『バカの壁』(03/12/29)
■養老孟司の『バカの壁』はやっぱり面白い。とてつもなく面白い。発達障害を脳レベルで考えていきたい私には付箋が何枚あっても足りないくらいです。一気に読みました。そして、ミュージック・ケアのメソッドの意味の重さをあらためて思いました。
■年末年始の休暇に入って料理のこともあれこれ考えて悩んでなんともいえない幸せを感じています。料理は面白い。最高だ! 脳が活性化するみたい。年末の大掃除でちょっときれいになったキッチンで過ごす時間がいい。冷蔵庫などの食材を見直して予定外のメニューをあれこれアセンブルするのはスリル満点。そして、スーパーなどの魚介類売り場を見て回るのが楽しい。築地に行ったらどうしようもなくハイになってしまいそうです。
■モントルー・ジャズフェスティバル2002のジョー・サトリアーニのアイバニーズをビデオでよく見ると7弦を使っています。でも、JSシリーズに7弦はない。アイバニーズの7弦といえばVaiモデルです。これも要チェック!
■そういえば、この年末年始のテレビ番組は要チェックが少ない。これ以上ビデオテープが増えても困るんだけどねf(^_^;)

学校にもCSを!(03/12/27)
■一昨日、休暇を取って愛知県豊田市に行ってきました。伊勢道を走っていると伊勢湾岸道と豊田の表示があって本線を離れました。伊勢湾岸道は片道3車線のハイスピードコースです。同じタイプの明石海峡大橋を初めて走ったときのことを思い出す。もう5年も前のソフトのナビのモニタを見ていると何もない海を移動している! あっという間に豊明に着きましたが豊田市街までは一般道を走ることになりました。
■帰りに大須のアメ横で電気配線の小物をいくつか探してきました。AAC(拡大代替コミュニケーション)のスイッチの材料です。100円で買ったパーツが別の店で40円! 見なかったことにしよう(>_<)
■アメ横の楽器店で7,800円のバイオリンのセット(弓とケース付)を発見! Edwardsのエレキギターが「チョイキズ半額」とあるがそのキズが見当たらない。すごくきれいなギターで心がぐらつく。そのまた帰りに寄った鈴鹿のベルシティの島村楽器ではIbanezのJ-customに目が釘付けになる。きれいだ。Forestを見たかったけどなくて、その時の気分で好みもあっちこっちしてしまう。ストラップを買っただけでした。
■そのストラップはカナダのLEVYSで民族衣装を思わせるちょっと不思議な柄と色使いです。YAMAHAのDrop6に着けたところミスマッチだけど私とエレキギターとの間を取り持ってくれそう。EdwardsのINORANモデルにもナスカの地上絵を思わせるストラップを着けていて、こっちの方がもっとミスマッチかも!
■ギターは品数が豊富だしいろんな出物があるのでこまめに店を回るべきですね。同じメーカーの同じモデルでもひとつひとつに楽器の個性があるから試奏は欠かせない。
■Drop6を弾いてから普通のギターを手にするとなんと弾きやすいことか! Drop6は弦が太くてフレットの間隔も広い。それは当然のことだけど弾きづらい。でも、音域は魅力的だし、普通のギターに持ち替えたときすごく楽に弾ける。Drop6はYAMAHAの規格で、Drop6の上位モデルはカタログから姿を消してしまいました。マーケットにはまだあるので今のうちに手に入れておくべきでしょうね。Drop6をForestのデザインでオーダーすると満足するでしょうけど…
■長旅の終わりにスポーツ・オーソリティでアメフトのボールを買いました。
■昨日で今年のポコちゃんが終わりました。ミュージック・ケアのフルプログラムでセッションをしています。2学期の間、ずっと来れなくていたお子さんもこの2回のポコちゃんで感覚をすぐ取り戻してくれてうれしかったです。ゆるやかな枠組みだけどメッセージをしっかり受けとめてくれる子どもたちはすてきです。お子さんを参加させてくださる保護者のみなさんに感謝しています。
■新聞の切り抜きから始める大掃除。今は変革の時、教育界も情報戦です。「心」も「愛」もキーワードになっています。心に響く教育サービスしか残り得ないし、私はそうあるべきだと考えています。支えるのは高い専門性です。この変革の時をチャンスととらえることが大事です。そして、変革を待っているのではなく自分たちで作っていくのです。私は三重県の行政改革と学校経営品質向上の取り組みを支持して積極的に進めたいと思っています。ポコちゃんは当初から民間企業の経営品質向上、CS(顧客満足度向上)運動の考え方を取り入れて運営しています。昨日ポコちゃんではそのことに関連して大学生のボランティアにも説明したところです。学校にもCSの取り組みが必要ではないのでしょうか!

X−JAPAN再び(03/12/23)
■12月の日曜日のポコちゃんをしました。13家族のみなさんに来ていただきました。何かと忙しい年末、たくさん来ていただいて感謝しています。私は久しぶりのポコちゃんで緊張の連続でビデオに記録するのを忘れてしまってガッカリです。
■X−JAPANのベストアルバムが届きました。YOSHIKIの作詞作曲、プロデュースなんですね。聴くと自分が好きになる理由がわかりました。まるでクラシックのオーケストラのスコアを読むように聴ける曲です。X−JAPANはHIDEの自殺もあってセンセーショナルな印象がありますが、音楽そのものはクラシック音楽の構造性を思わせる伝統音楽のファクターが色濃くあります。構造の骨組みがしっかりしているし、ストリングスのバックを多用していて安定した和声進行です。聴いていて安心感がある。私は最初に買った『Live Live Live Extra』のライブ盤の緊張感がいい。こちらの音たちは加えて危うい魅力がある。会場のノリも相当だ。『紅』を歌う会場の声がいい。そして、ライブ盤全体に流れるドラムのリズムの刻みがヴィヴィッドでとてもいい。チャイコフスキーの弦楽セレナーデとラフマニノフのピアノ協奏曲とのセッションもいい。ほんとにいいのだ。どうしてX−JAPANを今まで知らなかったのか!
■HIDEのシグニチャーモデルの予約を受付中です。でも40万円は私には高い。あのセンシティブな音はすごくほしいのだけど…。今私がねらっているのはESPのForestのホワイトモデルです。よく鳴りそう! ジョー・サトリアーニのサイン入りシグニチャーモデルもネットで見つけてしまって迷うけどやっぱり値段は正直かもね!
■ポコちゃんの帰りに楽器店でエレキギターのシールドを買いました。10mのシールドです。6月に7mのシールドをなくしてオーディオのコードで代用していたのでこの際と10mにしました。音楽療法のセッションでも10mの余裕はほしいもの。アンプが大きくて重いので練習はアンプなしでしていますが、これでは細かなニュアンスのコントロールのエクササイズにはならない。
■楽器店でYAMAHAのドロップ6にお似合いのあやしいブルーのストラップを見つけて買ったけど家で見ると鮮やかなただのブルー…ま、いいか!
■たまった新聞の切りぬきをしています。部屋に切りぬきの山! 私は教育と心身障害、医療、地方自治、そして音楽などの文化芸術の切りぬきをしています。日本も煮詰まってきたなぁというのが率直な感想です。そろそろパラダイム変換の期ではないでしょうか!

X−JAPAN(03/12/20)
■冬休みに入ってホッとひといきです。長期の休みはポコ・ア・ポコと仕込みの大事な毎日です。新聞の切り抜きは今日はできなかった(>_<) それにしても寒い! 各地は大雪とメディアは伝えています。
■X−JAPANのCDアルバム『Live Live Live Extra』を買いました。すぐに車で聴く。音がきれいだ。HIDEのギターがすごい。プロデュースがユニークだ。チャイコフスキーもラフマニノフもある。密度の高い音楽作りに圧倒される。音たちが音楽としてきちんと機能している。今頃ハマるのが私らしいところf(^_^;;;) 今から音楽活動を始めるとしたらロックだと前々から思っています。とてつもなくテンションの高いアヴァンギャルドのロックだ。ポコ・ア・ポコとは180度ちがうかも…
■夕方、書店でアフォーダンスを感じる本たちを次々と手に取りました。カール・ラガーフェルドのダイエットの本がいい。単にダイエットだけでなく自分とどうつきあって生きていくかという哲学の本です。パソコンのDTP関係のデザインの本もよかった。買ったのは『STUDIO VOICE』1月号(インファス・パブリケーションズ)で、特集は「写真を変えた宿命のフォト・マスター69」です。またまた写真の特集かと思うけどやっぱりおもしろくて買ってしまう。広告は数少なくてみんなおしゃれなものばかり。
■おしゃれはとても大切だと思う。身だしなみ、身のこなし、その人がつくる空間のようなもの…そして、その人が作るものたちのクオリティの高さ! 直接五感に触れる質感がまた私たちのQOLを高めるとても大事なファクターなのだ。デザインは大事です。ポコ・ア・ポコのお知らせも私のこだわりです。ポコ・ア・ポコのロゴには「music design」と入れました。音楽も私たちの毎日をデザインするものだと思います。パソコンのデザインも大事…だからMacが気になる!

Love & Peace(03/12/19)
■私の通勤路沿いのシャープ多気工場の拡張工事現場の壁面のクリスマス・イルミネーションです。昨年に初めてお目見えして今年で2年目。10階建てのビルくらいの高さがある壁面ですからすごくアピールします。家路のドライブが楽しくなりました。誰が何の目的でこんなことを始めたのか私は知りませんが、今年は「Love & Peace」のメッセージが入りました。誰だってそう思いますね!(12日にD30のページにアップした一部のコピーです)
■仕事の写真350枚余のプリントをネットで注文しました。半日で全部仕上がってその便利さを実感しています。今回は日付も入るようになってこれも納得のサービスです。D30のストレート(パラメータすべて標準)は見た目きれいではありませんがSLRならではのアングルとシャッターチャンスは納得のショットです。縦位置グリップにバッテリー2個を装填したD30はごつくて相当な重さですが、かえってブレないカメラとなっています。
■今日は出張などで200キロ近く走りました。午前3時から起きているので頭の感覚があやしくてついついスピードが上がる。サザンやELTをガンガン鳴らして覚醒水準をキープする。スポーツカーがほしい!
■明日から冬休みです。たまった新聞の切り抜きから始めます。

ミッフィーのネクタイ(03/12/14)
■この土日はあちこち走り回ってすっかり車上の人となりました。アクセルをちょっと多めに踏んで走ると車は安定します。これでマニュアルミッションだったらどこまでも走ってしまいそうでした。
■先週水曜日、30分だけ書店に入る時間がありました。「私を見て!」という本のアフォーダンスを感じて近づく本棚に、あれもこれもと読みたい本が並ぶ。養老猛司『バカの壁』(新潮新書2003)と有田秀穂『セロトニン欠乏脳〜キレる脳・鬱の脳をきたえ直す』(NHK出版2003)を買いました。どちらも脳の話です。
■私は発達障害と脳との関連について前々から関心があります。野田燎先生の音楽運動療法もそうだし、脳内分泌物質と環境ホルモンとの関連もそうです。脳の機能にある仮説をおくことで発達障害の子どもたちへのサポートの説明がしやすくなることがあります。その仮説とは、脳の中の点と点と結ぶ線の不具合とでも言いましょうか…つまり、脳内分泌物質の不具合です。その点と点を結ぶサポートがミュージック・ケアのメソッドでもあります。この仮説は真打ちに限りなく近いのではないでしょうか…教育的な意味において…
■今日、ふと思い立ってミッフィーのネクタイを買いました。渋いトラッドグリーンにくすんだ黄色の糸で大柄なチェックの中にたくさんのミッフィーが織り込んであります。紺ブレにベージュのチノ、ボタンダウンはブルーもイエローもピンクもグリーンもいけます。就学前のお子さんの教育相談に使います。「ほら、ミッフィーだよ、よろしくね!」

ATACカンファレンス2003(03/12/8)
■12月6日(土)〜7日(日)とATACカンファレンス2003京都に行って来ました。会場は国立京都国際会議場です。
■今年はセッションの数が少ないように思えて残念でした。ライブショーも少ない。参加者も少ないかな? でも、ATACのあのオープンな雰囲気とセッションのクオリティの高さはきちんとありました。
■そのクオリティの高さはATACをプロデュースする3人のパーソナリティでキープされています。人こそいちばん大切な資源です。どんなに「高名な」病院もドクターの資質やパーソナリティがその核となっていますね。学校も同じです。信頼できる学校は信頼できる先生がいるからこそ信頼できるわけ! 当たり前の話!
■さてさて、意思表示に使うグッズは少なければ少ない方がいいのだが、グッズを使うことによって意思表示がよりはっきりして相手に伝わり、その伝わることの体験を積み重ねやすいことが大事なのだ。そのことで本人もまわりの人たちもコミュニケーションの可能性がわかって、逆に、グッズを使わなくてもいいようになることも十分考えられる。もちろん、それが汎化という点でいちばん実用性が高い。
■今回はEOS D30のセットを持ってきました。ISレンズと組むと最強のコンビです。PowerPointのスライドショーもしっかり撮れました。この写真は会場のANNEXの天井です。
■夜は京都駅ビルのクリスマスデコレーションを見に行きました。大きなツリーにはなぜか鉄腕アトムが! 音楽もあの懐かしい曲が落ち着いたピアノソロで流れていてしばらくそこでたたずむ。ビルの3階から10階くらいの屋上まで延々と続く階段の空間はいつ行ってもおもしろい。そこに誰がいても絵になる。
■勤務先の近くに陸上自衛隊の航空学校から飛んで来るヘリコプターの演習区域があります。今日は複座の攻撃ヘリが実戦さながらの超低空飛行を繰り返していました。曲芸飛行と見紛うほどの飛び方でした。戦争が近いことを肌で感じています。今日は「真珠湾攻撃」の日でした。

やっぱりサザン(03/12/5)
■この冬に備えてマフラーとブーツを買いました。寒くない! だけどマフラー巻いてブーツを履く! これもやせ我慢かな?
■サザンの『Yeah!!!…』を車で聴いています。「今までのことはええやん、明日からのこと考えよ」という野田燎先生の言葉をよく思い出すこの頃です。ボリュームを上げてガンガン流す。8月にこの言葉を聞いたときは気づかなかったけど、もしかしたら野田先生はご自身に言い続けている言葉かも知れないと思います。パイオニアは誰もがそう思うものではないのだろうか! パイオニアというよりアヴァンギャルドかも!
■大久保寛司の『二十一世紀 残る経営、消える経営』(中央公論新社 2001)を読み返しています。単に企業の経営だけでなく人間の本質を描き出していると受け止めています。
■明日は朝からちょこっと仕事して昼頃にATACカンファレンス2003京都に行きます。1年ぶりの京都です。クリスマスデコレーションが楽しみだけど街を歩く時間があるかなぁ…

加速する師走(03/12/1)
■どうもインスピレーションがいまひとつだ。とんでもなく忙しい。先週は大事な会議をすっぽかしてしまった。いつも使っているブルーインクのペンをなくしてフランクリン・コヴィーに書き込む気をなくしたのでスケジュールのチェックをしなかった。ひたすら落ち込んだ。でも、まっすぐフランクにと気を取り直す。
■土曜日は三重県療育研究会で勤務校の話をしました。ふだんお世話になっているPT、OT、STのみなさんを前にプレゼンテーションをするのはなかなかのプレッシャーです。小学部の紹介と学校をめぐる諸相の質的な向上について述べました。保育士のみなさんとも話をすることができて勉強になりました。最後はPATHの北極星の話をして当日の夜空の映像で終わりました。夜は久しぶりに外で食べて書店で立ち読みをしました。土曜日は雨でした。
■日曜日は山間の小さな保育所に行って教育相談のお子さんの発表会を見てきました。茶畑のとなりの保育所で園児は20人と少しです。すごくおもしろくてかわいくて心なごむひとときでした。ふだんの姿を見せていただくことはとても大事です。保育所ではアップライトのピアノを使っていました。その音がやわらかくて耳にやさしくて、また、ホールのスピーカーの音もやわらかな音で、子どもたちがとてもいい音環境に包まれていることがうれしく思いました。そうそう、映画『猫の恩返し』の『風になる』でサウンドトラックとはちがう編曲を聴いてこれがよかったです。チェロのメロディーで始まってチェロがオブリガードを奏する編曲です。歌はサウンドトラックと同じつじあやのだと思いました。
■誰も傷つけずに生きることは可能なのだろうか。そんなことをこの頃考えてしまいます。自分の言動が原因で傷ついた人は少なくないと思う。これからは誰も傷つけずに生きて行きたいと思うのだけど、それは可能なことなのだろうか。誰かのやさしさのためにちがう誰かが傷つくことだってある。そして、誰かを守るためにちがう誰かを傷つけることもあるのだ。
■本橋成一の写真集『ナージャの村』は、哀しくて、美しくて、惹きこまれてしまいます。人間にとって何が大事なのかを考えさせてくれます。モノクロ(白黒)は見る人に委ねられたものの大きさを感じます。デジカメで撮ったカラーの写真もパソコンでモノクロに変換すると写真はその瞬間にちがうストーリーを語り始めます。
■師走といっても1年中走っているような気がします。これからも走り続けるのかな…今週はさらに加速しないといけない!

慌しい日々(03/11/23)
■またまた3連休ですね。平日、家でも仕事をしていますが、なぜか、休みが多いと仕事がはかどりません。今日は休日出勤をして仕事をしてきました。
■来週末に仕事でちょっとまとまった話をすることがあってPowerPointでまとめています。お伝えしたいことは山ほどあります。だから迷う。そして、ふと、デザインにこだわる。グレーバックにイエローの字、今回はこれでいこうと思います。初めて参加したATACカンファレンスの最初のセッションの講師がMac使いで、グレーバックにイエローのプレゼンテーションでした。Macということ、よくある「事務的」でないデザインということ、片隅に線画のキャラクターがいたこと…その印象がずっと私の頭にあります。講師は確固たる理念の持ち主、かといって凝り固まった偏った考えではなくリベラルな柔軟な思考ができる人と思いました。プレゼンの画面が象徴的にそれを物語っているかのようでした。いつか、自分もそんなデザインのプレゼンをするときがあるのかなぁと思っていました。
■FOMAへのアドレス帳の入力をやっと終えました。12月1日から全面的に移行します。それにしても、懸案はメールアドレスです。誰にもメールアドレスを教えてないのに1日に数十通もの迷惑メールが届きます。docomoはやめよう!という気になりますが、そうとばかりも言っていられないのでメールアドレスをdocomoの「アドバイス」通りに変更してみました。複雑になったけどとりあえず静かになりました。
■docomoはFOMAの「携帯」を「端末」と呼んでいます。ネットワークコンピュータの「端末」です。auでは携帯本体で設定していたことをFOMAではサーバーに接続して設定することがあります。まさに「端末」感覚です。確かかも知れないけどいつもサーバーに管理されているような感覚になります。
■先週、ウイルスと思しきファイルが添付されたメールが届きました。受信そのものが危ない。どうしようかと考えていて、ふと、気づきました。携帯からの操作でそのメールを削除できないかと…@niftyのモバイルサービスでしてみると、なんと、できました。パソコンで受信する前に削除するわけですから安心です。こんな使い方はやっぱり「端末」ですね!
■こうしてツールとしてのテクノロジーに費やす時間は意外と多い。それ自体がおもしろいこともあるけど無駄な時間も多い。でも、やっぱり、好きなのかな…仕事とちがう世界だから私にとってはセラピーかも知れません。
■泊り勤務の夜、生徒たちとテレビを見ていてX-japanの12年前の『Say Anything』を聴きました。テクニック、リリシズム、音楽性と三拍子が揃っていると思いました。ちょっと聴き込んでみたい。
■Lavieにプラネタリウムのソフトをインストールしました。こんなことで夜空の星たちが身近に感じるというのも何なのですけどねf(^_^);

