかる。こんなはずでなかった、と思うことがしばしば。絞りの選び方もシビアに出ます。そしてレンズによる歪曲も目立ちやすいのでレンズの特徴をよく知って使わないといけない。こんなことは銀塩でも同じなのに、写真を大きくして見る、ただそれだけでいろんなことがよくわかって勉強になります。
■D30のFine-Largeモードは1枚が1.4MBくらいのデータになります。それでもこのThinkPadに落とすには荷が大き過ぎるのにRAWモードだと1枚が3.4MBにもなってThinkPadの力不足を痛感です。

縦位置グリップのトラブル(01/8/3)
■D30は意外に大きいものでした。ふだん使っているEOS630も決して小さなボディではありませんし、重さも同じくらいですが、D30はホールディング時のボリューム感があります。プラスチックボディは高級感はありませんがラバーのシボはしっとり感があっていい。縦位置グリップを付けるとほどよい大きさで手になじみます。
■D30を箱から出して最初にしたこと、それは、液晶画面に保護フィルムを貼ったことです。D30は大事だけど道具ですからね、液晶のキズを気にしていたらいい写真は撮れません。これで一安心です。
■縦位置グリップにバッテリーを入れて…あれ? 縦位置グリップのダイヤルとシャッターボタン半押しが効かないではないか! さっそくキャノンのサポートディスクに電話をすることになってしまいました。キャノンのサポートディスクからの指示は、縦位置グリップを一度外し、取付け直して、グリップのスイッチをONにしてから本体ボディのスイッチをONにするというものでした。これで半押しは直りましたが、グリップのダイヤルはまだ反応しない。接点を乾いた布で拭いてみて、それでも動かなかったら修理に出してほしいとのことでした。ボディ内部の接点は、はしにバンダナを巻いて拭きました。これで縦位置グリップのシャッターボタン半押しとダイヤルはよみがえりました。よかったよかった!
■縦位置グリップのトラブルはこれが初めてではありません。ミノルタα707siの縦位置グリップのトラブルはあまりに頻繁に起こって何度もシャッターチャンスを逃したので早々に売り飛ばしてしまいました。写真雑誌によるとα707siの縦位置グリップはトラブルメーカーだったようです。ピンボケでもいいからとにかくシャッターが切れること、私はシャッター優先のアルゴリズムが好きです。
■さてさて、肝心の画像はどうだろう…ThinkPadの画面でFine-Largeモードしか見ていませんが、ピント、発色など、今まで使ってきたデジカメとは全く別物であることは確かです。一眼レフとして使えることがほんとにうれしい。とくにタイムラグが銀塩の一眼レフライクです。そして、ランニングコストが全然気にならない。ボディの値段が数分の一だったら仕事に毎日使えるのになぁ…と、貧乏性の私は思うのです。
■この秋、キャノンからEF70〜200oF2.8ISが発売されるようです。EOS1Dもうわさされているこの頃、私は一気にキャノンに傾いてしまっています。
■D30のユーザー情報は“EOS D30への道”でどうぞ。

EOS D30来る(01/07/26)
■2001年7月26日、CANON EOS D30が届きました。この夏の“ニューヨークひとり旅”と引き換えです。
■LEXARの8倍速80MBのCFカードとUSB接続のリーダーがおまけについてきました。
発売以来9か月、ニコンがD1xを5月に発売して、キャノンも売る気なんでしょうね。画素数で比べるとD30の300万画素とD1xの600万画素では比べようもありませんが、D1xとはキャラクターがちがいます。D30のほどよい大きさと重さ、バッテリーのもちのよさなど、扱いやすさが撮る人の意図を“絵”にしやすくしているように思います。“絵”作りとなると負けてはいないように思います。もちろん、後処理のテクニックが大事です。コスト面でも、RAWデータの現像ソフトもバッテリーもすべて込みで、値段がこなれてきておまけがついているので“買い”とみました。同時に購入したのは、縦型バッテリーグリップ、予備バッテリー、EF20〜35mmF3.5〜4.5USMと同フードです。
■D30の初撮りは週末でしょうか。まだ箱から出していません。取説を読み始めているところです。RAWデータ現像ソフト、コントロールソフトなどをパソコンにインストールして、それからです。USBが使えないThinkPadがちょっと悲しい。そうそう、付属ソフトといえば、Photoshop LE ver.5がついていたのがうれしい!
EF20〜35oF3.5〜4.5USMは銀塩のEOS 630に付けてみました。20mmという超広角レンズで初めてみるファインダーは何でもかんでも入ってなんとにぎやかなことか! おもしろい。

