年の瀬だというのに…(02/12/30)
■年末というのはちょっとしたタイムスリップみたいな時間です。仕事もOFF! 大掃除をするといろんなものたちと再会します。
■今年の大掃除で見つけたビデオは1989年のNHK『加山雄三ショー』です。ゲストは薬師丸ひろ子と寺内タケシ、服部克久と宮川泰です。加山雄三の歌も薬師丸ひろ子の歌も寺内タケシのエレキ・ギターも円熟の今をきかせてくれて、13年後の今でもきき応えがあります。松本隆の詞もいい。服部克久のアレンジからも学ぶべきことが多い。シンセでアレンジするときいつも思い出すのはこの番組で服部克久がアレンジした対旋律なのです。曲は『仰げば尊し』です。今、音楽の構成はずっと複雑になっているかも知れない。だけど、この頃の音楽が持つストレートなベクトルにノスタルジーを覚えるのは私だけではないと思う。あと…薬師丸ひろ子の髪もみんなの髪も真っ黒だった!
■先日、ふと立ち寄った古本屋でメイプルソープの写真集を見つけました。『SOME WOMEN by MAPPLETHORPE』(邦題『メイプルソープと美神たち』 文:ジョーン・ディディオン 訳:高野育郎 JICC出版局 1992)です。原題と邦題のギャップはニュアンスというレベルではないが、実際に写真集を手にするとそんなことはどうでもいいことになってしまう。とにかくすごい迫力だ。何を何と言うべきかわからない。圧倒されてしまう。
■そういえば写真を語る言葉をほとんど持ち合わせていないことに気づく。これも少し前に古本屋で見つけたものだが、片岡義男の『なぜ写真集が好きか』(太田出版 1995)はなんとうまく写真について語っていることか! 彼は写真集の文脈を語っている。ストーリー・テラーなのだ。
■ストーリー・テラーといえば、メイプルソープの写真集といっしょに買ったのはポール・ギャリコの『マチルダ』です。舞台はニューヨーク、アスリートのカンガルーの物語です。この本の分厚さがいい。ポール・ギャリコの物語はずっとずっと続いていてほしいと思う。ページをめくるのがもったいない。
■『加山雄三ショー』のビデオはベートーヴェンのピアノ・ソナタ『悲愴』の第2楽章に詞をつけた『Brave New World』で終わります。これはスカイラインのかつてのCMみたいにエレキ・ギターでハイ・テンションでやるのがいいと思う。音楽療法のセッションでは場のテンションのコントロールにいちばん気をつかいます。発達に遅れのある子どもたちはとてもナイーヴな感性の持ち主です。だからかなぁ…ひとりのときはテンションの高い音楽に惹かれます。今日、あるサイトでマクラーレンの1992年のF−1マシン、
MP4/7Aのホンダ・ミュージックをきいてまたまた心穏やかならぬ血の騒ぎを覚えました。新聞を見ると武満徹の全作品集のCDの広告があるではないか! ますます落ち着かないまま2003年を迎えそうです。

音楽はスポーツだ!(02/12/27)
■ポコ・ア・ポコ ウインターセッションの前半が終わりました。子どもたちは10人となって、毎回6〜7人の参加でにぎやかです。ミュージック・ケアのアリサ・シリーズもプログラムに入れて軌道に乗ってきたところです。ここで年末年始の休みはつらいものがあります。年明けは2回しかありませんから。
■キーボードをケースに入れて毎日運ぶのはたいへんなことだと痛感しています。MPVのセカンドシートを倒してやっと入る大きさです。そして、重い! 椎間板ヘルニアをかかえた体に堪える。この年末年始の休みにソフトケースを調達します。
■セッションに使っているコルグのデジタル・ピアノSP200は意外に地味な音ですが、セラピーの場面ではいい結果が出ていると思っています。余分な刺激がないのです。この音を設定したコルグの意図はどこにあるのだろうと考えてしまいます。ちょっと聴いただけではアピールする音ではありません。ほんとに地味な音です。だけど耳にやさしい。今は汎用のアンプ・スピーカーを使っていますがもっと相性のいい出力先を探してあげようと思っています。
■毎日楽器などを運んで音楽療法のセッションを続けているとこれは体力勝負だと実感しています。音楽はスポーツだ!
■夜はいわしのオリーブオイル焼きをしました。いわしを開いて骨と取って、ほんの少しの塩と十分なブラック・ペッパーをして小麦粉を付けてオリーブオイルでフライパンで焼くだけです。簡単だけど美味しかった! 料理もスポーツだ!
■スポーツも音楽もリズムがいちばん大事だと思う。料理も同じ。「カメラはスポーツだ」と言ったのは浅井慎平です。センスは身のこなしで伝わり、結果として現れる。
■今日、ジョギングに使うアクリルの帽子を買いました。松阪シティ・マラソンに向けて走ります。

「悲愴」がききたくなるとき(02/12/25)
■無性に特定の音楽がききたくなるときがある。今夜はチャイコフスキーの「悲愴」だ。外は強い北風。だから「悲愴」なのだ。気分は全然“悲愴”ではないが「悲愴」をききたくなるときがあるものだ。
■ポコ・ア・ポコ ウインターセッションの2日目が終わりました。昨日、初日はミュージック・ケアの総合研修の成果を活かそうと気負いがあってどうもしっくりこないまま終わってしまいました。今日は朝から記録ビデオをチェックしながら反省することしきり。夏のサマーセッションの記録ビデオと見比べて愕然! サマーセッションの方が子どもたちがとてもいい表情なのだ。そう、夏は自分自身が背伸びをしないようにいつも気をつけていたではないか! 今日、2日目の前半はキーボードを弾きながら歌う時間を十分取りました。子どもたちがたくさんの笑顔を返してくれてホッとしました。だから気分は“悲愴”ではないが北風のせいで「悲愴」がききたくなってキーを叩いています。

心理療法体験(02/12/22)
■昨日、京都音楽療法の会の第11回研修会に行ってきました。インターネットでこの研修会があることを知り、プログラムの「アメリカの音楽療法カルテ」というレクチャーも魅力的でしたが、『自閉の子どもたち〜心は本当に閉ざされているか〜』(PHP新書 2002)の著者、酒木保先生のレクチャーを見つけたときはまたとない機会だとすぐ参加申し込みをしました。音楽療法の研修で酒木先生の話が聴けるというのも興味深いところでした。
■酒木先生のレクチャーのテーマは「色彩ブロット描画物語法」でした。いちばん前に座ったら声がかかってその心理療法の被験者となりました。そして心理分析も少ししてもらってドキドキしました。酒木先生は著書にもあるようにS−R心理学、stimulation(刺激)があってreaction(反応)があるという見方ではなく、R−S心理学の方法、reaction(反応)−situation(状況)の考え方を提唱しています。子どもの内にあるものを子どもが自分で引き出すようなアプローチをします。「色彩ブロット描画物語法」もそれで、実際に体験するとおもしろくて気持ちがだんだん広がってくる感じがしました。自閉症の子どもたちは自分を守るために特徴的な症状がある。彼/彼女らが守っている内なるものを治療者が共有することで子ども自身が心を開いていくのが心理療法だといえるでしょう。また、文化によって神経的な病状の出方がちがうという話もとても興味深いものでした。例えば、欧米は視線を向ける文化で、視線が合わなかったりそらしたりするのは嘘があるか自己が確立していないと見なされるとのことです。「アメリカの音楽療法カルテ」で紹介されたカルテでも視線が合うかどうかという項目がありました。自閉症の人は視線が合いにくいといわれますが、これは自己を他者の侵入から守る防衛手段と考えるべきですね。
■色彩ブロット描画物語法で私が選んだ色は、オレンジ、青、黄でした。好きな色を3つと言われて色を選ぶだけでも私の五感は全開でわくわくしてしまいました。真っ白な紙にチューブから水彩絵の具を出すとか、紙を二つ折りにしてこするとか、何でもないことなのにどうしてこんなにおもしろいのだろうと思いました。オレンジ、青、黄、この3色を選ぶ心理はいかに! そこまで酒木先生は言われませんでしたが私の何を表しているのでしょうか。
■子どもたちへのアプローチは音楽とか絵とかいろんなきっかけがある。私は音楽が好きだが音楽を押し付けてはならないとよく思う。
■「アメリカの音楽療法カルテ」は映画「レナードの朝」の舞台となったベス・アブラハム病院など6か所の病院や大学のカルテの項目をひとつひとつ見ていくというものでした。私は書式と項目の多様さに驚き、そのバックグラウンドを考えてしまいました。アメリカはおもしろいと思った。アメリカも国家資格としての音楽療法士の資格制度はないとのことです。なぜなら音楽療法の多様性が国の制度で制限されてしまわないように。自分たちでしっかりやるから口出ししないでくれ、というわけか。でも、音楽療法そのものはしっかり認知されて障害児だけでなく広く病院でも取り入れられているようです。といってもあるところにはあるがないところにはない、そのギャップもまた大きいのがアメリカらしさだとか…(この記述に誤りがあったらご指摘をお願いします。)
■会場は京大会館で医学部の近くにあります。他の会議の名称はどれもアカデミックなものばかりでした。どんなことが話題になっているのだろうと興味津々でした。
■研修が終わってすぐ会場を出て2時間17分で鈴鹿のイオン・ベルシティに着きました。2時間17分というのは、「ここまでの所要時間は2時間17分でした。運転お疲れさまでした。」とナビが言ったから(^_~)/~~~ ベルシティの無印良品でA4サイズ4穴のファイル3冊と4穴用クリアポケット100枚を買いました。A4サイズ4穴のファイルは鈴鹿まで行かないと買えません。ところがなかなか行く時間がなくて半年ぶりかな? これでやっといろんな資料が整理できます。
■そうそう、ベルシティにスターバックスが出店したはずと行ってみました。スタバは落ち着きます。いつものカプチーノに昨夜はメイプルナッツスコーンをいっしょに食べて1日フル回転した頭に糖分をあげて休めました。
■ベルシティでは島村楽器でコルグのキーボードのダンパーペダルも調達しました。ヤマハのペダルと極性が反対で、ヤマハのペダルをコルグに使うと、踏まない状態でダンパーが効く(音が続く)というおもしろいことになります。
■家に帰ったのは10時過ぎで、それから久しぶりにトマトソースを作りました。400g缶を8個使いました。いつも適当にドボドボとオリーブオイルを入れていますが昨日は計ってみました。150cc? まだまだ! 200cc? まだ! 250cc? うーん、これくらいかな…でも仕上がりが物足りない。あの金色に光る生き生きとした感じがいまひとつ。味はいつものフレッシュ&ピュアでしたがどこか腑に落ちないプロセスでした。
■先週、松阪シティマラソンの参加申し込みをしました。距離は10キロ。レースは久しぶりです。レースといっても椎間板ヘルニアのリハビリなのでキロ6分台のジョグで走ることになると思います。松阪シティマラソンは2月2日、それまでの“練習”もまた楽しみです。走ることは自分自身とのコミュニケーションだと思うl
■これも先週、ポコ・ア・ポコ ウインターセッションで使うキーボード(KORG SP200)のハードケースが届きました。ちょうどいいサイズがなくて汎用の大きなケースです。サイズは数値では知っていたものの、実物を見るとものすごく大きい。色は黒。まるで棺桶だ。ところがキーボードを入れると意外に取り回しが楽です。頑丈なケースに守られているという安心感からでしょうか。
■MPVの修理が終わりました。きれいに直りました。仕上げはオリジナルよりきれいではないかと思うくらいです。もちろん見た目はどこを直したのかわからない。でも、よく見ると、カメラの高価なレンズの評価でよくいわれる「線が細い」という表現が当たっている。聞けば、ボルボなど外車の塗装はそんなにクオリティが高いものではなく国産車の方が難しいが、ボルボのオーナーは「うるさい」とのこと。要は気持ちの問題で、そこにプロとしての技が活きる。「気持ちの問題」と「実」との兼ね合いは何でも難しいものだ。
■カメラといえば、仕事で使っているデジカメ、フジフィルムのFinePix4700Zがバッテリー管理の不具合で全く使えなくなったので銀塩を使っています。銀塩フィルム→デジタルプリントのマッチングに大いに不満です。銀塩フィルムをDPEに出しても現像の後はデジタル処理をされるようになりました。見た目は鮮やかです。でも、記憶色とはかけ離れた発色と諧調です。ニコンのレンズとの相性が特によくない。FienPix4700Z→デジタルプリントでは申し分のない仕上がりだったのでそのギャップはあまりに大きい! 今、銀塩プリントのプロセスを残しているラボはほとんどないと思います。残念です。銀塩の深く豊かななめらかな色調はリバーサルでしか味わえないようになってしまいました。そんなことを思うこの頃、キャノンのEOS D30の“偏った”コダクロームのような色調にたまらない親しみを感じます。D30は一癖あるが故に名機だと思う。フジフィルムといえば、ハッセルブラッドとの合作、ハッセルブラッドH1=フジGX645AFプロがすごく魅力的です。EBCフジノンの実力が遺憾なく発揮されるカメラだ。フジフィルムのハニカムCCDのデジタルバックが発売されたら最強のシステムとなるだろう。これはある!