MJQ(03/11/15)
■この前の土曜日にメガネが壊れました。一昨年まで使っていたメガネが急遽現役復帰です。このメガネはカメラのファインダーとの相性がいまひとつですが気分転換にはなります。EOS D30とはまずまずです。
■先日、FOMA端末を購入しました。auからアドレス帳を一件一件入力しています。これがなかなか終わりません。その間に迷惑メールが次々と届く。まだ誰にもアドレスを知らせてないのにこの始末。メジャーは狙われやすい。そのメールを削除するだけでも慣れない端末だと煩わしい。docomoのユーザーはみんなこうしているのだろうか? PCのメールにはそんなメールはほとんど届かないのにどうして携帯のメールはこうなのか! 理解し難いことだ。
■今日は勤務校の文化祭でした。フォルクローレのコンサートのPAを担当して、メンバーから各楽器間のバランスや高音低音などのバランスを細かく指示してもらい、これもいい勉強になりました。
■音も私たちのQOLを高める重要なファクターです。クオリティの高い音は、ただそれを聴くだけで満たされるものがあります。おそらく20年ぶりに買った『SWING JOURNAL』誌でオーディオの広告や記事を見て音にあらためて目覚めた次第です。文化祭でも初めてPAシステムを使いました。
■文化祭に写真を出品しました。『秋の日の海』と題して4枚の組写真としました。コラージュなどしている時間はありませんでした。レタッチはPhotoShopLEを使って、16bitモードのトーンカーブでコントラストを付けただけです。ペーパーはコニカのQR光沢タイプ(厚手)、プリンタは往年のA3機エプソンのPM2000Cです。4つ切ワイドにプリントしてフジカラーのブラックのアルミの額に入れました。仕上がりのクオリティはなかなかなのものですが、コラージュにするつもりで撮った画像なので4つ切ワイドにできるショットがそろわなくて困りました。撮るときから仕上がりを思い描かないといい作品となりません。
■『りんごのうた』が載っている「みんなのうた」(NHK)のテキストを書店で見つけました。『りんごのうた』の作詞作曲、そして歌っているのは椎名林檎…私は彼女を全然知りませんでした。このテキストでは彼女のことをグラビアで特集していて、これも興味深いものでした。DVD短編キネマ『百色眼鏡』でこんなセリフがあるとか…「私の本当の名前をお知りになりたいのでしょう? あなたが決めていいことなのに。お呼びになって、私を。私の本当の名前で」…怖いセリフだ。『りんごのうた』も怖い歌だ。でも、アヴァンギャルドではない。
■『SWING JOURNAL』誌は20年前のままだと思いました。すごくなつかしくて、でも、今も私の“核心”に触れる紙面です。もちろん記事は新しい。ジャズはいつも新しい。いつもコンテンポラリーの音楽を聴かせてくれる。今、MJQを聴いています。25年くらい前だろうか、初めてMJQを聴いたときの感覚が甦る。いつか、こだわりのオーディオでこれまで出会った音楽たちをじっくり聴きたいものだ。

サニーレタスの夢(03/11/8)
■冷蔵庫に入れたままのサニーレタスを食べる夢を見ました。ゴマドレッシングをかけて…ふと目が覚めたら午前4時! 夢でした。そのサニーレタスは数日前の残りです。こんな夢初めて見ました。
■知り合いから携帯のNHKの着メロサイトを教えてもらって「おかあさんといっしょ」から何曲かダウンロードしました。とにかく楽しい。『ふゆのプレゼント』『にじ・そら・ほし・せかい』『虹のむこうに』『にじのいろとおほしさま』『5匹のこぶたとチャールストン』『おかあさんといっしょオープニングテーマ』『歌うクジラ』『しっぱいのせいこう』『シアワセ』『星ひとつ』『あかりをともそう』『いちごはいちご』それから「みんなのうた」から『ママの結婚』『りんごのうた』『わたしの紙風船』の15曲です。
■この中でちょっとおもしろい歌が『しっぱいのせいこう』と『りんごのうた』です。どちらもヘンな歌でお気に入りです。歌詞のストーリーがありそうで実はないことばかり。マイナーだけどメジャーかも知れないような和声進行。テンポも速くもなく遅くもないけど中途半端で生理的にちょっと気になる。一生懸命歌ったり弾きたくなるけど一生懸命になればなるほど実は滑稽だ。斜に構えた音楽だけどかえって音楽の醍醐味がわかる。難しい年頃の子どもが唖然としてテレビの画面に釘付けになる。こんなヘンな歌は好きだ。文句なくおもしろくて楽しい。
■その携帯をドコモのFOMAに替えようと考えています。理由はハードの性能です。データ通信(パケット)が384kbpsというのは普及携帯最速で、泊り勤務のときの強い味方です。勤務先、自宅ともこの秋にエリアとなって環境はそろいました。携帯もマイラインも全てKDDIからNTTに! コンシューマは非情だよ!
■午後、1時間だけですが近くの海に行って写真を撮ってきました。勤務校の文化祭に「作品」を出そうと思ってのこと。海、波、貝殻、砂浜、花、空の写真を撮りました。貝殻はスライトビュアーに乗せて接写しようと思っていくつか拾ってきました。。カメラはEOS−D30、レンズはEF28〜135ISです。この頃、IS(イメージ・スタビライザー=手ブレ補正装置)のありがたみをしみじみと実感しています。レンズそのもののクオリティも大事だけど、そのレンズの性能を最大限引き出すには手ブレがネックになることが往々にしてあります。ブレがほしいときもありますが今日はISに頼りました。あとはパソコンで「作品」作りをします。A3サイズのコラージュに…

+α (03/11/3)
■3連休1日目の土曜日、午前はムーブメントのセッション、午後は音楽療法の講習会の実行委員会、その間に勤務校で仕事をして走り回っていました。
■2日日曜日はポコちゃんでした。ポコちゃんはこの頃ほんとにたくさん集まっていただいて、セッションがどうのこうのという前に、ひとりひとりのお子さんと親御さんとのコミュニケーションが思うようにとれないことが気がかりです。みなさん、音楽療法そのものだけが目的で来ていただいているわけではないですよね! プチポコも毎月できたらいいのですがその時間もない。昨日は15家族のみなさんに来ていただきました。鈴の持ち方を親御さんに紹介しました。シャボン玉は液が新しいためか伸びはいまひとつですごく大きな玉は作れませんでしたが、最後の大きな玉がなかなか割れなくて、子どもたちもそっと息を吹きかけてまた高く飛んでと、それはそれはドラマチックな終わり方でした。
■3日月曜日文化の日は淑徳大学の宇佐川浩先生の音楽療法の研修会です。「発達ステージに応じた音楽療法の配慮点」について、理論と考え方、そして具体例と、いつもの充実した内容でした。
■+αのサポートをニーズとするお子さんへの支援は、サポーターの絶対的な数によってクオリティが大きく決まってくるといっていいでしょう。志のある方ははじめの一歩を踏み出してほしいと願っています。
■天気が回復するときっと寒くなるでしょうね。ふだん履かないスリッパに足を入れたりする。庭のニセアカシアの葉がいつの間にか半分くらい散ってしまいました。残る葉も黄色くなっています。ちょっとくすんだ録音の古いジャズが似合う季節、ビル・エヴァンス&ジム・ホールの『UNDERCURRENT』を聴きながら…

another mind(03/10/25)
■上原ひろみのアルバム『another mind』がAmazonから届きました。ボビー・エンリケスを思わせるエネルギッシュなピアノに堪能しています。ドラムもギターもアルトサックスもベースもみんなものすごくエネルギッシュで斬新だ。リズムのキレが秀逸だ。そして、溢れるリリシズムがあるからいい。CDウォークマン持って家の中を歩いてます。ここ何年かこんな音楽聴いたことがなかったと思わせる演奏です。ジャズファンでなくても必聴盤だと思います。
■コンテンポラリーという概念にこだわった頃がありました。今もそうです。同時代ということです。クラシック音楽とか現代音楽とかいうカテゴリーではなく、今、この瞬間、刹那を生きる音楽です。そして、前衛にはもっとこだわっている自分がある。
■北極星という概念が好きです。ずっと見える。今日一日、なんだかんだとあってもそこに必ずある。2000年度だからもう3年前になりますが、横須賀市の国立特殊教育総合研究所で聴いた熊本大学の干川隆先生の講義は今も私の心に焼き付いています。(以下、★印は勤務校の「個別の指導計画」の研修用に作ったレジュメからのコピーです。2002.2)
IEPミーティングが大事。「IEPの作成過程の中心は、IEPミーティングです。ミーティングを通じて親と教師は、共に子どもの教育のプログラムに関する決定を行います。IEPミーティングの一つの成果は、IEPの記録です。この成果は、IEPチームによる関与とチームによって到達した結論について書いた記録です。」(ミネソタ州のIEP作成マニュアル)
アメリカでは14歳以上の子どもにはITP(Individualized Transition Plans「個別移行計画」)が作成される。将来、地域でどういう生活をしていくことを目指すか、ということ。コミュニティーで、仕事で、レクレーションで。
★保護者の思いを生かすには、意見をきくだけではなく、親にビジョンをもってミーティングにのぞみましょうと呼びかけている。まず夢を語ろう。夢みたいなもの大事。PATH(Planning Alternative Tomorrow with Hope「パス」)という考え方。PATHとは夢を絶えず持ちながらなんとかしていこうとグループで考えること。みんなで夢を語っている。かなうかも知れないがかなわないかも知れない。
北極星は見えているけど手が届かない。誰が、何がいいとか悪いとかじゃない。
★「1.夢に触れること−北極星。2.ゴールを感じること。3.いまに根ざすこと。4.参加する人を明らかにすること。5.力をつける方法を見つけること。6.次の数ヶ月の作戦を描くこと。7.次の1ヶ月を計画すること。8.最初の一歩を踏み出すこと。」(http://www.inclusion.com
★IEPの課題は2つ。保護者の意見を取り入れることと、どう授業に活かすかということ。
■そう、夢見ることが大事だと思う。野田燎先生の「今までのことはええやん、明日からのこと考えよ」ということに通じると思う。上原ひろみの『another mind』はちがうバックボーンですが、「本心はちょっとちがうんだよ!」という自分に正直な気持ちがこのアルバムの魅力なのだと思うのです。目の前のことはこれ…でも、みんな、ちがう世界を持ってるでしょ! another mind…それを大事にして語らなくちゃ!
■睡眠十分でもけっこう疲れている、かも…それにしても上原ひろみのピアノがこれだけ書かせるのは、やっぱり、彼女はただ者ではない!

ドロップ6(03/10/24)
■寝癖をつけようと早寝遅起きをがんばる。やっと眠気が出てきてホッとしています。
■今日はD30のバッテリーを充電して、2つ目の充電が終わって点滅から点灯にLEDが変わった瞬間を見た! これはめったにないことで、なにかいいことがあるかと思ったけどとくになかった、かな…
■ギターが届きました。ヤマハのRGX−420S D6(ドロップ6)で、1弦は7弦ギターと同じBです。この音域に納得です。バイオリンの音域にはあと一歩ですが、CとBが出せることの心地よさに安堵を感じます。そして、ベースラインが弾ける。いっそのことベースも欲しくなります。オーケストラでもバイオリン→ヴィオラ→コントラバスと「転向」した経歴がある自分の行く末が思い知れる。色はインターネットで見たよりもぐっと落ち着いた深いメタル色でいかにもソリッドギターです。これは思いがけなく気に入ったところですが、ピックアップのフレームは頼りなくてもうちょっと質感の高いものにできなかったものかと残念です。
■このギターは4度下げチューニングと、かなり太めの弦ゲージということで、フィンガリングは自分で考えなくてはならない。低音に納得しているのでぜひとも使えるようになりたい。…と、あれこれさわっていたら、なんだ、4度上の音を出せばいいではないか! 管楽器でいうところのF管だ。ホルンといっしょ。つまり、CのコードならFのフィンガリングでいい。それでルートのCもきっちり出るのだ。これはおもしろい! 鳴りは骨太でしっかりしています。ボディはアルダーです。どうしてこれが生産終了になったのだろう。おもしろいけど部屋のファンヒーターが共振してウワァーンとうなる。これがけっこう気になります。
■ギターは多彩だと思う。楽器そのものの素材、デザイン、種類、奏法、どれをとっても多様で、それぞれに哲学がある。セミアコのドロップ6はないのだろうか!
■帰りに寄った地元の療育センターでしばし話し込みました。異業種ではないけれどもちがう条件で仕事をする人たちと話をすることはとてもいい刺激になります。そして、ここにも障害があるお子さんたちを支える暖かさとヒューマニズムがあることにホッとするのでした。
■夜は山下達郎の『Season's Greetings』を聴いています。年内いっぱい、クリスマスシーズンです(^_^) この冬は八ヶ岳高原に行けるだろうか…

スペシャルなエレキギター(03/10/21)
■睡眠時間が3時間とか厳しい日が続く。今日は出張で100キロ走って帰って会議で提案…こんな日が続くと仕事の質が落ちて子どもたちとのかかわりに影響するのではないかという不安すら感じます。今夜は早く寝ようと思いながらもHPの更新に頭をひねる!
■この日曜日に10月の日曜日のポコちゃんがありました。18家族のみなさんに来ていただきました。保護者のみなさま、ごきょうだい、スタッフを合わせると45人くらいです。ミュージック・ケアの技法にとっては決して多い人数ではありませんが、終わってからの子育てのご相談などに応じ切れないところが申し訳なく思っています。ふだんはメールでのご相談ですが、やっぱり会ってお話をさせていただくことで深まりのあるコミュニケーションとなります。みなさん、ポコ・ア・ポコの音楽療法そのものだけが目的で来ていただいているのではないと思っています。障害があるお子さんのご家庭のニーズの本質はそれぞれもっとちがうところにあるものと考えています。ほんとにこの国は「文明国」なのか!
■パワーポイントのアカデミック・パックを購入、LaVieにインストールしました。これでLaVieでもプレゼンテーションのファイルを作成できます。つまり、「どこでも仕事」度が増したわけ! うれしいようなうれしくないような…
■パワーポイントは不思議なソフトで、アカデミックパックとはいえ11,800円の投資は自己投資という意味で高いものではないと考えています。プレゼンテーションのファイルを作成することで自分の思考過程を確かめることができ、さらにその思考を創造的に発展させることができます。思いがけない発見があります。そもそも説明ができなければ自分がしていることの意味はないというくらいの意識が必要だと思う。
■エレキギターで6弦ながら7弦の音域をカバーするアウトレット品(60%オフ)をインターネットで見つけて注文しました。特殊なギターですが、単なる変わり者ではなくスペシャルなギターと思っています。ギター1本だとどうしても和声進行のルートが弱くなってしまいます。人間の感性はうまくできたもので、聴こえないルートを聴きながら音楽を感じている。でも、やっぱり和声進行のルートはほしい。かといって7弦はちょっと冒険です。7弦ギターはけっこういろいろ出ていていつでも買えるけど、このヤマハの6弦ギターは生産終了です。とりあえず入手した次第!

「文明国」(03/10/16)
■F1のシーズンが終わりました。トヨタのマシンは博物館で見ているだけに印象深くて応援していました。最終戦で入賞して来年の参戦につながるものとホッとしました。F1は美しい。ただただ美しい。ロードレーサー(自転車)もそうだ。速く走るために生まれたものはすべて美しいと思う。
■連休に何ヶ月ぶりかで大型カメラ店に行きました。久しぶりの銀塩のDPEですが、今やDPEプロセスはデジタルなので銀塩らしさが影を潜めてしまって味気ない仕上がりです。それでもデジタルでは偽色やジャギーに転んでしまいそうなデテールに目立った破綻もなくてデジタルにはない懐の深さが感じられてなかなかよい。デジタルといえば、先日、EOS1DSのプリントを見て、デジタルもここまで性能を上げないと銀塩のレベルに到達できないとわかって600万画素クラスのSLRデジカメがかすんでしまいました。私のD30はちょっと斜に構えて個性派と割り切る!
■どうしてデジタル写真が味気なく感じられることがあるのだろうか。おそらく、自分がこれまで写真として接してきた銀塩の記憶がそう感じさせているのだろう。物心がついた頃からデジタルを見慣れていればこんな感覚にはならないと思う。ただ、銀塩にノスタルジー以外の何かを発見したとき、それは文化だと思う。その何かこそ大事だと思う。しばらく銀塩にこだわってしまいそうです。カメラはエスピオ・ミニで、故植田正治氏の愛機と同型です。今日、トレビを詰めました。
■…障害児教育に携わっていると、これが文明国かと思うケースと出会うことが少なくありません。F1が世界を転戦し、この私がロードレーサーで走り、高性能のカメラで写真を撮っておきながら、まさにその時、唖然とする状況がある。 このギャップは何なのか! リーダーを自認する人たちに、ヒューマニズムに立脚した今一歩の決断を切にお願いしたいのです。

北陸の夕日(03/10/11)
■5日日曜日、大滝昌之先生の音楽療法ワン・モア・ステップ講習会を行いました。私も主催者のひとりだったのですが、当日は仕事で終わりにしか行けなくてとても残念でした。講習会に参加していただいたみなさんからメールをいただいて、企画してよかったと思いました。しみじみと…
■今回、大滝先生に使っていただいたエレキギターは私のもので、弾ける人に初めて弾かれたわけです。そして、こんな音がするのかと思いました。明るくて拡散する音。アンプやエフェクターのこともありますが、ギターがもって生まれた音は変わらないと思います。これはこれで使いやすい音です。でも、私の好みはもっと芯のあるヘビーな音にシフトしています。
■先週、ふとしたことで石川さゆりの『天城越え』の歌とカラオケを聴く機会が仕事でありました。ずっと演歌から遠ざかっていたこともあってか、おもしろいと思いました。演歌をクールに聴く自分が意外です。もしかしたら「奏でる」ことの意味をあれこれ考えているので、音楽の聴き方がずいぶん変わってきたのかも知れません。食わず嫌いがいちばんダメ!
■「おかあさんといっしょ」の『あかりを灯そう』もこの頃気になる歌です。これも音やリズム、コード、メロディー、構造など、音楽のいろんなファクターのベーシックな機能できちんと構成した音楽です。聴くだけで勉強になります。またシンセの打ち込みがしたい!
■9日(木)〜10日(金)と金沢に出張でした。提案なのでそれなりに準備もあってたいへんでしたが、やればそれだけ得るものがあっていい勉強になりました。
■帰りに加佐ノ岬に寄ってきました。加佐ノ岬倶楽部でスコーンとミルクティーをゆっくり味わってシー・ガーデンを散策。ここには宮本啓子音楽療法研究所があります。夏の全国セミナーで買えなかったミュージック・ケアのシャボン玉グッズをまとめて買ってきました。加佐ノ岬まで行って視野に入りきらない水平線に海の広さを実感してなんだか気持ちもすっきりしました。北陸の夕日は2日ともとてもきれいでした。
■毎日毎日、よくこんなにもいろいろあるものだとおかしくなるくらい忙しい。おまけに自宅のプリンタPM2000Cが動かなくなって19日日曜日のポコちゃんのお知らせもプリントできないという非常事態! プリンタのバックアップがないとどうしようもありません。出張から帰ってやっぱり動かないプリンタの下をふと見ると、プリンタに接続するパソコンの切り替え器のレバーが動いているではないか! 戻して無事動きましたがなくした時間は戻らない。

SOHO(03/10/1)
■今日はSOHOしてました。朝からずっとパソコンの画面を見続けて、昼食のとき以外ずっとそうしていました。液晶といえども8時間もモニタを見続けるとさすがに疲れます。モニタに目の焦点が合わなくなってくる。頭はフル回転で完全にハイになってる。モニタの横で猫がじっと私を見つめている…
■さすがに限界を感じて5時過ぎにスーパーに買い物に行って、並びの書店でまた料理の本を買ってしまいました。『NHK生活ほっとモーニング プロが教えるきほんのイタリアン』(NHK社会情報番組編 日高良実監修 アスキーコミュニケーションズ 2003)です。どうしてアスキーがこんな本出すのだろうと思いながらレジに行きました。
■NHKの「食彩浪漫」以来、「アクアパッツァ」の日高良実総料理長にぞっこんです。「青じそと黒ごまのソースで白身魚の網焼き、和の春の香り」などというちょっと???なレシピもあるけどイタリアン(^_^;)夜はキッチンドリンカーしながら鶏肉の唐揚げなど延々1時間!…料理はセラピーだと思う。
■この休みに新聞の切り抜きを2か月分一気にしました。腰というか背中が痛くなりましたがいくつも大きな発見があってスクラップブックのページをめくっては読み返しています。これは読み返すほどの記事ではありませんが、Windowsの画面をMac風に変えるというフリーソフトの記事があって、早速インストールしてみました。「窓の手」です。でも、どうやればMacになれるのか、Macのデザインがしっかりわかっていなければどうしようもない!
■いささかベクトルがちがいますが、このLaVie Mのデスクトップをブルーナカラーのオレンジバックのミッフィーから、ブルーの服を着たミッフィーを真っ白なバックにレイアウトしてみました。どう見ても春夏バージョンだけどしばらくこのままにします。
■ルイ・アームストロングの『この素晴らしき世界』を聴いています。堺市のミュージック・ケアの総合研修のとき、この曲でずいぶん癒されました。私もいつか使ってみたい曲です。

言葉(03/9/27)
■9月20日の朝日新聞の「天声人語」にたいへん共感するセンテンスを見つけました。それはアメリカ合衆国の独立宣言、憲法、権利の章典の原本が修復を終わり、ブッシュ大統領が出席して公文書館の式典が催されたことにまつわる記事です。
■「独立宣言などの建国文書について米紙が興味深い言い方をしている。『米国は言葉によって、その存在を高らかに宣言した』『これらの文書がなければ、この国は存在しなかったとさえいえよう』。そして『言葉が大切なのだ』。文書を収めるケースは『神殿』と称されるらしい。あの国にとって、建国文書がいわば、『三種の神器』なのだ。」(朝日新聞「天声人語」から 2003.9.20)
■このところ、言葉の大切さ、重みを実感するエピソードが数多くクローズアップされてきています。マニフェストもそのひとつです。インフォームドコンセントも個別の指導計画もそうです。こうした言葉たちはそのひとつひとつが具体的な姿あるものや数値を扱っています。同意だけでなく合意を目指しています。そして、人と人との関係性についてもこうした言葉で扱われようとしています。でも、関係性は直接確かめることはできません。だからこそ言葉で確かめ合うものなのです。“約束”という言葉が甦る。
■小曽根真のベストアルバム『WIZARD OF OZONE』を聴いています。これほど弾き手にコントロールされたピアノはちょっとありません。知的な演奏と危うさの一歩手前のパッションがある。ソロもいいけどセッションもいい。ドラムの金属系の音がとてもいい。きれいだ。感性が納得する音だ。これを上質な再生装置で聴いたらそれだけで人生が変わってしまうかもしれない。
■今日は勤務先の養護学校で運動会がありました。午後は自由参加のレクリエーションで、私は「音楽」の前座をしました。『典子は今』(シャボン玉)、『お星さまとアリサ』、『トトロ』〜『シェイク』(ショートバージョン)〜『霧のロザリア』(ビニール袋)、『フロム・ア・ディスタンス』(フラップバルーン)という超ショートバージョンの「セッション」でした。これだけを一気にしてしまうと文脈も何もあったものではありませんがそこは語りでカバーしました。15分というリミットが条件の「セッション」で、こうしたオーダーにも応えることで自分のスキルアップにもなります。でも、このプログラムを決めたのはセッションの直前でした。セッションの前はいつもパニックです。セッション前のパニックが大きければ大きいほどセッションに手応えがあるのも事実なんですけどね!

