『放課後の音楽室』…『image』から(01/12/29)
■鈴鹿の島村楽器までミキサーを受け取りに行きました。8チャンネルの小型ですが私のDTMにはこれで十分と思っています。
■往復のドライブは『image』(イマージュ)ばかりきいていました。このCDを買った理由は加古隆の『黄昏のワルツ』がききたかったからです。私は曲名をあまり意識しなくて、『黄昏のワルツ』という曲名もたった今知ったばかりです。『黄昏のワルツ』よりもNHKの『にんげんドキュメント』のテーマ曲として覚えていました。だから、ゴンチチの『放課後の音楽室』も、知り合いと、ゴンチチの曲の雰囲気と『放課後の音楽室』の言葉のイメージがいいねという話をしておきながら、その曲が『image』に入っているとはたった今まで知りませんでした。何百回ときいてきたのになんということか!
■『image』をずっとききながら、帰りは広域農道グリーンロードをゆっくり走ってきました。やわらかな冬の日差しがちょうど逆光で、冬枯れの枝に残った枯れ葉は金色に輝いていまいした。
■加古隆の曲は『image』に2曲入っています。『パリは燃えているか』も印象的な曲です。そして、ゴンチチの『放課後の音楽室』もアンドリュー・ロイド・ウェッバーの『ピエ・イエズ』も宮本文昭のオーボエもエンニオ・モリコーネもきき応え十分です。音楽が空間を作っています。きく人はその空間に包まれてしまいます。そんな音楽はどうしてできるのでしょうか。そんな文脈に身を委ねてみたいと思うことがあります。

“ふちなし”に心乱れる年の暮れ(01/12/28)
■やっと年賀状を作ってプリントを始めました。“ふちなしプリント”にしたくて、今のプリンタを下取りに出して新しいプリンタを買おうかどうしようかとずっと迷っていました。“ふちなし”だと年賀状のデザインもちがってきます。それで今頃になってしまいました。“ふちなし”はキャノンも参入してエプソンの独壇場ではなくなりました。消費者にとっては選択肢が増えたわけで大歓迎です。クオリティ競争も価格競争も期待しています。こうして迷っていていもやっぱり楽しい。でも、ほんとにエプソンとキャノンのどちらがいいのだろう。
■今使っている2台のカラープリンタ、エプソンのPM2000CとPM670Cは“ふちなしプリント”も長年月保存もできませんが、画質はこれといって不満はありません。インクも安い! 画質に不満があるプリントは元データのクオリティに問題があるからその程度のプリントしかできない場合がほとんどです。店頭のプリントサンプルはプロのフォトグラファーがそれなりの機材を使ってそれなりの条件下で撮影したものが元データとなっています。プリントの粒状感は参考になりますが、サンプルのあの見た目の「わっ、きれい!」感はアマチュアではほとんど出せないですね。だから今のプリンタでいいや、と思ってしまうのです。
■でも、“ふちなし”の魅力はまた別です。銀塩写真のプリントから白い枠がなくなったときはどこを持てばいいのだろうとはたと困ってしまったことを覚えています。今では白い枠も写真の一部で意図的に使うものだと思っています。モノクロのネガの黒枠もそうです。“ふちなし”は写真に広がりがあっていいものだと思っています。ほしい!
■いろいろ調べていくうちに単純な疑問が湧いてきました。デジカメで撮っても銀塩で撮っても、元データの縦横比は必ずしもプリントペーパーのそれと一致するわけではありませんからどこかがカットされてしまいます。そのへんの処理はどうなるのだろうという疑問です。データのクオリティを上げるには撮影時から余分なところは写し込まないことが大事で、もちろん“作品”として撮影時の構図は大事にして仕上げまでもっていきたい。一眼レフのファインダー視野率100%にこだわる理由はそこにあります。
■元データと“ふちなしプリント”の関係について、『デジタルカメラマガジン』1月号では次のように書いてあります。「余白付きはPMシリーズ、四辺フチなしはBJシリーズが印刷しやすい」という見出しで、「余白を付ける場合、画像が用紙の中央にあるほうが見た目は美しい。ところが、PMシリーズは「用紙設定」画面の「印刷可能領域」の「センタリング」をオンにするだけでこれが可能だが、BJシリーズにこの機能はない。Photoshopの「プリントプレビュー」画面の「画像を中央に」をオンにしても1o程度のズレが出てしまう。」 また、「PMシリーズでの四辺フチなし印刷は、用紙サイズとプリントサイズを合わせても、はみ出し量が多めであるため画像内の必要な部分が切れてしまうことがある。これに対し、BJシリーズでは「はみ出し量」を設定できるので、これを小さくしてできる画像が切れないようにすることが可能だ。ただし、はみ出し量を最小にした場合、用紙の左右に1o程度の余白ができることがある」というのだ。つまり、PMシリーズの“ふちなしプリント”は“やってみなけりゃわからない”し、BJシリーズでは“確実にできるとは限らない”のです。
■そんなこんなで“ふちなしプリント”は見送って、余白のコントロールをソフトの操作とコンテンツのデザインで工夫して「わっ、きれい!」感を出そうとしました。
■ソフトはこれまでフジフィルムの『かんたん!』を使ってきましたが、余白がどうしても広くなってしまうので今回は他のソフトを試してみることにしました。ふだん仕事で使っている『ワード』の「ページ設定」でやたら細かい数字が並んでいること思い出して、余白のコントロールもかなりのところまでできるのではないかと試してみました。プリントの「上」「右」「左」を3oに、「下」を14oにすると、ほどよい余白と最大サイズのコンテンツのスペースがとれることがわかってきました。でも、「下」の14oはどう見ても「余白」です。かといってプリンタドライバで「センタリング」をオンにすると「下」はやっぱり14oを残してコンテンツが切れてしまいます。その余白をどうしようかとずっと考えていて、そこに新たにデザイン文字などをプリントして埋めることを思いつきました。もちろん、2回目のプリントでは上下を逆にします。1回目でできた「下」の余白が2回目のプリントでは「上」にくるようにセットするわけです。これはうまくいきました。葉書を横長で使って、右横の縦余白にデザイン文字を入れました。
■『ワード』は年賀状などカード作成専用ソフトと比べても遜色のない処理ができることがわかりました。むしろ『ワード』の方が柔軟にこなしてくれるように感じています。
■今回の年賀状は郵政省のインクジェッタプリンタ用年賀葉書を使いましたが、階調や黒のしまりに不満がありました。テストプリントはフジフィルムの光沢葉書でしました。こちらはさすがにきれいです。色のヌケ、細かな粒状感、豊かな階調、黒のしまり…CPを考えるといい選択だと思っています。
■それにしても“ふちなしプリント”はもうちょっとユーザーの意図がきちんと反映できるようにならないものでしょうか。それともこんなうるさいユーザーは他の方法を考えるべきなのでしょうか。

『ハリー・ポッターと賢者の石』(01/12/25)
■桑名のマイカルまで『ハリー・ポッターと賢者の石』をみに行きました。制作の意気込みも160分という長さがよく表しています。
■原作も主役もイギリス人なのでイギリス演劇の香りを期待していましたが、お金もCGもやっぱりアメリカでないと用意できなかったようです。音楽はジョン・ウィリアムスで、ホルンとトロンボーン主体のメロディに弦の刻みはやっぱりこれもアメリカの香りです。画面のエンターテイメントさという点ではおもしろかったですね。
■主役のダニエル・ラドクリフは抜群のキャスティングでした。パンフレットには、コロンバス監督がBBC制作のテレビ映画『デビッド・コパフィ−ルド』のビデオ・ジャケットを見て「ここにいた! ハリー・ポッターがいたよ!」と叫んだとのことです。デビッド・コパフィールドとハリー・ポッター…ふたりとも小さな頃よその家に預けられて育ち、自分が進むべき道を理解ある人たちとともに見つけていきます。その真摯な姿に共通するところがあります。ハーマイオニー・グレンジャー役のエマ・ワトソンもロン・ウィーズリー役のルパート・グリントもよかったです。ハリーとロンのヘアスタイルはちょっとマッシュルームっぽくてイギリスの香りです。
■桑名のマイカルには三重県唯一のスターバックスがあります。私はスターバックスのカプチーノが大のお気に入りです。今日は白地にスタバのマークのタンブラーに入れてもらって『ハリー・ポッター』をみに行きました。このタンブラーはコーヒーを飲みながらの通勤ドライブに使います。シンプルだけどお洒落なデザインです。保温効果もあるし飲み口付きのフタもいい。スタバの落ち着いた店も好きで、今日も雑誌を読みながら長い時間いました。
■その雑誌は『デジタルカメラマガジン』(インプレス)の1月号です。キャノンEOS1Dの特集です。EOS1DとニコンD1xはどうしても比べてしまいます。私はそのどちらも実物すら見たことがありません。雑誌やインターネットのサンプル画像を見てのコメントです。たしかに解像度という点ではD1xが有利ですが、どこか銀塩ライクな深みがあるEOS1D
のデータに好感を持っています。デジタルカメラの写真はコンピュータでのレタッチも含めていかに作品としてまとめるかが大事なので、そこまで視野に入れた使い勝手を見ていきたいと思っています。今から思うとニコンD1はNTSCという色空間がよかったのでしょうか。
■『デジタルカメラマガジン』1月号では、他に、「EOS1D、EOSD30にライカやコンタックスのレンズを装着する」が興味深いコンテンツでした。ライカのレンズとEOSとの“相性”は抜群ですね。あと、「プロが教える作品作り全行程徹底マニュアル」がわかりやすくまとめてあって、これまでいろいろな本を参考に手探りでしてきたレタッチは何だったんだろうと思ってしまいました。ところで、PhotoshopElementはどうしてトーンカーブを省いてしまったんでしょうね。ほんとに残念です。