ポコ・ア・ポコ ウインターセッション(02/12/18)
■冬休みも発達に遅れのある子どものための音楽療法“ポコ・ア・ポコ ウインターセッション”をします。(トップページのMUSICの“ポコ・ア・ポコ ウインターセッション”をクリックしてください) 夏は18回のセッションに延べ169人が集まりました。冬休みの「平日」はわずか6日間しかありません。年末年始もあるのでこれは仕方ありませんね。

理論・経験・創造性(02/12/14)
■夏にMPVを家の塀にぶつけてそのままだったのを修理に出しました。ボルボの正規代理店の板金修理を請け負っているボディ・ショップが近くにあってそこに出しました。代車はミラ・ターボでした。
■代車のミラ・ターボは12万キロも乗ってあってちょっと心配でしたが慣れてくると実に楽しい車です。速い。よく曲がりよく止まる。ターボが効き始めても足回りはバタつかない。足回りは固いが椎間板ヘルニアの脊椎にはなぜか響かない。バケットシートがしっかりホールドしてくれているからか。カーブでも不安がない。ギアがマニュアルだったらもっと楽しいが、機械制御のATはアクセルワークにダイレクトに反応して自分が車を操っているという実感がある。車を運転する楽しさの原点を教えてくれているかのようです。ランサー・エボリューションとかインプレッサWRCをドライブするとこんな感じなのだろうか。曲がりくねった山道の通勤ドライブがとにかく楽しいこの頃です。燃費は13キロ台です。
■ローリングストーンズのワールドツアーを伝えるテレビ番組を見ました。平均年齢は59歳! リハーサルした曲は160曲! 「同じステージはない」と言う。平均年齢59歳のローリングストーンズのワールドツアーは彼らにとって何も特別なことではない。常に進むことが大事なのだ。60歳、深田サルベージの“仕事”に「理論、経験、創造性と三拍子そろっていますね」とのコメントを聞いた。(02/12/14「ブロードキャスター」) 要は進むベクトルにある。そこに理論と経験と創造性が不可欠なのだ。
■書店で『すてきレシピ』(扶桑社)2003冬号を見つけて買いました。料理、インテリア、小物、旅と根強いテーマをバランスよく押さえた編集もさることながら全体の色調の統一感が私の目を惹きました。ニュートラルで、深く、落ち着いたカラー・マネジメントはどんな人が担当したのだろうと興味津々です。もしかしてく栗原ひとみさん?

京都大阪研修三昧(02/12/9)
■7日土曜日と8日日曜日は研修で京都と大阪に行きました。夜は京都で泊まりました。
■京都はATACカンファレンス2002です。昨年は11月の紅葉のときでした。今年は葉っぱはみんな落ちて雨のシーズン・オフでした。しかし、ATACは今年も私の五感を全開させ続けました。重度心身障害児にとっての「サインネーム」や「時間」のとらえ、自閉症児にとっての「心の理論」や自閉症の「仕組み」のとらえなど、今この時も世界中で続く研究と、そして、何よりも障害がある子どもと家族の毎日がそこにありました。力強く生き生きとして、ごく当たり前にありました。日常と非日常が絶妙なバランスを維持していました。「夢」や「希望」という言葉は誰もが分け隔てなく使えるものなんだというメッセージがありました。ノーベル賞を受賞する田中耕一さんの講演で、「夢」と「勇気」という言葉が当たり前のように使われていたことをうれしく思いました。死語にしてはならない言葉です。
■増田太郎さんのライブはいちばん前に座りました。ギターの奏法を見たかったからです。バックは杉山さんという長身のギタリストでした。二人ともピックアップ付きのアコギでした。増田さんはピックを中指・薬指・小指の3本で持ったまま親指と人差し指でフィンガー・ピッキングです。もちろんピックも使います。杉山さんはずっとピックで弾いていました。クールなテクニシャン、杉山さんのキャラクターに惹かれます。片付けのとき彼の譜面を見ると、1段を4小節に区切った五線紙にコードと、所々にフレットのポジションがメモしてあるだけのものでした。
■シンポジウムの間にミュージック・ケアのレポートを書いて、1日があっという間に過ぎてしまいました。夜はJR京都駅のクリスマスツリーを見に行きました。今年は総勢12人でにぎやかな研修となりました。
■大阪はミュージック・ケアの総合研修最終日でした。ひたすら曲を覚えました。総合研修を終えたことで日本ミュージック・ケア協会の「トレーナー」の資格がもらえます。これでミュージック・ケアのセッションができるようになったわけで、冬のポコ・ア・ポコのセッションに向けてはずみとなります。
■研修の打ち上げは堺のビック・アイでしました。私の目は料理に釘付けです。すごくおしゃれでおいしい! どうして地方ではこんなメニューにお目にかかれないのか! 思わず写真に撮ってしまいました。味は写らないけど舌がしっかり覚えています。
■大阪の帰り、青山はうっすらと雪化粧をしていました。

「心もおいしいの」(02/12/5)
■NHK総合の「人間ドキュメント〜まごころケーキを召し上がれ」を見て心を打たれました。
■「同情ではなく味で買ってもらおう」と努力を続ける知的ハンディキャップを持った菓子職人たちのドキュメンタリー。東京都世田谷区福祉作業所「のぞみ園」では、21歳から38歳までの10人がお菓子作りに取り組む。北海道で3.5ヘクタールの畑を借りて育てた無農薬の食材なども使い、無添加のケーキやクッキーなどを作る。味も評判で1日に売り上げが10万円を超える日もある。30種類の菓子作りをこなすチーフ格の池畠幸枝さんは、気温で変わる生地の感触を確かめるため、電動泡立て器は使わないという。ひとつずつ技術を覚え、懸命に働き、給料をもらう。仲間たちと支え合い、誇りを持ち自立のために働く姿。みんなのとびきりの笑顔が素晴らしい。「心をこめてね」「こころ?」「そう、心もおいしいの」…。初心者を指導する池畠さんのひとことが胸を打つ。(山)(朝日新聞021205朝刊「試写室」より)

朝のミルクティー(02/12/4)
■この頃、朝はミルクティーです。ポットにティー・バッグと少量の湯を入れて濃い紅茶を作ります。カップに紅茶を1〜2センチ入れて冷たいミルクを注ぎます。ほんのりと紅茶の香りがするちょっと冷たいミルクは異文化の味わいです。バラクラ・イングリッシュガーデンのミルクティーをふと思い浮かべたりします。八ヶ岳高原は2年のご無沙汰です。この冬には行けるでしょうか…
■昨日、NHK−BS2でフラメンコ特集があって“モダンフラメンコ”・“創作フラメンコ”のテンションの高さに魅了されてしまいました。何でも窮めようとする姿は美しいものだ。「もっときれいなものはたくさんある」(ファッションデザイナー川久保玲)今日はアイリッシュ・ダンスの特集でした。リヴァー・ダンスもすごい! だが私にはフラメンコの音楽が身近に感じられます。
■MPV(2000cc)はエンジンオイルを交換する度にエンジン音が変わります。100%化学合成のオイルのときはとにかくスムーズに回りましたが2000キロを過ぎたあたりからギアがすぐキックダウンするようになって乗りにくくなってしまいました。今は鉱物オイルのCF4クラスで、適度に荒い4気筒特有の回転がなかなかのフィーリングです。オイルによってエンジン音がこれほど変わるのは工作精度に難があるのかも知れませんが車としての魅力はまた別ものです。MPVの荒々しい4気筒のサウンドが心地いいと思う。(現行4気筒2300ccモデルは別もののフィーリングとのことです)
■ページ内リンクは行を上に追加するとうまく機能しないことがわかって解除しました。コンピュータはハードもソフトもどこか人間臭い。コンピュータを使うとき、コンピュータを理解して彼あるいは彼女に合わせようとする自分に気づく。こいつは気まぐれさ…と割り切ると付き合いやすくなるのです。組み立てキット29,800円を見つけて気もそぞろなこの頃

Eスパニッシュ・モード(02/12/1)
■昨年の冬から庭の手入れはただ草取りばかりです。ところが、ひとり生えのピンクの丸い花が殖えて、そして、2本の楓と1本のニセアカシアの落ち葉が庭一面に広がってとてもきれいです。カントリーブルーのウッドデッキにもニセアカシアの枯葉がたくさん落ちてホッとする空間となっています。でも、そこでゆっくりする時間はありません。ここしばらく判断が難しいことが続いて、ただルーティンをこなしていくだけならこんなことにはならないのですが、これは性分だから仕方がないと思っています。このところ考える時間がなくて何もかもが不消化という毎日です。
■先週の日曜日にミュージック・ケアの総合研修第4回に行ってきました。「キーポジション」をひとりひとりチェックしてもらってクライアントとどんなスタンスをとっていくのかという音楽療法の自分の「キーポジション」も意識することができました。新曲の書き取りもたくさんあって充実した研修でした。
■先々週、「芸術に恋して」という番組で「フラメンコ〜神秘の生きた芸術〜」を見て、ここのところEスパニッシュというモードにはまっています。EスパニッシュはEから始まるモードで、そういえばギターの6本の弦のチューニングはEに始まってEに終わることに気づいて、もしかしたらギターはEがキートーンかも知れないと考えています。私にはピアノの方が勝手がよくて、Eスパニッシュ・モードで思いつくまま弾いています。勤務先の養護学校で音楽の時間の前にコンバス(フラメンコのリズム)を意識して弾いていたら担当している小学部3年生の女の子がタンバリンを持ってきていつになく生き生きとタンバリンを叩いて応えてくれて、「何という歌?」と聞いてきたのです。こんなことは初めてで驚きました。Eスパニッシュ・モードとコンバスの不思議な力を思い知らされた次第です。
■音楽療法の即興演奏ではモダン・ジャズと同様にモードという概念で奏されることが多くあります。モードは「旋法」と訳されています。世界の各地で生活の中から口ずさみ生まれてきた音の配列はそれだけに人々の心に寄り添い心と身体を大きく動かす力を持っているのだと思います。今、日本で商業ベースに乗っている音楽はコードの配列という和声の概念、とりわけ「ドミナント・エンジン」が支配的といえます。その中でつんくがアラブ・モード(マカーム)の要素を入れた曲を作ってヒットしたのは興味深い。音楽療法ではマカームは筋緊張の障害があるクライエントのセッションでよく使われるとか。砂漠という厳しい自然の中の生活から生まれてきたモードは筋緊張の障害がある人たちの「モード」と共感し合うのかも知れない。
■この「COFFEE TIME」にページ内リンクを張りました。インデックスに並んだ見出しを見ると音楽の話題ばかりで、これは音楽のページにアップすべきかと…でも他の話題も入っているし、いつか、整理します。
■デジカメが故障してしまいました。フジフィルムのFinePix4700zはバッテリー管理に“難”があるとのことで、充電済みのバッテリーでもエンプティの表示が出て動かないことがあります。でも、当時のフラッグシップモデルなのでそれを承知で買いました。フジフィルムのデジカメの絵作りはお気に入りです。EBCフジノンとjpegの絵作り、そしてプリントまで一貫したベルビア&プロビア譲りのカラーマネジメントはさすがとしか言い様がありません。FinePix4700zは1年半調子よく動いてきましたが、いざその症状が出るとお手上げ状態です。1年で4000ショットはちょっと荷が重かったか…修理に出します。