アクアパッツァ(03/9/21)
■一昨日だったか、夜、ふとテレビをつけたら興味津々な料理番組が始まったところでした。どうやらNHKの「食彩浪漫」のようだ。ちょうど「アクアパッツァ」というイタリア語の説明をしているところで、「アクア」はイタリア語にもあるのだろうかと思って見ていたら、おにかさごが2匹出てきてフライパンで焼いて焦げ目がつき始めたところで殻付きあさりなどを入れて水をドボドボと入れ始めました。エキストラオリーブオイルもドボドボと入れて、これはただごとではない!と眠気もふっとんで見入ってしまいました。さっそくテキストを買ってきてレシピなどじっくり読みました。アクア・パッツァはシンプルだけどそれだけにいろいろ応用がきく料理だと思います。
■「食彩浪漫」のテキストを買うのは初めてでした。「今日の料理」はよく買います。あまり手を広げるとそれこそ回らなくなる。あと、料理の本といえば『Arigatt』(「アリガット」IMAGICAパブリッシング)を時々買います。『栗原はるみ すてきレシピ』(扶桑社)もいいけど、私は料理にもアヴァンギャルドのちょっと危うい感触が欲しいのだ。伝統を学ぶことは大事。でも、プラスαがなくては満足できない性分です。40代半ばにしてますます落ち着けない。危うい人生が待っているかも…

『ひかる・かいがら』とギター(03/9/19)
■元ちとせの『ハイヌミカゼ』のギター伴奏譜(ドレミ楽譜2002)はオリジナルのB♭をGにしてあり、カポで戻そうというものです。エレキギターにもカポを使うのだろうか? 今日、『ひかる・かいがら』をアコギで弾いてみました。ピアノと比べて音が少ないはずなのに、そうですね、立体感がある空間のようなものが感じられます。今頃こんなこと言ってなんですが、『ひかる・かいがら』を自分で弾いてみて初めて知ったギターの魅力があります。エレキギターで弾くとどうなんだろう…
■ギター曲は武満徹の作品とフラメンコに惹かれるものがあります。武満徹の作品はギター曲というよりも武満ワールドそのものであることに魅力を感じているのかも知れません。
■フランクリン・コヴィーのサイトのアウトレットでオリジナルナッパのバインダーを見つけて購入、昨夜届きました。色はブラウン。オープンのコンパクトサイズです。とにかく仕上げがきれいです。素材も抜群にいい。フランクリン・コヴィーのちょっと横長のリフィルは当然ながらベストフィットです。リング径26ミリのサイズなのに38ミリの厚さのバインダーは、でも、やっぱりアメリカンサイズです。そのビッグサイズがお気に入りなのですけどね。
■某パンメーカーがミッフィーのトートバッグのプレゼントセールを始めました。思わず飛びついて毎日パンを食べることになってしまいました。私はディック・ブルーナが大好きで、このパソコンの壁紙も携帯の待ち受け画面もミッフィーです。CDも本も持っています。ミッフィーのテレビ放送もディック・ブルーナの特集テレビ番組も録画しています。ブルーナ・カラーのクレヨンも持っています。ブルーナの世界は文化を超えたある普遍性があると思います。

自転車操業(03/9/15)
■9月の日曜日のポコちゃんは20家族のみなさんにお越しいただいて会場はいっぱいでした。ごきょうだいも来てくれて50余人。ここでちょっと怯んでしまってセッションにはまちがいが次々と! でも、みなさん、全然あわてないでいてくれました。おかげさまで無事終えることができました。感謝しています。
■日曜日のポコちゃんには不思議な力があるように感じます。セラピストのはずの私が乗せられているように感じるときがあります。これって何なのでしょう…。反省点はいっぱいあります。ひとつひとつの動作から無駄をなくすこと、動作をまちがえないこと、ことばがけをしっかりすること、そして、ひとりひとりの子どもをしっかり見ること!
■土曜日は地元のムーブメントの会に行ってきました。小学校の障害児学級と養護学校のお子さんのムーブメントです。障害があるお子さんのお母さんが主催する会です。ひとつひとつのプログラムにねらいと理論的な裏づけがあり、子どもたちは積極的に参加していました。スタッフへの指示も共感できるものでした。私は音楽療法の実践をしていますが、音楽療法のよさも限界も意識しています。音楽療法とムーブメントを組み合わせることでよりよい発達支援となるものと考えています。それにしても、コミュニティーでこうした実践を行うことになんとエネルギーを必要とする社会であることか!
■ムーブメントの会場は冷房がない小学校の体育館で、私はランニング用のハーフタイツとTシャツで行きました。機能素材なので汗は気にならない。子どもたちといっしょに走って跳んで、自分の体がこんなに軽かったのかとびっくりしました。気分爽快でした。スポーツは日常を忘れて夢中になれる時間をプレゼントしてくれます。トライアスロンに復帰したいと思うこの頃です。
■この木曜日に勤務校で野田燎先生の音楽運動療法の研修の還流報告をしました。「奏でること」についても話しました。奏でることは聴くことから始まる。しばらく考え続けることになりそうです。
■『MEN’S CLUB』を久しぶりに買いました。黒系のスーツに合うネクタイを探していますがシャツとのコンビネーションもいっしょに考えないといけませんね。
■この1週間もハードです。毎日を確実に過ごしていきたいけど自転車操業です。

週末らしい週末(03/9/7)
■9月の日曜日のポコちゃんのお知らせがやっとできました。とりあえず郵送分をプリントして夕方投函してきました。いつも間際のお知らせです。文面にこだわってしまいます。今回はミュージック・ケアの「静」について、そして、いちばん身近な人といっしょに参加することの意味についても少し書きました。淑徳大学の佐藤俊一先生の著書からの引用もあって紙面はいつもの倍、A4サイズとなりました。9月はどれだけ来てもらえるかな…
■今朝は朝4時半に目が覚めて眠れず、久しぶりにトマトソースを作りました。今回はかなりトマトがピュア! 作るたびにちがう。仕上げにバジルを入れるときがいちばんハッピーです!
■この連休はいろいろ用があったもののこれまでできなかった家のことがたくさんできました。庭の草取りと物置の整理、植木の剪定、そして資源ゴミの整理などなど。今年はパンジーとクリサンセマムを種から育てようとその準備もしました。チューリップの球根もまとめて買ってきて今頃から春の花壇が楽しみです。そうそう、春の準備の前にクリスマスローズの手入れもしないと冬に花が見られません。
■元ちとせの『ひかる・かいがら』をアナリーゼしていて、クリシェが大きな役割を担っていることがわかりました。冒頭からベース音の半音上行が2回、そしてすぐ半音下行が続く。この手法は西洋のクラシック音楽の踏襲で馴染みの和声進行だ。ピアノなら簡単だがギターで弾くならこのベースの進行をどう出すかがポイントだと思う。低弦をプラスした7弦のエレキギターがあるけどそれならベース進行を出しやすいのだろうか? ギターのことはよくわからない(>_<)

野田式音楽運動療法から学んだこと(03/8/31)
■野田燎先生が模擬セッションでサザンのリクエストがあって『TSUNAMI』を演奏した後、堰を切ったように話し出しました。「今までのことはええやん、明日からのこと考えよう」そういう歌、ということで、サザンの『ホテル・パシフィック』の1コーラスをサックスで吹いて、そして、『真夜中のナイチンゲール』のフルコーラスをサックスと歌で奏でました。『さよなら大好きな人』も。そのときの野田先生は音楽好きな素顔を見せてくれたように思いました。
■誰でも好きな音楽への想い入れは言葉にできないくらいもののがある。その想い入れを伝えるいちばんの方法は自分で奏でること。その音楽をニーズとしている人への共感として奏でる音楽は譬えようもなく真摯なものだ。野田先生が音楽療法の中で独自の道を歩まれることになったことの理由と意味がわかったように思いました。音楽のジャンルを問わず、その音楽に秘められたシチュエーションを自分のものとして追体験することでクライエントの物語を共に紡ぐのだ。適切な選曲をして最高の演奏を提供することで。これは、でも、みんながしていることではないのか!? 野田先生のセッションはトランポリンを使って脳を活性化して音楽の文脈を受け入れやすくしている。運動を伴うこととクライエントに寄り添う最高の音楽を提供することが野田式音楽療法の核だと思う。お母さんが子どもを抱っこするとき、自然にリズムをとって揺らしながら歌うではないか。それは誰もがしていること。子どもをあやすことは自分自身をあやすことでもある。子どもが泣き止んで安らかな気持ちになるとお母さんも幸せになれる。人として当たり前のこんな営みの意味深さをもう一度考えてみたいと思う。音楽療法だからといって難しいことを考える前に、ウィニコットの「たった一人の赤ちゃんなんていない。赤ちゃんはいつも誰かの一部なんだ。」という人を関係性の中で捉え、理解しようとするスタンスの意味を今一度考えたい。
■野田燎先生の模擬セッションは音楽とは何かということを考えさせてくれました。あの空間に自分がいたことをとても幸せなことだと思っています。私の人生から欠くことのできないひとときでした。

夏休みの終わりに(03/8/30)
■昨日のプチポコでポコ・ア・ポコ サマーセッションが終わりました。いつになく大きなシャボン玉が、ゆったりと落ちて、バウンドしてまた上がって消えていくのを見ていて、なんだかジーンときました。お子さんを参加させていただいたみなさまとお手伝いいただいたスタッフのみなさま、そして、会場をお貸しいただいた松阪市福祉会館と橋西地区市民センターに心から感謝しています。今年のサマーセッションはプチポコを入れたこともあって初心に返ることができてとてもいい勉強になりました。今年度の私のテーマは「ていねい」です。ポコ・ア・ポコの活動から、音楽を使っての関係性の質の向上のためのポイントが実感としてわかってきました。これから仕事で、そして、日曜日のポコちゃんで活かしていきます。
■車が再びカローラ・フィールダーになりました。今日は用事の合間に洗車やそうじをしました。丸坊主になっていた夏タイヤも、アルミホイールとセットでタイヤだけよりも安いという“広告の品”を少し前に押さえてあって朝から交換してきました。フィールダーはよく走る! 速い! カローラのサイズはやはり日本の道路事情にベストマッチだと思う。パッケージリングもいい。音楽療法のグッズも慣れてくるとコンパクトになってきてフィールダーでも十分だとわかってきました。
■そのフィールダーのコンソールボックスから竹内まりやのCD『Bon Appetit!』が出てきて、そうそう、野田先生は『真夜中のナイチンゲール』も使っていたと思い出して、それからは『真夜中のナイチンゲール』ばかり聴いています。
■『ひかる・かいがら』も『真夜中のナイチンゲール』もとにかく何回も聴いてアナリーゼです。伴奏はピアノまたはエレキギターで、ときには伴奏をシンセに任せるとしてオブリガードをバイオリンで入れるならどんな旋律にしょうかと興味は尽きない。
■野田燎先生との出会いは音楽と音楽療法に対する私の価値観を大きく変えようとしています。ひとりのだれかのために音楽を奏で、歌うことの意味と重みをずっと考えています。この夏休みは土日もなく走り回っていましたが、得たものはとても大きい。ミュージック・ケアもますますおもしろい!

ひかる・かいがら』〜野田式音楽運動療法(03/8/28)
■元ちとせの『ひかる・かいがら』ばかり聴いています。昨日、初めて聴いて、心に残る歌のひとつになりました。
■昨日は兵庫県三田市の財団法人ひょうご子どもと家庭福祉財団主催の療育研修会「野田式音楽運動療法」に行きました。1998年に放送されたNHKの「トモ君がしゃべった〜音楽運動療法〜」の野田燎先生の研修会です。
■午後は野田先生のチームのスタッフ5人が加わってセッションの体験がありました。私は野田先生の1番指名! 音楽療法の研修会で男は目立つのだ。
■トランポリンで跳んでいるときに音楽が加わることで身体の調整力が格段に上がるのがすぐわかりました。もちろん、ピアノは跳ぶ私にリアルタイムで合わせてくれます。フォームがくずれてジャンプのタイミングがずれてもピアノは絶対離れない。すごいものだ。曲がリクエストのバッハから「平均率第1巻第1番」になると、1跳躍を6つに刻む音が私の覚醒レベルを一気に上げて頭の中が澄み渡ったような感覚になりました。このまま続けると自分がどこかに行ってしまうような気がしました。野田先生によると宇宙飛行士が無重力状態で神を感じたという感覚なのだそうです。脳生理学的にはドーパミンの産生がアップしたとのこと。音楽運動療法は障害がある子どもたちの発達支援やパーキンソン病、脳卒中後のリハビリに大きな治療効果を上げて医学的実証も進んでいます。私は自分が体験することでその力の大きさと心地よさがわかりました。
■野田燎先生のチームはスタッフが5人来ていました。それぞれ得意分野があるようで、クラシック、ジャズ、アニメ、ポピュラーなどなど、曲によって交代してピアノを弾きます。弾き手が変われば音楽も変わります。でも、野田先生のスタッフは誰が弾いても、そして、歌っても、「患者さん」に寄り添う真摯な姿勢と心地よさはキープされています。音楽運動療法のスタッフは大学で音楽を勉強してきた人からピックアップするとのこと。大事なのは「センス」とのこと! センス…それぞれの音楽がもつメッセージ性を感じ取れることが大事だとも…。その音楽の感じ方をどうやってスタッフに伝えるのか、音楽の使い方をどうやって伝えるのか、もっと具体的な言葉で教えてほしかったのですが、これはやっぱり難しいですね。
■だれが歌っても、と言いましたが、昨日、歌を担当したのはひとりのスタッフでした。模擬セッションで、トランポリンに仰臥位になった人ひとりのためだけに歌う『ひかる・かいがら』は今まで聴いたことのない力を秘めていました。私はその歌に、そうですね、文字通り心を奪われたというべきでしょうか…。誰かのために歌うことはすごい力を秘めているものだ。
■昨日聴いて体験した野田式音楽運動療法のセッションは、誰かのために奏でられる音楽とはどんな音楽?ということを考えさせられ、また、教えられました。ピアノも野田先生のサックスも歌もたいへんクオリティの高いものでした。歌を苦手としている私にとっては、療法の空間における歌のひとつのシンボルを聴いた思いがして、研修会後、歌を担当したスタッフに話を聞かせていただきました。「患者さんのためだけに歌う」とのことで、療法の場面では誰もがそう思っているはずなのに…やっぱりセンスだろうね…
■音楽運動療法のクライアント体験で、奏でる音楽の2拍目の重要性をまた思いました。先日、FM放送でキース・ジャレットがチェンバロで弾くバッハの『ゴールドベルク変奏曲』を聴いて、やはり2拍目の重みのことを考えたばかりでした。2拍目はそのフレーズのベースのテンポを決めます。キース・ジャレットの『ゴールドベルク』の冒頭は、2つ目の音がいつ奏されるのかわからないくらいのスローテンポです。2つ目の音を待つまでのほんの何分の一秒かの間は聴く人にたいへんな緊張を強いる。不安になる。この張りつめた空間は危ういほどの美しさで私は好きなのだが。昨日、トランポリンでバウンドした直後、もちろん、バウンドの瞬間は1拍目で、バウンドした直後に続く2拍目がクライエントの動き、予想からずれると不快感どころか跳ぶテンポも身体の調整力も乱れてしまうのだ。もっとも、その曲は私に合わないのを意図的に選んで比較するためのものであったが。
■野田式音楽運動療法の模擬セッションでは、へんな言い方ですが、ほんとの音楽に出会った思いがしています。こうした音楽にはめったに会えません。誰かのために奏されることがはっきりしている音楽、それは音楽が本来内包している機能であり、音楽の力であり、その秘められた力をこの空間に、音の、空気の振動として再現し得る技こそ真の音楽の使い手のみなし得る技なのだ。昨日はただごとではない体験をしました。
■22日から24日まで山形県の天童市に行っていました。ミュージック・ケア第7回全国セミナーです。セミナーそのものは23日から25日でしたが、仕事の都合で私は2日目の途中で帰ってきました。
■およそ300人が一斉に『手をつなぎましょう』や『ぎりぎり』をするものだから圧巻です。すごい! だけど私は宮本啓子先生の技を盗もうとひたすら真似していました。宮本先生は自然なさり気ない動作であの空間を作っていくのだからすごい!としかいいようがない。
■それにしてもミュージック・ケアの研修はいつもハードです。朝10時から夜10時前まで研修が続く。情報量はあまりに多くてメモが追いつかない。実技から目が離せない。ホテルの豪華な夕食をたった25分で食べなければならなかった。夜は夜で同室の他県からの参加者と情報交換をして寝るのは1時過ぎになってしまいました。
■福井大学の松木健一先生の講演もいつになく中身の濃いものでした。「記録をとる論文を書くということと、係わるということについて」というテーマです。音楽療法の事例研究はほとんどの場合「質的研究論文」という形で文書化されます。それはクライエントとセラピストの相互的な営みの記録であり、文言化することでセラピストはセッションを物語る。物語は語られることによって聴き手は自分の中で物語を再構築する。追体験をする。そこに相互的な営みの質的な研究の意味がある。逸話の積み重ねがなされる。…私はハッとしました。逸話、エピソードを語り、積み重ねるスタイルの音楽療法の勉強会を計画していた矢先の松木先生のこの話でした。
■野田燎先生が言われるようにひとりのクライエントだけのセッションをもちたい。でも、現実は厳しいものがあります。どうしても集団のセッションをせざるを得ない。もちろん、集団でしか成し得ないことがある。ミュージック・ケアはその意味でたいへん優れたメソッドです。でも、それだけではいけないと思う。集団セッションと個別セッションとの効果的なコンビネーションが発達につまずきのあるお子さんひとりひとりに必要です。この国はほんとに文明国家なのかと、また、思う。