ソフトウエア・デザイン(01/12/23)
■今テレビで『題名のない音楽会』が始まって鈴木重子のクリスマスソングをききながら書いています。
■昨日の朝、アット・ニフティから「お誕生日おめでとうございます」というメールが届いて、あっ、そうか、誕生日だったと思い出しました。
■古本屋で本を3冊買いました。『実録!天才プログラマー』(マイクロソフトプレス編、岡和夫訳、アスキー出版局、1987)、『ヘレン・ケラーはどう教育されたかーサリバン先生の記録ー』(アン・サリバン著、槇恭子訳、明治図書、1973)、『ソフィーの世界ー哲学者からの不思議な手紙ー』(ヨースタイン・ゴルデル著、須田朗監修、池田香代子訳、NHK出版、1995)で、100円、100円、700円という値段!
■『実録!天才プログラマー』は予想通りの内容でした。コンピュータのソフトウエア・プログラマーたちはどうやってあのプログラムをデザインするのか。プログラマーたちはインタビューでその技術だけでなくセンス、美学、哲学についても語っています。プログラムというよりデザインですね。エクセルをデザインしたチャールズ・シモニイは「プログラミングは芸術です。ちょうど高エネルギー物理学がそうであるようにね。」「最良のアルゴリズムをつかむのは科学です。そして、構造を心に描くのは芸術です。」と語っています。彼のインタビューは、ワードやエクセルの特性に始まって、ヘリコプターの操縦、現代詩へと及んだとのこと。コンピュータを理解するにはコンピュータの歴史を知ることが大事だということを本で読んだことがあります。コンピュータの理解の意味するところはその本の文脈を知らなければそれこそ理解できませんが、私はその本を読んで妙に納得してしまったことを覚えています。コンピュータは科学の最先端という印象がありますが、どこか気まぐれなところがあってコンピュータと格闘している自分がおかしくなるときがあります。そう、自分を意識してしまうところは芸術といっていいのかも知れない。コンピュータそのものを芸術だと仮定するといくつか腑に落ちておもしろい。ルネッサンスやゴシックもあればコンテンポラリーもある。とくに自由度の高いソフトウエアのデザインはアートの感覚で創造し構築していくのだろうと想像できます。この本を読み始めて今年の疲れがふっとんでしまいました。なんと価値ある100円!
■『ヘレン・ケラーはどう教育されたかーサリバン先生の記録ー』は障害児教育の大事な原則を彼女が見いだしていった記録でもあります。例えば、「私は、今のところヘレンに規則正しい授業をしないようにしています。…子どもがまだ役に立つ用語を習得していない時期に、勉強の時間や場所を決めたり、また決められた課題を暗唱するように強いることはまちがいだということについ最近気づきました。」…これも100円だよ!
■『ソフィーの世界ー哲学者からの不思議な世界ー』はまたいつか読むかな、と思って買いました。昨日はこういう傾向の本ばかり目についたわけで、どうしてだろうね。
■テレビでは鈴木重子が羽田健太郎のピアノ・トリオでジャズアレンジのクリスマスソングを歌っています。もう、うっとり! 今日のドライブは彼女の歌をききながら!

Mac & Tiara(01/12/21)
■仕事でMacを使うことになってMacOSXの本を買ってきました。GUIなので基本的にWindowsと同じはずですが、そのちがいの本質を知りたくてあれこれ考えています。どちらかというとプライベートもMacにしたいと思っていますが、XGworksはじめ、Windowsに限られたソフトもあるのでなかなか踏み切れないでいます。そして、このThinkPadにはやっぱり愛着があります。ところが画面のデザインはMacライクに設定していて混沌としている…。
■APSカメラ、ティアラixで撮った写真を初めてDPEに出しました。すごくきれいに撮れていて驚きです。ネガは35mmのほぼ2/3のサイズしかないのにどうしてこんなにきれいなのだろう。レンズもわずか3群3枚なのに! 発色、ピントのキレ、質感、いいですね。EBCのネーミングはただものではない。周辺光量の落ちやピントのクセをつかんだらすごくいい写真が撮れそうです。ちょっとLOMOっぽいかな。そして、画面の縦横比が35mmと比べて少し横長で、横の広がり感があって気持ちがいい。ほんのちょっとしたちがいなのに印象が大きくちがいます。しばらくのめり込んでしまいそうです。DPEはカメラのキタムラに出しました。デジタル処理なので仕上がりが気になりましたが、これ、銀塩処理? 深みのある色、豊かな階調…どうみてもデジタルにはみえません。もしデジタル処理だったらすごーい!
■昨日、知り合いからデジカメは何がいいかという相談がありました。デジカメはスタイルも画像もすごくバラエティーがあってほんとに楽しい。でも、自分がどれを買うかとなるとすごく悩んでしまいます。私は画像をそのまま使うのだったらフジフィルムのファインピクスがいちばんのお気に入りです。人の肌がすごくきれい! そして片手でしっかりホールドできる縦長のボディがすごく使いやすいから。でも、レタッチをすると画像はガタガタです。このへんを承知の上で使っています。
■『ONLY LOVE』をきき続けています。今日は冷たい雨の日でした。『ONLY LOVE』をきいていると雨の日のドライブも渋滞も何も気になりません。

『ONLY LOVE』(01/12/18)
■癒し系のCD『pure』(ピュア)の『ONLY LOVE』をきいて耳がくぎづけになってしまいました。今日は朝から遠出もして、ドライブ中はこの曲ばかりリピートで3時間もきいてしまいまいした。TBS系のドラマ『百年の恋』の主題歌とか。ドラマは見ないので全然知らなかった。
■『ONLY LOVE』はナナ・ムスクーリが歌っています。ナナ・ムスクーリの歌はもう10数年も前、愛知県の民族博物館リトルワールドで流れていた『紡ぎ歌』がとても印象的でした。『ONLY LOVE』は彼女のフォーク路線とはちょっとちがいます。バックのアレンジもストリングスのアレンジがとてもきれいです。ポップスとして古典的ともいえるかも知れない。よくあるはずなのにどうして今まで知らなかったのだろうと思わせるおしゃれな演奏です。
■この日曜日に無印良品で見たスプーンもそんな感じです。無印良品のキッチンデザインはどちらかというと直線とマテリアルの素材感を生かしたデザインというイメージですが、そのスプーンは、どこにも直線部分がない大きなカーブとキラキラしたポリッシュ仕上げが魅力です。どうして今までこんなスプーンと出会わなかったのだろう。私はそのスプーンをひとつ、ガラスのショーケースの上に置いて、片膝をついてしばし見入ってしまいました。こんなスプーンがお似合いの料理を作りたいと思いました。料理だけでなくテーブルデザインもトータルに考えたい。スプーンひとつでこんなにも幸せになれるなんて、デザインの力は大きい! これも冬支度かな?
■「あなたといると/どこか/冬の午後にいるみたい」そんな詩があって私はよく思い出します。銀色夏生の『葉っぱ』です。寒い冬なんだけど陽だまりのあのなんともいえないあったかいひととき…その刹那の光と色と、そして、暖…村上英子の詩『欲しい』にそのイメージがなかったのはどうしてなんだろう…

これも冬支度(01/12/16)
■スタッドレスに履き替えた車を久しぶりに洗いました。コーティング専用ポリッシュもかけて半年ぶりの光沢です。
■鈴鹿のベルシティの無印良品に行って4穴のリングファイルをあるだけ買いました。あるだけ、といっても3つしかありませんでした。A4に8cm間隔の穴が4つです。このファイルシステムは、この夏、東京銀座の伊東屋で初めて見つけて「これは使える!」と思いました。とりあえずファイル1つとリーフ、クリアポケット、穴あけ器を買ってきました。パソコンのプリントアウトをまとめたり、楽譜をファイルしたりと最適のシステムですが地方では入手ができません。三重県では無印良品だけかも知れません。今日はクリアファイルも買いました。素材はとてもしっかりしていて、100枚で1200円はCPは高い!
■ベルシティは島村楽器もいつも行きます。ドイツのベーリンガー社の8チャンネルのミキサーを取り寄せてもらうことにしました。手頃なサイズとCPの高さは抜群です。あと、ヘッドウォンワイヤレスマイクも見てきました。これはまだ手が出ません。XGのDTMを中心にしたサウンドシステムには、あと、アンプに一工夫でしょうか。DSPアンプに関心があります。これはヤマハがねらい目です。
■夕方は津のルーテル協会に、大城梨花&杏花の“クリスマス・チャペル・コンサート”に行ってきました。今日の大城梨花のオリジナルはいつになく張り詰めたものがありました。フルートの音も。
■夜は『ほしひとつ』の打ち込みをしました。XGの音をきくのは久しぶりです。やはりいい音です。
■深夜はテレビでケビン山崎の肉体改造法を見てモチベーションを刺激されました。ウエイトトレーニングとタンパク質の食事、そしてアルコール抜きで3週間で体が変わるというものです。食事は毎日1.5kgのチキンを8回に分けて摂るというものです。清原、千代大海、陣内と、彼のメニューで成果を上げているとのこと。「肉体が変われば文体も変わる」と言ったのは村上春樹です。
■あれもこれも冬支度です。

冬支度(01/12/15)
■急に寒くなってきました。仕事の帰りに寄った自動車用品店でスタッドレスタイヤとアルミホイールの格安セットがあと1つなのでその場で即決購入となりました。“広告の品”にもならないそんな在庫処分品は自分の足で探すしかありません。アルミホイールのデザインが今ひとつと思いましたが、取り付けてみるとそんなにミスマッチでもないのでホッとしています。いつ八ヶ岳高原に行けるかわかりませんが、スタッドレスにしておけばいつでもすぐ行けるし、ここ松阪で雪が積もっても大丈夫です。
■冬支度といえば、何年ぶりかでセーターも買いました。ベージュ地にアーガイル柄です。やっぱりトラッドになってしまいます。その上に皮ジャンを着るとなんと暖かいことか! これでモノクロを詰めたレンジファインダーのカメラなんか襷がけにして街を歩くと最高だろうな…
■冬にきく音楽といえばクリスマスソングですが、今夜はモーツァルトの『レクイエム』をきいています。もう少し寒くなるとチャイコフスキーの『悲愴』もいい。これも冬支度?