“アコギ”な冬(02/11/21)
■この土曜日、勤務先の養護学校の文化祭で音楽ワークショップをして、フォーク・ギターを指で弾いてスチール弦のギターの印象が変わりました。今回、ギターを療法的に使いたくていろんなピックなどを試しているうちに指で弾くことに行き着きました。それがフィンガー・ピッキングという奏法だということはその日の帰りに寄った書店で立ち読みして知りました。『アコースティック・ギター・マガジン vol.14』です。
■少人数グループの子どもたちひとりひとりと音楽でやりとりする療法的なシーンでギターはとても使いやすくて、アメリカでギターは音楽療法士になるための必須楽器になっている理由がよくわかる思いがしました。
■『アコースティック・ギター・マガジンvol.14』を見てアコギの値段にびっくりしました。このあたりの店ではせいぜい10万円代までの品揃えです。でも40万50万はザラにあって100万円超も少なくありません。自然の木を使っていることもあってヴァイオリンと同じ世界だと思いました。それだけに楽器の管理の難しさはヴァイオリンと同じと思います。だから新素材のRAINSONGに惹かれるのです。ギターは気軽に使いたい!
■フィンガー・ピッキングはマイナーな奏法かも知れませんが、コードをジャランと弾くことと比べてひとつひとつの音の機能がきちんと活かされてクリアな音が出るのはもちろん、コードを確実に押さえることが苦手な私にとってはとにかく弾きやすいのです。鳴らしたくない弦を鳴らさないからです。それは私の感じ方ですが、今、フィンガー・ピッキングはアコギ奏法で注目株のようです。しばらくアコギにはまりそうです。
■MPVにスタッドレスを履かせました。MPVはオフセットがマイナーな設定なのでタイヤとホイールのお値打ちセットは選択の余地がなくて、K2(ヨコハマF720)とアッシスGTという組み合わせです。アッシスGTはシンプルな6本デザインで好感があります。驚いたのはK2です。ドライでのスタッドレス特有のこもるようなノイズはありますが走行フィーリングは純正のラジアル以上で、直進性に申し分ないだけでなく横Gへのふんばりはスタッドレスを履いているとは思えないしっかりしたものです。スタッドレスはラジアル以上に個性がはっきりしていておもしろい! 近年にないこの寒い冬、ただただ真っ白な中をドライブしたいもの…

見上げてごらん夜空の星を』(02/11/12)
■寒くなりましたね。今年も暖冬かと残念に思っていたのでうれしい! 雪が好きだから(^_^)/~~~ 少し前、スタッドレスタイヤを買いに行ったら売り切れという夢を見ました。 この日曜日、ミュージック・ケアの総合研修第3回の帰りに通った青山高原は気温が2℃でした。「凍結注意」の表示まで出ていました。それでなくても山間部を通勤する毎日、早目にスタッドレスタイヤに替えなくては! そして、冬の八ヶ岳高原に…行けるかな?
■今使っているVAIO-SRのHDDに音楽を録音してみました。これが快適です。今も音楽をききながらキーを叩いています。ソフトはSonicStageで、適度に圧縮して記録するのでHDDの空き容量を気にせずに使えます。SonicStageはHDDに音楽を記録して再生するだけでなく、CDのバックアップ、オリジナルCDの作成、MDへの音楽データ転送と、音楽好きにはたまらないソフトです。これではソニーの思うつぼですが、やっぱりVAIOは魅力的です。ミュージック・ケアのセッションにパソコンでMP3ファイルを使っているセラピストがいます。納得の使いやすさです!
■VAIO-SRのHDDに録音したのはミュージック・ケアの音楽です。+αに坂本九の『見上げてごらん夜空の星を』を加えました。坂本九の歌に合わせて手話で歌うと泣けてきます。メロディーも歌詞もいい。音楽的にもクリシェのお手本となる和声進行で心の奥深くすっと入ってきます。すてきな歌です。人は“死ぬ”と星になるのかも知れない…同じクラスだった子が12歳で逝ってしまいました。“お星さま”になったと思いたいのです。

ノードフ&ロビンズ創造的音楽療法(02/11/3)
■11月2〜3日と、財団法人ひょうご子どもと家庭福祉財団主催の第101回療育研修会「特別な配慮を必要とする子どもたちのための音楽療法」に行ってきました。会場は兵庫県三田市の“さんだ子ども発達支援センター”です。講師は千葉県の船橋音楽療法研究室主宰の濱谷紀子先生・同研究室所属の益山ゆき先生です。2日間、延べ10時間、まさに音楽漬けでした。
■カテゴリーでは、ノードフ&ロビンズ創造的音楽療法です。私はノードフ&ロビンズ共著の『障害児教育におけるグループ音楽療法』(人間と歴史社 1998)を座右の書としながらも、ノードフ&ロビンズ創造的音楽療法のセッションの実際についてはあまり知りませんでした。今回、数々のセッションの記録ビデオを見ながら説明を聴いて、また、実習もすることができ、その核心に触れた思いがしました。2日間にわたる研修で、私は音楽以外の仕事に復帰できるかどうか不安になったくらいです。すばらしい研修を提供していただいた濱谷先生と益山先生に心から感謝しています。
■濱谷先生はニューヨーク大学のノードフ&ロビンズ音楽療法センターに留学し、デュプロマの資格を取得されています。45歳を過ぎてからの留学とのこと、その精力的な勉強の姿勢に自分が恥ずかしくなってしまいました。
■研修の中で何回か説明があったことで、音楽療法はゴールを設定し、ゴールに到達した時点でセッションが終結することは、音楽療法が「療法」である以上いつか終結することはわかっていながらも、教育職の私にはどうもなじめない考え方です。どこかプラグマティックでアメリカ的です。ミュージック・ケアの考え方とちがう点といっていいでしょう。ミュージック・ケアは教育的な色彩が色濃くあります。
■しかし、ノードフ&ロビンズ創造的音楽療法のパワーは相当なものと感じました。ゴールへのベクトルの強さも、ピアノ演奏の技術のレベルの高さもカルチャーショックといえるほどでした。実習は緊迫感がありましたが追い込まれている感じではなく、むしろ心は解放されていくように思いました。音楽療法は芸術レベルの追求ではない。でも、「アート」の現場の真っ只中にいる自分を感じていました。これは意外な体験でした。でも、それだけ至高の非日常体験だったといえるわけで、今、こうして家でパソコンのキーを打っていてもどこかしらちがう自分を感じる。それは何だ!というわけです。たいへんヒューマニスティックな音楽療法と実感しました。
■音楽は「原形」が大事だという話があって納得するところでした。世界中で生まれてきた音楽にはそれぞれ背景がある。砂漠ではミドル・イースタン、スペインのフラメンコ、日本の民謡、アメリカのブルース、みなそれぞれに自然と人々の生活が背景にある。それだけに人の心奥深く訴えるものがある。デリカシーもパワーもあるのです。
■今回、使った楽器はすべてアコースティックでした。ピアノはこの研修のためにわざわざ運び込んだとのこと。アップライトでしたが調律がきっちりしてあって気持ちのいい音でした。もちろん、益山先生のテクニックに負うところが大きくて、私もアコピの練習は続けようとあらためて思ったのです。
■それと、ピアノの即興弾きです。ノードフ&ロビンズ創造的音楽療法はクライエントの声や動きからテーマを設定し、即興で音楽を作り、展開してクライエントとかかわっていくのがセッションの主なスタイルです。2日間、ピアノのすぐ横の最前列の席を確保して益山先生の演奏を肌で感じてきました。これもカルチャーショックでした。今まで知らなかった音たちでした。親しみがあってシンプルでわかりやすく働きかけがはっきりしいて音そのものがすごくきれいでした。ノウハウはあるにしても自分で見つけなければならない音でした。
■夜は“県人会”の飲み会となって、県内外の音楽療法について情報交換ができてこれも大事な研修でした。
■昼の研修でも夜の研修でも話題になったことで、「学校」には音楽療法はなじまないということがあります。音楽療法と学校とでは、子どもと音楽とのかかわりの評価が全くちがってしまっているからです。ですから、私自身、音楽療法の曲を授業で使うことにとても慎重です。音楽療法の曲が「結果」が出やすいのは当然です。子どもを支え、子どもが主体的なアクションを起こしやすいように作られているからです。しかし、ゴールもちがうが評価の観点もちがう。子どもが何ができるか、つまり、Doingに主眼がおかれがちな学校現場では、子どもが音楽と今どうかかわっているかということ、Beingを大事にする音楽療法の考え方は相容れないのが現状です。子どもの理解のベクトルがちがうのだと思っています。夜の県人会でこんなエピソードを聞きました。「学校でも病院でも『がんばれ、がんばれ』と言われる。でも、ここ(音楽療法のセッション)では『がんばれ』と言われないからほっとする!」これは障害がある子どものお母さんの言葉です。障害のあるなしにかかわらず、子どもたちが音楽といい出会い方をしてほしいと私は心から願っています。
■子どもの見方、ということでは、自閉症スペクトラム障害の子どもの理解がやはり気になりました。自閉症スペクトラム障害の子が何をどう感じているかということはハイファンクションの自閉症スペクトラム障害の人たちの体験によって明らかにされてきつつあります。このところカバンに入れて読み返している本は、酒木保の『自閉症の子どもたち〜心は本当に閉ざされているのか〜』(PHP新書 2001)です。自閉症の子どものものの感じ方に“こだわって”踏み入る彼の感性に共感を覚えます。
■そうそう、先週、「秋のイタリア料理教室」に行ってきました。メニューは@温野菜のバーニャカウダソースA豚肉のカツレツ、ミラノ風Bじゃがいものニョッキです。シェフの一言一言、一挙一動からノウハウを盗もうと乗り込みましたが、調理が始まって私がいちばんはじめにしたことは3本の包丁を砥ぐことでした…(>_<)

3拍子の不思議な世界(02/10/22)
■この日曜日、ミュージック・ケアの総合研修第2回は加賀谷哲郎先生の記録ビデオから始まりました。加賀谷先生は昭和一桁の頃から音楽療法をされていました。水上小学校や山谷の子どもたちとの毎日に私の目は釘付けになりました。この頃から音楽を療法的に使うことをこれだけ実践してきた加賀谷先生の凄さに圧倒されました。そのすぐ後で日本ミュージック・ケア協会の宮本啓子先生の理論の講義があって充実した半日でした。午後は課題曲の復習でこれも気の抜けない研修でした。
■ミュージック・ケアの「アリサ」シリーズは3拍子が大きな役割を担っています。体と音楽がほんとに心地よく対話するとき、気づけば3拍子なのです。乗馬のリズムからきているという3拍子ですが、「アリサ」シリーズの3拍子はちょっとちがうように思います。加古隆も3拍子にこだわる作曲家です。彼も乗馬のそれとはちがうリズム感で3拍子を使っています。4拍子の中の3連符がまるで話言葉のように響くのはなぜでしょうか。1も2も割り切れない3という不思議な数字と人間との関係はいかに! DTMのシーケンスソフトもどこか3連符をごまかしている、そんな気がしています。
■地元の(財)中小企業勤労者福祉サービスセンター主催の「秋のイタリア料理教室」の申し込みに行ってきました。講師は地元の有名イタリア料理店のシェフとあって25人の定員に46人が集まりました。抽選の結果、私は見事当選! うれしい! しかし、集まったのは私の他はみんな女性でした。それでひるむ私ではありませんが、どこか緊張しているのも確か! でも、ただただあの店の味を盗みたいと虎視眈々としています。料理教室は今月29日です。頭に巻くバンダナの色は何にしようか…
■今夜はなぜかADSLがつながりません。ADSLと同じTCP/IP設定のauのPacketOneもつながらないからniftyのDNSサーバが怪しい。「プロキシの設定」でつまずいています。急遽、アナログのダイヤルアップを再度設定してインターネットにつなげています。こんなとき、ADSLしか知らない人はどうするんだろうとしなくてもいい心配をしてしまいます。コンピュータとはそんなもの!?