EOSD30とは何か?(01/7/8)
■7月初めに発売の『EOSD30完全ガイド』(インプレス)をインプレス・ダイレクトに予約して買いました。発売から半年以上も過ぎた今、キャノンEOSD30に関心をもったのは、『デジタルカメラマガジン』7月号(インプレス)でEOSD30を使って仕事をしている安珠を特集していて、彼女の画像に好印象をもったからです。そして、『EOSD30完全ガイド』のEOSD30の画像もこれまでのD30の印象を払拭するものでした。
■5月に発売されたニコンD1XはD1から画素数が一気に倍になり、色空間も一般的なRGBとなって、なんとか手が届く価格の一眼レフタイプのデジカメもいよいよ銀塩に追いついたかの感をもったばかりです。雑誌やWebサイトで見るD1Xの画像は圧倒的なきれいさです。今更325万画素のEOSD30の専門書とはどういうことなのだろう。
■雑誌で掲載されるEOSD30の画像はどれもパッとしないものばかりでした。解像度が低くぼやけた発色、そして偽色も多い。EFレンズで撮ったとは思えない。30万円もするカメラとはとうてい思えません。ところが、安珠や『EOSD30完全ガイド』の画像は、解像度も発色も35mmの銀塩と比べても何ら遜色のないものです。むしろ、デジタルでしかできない、一見してそれとわかっても見る目を惹きつける後処理に耐える画像を記録するEOSD30はここにきて底力を現してきたというべきでしょう。
■“ここにきて”と言うのは、EOSD30の撮影から出力までのノウハウがわかってきた、あるいは、公開されてきた、ということだと考えています。銀塩もそうなのですが、最終出力のクオリティは撮影から最終出力までのステップ(カメラ、レンズ、メディア、ライティング、ピント、絞り、シャッター速度、記録モード、レタッチ、モニタ、プリンタ、ペーパーなど)のすべてがバランスよく整って初めて得られるものです。とくに、記録モードとパソコンの後処理のコンビネーションは意外なセッティングが好結果を生むこともめずらしくありません。EOSD30はそうしたノウハウがあまり知られないまま使われてきたのではないでしょうか。プロの技術が公開されるようになって、私もEOSD30に手になじむ道具としての引力を感じ始めています。
■EOSD30で撮った画像は一見“眠たい”ものですが、レタッチに耐えること、また、RAWデータも付属の専用ソフトでそこそこ使えることなど、そして、どこか手が届く印象があります。D1Xは値もいいがどこか敷居が高いように思うのはどうしてでしょうね。EOSD30はどこかMacのように思われます。
■ところで、今、銀塩写真がデジタル処理化されてきていることをみなさんご存知ですか? ネガカラーフィルムをスキャンしてプリントするのです。街のミニラボで行われる銀塩写真のデジタル処理は、私の印象では、ネガカラーの豊富な階調やレンズとフィルムの個性が失われているように思われて仕方がありません。あるカメラの全国チェーン店では、プリントのデジタル化にともなってカメラの販売もデジタルカメラを正面にもってきています。単価が高くてモデルチェンジが頻繁なデジタルカメラは収益性に優れているのでしょう。だからといって従来のフィルムまでもデジタル処理にするのはどうでしょうか。テレビのCMもフジフィルムが新発売した従来タイプのフィルムN400を使うプロが多いと聞きます。私はデジタルも好きですが従来のフィルムも好きです。コンシューマーレベルでも棲み分けはできないものでしょうか。
■といいいながら、私も急速にデジタルにシフトしています。手持ちの機材で最終出力まで自分の手で行えることがいちばんの魅力です。それなりの投資は必要ですが、処理の繰り返しにもランニングコストはほとんどかかりませんからね…