『FROM A DISTANCE』(01/12/2)
■団地のそうじがありました。落ち葉拾いです。近くの公園は“かえで公園”という名前の通り、楓がたくさんあります。その前の歩道の並木はハナミズキで、楓とハナミズキと桜と、晩秋の紅葉はため息が出るくらいすてきです。少し残った葉っぱを見上げていると八ヶ岳高原を思い出しました。もう12月、この冬も八ヶ岳高原に行きたいと思っています。
■昨日、兵庫県三田市まで音楽療法の研修会に行きました。音楽療法と感覚運動学習を積極的に組み合わせた療育です。音楽療法にシフトしている私にとっては、音楽療法と感覚運動学習を効果的に組み合わせる例としていい勉強となりました。
■三田市との往復の電車ではCDwalkmanでリチャード、クレイダーマンの『From A Distance』をずっときいていました。この曲は2年前の横浜国立大学教育学部付属養護学校の公開セミナーで、ムーブメントのパフォーマンスで使われて魅了されました。体育館いっぱいの参加者が広げたプレイバルーンを会場の前から後ろ、後ろから前へと上に伸ばした手で送るときこの曲が流れました。私にとっては、リチャード・クレイダーマンのアレンジはこの
『From A Distance』がナンバーワンです。オーボエのソロから始まって、ピアノとストリングスが綾なす音楽は、ときに高まりときにおだやかにモチーフ繰り返しながら流れます。ホルンの対旋律がかすかにきこるとコーダです。8小節にもおよるバイオリンのペダルポイントもコントロールし尽くされたアーティキュレーションも、シンプルな構成ながらその出来栄えはとても魅力的です。この曲ばかり4時間もきいていたことになります。
■大阪のなんばCITYの地下広場でLUNA(ルナ)という女性2人のバイオリンとクラビノーバの演奏をききました。クリスマスのYAMAHAのデモです。バイオリンはヤマハのサイレントバイオリンです。フロッピーに入れたXGデータをクラビノーバで演奏しながらバイオリンとクラビノーバの生演奏をつけるわけです。XGの打ち込みはそれほどでもありませんでしたが、生演奏がよかった。クラビノーバは液晶画面の楽譜を見ながら、ときにアドリブで弾きます。バイオリンもそうです。ジョージ・ハリソンを偲んで演奏した『イエスタディ』はバイオリンとナイロンアコギのクラビノーバでした。やっぱり生演奏がいちばんだと思いました。XGももうちょっと作り込んであったら印象もちがってきたのかも知れません。

久しぶりの雨の日に・・・(01/11/29)
■久しぶりの雨、久しぶりの雨の日のドライブでした。
■17日の『シアワセになるコンサート』のピアノがあまりにひどくて落ち込んでしまい、コンサートの録音はピアノの部分だけきく気がしなかったのですが、昨日あたりからやっと落ち着いてきくことができるようになりました。今日は通勤ドライブで、ピアノで弾いた『あ・い・う・え・おにぎり』ばかりリピートできいていました。この歌は楽譜が手に入らなかったしテレビ放送も見ることができなかったので“うたのおねえさん”が覚えて歌っているメロディーにコードと伴奏をつけました。10月17日発売のCD『ハオハオ』でオリジナルをきくことができましたが、どういうわけか、それまでなじんできた“記憶版”の構成と歌詞の方が自然に思えてなりません。本番も“記憶版”にしました。テンポが変わる前の“つなぎ”の2小節はCDのオリジナルから採譜しました。録音は“XGグランドピアノ”がかなりのクオリティだし、 生の演奏だけがもつ微妙なテンポの揺れや歌とピアノのやりとりがすごく楽しくてスリリングです。音楽はやっぱりいいなぁと実感の雨の日のドライブでした。
■夜になっても雨が残っていました。雨の中を久しぶりに書店に行っていろんな本を見てきました。
■“COOKING”のページにアップした“チキンのハーブ蒸し焼き”は、あれは「蒸し焼き」じゃないよな、ネーミングをどうしようかな…などと思いつつ料理の本のコーナーに行きました。やっぱりイタリア料理の本が気になります。あれこれ見ているうちにクリスマスディナーのメニューを考え始めました。イタリア料理もいいけどパエリヤも気になります。そして、テーブルのデザインも! テーブルクロスやキャンドルや、あれこれ考え始めると楽しい!
■しばらく書店に行かなかったらリースを特集した『花時間』の12月号はもう姿がありませんでした。残念!

ATACカンファレンス2001に来ています(01/11/23)
■京都で書いています。25日までの3日間、ATAC(エイタック)カンファレンス2001に来ています。ATACとはAssistive Technology & Augumentative Communicationの略で、障害がある人たちへのAT(支援技術)とAAC(コミュニケーション技法)についてのセミナーです。会場は国立京都国際会館です。
■約60のセミナーから自由に選んで参加する形態です。開会の挨拶もなければ各セミナーの司会もなし、会場に講師が来て自分で始めて終わるという運営です。質問はどこでしてもいいし、昼食時間もセミナーが続くのでサンドイッチなどを食べながらの参加もOKです。参加者は管理されているという感じが全然しません。参加者の意志が尊重され任されています。それが、かえってモチベーションを上げています。こんな研修会は初めてで驚きながらもすごく心地いいのです。
■どのセミナーも1時間という枠をいっぱい使ってすごい情報量です。自己決定という理念に裏付けられた支援技術とコミュニケーション技法は具体的かつ明解で、明日明後日と続くセミナーが楽しみです。
■2つのセミナーでアメリカとノルウェーの自己決定についてその徹底ぶりを聴くことができました。小さな頃から選択肢から自分で選ぶというトレーニングを続けてきた人は自然に自己決定の力が身についているとのこと。“語るべき自分”も“守るべき自分”もあるということです。ひとり、ということもまた強く意識されているとのこと。
■夜は一緒に来た4人で京都駅に行きました。クリスマスデコレーションがほんとにきれいで、カップルが写真を撮りあっている中、男4人が輝くツリーの前で記念撮影をしました。写真は京都駅ビルのデコレーションです。

クリスマスと音楽(01/11/11)
■床屋さんのテレビでディズニーランド&シーでクリスマス・バージョンが始まったこと、ニュージャージー州のもみの木がニューヨークのロックフェラーセンタービルに運ばれたこと、銀座に大きなツリーが飾られたことを伝えていました。そういえば来月はクリスマス。車のダッシュボードに入れっぱなしになっていた加羽沢美濃(かばさわ みの)の『CHRISTMAS MELODIES』をききました。
■2年前の11月、福井にコンサートをききに行く途中、名古屋のヤマハで買ったCDです。そのクリアなピアノの音に魅せられて、福井との往復はこればかりきいていました。
■クリスマスの音楽が好きで、集めたCDを数えたら28枚もありました。それぞれに思い入れもあり、紹介します。
ドリス・デイ、他『HAPPY CHRISTMAS』***古きよき時代…
ビング・クロスビー、他『夢のクリスマス・スペシャル』(2枚組)***録音の古さがまたいい!
エルヴィス・プレスリー『IF EVERY DAY WAS LIKE CHRISTMAS』***『BLUE CRISTMAS』にしびれる!
ジョン・レノン、他『Superstar Christmas』***ジョンの『Happy Xmas(War Is Over)』が最高!
マライア・キャリー『MERRY CHRISTMAS』***きかせてくれます。
THE NATURE CAMPANY『A Wild Christmas』***動物の鳴き声をサンプリングしたすごくおかしなアルバム
ケニー・G『miracles The Holiday Album』***ケニー・Gのクリスマスアルバム
ケニー・ドリュー『CHRISTMASS SONG』***スウィング・クリスマス
ユーロビート『X'MAS NIGHT』***ノンストップ・ダンス

ジョージ・ウィンストン『DECEMBER』***ウィンダム・ヒルのピアノ・ソロ・アルバム。
加羽沢美濃『CHRISTMAS MELODIES』***ピアノ・ソロ。アレンジも演奏もすごい! ひとつひとつの音が輝いている。
松田聖子『Snow Garden』***1987年のクリスマスアルバム。いいよ!聖子ちゃんのクリスマスアルバムはこれがいちばん好きかも…
松田聖子『Christmas Tree』***1991年のクリスマスアルバム。大人のクリスマス!
松田聖子『A Time for Love』***1993年のクリスマスアルバム。ますます大人のクリスマス!

岡村孝子、他『Best Best X'mas』***1992年のクリスマスアルバム
山下達郎『シーズンズ・グリーティングス』***1986年の『ON THE STREET CORNER』から続くアカペラのクリスマスバージョン。もう最高!
山下達郎『クリスマス・イブ』***Jポップのクリスマスソングの草分け。いつきいてもいい。ほんとにいい!
辛島美登里『サイレント・イヴ』(2種類)***よくきいた。今きいても色褪せない歌。
辛島美登里、他『MERRY CHRISTMAS TO YOU』***これもいい。
辛島美登里、永井真理子、他『Merry Christmas To You』***切ない!
辛島美登里、麗美、他『Keep Christmas With You』***陣内大蔵の歌もいい。
MAYUMI『クリスマス・イヴ』***カバー・バージョン
佐野元春『CHRISTMAS TIME IN BLUE』***1985年の歌。雰囲気がある!
浜田省吾『アヴェ・マリア』***1992年の歌。こうして歌う『アヴェ・マリア』もあるんだ!
小柳ゆき『Koyanagi the Christmas』***2000年のクリスマスソング。きっと毎年流れる…
桑田佳祐『WHITE LOVE』***この冬はこれがいちばん。
おかあさんといっしょ『クリスマス・アルバム』***番組ではクリスマスとあまりさわがないのがNHK? でも歌はいっぱい。
…こうして並べると“おたく”だな…
あと、『おかあさんといっしょ』や『ポンキッキーズ』、『ニューヨーカー』などクリスマス特集のビデオもあって、この季節はクリスマス一色です。
■クリスマス・デコレーションの街を歩くのも好きです。7〜8年前、東京青山で見た同潤会アパートのブティックのデコレーションはすてきでよく思い出します。今年、ニューヨークのクリスマスはまた格別な思いで迎えられるのでしょうね。アメリカではクリスマスではなく“Winter Holiday”と呼ばれることが多くなってきているとのことです。

雨の日のハナミズキ(01/11/3)
■目が覚めたら雨…家の前のハナミズキ並木の紅葉がどんどん濃い色となって、雨に濡れてとてもきれいです。2階の廊下のブラインドタイプのガラス窓から見ると、網戸で少しかすんでほんとに趣きがあります。写真に撮りました。
■このところ仕事が多忙を極めていて、昼は分刻み、夜は体がもつまで、といった毎日です。寝ても新聞紙を口に詰め込んで食べる夢とか、スイッチを切り忘れたスチームアイロンがカンカン…と音を立てている夢とか、ろくな夢を見ません。ものごとをじっくり考える時間がなくていろんなことが中途半端なままです。そんなとき、昨夜はテレビで映画『グース』をみてちょっと一息入れることができました。今日は朝からハナミズキの写真を撮ってサイトにアップしたり、リンクのページを整理したり、久しぶりに“お気に入り”のサイトをのぞいたりと、ちょっとマイペースな休日でした。

小林麻美と写真(01/10/27)
■古本屋で小林麻美の『あの頃、ショパン』(角川文庫1987)を見つけて手にとりました。彼女の『アイ・ライク・ショパン』が好きで、その歌のことが書いてあるかも知れないと。ところが意外なことを発見しました。
■「1980年、ブラッサイ」という題のエッセイがあって、ブラッサイという写真家の作品への思い入れと、ニコンのカメラを買ってどうやらマニュアル撮影で四苦八苦していることが描かれているのです。まさか、と思ってよく見ると、「写真撮影:小林麻美」とあります。本の写真は彼女の作品です。
■その本のとなりには『私生活』(角川文庫1988)がありました。これは写真集ともよべるくらい彼女の作品がたくさんありました。スナップからファインアートとよべるような写真までいろいろ、エッセイと並んでいます。ほんとにいろんな写真があるのでメッセージが読み取りづらいのですが、1枚1枚の写真のクオリティは相当なものと見ました。構図、ピント、絞り、色、階調…どれをとってもきちんとねらって撮って作品にしています。私は彼女の作品に魅入られてしまいました。
■作品もいいけど、カメラを手にした彼女もまたすごく絵になっています。数枚、彼女自身も被写体となっています。それがすごくいい。彼女にとって写真を撮るという行為はどんな意味があるのだろうと、ふと、思ってしまいました。写真を撮ることと自分が撮られることと、ひょっとしたら、彼女にとっては同じくらいの重みがあるのではないでしょうか。あんなにも絵になる彼女は撮られていてもきっと撮らせているのだ。
■だから、エッセイもいい。いい写真を撮る人はきちんと自分を語る術ももっているのだと思う。