アートフォーラム三重展2002(02/10/14)
■三重県総合文化センターのアートフォーラム三重展2002に行ってきました。今日はコンサート「北住淳とその仲間達」とアーティストとのコラボレーションがありました。「現代美術」と「現代音楽」のコラボレーションです。その中で今村幸生らが創作します。ギャラリーには数十人の「鑑賞者」が見つめていました。
■この鑑賞者たちがアートフォーラム三重展にプラスαの活力を加えていました。こんな体験は初めてで私にはカルチャーショックといえるほどでした。鑑賞者たちは実に生き生きとした何かを発しながらギャラリーを回っていました。音楽とのコラボレーションでは鑑賞者のひとりひとりがコラボレーションの第三者として参加していました。私はその空間にどっぷりはまって戦慄してしまいました。こんな「展覧会」はちょっとない。
■音楽はシンセと竹笛など素朴な楽器たち、そして、声です。即興演奏は今その時だけのもの。「調性」も「リズム」も「メロディー」も伝統的な音楽とはかけ離れています。でも、その空間の表情は音楽療法のそれと似ているように感じました。音と自分、自分の音と他者の音、そして音空間と自分、それらが相乗して生まれる文脈は私の覚醒レベルをものすごい力で引き上げる。その「きわどさ」は音楽療法のセッションとなんら変わりないもの。
■NHK-TVで9月26日放送の「にんげんドキュメント〜アートで“人生”に輝きを〜」は、アートが人の心を活性化することを見せてくれました。NHKのサイトは、「奇抜な空間の中で行う作品づくりは痴呆症の母親に刺激を与える独特の介護の形だ。」と番組の紹介をしています。非日常の体験を日常のものとしてくれるアートは私たちの感性にカルチャーショックともいえるほどのゆさぶりを与えてくれる。その時の「目ざめ」は測り知れないパワーを秘めているのではないでしょうか。
■今年は清里現代美術館に行く機会がなかなかなくてフラストレーションを感じていただけに今日はほっとするひと時でした。

冬支度(02/10/13)
■いろいろしなければならないことがあるものの、なんとも穏やかな連休です。天気がいいので家の冬支度に忙しい。
■家のそうじはどういうわけか新聞の切り抜きから始めてしまいます。これがいちばん時間がかかるけどいちばん充実している時間だから困ったもの。
■昨日は写真家セバスチャン・サルガドの番組(NHK BS2)をつけたまま新聞の切り抜きをしていたらちょうどサルガド作品展「EXODUS 国境を越えて」の記事を見つけました。言うまでもなく難民ということ自体が不条理で、人間の愚かさを目の当たりにする思いです。
■昨日の午前中は写真を撮ることがあって、EOS630にEF28〜135mmISとSIGMA70〜200mmF2.8を付けました。EOS630は15年も前のカメラですが、ISシステムもきちんと動いてちょっと大きめのボディが手になじみます。そしてISレンズとフルタイム・マニュアルフォーカスの使い勝手はやっぱり手放せません。FinePixにEFレンズが使えたら最高なんだけどな!
■先週、家のインターネット接続をADSLにしました。局から4キロと少しあって速度は900k前後しか出ません。ブロードバンドとしてはいちばん遅いとはいうものの、それでもこれまでのダイヤルアップ接続と比べると30〜40倍です。快適です。そのスピードと定額料金に気をよくして一気に無線LANまで行ってしまいました。家中どこでもワイヤレス高速?インターネットでしばらくはまってしまいそうです。
■今日の午前中はずっとインターネットで調べものをしていました。自閉症スペクトラム障害の子どもの発達のどの時点でどんな指導支援をすべきなのか、ということです。TBSのドラマ「君が教えてくれたこと」のサイトはテレビドラマが故に自閉症スペクトラム障害の人たちのどこかドラマティックなのかがよくわかります。時々見るべきですね。
■夜はF1日本グランプリの番組をずっと見ました。やっぱりカーレースはF1が好きだ! 研ぎ澄まされた感性がF1マシンを創り、ドライブし、あのサウンドを奏でる。何でも窮めようとする姿は美しい。

忙しい連休!(02/10/7)
■ミュージック・ケアの総合研修に行ってきました。全5回中の第1回目です。講師は日本ミュージック・ケア協会認定指導者で私にとって初めての先生でした。8月の全国セミナーでヨーグルトのカップで作った楽器で不思議な音空間を体験させてくれました。同じミュージック・ケアでもセラピストによって雰囲気がちがいます。認定指導者ともなると持ち味十分ですね。
■ミュージック・ケアの研修は曲の使い方を覚えるだけでなく、ひとつひとつの曲を自分のものにするための場です。「音楽療法は療法士の数だけある」「音楽療法士になるための道は自己形成の道でもある」という言葉が研修のシステムに位置づけられているわけです。ハードですが楽しみな研修です。
■大阪には車で2時間でした。ずっと「おかあさんといっしょ」をきいていました。『ゆめ ゆき あめ』と『にじのいろとおほしさま』、『ちいさなおふね』ばかりきいていた。『にじのいろとおほしさま』では電子ピアノ、ローズの音が聞こえます。それがなんともノスタルジックでいい。『ちいさなおふね』はキーボードのバッキンブとアドリブっぽいフレーズがいい。堪能しましたが、帰りは高速道路を使わなかったので4時間余かかって往復6時間、それでも時間が足りないくらいでした。
■久しぶりにモノクロ・フィルムの現像をしました。腕は落ちている。フィルムの巻きむらがあって1コマ失敗しました。夏場はやはり現像液の温度管理が難しく今日は現像液が22度前後で現像が進むものと判断して、プレスト400をミクロファイン1:1希釈で9分ジャストで現像しました。大きな破綻もなく仕上がりました。モノクロは暗室で焼き付けをしたいのですがその設備はなく、フィルム・スキャナとパソコン、インクジェッタ・プリンタでプリントします。
■この頃デジタルカメラで撮った写真をパソコンで加工することが煩わしくなってきました。FUJIFILMのコンシューマー・モデルFinePix4700zで撮った写真がFUJIFILMのスーパー・デジタル・プリントで驚くほどのクオリティで仕上がってくると、パソコンでの加工は一体何なのだろうと考えてしまいます。銀塩はフィルムを意図的に使い分けて仕上がりにつなげていきます。デジタルはRAWデータで記録してシャッターを切るそのときまでさかのぼって画像を操作できます。デジタルの方が融通が利くわけ。だけど、jpegでさえコンシューマーが1枚1枚加工するなどちょっと考えられない。それなら銀塩フィルムの個性化、差別化と同じような加工システムをカメラに組み込む方が仕上がりのクオリティから見ても現実的な対応です。このベクトルを当初から明確にしてきたのがFUJIFILMの路線です。カメラでかなり加工してしまうからパソコンで加工すると色調もコントラストもシャープネスも破綻をきたしてしまう。だけどカメラでの加工がかなり高い次元での魅せる写真を提供しれくれるから加工の必要をそれほど感じさせない。FUJIFILMの卓見はその尺度として肌の表現性をとっている点です。FUJIFILMのFinePixの肌の表現のクオリティを見ると文句のつけようがない。納得してしまう。もちろんこれは人によってちがうわけですが、この頃の雑誌はFinePixの肌の表現性を高く評価するようになってきているように思っています。フィルムメーカーとして蓄積してきたノウハウの凄さを思う。S2proがニコン・マウントなのが残念ですが、FinePixの肌の表現が手に入るなら別システムを組んでもいいと思うほどです。1200万画素はダテじゃない!
■贔屓にしてきた近所のミニ・ラボがとうとうデジタルシステムになってしまいました。銀塩フィルムがこのシステムで処理されてしまうとデジカメ以下のクオリティになってしまうように思います。残念!
■先週、知人からバジルの苗というか引っこ抜いたバジルをもらって自宅の庭に植えました。今頃植えてどうなるものかと思いますが、来年は庭中バジルになってほしい!

鈴の音がする宅急便(02/9/27)
■このところアクセス・カウンターの数字がどんどん上がっているので更新が滞っているのを申し訳なく思っています。書きたいことはたくさんあって何度か書き始めてはいるものの、時間がなくて途中で「memo」フォルダに保存しています。MPVがガス欠で止まって冷や汗をかいたこと、新聞の切り抜きをしていてニューヨークのテロの追悼にモーツァルトの『レクイエム』が世界を駆け巡ることを知って思ったこと、アメリカのニューヨークのテロを撮ったフォトグラファーのこと、勤務先の養護学校の運動会に使う準備体操と整理体操の音楽をシンセサイザーの打ち込みで作ったときのこと、トマトソースを作ったけどオリーブオイルが足りなくてあの黄金のつぶつぶが冴えなかったこと、NHKの「にんげんドキュメント」で痴呆のお年寄りが現代アートと出会って生き生きした笑顔を取り戻したと知ってあらためて現代アートのパワーを思ったこと、発達に遅れのある子どもにとっての写真やビデオの価値、モノクロフィルムの現像液を作ったこと…いろいろあります。
■昨夜、鈴の音がする宅急便が届きました。(宅急便というからにはヤマト運輸です。)鈴の音がする宅急便なんてちょっと楽しい。中身は来月から始まる音楽療法ミュージック・ケアの総合研修の教材です。宅急便の中には、CD4枚、テキスト、楽譜、バチ、鈴、レジュメなどが入っていました。10月から12月にかけて、隔週の日曜日毎、大阪に通います。いつかはきちんと勉強したいと思っていた研修が始まります。楽しみですが身が引き締まる思いです。

草刈りとピアノ…(02/9/1)
■畑の草刈りをしました。草刈り機なら楽なものさと考えていたらとんでもないことになった。春前から放ってあるので背丈を越える草が一面に生えていて茎の根元はなんと3〜4センチもある。もう草とは呼べない。木だ。かん高い金属音がして草が倒れる。椎間板ヘルニアの患部が疼く。フラフラになりかけたとき大きなハチの巣を落としてしまってハチの群れに追いかけられる。それでも休憩のときのなんと気持ちよかったことか。風が心地いい。2時間かかってやっと終わったら汗だくで腹ペコ! 体重はついに60キロ…5月のピークから8キロもやせてしまった。
■畑の帰りに書店に寄って久しぶりに『キーボード・マガジン』を手にしました。キーボード・トレーニングや音にこだわるエピソードを読んでいるとまたぞろピアノ心が…88鍵のキーボードが欲しい! タッチにこだわりたい! なに? B2000の下取りは○○○○○…もう、いても立ってもいられなくなってきました。今日、実家でピアノを弾いて、やっぱりアコピはいいなぁとしみじみ思ったばかりなので尚更です。
■実家のピアノは35年も前のものです。その音のなんと懐かしいことか。子どもの頃はあまり好きでなかったピアノですが、その音がいつしか私の何かを育んできたことに気づきました。父はピアノの選定をしませんでした。でも、その音は父の想いを伝えてきたように思えてならないのです。楽器は本来個性的なものです。楽器と弾き手と聴き手の数だけ音楽がある、そういってもいいでしょう。もちろんフルコンサートはいい。でも、どうしてフルコンなのだろう。音楽はフルコンでないと表現できないものなのか。音楽はコンサート・ホールで聴かないと「本物」ではないのか。コンサートもいい。だけど、音楽と人との出会いはもっともっと個別性があっていいと思います。
■夜、小曽根真のピアノをテレビできいた。自分もがんばろうと思った。