ヨーロッパピクニック計画(03/8/16)
■お盆は夏季休暇を取りましたがいろんな用事があって結局出勤もしたし、あちこち行ったり家の掃除をしたりしていました。昨夜は家で過ごして、10年以上も前のNHKの番組のビデオをじっくり見ました。『ヨーロッパピクニック計画』です。ベルリンの壁の崩壊へと続く文脈を織り成すハンガリー首脳と民間人の歴史的なストーリーです。ハンガリー首脳のヒューマニズムに溢れた感性と行動は感動を超えたものがあります。当時の西ドイツのコール首相が、ハンガリー国内の東ドイツ人を合法的に出国できるようにする決定をしたことをハンガリー首脳から聞かされて取り乱すシーンは何回見ても涙が出ます。また、民間人の活躍もこれからの自治体のあり方を考える上でたいへん参考になります。
■感性と行動といえば、教育もそうです。障害児教育が特別支援教育となって、本人のアクションからサービスが始まることになります。サービスは共に作っていくものであることを関係者みんなが認識していなければなりません。学校や役所から始まるのではない。本人保護者起点の特別支援教育であり、私たち教職員は多様かつ専門性の高いニーズに応えるだけの資質が求められます。
■今月からパソコンはNECのLaVieMを使っています。NECのサイトでカスタマイズして購入しました。富士通のLOOXT90がよかったけどかなりのお値段! サイズが大きめだけどCP抜群のLaVieMにしました。PentiumM搭載のセントリーノ仕様、512MB-RAM、80G-HDD、DVD−R、ATI-RaDeon9000グラフィクスでしばらく安心のスペックです。なんと、FF]Tがプレイできる! デザインは黒とシルバーのコンビネーションで、プラスチックのシルバー部分の塗装はセンスを疑ってしまうけどアルミのカバーやキーボードまわりの光沢仕上げがとてもいい。モニタ下のスピーカ部分のメッシュはほこりが付きやすくて取りにくいけどね。
■CPUのPentiumMは1.3MHzだけど体感的にも速い! 起動やグラフィクスの処理が速いのはもちろんだがブラウジングまで速いのにはびっくりです。1MがやっとのADSLがこんなにも速いものだったとは! そして、12インチのモニタにもかかわらずVAIOと同じくらいの小さな標準バッテリーで駆動時間が4時間を超えるのはすごいとしかいいようがない。全体として2キロを超えるのは持ち運びにやや難があるものの頑丈なボディと安定した動作には安心感があります。コンピュータは安定した動作が第一だとしみじみ思う。そして壊れないこと!
■今回DVD−Rをカスタマイズしたのは押入れを占領しているVHSのビデオテープをDVDにしたかったからです。ポコ・ア・ポコのセッションの記録もDVDにしておきたい。VHSはサイズが大きいしDVは値段が高い。
■VAIOからのデータ移行はCD−Rで難なくできました。メールのデータはBeckyなので簡単に移行できて、アドレスデータもメールもそのままです。Beckyを使い始めたThinkPadの頃から、1999年からのメールをキープできています。メールはそのときそのときの自分の意思の反映なので読み返すことで自分の考えの文脈をたどることができて、仕事などで役立つことがあります。Beckyを使ってよかったとしみじみ思います。
■ブラウザのお気に入りは移していません。またひとつひとつ探してお気に入りに入れていこうと思っています。自分の時間をリセットするみたなもの。
■久しぶりに写真などのサイトも見て回りました。夏休みに入ってEOS D30もバッグから出していません。写真を撮る時間なんてない…

淑徳大学発達臨床研修セミナー(03/8/10)
■8〜9日と千葉の淑徳大学発達臨床研修セミナーに行ってきました。淑徳大学の宇佐川浩先生と昭和音楽大学の土野研治先生の講義は2000年の国立特殊教育総合研究所の短期研修で受けてたいへん共感するところがありました。今回も納得と感動の内容でした。京都大学の鯨岡峻先生は子どもの発達を心に注目してとらえる話で、会場いっぱいの参加者はまさに息を呑む思いで聴き入ってしまいました。
■土野先生のテーマは「自己像の乏しい自閉的傾向の子どもへの音楽療法〜声を用いた身体組織化への取り組み〜」で、音楽療法という療法以前のセラピストとクライアントの人間的な真摯な営みを感じました。
■宇佐川先生のテーマは「感覚と運動の高次化からみた発達臨床〜臨床類型と臨床方略を中心に〜」で、いつものといえばいつものことですが、今回は子ども理解の基盤となる宇佐川先生の考えが明確にされており、特別支援教育へのとるべきスタンスを示してものと受け止めました。「目の前にいる子どもを、伝統的な○○障害児というラベルで捉えるのではなく、発達支援のための、具体的な臨床方略を考える前提上の臨床像の把握として何が必要か、ここで考えてみたい。」障害があるから障害児教育というこれまでの認識ではなく、本人保護者のニーズ起点の特別支援教育のための子ども理解の臨床方略を考えようというのだ。
■鯨岡先生のテーマは「子どもの関係性の発達」で、子どもを生活場面から切り離してその行動にだけ注目して発達を云々するのではなく、環境との関係の中で育まれる心の問題として子どもの全体像を捉えるという理論です。行動というある意味量的な評価だけに終わりやすい捉えではなく、子どもの自己像、心を私たち係わる人との関係も含めて環境との関係の中で捉えて支援を考えようとします。子どもといっしょにいるときみなさんは心が動くはずだ、ハートを大事にして今目の前の子どもが何を感じ、思っているのか、思いをめぐらしてサポートをしていこうということ。会場は水を打ったように静まりかえりました。二十歳を越して話し始めた自閉症の青年たちが話すのだそうです。学校でいかに傷ついたかを…学校の教職員は学校の論理を一方的に子どもたち保護者に押し付けてはいまいか…個別の指導計画や個別の教育支援計画など、システムはできてもソフトはどうだろうか…
■今日10日は東京からの朝帰りのまま遠山文吉先生の音楽療法のセミナーに行ってきました。私はギターとトーンチャイムを用意する担当でした。台風で帰れなかったらどうしようと心配していましたが、高速バスは15分遅れで無事着きました。シャワーをすませて楽器を積み込んで会場に駆けつけました。
■遠山先生はセッションでクラシックギターを使われます。クラシックギターを使うセラピストは初めてです。ガット弦のやわらかな音と親しみやすい曲、遠山先生のすてきなテノール…音楽漬けの1日でした。
■淑徳大学の発達臨床研究センターの療育は週3回、認知学習が2回と音楽療法が1回で1月12,000円です。大学の研究機関なので研究と学生の実習の場というものの、ここに通う子どもたちは幸せです。緑の多い落ち着い
たキャンパス、お母さんと手をつないで訪れる子どもの姿を思い描かずにはいられませんでした。このような療育の場がどうして限られた地域にしかないのか。日本はほんとに文明国家なのか…
■今回の淑徳大学への研修はまたまた台風との遭遇でした。3年前、国立特殊教育総合研究所の短期研修が終わった翌日、淑徳大学発達臨床研究センターの音楽療法の見学をお願いしてあったものの台風が来てセッションがなくなってしまいました。今回もまた台風の襲来でした。淑徳大学に行くときは台風が憑き物かもね(>_<)

忘れられないセッション(03/8/3)
■8月1日朝、一昨年担任させていただいた男の子が亡くなりました。小学部3年生、9歳でした。朝、目覚めませんでした。最重度のお子さんで私は医療的ケア1年目でした。お母さんからたくさんのことを教えていただきながらほんとにたくさんのことを学びました。呼吸がしんどいときなど、よくふたりだけで教室にいました。そんな静かでおだやかな時間がなつかしく思い出されます。そう、寝顔がとても穏やかできれいでした。なのに目覚めない…棺が閉じられるまで手を合わせることができませんでした。2日通夜、3日告別式で、日曜日のポコちゃんと重なってしまいました。お母さんと話をして予定通り行うことにしました。その方が彼も喜んでくれると…
■8月の日曜日のポコちゃんは14家族のみなさんに来ていただきました。とてもいい空間をいっしょに作り上げることができたものと感謝しています。最後に大きなシャボン玉をみんなでじっと見つめることができました。いつになく充実した密度の高いひとときでした。忘れられないセッションとなりました。
■子どもたちもいつになく集中してくれて…いちばん癒されたのは私自身かも知れないと思いました。たくさんのみなさんにたくさんの感謝をしています。音楽療法のセッションの文脈はセラピストだけが作るのではありません。その場のみんなで作り上げるものです。お互いのリアクションが新しいシチュエーションを作っていきます。その積み重ねが子どもたちの発達を力強く支えるものと信じています。
■夜、新聞の番組欄を見るとケビン・コスナーの『13デイズ』がありました。ケビン・コスナーは大統領補佐官役です。ケビン・コスナーの映画はどれも意思決定がキーワードになっているように思います。彼の映画をみる度に意思決定のシミュレーションをしているかのような感覚になります。そして、核心を見通すセンスと、判断し実行するパッション、そして、フェアということの大切さを実感します。決断のとき、自分を信じることができるかどうかです。そのためには日々一刻一刻自分を磨かねばなりません。たくさんの迷いが人を強くする。何か大事なのか、いつも考えていなければならない。その積み重ねが大きな決断を成し遂げる。でも、大きな決断の是非はすぐには出ません。今日のポコちゃんもそうです。

プチポコとグールド(03/7/23)
■“学校”は夏休みに入りました。今年の夏休みは44日あります。障害があるお子さんのお家はたいへんです。ポコ・ア・ポコは昨年の半分しかできませんがぜひお出かけをと思っています。
■昨日、ポコ・ア・ポコ サマーセッションの1日目がありました。午前中はプチポコで小グループのセッションです。お子さんは3人2家族で、久しぶりにピアノを弾いて歌ってのひととき、昨年はこうして始めたのだなぁとなつかしく思いました。ポコ・ア・ポコの初心、原点のようなものがあります。私にとってとても大切な時間です。
■自分で弾いて歌ってというとき、子どもたちとの距離、スタンスを自在にとれるということではピアノよりギターが適しています。ギターの練習をもっとしなければ!と、深夜、アンプなしでエレキギターを爪弾く…
■この3連休にたまっていた新聞の切り抜きをしていました。大学の独立行政法人化の記事がたくさんありました。障害児学校が独立行政法人化されるようなことは今しばらくはないと思いますが、その機能がお子さんの居住地のコミュニティーに移されることは考えられますし、私はそうあるべきだと思っています。これから変化の時です。子どもたちにとって何がいちばんいいのかという視点で私なりのビジョンをもちたいとあれこれ考えています。新聞の切り抜きはおもしろい!
■本もおもしろい! 近くの古本屋は私好みの本がたくさんあって、この連休には『ディズニー方式が会社を変える』(ビル・カポダグリ&リン・ジャクソン著 弓場隆訳 PHP研究所 2002)を買ってきました。夢を物語ることの大事さは共感するところです。民間企業の経営のノウハウを自治体の行政サービスに活かそうという動きには賛成するものの、学校という教育現場ではプラスαが必要だと思っています。この本にはそれがあります。SCSEのキーワードはウォルト・ディズニーによるものだとか。そうだろうな!
■久しぶりにバッハがききたくなってグールドのバッハをきています。もし、私がピアニストとしてやっていくなら、コンサートピアニストではなくグールドのように人知れず暮らしてレコーディングをするピアニストになるだろうなと思う。コンサートホールで何千人もの人を前にピアノを弾く意味は何なのだろう。個別的な音楽の場、空間というものの意味とそれに介入することの意味は検討されるべきだと思います。

音楽と色と人と(03/7/14)
■ミュージック・ケア初級総合研修三重会場の5日間が終わりました。23人の68期生、三重1期生が研修を終えました。研修の終わりに、研修生から一言をいただく場面で涙する人もいました。研修の企画とサポートをしてきた三重ミュージック・ケア研究会代表として感無量でした。でも、これは始まりに過ぎません。まだ始まってないのかも知れません。三重県でミュージック・ケアの実践の場を対象者とともに大切に育てていかなければなりません。私はポコ・ア・ポコを大切に育てていきながら県内の研修の場を支えていきたいと思っています。
■7月6日、日曜日のポコちゃん3回目は17家族のみなさんに来ていただきました。きょうだいもいっしょなので子どもだらけ! 「さ、始めるよ」の一声で、みなさん輪になって集中力が一点に集まるのを感じました。3回目でここまで!迷わず『楽に寄す』のMDを入れました。なんと穏やかなこの空間! でも、大勢が苦手なお子さんにはやっぱり落ち着けない場です。少人数のポコ・ア・ポコとして「プチポコ」(ちっちゃなポコ・ア・ポコ)も企画しています。
■古本屋で『アヴェ・マリア』のCD(WPCS-10264)を見つけました。カッチーニの『アヴェ・マリア』が入っていて購入。スミ・ジョーのソプラノ、ジュリアーノ・カレッラ指揮イギリス室内管弦楽団で、静かで穏やかな演奏です。解説によると「歌の伴奏をリュートから通奏低音にしたのもこの人(カッチーニ)の業績とされる」(高久暁)とのこと。ピアノで弾くと譜面上は難しくないが和声進行による色彩?音彩?の変化が穏やかな中にもはっとするくらい明確で美しい。この曲が『アヴェ・マリア』として生まれたのもわかるような気がします。
■色ということでこんなことがありました。ミュージック・ケア総合研修三重会場で使ったフラップバルーンは宮本啓子音楽療法研究所のものでも私が持っているそれとは配色がずいぶんちがって受ける印象もちがいました。私のは白と黄緑、紫、黄が基調となっています。研修で使ったのは暖色系でした。購入時期は2〜3年ちがいます。講師の先生からフラップバルーンの色のエピソードで興味深い話を聞きました。渋め系のオレンジを基調としたバルーンを病院で未熟児のお子さんとお母さんとのセッションで使ったところ、看護師から「この色は何か考えがあってのものですか? お母さんの子宮の色ですよ。だから赤ちゃんもこんなに安心して落ち着いてるんですよ。」というような話があったとか。色は大事です。

紙一重の非日常(03/7/5)
■いつの間にか7月! 6月は忙しかった。とりわけ勤務時間中はちょっとまとまった話をすることも難しかったし、出張の事務処理をコンピュータに打ち込む時間すらなかった。かといってこれといったまとまった仕事ができたわけでもない。セルフマネージメントを反省することしきりだ。出張も多かったのですが、お互いプロとして話ができる人たちと出会うことができてQOW(Quority Of Works)の高い仕事となりました。7月も忙しいけど夏休みが始まってポコ・ア・ポコができるのは楽しみです。ただ、夏休み中の勤務や研修の予定がまだはっきりしていないところがあってポコ・ア・ポコの予定は確定していません。
■昨夜、NHK−BS2で『エビータ』がありました。録画したので所々みただけですが、沈んだセピア調の重々しい印象の画面と、アンドリュー・ロイド・ウェッバーの音楽、そして、マドンナの歌に魅了されてしまいました。全編をゆっくりみることができるのはいつのことか…
■近くの古本屋で300円の本を2冊買ってきました。すべてを読む時間はありませんが、ふと手にして開いたページに日常と紙一重の非日常の世界があればいい。そんなときは外国文学がいい。エリック・フォスネス・ハンセン著、村松潔訳『旅の終わりの音楽』(新潮社 1998)とポール・オースター著、柴田元幸訳『ムーン・パレス』(新潮社1994)です。『旅の終わりの音楽』はタイタニック号で沈没が始まっても演奏を続けていた音楽家の話、『ムーン・パレス』はニューヨークの青春物語です。
■明日の日曜日のポコ・ア・ポコは3回目です。新しい友だちが6人来てくれます。音楽療法も日常と紙一重の非日常かも知れませんね!

サーモン・ピンク(03/6/28)
■庭のニセアカシアの枝がおとなりとの境まで伸びたので枝を切ることにしました。どこで切ろうかと枝をたどって、太い幹から出ているところから切るのが妥当と見ました。ところが、そこで切ると3メートルはあろうかという枝がおとなりの庭に落ちそうです。のこぎりで少し切ってロープで引っ張り、また少し切ってロープを引っ張りして、無事切り落とすことができました。楓も切って、ごみ袋に入れたら7袋になりました。これで体重1キロ減!
■ミュージック・ケアでビニール袋をほぐすこともプログラムにしていることから思いつきました。すてきな色の袋からビニール袋が出てくることそのものもセッションの文脈、物語にならないかと。先週の土曜日にマーム(イオン松阪)に行っていちばん安い10センチ28円の綿のブロードのパステルカラーの中からまだ使ってないサーモンピンクを選びました。55センチ×100センチのサーモンピンクの袋を3つ作りました。紐はベージュです。自分で言うのもなんですが、これがなかなかすてきなのです。袋の色も私には子どもたちへのメッセージです。自分のこだわりも強いかな? 袋をほぐすとき、どんな音楽を使おうかと、これもめちゃくちゃ考えるけどそれも楽しいことです。
■サーモン・ピンクの袋を作っているとき、ミシンが動かなくなって下糸周りを分解しました。短い糸が2本ひっかかっていて、それを取ったら絶好調になりました。今までずっと上糸と下糸のバランスが取りにくくて縫い目がそろってなかったのも解決! 全部の袋を作り直したいくらいだけどその時間はない(>_<)
■今日は伊勢方面でポコ・ア・ポコの会場を探しました。4か所回りましたが決めるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。今、地元で使わせていただいている公民館がとてもよくて、どうしても比べてしまいます。あといくつか回ってないところがありますが、よい会場が見つからなければ伊勢方面ではしないことになるかも知れません。
■古本屋に行って『片づけられない女たち』(サリ・ソルデン著 ニキ・リンコ訳 WAVE出版 2000)を買ってきました。これはADD(Attension Deficit Disorder=注意欠陥障害)の女性の話です。この本に限らず、アメリカでは自分の病気や障害に真正面から向き合っていくためのプログラムが整然と構築されているように思います。この本でも「専門家は何をしてくれるのか?」(P.228)というところに明確に記されています。「専門家に頼まなければならないサービスは三つある。(略)一つめは、検査と診断である。単にADDかどうかを調べるだけではない。他の障害や疾患が重なっていないかどうかも、同時にチェックしてもらうことになる。確かにADDだという診断が下ったら、次に、二種類のケアが必要になる。一つは、医師に紹介してもらい、ちょうどよい薬を飲んで、効きかたもチェックしてもらうことになる。もう一つは、ADDをもっと理解するための教育、実際的なアドバイス、カウンセリングといったサポートであす。特に、診断直後の時期には、この種のサポートの重要性が大きい。」私が個人的に発達の相談を受けているケースも「この種のサポート」を求めてのことです。1月に1回専門家に診てもらっているけど「しばらくようすをみましょう」ばかり。今すぐできることはないのか、診断が出るまででも何かないのか、親はそう思うものです。私はこう考えます。医師は診断をして、療育は親と保育園や学校の先生がする。だから障害児教育に携わる者はひとりひとりの子どもに応じて今すぐできることを示すべきだし、その意味を理論的かつ先の見通しをもって説明できなければならない。
■古本屋の300円コーナーの外国文学の棚には他にも読みたい本がずらりと並んでいました。この頃、読む本は仕事に直接関係するものばかりです。自分のための読書は久しくしていない…

『センス・オブ・ワンダー』(03/6/24)
■15日日曜日の日曜日のポコちゃん2回目は16家族に高校生のボランティアも入って50人という大人数! 焦ったのは私だけで、子どもたちは2回目ということでいろんなことを覚えてくれていてスムーズなセッションとなりました。これからは新曲を入れていくことも楽しみです。
■21日土曜日にミュージック・ケアの初級総合研修三重会場の3日目がありました。講師の先生の動きがとてもきれいで格調すら感じます。私はその秘密を探ろうと虎視眈々といったところです。秘密への近道はクラシック・バレエだと思います。
■翌22日日曜日は大滝昌之先生の講演の裏番組の託児を担当しました。34人のお子さんとボランティア51人でなんと85人! 初めての場所で初めてのキーパーソン、初めてのセッション、耳障りな会場の反響、そして、私のプログラムミスがあって子どもたちはセッションに集中することが難しくなってしまいました。いい勉強になりました。
■先週は出張が続きました。学校という場、枠組みから出て他の業界のみなさんと詰めた話をすると血が騒ぎます。みなさん、それぞれの分野でプロフェッショナルです。私もプロフェッショナルとして話ができます。教育のプロとして、と言いたいけどちょっとちがうように思います。QOL(Quority Of Life)のサポーターのプロフェッショナルと自認して話をするときに私自身のQOLもまた実感します。TEACCHでいうジェネラリストです。
■先週、レイチェル・カーソンの『センス・オブ・ワンダー』(新潮社 1996)がふと目に留まってページをめくっていました。「わたしは、子どもにとっても、どのようにして子どもを教育すべきか頭をなやませている親にとっても、『知る』ことは『感じる』ことの半分も重要ではないと固く信じています。」それは音楽にも通じることです。音楽を感じることが何よりも大事です。