『NHKこどもの歌楽譜集』(01/10/25)
■昨日の夕方、思いがけなく帰りに時間ができたので楽器店によってNHK出版の『NHKこどものうた楽譜集第28集』を買ってきました。2001年3月発行で、紀伊国屋書店のサイトで調べると、この楽譜集は年に1回出版されているだけで、ときには2年あくこともあります。だから、お目当ての『おかあさんといっしょ』の4月の歌『あいうえお・に・ぎ・り』は早くても来年3月出版の第29集に収録されることになります。
■第28集の表紙には「オリジナルピアノ譜・コード付」とあってアピールしています。私はオリジナル伴奏譜がほしくて買いました。オリジナルにこだわるにはそれだけの意味があります。オリジナルはよくできています。オリジナルは作曲した人の思い入れがそのまま音になっているからすごくいいです。きく人もオリジナルをききなれていて、オリジナルのイメージできこうとするから尚更オリジナルがいい。ちなみにこの楽譜集は紀伊国屋書店のサイトでは最近の楽譜ベストセラーbPです。
■曲の旋律、前奏、間奏、後奏、調性、テンポ、伴奏譜には、著作権の関係からだと思うのですが、すべてオリジナルと同じ他社楽譜は、たぶん、ありません。だから、感じが大きく変わってしまいます。でも、オリジナルがあんまり凝っていると困ることもあります。例えば、『あめふりりんちゃん』は、♯が5つもついているロ長調です。あと半音上げたら演奏しやすいハ長調になるのにどうしてわざわざややこしいロ長調なのか。それには、作曲した人が意図したところがあるからで、ロ長調の、♯系のあたたかさと、黒鍵を多用したちょっと線の細い感じがほしかったからだと思うのです。他社が出す楽譜はきっとハ長調です。でも、あの感じは出ないでしょう。ハ長調は落ち着き過ぎてしまいます。やっぱりロ長調の『あめふりりんちゃん』です。
■『歌うクジラ』は、コードは凝っていますけど伴奏はとてもシンプルです。最小限のアルペジオが左手と右手を行き来して、そして、旋律の臨時記号がなんともおしゃれです。コードは9(ナインス)も使って、いわゆる「甘い和音」です。その感じを最小限の音で出しているわけですから、ピアノを弾くときに自然にひとつひとつの音の出し方に細心の注意を払ってしまいます。これもいい歌です。
■こうなるとやっぱりオリジナル楽譜がほしくて、『シアワセ』も『ほしひとつ』もNHKの同シリーズの楽譜集を注文しました。23集と25集、そして27集です。気になる歌はここ7・8年の間の歌です。どうしてなのだろう。『おかあさんといっしょ』も『ひとりでできるもん』も似た傾向で、ぐっとおもしろくなってきています。大人も楽しめる子どもの歌です。
■DTMはすごくおもしろいけどまとまった時間がとれないのでこだわりの音はまだまだです。XG-worksはギターのデータがうまく初期化コマンドに書き込めなくてまた一思案です。曲によってはできているので余分なデータが重なっている疑いがあります。
■DTMの打ち込みはやっぱりリアルタイムだと思うようになってきています。テンポをキープすることはとても大事ですが、その正確なリズムに乗って旋律が生き生きと輝きだすには人間の歌心が必要だと思っています。

アケビと歌と…(01/10/21)
■今日日曜日、団地のそうじがありました。ここはバブル全盛期の団地なのでゆったりとしたデザインで、バブル崩壊までは門柱のデザインや駐車スペースの取り方、生垣の木の種類まで守られていました。公園や緑も多くてとてもいい環境ですが、緑が多いと草も多い。年3回の団地そうじは公園や並木のまわりの草取りです。
■草取りが終わって集合場所に行こうとしたとき、一人の男性が高い木に両手を伸ばして何やら見つけたようすです。まわりにも数人の人がいて、「そこそこ!」などと口々に言っています。何だろうと思って見ていると、熟してぱっくり割れたアケビの実を取ってきました。こんなところにアケビがあるんだ! ひとつもらって口に入れるとこれがすごくおいしい。「コンデンスミルクみたい」などと話しながら分け合って食べていると、女の人がまた何か見つけたようです。「ジネンジョや、それそれ、これがムカゴ」と言って手を伸ばしています。みんなびっくりです。そういえばと、誰かがクリを拾って全部むくのに1時間もかかったという話も出てきました。そんなにたくさん、どこで? そんなら散歩のコースを変えようか、自転車に乗ってだと上を見てられないし…などなど、楽しい話がはずんだそうじとなりました。
■この団地は山をけずってできた800余区画の広い団地です。南と東、北は開けた田畑に囲まれ、西はゆるやかな山に続いています。田畑も西の山の雑木林もとてもきれいです。だから団地のすぐとなりの山にアケビがあっても不思議ではありません。もっともっと身近な自然を楽しまなくちゃもったいないですね。写真も撮りたいけど今日は曇り空でまた今度です。白米城址に登るのはいつのことやら。
■近くのDIY店でこの頃気になるのはキャンプ用品です。冬のひとり旅にと厳寒期用のシュラフを見に行ったのですが、ガスストーブや調理用品を見ているうちにキャンプをしたくなってきました。写真を撮る旅です。1日の撮影を終えて火の前でオリーブオイルをたっぷり使った料理を食べながらウイスキーを…などと考えているともうたまらない。
■夕方はNHK-ETVの『わんパーク』が気になっていました。新聞のテレビ番組のところに「坂田おさむ・新曲“ハイ・ハイ・HIGH”発表」とあったからです。番組を見ましたが『おかあさんといっしょ』のイメージとはちがいました。レギュラーをはなれてもう何年もたっているのですからいつまでも『おかあさんといっしょ』のつもりで彼の歌をきくのはやめないといけませんね。でも、彼が作る子どもの歌は魅力的です。きく人歌う人がみんなわくわくするように音がストレートに機能しています。これから彼はどんな道を進むのでしょうか。

歩く、というスタイル(01/10/15)
■10月はじめに四日市に行きました。近鉄デパートの地下の本売り場にいたら、本を見ている人がなんとなく自分の感覚とはちょっとちがうように思えてきました。どうしてなんだろう。男も女も身だしなみや立ち居振舞いがちがう。近鉄デパートは近鉄四日市駅と同じビルです。本売り場がホームに近い地下にあるのは時間待ちの客をねらってのこと。たぶん、本売り場の客はほとんどが電車とバスを利用する人なんでしょうね。ふだん、車の生活をしている私にとってはちがう文化圏に来たみたいでした。街を歩き、電車やバスに乗るスタイルです。となりの無印良品の服が突然身近に思えてきて三つボタンのジャケットを買ってしまいました。ふだん着る機会もほとんどないカジュアルなのに…
■歩く、という言葉に惹かれたのは、高校のとき、テストで小林秀雄の『モオツァルト』と出会ったときでした。「モオツァルトは歩き方の達人であった。」という冒頭は、なぜか私の目を釘付けにしました。モーツァルトの音楽は歩くように流れる。リズムも身のこなしも流れるようで、その歩き方全体が音楽なのです。モーツァルトはいとも簡単に歩くように音楽を作る。そんなモーツァルトの音楽をきき、音楽を感じながら街を歩いたこともその頃の思い出です。
■昨日は鈴鹿のベルシティでカフェに入りました。ひとりでした。地元でひとりでカフェに入るなんて、もう、何年もないことでした。車を止めてではなく、歩いていてちょっと寄った、というコーヒータイムです。オープンなカフェで、通路のすぐ横の席にしました。大きなガラスのケースにはベリーがいっぱいのったケーキもありました。日曜日なのに“仕事”が頭を離れない午後のひととき、ちょっとうれしい時間でした。
■街を歩くように山も歩きたいと思っています。車から降りて、そして、いろんな繭から出て、自分なりに歩いたらどんな毎日になるんだろう。

前田真三写真展に行きました(01/10/8)
■愛知県豊根村の茶臼山高原で開催中の前田真三写真展に行ってきました。感動しました。雑誌や本の印刷ではわからない色でした。文字通りのフルカラーです。なめらかな階調と深み、あざやかさ、繊細さとボリューム感、そのどれもが目を惹きつけました。オリジナルプリントは空気感が伝わってくるとでもいうのでしょうか。美瑛と前田真三との出会いはお互いにとって運命的ともいえるでしょうね。
■彼は6×6から8×10の中判から大判のカメラとコダックのリバーサルで撮って、ポジからのダイレクトプリントを最終出力の作品としています。プリントはフジのラボみたいです。発色はカールツァイスのレンズのこってりした色ノリだと思うのですが、カールツァイスとコダックとフジという組み合わせがどこかミスマッチであんなふうになるのだろうか。とにかくきれいなんだけど独特ですね。
■プリントには日本語と英語の題がありました。英語の題を読んでいたら、英語の方がイメージがふくらむように感じました。例えば『残りもみじ』は『Lingering colors of maple』です。メイプルという響きが新鮮でした。メイプルは楓です。バイオリンの表板がメイプルです。メイプル、楓、もみじ…ちょっとすてきな響きです。
■写真集やポストカードも売っていましたが、オリジナルプリントを見たすぐあとでは買う気になりませんでした。オリジナルプリントも売っていました。これはもちろんよかった。だけどポストカードサイズで1万円なので手が出ませんでした。
■写真展を見て外に出たら同じ風景がちがって見えました。EOS D30で何枚か撮りました。D30はデジタルでもやっぱり一眼レフのむずかしさがあります。まずピントがシビアで合っているところにしか合わない。これは当たり前だけど自分の拙い技術をいやというほど思い知らされます。ピントは銀塩以上にむずかしい。それからEOSの“???”な露出傾向は困りものです。よく雑誌にも書いてありますが、EOSの評価測光はどこか極端で、えー!どうして?というショットがあります。同じ場所を同じように続けて撮ったのに露出が全然ちがう。やはり EOSは評価測光ではなく中央部重点測光で補正しながら使うべきだと思っています。デジタルの補正で迷ったらとにかくアンダーをおさえることですね。
■茶臼山高原に行くには一旦長野県に入ってまた愛知県に戻るというルートをたどります。そこは南信州です。ノスタルジーを誘う安曇野の雰囲気にちょっとだけ触れることができます。北の風景はどうして魅力的に見えるのでしょうか。ここ数年、冬になると八ヶ岳高原に通っています。クリスマスデコレーションのバラクラ・イングリッシュ・ガーデンと八ヶ岳倶楽部の冬枯れの雑木林にこの冬もまた行くつもりです。車にシュラフとカメラを積んでの気ままなひとり旅です。昨年は清里のフォトミュージアムと現代美術館にも寄ってきました。どちらもたくさんのメッセージがあってちょっと消化不良!
■茶臼山への往復の車ではNHKの『おかあさんといっしょ』のCD『夢のパレード』をきいていました。つのだりょうこおねえさんは、ゆうこおねえさんやあゆみおねえさんとはちょっとちがうところがあります。『おかあさんといっしょ』というより『みんなのうた』です。しゅうさえこさんみたいです。彼女も『おかあさんといっしょ』のうたのおねえさんで歌はすごくうまいけどどこかミスマッチでした。
■先週末にNHK-BSでグレン・グールドの特集がありました。長時間番組だったので3倍速で録画することになって画質は落ちましたが、彼の演奏と話は貴重な映像です。グールドの演奏をきくと“ピアノ心”がわきあがります。