ポコ・ア・ポコ・サマーセッションを終えて(02/8/31)
■残暑は厳しいものの空はすっかり秋の色となりましたね。今日で8月が終わります。ポコ・ア・ポコ・サマーセッションも昨日で終わりました。
■ポコ・ア・ポコ・サマーセッションは見切り発車の部分が多かったのですが、たくさんの人に助けていただいてなんとか予定の17回と地域のサークルでの1回の計18回のセッションを終えることができました。会場を提供していただいた松阪福祉会館と橋西地区民センター、お子さんを参加させてくださったみなさん、応援に来ていただいた方々、バルーンなどを貸していただいた勤務校、みなさまに感謝しています。
■今回、計画から会場の確保、保護者への説明、機材の準備、セッションの進行などマネージメントをひとりでしてみて、地域でひとりでやっていくことの荷の重さを実感しました。自分に何が足りないかを痛感し、同時にいろんな勉強にもなりました。学校という組織では「先生」としてやっているかも知れない。だけど、裸一貫、障害児教育のプロとしてのお前の実力はどうなんだと問われると何があるのか。学校の先生でなくなっても頼りにしてもらえるのか。「養護学校のセンター化」にはまだまだ時間がかかるでしょう。こんなふうに地域でひとりでやっていくことはないかも知れない。でも、確かな自分を感じながら仕事をしたい…誰だってそう思ってますよね。
■ポコ・ア・ポコ・サマーセッションで使った曲は、ミュージック・ケア(加賀谷式集団音楽療法)の曲、大滝昌之先生の曲、童謡などです。どの曲もそのときの状況に応じて使うことの見極めが大事であることを痛感。さらに、曲を熟知していること。子どものようすに応じてアーティキュレーションを自在に変化させること。でも、いちばん大事なのはその日そのときの子どもたちの文脈をしっかり読み、読み続けること。セラピストがセッションの空間のすべてを常に感じていること。それがあって初めて曲も生き、子どもたちとのやりとりができることになる。そして、状況にもよるが、言葉がけは最小限にして音楽そのもので子どもたちとやりとりすること。子どもを積極的に評価し、セッションのねらいや活動について、ヒューマニズムに立脚した上で理論的に説明して保護者と話し合いができること。もちろん発達と音楽についての知識は幅広く深くもって応用がきかなければならない。具体的にはいろいろあるがまとめるとそういうところか…。
■楽器はヤマハのEOS B2000にテヌートペダルを付けて使用。タッチは物足りないがサンプリングのピアノの音はたいへんきれいで深みもあり、セッション全体の落ち着いた雰囲気作りに大きく役立ったと考えています。しかし、弾いて歌いながら子どもたちひとりひとりに近づけないのはどうしようもなく、ひとりでセッションをするには大滝先生のようにエレキギターの必要性を痛感しました。そうそう、ピアノならやっぱりグランド・ピアノがいちばん。テクニックは必要だけどね。
■秋は私自身のスキルアップのための勉強が続くのでセッションはしばらくお休みとなりますが、音楽療法を志すみなさんとの勉強会はもちたいと考えています。
■今夜のNHK−BSの深夜放送でフレディー・マーキュリーとクィーンの特集番組があります。つい先日は『ボヘミアン・ラプソディー』の特集番組が再放送されたばかり。どうして今頃F・マーキュリーなのだろうと思いながらも録画予約しておこう!

ポコ・ア・ポコ・サマーセッションをして思うこと(02/8/9)
■金曜日、週末! ポコ・ア・ポコ・サマーセッションも土日は休みでほっと一息です。プログラムはある程度決めているといってもその日の子どもたちのようすによってその場その場でプログラムを組み立てながら進めています。始まりの曲もいつも同じ曲でいいというものではありませんね。楽しくしているつもりでも緊張の連続です。セッションが終わってからもいろいろ考えることが多い。はじめの1週間は風呂に入ってバタンと寝てしまうくらいでした。でもやってよかったとしみじみ感じるこの頃です。
■ポコ・ア・ポコ・サマーセッションには日によって1人〜6人のお子さんが来てくれています。ニーズに合わせて個人セッションとグループセッションを組み合わせています。内容も音楽ばかりでなく、個人セッションの時間には体の緩めや「ことば・かず」に音楽をプラスさせたりと、その子のニーズに合わせてゆるやかな枠組みで行っています。時間も子どもに合わせてしているのでこちらも気持ちに余裕があって、子どもたちも落ち着いていい表情を見せてくれることが多くなってきています。「自分が変わらなければ子どもも変わらない」ということでしょう。この夏は私にとってターニングポイントになるかも知れません…どの方向に向かうのだろう…
■ポコ・ア・ポコ・サマーセッションをしていると今までの自分のすべてが試されているのだと感じることがよくあります。子どもの見方や音楽の使い方など今までの知識と経験を総動員して、さらに子どもの文脈を読んで子どもとともに自分が変わらなくては子どもにプラスになる音楽療法のセッションはできないと考えます。ポコ・ア・ポコ・サマーセッションは半分近くが終わって、私自身、ピアノの弾き方や歌い方がずいぶん変わってきたと思っています。今日はしばらく会ってなかった重度の男の子と短いながらもふたりだけの時間をもつことができました。私がピアノを弾いて歌って、そして、彼が目で何かしら語ってくれたのは私の勝手な思い込みではなかったと思う。
■8月3日から5日の3日間、石川県で開催された日本ミュージック・ケア協会のミュージック・ケア第6回全国セミナーに行ってきました。宮本啓子先生の理論と実技は明快でとても気持ちがいい。参加者の意識も高い。情報量も膨大で頭がフル回転しても追いつかない状態でした。
■このセミナーで浜崎あゆみのバックダンサーをしていた人からフェイクダンスを少し教えてもらいました。彼はフェイクダンスと障害がある人のリハビリを結びつけたいとミュージック・ケアを志したとのことです。鍛えられた体、迷いのない動き、細部まできちんと決まる各部位、音楽との絶妙のタイミング…彼の動きに目を奪われていました。元XjapanのToshiさんのコンサートもあって知らない世界を知った次第です。

背中の妊娠線(02/07/21)
■先週、勤務先で腰痛検査がありました。椎間板ヘルニアがうずうずしているのでていねいに診てもらって、上半身はだかでベッドにうつ伏せになったらドクターが「最近、やせましたね」と言うではありませんか。びっくりして「わかりますか」とたずねると「妊娠線みたいなのがある」と言いながら背中のウエストあたりを指で何回かなぞるのです。背中の妊娠線というわけ。5月25日を最後に酒を飲まなくなって2か月近く、体重は6キロから7キロ減となりました。ジーパンは2サイズダウンだからウエストは6センチ細くなっています。体は軽いし体調もいい! スーパーの肉売り場で600グラム台のパックの肉を見ると、これを10個も身につけていたのかと自分でも感心することしきり。大した決心もなく酒を飲まなくなったのでまた飲むだろうと思いつつ2か月も飲まないでいます。ここのところ忙しくて酒を飲む時間というか気持ちのゆとりもないとえばそれがいちばんの理由かな…。
■ただやせるだけだと筋肉も落ちるのでそのへんは気をつけて毎日ウエイトをしています。そして、今日は45分間ジョギングをしました。パルスメーターの電池が切れていたので勘で走って、走り終わったときが120〜130ですからバッチリです。ランナーズハイになってこれからというときに左膝の古傷が疼いて、無理をせずに止めました。炎天下のジョギングも水分の補給に気をつけていれば心身ともに爽快! やっぱりこの感覚は失いたくない!
■音楽療法のセッション「ポコちゃん」のことはずっと頭にあって、あれもこれもと準備物のリストが目に見えるほど。明日は1日出張で、夕方から機材を車に積み込む予定です。今回、日が迫ってからも読み直している本が何冊かあります。二俣泉の『音楽療法の設計図』(1999 春秋社)と『チャレンジ音楽療法士2002』(2001 音楽之友社)などです。後者は音楽療法の現場から多数の関係者が執筆していて最新の情報がつまっているのでその臨場感はビンビンと迫ってきます。そして、クライエント理解がすべての大前提であるという、ごく当たり前のことが今いちばん私の心をとらえています。(音楽療法関係の資料は少しずつアップしていきたいと考えています。)
■明日も暑いだろうな…

『この星のぬくもり』を読み直す(02/7/7)
■いつの間にか7月、気まぐれな梅雨空を見ているだけで日が過ぎてしまったみたいだけど、あれこれ考えることが多くてふと空を見上げると梅雨空ばかりという具合。それでも先週は屋外のプールに入って少し日焼けをしました。
■そう、シーズン到来!といってもトライアスロンは休止中のはずですが、水着を見に行ってレースウエアが目に入ったら胸騒ぎが…ところがウエアを試着して愕然としました。1か月で5キロの体重減とレースに出ていた頃の体重に戻ってものの、レースウエアを着ると脚も腕も細くなって尻と胸は小さくなって肌も張りがない姿が鏡に映る。こんなはずではないと見直してもこれが現実の姿。またあの頃の体に戻れるのだろうか…。ダンベルでウエイトはしていますが効果はいまひとつ。またスポーツクラブに行くことを考えています。
■メイコ・イワモト著『Everyday Tomato』(ニューズ出版 2002)を見つけて買いました。どのページもトマトがいっぱいでトマト料理のレシピが96品。寿司にもトマトを使うなどイタリア料理にこだわらずトマトを使っています。とにかく写真がきれいなので見ているだけで楽しい。それにしても料理用のフレッシュトマトはこのあたりでは買えないのだろうか。見たことがありません。
■「おかあさんといっしょ」でときどき耳にする歌で気づいたときはいつも曲名がわからないまま終わって、そうですね、もう10年も気になっている歌の題名が先月わかりました。知り合いの小学校1年生のお子さんが教えてくれました。そして、昨日、仕事で使う映像を探していて、9年前に録画した「おかあさんといっしょ」のビデオにその歌を発見! 『あしたはだれに会えるかな』(織田ゆり子作詞、上柴はじめ作曲)です。1コーラスだけの歌でもとは他の学校教育番組のために書かれた歌とのことです。題名のとおり、人との新しい出会いが子どもの世界を広げていくという詞で、詞だけでなく曲も自然な広がり感がある展開です。楽譜もないので採譜することになります。そのテープではあゆみおねえさんが歌っています。神崎ゆう子さんから替わったばかりの頃ですごくフレッシュな感じです。
■MPVのカーナビのコードがダッシュボードの前を這っていてどうも気になっていたのを直しました。運転席側にコードを回してハンドルのパネルの下にもぐらせただけですが、店で取り付たときどうしてそうしてくれなかったのだろうと不満があります。プロならもっとこだわりをもってきれいに仕上げるべきだと思う。
■プロといえば仕事の話を少々。この頃よく考えていることのひとつです。
■またまた曽根富美子著のコミック『この星のぬくもり〜自閉症児の見つめる世界〜』(ベネッセ 1997)を読み直しました。このコミックは自閉症スペクトラム障害の森口奈緒美さんの著書が原案となっている実話と考えていいようです。「ひらめ」という療育所の先生が登場します。森口さんはお母さんよりも先に年配の頭の禿げたひらめに慣れました。彼はまず森口さんをあるがままに受け止めて望ましい発達への支援をしていきました。森口さんは小学校高学年になってもクラスメイトは動く黒い影と認識されていたとのこと。自閉症スペクトラム障害の感覚入力の偏りを示すエピソードとして驚くほかありません。そのような認識の仕方をする子どもの理解は容易ではありませんが、コミックだとその不思議な世界がストレートに伝わってくるように思えます。この本は自閉症スペクトラム障害の子どもの親御さんにも薦めています。自分の子どもがそのような認識をしているのかも知れないと驚き、また、感動されています。私の目標はひらめです。子どもを理解してQOL(Quority Of Life)を高めていくための適切な支援をデザインしていくのが私の仕事!
■『この星のぬくもり』といえば今日は七夕ですね。PATHも星を見つめて夢を語り合うことから支援を考えていく考え方です。
まず夢を語ろう。夢みたいなもの大事。PATH(Planning Alternative Tomorrow with Hope「パス」)という考え方。PATHとは夢を絶えず持ちながらなんとかしていこうとグループで考えること。みんなで夢を語っている。かなうかも知れないがかなわないかも知れない。北極星は見えているけど手が届かない。誰が、何がいいとか悪いとかじゃない。『1.夢に触れること−北極星。2.ゴールを感じること。3.いまに根ざすこと。4.参加する人を明らかにすること。5.力をつける方法を見つけること。6.次の数ヶ月の作戦を描くこと。7.次の1ヶ月を計画すること。8.最初の一歩を踏み出すこと。』(http://www.inclusion.com)」