システム手帳再び(03/6/13)
■viserを落として液晶が割れてタッチパネルが使えなくなりました。入力ができなくなっただけでなく、下層ディレクトリの情報も一部見ることができなくなってしまい、スケジュール管理などに手帳を使うことにしました。PDAはいつかこんなことがあるものです。先日、他の探し物をしていて、5年前に買ったバイブルサイズの茶色のシステム手帳を見つけていたのでこれを使うことにしました。このバインダーは5年くらい前にデパートの在庫整理で信じられない値段のものを信じられない値段で買いました。革も仕上げも最高です。でも、横長のフランクリン・コヴィーのリフィルにはちょっと小さい。
■ポコ・ア・ポコのグッズにgoldon(ゴールドン)の「メタロフォン」を調達しました。白木の共鳴箱が付いたもので、プレートの色は白で、バチも白木です。F#とB♭のプレートが付いています。ハ長調とヘ長調、ト長調のスケールが弾けます。C#があるとニ長調も弾けるのにと残念。おもちゃだけど音は澄んだ中にも芯があってクオリティの高さは文化のちがいを感じさせてくれます。goldonはドイツの知育楽器の専門メーカーです。
■そう、フランクリン・コヴィーもゴールドンも文化のちがいを感じます。文化のちがいはシステムのちがいとなります。ハードもちがってきます。ハードのちがいが発想のちがいを教えてくれる。発想のちがいを知ることは知性に直接結びつくことだと思う。
■フランクリン・コヴィーの「一週間コンパス」のチェックリストは「1:ミッションを復習する、2:役割を定義する、3:目標を明確にする、4:一週間を計画する、5:毎日、忠実に…、6:評価・反省をする」です。なるほど!と思いながらも、そこまで?とも思う。だけど、今という時を生き抜くには必要な観点であることは確かで、仕事に追われて金曜日が来るたびに「またあれが片付かなかった」と繰り返すことがある。来週はできると思っていたのに…この悪循環を断ち切りたいものです。

D30談義(03/6/8)
■ミュージック・ケア初級総合研修が始まりました。私はサポーターとして研修に参加しています。このことはまた後日書きます。今日は一時保存のファイルをアップします。カメラとパソコンの話です。
■4月から仕事カメラとなったEOS D30は、D60の登場で“欠点”ばかりがカメラ雑誌で取り上げられて、10Dが発売されてからは比較の対象にもならなくなってしまいました。私もそうかなぁと、買い替えも考え始めていました。ところがです。先日、仕事で3枚の写真をPhotoShopLEでレタッチして高画質設定のA4サイズにプリントしてそのクオリティの高さに驚いてしまいました。実はD30を買ってから2年近く、きちんとプリントをすることはありませんでした。高画質プリントに必要な紙とインクにかかるお金はけっこうなものがあります。そもそもそんな気にさせる写真が撮れなかったのが理由で、今回もパソコンのモニタ上では納得がいく写真ではありませんでしたが仕事上の必要でプリントした次第です。そして、うーんとうなってしまいました。たかが325万画素、されど2MBのデータはただものではありません。秀逸なEFレンズとデータの情報量の豊富さは325万画素ということを気にさせない魅力ある写真としています。仕事カメラとして毎日使うようになって2か月、D30とEFレンズのクセがわかってきて、私自身が使い方がわかってきたこともあるでしょう。EFレンズも魅力です。AFの合焦後指先を気持ち動かすあの感覚はたまりません。これからどんどん撮ってプリントしたい…だけど時間がない!
■今回のプリンタはエプソンのPM2000C、ペーパーはコニカのフォトシルキーです。PM2000Cはもう5年くらい前のプリンタです。でも、ドライバの設定とペーパーの選択で、さながらベルビアのようなプリントができることがわかりました。元データの情報量の豊富さが前提条件ですけどね。
■カメラバッグは国内某メーカーのMatinを使っています。これってドンケF−2のコピーじゃないの? 素材は本家ドンケの勝ち。だけど、AF−SLRに必要なサイズやメインコンパートメントのショックアブソーバーはMatinの勝ちです。使っていて安心感があります。毎日かついでいるとデニム素材がほどよくこなれてとてもいい感じです。グッズを無理に入れていびつにふくらんでいるのもいい。D30、縦位置グリップ、バッテリー2個、FE50mmF1.4、EF20〜35mm、EF28〜135mmIS、SIGMA2Xコンバータ、バッテリーチャージャー、PC接続コードやCFカード類で5キロと少し。これにSIGMA70〜200mmF2.8を加えると7キロ近くになります。重い! だけど高画質には代えられない。こんな機材といっしょに“戦場”を走り回ることが“夢”かも知れません。
■これも仕事上のことですが、パソコンの見積もりを2社の直販サイトに電話で依頼したところ、N社の対応があまりにひどかったのであきれるやら腹立たしいやらで、値段も納得がいかなかったのでやめることにしました。DELLの対応は素早くて質問にもすぐ答えてくれて見積もりもすぐFaxしてくれて満足です。さすがに電話で商売をしているだけのことはあります。DELLのデスクトップは私自身自宅で使っていて不満はありません。大企業でも個々のコンシューマとのインタフェイスは一人です。一人一人がプロフェッショナルとしての自覚をもって仕事をするべきです。学校も同じです。

バレエ(音楽)から学ぶもの(03/5/31)
■昨日、勤務先の養護学校の遠足で三重こどもの城(三重県松阪市)に行きました。模様替えをしてから初めて行きました。エントランス左にはハーブの専門店があって、壁いっぱいのハーブの壜が目を惹きます。テーブルにはガラスのカップのハーブティーとシフォンケーキが…なんとおしゃれなのだろう! imaxのシアターではディズニーの『美女と野獣』が上映されています。ここはほんとに自治体の施設なのだろうかと思ってしまいました。三重こどもの城がある中部台運動公園は新緑の季節です。400メートルトラックが取れる広場と広場を囲む斜面全体を覆おう芝も今がいちばんきれいです。近づく台風の風もまたおもしろいのでした。被害が出ませんように!
■今夜、NHK−ETVで「21世紀・現代バレエはどこへ」が2時間にわたって放送されています。私は、アヴァン・ギャルドは何でもおもしろいと思っています。でも、音楽はいつも遅れてやってきます。音楽が私たちの生理的なところまで、感覚的なところまで密接に関わるものだからでしょうか。この放送も今までのところ音楽は古典がほとんどです。音楽の安定の上にバレエの新しい試みがなされるという文脈です。もちろん、演奏そのものはアヴァン・ギャルドといっていいものがあります。体操競技、女子床運動のピアノもバレエの基礎練習のピアノも私はとても惹かれるものがあります。リズムの躍動感、歯切れよさ、高い緊張感、スピード感、対話感、その臨場感がたまらない!
■洗練されたバレエもまた音楽療法のセッションの身のこなしのヒントになります。音楽を感じて動くということです。指先の些細な動きまで意図的でなければならないし、その動きは音楽的でなければならない。ミュージック・ケアの研修でキー・ポジションのチェックが時間をかけてありました。ミュージック・ケアのセッションのプライマリー・セラピスト(主務者)はオーケストラの指揮者に似た存在です。キー・ポジションのチェックのときそう思いました。セラピストの動きはすべてセッションのゴールに向けて意図されたものでなくてはなりません。私が着る服の色も、グッズを入れる袋の色も、会場も、私の言葉がけも、すべてがそうです。これは応用行動分析の考え方です。
■バレエといえば、ミュージック・ケアのフラップ・バルーンの音楽はチャイコフスキーの『白鳥の湖』から『情景』がオリジナルです。私は『フロム・ア・ディスタンス』を使っています。理由は、『白鳥の湖』の演奏で私のイメージする文脈に合う演奏がないからです。私が持っている『白鳥の湖』は小澤征爾とラザレフです。小澤征爾が音楽的に劇的ならラザレフは劇的なステージの立役者です。本場の香りが漂う演奏です。あと、パリ管を振るデュトワが気になりますが6月末の発売です。デュトワとパリ管といえばプロコフィエフの『ロミオとジュリエット』がお気に入りですが、持ってないので先週木曜日の朝は小澤征爾とボストン響のCDを持って車に乗りました。こんなにいろんな曲を次から次へと聴く自分は大丈夫だろうかと思いながらも、プロコフィエフの『ロミオとジュリエット』は時々気になって聴いてしまいます。『コッペリア』は文句なく楽しめますけどね…
■このところ食器洗い機に頼っています。食器洗い機用洗剤をいくつか試したところ、テレビのCMの映像のようにピカピカになる洗剤があります。気持ちがいいけど、これって、ほんとに安全なのだろうかとふと気になります。
■MPVのエンジン・オイルをやっと交換しました。50%化学合成というMPVのイメージとはちょっとミスマッチなオイルです。透明なオイルで気持ちがいい。ピュア&フェアプレイでいきましょう(^_^)/~~

「サンデー・ポコちゃん」初日(03/5/25)
■サンデー・ポコちゃんの初日が終わりました。18家族、20数人の子どもたちとご家族で40人を超えるセッションとなりました。初めてのメンバー、初めての場所ということでしたが、プログラムが進むにつれてセッションに積極的に加わる子どもが増えて、最後の『典子は今』ではひとつの大きなシャボン玉を見つめることができました。回を重ねることでサンデー・ポコチャンもさらにステップアップしていくことでしょう。ビデオで検証すると私自身が反省することがたくさん…動き、言葉がけ、プログラム、それぞれにステップアップしていかねばなりません。
■音楽療法の場はどんどん増えてきています。ニーズに合わせて選ぶことができるようになってきています。説明と選択によってこれから淘汰されるべきだと考えています。ポコちゃんは生き残れるでしょうか!?

「サンデー・ポコちゃん」前日(03/5/24)
■明日は日曜日のポコ・ア・ポコの初日です。もう少し増えそうですが、今のところ、13家族20人のお子さんが来ていただけることになっています。バチは今日20組が届いて50人分となりました。鈴は30人分なので足りない分はエッグ・マラカスでカバーします。カップは38人分がやっと。なんとかやっていけるでしょう。それにしても、300円の会費にもかかわらずこれだけ来ていただけることにただただ感謝しています。
■今日は朝6時からグッズ入れの袋を作りました。ミシンの調子が今ひとつでなんとやっかいな! 鈴はピンク、バチは黄緑、ボールはクリーム、バルーンは水色、マラカスは藤色、それぞれ淡いパステルトーンの袋ができました。糸は明るいグレー、紐はベージュです。セッションの中で出しても文脈を損なわない色たちです。
■そんな色たちに囲まれていると、ふと、シュタイナーの世界を思い出しました。フォルメンのイメージです。でも、そんな直接的なことだけでなく、私は、強い刺激に溢れる今の日本ではなく、人が誰に教えられるまでもなく求める、落ち着ける空間も思い浮かべていました。色は大事です。色はコミュニケーションの手段にもなります。自分と語る術にもなります。
■明日のプログラムはセッションが始まらないとわかりません。
■麦畑が色づき始めましたね。あと1か月で麦秋です。今年こそは写真に撮るぞ

新緑が目にやさしいこの頃(03/5/18)
■週末に久しぶりにトマトソースを作りました。オリーブオイルの量とか煮込む時間とか、計量カップや時計に頼る“量的評価”でなくで、自分の感覚が頼みの“質的評価”で作りました。たぶん、これまででいちばんいい出来だと思います。最後にバジルを入れたとき、パッと広がった香りは今までにないものでした。これでオリーブオイルの金色の輝きがあったらいうことないのですが、そこがむずかしい。
■アストラ・ピアソラを聴いています。先日、ピアソラを鍵盤ハーモニカで演奏するという話を聞いてまたまたピアソラを聴きたくなったわけです。そんなことで話は鍵盤ハーモニカになります。鍵盤ハーモニカといえば小学校の低学年で使う楽器です。でも、この楽器はただものではありません。山下達郎が使っているというと説得力があるでしょうか…山下達郎は『On The Street Corner』のアカペラに鍵盤ハーモニカを加えています。ピアニカ前田はピアニカ・プレーヤーです。戦場となって荒廃した国や地域の子どもたちに音楽をと鍵盤ハーモニカを持って世界を回る日本人もいます。私といえば、グランドピアノの上に鍵盤ハーモニカを置いて長いホースで吹いて右手で弾いて、カッチーニの『アヴェ・マリア』の伴奏を左手で弾いてみました。負ける! グランドピアノに音そのもので負ける。表現力で負ける。PAを使えばなんとかなるかな?音量は!
■この頃日曜日のポコ・ア・ポコのことが気になって落ち着かない毎日です。次の日曜日に迫りました。新曲やグッズの準備、そして、ご案内のプリントを今頃しています。あと、当日の説明のプリントなどはこれからです。気をもむことばかりですが、楽しみな準備はグッズ入れの布袋かな。ミシンで縫って紐を通すだけなんですが、パステルカラーの色合いがどんな感じになるのか、それが楽しみなのです。そうそう、メルヘン・クーゲルの音はやっぱり大きいように思います。耳元でひとりだけに聴こえたらいいのだからもっと小さなサイズで音も小さい方がより不思議な印象となるように思います。これもやってみないとわからないことですけどね。
■新緑が目にやさしいこの季節、勤務校の重度心身障害の子どもたちにとってはしんどい季節です。小学部の1割の子たちが入院しています。そんな中、ひとりひとりのQOLをどう高めていくか、それが私の課題です。

おかあさんといっしょコンサート(03/5/11)
■「おかあさんといっしょ」のコンサートに行ってきました。うたのおねえさんは瀧本瞳さん、うたのおにいさんは坂田修さんです。ぐーチョコランタンのジャコビ、スプー、ズズ、アネムたちも登場です。コンサートはテレビで何度もみてきましたがライブは初めてでした。テレビではわからない臨場感を肌で感じることができて堪能しました。NHKが共催なので音源はオリジナルです。私はプログラムやステージの場面をメモりながらで頭はフル回転でした。「おかあさんといっしょ」のコピーはとにかく勉強になります。
■ひとみおねえさんもおさむおにいさんも広いステージをいっぱいに動いて、その動きがとてもきれいでした。歌はもちろんうまい! おさむおにいさんのギターもメリハリがあってよかった。とにかく音がきれいでした。ライブだとコード進行が織り成す場面場面の彩りがダイレクトに感じることができます。コード進行以上にリズムの歯切れよさが心地よかったですけどね! プロはやっぱりすごいものです。
■コンサートの終わりは体操です。『あ・い・うー』のちょっと聴きではごちゃごちゃした歌もまわりの小さな子どもたちは大きな声で歌いながら体を動かしていてびっくりです。「教科書」的には小さな子はシンプルな歌がお似合いなはず。でも、小さな子たちの秘められた感性は大人以上です。その感性にどこまで応えることができるか、それは大人たちの力量にかかっていますね。小さな頃認めてもらった自分、それはとても大事な宝ものです。音楽はそんな自分をありのまま認め肯定する力があります。音楽療法の原点だと考えます。
■先週の日曜日だったか、テレビで東京ディズニーランドを経営するオリエンタルランド社長加賀見俊夫氏のインタビューを見ました。「TDLの成功の秘密はこだわりですね。自分たちが決めたハイクォリティーなスタンダードをどう維持していくか。妥協は絶対しない。」
SCSEがキーワードとか。Safety=安全性、Courtesy=礼儀正しさ、Show=ショウ、Efficiency=効率です。障害児教育にも当てはまるキーワードです。毎日が安全であること、人権を保障するのは礼儀正しさであること、人生の演出がQOLを高めること、一瞬一瞬を大事にする効率が求められることです。
■ポコ・ア・ポコのセッションで使うフラップバルーンとメルヘンクーゲルが届きました。フラップバルーンは8メートル×8メートルです。ずしりと重い。淡いパステルカラーの配色はなんともいえない味わいがあります。メルヘンクーゲルはいちばん大きな6センチのものにしました。意外に大きな音。この不思議な音に耳を傾ける子どもたちの姿が楽しみです。でも、意図通りに鳴らすのは難しい。シュタイナー教育ではどんなふうに使うのだろう…
■WindowsXPのデザインをデフォルトのブルーにしました。今までずっとグレーでした。MacのOS9までそうだったから。でも、MacXはブルーが基調色で、iBookの白いボディにお似合いです。私のVAIOはVAIOカラーですけどね…
■ポコ・ア・ポコのグッズを入れる袋を作ろうと布地とひも、糸を買ってきました。淡いパステルカラーにしました。セッションで原色やキャラクターの袋を出すとセッションの文脈が途切れてしまうのです。色使いもコミュニケーションです。

いよいよ!(03/5/7)
■ミュージック・ケア初級総合研修<三重会場>の日程が決まりました。来月早々のスタートなので日があまりありませんが、三重県で初めての日本ミュージック・ケア協会の総合研修なのでたくさんのご参加をお待ちしています。
■ポコ・ア・ポコのセッションで使うフラップ・バルーンも来週には届くことになってホッとしています。次は会場との打ち合わせです。いよいよ始まります。
■携帯を替えてデータ通信の速度がアップしたので以前使っていた通信カードは使えないものと思い込んでいましたが、今日、ふと試したら何の問題もなく使えることがわかりました。CDMAのパケット通信の2代目のPacketOneカードでかなり前のものです。これまでそんなに調子がいいとは思えなかっただけに、この相性のよさは今の携帯の安定した性能によるものだろうと思っています。おかげで今夜は泊り勤務にもかかわらず三重ミュージック・ケア研究会のサイトをすぐ更新することができました。

『アヴェ・マリア』(03/5/5)
■今日は音楽療法のセッションで使う楽器を名古屋まで調達に行きました。メルヘンクーゲルという金属の球状の楽器というかおもちゃです。ヤマハの横浜支店のホームページで見たので名古屋支店にもあるだろうと思ったらありませんでした。取り寄せて送ってもらうことにしました。あと、タンバリンとか他にもいい楽器がありましたがいいものはやっぱり値もいい。それこそ少しずつ、ポコ・ア・ポコでそろえていきましょう。
■往復のドライブでミュージック・ケアの復習をしようとCDを聴いていました。ところが悪い癖が出て、また同じ曲ばかり聴き続けることになってしまいました。それは『アヴェ・マリア』です。名古屋に着く頃には楽譜がほしくなって買ってしまいました。
■作曲はカッチーニ(G.Caccini)で、16〜17世紀のイタリアの作曲家です。500年近くも前の歌に心を奪われてしまったわけです。帰りに寄った実家のピアノで弾いたらピアノ伴奏など編曲がちがっているので印象もちがっていました。どうしても最初に聴いた感じにとらわれてしまうので違和感があります。編曲のちがいは店で楽譜を見たときにわかっていましたが、この楽譜は『アヴェ・マリア』という題の歌ばかり21曲も集めた楽譜集で、そのあたりの興味もあって買いました。『ヒーリング・ソングス アヴェ・マリア』(音楽之友社 2001)です。初版が2年で3刷ですからクラシックの歌曲の楽譜集としてはよく売れています。
■私はクリスチャンではないし、聖母マリアに対して特別な思い入れはないはずですが、歌詞の意味がわからないままにも『アヴェ・マリア』と題する曲にはめっぽう弱いのです。『レクイエム』にも弱い。モーツァルトのミサ曲は学生時代にスコアも買い込むほどでした。この楽譜集にもフォーレの『レクイエム』から『ピエ・イエス』が入っています。心にしみわたる。でも、だからといって、『アヴェ・マリア』を宗教曲ととらえると極東の異教徒が音楽療法と称したセッションで使っていいものかと真剣に悩んでしまいます。アメリカではクリスマスソングでさえ音楽療法で使わないようにしていると聞いています。クリスマスもウインター・ホリデーというようになってきているとか。そんなことが頭をよぎりながらも、『アヴェ・マリア』という曲はやっぱりいい曲が多いと思う。ちなみにカッチーニの『アヴェ・マリア』の歌詞は「Ave Maria」の繰り返しだけです。「めでたしマリア、めでたしマリア」(訳:教会祈祷文)
■久しぶりのヤマハでした。弦楽器の品揃えが増えていました。ヴァイオリンもまた弾きたいな…いや、時間はないぞ! DTMのコーナーにはiMacが並んでいました。本や楽譜を見始めるといくら時間があっても足りないくらい次々と見てしまいます。2階の鍵盤楽器フロアから子どもが弾くソナチネがきこえてきました。ピアノの音はいいものだと思いました。