テロと音楽(01/10/6)
■『筑紫哲也のニュース23』でアメリカのテロと音楽をめぐる動きが特集されました。私はいつしかテロ後のテレビ報道の音楽に耳を傾けるようになってきました。アメリカ国歌が多く歌われることは予想していましたが、アメリカのメディアが特定の曲の放送を自主規制するまでになっているとは知りませんでした。ジョン・レノンの『イマジン』もそうだというのです。オノ・ヨーコはジョンのトリビュート・コンサートで平和を訴え、「逆風」を受けているとのことです。
■坂本龍一が筑紫哲也に送ったメールが紹介されました。「…音楽に何ができるのでしょうか。音楽はただのなぐさめでしょうか。…音楽を鼓舞するために使っている…。音楽は硬直した私たちの心を解かしてしまう…」 続いて筑紫哲也は「音楽は使いよう…今では反戦歌…音楽が持っている力が大きいだけに恐いものがある。」としめくくりました。
■それにしても、今回のテロにかかわってメディアに取り上げられる音楽にはどれも“力”を感じます。強いアメリカと結束を呼びかける音楽も、反戦と平和を呼びかける音楽も、メッセージは全然ちがうのにどちらにも“力”を感じます。テロに反応したミュージシャンはメッセージをこめて歌う。きく人はメッセージを読み間違えてはならないし、きく自分をしっかりもたなければならない。
■大阪の町のピアノの先生、北村智恵の言葉はこんなときいつも思い出します。
(1985年頃、三重県津市で開催された北村智恵の公開レッスン後の講演から)

音楽とは自分自身を語ること。
音楽とは自分自身と語ること。
音楽(教育)とは語るべき自分をつくり、もたせ、守らせること。
音楽など芸術は人が幸福に生きていけるための感性を養う手段。

私もまた仕事で音楽を使うので責任は重いものがあります。

『You got mail』(01/10/1)
■私が住んでいる団地の通りはハナミズキがシンボルツリーです。並木のハナミズキは真っ赤な実をつけて紅葉を始めています。もう紅葉が始まっているのです。ハナミズキの紅葉はどこか異国の雰囲気があります。
■トム・ハンクスとメグ・ライアンの映画『ユー・ガット・メール』は、電子メールでふたりがいつしか惹かれ合うというストーリーですが、私にとってはニューヨークを身近に感じる映像でお気に入りとなっています。
■ここには豊かなアメリカがあります。もちろんそれはアメリカの 一面です。でも、アメリカらしい一面です。コダクロームを思わせるコクのある色の映像の中にオークのドアや家具と白い壁、大きなベッドと小さな机、そしてThinkPadとPowerBook、AOL、スターバックス、クリスマス…ここがアメリカでなくてどこだというのだろう。 トム・ハンクスの家の壁にはモノクロームの写真がたくさん飾ってありました。たくさんのメッセージに私の目はあっちこっちでストーリーはそっちのけ。これはちょっと言い過ぎかな。“人生はいつやり直してもいい”…これもアメリカ的?

須川展也のアルトサックス(01/9/28)
■昨日、ヤマト運輸とCBC放送が主催する『おしゃべり好きなコンサート』に行ってきました。指揮:三石精一、司会:宮崎美子、サクソフォーン:須川展也、演奏:名古屋フィルハーモニー交響楽団という豪華な顔ぶれです。私のおめあては須川展也のサックスです。 須川展也のアルトサックスは私のサックスという楽器の概念を一から書き直してしまうくらいでした。CDではわからない生の音、そして音楽でした。サックスの考案者アドルフ・サックスも自分が作った楽器が100年後にこんな音を出すなんて想像もしなかったのでは?と思うほど。
■彼はヤマハのサックスを使っています。ヤマハのサックスの音は個性がないといわれています。
ですからプレーヤーの実力が真正面に出ます。須川展也の演奏はカルチャーショックですらありました。音がきれいとか豊かとか、そんな形容が陳腐に思えるほどのものでした。彼の表現方法というか“アーテキュレーション”はダイナミックかつ繊細であまりに洗練されていて魅了されてしまいました。耳を澄まさないときこえないくらいのピアニッシモからフォルティッシモまで音が全然くずれない。そうですね、まろやかな音という形容がいいかな。スペインの情熱的な『グラナダ』とディズニー映画の『星に願いを』の2曲をききました。
■須川展也の音は、どこかシンセサイザーの音に似ているところがあると思いました。絶対に破綻をきたさない印象です。生の楽器の音がいちばんいいのはわかっていても、シンセサイザーの音も不思議な魅力があります。癒し系の音楽もシンセサイザーの演奏が多いですね。もちろんシンセサイザーの音楽作りも楽器の演奏と同じセンスで生きた音楽となります。
司会の宮崎美子もまたテレビや雑誌ではわからない魅力を感じました。きれいで語りもすてきで知的な印象がよかった。もう40歳くらいだけどほんと上手に歳を重ねています。音楽物語『魔法使いの弟子』もすてきな語りでした。
■アンコールは『ラデツキー行進曲』で、会場のみんなが手をたたいて盛り上がりました。クラシックで手拍子で楽しめる曲はこれだけです。ウィーンの“ニューイヤーコンサート”みたい。指揮者は客席に向かって手拍子の大きさをリードしてくれます。だけど、クラシックの指揮は半拍早いのでちょっとおもしろいタイムラグがありました。
会場もプログラムもネコだらけでおもしろかったです。ネコオーケストラのイラストはなんだかなごみます。 オーケストラのコンサートはほんとに久しぶりでした。CDなど録音では絶対わからない音でした。

sunset & DTM (01/9/24)
■sunset、夕日、夕陽、夕焼け、いろんな言い方がありますね。英語の“sunset”は夕日とか夕焼けとかいう言葉とはちがう意味です。辞典では「日没、日暮れ」です。でも、sunsetという言葉からはいろんなイメージがふくらみます。時間的には日没です。あと、夕日、夕焼けだけでなく、太陽が“set”するといっているのです。これは何なんだろう。辞典では自動詞として「(太陽や月が)沈む」とありますが、そもそもそんなシチュエーションに“set”を使ったワケは何なのでしょうね。
私が住んでいる三重県松阪市の西部ではきれいな夕日を見た記憶がありません。ここではきれいな夕焼けが見えないのだろうか、そんことをけっこうまじめに考えています。伊勢に住んでいた頃はため息が出るくらいきれいな夕焼けをたくさん見ました。伊勢と、ここ、松阪の西の丘とのちがいは、西の空がひらけているか、ということかも知れません。ここは堀坂山から連なる山並みがじゃまをしているのかな?
■DTMはヤマハのハード音源“MU500”とシーケンサーソフト“XGworks ver.4”のセット、“HELLO! MUSIC! 500W”を購入しました。XGのベーシックキットです。プラグインに対応していないのは残念ですがXGの音が全部使えるということで手を打ちました。さっそくDELLにUSBで接続しました。ThinkPadにはシリアル接続です。EOS-B2000にはMIDIケーブルでつなぐことになります。
■肝心の音はSMF(スタンダード・ミディ・ファイル)のピアノソロをMDプレーヤー付属のヘッドホンで聴いただけなのでなんともいえませんが、XGの音を信じて使い切るしかありません。そして自分のセンスですね。これがいちばんの???ものです。
■セットアップは順調に終わって、これからの秋の夜長はシンセサイザーがパートナーです。ポップスもいいけどクラシック系のオーケストレーションが楽しみです。
“DTM”のページを新しく加えました。

禁断の・・・(01/9/19)
■9月は週末毎に連休が続きますが私には落ち着いて仕事ができる貴重な時間です。秋空の丘の写真を撮りに行きたいのですが、先週まで天気もいまひとつでカメラを持って出かけるほどでもなく、あきらめもついて家にいました。
■この前の日曜日は思いがけなく晴れてきたので昼から気分転換にと車を洗いました。1か月半ぶりです。左フェンダーを洗っているとき、ふと、青い斑点がいくつかあるのを発見。なんだろうとよく見たら、ウッドデッキやゴミボックスに塗った浸透性防腐剤なのです。1週間前、ウッドデッキの板を1枚張り替えて塗ったカントリーブルーの浸透性防腐剤があまったのでカーポート横のゴミボックスに塗って、そのとき飛んだのです。斑点は大きいもので直径5ミリくらい、小さいものは直径1ミリくらい、ボンネットやフェンダー、ドア、フロントガラスや左ウインドウに数十か所も着いていました。ペイント・シーラント用専用研磨剤では落ちないので、仕方なくホルツのリキッドコンパウンド極細を使いました。必要最小限の量でピンポイントに使いました。落ちました。まさに禁断のコンパウンドです。汚れや少しのこすれ傷は完璧に落ちるけど塗装も削ってしまいます。できたら使いたくないけどこれに頼らざるを得ないときもあるのです。
■ここのところ、仕事で『Sound it! 3.0』という音編集ソフトを使っています。音楽などのスピードを変えたり、アフレコ、エフェクトと、音に関して何でもありというソフトです。かつて、複数のテープデッキをつないで編集していた頃の苦労がウソみたいな、これも禁断のソフトです。ビデオ編集はよく宣伝されていますが『Sound it 3.0』のような音編集ソフトはあまり知られていないように思います。というか、あんまり需要がないのでしょうね。こうして音の編集をしていると、『XGworks』などでオーケストレーションをしたくなってきます。これも禁断の…
禁断といえば、D30など高画質デジタルカメラも禁断モノですが、中判はもっと禁断のカメラです。そして高画質コンパクトカメラも。フジフィルムの“ティアラ”もそのひとつ。フジフィルムの“ティアラ”はミノルタの“TC-1”などの路線とはちょっとちがったほどほどの価格の一味ちがうコンパクトカメラです。先日、近くのカメラ店のバーゲンで“エピオン1010 ティアラix”を購入しました。APSはこれまで画質の点でどうも手が出なかったのですが、“LOMO”で撮った写真をいろんなサイトで見て、“with LOMO”という感覚で写真を撮りたくなって使ってみることにしました。これも禁断の“with me”のバッグ、“ARTIZAN & ARTIST”の“ACAM 1000”にはフジフィルムの“FinePiz 4700Z”と“TIARAix”が並んで収まることになりました。
■しばら晴天基調の天気が続くようですね。登山シューズの出番かな?