2万本のひまわり(02/6/22)
■「2万本のヒマワリが満開になっている」(朝日新聞6月19日朝刊)、そう聞いて心が動かないわけがありません。行ってきました。2万本のひまわりとはどのくらいのスケールなのか。映画『ひまわり』の見渡す限りのひまわり畑のイメージがありました。
■ひまわり畑は里山を少し入ったところにありました。里山の一角ですから見渡す限りというものではありませんが、近づくとまさにひまわり畑です。どうやって種をまいたのだろうと思いました。背丈2メートルを越すひまわりが整然と並んでいる中にさつまいもが植わっていたり、牛糞が山となっていたり、背丈が1メートルのひまわりの一角があったりと、今年は試しに作ったのでしょう。花は盛りを過ぎたところで残念でしたが、「来年は面積も1ヘクタールに広げて迷路を作り、子どもたちに開放したい」(朝日新聞)とのことですから期待しましょう。
■ひまわりといえば映画『ひまわり』を思い出します。悲しい物語と美しい音楽の映画でした。『ひまわり』はイタリア映画だったかな? イタリア映画はどうしようもないくらい切ない映画がいくつかありますね。『鉄道員』『道』『自転車泥棒』『ブーベの恋人』…泣かずに見ることができない映画です。そうそう、『道』とポール・ギャリコの物語『七つの人形の恋物語』とは何か関係ありそうに思えるコンセプトの共通点がありますが実際のところはどうなんでしょう。
■若尾裕の『奏でることの力』(春秋社2000)が届いて一気に読んでしまいました。帯に「人は音楽で何をしようとしているのか?…音楽療法からフリー・ミュージックまで最先端の音楽シーンに立ち会って考えたこと」とあるように、音楽と真摯に同時代を生きようとする人にとって音楽の今を俯瞰する意味でたいへんよくまとめられた本となっています。私自身、音楽で何をしようとしているのかと、ふと思うことがあります。14章「堅苦しさよ、さらば〜音楽療法のトレーニング〜」のキーワードは「堅苦しくなく、意味深い音楽」です。今日、車のFMでJUDY&MARYをきいてふとWiLL VSのCMを思い出しました。WiLL VSのCM曲『66db』は元JUDY&MARYのYUKIが歌っています。その曲と歌声が耳から離れない。だけどラジオを消してきいたCDはサラ・ブライトマンの『エデン』という畑ちがいといえばそうかも知れませんが私にとってはどちらも惹かれる音楽です。
■今週はVAIOのネットワークが不安定になってリカバリしました。考えられる原因は不要ソフトをアンインストールしたことです。ですからリカバリ後は不要ソフトのショートカットを削除しただけでアンインストールは一切していません。リカバリの過程でauのPacketOneカードのドライバがからんでいるようにも見受けられました。リカバリはCドライブのみで、Dドライブのデータはバックアップはとりましたがそのまま残しました。メーラーはしばらくOutlookを使っていましたがやたら重くてきめ細かな操作ができないのでやっぱりBecky!2をインストールしました。Becky!2のプログラムはCドライブに、設定とデータはDドライブにと簡単に分けることができます。ThinkPadからのデータ移行もコンパクトフラッシュであっという間です。すぐ使うことができました。さすがBecky!、信頼しています。VAIOの設定はあとシンセサイザーのハード音源の認識が残っています。USB-MIDIドライバのインストールの手順をまちがえたのでやり直しです。

本日のトマトソース(02/6/9)
■トマトソースを作った。ちょっと引き合いもあって今回はホールトマトを初めて10缶も使いました。8缶までは作ったことがありますが10缶ともなると寸胴の8分目近くまであります。ボールにあけた10缶分のトマトの量からしてオリーブオイルもたくさんいるだろうと1カップ半使うことにしました。このオリーブオイルにニンニクやセロリを入れるとまるで煮込んでいるみたいです。おまけに新タマネギから水分がたくさん出たのかますます煮込みっぽい。一体どうなるだろうと思いながらトマトを入れるとオリーブオイルが表面に層を作るくらい浮いてきました。これは失敗かなと思いましたがとにかく煮込む。20分が過ぎてもいつものようにとろみが出てきません。オリーブオイルはかき混ぜているうちに見えなくなってしまいました。いつもならオリーブオイルが金色のつぶとなって輝いてきます。それがない。どうも水っぽい。セロリ、タマネギ、ニンジンを出して、煮込み始めて40分近くになってやっととろみが出てきました。そして、よく見ると、今までにない小さな金色のオリーブオイルのつぶが一面にあります。トマトとオリーブオイルがよくなじんだようです。塩とよくある乾燥バジルを入れて味見をすると、トマトの酸味とタマネギの甘味、そしてバジルの香りがなんともいえないくらいマッチしています。こんなトマトソースは初めてで我ながら感動! ただ、黒く点々と見えるバジルがいただけない。フレッシュバジルは無理にしてもせめて“スィート・バジル”を使うべきでした。“スィート・バジル”ならまだ緑色がかろうじて残っています。香りは乾燥ものが強いですけどね。途中で出したセロリとタマネギ、ニンジンは鶏肉といっしょにトマトソース煮にして食べました。美味!
■近く楽器店で村井靖児著『精神治療における音楽療法をめぐって』(音楽之友社 2001)を見つけました。音楽療法の手法はともすると療法士の個性との密接なかかわりの側面からのみ受け取られることが少なくありません。しかし、音楽がもつ機能を客観的にとらえなければ音楽療法が社会的に認知されることは難しくなってきます。この本は精神治療をベースにしながらも障害児教育における音楽の使い方について客観的に考えるヒントを数多く示してくれています。全173ページという少ないスペースですからひとつひとつの項目についての記述も限られてきますが、音楽の力の大きさを再認識するに十分な内容です。腑に落ちる説明です。音楽は誰にも味方になってくれます。音楽の懐の深さを思いました。

MPVの文脈その2(02/6/8)
■酒を全然飲まなくなって2週間になります。これという運動もしないのに体重は3キロ近く減って、ジーンズは1サイズダウンしたけどそれでも大きいくらい。食事は3食しっかり食べるようになってお腹は空いても不思議なことに間食をしたいとも思わない。飲み物はお茶と水とコーヒー。とにかくお茶と水を飲んで飲んで1日に4Lは飲んでいます。さながら“ウォーター・ローディング”です。体重が2週間で3キロ近くも減ると体が軽くなったことを実感。走ってウエイトもして椎間板ヘルニアと上手につき合って行こう、と思う。
■MPVに乗ってやはり2週間になります。MPVのデザインは他の国産車にないユニークなものです。ボディはオデッセイやエルグランドよりも大きいのに見た目はそう感じさせません。5ドアの軽自動車をそのまま大きくして前後のオーバーハングを延ばしたようなデザインです。室内もそう広くは見えないのに乗ってみるととにかく広い。シートのサイズも大きくて(ちょっと硬めの)ソファーに座っているみたい。アクセルとブレーキ、ハンドルをベストポジションにするとフットレストに左足が届かない。あまりに広くかえって落ち着かないくらいで、おそらくアメリカサイズなのでしょう。こんな車があったのか!と驚きながらもその大らかさが気に入っています。エンジンは2000ccですから動力性能で特筆すべき点はありませんが、全体のゆったりとしたイメージにお似合いな走りです。しかし、ボディの剛性はたいへん高くてサスも適度な硬さがある上にシャーシのバランスもいいのでコーナリングはとても安心感があります。2枚のスライドドアがあるにも関わらずボディからの異音は全くありません。燃費は9〜10キロと意外によく走ります。
■そんなMPVで走る55キロの通勤ドライブ中は音楽をきいています。今まできいていたCDをそのままMPVに乗せ替えたものの、どうも場違いな印象です。ひょっとして、と思って今日はアルゲリッチが弾くバッハをきいてみたところ、これがよく合いました。アルヘリッチが弾くバッハはMPVのキャラクターと相容れないところがあるように思いますが、MPVではクラシックもきけるということでしょう。来週は管弦楽曲やコンチェルトのCDも乗せましょう。
■部屋の片付けをしていてPhotoShopLEの本が目に止まりました。画像処理ソフトとしてWindows98SEで使ってきましたがWindowsXPでの動作保障はないように思っています。後継ソフトPhotoShopElementにはトーンカーブがありません。トーンカーブは取り付きにくいところがありますがアナログ感覚で仕上げまでいけるあの感じは捨てがたいものがあります。WindowsXPで動いてくれるでしょうか。

ThinkPadからVAIOへ(02/6/3)
■先週の日曜日、久しぶりにジョギングをしました。おとなしくしている椎間板ヘルニアが目を覚まさないようにふと走り始めて家の前の道を行ったり来たり。忘れていた走る感覚が少しずつよみがえってきます。ていねいに脚を運び、腕の振りを変えて肩と首筋をほぐして腰の回転を加えていきまます。心拍数が上がり過ぎないように負荷をコントロールしながら20分間走りました。走り終わったときの心拍数は120でずまずの運動強度です。クールダウンもひたすらていねいにして最後にストレッチ。そうして走ること自体は非日常的な感覚を生み出して、走っているときはいろんなことを考えてしまいます。でも、また走ろうかなと思うのは体の維持がいちばんの理由です。体力も体型も自分でコントロールしたいもの!
■VAIO-SRの設定がほぼ終わりました。インターネットの設定などもThinkPadを横に置いてしたのでスムーズに行きました。この機会にインターネットなどの設定画面をプリントしてファイルしておきました。いざというとき役立つのはハードコピーです。
■今回の更新からVAIOです。ThinkPadと比べて液晶画面が明るくきれいでとても見やすいこと、HDDの容量が20GとB5ノートしては標準的なこと、USBとIEEE1394のコネクタがあること、バッテリーのもちが4〜5時間と長いこと、軽いこと、CD-RW&DVDドライブが外付け電源なしで使えること、そして、起動と終了に安定感があることなど、とても使いやすくなっています。プレインストールのVAIOのAV関係ソフト、しっかりしたキーボードも魅力です。難点はデザイン上の理由からか、液晶のトップを開けるときどこに指をかけたらいいのかいまだにわからない構造だということです。左クリックボタンをひっかけてボタンがずれたことも!
■ThinkPad535Eは4年半使ってきました。メモリ増設、HDD換装、バッテリー買い替え、OSをWindows95から98SEに入れ替え、LANでデスクトップのDELLにデータ転送とがんばってきましたが、CPUもHDDもデータ転送の手間もそろそろ限界で、システム全体の安定感も落ちてきていました。Windows9x系は使っているうちにOSが不安定になってきます。ThinkPad535Eはトラブルをかかえながらもよく4年半も動いたものです。VAIOはWindowsXPでシステムファイルが保護されているはずなのでその点は安心していますが、データのバックアップは今まで通りこまめにしていきます。
■VAIOにインストールしたソフトは、「ホームページビルダー ver.7」(ver.5からバージョンアップ)、「XGworks ver.4.05」(ヤマハのサイトからダウンロードしたXP対応プログラムでver.4.03からバージョンアップ)、「KumaCopy ver.0.11」(問題なく稼動)です。あと、「ScoreMaker」はバージョンアッププログラム待ちで、画像処理ソフトは何にしようかと思案中。画像ビュアーはVAIOの「Picture Gear」を試用。プリンタでは、エプソンPM2000CはXP標準のドライバで動くが用紙設定など細かなことはできないとか。ドライバをバージョンアップしないエプソンには誠意が感じられません。auのPacketOneカードはKDDIのサイトで確認、購入時の99年版ドライバで通信できました。
■データは80MBのコンパクトフラッシュで移しました。DELLの背面からLANのクロスケーブルを抜くのがめんどうだったので…そうこうしているうちにThinkPadが何度もフリーズして冷や汗ものでした。全部で約500MBでした。
■B5ノートはWindows3.1から3台目です。小さいがために苦労することもありますが、時間のやりくりに四苦八苦している私には“どこでもパソコン”が必要です。C1もいいけどハード、ソフト全体を考えるとコストパフォーマンスではSRが狙い目でした。
■麦畑の刈り取りが始まっています。今年も写真が撮れないかも知れません。ああ…

また雨だ!(02/5/19)
■また雨だ。でも部屋をきれいにしたので仕事も進む。何のための休日だかわかりませんが落ち着いて考える時間は休日しかありません。朝から家のそうじと模様替えの続きをして昼から出かけました。
■次の車(MPV)のカーナビを決めてきました。いちばん安いものといっても10万円を少し出ました。カーナビは多機能もいいけどほんとに20万円も30万円もする機能なのだろうかと疑問に感じています。そして、10万円ちょっとカーナビが市内の自動車用品全国チェーン店でも販売価格が2万円もちがいます。ものの値段がますます信じられなくなった次第です。
■次にマーム(イオン)に行ってフライパンと包丁を買いました。道具なのでそれ相応のものを選びました。料理も道具次第で楽しくなります。味はまた別ですが、楽しく作った料理はたとえ失敗してもおいしくないはずがありません。音楽も料理も道具にこだわろう!
■パソコン売り場でUSB−パラレルのプリンタ接続コードを見つけました。これでVAIOのプリンタ問題は解決してしまいました。そうそう、XP対応のドライバも必要ですけど。残るは楽譜認識ソフト「スコア・メーカー」と「ホームページビルダー」のバージョンアップです。
■“ダヤン”のグッズを集めているマームの“シーベレット”という店で『ダヤンの絵本づくり絵本』(MPC 2001)を見つけました。「ダヤンの作者が絵本づくりのA to Zを楽しく語ります」というコピーの通り、なんとも楽しい絵本作りの手引きです。
■絵本作りといえばNHKの「未来への教室・ディック・ブルーナA」でも絵本作りの手順を取り上げていました。作家それぞれに自分のスタイルがあって腑に落ちるものがありました。
■「未来への教室・ディック・ブルーナ@」で子どもたちにストーリーの結末を創作するテキストとしてブルーナが取り上げている本が『ミッフィーのおばあちゃん』です。ミッフィーの大好きなおばあちゃんが死んでしまいます。日本では1997年の本で、その頃、私は死を子どもにどう教えようかと子どもの本売り場をあちこち歩いて見つけた本です。この絵本の基調色は“ブルーナカラー”の緑です。“安心”がテーマの色です。悲しみの青ではありません。この本を子どもに読み聞かせをするのは難しいことです。読み聞かせをする人が死をどう受け止めているのか、ミッフィーは問いかけています。
■「未来への教室」のシリーズの“先生”を取り巻く時間はとてもゆっくり流れています。それがまた魅力の番組です。そんなふうに仕事ができたら!