セルマーのマウスピース(03/5/3)
■今週はじめに月例のポコ・ア・ポコの会場がやっと決まりました。近くの公民館のホールを借りることができることになりました。注文したフラップ・バルーンは間に合うでしょうか!?
■先日、他校の音楽室のグランドピアノを弾く機会がありました。そんなに古くないのに音のコントロールがむずかしいピアノでした。鍵盤を押すと音が出るまでにカクンと指先に伝わるところがあります。アクションの不具合です。いいピアノなのにもったいない。それよりも私が愕然としたのは自分のあまりの弾けなさです。ミスタッチばかり! そういえばこの頃ほとんどピアノを弾いていません。ギターは尚更! これではダメだ! 右手の親指も痛む! なにくそ!
■その日、ピアノを弾きながら音楽談義をしました。話はいつも音楽を感じる心の大切さに行き着く。
■今日、アルトサックスのセルマーのマウスピースとリガチャーが手に入りました。モデルはS80。ひょんなことからヤマハのマウスピース、カスタムモデルを人に貸して、私のわがままでセルマーを返してもらったわけ! 値段はセルマーが2割余安い。私のサックスはヤマハのカスタムモデルYAS−875です。家なので大きな音は出せませんが、S80を付けて音がすごくスムーズに出て驚きました。材質は同じく圧縮ゴムですがセルマーの方が若干軟らかいように感じました。歯の当たりもやさしい。音についてはもっと吹いてから云々することにしますがどことなくセルマーっぽいかなぁ…。ミーハーな私は須川展也もセルマーのマウスピースを使っているから気にしないでおこうと思うのだ。とにかく吹きやすいということは練習時間が思うように取れない私にとってありがたいことです。
■好きなサックスはやっぱり須川展也とポール・ウインターです。いちばん好きな須川展也のアルバムは『jenna』です。須川展也のソプラノ&アルトサックスとマーティン・テイラーのギターのデュオです。マーティン・テイラーはヴァイオリニストのステファン・グラッペリと20年近く一緒に活動したとのことだから学生時代から彼のギターを聴いてきたことになります。『jenna』のノートを読むまで知らなかった。不思議な出会いです。

詞とモード(03/4/26)
■昨日の夕方は山も家も霧で霞んで、白夜とはこんなのだろうかと思いながら車を運転していました。ATACカンファレンス2001京都で北欧の話を聴いて考えさせられたことがありました。ノルウェーだったとかな? 広い国土にそう多くない人が点々と住んでいて、成人したら独立して住むから高齢になってひとりで住むケースが多いとか。お年寄りを一か所に集めて「面倒をみる」という発想はもとよりない。個人主義だからだろうか。白く霧に包まれた山や家を見てそんなことも考えてしまいました。
■昨夜、テレビをつけたらNHK-ETVの「人間講座〜永六輔・なぜ歌うか」が始まったところでした。中村八大と作った『こんにちは赤ちゃん』、いずみたくと作った『見上げてごらん夜の星を』などを永六輔自身が歌った。ピアノは小泉源兵衛。ジャズもシャンソンも弾いてきた、ピアノで話をするようなピアノ弾きです。曲はメロディーも詞もコード進行もそれらのマッチングも何もかもがバランスが取れていて聴き入ってしまいました。日本語の歌、今の、同時代の日本の歌、日本語が日本語として美しい歌を大事にしなければと思いました。日本語が美しい歌はメロディーも美しいはずです。日本語に限らず、詞が美しい歌は旋律も美しいはずだと思います。
■折しも玉木宏樹の『音の後進国日本〜純正律のすすめ』(文化創作出版 1998)と『猛毒!クラシック入門〜誰も言えなかった内緒の話』(同 1993)を古本屋で見つけました。モードについてかなりのページを割いています。モードはもとよりそれぞれが純正律です。平均律のピアノを使うとそうはならないのですが、知識として知っておくのは大事なことです。私が使っているKORGのキーボードSP200は純正律が選べるようになっています。
■ここのところ週末は物書きに使っています。物を書くには時間がかかります。平日は物書きをする時間がなくて悶々と過ごしているから土曜日は朝からパソコンのモニタを見つめてキーを叩いています。資料もあれこれ見るからテーブルはすぐいっぱいになってしまいます。三重ミュージック・ケア研究会もポコ・ア・ポコも本業もいよいよ忙しくなってきました。

若葉の頃(03/4/21)
■日曜日はひょんなことから半日田植えをしました。山の中の田んぼに素足で入ってもち米とこしひかりの苗を素手で植えていきました。泥の感覚がとても気持ちよくて頭でっかちなこの頃の私にはまたとないひとときとなりました。山も新緑の緑が目にやさしくて、田植えの帰りに車できいたのはサラ・ブライトマンの『若葉の頃』ばかり! サラ・ブライトマンはやっぱり英語を母語とする人だと思います。彼女の英語の歌のなんと心地よいことか!
■週末はずっとパワーポイントでプレゼンテーションのファイルを作っていました。勤務校の新任研修のプレゼンテーションで、テーマは「呼吸介助のしかた」と「自閉症児とのコミュニケーション」です。作り始めるとあれもこれもと増えていってスライドは150枚を超えてしまいました。呼吸介助は実習も入るので70分でどうなることかとやきもきしていましたが、終わってみると時間が短いのでかえってポイントをはずさずに話を進めることに集中してよかったです。もちろん細かなところまでは触れられませんでしたが、何かのきっかけとなってくれればと思っています。

TRON(04/4/17)
■このところまた1日48時間欲しい毎日です。いちばん欲しいのは考える時間ですがその前に本や資料を読む時間かも知れない。ビジョンを描くにも情報が必要ですね。膨大な情報が…
■困ったことにそれでも見たいテレビ番組がありました。NHK−TVの「プロジェクトX〜TRON」です。TRONがパーソナル・コンピュータのOSにもなって欲しかったと、またあらためて思った。そして、TRONを開発した坂村健氏の志の高さにまた惚れ込んだ次第です。
■この番組を録画したテープはNHKの「変革の世紀 第2回 情報革命が組織を変える〜崩れゆくピラミッド組織〜」(2002年放送)の残りです。録画するテープを探していて、このテープなら続いてTRONを入れてもいいな、と思いました。これら2つの番組に共通することはソフトの重要さです。個人の判断、自己決定の重要さです。TRONもLinuxのようにオープン・リソースです。かかわる人ひとりひとりが自己決定と自己責任で協働(コラボレーション)しながら新しいものを創り上げる。「変革の世紀」では、指揮者をおかず、メンバーひとりひとりが同じ権限をもつオルフェイス管弦楽団が取り上げられています。でも、ジャズのセッションではずっとずっと前から当たり前となっていることです。そして、音楽療法のセッションもそうです。セラピストとクライエントという関係ははっきりありながらも、音楽療法の本態であるセッションは対等な相互的なものです。コンピュータも音楽もこうなるとフィロソフィー(哲学)の課題となってきます。何でもつきつめるとそうだけどね…
■先週土曜日に、『それが僕には楽しかったから』を買った古本屋に行ったら、近くにノキアの本とハッカーの本があって、ちょっとそろい過ぎではないか! ノキアの本をパラパラと見たら、ノキアとフィンランドとのかかわりについて1章使ってあって、なぜフィンランドかということが細かく書いてありました。ふむふむ…。ハッカーの本も興味深かったけど読む時間がない! どちらも買わずに帰ってきました。

北欧とICFと英語(03/4/11)
■雨が降って寒い一日でした。明日も雨とか。でも、木々の新芽は日に日に大きくなって鮮やかな黄緑色です。庭の花や草たちも出揃いました。今夜、サーモンのハーブ蒸し焼きに使うローズマリーを庭で摘みました。小さな花がたくさん咲いていました。春本番ですね。でも、春一番はいつ吹いたのだろう…
■今週の通勤ドライブはABBAばかりきいていました。年度末年度始めと体も頭もいくつあっても足りないくらいの毎日、通勤ドライブだけが自分の時間です。今夜はアンヌ・ドゥールト・ミキルセンの『サイレント・タイム』をきいています。アンヌはデンマークのシンガー・ソング・ライターで、このアルバムはデンマークの」詩人ハルフダン・ラムスセンの詩に曲をつけて歌っています。デンマーク語なので詩はさっぱりわかりません。でも、このCDをききたくなることがあります。
■フィンランドに住む日本人からメールをもらったことがあります。1年前にスウェーデン在住の音楽療法士、大滝昌之先生と話をする機会がありました。先週はラムセバンドの演奏と先生方の話をききました。『それがぼくには楽しかったから』を読んでLinuxの“生い立ち”とフィンランドのことをどこかで結びつけてしまっています。
■昨年秋、スウェーデンに行った人から、スウェーデンでは延命治療はしないという話をききました。福祉は充実しているが延命治療はしない。尊厳死も北欧生まれの理念ではなかったか…。北欧といえば家具がよく知られているほか、携帯電話のNOKIA、自動車のSAABとVOLVOも北欧生まれですね。興味は尽きません。
■独立行政法人国立特殊教育総合研究所(以下、「NISE」)の研究報告書、『通級指導教室における早期からの教育相談』(課題番号:11610307 平成14年2月)を読んでいたら『障害をもつ子を産むということ-19人の体験』(中央法規出版 1999)が資料文献にありました。私にとってこの本は地元の書店で見つけたものの先に誰かに買われてしまったという曰くつきです。NISEの研究報告書の論文名は「保護者の『語り』から考える早期からの教育相談」で、NISEの聴覚・言語障害教育研究部の久保山茂樹・小林倫代両氏によるものです。この本も論文も胸打つ言葉にあふれています。
■飛躍しますが、あれこれ考えていつも行き着くところが障害学、「障害」とは何?いうことです。WHOのICF(Intrenational Classification of Functioning)の理念を私は支持します。理屈っぽくなりますが、「障害」ということについての捉えが曖昧だと障害児教育の理念もビジョンも一貫性を欠くことになってしまいます。理論とは地図のようなものだと思っています。迷ったとき、地図があると助かるのは言うまでもない。地図があるとビジョンも進むべき方向も確かなものとなります。ICFの日本語訳は厚生労働省のサイトのここで読むことができます。
■先週のラムセバンドのコンサートと音楽療法レクチャーで、スウェーデンでは小学校から英語教育が行われていると知りました。レクチャーも英語でした。英語でなくてもいいけど日本も外国語教育を小学校から始めるべきではないかと思う。外国語で自分を知って表現することは物事を客観的に捉えるスキルを獲得することだと考えます。自閉症スペクトラム障害の子たちが視覚シンボルによるコミュニケーションを学ぶことと通じるものがあると思うのだが…

ラムセバンドとLinux(03/4/5)
■ひょうご子どもと家庭福祉財団主催の「スウェーデンの知的な障害を持つ子どもたちのラムセバンドによるヴァイオリンコンサートと音楽療法レクチャー」に行って来ました。
■ヴァイオリンは自分で音をつくっていく楽器ですね。ラムセバンドのヴァイオリンの音は太くてやわらかくてあったかいのです。そして、アーティキュレーション、曲の歌わせ方というのか、これぞ音楽の醍醐味というツボを押さえた音楽性の高い演奏でした。これはただごとではない!としっかりきくと、ピアノがあやしい。テンポの取り方に絶妙な揺れがあるのだ。音はやわらかくて強弱は抑え気味です。とてもうまく音をコントロールしている。コンサート後のレクチャーで『きらきら星』を弾いたとき、左手がやはりあやしい動きをしている。そして、ブルースを弾いたら抜群に楽しい。スイングに心得があるのだとわかってあやしい魅力に納得しました。拍を意図的にくずして演奏する人やきく人の情動が音楽の流れから一瞬自分のものとして返されてくる場、空間、時間を作っている、というのかな? これはジャズだけでなくすべての音楽にいえることです。子どもたちの演奏にも懐の深さ、歴史の長さを感じました。音楽が自分たちの言葉になっているわけです。歌も入って楽しいコンサートでした。
■プログラムはスウェーデンの民謡やメンバーが好きな新しい曲、そして、ABBA(アバ)の曲がいくつか入っていて少し考えてしまいました。ABBAは私も好きでCDを買い直したくらいです。ABBAの曲はスウェーデンの伝統的な音楽や詩のエッセンスがたくさん含まれているのではないでしょうか。吟遊詩人かも知れません。コンサートの最後はABBAの『Thank you for the music』でした。
■会場は兵庫県淡路島の淡路夢舞台国際会議場でした。設計は安藤忠雄氏だとか。斬新といえば斬新だけど私にはとても心地よい空間でした。明石海峡大橋を初めて渡ったのは4年前、高松に出張に行ったときでした。見かけ上単に巨大な吊橋というだけですが、その大きさにを目の当たりにすると圧倒されてしまいます。高速舞子のバス停もなんと高いこと!おそらく 4〜5階分が1本になったエスカレーターもただ長いだけだけどそれだけでインパクトがあります。こんなものを造ろうという発想の源、哲学はどこからどんなふうに生まれてくるのだろうか。
■朝、車を地元の駅近くの駐車場に入れて気がついた。電車で読む本を持ってこなかったな…と車の中を見渡すと、少し前に買った本が袋に入ったまま置いてあったのでバッグに入れました。リーナス・トーバルズとデイビッド・ダイヤモンド著『それがぼくには楽しかったから』(小学館プロダクション 2001)です。リーナス・トーバルズといえばLinuxを開発したあのリーナスさんです。これは「全世界を巻き込んだリナックス革命の真実」とのこと。読んでみると「詩と真実」です。Linux開発の専門的なことから生い立ち、毎日の生活、人生の哲学まで、本人とジャーナリストの二人がいろんな角度から書いていて読み物としてもたまらなくおもしろい。さらに、フィンランドについての記述も興味深い。歴史から生活習慣、学校制度、国民性、、音楽、等々、どれもが知らなかったことばかりです。フィンランドは豊かな国だと思いました。ラムセバンドはおとなりのスウェーデンです。演奏とレクチャーから直に感じた北欧の印象はやはり豊かということでした。障害があってもなくても高いQOLがあるように感じました。レクチャーには何度も個人の「尊厳」という言葉が使われました。何の違和感もなく私の耳に入ってきました。また、『それがぼくには楽しかったから』を読むと、Linuxは、北欧、ヨーロッパで生まれるべくして生まれたのではないかと考えてしまいます。アメリカにはヴェンチャーという言葉が、ヨーロッパにはアヴァンギャルドという言葉がお似合いだと思うのだが…

“さくら横ちょう”(03/4/4)
■春の宵、桜は満開。夜桜を目の当たりにすると、歌曲『さくら横ちょう』(加藤周一作詩、中田喜直作曲)がきこえてきます。そして、梶井基次郎の『桜の樹の下には』の印象深い冒頭が頭を過ぎる。「桜の樹の下には屍体が埋まっている! これは信じていいことなんだよ。何故って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だった。しかしいま、やっとわかるときが来た。桜の樹の下には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ。」 平安時代、花といえば桜の花だった。桜の花へのなんと想い入れの深いことか。
■ポコ・ア・ポコ スプリングセッションが終わりました。最終日は19人の子どもたちの参加があって、私を含めて36人というポコ・ア・ポコ始まって以来の大勢のセッションとなりました。反響の大きさに驚いています。大勢だとそれなりの雰囲気があっていいものですが、ひとりひとりのお子さんとのていねいなやりとりは望めませんし、大勢の中では落ち着けないお子さんもいます。今後はグループ分けも考えていかなくてはなりません。昨年夏、ポコ・ア・ポコを始めたときはほんの数人の小ぢんまりとした集まりでした。“初心”を大事にしながらニーズにお応えしていきたいと思っています。

音楽も人生も単純じゃない!(03/4/1)
■ポコ・ア・ポコのセッションは日によって参加者が大きく変わります。ときにはひとりのこともあります。ミュージック・ケアの技法は加賀谷式集団音楽療法ですから基本的に人数に制限はありません。ある程度の人数があってできるプログラムもあります。だけど、少人数だから、ひとりだから可能になることもあります。子どもがよく見えること、ひとりひとりに応じたアプローチができることです。保護者の方ともきめ細かなやりとりが可能です。個人セッションとグループセッションの組み合わせ、さらに認知学習などのプログラムを組み合わせた発達支援が望まれます。千葉淑徳大学発達臨床研究センターは週に2回の認知学習と1回の音楽療法という組み合わせで発達支援の臨床研究をしています。こうした支援を選ぶことができる子どもたちは幸せだと思います。医療機関で診察を受けても実際の支援は学校や家庭に委ねられます。学校が果たすべき役割は専門的かつ総合的だと考えています。
■ドン・キャンベル著『アマデウスの魔法の音・集中力』(角川書店2002)のCDをきいています。日本音楽療法学会理事長日野原重明氏推薦で、「全米で200万部突破のベストセラー・シリーズ集大成 受験生、試験をひかえたビジネスマンへ 世界一簡単に、短期間で集中力がつくモーツァルト効果!!」と帯にあります。CDをきく時間があったら勉強する方がいいのでは?と思いながらも、長い目で見て“モーツァルト効果”はあると私は考えています。モーツァルトを知らないよりも知っている方が人生がちょっとおもしろいと思う。そうそう、このCDはモーツァルト効果の音楽として「身体と精神の健康改善を目的に『キー(調)』『テンポ』『周波数』等の音楽的要素に編集、処理加工を施したモーツァルトの音楽を指します。たとえば通常のレコーディングとは異なり、下記の生理機能に効果を生み出すために、高周波数と低周波数が強調されて録音されています。」とありますが、私には音楽的にあまりおもしろくない演奏です。シュテファン・ツヴァイクではないが“デーモンのささやき”もやっぱり欲しいと思うのです。音楽も人生もそんなに単純じゃない!