夏の終わりに…(01/9/6)
■夏が終わろうとしています。夏の終わりはいつもちょっとした感慨があります。自然の圧倒的なパワーを感じる夏、その夏が終わるといっても“凋落”という感じではありません。これから秋ですからね。秋は実り、彩り、そして落ち着き…カメラを持って飛び出そう!
■8月26日のファイン・アート・フォトグラファー講座は今まで知らなかったアート・フォトの世界を肌で感じる機会でした。いちばん驚いたのはオリジナル・プリントです。印刷やガラス越しでなくこの目で直に見たのは初めてです。モノクロのプリントがこんなにも美しいものだったのかと、印刷ではわからない質感に圧倒されました。黒という色、白という色がこんなにも豊かな色だったのか、そして、黒と白の間にはこんなんもたくさんの階調があったのか! カラーリバーサルからのダイレクトプリントも同じくらいインパクトがありました。写真の力をあらためて思い知りました。講座はカルチャーショックですらありました。毎日少しずつ思い出しては自分なりの受け止め方を模索しています。
■夏の終わりに、もうひとつ、『EVITA』(エビータ)のサウンドトラックをきいて目が醒める思いがしました。映画『EVITA』は同名のミュージカルの映画化で、作曲はアンドリュー・ロイド・ウェッパー、エビータ役はマドンナです。たまたま中古のCDを見つけてわずか580円で買いました。エビータへのレクイエムで始まるCDはただならぬ緊張感があります。どの曲も痛いほどの鋭いリズムの刻み方で、歌のもつエネルギーがすごい。自分はなんというぬるま湯につかっているのだと一瞬で自覚してしまう。ファイン・アート・フォトグラファー講座できいた“情熱”という言葉を思い出していました。

トマトソースとパエリヤ(01/8/24)
■久しぶりにトマトソースを作りました。寸胴の中のトマトたちはまるで砂金のように点々と金色に輝くオリーブオイルとほどよくなじんでいきます。トマトたちはイタリア生まれ、オリーブオイルもイタリア生まれだから、この極東の地のお鍋で再会ですね。そして日本の野菜たちといっしょになってスリリングな味を作っていきます。何回作っても少しずつ味や香がちがいます。
■私が作るトマトソースは東京銀座の“ラ・ベットラ・ダ・オチアイ”のレシピです。すごくレアなトマトソースです。素材が生きているのです。“ラ・ベットラ・ダ・オチアイ”は日本でいちばん予約がとりにくいレストランといわれています。でも、ランチは当日の予約順なので、この1月にランチを食することができました。どのディッシュもはっきりしたキャラクターをもっていて、私の舌は目を白黒? そこで、トマトソースのパスタにチャイブが入っていることにびっくりしました。トマトソースもレアっぽいけど、チャイブのレアっぽさはまた格別です。シンプルで大胆なアイデアに感動してしまいました。
■今回のトマトソースにはタマネギのみじん切りを入れました。理由は、冷凍のトマトソースを使うときは時間がないときが多くて、タマネギのみじん切りをしなくてもいいようにするためです。もちろん、タマネギの味も香も歯ざわりもちがってきます。でも、これが現実的な選択なのです。“ラ・ベットラ・ダ・オチアイ”のレシピとちがうところです。
■イタリア料理が好きだ!と意識したのは、昨年、横須賀に単身赴任していたときでした。食堂の食事がいまいちで、おいしいものが食べたい食べたいと思っていたとき、青山のクレヨンハウスに行って、気がついたらイタリア料理の本ばかり立ち読みしていました。家に帰ったら自分で作るんだ! 地元のイタリア料理店も一通り回ってますますその深みに…また時間が足りないではないか!
■ここのところ、パエリヤが気になっています。志摩スペイン村でパエリヤの鍋も買ってきました。素材を生かす、オリーブオイルをふんだんに使う、というあたりはイタリア料理とすごく似ているんだけどな…どうしてパエリヤはイタリアに生まれなかったのだろう。なぜスペインに? この秋はパエリヤに挑戦です。

#$%&’…?(01/8/23)
■台風一過、日中は暑いもののさすがに秋らしさがちらほらと見え始めましたね。私が住んでいる三重県松阪市の西部は堀坂山の山並みから続くなだらかな丘と田畑がとても美しい里山です。白米城跡がある桝形山の頂上から見る風景は最高です。そこから豊かに実った金色に輝く稲田をD30で撮りたいと思っていましたが、空が澄む前に稲刈りが始まってしまいました。
■D30の勉強はだんだん裾野が広がって#$%&’…?といったところです。『西川和久のデジカメ&フォトショップ スーパーテクニック』(インプレス 2001)を読んで、私のD30も現像パラメータのコントラスト、シャープネス、彩度をみんな“弱”に設定してみました。レタッチに耐えるデータを得るためです。PhotoShopはプロの使いこなしに目が点となるし、“電塾”の“考えれば考えるほどわからなくなる解像度を徹底的に理解する”(解説:早川廣行)をプリントして読んで#$%&’…?となっていますが、ハードの勉強はそれなりにおもしろいものです。ソフトとしては、内田ユキオの『ライカの写真術』(ナツメ社 2001)を読んでいます。ライカは気になるカメラです。ライカを仕事の道具として使っている内田ユキオの言葉も不思議な引力を感じます。やはりライカで仕事をしている小原誠の写真も好きです。白岡順もライカを使っているのだろうか、と思うフォトグラファーです。
■8月26日日曜日の“ファイン・アート・写真家講座”に受講の申し込みをしました。仕事がつまっているので東京との往復は深夜の高速バスを使います。ハードスケジュールですが、今動かないと何も始まらないと思ってのこと。受講の申し込みをしたとき、「作品があったらお持ちください」と言われてはっとしました。今まで“作品”を意識しながらも“作品”を作ってこなかった。やっぱり今動くべきだと思いました。

テレビテレビテレビ!(01/8/17)
■12年近く使ってきたテレビがついに映らなくなって買い替えとなりました。急なことだったので、とにかく安いものを探しました。ワイドサイズとか、デジタル放送とか、ハイビジョン放送とか、テレビも変わってきていると感じてはいましたが、いざ買うとなるとわからない。行った先の量販店にはくわしい店員がいなくて、展示品の取説を見て、たぶんこれならしばらく使えそうだと思った29インチのフラットブラウン管、BSチューナ内臓、D1端子付きを49,770円で買いました。
■テレビ台を組み立てていて、はたと気づいた。ずいぶん大きい。今までのは何インチだったのだろう…品番を見ると27という数字が…そうか、家では大きく感じて、店では小さく感じて、さらに大きな29インチを選んでしまったのでした。
■映りはとにかくきれいです。テレビの解像度は画面の大きさに関係なく一定なのでこれくらい大きくなると画面が荒れる感じになると思っていましたが、どうしてこんなにもきれいなのだろうと不思議です。これまで何回も見てきたビデオも、オリジナルを見ているかのような鮮明さです。その画面を見ているだけで目が点になってしまいます。フラットの画面は圧迫感がありません。ボディはシルバーですっきりした印象です。それがとても自然でやさしい感じがします。こうなるとDVDプレーヤーもそろえたくなりますが、PS2があるのでちょっと見送りです。
■不要となったテレビは家電リサイクルに回しました。郵便局で家電リサイクル券を買ってメーカー指定の引取所まで運ぶだけです。費用はかかりますが10年以上も使ってきたテレビをリサイクルに回すのはちょっとした感慨がありました。

東京ディズニーランドと『千と千尋の神隠し』(01/8/11)
■7〜8日、東京ディズニーランドとイクスピアリに行ってきました。ホテルはシェラトン・グランデ・トーキョー・ベイ・ホテルに泊まりました。まとめて“東京ディズニーリゾート”というネーミングで、9月4日には東京ディズニーシーがフルオープンします。
■東京ディズニーランドは実に11年ぶりです。やっぱりものすごい人人人で、朝5時に着いたのにすでに列ができていました。小さな子どもたちも楽しそうに何時間も待っているのにはほんとに驚いてしまいました。ディズニーランドって、一体何だろう…
■朝一番に行ったので“プーさんのハニーハント”もほとんど待ち時間がなくて、かえって壁面の物語を読む時間がなくて残念だったくらいです。プーさんは今いちばん人気です。ショップに行ってもプーさんだらけ! 何をしてもパッとしないけど、マイペースのプーさんからは“今のままの自分でいいんだよ”というメッセージが伝わってきて、“今”にアピールするところが大きいのだと思います。
■今回は、なぜか、“音”に敏感な自分にびっくりしました。“イッツ・ア・スモールワールド”の音は、古いAMラジオが精一杯音を出しているようで不快でした。アトラクション自体が古くて、だから、オーディオ機器も録音も古いのかも知れません。でも、もうちょっと生理的にやさしい音でもいいんじゃない?と思っています。
■ディズニーランド全体では音のマネージメントに感心しています。園内放送はないし、音楽も流さない。声を機器に通すときはそれなりの効果を求めるときだけです。直接的な説明はみんな肉声です。これがすごく心地よい空間を提供しているのです。
■園内に音楽が大きく流れるのはパレードのときだけです。私はエレクトリカルパレードの音楽が好きで、今回もそれがいちばんの楽しみでした。固定スピーカーとパレードの各セクションから流れる音楽は一体どういうシンクロをさせているのだろうと不思議です。
■イクスピアリでは宮崎駿の新作『千と千尋の神隠し』をみました。よかった。ほんとによかった。
■私の興味は音楽です。音楽は久石譲、今回はどんな音楽を作ったのだろう。『天空の城ラピュタ』も『魔女の宅急便』も『となりのトトロ』も好きなんですが、宮崎駿の映画音楽でいちばん好きな『耳をすませば』の音楽担当は、意外にも久石譲ではないのです。坂本龍一と『ラストエンペラー』で音楽を担当した野見祐二が『耳をすませば』の曲を書いています。久石譲の音楽を意識してきいたのはNHKスペシャル『驚異の小宇宙・人体』が初めてでした。以来、彼の音楽はよくきいてきたつもりですが、『耳をすませば』はちがったのです。久石譲の音楽はメロディーラインが絶品で、野見祐二の『耳をすませば』の音楽も似ています。でも、どこかちがいます。
■さて、『千と千尋の神隠し』の音楽は、今までの久石譲とは一味も二味もちがいました。あのストーリーならどうしてもそんな音楽になってしまうのかも知れませんが、私にはすてきな音楽でした。ちょっと“現代音楽”っぽくて多彩で、クラシック音楽みたいな楽器の使い方で、私は控えめな音楽を一生懸命きこうとしていました。映画が終わったら近くのCDショップでCDを買ってしまいました。
■映画そのものもよかったです。比喩とか直接的なメッセージとか、それはそれとして、宮崎駿のイマジネーションの自由さにあっと驚いて感動してしまいました。怪物のような神様たちがぞろぞろと骨休めにやってくる湯屋の姿は、いつか、夢でみたちょっとこわい光景なのです。すごく高いところで足元がない! 居心地がよいはずなのに、何か、終わりのないことをしている自分がいる。夢でみたそんな光景をスクリーンでみせられてるとぐいぐい引っ張り込まれてしまいます。
■千尋は川でおぼれかけたことがあります。ハクと空を舞うとき、そのときの記憶が一気によみがえります。川の水の中でハクと出会ったことを思い出すシーンには泣いてしまいました。自分の存在の不思議さ、自分って何? そんな哲学的な問いかけとひとつの答が『千と千尋の神隠し』にはあるのではないでしょうか。“神”というキーワードのとらえ方は私は曖昧ですが、『千と千尋の神隠し』に登場する神様たちは風呂に入るし酒も飲むしで、妙に人間臭さがあって楽しい。
■今回の旅はカローラフィールダーSタイプで中央高速道路を走りました。ディーゼルエンジンのルシーダとは比べものにならないくらい快適なドライブでした。