やっと晴れた!(02/5/18)
■やっと晴れました! GWの頃からずっとくもりや雨だったような気がしています。梅雨のはしりでしょうか。いつしか麦たちも黄色く色づいてきました。穂だけでなく茎も黄色くなる頃、畑が夕日に金色に輝きます。今年こそカメラを持って麦畑を歩きたい!
■このところいろんなことがあるなぁと思いながら過ごしていました。その中でとりわけ驚いたのが中国の日本領事館の対応です。領事館の対応といってもその対応は領事館のスタッフひとりひとりのその時どきの判断の結果です。自国の国民が亡命しようなどという国しか作り得ない国にも呆れますが、亡命という事象をあんなふうにしか扱えない領事館の国の国民のひとりとして私は恥ずかしい限りです。あの外交官たちは自立も自律もできていない。徒党を組み、事なかれ主義をよしとしていてはこの閉塞は破れません。そして不利益を被るのはいつも「社会的弱者」です。どうでもいいことはどうでもいいが、いざというときにどれだけ行動できるか、それが人としての存在の証だと思います。
■部屋の模様替えをしました。そうじはいつも本の処分から! 今日もたくさんの雑誌と本を荷造り紐で縛りました。使わなくなったパソコンソフトもいくつか捨てました。古い写真も整理しました。そして、クラビノーバ(電子ピアノ)を部屋に入れました。部屋は狭くなりましたが机のすぐ横にクラビノーバがあるので打ち込みのキーボードとしてコード1本をつなぐだけでいつでも使えることになります。
■パソコンソフトといえば、このThinkPadの性能がCPUのスピードもHDDの容量も限界でUSBにも対応していないので後継マシンとして同サイズのVAIOノートを購入したものの、必要なソフトがWindowsXPに対応していないのでVAIOは未だに箱の中! おまけに家のプリンタがUSBに対応していないことに気づきました!( VAIOにはパラレルがない!) ああ、メールデータの移行やソフトのバージョンアップ、プリンタのことなど面倒この上ない。パソコンは便利ですがいろいろケアをしなくてはなりません。だから愛着がわくのかも知れませんけどね。
■私がパソコンを始めたきっかけはパソコン通信をしたかったからです。1996年夏のことでした。インターネットはその存在すらほとんど知られていなかった頃です。@niftyの前身のNiftyServeのフォーラムは参加するひとりひとりが情報を交換し合い、その記録そのものが資産となっていました。ずいぶんお世話になりました。それから間もなくインターネットが普及して、個人が広く早く情報発信をすることができるようになりました。インターネットが普及して、人はやっぱりひとりひとりみんなちがうことを実感しています。

MPVの文脈(02/5/3)
■この連休にマツダのMPVという車を運転する機会がありました。旧モデルの2000ccです。
■1.6tの3ナンバーのボディを2000ccで動かすのですからおっとりしたフィーリングです。でも思いがけなく視点も高くて追い越されてもマイペースです。すごくゆったりしています。ロードノイズの処理は少々もの足りないもののボディの鋼性も高くて、路面からの情報は必要な部分をきちんと伝えてくれるというところでしょうか。車外で気になったエンジン音は車内では全く気になりません。
■MPVは見かけはそう大きな印象はありませんが実際はものすごく大きい! 車幅はなんと1m83cmもあります。全長は4m75cm、高さは1m74.5cmです。大きく見えるオデッセイよりも大きい。室内はそう広大な印象はないものの、乗り込んでみると実に広々としています。シートのサイズも大きくてとてもゆったり感があります。乗った感じはオデッセイよりも広々感があります。MPVはすごくおもしろい! 私にはカルチャーショックでした。
■初代MPVはアメリカのニーズに合わせた設計だったように記憶しています。現行モデルは2代目です。初代はとにかく大きいという印象がありましたが2代目はちょっとつかみどころのないデザインでどうも好きになれなかったのですが、使い勝手は極上といっていいでしょう。この車を産みだした文化、文脈にとても興味があります。デザインはどのようにして決まったのだろう。この使用感をこのスタイルで実現しようとしたデザイナーは卓見だったと思います。
■私が乗った車は室内色がベージュ、明るいうすいブラウンです。これまで無彩色の室内色の車ばかり乗ってきたのでベージュのあたたかさに思いがけなく落ち着くものを感じました。

GWのテレビ番組(02/4/29)
■GWはテレビ番組も毎年いいものがあるので、ビデオテープとテレビ番組雑誌を買って備えました。
■「NYテロとアフガニスタン」(NHK-BS1・4/27)戦争とテロを撮り続けているフォトグラファー、ナクトウェルのドキュメントです。見ていると、ああ、これも彼が撮ったのか、と思うのです。1枚の写真にそれだけ力があります。文字通りみる人の目に焼きつくのです。番組をみていると、彼は戦争やテロの最前線にいても瞬時に象徴的な構図を作ってしまいます。ネガをみると1シーンに数ショット撮っています。ほとんど同じショットです。その1枚は、でも、その1枚に至るまでの彼の文脈、哲学と感性、そして技術が凝縮されています。この番組はたしか再々放送です。
■「未来への教室・ディック・ブルーナ@幸せを運ぶ絵本の秘密」(NHK-ETV・4/27)*見ているだけで豊かな気持ちになれる、そんな番組でした。毎日自転車で仕事場に向かうブルーナ、オランダの落ち着いた街並み、カフェの猫、広い仕事場の白い壁…ミッフィーの誕生にはそうした文脈があるわけですね。マティスから学んだ色の感覚、基本8色、ミッフィーの形、子どもたちへの話、どれもがたいへん興味深い番組でした。続編は5/4の放送予定となっています。
■「NHKスペシャル・イギリス授業崩壊からの脱出・シャロン校長の学校改革」(NHK-TV・4/27)*制度はちがっても教育現場の営みはどこも同じだとはじめに感じました。成果重視の制度となって現場の意思決定に任されている部分がとても大きくて、それは日本と大きくちがうところです。そして、小学校でも子どもひとりひとりのニーズに合わせて進度や指導方法がちがっています。同じ教育内容を同じように受けるのがいちばんというこれまでの考え方は果たして「平等」という言葉で済ませてよいものなのか、吟味する必要があるように思います。
■「NHKスペシャル・奇跡の詩人11歳脳障害児のメッセージ」(NHK-TV・4/28)*脳障害の子どもがお母さんの介助で文字盤を使って話をするドキュメンタリーです。話は日常会話だけでなく、詩を書き、今本も書いています。会話はウィットに富み、詩は心の琴線に触れるばかりでなく世界中の人々への普遍的なメッセージを含んでいます。彼はドーマン法による療育を続け、1日はリハビリのプログラムでそれこそ分刻みのスケジュールです。彼は養護学校に在籍していますが登校はしていません。訪問教育という話もなかったと思います。両親は知的な面の発達にと、実に様々な言葉や画像をカードにして彼に見せ続けました。番組では「奇跡」という言葉が使われていました。あれは「奇跡」なのだろうか…

スケールとコード(02/4/18)
■4月から勤務先の県立校が完全週5日制となりました。やった!“仕事”ができる!そう思ってしまいました。ウィークデーはそれこそ目の前の“仕事”に追われてまとまった“仕事”や自分の勉強をする時間がありません。本を読む時間すらないのです。先日、“仕事”の本をまとめて買ったのに必要なところをやっと参照するだけ…。土日の“仕事”は“duty”ではなく“work”ですね。どこかで“lifework”につながっているといいのだけど、どうだろう…
■この前の日曜日の朝、何気なくテレビのスイッチを入れたら『週刊ブック・レビュー』(NHK-BS)が始まるところでした。逢坂剛おすすめの1冊はラッセル・マーティンの『ベートーベンの遺髪』です。ベートーベンの遺髪の行方を追うことが歴史の頁を追うことになるという構成は想像に難くない。遺髪の行き着く先はもちろんDNA鑑定である。ストーリーはおもしろいだろう。でも、逢坂剛の語り口は知的好奇心がそのまま喋っているようで、私にはその方が気になりました。続く岸本葉子の語り口もしばし聴き入ってしまいました。そんな非日常的な空間にしばらく縁がないんだよな。そうそう、『ベートーベンの遺髪』の著者ラッセル・マーティンは『自閉症児イアンの物語』も書いています。
■少し前にディズニー映画『モンスター・インク』をみました。全編CGの画面に圧倒されていましたが、ふと気づくと音楽が不思議なメロディーを奏でていて途中から音楽ばかりきいていました。ピアノとオーケストラ、そして50年代のビッグバンドを思わせるなつかしい音です。でもピアノのソロで始まるスローテンポの冒頭がちょっとおもしろい。単音のメロディーがほんのひととき不思議な響きを作ります。響きといってもコードではありません。ジャズではモードといわれるスケール(音階)のちがいですね。
■スケールをピアノで弾こうとするとなぜかわかりにくかったのですが、ギターだとわからないなりにもどこかしら腑に落ちるものがあります。そして、ロックもクラシック音楽のスケールというパラダイス(枠組み)に組み込まれているのですね。スケールで奏でられるメロディーは図らずもコードを作り、聴く人を一気に引っ張り込むというわけ。またまたおもしろい!

エレキギターが呼んでいる(02/03/23)
■近くの畑では麦の葉が青々として春風にそよいでいます。麦の作付面積はたぶん増えています。6月の麦秋が楽しみです。
■Dr. K Project(ドクターK プロジェクト)は徳武弘文が率いるバンドです。1951年生まれの彼はベンチャーズ・トリビュートを主催し、そのステージがNHKで放送されました。その番組を偶然ビデオに録画してもう何回も見ています。
■私がベンチャーズと出会ったのは1970年、中学校1年のときでした。昼食時間の校内放送ですごくごきげんな音楽を耳にして中3階の放送室に走って曲名をたずねたところ、それがベンチャーズの『10番街の殺人』でした。エレキギターとの出会いでした。のちに放送委員となってからは自分の好みで『10 番街の殺人』ばかりかけていました。
■でも、エレキギターを実際に触ったのは30年後のこの3月12日のことでした。アンプにつなぎませんでしたが、ハンドメイドのエレキはネックの感触もよくてボディもよく響きました。
■音楽療法士の大滝昌之はセッションにエレキギターを使います。彼はコードだけでなくベースや単音を巧みに弾き分けて1つ1つの音を意図通りコントロールしています。あるときはクライアントの太鼓の音に寄り添い意味付けをしてクライアントの全人格をあるがままに認め、あるときは間をおいてクライアントの主体的な働きかけを促し、あるときは対等のやりとりを求めて思い切って歩み寄る…それはマジックといえるかも知れません。エレキギターはそれに応え得る楽器です。
■ベンチャーズ・トリビュートのビデオを毎日見るようになりました。番組の進行役萩原健太はこんなことを言っています。「もしかしたら今本物のベンチャーズを観に行くよりもベンチャーズらしい音がたくさん今日のステージにつまっていたんじゃないかと思います…」 そうなんです。私はこの番組を録画してベンチャーズのCDをすぐレンタルしましたが、この番組ほどの魅力は感じませんでした。どうしてなんだろう…。Dr.K Projectの音はたいへん洗練されています。楽器のポテンシャルも飛躍的に向上しているはずです。演奏テクニックも開発が進んで、ベンチャーズの頃のテクニックはもう当たり前のものとしてプレイヤーの体の一部となっていることでしょう。そんな彼らがベンチャーズのもっともベンチャーズらしい音を浮き彫りにしていてもおかしくありません。私もオリジナルより魅力を感じています。
■先月末、B'zの松本孝弘のソロ・アルバム『華』が出ました。「ミュージック・ステーション」のテーマソング、胡弓との競演、『ロミオとジュリエット』、ジミ・ヘンドリックスのカヴァー、ジャズギターといろんな曲が入っています。洗練されたテクニックと音、篠崎ストリングスのバックも演奏のクオリティーを高いものにしています。この1枚でエレキギターの多彩な表現が楽しめる!
■エレキギターからバイオリンに“転向”したオーケストラ仲間がいますが、私は逆の道をたどるのかも知れない。1週間前、椎間板ヘルニアが私から自由を奪って、人生、やりたいことはやっておこうと思った次第…