7000番!(03/3/30)
■7000番を自分で踏んでしまいました。いつも訪れてくださっているみなさん、ごめんなさいm(-_-)m
■春休みのポコ・ア・ポコ スプリングセッションの日程が決まったのは24日、出勤と出張が決まらないと研修の組みようがありません。私はポコ・ア・ポコ・モードで常連のみなさんに連絡をしたところ、「春休みはしないと思ってたからデイサービスを入れてしまった」と聞いてひたすら謝りました。仕事してポコ・ア・ポコのご案内をアップして、ふと気づけば午前4時、夜が明けると泊り勤務の長ーい一日が始まるという毎度のハードな学期末でした。
■ポコ・ア・ポコ スプリングセッションの最初の2日が終わりました。今回はミュージック・ケアのプログラムを中心に組み立てています。私自身が勉強させてもらっていることを実感しています。お子さんを参加させていただいているご家庭にはただただ感謝しています。このスプリングセッションを一区切りにして、来月から毎月1回のペースで土曜か日曜にポコ・ア・ポコをしていきたいと企画しています。
■今回からキーボードケースはKUSITANIのソフトケース、キーボードアンプはRolandのKC-60を使っています。キーボードケースはソフトケースというカテゴリーながらしっかりした素材と厚いパッキンで安心できます。ダンパーペダルやACアダプター、アンプとの接続コードも入って使い勝手はとてもいい。キーボードアンプもモノながら専用だから音に破綻がない。AUXにMDとCDをつないでこれも余裕ある40Wで文句なしです。でも、車が重い(>_<)
■ちょっと前にサラ・ブライトマンのベストCDを作りました。VAIOのHDDにも録音しました。質の高い音楽はきく人のQOLを高めてくれるものです。質の高さとは、密度、文脈の多さだ。
■昨日は久しぶりにパソコンショップでパーツ探しをしました。DELLのDimensionにHDDの増設をしようというわけです。 FINAL FANTASY XI に必要なHDDのスペースはなんと5G! プログラムに使うのかスワップに使うのかよくわからないけどとんでもない容量だ。PentiumV500MHzで果たしてプレイできるのだろうか…。HDDはスピードとお手頃な値段ということでMaxterの7,200rpmの30Gを購入。シークタイムは5,400rpmと比べて20%ほど速い。流体軸受で薄型、振動も音もほとんどない。FINAL FANTASY XI Windows は某店で8,580円、また或る某店で5,280円でした。ほとんど1.5倍もちがうではないか! もちろん安い店で購入です。ところがである。FFXIはインストールさえできない。FFXIが要求するDirextX8.1の環境にはグラフィックボードがネックとなっているのだ。もしかしたらサウンドボードも! DimensionにAGPスロットがあったかな? この先どうしようかなぁ…

ランチボックス・セラピー(03/3/22)
■今週もまたハードだった。いろいろあり過ぎて懸案となっていることが片付かないどころかむしろ増えている。昨日は長時間家を空けられないこともあって気分転換に車を洗いました。MPVを洗ってコーティングするのは10か月ぶり! タールなどを極細の液体コンパウンドでていねいに落としてフッ素系コーティング剤で仕上げです。そうして身体と手先を動かしていると頭も活性化したようにインスピレーションがあるものだ。タイヤもスタッドレスからラジアルに換えてすっかり夏バージョンです。走りも軽くなりました。
■先週末にユーミンがフィンランドを訪ねるテレビ番組でジャン・ミシェル・ジャールのなつかしい音楽をききました。少し前にもやはりテレビできいています。今頃どうしてジャン・ミシェル・ジャールだろうとインターネットで調べると、ワールドカップの音楽を担当していたり、小室哲也と競演していたりと話題になっているようです。私は彼のレコードを持っています。1978年発売ですから25年も前のものです。アナログ・シンセサイザーの演奏で、たくさんのエイリアンが双眼鏡でこちらを見ているようなイラストのジャケットの『Equinoxe』です。Amazonでアメリカからの輸入盤のCDを見つけて試聴したところ間違いなかったので注文しました。ジャン・ミシェル・ジャールもまた私にとってコンテンポラリー・ミュージック(同じ今を生きる音楽)です。
■auのA5301Tのなんと便利なこと! 名刺を接写しても細かな文字まできちんと判読できる。ペンより写真というわけで、とにかく気になるものはみんな写真に撮る。SDカードにデータを移せるのでメモリ容量は実用上気にしなくていい。画像の拡張子が.jpgなのでパソコンでもすぐ使える。CCDが31万画素のため解像度がいまひとつなのも往年の名レンズの趣きがあってそれなりに作品が作れる。コラージュしたらきっとおもしろい。使い始めて2〜3日はバッテリーが意外に早くなくなるように思いましたが今は2日は持つようになって落ち着いてきました。
■久しぶりに書店に行ったら4月のスタートに合わせてお弁当特集の雑誌がずらり! 見ていると作りたくなります。カフェ弁当はお洒落だ。パラパラと見ていて他の料理とちがう何かに気づきました。弁当箱という小さな空間に完結する世界は心理療法と通じるものがあるのではないか。そう、箱庭療法ですね。弁当箱というはっきりした空間に思うままを完結することによって自己をまとめる体験をするわけです。色、味、香り、そして、その日の弁当につながる前後の物語に任せて作るのは心理療法そのものだと思う。弁当作り療法なんてあってもおかしくない。Lunchbox Therapy(ランチボックス・セラピー)と英語でネーミングするとそれらしく聞こえる。料理は私にとって大事な気持ちの切り替えです。Cooking Therapyがあってもいい。弁当なら一目で全体が把握できるし、物語性も構築しやすいし、終わりを自分で決めやすいことなど、心理療法として使いやすいと考えます。おにぎりもそうです。「おかあさんといっしょ」の『あ・い・う・え・おにぎり』はランチボックス・セラピーの音楽体験といっていいでしょうか。こんなことをあれこれ考えているとますます料理が楽しくなります。
■新沢としひこの『はじめの一歩』がこの頃気になる歌です。ピアノの弾き語りにはまってしまいました。C9thで始まるピアノが歌にほどよい彩を添えて歌っていてとても気持ちがいい。

海を感じるとき(03/3/15)
■今週もハードだった。睡眠不足が続くとかえって眠れなくなります。眠るのがこわくなってくるように思う。
■片道40分の通勤ドライブが自分の時間。この頃ハード・ロックをガンガン鳴らして走っています。ボーカルなしの超絶技巧ギタリストのロック。不思議と頭が冴える。そういいながら、今はジョン・ルイスのバッハをきいています。『プレリュードとフーガ 平均率第1巻より』で、録音は1984年だから20年近くも前のことになる。ジョン・ルイスのピアノにヴァイオリン、ヴィオラ、ギター、そしてベースという組み合わせです。どこまでも控えめでありながら大胆。私が好きなバッハは3つあります。グールドのバッハ、ジョン・ルイスのバッハ、そしてマルタ・アルヘリッチのバッハです。そのどれもが伝統的な演奏ではありません。コンテンポラリー(同時代)を実感するバッハです。
■今日の出張はインターネットのテレビ電話で交流学習をするためのコンピュータの設定でした。双方がLANを組んでいることもあって、また、どこかでセキュリティ・システムがガードしているらしくてうまくつながりませんでしたが、近いうちに実現したい交流学習のスタイルのひとつです。
■先方のLANのサーバのOSはRed Hat Linuxでした。Windows全盛に見えるコンピュータ界ですが、肝心なところでUNIX系が支えていますね。Linuxのサーバはほとんどメンテナンス・フリーとのことです。MacOSもLinuxベースになりました。携帯電話のOSは日本生まれのTRONとのこと。カーナビもTRONではないでしょうか。ビル・ゲイツがアメリカ政府に働きかけてTRONを封じたという噂もあるくらいの優れもののようです。PDAはPalm OSが主流になってきました。ソニーがPDAに参入するときどうしてPalm OSかと思いましたが、HandSpringのViserを使ってそのスムーズな使い勝手に満足しています。
■携帯を替えました。auのA5301Tです。東芝の携帯は初めてですがその上質な出来に満足です。何かにつけて反応が速い。デザインと操作感も人の感じ方をよく研究した成果だと思う。色使いも洗練されています。私のはソリッド・ネイビーという色で、ブルーだけでも4種類、そしてブラックとシルバーとの6色のコンビネーションで、そのバランスがとてもいい。音も耳にやさしい。これまで使っていた携帯のストレスは何だったのか! A5301Tはすでに生産を終わっています。だから安かったのですが、このソリッド・シルバーも在庫がある店を探しました。でも、どうしてA5301Tかというと、カメラが31万画素でパソコンでも実用に耐えることとSDカードが使えるからです。SDカードでデータのバックアップとパソコンとのデータのやりとりがスムーズにできます。データ通信も速い! 第三世代の携帯はauのひとり勝ちがしばらく続くでしょうね。
■ブルーといえば、夜、カーナビのモニタに海を示すブルーが映るのを見るときのあの感覚は何なのでしょう。いつかしないと後悔すると思っていることのひとつがサーフィンです。トライアスロンでも一番苦手なスイムが一番おもしろい。海は怖い。だけど海と一体感を感じるときの時間も空間も超えたあの感覚は何なのだろうか…。音楽療法のセッションで私が着る服もブルーです。

嬰ヘ長調という調性(03/3/8)
■今週はハードだった。睡眠時間が3〜4時間の日が続いて、花粉症もあって、もう最悪だ。頭がもやもやとしている。体重はまた最低レベルになってしまった。いろいろあっておもしろいのだが…
■来週月曜日に勤務先の養護学校の卒業式があります。今年度の小学部の歌は『ビリーブ』です。他に私は卒業生入場にZoneの『シークレット・ベース』をピアノで弾くことになりました。そして、『シークレット・ベース』の譜面を見たとき、思い出したことがありました。
■『シークレット・ベース』は#が6つもある嬰へ長調という調性です。ほとんどが黒鍵です。黒鍵はオクターヴに5つしかありません。なのに#が6つということは、白鍵も1つ、わざわざ半音上げているわけです。(E→F) 弾きにくそうですが、すべての曲をこの調で弾いてしまう友人がいます。彼は建築家で音楽は独学です。たいてい楽譜を読むのではなく、耳できいた音楽を即興でアレンジして弾いてしまうのです。「どうしてこんな調で弾くのか?」ときいたところ、「ほとんど黒鍵を弾くのでまちがえにくい、弾きやすい」というのです。彼は7th(セブンス)の音を多用するジャズ風の即興です。黒鍵だけのスケール(音階)はペンタトニックだから迷ったら黒鍵を弾くだけでそれなりにきこえるのは、だから、当然か! なるほど、と思う。黒鍵を多用する音楽は独特の輝きがあります。彼のピアノにも魅了されてしまいます。
■今回、『シークレット・ベース』の譜面を見て久しく会ってない友人のちょっとおもしろいピアノの弾き方を思い出して、そうそう、これはすてきな調性なんだと自分も彼風に弾きたくなったけど、いささか時間がなさ過ぎて、弾き慣れた半音低いへ長調で弾くことにしました。6つの#を無視してコードを半音下げるだけで楽譜はそのまま使えます。基本となるコードはFとB♭、C、Dmの4つだけで、卒業生の着席できっちり終わらせるにはそのシンプルな構成が扱いやすい。メロディーは八分音符の均等割りで弾きます。なんといってもセレモニーですからね!
■そうそう、その建築家ピアニストの指は猫の指からほど遠い、棒のように伸ばして弾く指です。だけど音のコントロールは抜群です。私にはマネのできない不思議な弾き方です。
■先週、楽譜を探していてトラや帽子店の『はじめのいっぽ』という歌の楽譜が目に止まりました。おだやかなメロディーとすてきな歌詞、いつか子どもたちと歌いたい歌です。
■春一番はまだなのだろうか…

ドリームストーン(03/3/1)
■水曜日の夕方、近くのガソリンスタンドで給油中に車から降りると道行く人や車が目に入りました。いつもの見慣れているシーンなのに、どういうわけかすべてが美しく見えました。コートの襟を立てて急ぐ人、自転車に乗って遠ざかる人、赤信号で停まる車、みんなみんな、それぞれに行くべきところがあるのだ。こんな日常、いつも繰り返されていることなのに、どうしてそんなにも美しく見えたのだろう…
■伊勢の近鉄宇治山田駅前の明倫商店街に行きました。そこは映画『千と千尋の神隠し』の飲食街みたいなとてもレトロな空間です。物心がつく前から明倫商店街にはよく連れて行ってもらいました。初めて迷子になったもの明倫商店街です。なじみの店もいくつかって、でも、閉店してしまってそういくつも残ってないのですが、声をかけてもらうとうれしいものです。八百屋の宮下でイタリア産のエクストラ・バージンのオリーブオイルを格安で見つけました。“DEL PAPA”というブランドでなんと1リットル460円! 暖房などない冷える店先です。成分が分離していました。ずっとずっと、ずーっと野菜や果物たちといっしょに並んでいたのでしょうね。今、家のキッチンのカウンターで分離もなくなってすっくと立っている四角い壜は頼もしいオリーブオイルのあの色で佇んでいます。イタリアからは長旅です。こうして極東の国の片田舎のキッチンでキャップを開けられることになるとはイタリアのオリーブ畑の育ての親も思いもよらないことでしょう。でも、ここでイタリア産のトマトと出会うことになります。なんだかドラマを感じますね!
■FAX付の電話機を買いました。三重ミュージック・ケア研究会を始めた途端に必要となってきました。そうか、EmailじゃなくてFAXなんだ! インターネットを使ってなくてもFAXならコンビニからでも送れる。ハードコピーが残る。楽譜も送れる。そういえばテレビのCMで坂本龍一がFAXで楽譜を送っていたなぁ…
■電気炊飯器も買い替えました。IHとはなんだ! 炊飯のボタンを押すとファンが回ってまるでコンピュータみたいな音がします。ほんとに炊飯器なのか? 仕組みはよくわからないけどとにかくご飯が炊ける。美味しい! お米の形がはっきりしていて中までしっかり味わえる。
■ジョー・サトリアーニのアルバム『THE EXTREMIST』をセコハンショップで見つけました。1992年だから10年も前のもの。でもきき応えは十分。さっそくVAIOのHDDに録音してききながらキーを叩いています。アップテンポのテンションが高い曲ほど好きだ。彼はその頃からアイバニーズのギターを使っているようです。頑強な芯のある音がいい。彼のシグネチャーの最新モデルJS200はシャンパンゴールドで、1つ前のJS1000の深いブルーのモデルの方が気に入っているのですが暗いステージではシャンパン・ゴールドがライトに映えるだろうな…。でも、音楽療法のセッションにはちょっと使えない。音楽療法にはストラトキャスターがいいと思う。あの音はあの形からしか生まれ得ないのだろうね。とても懐かしい音です。
■“十六茶”のペットボトルに付いてくるドリームストーンにはまっています。今日のドリームストーンは当たりでした。深いブルーに花崗岩のような無彩色の結晶が入っていてすごくきれいだ。ドリームストーン…夢を信じよう。

三重ミュージック・ケア研究会(03/2/23)
■音楽療法の研究会、三重ミュージック・ケア研究会を立ち上げることになりました。いろんないきさつから私が代表となってしまってあたふたとしています。
■音楽療法の技法はいくつかありますが、ミュージック・ケアの技法は何といっても教育的です。技法習得のメソッドも見通しがはっきりしているように思っています。私はノードフ・ロビンズ創造的音楽療法も心理療法的アプローチとしてたいへん有効だと思っています。いろんな技法を正しく習得することが音楽療法士にとってとても大切なことです。ミュージック・ケアの技法はこれまで三重県で研修する基盤はありませんでした。三重ミュージック・ケア研究会はその役割を担ってミュージック・ケアの技法と理論を正しく伝えることを使命としていきたいと考えていま。
■今日、三重県厚生事業団いなば園主催の第2回音楽療法セミナーがあり、日本ミュージック・ケア協会会長の宮本啓子先生のセッションと講演がありました。参加者は200人を超えて、音楽療法のニーズの高まりを目の当たりにした思いでした。宮本啓子先生のセッションは、うーん、すごい!と、ただただ、感じ入るばかりでした。松浦千賀先生のピアノと歌、そして新聞紙を使ったプログラムもすばらしいものでした。
■その場で三重ミュージック・ケア研究会へのお誘いの話をさせていただいたところ、45人のみなさんから返事をいただきました。予想をはるかに超える反響です。できるだけ早く日本ミュージック・ケア協会の総合研修を三重県で開き、正しいメソッド習得のための研修を行わなければなりません。また、お互いの技法の確かめと深め合いのための研究会の場を毎月もてるように、ポコ・ア・ポコの日曜日開催も計画していきたいと考えています。
三重ミュージック・ケア研究会のホームページはこちらです。コンテンツはこれからですけどね…m(-_-)m
■今回、三重ミュージック・ケア研究会のホームページはgeocities.co.jpの無料サービスを利用しました。ディレクトリはHertLandの大通りです。1つだけ“空き家”がありました。URLがシンプルになってうれしい!

連続するADHDとLDとHFA(03/2/20)
■昨夜は鮭チャーハンを作ってみました。鮭は予め焼いてほぐしておきます。みじん切りのタマネギを油で炒めてネギも軽く炒めます。卵を割って入れてすぐご飯を入れます。あとはよく炒めて鮭と鶏がらスープを入れ、水気がなくなったらできあがり! これがおいしい!
■私はネギをよく使います。ラ・ベットラ・ダ・オチアイ(東京銀座3丁目)でトマトソースのパスタにチャイブが入っていて、その香りと彩りがトマトソースをきりりと引き締めていました。チャイブは庭に植えたもののなかなか殖えないのでネギを使っています。ネギはチャイブに比べてより味わい深さがあるように思います。
■今日、TEACCHの研究で知られている佐々木正美先生の講演を聴きました。演題は「自閉症/広汎性発達障害とバリアフリー〜視覚的構造化と意味のあるコミュニケーション〜」です。レジュメのテーマは「注意欠陥多動性障害ADHD、学習障害LD、高機能自閉症HFA」とありました。演題と異なる内容かと思っていましたが、佐々木先生の冒頭の言葉でその意味がわかりました。ADHDもLDもHFAも連続体だというのです。私が個人的に子育ての相談を受けているケースも、診断がADHDでも自閉症でも親が困っていることの中身は共通するところがあるのです。(ちがいはもちろんあります。)ADHDもLDも自閉症も、脳内の情報伝達の不具合が関係しているらしく、症状に共通点があることは想像できます。診断は大事です。でも、診断名が出たからといってその子どもが必要としている支援の具体的な内容がマニュアル通りすぐ決まるわけではない。その子の文脈を読んだ上で個別の支援の内容が決まってくる。もちろん、保護者といっしょに考えて合意していくことだ。今、親が何を困っているか、将来こうあってほしいという願いをきちんと理解して支援の内容が決まってくるのです。
■それにしても、自閉症スペクトラム障害の人たちへの理解の何と進んでないことか。他人のものの感じ方を理解することは難しい。自閉症スペクトラム障害の人たちのものの感じ方は尚更だ。でも、それを理解できなくては何事も進まない。(今日はこれくらいにしておきます)

QOL(03/2/14)
■自宅で使っているオーディオシステムはソニーのPixy初代モデルで、もう15年も前のもの。CDのトレースがこの頃ミスるけど音のやわらかさがなんともいえないくらいホッとする。
■大学生の頃、京都の名曲喫茶によく行ったものだ。“リチェルカーレ”という喫茶店はとりわけ思い出深い。タンノイのスピーカから流れるのはモーツァルトまで。ベレー帽をかぶった年配のマスターは当時70歳くらい。私が大学を卒業して1年後に行ったら“リチェルカーレ”はもうなくなっていた。3年くらいで店を閉じたことになる。とても残念に思った。ATACカンファレンス京都2002に行ったとき泊まったホテルの近くに名曲喫茶“シンフォニー”があったはずだがなくなっていた。ショパンの“フランソワーズ”は今もあるのだろうか。東郷青児の原画があるあの店、名前は思い出せないのだが、あの店は残っているのだろうか。
■私が大学に入った70年代末、学生運動はすでに終わっていた。高野悦子さんがよく行った“しあんくれーる”にも行ったが普通の喫茶店だった。樺美智子さんが日米安保条約改定に反対して国会前でデモに参加して亡くなったのは1960年。『人知れず微笑まん』をむさぼるように読んだのも、時すでに20年近く過ぎた頃だった。ビートルズも“終わって”いた。私があこがれた大学生活はそこにはなかった。5月病になった。だけど、そのことで実感したハングリー・スピリッツは片時も忘れたことがない。これからも私のモチベーションを支えてくれるのはそのハングリー・スピリッツだと思う。
■『ビリーブ』のアレンジ&打ち込みの仕事が入った。『ビリーブ』はいつか打ち込みをしたいと思っていた曲です。納期は来週早々なので打ち込みには実質1日しかない。でも、ある程度のイメージはあるのでそれなりのクオリティは確保できる。XGシステムが頼りです。
■勤務先の養護学校で医療的ケアがニーズの子どもたちが増えています。来年度は小学部の3分の1の子どもたちが医療的ケアをニーズとしています。障害のあるなしに関わらず、QOL(Quality Of Life)ということを考えてしまうこの頃です。

インフルエンザ(03/2/10)
■不覚にもインフルエンザにかかってしまいました。10年ぶりだ。しかも病院が一斉に休診の木曜日の午後から発熱という最悪のパターンで、翌朝、病院で検温したら39.9℃だった。検査するまでもなくインフルエンザとの診断で、シンメトレルなどの薬を処方してもらいました。このシンメトレルは40年以上も前に作られたパーキンソン病の薬で、A型のインフルエンザに効くとのこと。ドクターの言う通り、48時間後の日曜日の朝には平熱に下がっていました。しかし、菌の放出は翌日まで残るとのことで今日まで仕事は休みとなりました。熱がこれだけ高いとずいぶんしんどくなるかも知れないと思いましたが、頭痛の他はこれという目立ったこともなく、むしろ、ふだんよりも旺盛な食欲に驚いたくらいです。体温を上げてウィルスをやっつけようとするにはそれだけエネルギーが必要なのでしょう。
■やはり10年と少し前に水疱瘡にかかったときは、大人なので治るまで2週間かかると言われて、病院の帰りに本を10冊ばかり買い込んで読書三昧をしました。そのときは2日に3冊というペースで読んだ。何のために仕事を休んだのかわからない。今回もただインフルエンザにやられっぱなしになるものかと意気込んではみたものの、そうそう好きなことができたわけではありませんでした。いくつか懸案となっていることがあって落ち着かない毎日でした。
■そうはいっても息抜きは必要で、買ってからまだ1回も通してみたことがなかった映画『アマデウス』のDVDをやっと最後まで続けてみることができました。私にとってのモーツァルトとの出会いはピアノ協奏曲第20番二短調でした。高校1年のとき、ピアノはアンネ・ローゼ・シュミットでした。『アマデウス』はこのニ短調のピアノ協奏曲で終わっています。なんとなつかしい! 宮崎駿の映画『耳をすませば』もみました。野見祐二の音楽に久しぶりにひたる。本も再読ものでした。司馬理英子『のび太・ジャイアン症候群』シリーズ(主婦の友社)の2と3で、障害を連続したものとしてとらえて、子どもを分析しながらも全人格的にとらえるみ方に大いに励まされた次第です。支援はきめ細かく、かかわりは子どものすべてを受け容れて!
■梅のつぼみがほころび始めましたね。今日は風もないけど日差しもあまりなくて、でも、そんなに寒くもない。冬枯れの木々たちが明るい灰色の空に枝を伸ばしています。その枝はかすかに動く気配もない。春一番も待ち遠しいけど、春一番が近いことを感じながらもこうしてひたすら静かなひとときを過ごすのもまたいいものです。こんな時ききたくなるのはグールドのバッハです。『リトル・バッハ・ブック』をきいています。