サラ・ブライトマンの『ラ・ルーナ』(01/7/27)
■今日は出張もあって100キロあまりも走りました。車で走っているとき、ずっとサラ・ブライトマンの『ラ・ルーナ』をきいていました。『ラ・ルーナ』というアルバムの『ラ・ルーナ』と、続くシークレット・トラックの『ムーン・リバー』です。2時間あまり、ずっと同じ曲ばかりきいていたことになります。
■ノートによると、これはドヴォルザークの歌劇『ルサルカ』の中のアリアとのことです。木管のユニゾンがどこかなつかしいと思ったのはそこなんですね。ドヴォルザークの“音”です。
■なんと美しい歌、そして、なんときれいな声なんだろう! 『ラ・ルーナ』は「このアルバムの直接のインスピレーションとなった曲」とのこと。「ラ・ルーナ」とは「月」です。『月光浴』という、月の光だけで撮った写真集が少し前に話題になりました。サラ・ブライトマンはこのアルバムで月をテーマに選曲しています。月明かりは昼間みえない何かをみせてくれます。月の歌を歌うサラ・ブライトマンもまた彼女の世界をひろげたようです。
■激しい想いも、切ない想いも、サラ・ブライトマンが歌う恋の歌はまっすぐ心に届きます。そして、安珠の写真とメッセージもそうなんですが、サラ・ブライトマンの歌も、なぜか、“ひとり”ということを意識してしまいます。“ひとり”というよりも、そうですね、“自分”ということでしょうか。「音楽とは、語るべき自分をつくり、もたせ、守らせるもの」という北村智恵の言葉を実感させてくれるサラ・ブライトマンの歌であり、また、安珠の写真でもあるように思います。アートはそういうものなんですけどね。

安珠が撮る写真(01/7/25)
■安珠の写真集が届きました。『恋文の森』と『Hoshi no hito』の2冊です。写真集の古書を扱うインターネット書店“小笠原”で買いました。安珠のサインやメッセージが入っています。安珠写真展「恋文の森」の半券もはさんでありましたから、その会場で買い求めたものでしょうか。どちらも折り目もなく、たいへんきれいでした。
■彼女が撮る写真の魅力は何と表現したらいいのでしょうか。どこかやさしげで芯があって…。『恋文の森』につけられたメッセージを紹介します。

ごあいさつ
わたしは窓の外の風景を眺めるのがとても好きです。それは幼い頃の入院生活から、始まっています。じっと眠るだけの毎日で、時間を感じることが出来たのは、白い壁に切り取られた四角い窓の風景を眺めている時だけでした。ゆらりと流れる雲、風に吹かれる木々、太陽や星。どこまでも空想の世界がひろがってゆく、心の窓でもありました。
誰も、窓の外に流れる時間を止めることは出来ません。わたしたちの命には限りがあります。でも、愛に限りはありません。たとえ、命が消えたとしても、愛は永遠です。
人生という深い森をさ迷い傷つきながらも、自分を受け入れて歩いてゆくことが、愛する人への恋文なのだと思います。
永遠の愛を信じて生きてゆきたい。そのためにわたしは一瞬を大切に想います。

※おそらく、1995年の「安珠写真展 恋文の森」の会場で販売された写真集『恋文の森』に添えられたメッセージです。

『センス・オブ・ワンダー』とプラネタリウムとプール(01/7/22)
■海の日から今日まで、3日の連休が終わろうとしています。毎日夕立がありました。疲れが一気に出たようで、この3連休は休養第一で過ごしました。
■7月20日(金)は、『センス・オブ・ワンダー』の映画会に行きました。邦訳者、上藤恵子氏の講演と映画です。映画は上籐恵子が『センス・オブ・ワンダー』の舞台となったレイチェル・カーソンの別荘を四季折々に訪ねて同書の朗読をするというスタイルでした。レイチェル・カーソンの本はすばらしいし、舞台となった別荘を取り巻く自然もすばらしい。でも、私は、ここ、私の生活圏の自然も負けず劣らずすばらしいではないかと、へそ曲がりなことを考えてしまいました。どういうわけか、今年は松阪市から度会町への通勤路の田畑や里山がほんとに美しく見えて仕方がありません。梅雨時はまた格別でした。どうしてでしょうね。
■7月21日(土)は車で10分足らずの“みえこどもの城”に行って、“IMAX”(アイマックス)の画面を使ったプラネタリウムと3Dの映画をみてきました。プラネタリウムは先月も名古屋市立科学館でみてきたばかりですが、何度みてもいいものです。
■今日はちょっと元気が出てプールで泳いできました。

『ほしひとつ』(01/6/20)
■『ほしひとつ』はNHKの『おかあさんといっしょ』で歌われてきた歌です。この歌をあらためてきく機会があって、その豊かな情感と音楽性に心底ほれこんでしまいました。
■ピアノで弾こうとしましたが手持ちの『おかあさんといっしょ』の歌集には入っていません。楽譜を探しに行く時間もないのでCDから採譜することにしました。採譜してコード付けをすると曲の構造がわかっていい勉強になります。『ほしひとつ』の冒頭はクリシェのエッセンスをちょっぴり効かせています。Aの最後2小節は最高音が2回出て低い主音で強引ともいえるような終わり方をします。Bは…雰囲気は短調に転調したかのようですが、実は、D−durからB−durへの転調です。CDの神崎ゆう子さんの歌はその曲想の切り替えが実に見事でほれぼれしてしまいます。
■『ほしひとつ』は神埼ゆう子作詞、坂田修作曲です。『おかあさんといっしょ』の歌のおねえさんとおにいさんです。歌詞を紹介します。(神崎ゆう子作詞)
ほしひとつ

よぞらを たび する ほしたちを
ちいさな ゆびで かぞえてごらん
あなたが うまれた ひに
ほしが また ひとつ ふえた

よぞらを たび する ほしたちを
ちいさな こえで かぞえてごらん
あなたが おしゃべり した ひ
ほしが また ひとつ ふえた

ながれぼしが ひとつ
ねがいごとは なに
ちいさい ころからの
ゆめを かなえてね

よぞらを たび する ほしたちを
いつか ふたりで かぞえて ごらん
あなたが およめさんに なる ひに
ほしが いっぱい

あなたが およめさんに なる ひに
ほしが いっぱい

■私は「およめさんになる」ことがすべての女性の目標だとは考えていません。「ほしがいっぱい」になる瞬間は人それぞれだと思います。そんなアンチテーゼを持ちながらも神崎ゆう子さんが歌う『ほしひとつ』の文脈に感じ入ってしまうのです。音楽の力はやっぱり大きい。

大城梨花&大城杏花のトワイライトコンサート(01/6/10)
■6月9日(土)アスト津のギャラリーで大城梨花と大城杏花のフルートとピアノコンサートがあって行って来ました。会場は展示会などの多目的ギャラリーで、東側が床から天井まで全面ガラス張りとなっています。ギャラリーなので当然天井は高く、アルミの格子に区切られた窓からは津の街並みと伊勢湾が見渡せるという、それだけでキャンバスとよべるような空間でした。
■プログラムは、『愛のあいさつ』(エルガー)、『からたちの花』(山田耕筰)、『ひき潮』(マクスウェル)、『セレナーデ』(シューベルト)、『月』『想い』(大城梨花)、『熊蜂の飛行』(リムスキー・コルサコフ)、『亡き王女の為のバヴァーヌ』(ラヴェル)、『春をよぶ雨』『海に眠る』(大城梨花)、『ロミオとジュリエットからモンタギューとキャピレット、少女ジュリエット』(プロコフィエフ)、『革命』(ショパン)、『新世界より第2楽章』(ドヴォルザーク)、『ソナチネ』(サンカン)です。
■私は大城梨花のオリジナル曲がききたくて行きましたが、プロコフィエフの『ロミオとジュリエット』をプログラムに見つけてうれしくなりました。近頃またこのバレエ音楽を夜な夜なきいているからです。
■照明はギャラリー用のタングステンライトだけで、正面のガラス窓は時間とともに暗くなっていきます。
■大城梨花のフルートは常に高いテンションでコントロールされている音です。きいていてその緊張感と込められたメッセージがよく伝わってきます。とくに彼女自身の作品で生き生きと奏でられます。作曲も含めて、地方都市でこうして自分のペースで音楽活動を続けている音楽家は多くありません。敬服しています。
■大城梨花の作品はきくたびに“同時代”(コンテンポラリー)ということを意識してしまいます。今、同じこの時を生きる者のメッセージとして共感があります。彼女の作品は“癒し”ものではありません。うまくいえませんが、きく自分の中で“昇華”する何かがあるように感じます。
■『ロミオとジュリエット』は、ピアノがアップライトだったために音にならなかった音がたくさんあって残念でした。速いパッセージで鍵盤が戻らないのです。フルコンサートのグランドピアノでこの曲を弾くのは並大抵なことではないでしょうが、一度きいてみたいと思いました。