ピアノ・ピアノ・ピアノ(02/3/8)
■NHK-TVのアニメ「くまの子ウーフ」の音楽がいいなと思っていたら、なんと、加羽沢美濃の作曲&演奏でした。彼女のピアノはとにかく音がきれいです。そして、アレンジも音楽の醍醐味をたっぷり盛り込んだ出色の作品です。彼女の演奏をきいていると、ほんとにピアノが好きなんだということが伝わってきます。
■先月、勤務校のグランドピアノを調律してもらいました。そのピアノは1年前に私がカワイ楽器の浜松工場で試弾して決めたピアノです。狭い音楽室で使うピアノです。鳴り過ぎず、弾き手の意図に応えてくれるピアノを探して浜松に行きました。
■昨年度の5月から2か月間、私は神奈川県横須賀市の国立特殊教育総合研究所に知的障害教育の研修に行っていました。その間、東京のピアノのショールームを渡り歩いていいピアノを探しました。いろんなところでいろんなピアノに触れることが出来ました。といっても100万円クラスのいちばん小さなグランドピアノたちです。2m足らずのサイズでフルコンサートの音を求めるのは無理です。でも、グランドピアノのいちばんのメリットは弾き手の意図を音にしやすいアクションにあります。青山のカワイ楽器のショールームで出会ったカワイのいちばん小さなRX-1Aは、華やかな音と適度な音量、そして鍵盤の感触とタッチのダイレクト感がとてもよくてこれしかないと思いました。でも、浜松の工場で用意された3台のRX-1Aの中には青山で出会ったようなピアノはありませんでした。1台は鳴りませんでした。1台は華やかな音でしたが鋭過ぎて私の耳には痛いほとでした。あと1台は音のヌケがいまひとつでしたが和音がまとまってきこえました。これにしました。
■勤務先に届いたピアノを弾いてびっくりしました。鍵盤のタッチはバラバラ、右手でいちばんよく使う1オクターブがなぜか鳴らない。番号を確かめても私が選んだピアノにまちがいありません。私はがく然としました。いったいどうしたというのだろう。鍵盤のタッチはその翌日から徐々に落ち着き始めました。おそらく輸送中の振動でアクションが一時的に不具合が出たのでしょう。でも、音は相変わらずです。鳴りません。私は100万円という税金の使い道を誤ったのか…
■ところが、今回、1年後の調律で生まれ変わりました。鳴らなかった1オクターブが鳴ることはもちろん、ほどほどの華やかさと迷いのないクリアな和音、さすがに最低音部は鳴りませんがタッチに素直に反応します。ホッとしました。ほんとにうれしかった!
■今回の卒業式では私もピアノを弾くことになり、バッハとモーツァルト、フォーレを練習しました。日曜日、音楽室のグランドピアノを弾いているといつの間にか1時間2時間と過ぎて行きました。
■カワイ楽器の浜松工場ではフルコンサートのグランドピアノに触れる機会がありました。1フロアの小さなホールに置かれたフルコンサートはタングステンライトの下で、まるで生きているかのような生々しさがありました。これはただごとではない、そう思いました。「どうぞ、弾いてください」と言われてそっと鍵盤に触れると私の指は撥ね返されました。タッチはとてつもなく重い。そしてどこか荒々しい。野生の動物に触れたらこんな感じではないかと思いました。私はフルコンサートに息づかいを感じるほどでした。私には弾けない。
■ピアノの歴史は長いように思われますが、今、音楽ホールに置かれているようなフルコンサートは現代生まれです。工業の発達なしには生まれ得なかったピアノです。フルコンサートは同時代の、コンテンポラリーな楽器なのです。ある意味で文化そのものです。そして、フルコンサートを弾きこなすピアニストはほんとに特別な人たちなのだと思います。

音楽と人との“Doing<Being”(02/2/9)
■2月8日金曜日、三重県教育委員会主催の「小学校教科・領域(音楽科)における人権・同和教育推進講座」に行って来ました。
■午前中の講座、三重大学教育学部音楽科根津知佳子助教授の「人権・同和教育の視点に立った音楽教育」は、音楽療法士として活動していた根津先生ご自身の実践に基いた、音楽と人とのかかわりの本質的な部分に言及したたいへん説得力のある内容でした。
■根津先生の講座のキーワードは、「自己実現」「相互反応的な活動」「Doing<Being」でした。
■自己実現は言い換えればアイデンティティーの確認でしょうか。自分らしさ、自分の存在の確認、そして、それは他者のアイデンティティーを認める寛容の土台となるものです。自己実現的な人間像として根津先生は次の定義を提示されました。

◎自己実現的な人間像
現実をありのままに認知する
自己受容し、他人や自然も受容する
自発性を持つ
仕事に熱中する
独立を求める
自立的である
斬新な鑑賞眼をもっている
至高体験をもつ
(生命力あふれ、人生の意味が開ける神秘的で圧倒的な恍惚感)
社会に対する関心をもつ
親密な対人関係が結べる
民主的な性格をもつ
目標を達成する経過自体を楽しむ
敵意のないユーモア感覚がある
創造的である

■「教育の機会として、@コミュニケーション、A自己実現、B自尊感情の3点が保障されなければ子どもの人権が保障されたとはいえない」という論理は私自身納得がいくものでした。
■子どもの自己実現を求めるには指導者は子どもと相互反応的な活動をしなければなりません。予め決められたプログラムをこなすのではなく、指導者も、その場で何ができるかを探り、即興で作り上げいく過程で、子どもたちと「わからない、不安、迷い」を体験します。それらの活動は音楽の中で行われます。音楽の中で子どもたちと出会います。音楽で語り合います。
■音楽活動における子どもの評価はDoing<Beingで行います。見た目の評価はある意味で簡単です。「太鼓が叩けるようになった」という類です。でも、見えない部分、心の奥底で起こっているかも知れない部分も積極的に評価したい。「できた」よりも「どう子どもたちが存在しているか」で評価します。実際の評価は難しいけど、これも私には納得できるものでした。
■根津先生のセッションのビデオで使われていた曲は、ノードフ&ロビンスのものと思われる太鼓の曲と、二俣泉の『クリモカ・ベル』、そして、ペンタトニックなどの即興でした。
■あと、ライフステージとしての児童期のとらえ、音楽の心理的側面と社会的側面、スエーデンの音楽療法、人権から見た音楽活動と盛りだくさんのたいへん充実した講座でした。
■今夜は仲道郁代の『ロマンティック・メロディー』をきいています。シューマン、メンデルスゾーン、ブラームスとファニー・メンデルスゾーン、クララ・シューマンのふたりの女性、そして、シューベルトの19世紀の音楽家たちの作品集というちょっとおもしろいアルバムです。仲道郁代のピアノはちょっとお疲れのとききくとちょうどいいかな・・・

『あなたが欲しい』(02/1/27)
■auのC414Kの着信メロディー『あなたが欲しい』をきいていたところ、知り合いがDocomoのN503iで同じ曲をきかせてくれました。あまりの偶然にびっくりです。その人はその曲があるからN503iにしたとか。
■C414Kでは『あなたが欲しい』、N503iでは『おまえが欲しい』という曲名です。作曲はラヴェルです。シニカルなおすまし屋さんのラヴェルは音楽のエッセンスがぎっしり詰まった音楽を作りました。ひたすらモチーフをつなげクレッシェンドさせていきなり終焉を告げる『ボレロ』、きらめくピアノの音の洪水と渦に戯れた『水の戯れ』、オーケストレーションは芯のあるガラスの輝き…『あなたが欲しい』もほんとにラヴェルが作曲したのだろうかと首を傾げる人がいても不思議ではありません。でも彼なんですよね。
■昨年末、TBS系の『情熱大陸』で久石譲のドキュメントを見ました。彼は30歳頃までは“難解な”現代音楽を書いてきたが、“街の作曲家”になろうとして今の彼があるのだとか。彼の音楽をきいているといろんな音楽を知っている人だということは前々から思っていましたので、そうだったのかと腑に落ちた次第。それにしても彼の毎日は音楽が「音が苦」になっているのではないかと思うくらいハードでした。音楽が彼の健康を蝕んでいる。でも、彼は歩みを止めない。
■1月12日にNHK-TVで放送されたファッション・デザイナー川久保玲のドキュメントで、番組の最後に彼女が若い人への言葉としてこう語りました。「もっときれいなものはたくさんある。」なんでもそうだけど歩みを止めてはいけない。前へ前へ! 川久保玲も立ち止まらない。だけど、ふと立ち止まったとき、『あなたが欲しい』が生まれるのかも知れない。
■2つの携帯の『あなたが欲しい』を比べると、C414Kの『あなたが欲しい』は少し速いテンポではっきりした音です。N503iの『おまえが欲しい』は少しゆっくりなテンポでやわらかな音、しかもテンポルバートしているではないか! N503iの勝ち! ezwebのサイトを探しても『あなたが欲しい』のデータはない。C414Kの“作曲”機能もそこまではできない。かといってそうそう携帯は替えられるものではない。MIDI対応だったらいろんなことができるのになぁ…

あらためて、音楽…(02/1/10)
■年明けに父が急逝しました。父が私に残してくれたものの中で私の心のいちばん多くを占めているもの、それは音楽だということが実感としてわかるようになってきています。
■父は音楽の嗜みはありませんでしたが、どういうわけかピアノを買って習わせてくれました。私が9歳、小学校4年生の春、1967年のことでした。ピアノのレッスンを6年生の夏にやめてからは好きな曲を好きなように弾いてきましたが、このピアノとの出会いがその後の私に大きな影響を与え、今に至っています。音楽とはもっとちがうつき合い方もあっただろうと思いながらも、私は音楽に自分自身のアイデンティティーをみてしまうのです。
■しばらく伊勢にいます。伊勢の夕日はやっぱりきれいだなと思いました。伊勢の夕日はどうしてこんなにもきれいなのだろう…

「白がゆ」の音楽(02/1/2)
■年末にテレビでアヲハタの「白がゆ」のCMの音楽をきいて体中が凍りついてしまいました。フランス音楽の古い録音みたいな、音が揺れて頼りなくてモノクロの映画でもみているかのような、そんな音でした。すごくノスタルジックです。アコピ(アコースティック・ピアノ)だと思いますが、もしかしてデジタル?…少なくともサンプリングはしてあると思いたいのです。『キーボードマガジン』(リットーミュージック)2月号の付録CDでエレピ(エレクトリック・ピアノ)の“ROHDES”(ローズ)の音をきいて、そういえばこんな音だったよな、と懐かしく思っていたところでした。急にピアノの音がききたくなって年末のテレビから映画『海の上のピアニスト』も録画しました。
■『海の上のピアニスト』ではピアノをたくさんきくことができます。音楽はエンニオ・モリコーネです。ピアノ好きにとってはたまらない映画ですね。1900年代初頭のラグタイムやジャズのなんと楽しいことか! そして、“1900”が弾くピアノのなんと表情豊かなことか!
■今夜は強い寒波のために高速道路があちこちで積雪による通行止めが出ています。八ヶ岳高原行きはまたの機会となりました。家で好きな音楽をきいて久しぶりにゆっくり過ごすことにします。