EOS630(01/5/30)
■昨日、2台目のEOS630を手に入れました。もちろん中古です。14800円でした。シャッター幕に少し油がにじんでいます。このまましばらく使ってクリーニングまたはシャッターユニットを交換することになると思いますが、ボディがすごくきれいで気に入りました。
■EOS630は初代EOSの最終モデルで1989年の発売です。ボディの芯は金属で、適度な大きさと重さ、頑丈さが魅力です。1台目のEOS630は今年1月末の東京出張のとき、歩道の雪が凍結していて転倒。私の体重をうまく逃がしてくれたものの、なんと、ボディの底を割ってしまいました。でも、メカにはなんのダメージもなく、その頑丈さに驚きました。プラスチックボディの適度なねばりと強度がうまく働いたのだと思います。ISレンズも大丈夫でした。シャッターに難ありとはわかっていていも、やっぱりEOSはこれだと思っています。もちろんEOS1シリーズは別です。
■EOSKISSをもっている知り合いから、きれいな写真が撮れないと相談を受けています。ピントが合わない、色がきれいに出ないと、メーカーに点検に出したところ異常なしだったとか。キャノンのEOSシリーズの特性として、露出のアンダー傾向があるようです。これはポジの特性に合わせた設定との説もありますが、ネガにとっては色のにごりの原因となります。また、キャノンの評価測光は意図的過ぎて、条件によってはびっくりするような極端な“修正”もあるようです。私は1段低くフィルム感度を設定していますが、それでも尚アンダー傾向を示すことがあるくらいです。また、EFレンズは光を十分に回さないとその性能を発揮しないのではないかと思っています。光が十分回って、そこから撮影者の意図的な操作が始まる。そんな気がしています。
■私が使っているEFレンズは、28〜135mmF3.5〜5.6IS と、50mmF1.4の2本です。手ブレ防止機構にはほんとに助けられています。私は自然光(常光)だけで撮るのが好きです。シャッター速度が1/8であろうと1/4であろうとおかまいなしにシャッターを切ります。ISなら見事に止まってくれます。
■さて、私はこの2台のEOS630をどう使おうとしているのか。1台はフジフィルムのポジ、トレビ100を入れます。もう1台にはモノクロのプレストかアクロスを入れます。 これから麦秋がきれいな季節です。カラーもいいし、モノクロもいい…なんと欲張りなんだろう!

ニューヨーク・ニューヨーク!(01/5/20)
■私のお気に入りのテレビ番組にNHK-BSの『NEWYORKERS』があります。この番組に限らず、アメリカ合衆国(以下「アメリカ」)を取り上げた番組はけっこう意識して見ています。私はアメリカが好きなのかも知れません。
■1989年春、新潮社の『小説新潮』3月号臨時増刊として『アメリカ青春小説特集』というMOOKが出ました。冒頭から始まる特集「アメリカ作家の仕事場」は、それまで日本の作家たちの、ちらかった書斎の写真ばかり見ていた私にはとても新鮮でした。日本の作家たちはそこで「貧乏、酒、浮気」という宿命を負って原稿用紙に向かっているかのような印象がありましたが、アメリカの作家たちは、明るい部屋でタイプライターやコンピュータ、あるいはスパイラルノートや3ホールのルーズリーフを前にしてカメラに向かって微笑んでいました。
■いつだったか、こんな話を聞いたことがあります。日本語で書く小説はよく売れても100万部だが、英語で書く小説は英語を話す国でそのまま出版できるので桁違いなセラーを記録する。だから1つの作品による収入も多くて、次の作品のための構想と取材に必要な十分な時間を使うことができる。それだけに大作が生まれやすいと。
■『アメリカ青春小説特集』に取り上げられた20代30代の作家たちは私にとってたいへん魅力的でした。同じ歳の作家を探しました。ローリー・ムーアがいました。このGWに書店でローリー・ムーアの本を見つけたとき、ふと、自分は取り残されているのではないのかという観念に襲われてしまいました。彼女は私と同じ年に生まれました。それぞれに歩む道がちがうことはわかっていても、時間の流れ方のちがいまでも受け入れるほど私には心のゆとりがないように感じました。『アメリカ青春小説特集』の取材を受けた時、彼女は勤務先のウィスコンシン大学から奨学金が出ているので小説の執筆に専念していられるとのことでした。こんな時間の使い方は私には与えられない。自ら求めるならリスクも付いてくる。ひとりの人間が生み出すものにそれだけ期待し、投資し得る社会の背景にある文化の深さ、あるいは寛容さ、あるいは貪欲さに私はため息をもらしました。それだけアメリカはふところが深いのでしょうか。とにもかくにもローリー・ムーアは小説を書き続けていました。
■NHK-BSの『NEWYORKERS』には“自分探し”にこだわる人たちがとり上げられています。その中の何人かは成功し、何人かはつつましく自分なりの暮らしをしています。いずれにせよ、私には魅力ある生き方に映ります。アメリカンドリームをものにできなくても、多様な生き方がそれぞれ認められる街、それがニューヨークといったら笑われるでしょうか。ウェブサイトを渡り歩いてもそんな印象があります。自分探しの旅先にニューヨークを選ぶ人は少なくありません。私もそのひとりになるのかも知れません。

D・ケネディ『ビッグ・ピクチャー』(01/5/15)
■このゴールデンウィークに買った本で、久々に読書に没頭した休日となりました。(新潮文庫)
■写真が好きな私には撮影から現像、焼付、そして作品にまつわる記述がこたえられない本です。また、登場するパソコンとプリンタ、IBMのThinkPadとCanonの携帯インクジェットプリンタという組み合わせは私がふだん使っているシステムと同じで、これも親近感があります。
■ストーリーは、一流法律事務所に勤める弁護士がさまざまないきさつからフォトグクラファーになるというもので、もちろん、これはまだ読んでないあなたにミステリーを紐解くおもしろさを残しておきたいためのほどほどの紹介ですが、安定した高収入の仕事を辞めて自分の感性と技術で作品を作っていくフォトグラファーになるという設定は“絵心”をいだいたことのある人ならぐっと惹かれるところではないでしょうか。写真は私にとって脇役以上の配役です。
■「あとがき」にもありますが、この本は、主人公が犯した殺人という罪がいつどこでどのように報いを受けるのかがもの足りなく、読んでいて腑に落ちないところがあります。

JAZZ-BAR cook'n(クッキン)で考えたこと(01/4/29)
■4月27日金曜日に津のライブハウス“cook'n”(クッキン)に行きました。剣山啓介カルテットのライブです。
■剣山啓介カルテットのメンバーはそうして演奏することが生業ではなく、本職は他にあると聞きました。演奏はプロはだしで、私は魅了されました。彼らは、昼間は私のように働いて、夜になるとライブハウスでセッションをするわけです。家庭(「家」ではありません)と職場の往復だけになりがちな毎日が続くと、そんな、非日常ともいえる世界をもっている人が輝いて見えます。
■昨年、横須賀に単身赴任しているとき、東京の新宿駅で出会ったブルース・ハープを奏でるスーツ姿の青年の姿をまた思い出しました。その頃書いたメールからのコピーです。
…いつだったか、会社や学校帰りの人でいっぱいの新宿駅の構内を歩いているとブルース・ハープがきこえてきました。ハーモニカで吹くブルースです。路上パフォーマンスです。僕は音のする方に行ってみました。すると、ネクタイにダークスーツのサラリーマンと思しき長身の青年がビジネスバッグを後ろに置いてブルースを奏でているのです。彼にとってそのひとときが彼のアイデンティティーなのかも知れません。痛快だと思いました。昼間はオフィスで黙々と仕事をしてアフターファイブの新宿駅で路上パフォーマーに豹変するのです。なんだかすてきでしたね。…
■世界は広いぞ!

シーズン始動!(01/4/13)
■2月から4月はじめまでの2か月間は私にとって完全にシーズンオフ。トライアスロンはもちろんオフなのだが、マラソンも、おまけに仕事もシーズンオフのような効率の低さです。原因は花粉症! 花粉症による通院、投薬の経済波及効果も大きいだろうが、マイナス効果はそれを上回るのではないかと思います。
■昨年は単身赴任もあってトライアスロンには1つも出ませんでしたが、今年からレース復帰と、さっそく、6月3日の2001大阪舞州スポーツアイランドトライアスロン大会に参加申し込み手続きをしました。51.5キロのオリンピックディスタンスです。このレースは以前に1回出たことがあります。そのときはO157菌が淀川で発見されたので大阪湾を泳ぐスイムはなくなってしまいました。先月オープンしたUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)に近く、都会的で一味ちがうロケーションが気に入っています。
■昨日は久しぶりに泳ぎました。ターンをするたびにフォームがくずれてどうしようもないくらい体が泳ぎを忘れています。とにかく筋力が落ちている。ヒップがずいぶん小さくなって脚も細くなってなんともなさけない。バイクも新調したのでそれに負けないプロポーションでレースに出られるようにしたいと思う。

指を切った(01/4/10)
■この前の日曜日、タマネギを切っていて左中指の爪の横を包丁で切った。包丁で指を切るのは初めてだった。深い傷から濃いが血ゆっくり出た。一瞬、デジカメで写真を撮ろうかと思った。小さい頃はよくけがをした。けがをしない日はないくらいけがをした。ところが、いつしか、けがをしなくなっていた。だんだん自分の血を見なくなった。大人になって筋力がついてきたら、たまにするけがは大きく深くなっていた。血がたくさん出るようになった。痛みは、不思議に小さくなっていた。日曜日の切り傷もそうだった。意外に冷静に血を見ていた

『ハンニバル』先行上映をみた!(01/4/1)
■昨夜、3月31日にワーナーマイカルシネマズ桑名のレイトショーで『ハンニバル』の先行上映をみました。猟奇殺人、カルバニズムという異常の映像は相当なものでした。
■この映画はキリスト教圏の長い歴史と新しい技術とのコラボレーションかも知れない。舞台の半分がフィレンツェで、半分の舞台のアメリカもヨーロッパへの憧憬が滲み出ている画面でした。
■音楽は、バッハの『ゴールトベルク変奏曲』の主題が冒頭に流れ、ウインナワルツなどクラシックが使われていました。『ゴールトベルク』のピアノの音はアコースティックだと思いましたが、エフェクトがかかって不思議な音の場面もありました。
■CGは特殊効果という使い方ではなく、CGアートというべきコンテンポラリーを感じさせる映像でした。同時に、カメラワークによる画面構成はきれいでした。ここでもアナログとデジタルというコラボレーションを感じます。
■それにしてもフィレンツェは魅力的だった。イタリア、伊太利亜、いたりあ!