松阪シティ・マラソン(03/2/2)
■2年ぶりにレースに出ました。マラソンです。今日、地元の松阪シティ・マラソンで10キロ走ってきました。松阪シティ・マラソンは第1回に出て以来なので今回の第5回が2回目です。リハビリのつもりなので制限時間70分いっぱいかかるくらいでと思っていましたが、出だしがちょっと速くてキロ6分のイーブン・ペースで走ってしまい、自分の時計で1時間0分26秒でした。このくらいのゆっくりペースで走ると体の状態がよくわかります。右足首と左脚の付け根あたりの関節に違和感があって、走り終わったら両膝下が腫れているのがわかりました。久しぶりのレースでアイシングの用意を忘れていたので冷えたミネラルウォーターのペットボトルを押し付けてアイシングをしました。いちばん感じたことは筋力がかなり落ちていることです。昨年は背筋が弱くなって椎間板ヘルニアの症状が出たし、今日は大腿四頭筋が弱っていて膝下が腫れた。そういえばこの頃ウエイト・トレーニングをしていない…!
■ゲストに有森有子さんが来ていました。アップの体操をリードする有森さんの身のこなしのなんときれいなことか! また、中学生がまともに体操をしないのをきっちり指摘するときのはっきりした言葉がけのトーンにも“一流”の人を感じました。ストレッチを一通り済ませてから「あとは自分が気持ちいいと感じる体操をしてください」と言う言葉にもうなずけました。
■家に帰って、急に思い立って「おかあさんといっしょ」のマイ・ベスト・アルバムを作りました。この頃、クラシックをきいていたかと思うと突然ロックをヘッドホンでガンガンきくし、自分でもこれはかなりアヤシイと思っている。今日は「おかあさんといっしょ」だ。
■マイ・ベストは、「オープニングテーマ」(現行)*「にじのむこうに」*「あ・い・う・え・おにぎり」*「公園に行きましょう」*「てをたたこ」*「シアワセ」*「アイアイ」*「5匹の子豚とチャールストン」(神崎ゆうこ)*「モウモウフラダンス」*「ブレーメンのおんがくたい」*「おかあさんといっしょのトルコ行進曲」*「おーい」*「すてきなことば」*「ハオハオ」*「いちごはいちご」*「にじのいろとおほしさま」*「夢のなか」*「ちいさなおふね」*「星ひとつ」(神崎ゆうこ)*「うたうクジラ」*「ないてたらね」*「ふゆのプレゼント」の22曲で、タイトルは「ふゆのプレゼント」かな… こうして選曲して曲順を決めるのはむずかしい! とりあえず好きな歌をセレクトして43分余り、通勤ドライブでCDをあれこれ入れ換えることもしばらくないでしょう。
■またくどい話になるが、どうして「おかあさんといっしょ」かというと、なんといってもおもしろいからです。きき応えがある。いろんな音楽の原形のエッセンスがきちんと生きている。仕事で必要なこともあるのですが… 「おかあさんといっしょ」の歌は音楽的にも高度な技法で作られているので単純に幼児向けとするにはもったいない魅力があると思っています。「おかあさんといっしょ」の音楽について学術論文が書けますね。また、シンセの打ち込みをしていてもすごくおもしろい。そうそう、「おかあさんといっしょ」のシンセの打ち込みでいちばん困るのはギターです。あのファジーな奏法を機械的に再現するのは至難の業だ。
■刺身を切るのに包丁を砥ぎました。砥石で砥いでいます。これがなぜかおもしろい。ただ砥ぐだけに見えるが奥が深い。夢中になってしまう。刃先を砥石に当てる角度や力の入れ方が微妙にちがって砥ぐたびに切れ味がちがう。うまく砥げたときは包丁が野菜や肉にすいつくように入るが力は要らない。もちろん料理をしていても気持ちがいい。そうして料理をしていると一日の疲れもどこかに行ってしまうのだ。この頃、テーブルのアレンジにも興味が出てきています。そして写真に撮る!のが夢かな…
■昨日は新聞の切り抜きに半日使ってしまいました。英国ブレア外交についてなど、興味深い記事がたくさんありました。

「揺れ動く心はもっと美しい」(03/1/30)
■この寒波で水曜日の朝は一面の雪化粧でした。D30のバッテリーをフル充電して出勤。でも、写真を撮る時間がなくて残念!
■モーツァルトの音楽を「疾走する悲しみ」といったのは誰だったのだろう。そんなドグマの引力に抗しながらきくモーツァルト….。小澤征爾が振るモーツァルトは確固たる構造をもちながらもはかないくらい美しい。高校〜大学と、モーツァルトばかりきいたときがありました。この日曜日の朝、小澤征爾が指揮するモーツァルトをテレビできいてモーツァルトは私にとって音楽の原点だと思い返した次第。
■「モーツァルトは歩き方の達人であった。」と書いたのは小林秀雄だ。高校の実力テスト、国語のテストの問題文がこの一文で始まっていて私の眼はそこに釘付けになってしまいました。こんなふうにモーツァルトを書けるのか! 衝撃的な一文でした。歩くことの理想は歩いていることを意識しない歩き方だ。そんな歩き方でモーツァルトは音楽を綴ったという比喩が瞬時に腑に落ちるものを私はモーツァルトの音楽に感じていたということになります。
■池辺晋一郎の『モーツァルトの音符たち』(音楽之友社2002)はモーツァルトの音楽の魅力の仕組みをわかりやすく説明してあっておもしろい本です。モーツァルトはやりたい放題やったんだなぁと思う。なんというアイデアマンだ。
■小澤征爾の音楽作りでうまい!と感じたのは、彼が描いている音楽のイメージをオーケストラのメンバーに伝えるときの言葉だ。こんな感じ、ということを喩えるうまさだ。ただ、文学的なウェットな表現ではない。奏法に直結する比喩である。もちろん、指揮そのものがすばらしいのは言うまでもないのだが、言葉でイメージを共有することは音楽でも大事だ。
■こんなことを思うとき、ふと取り出す本があります。井上直幸の『ピアノ奏法〜音楽を表現する喜び』(春秋社1998)です。ピアノだけでなく音楽における表現のエッセンスをバランスよく説いています。奏法や解釈だけでなく音楽の感じ方についても書いているところがいい。どんなにうまい演奏でも音楽の感じ方がしっくりこなければきけたものではない。演奏家の感じ方がしっかり伝わらない演奏はそもそも音楽とはいえない。
■音楽を療法的に使うときも同じで、特定の曲をただ使えばいいというものではない。クライエントとセラピストとの双方の文脈がからみ合って望む新しい文脈をつくり出す音楽活動にするためには音楽を相互的に意図的に使うことが必要であり、それは演奏家として成功することとはちがう要素が必要なのだ。しかし、真に優れた演奏には優れた療法的な作用もあることもたしかである。
■モーツァルトは好きだ。でも、私はロックもジャズもきく。クラシック音楽は基本的に平均率とドミナント・エンジンの音楽です。それもいいがもっとちがうモードの魅力も同じくらい感じる。
■ジミー(幾米)の『君のいる場所』(小学館2001)の冒頭にこんな詩があります。「二人は信じる/求める気持ちが出会わせたのだ/信じあう心は美しい/でも揺れ動く心はもっと美しい」(ヴィスワヴァ・シンボルスカ「恋」より) そう、「揺れ動く心はもっと美しい」…コンテンポラリーということ、同時代、今、この一瞬をいっしょに生きているということの重みは何ものにも換え難いものなのだ。小澤征爾が振るモーツァルトもロックもこの意味で私には同じだけ大事なのだ。
■ロックといえばモントルー・ジャズ・フェスティバル2002のジョー・ストリアーニの『Mind Storm』にぞっこん! テンションは高いがとてもクールで知的だ。昨年のモントルー・ジャズ・フェスティバルではフラメンコとボサノバのエッセンスが効いたジョアン・ボスコと、ゲイリー・バートンと小曽根真との息詰まるようなセッションがききものでした。

うーん、と唸るあれこれ(03/1/25)
■この頃、仕事でEOS D30を使っています。画像は情報たっぷりなデータでうーんと唸ってしまいます。そしてボケがすごくきれいだ。レンズは今のところEF50mmF1.4とEF20〜35mmF3.5〜4.5を使っています。当然ながら単焦点の方がきれいです。といっても、いちばん気になるのはブレです。カメラブレも被写体ブレもあります。室内でノーストロボで撮るからシャッタースピードは1/60〜1/15だ。手持ちだからブレない方がおかしい。パソコンのモニタでピクセル等倍で見ると、あー、なんだこれは(>_<)というブレ! 銀塩でもブレていたはずだがそんな見方をしないから少々ブレていても気にならなかっただけかも… ISは広角〜中望遠の単焦点や超広角にも搭載するべきだと思います。仕事では大判に伸ばすこともないのでブレにそう気をつかうこともないのですが、ISOを抑えながらもできるだけ速いシャッターを使いたい。ボケもきれいだから。となると明るい広角単焦点レンズがいい。D30は300万画素ということもあって解像感はいまひとつですが情報たっぷりなデータだからこそ「作品」を創ることができるし、ほどほどのデータ・サイズなので取り回しもストレスがありません。コダクローム・ライクな画像はメモカメラとしてもおもしろい! というわけで最新型が買えない私はD30を使い続けています。とにかくお金がかからないしね! 一眼レフ故の操作感もマニアックでいい!
■マニアックといえばグランド・ピアノもそうだ。デジタル・ピアノもハンマーアクションならとても弾きやすい。よく調整されたグランド・ピアノが弾きにくいと感じることがあります。だけど、それはグランド・ピアノの表現のキャパシティーを活かしきれない指になってしまっているだけだ。そんな時、グランド・ピアノで基礎練習をすると指から腕の神経やら筋肉がピシピシと音を立てて頭カーッと熱くなって覚醒水準がパッと上がる感じになる。デジピを弾いても断然ちがう! 音の立ち上がりや強弱のバラつきが格段に減っているしリズムも正確だ。和音の各音のバランスもとりやすい。ここ2日、仕事でグランド・ピアノを弾くことがあってまたまたうーんと唸ってしまった次第!
■アンドリュー・ロイド・ウェッバーの『CATS』のビデオを久しぶりにみました。ロンドン・オリジナル・キャスト版で、私はニューヨーク版の方が好みなのですが、ロンドン版は『CATS』の“原形”がきけるところがいい。アメリカのアートは原形+αの部分、付加価値の付け方がうまい。ときにそれは商業的になり過ぎるが素材が輝きを増すことは事実だ。それはそれとして、アンドリュー・ロイド・ウェッバーの音楽はやっぱりすごい! 音楽が物語っている。彼の「モード」があるのだ。彼の語り口調がある。だが、彼ののイマジネーションをかきたてたのはエリオットの詩だ。うーん、こんなところにイギリスの時間の流れの長さを感じてしまいます。
■メガネを作りました。10年くらい前のデザインの大きなレンズのセル・フレームです。レンズが大きいと視野が広いので楽です。デザインの古さはかえって新鮮です。色は茶系。やっぱりこれだな…うーん!

音楽もワインも原形に注目したい(03/1/19)
■日付が替わってしまった。今日というか昨日、日曜日は夜9時に帰って音楽療法の研修会のレポートを2本書きました。私のレポートはどうしても私見が入ってしまいます。大学に入学して早々のレポートに私見を書いたところ、評価は「下々々」で「君の意見を求めたのではない」とのコメントがあって、自分の大学に幻滅した苦い経験があります。だけど単位は必要だからその後は教授お気に入りのレポートを機械的に書きましたが、どうして私見を入れてはいけないのか未だに理解できません。今回、このレポートで合格するのだろうか…
■この頃寒いのか暖かいのかよくわからない毎日ですね。朝の冷え込みは相当なものだけど日中は頭がボーっとするくらい暖かい。雪はちらつくけど積もらない。小さな頃、冬はもっともっと寒かったように思う。川に1cmくらいの氷が張ったものです。伊勢道玉城インター近くの松下電工の工場はまるでビオトープで、薄氷が張った水辺は清冽そのもの。写真に撮りたいスポットのひとつです。
■金曜日にNHK−ETVで「地球時間・ジャズU」を見ました。ジョン・コルトレーン〜マイルス・デイビス〜ウイントン・マルサリスの変遷を追ったもので、あらためてウイントン・マルサリスの存在の大きさを感じました。
■先週はNHKの「おかあさんといっしょ」の『うたうクジラ』ばかりきいていました。ボサノバのギターはガット弦です。そう、音楽療法のセッションで使うアコギはガット・ギターがいいと思う。
■昨日今日と車できいていたのはドクター・Kの『Feed Back』です。ベンチャーズ・フリークたちのライブ盤で、名実ともに競演だから気合いも十分、アップ・テンポの最高のテンションでエレキを弾きまくる! 癒し系とは対照的な音楽作りです。私は好きです。先週きいたモツレクも同じです。テンションのコントロールが音楽療法のキーワードのひとつです。そうそう、私がどうしてロックをきいてしまうのかというと、たぶん、それはいろんなモードの引力故です。平均率と「ドミナント・エンジン」にどっぷりつかっていると違うモードがほしくなるのでしょう。きっと明日もききます。そういいながら今夜はラフマニノフのピアノ協奏曲第2番をきいています。ピアノはアシュケナージ、オケはハイティンク指揮のアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団です。
■WHOのサイトのICFに日本語版がなくて困った! “ 障害”をどうとらえるかという支援の原理にまたこだわっています。そして、「相互障害状況の克服」という考え方に共感しています。
■ワインを飲みながらキーを叩いています。酸化防止剤無添加の赤ワインです。美味いぞ! これこそワインの原形だと思う。

モーツァルトのレクイエム(03/1/13)
■みえ県民文化祭オーケストラの祭典でモーツァルトのレクイエムをききました。オーケストラは伊勢管弦楽団、合唱は“うたおに”と“ヴォーカルアンサンブル《EST》”そして“epoca”です。
■よかった。ほんとによかった。至高の体験といっていい。
■レクイエムは伊勢管弦楽団の音楽監督兼常任指揮者の大谷正人さんが指揮をしました。私もかつて伊勢管弦楽団のメンバーでしたが、弦だったので自分の団の本番をきくという機会はありませんでした。入団前の第1回演奏会(1981)をきいているだけで今日は2回目でした。観客としてきくと大谷正人さんの音楽の魅力をただただ堪能することができます。音楽療法の活動を始めたので伊勢管弦楽団の団員としての活動はできませんが、大谷正人さんの音楽はずっときいていきたいと思っています。
■それにしても今日きいたモツレクは何だったのだろう。いちばん印象的だったのは曲の終わり方だ。あんな終わり方はきいたことがない。曲は終わったのだが終わった気がしない。きく者に何か大事なメッセージをふっと投げかけたのだ。それまできいてきた曲のすべてがその一瞬に凝縮されてめくるめく無数のページを心に作る。曲はそれだけでとらえられるべきものだが、ふと、死の床のモーツァルトの想いに触れたような気がした。しばらく他の演奏はきけないと思いました。
■大谷正人さんはスコアもタクトも使わずに指揮台の上で全身で“表現”していました。彼がつくる空間は音楽療法のセッションの空間と似ています。
■今日の午前中は音楽関係の資料の整理で終わってしまいました。研修会の資料とメモ、楽譜などがファイルのあちこちにあって分けるだけでたいへんでした。年末の大掃除といっしょで、ふと目にとまる資料を読んでしまうとあっという間に時間が過ぎる。それにしても資料の多いこと! 昨年は音楽療法の研修に相当なお金を使ってしまいましたがそれ相応のものは得ることができたと思っています。
■少し前の冷え込みでピンクの玉のような花のグランドカバーがみんな茶色く枯れたようになってしまいました。霜にやられてしまったのでしょう。せっかく殖えてきたのに残念なこと!

F−1マシン(03/1/12)
■トヨタ博物館に行ってきました。順路は自動車の歴史を順に追っていくように設定されています。私はあまりに古いものよりも1950年代以降のモデルに魅力を感じますが、スポーツカーだけはいつの時代でも美しいと思う。ゆっくり見て回って写真もたくさん撮りました。ところが最後にトヨタのF−1マシンを見たときはそれまで見た数々の車たちがどこかに飛んで行ってしまって目が釘付けになりました。なんと美しい! 戦慄しました。空力を追求するとそうなるのだろうか。直線も曲線も面もすべてが美しくて危ういほどのバランスで形となっていた。カーボンファイバーのマテリアルの織り目もアートと思えるほどだ。写真もたくさん撮ったはずなのに帰って見たら7枚しか撮ってなかった。ただただ見惚れてしまいました。3階のライブラリーで雑誌を見ていたら鈴木亜久里が率いる「スーパー・アグリ・カンパニー」のインディのマシンの写真があって、これも美しいマシンでした。
■カメラはEOS D30を持って行きました。博物館は意外に暗くてISOを200に設定してもシャッター速度は15分の1程度です。こんなときのレンズはEF28〜135ISしかありません。まさか三脚を立てるわけにはいきませんから。ISの威力はやっぱりすごいものです。広角レンズにも搭載してほしい。ところがトヨタ博物館のライティングは写真撮影には向きません。光が均一ではなくコントラストが大きい。太陽光が当たっている逆サイドにはタングステンが当たっているし、スポットの反射を避けようとするとバックが整理できない…などなど! とにかく露出が難しいのですが、D30はヒストグラムでデータを確認できるので助かります。
■このところSLR(一眼レフ)デジカメの高画素数化が進んでD30は影が薄くなってしまいました。D60と比べて叩かれています。だけど、ちょっと待ってと言いたい。D30は今も十分魅力的なカメラです。ハードの発達が私たちの感性を新しいページに誘うことに抵抗はありません。でも、人間の感性、感じ方はもっとゆっくりでウェットなものです。D30の色調のちょっと気難しいところはさながらコダクロームです。今まで個性派フィルムをいかに使いこなすかということでフォトグラファーの技術とセンスが磨かれてきたではないか! 短期間でしたがD30は一世代を築きました。D30は中古市場で品薄です。リベンジはある! と、これはD60を買えないが故のあがきなのかなぁ…。

ポコ・ア・ポコ・ウインターセッションを終えて…(03/1/7)
■ポコ・ア・ポコ・ウインターセッションが終わりました。お子さんを参加させていただいた保護者のみなさん、会場の松阪市福祉会館、スタッフの方々に感謝しています。6日間7回のセッションでちょうど100人が集いました。今回はミュージック・ケアのアリサ・シリーズからも4曲入れて私にとっても新しいチャレンジの場でした。ひとつ終わってまた新しいスタートです。課題をクリアしてステップ・アップしなければなりません。次回が楽しみです。
■今日は他のスタッフがセラピストとして子どもたちとかかわり、私はコ・セラピストとしてピアノを弾く場面がありました。私はセラピストの歌にただただ忠実に応えることに徹しましたが、それでもとてもスリリングでした。アンサンブルの醍醐味を味わいました。子どもたちにとっても身近にセラピストがいて歌いかけるのでリアクションがはっきりしているなど、とてもいい場面がいくつかありました。音楽療法でチームを組むことは思いのほか難しいことです。音楽の感じ方や発達に遅れのある子どもたちとのかかわり方など、まず、感性が合わないとやっていけません。技術的なこともクリアしなければなりません。今日のパートナーシップを大事にしていきたいと思っています。
■キーボードKORG SP-200は音量を稼ぐためにエレキギターのアンプにつなげることになりました。AV用アンプ・スピーカーを使っていたときに感じた「地味な音」という印象ではありません。音そのものはおとなしいのですが、アンプとスピーカーでこんなに感じがちがってくるのかというくらい豊かにきこえます。キーボード用アンプだったらどんな音なのだろうと興味津々です。ギターアンプだとアクセントを付けて弾くと耳障りな音になってしまうので、次のセッションまでにキーボードアンプを用意したいと思っています。SP-200のタッチはグランド・ピアノと比べるとかなり軽くてピアノの練習には向きませんが、実際の演奏ではとても弾きやすい鍵盤です。ピアノもいいけど、ひとりでするセッションでは子どもたちに近づけるということではやっぱりギターが使えるようになりたい! アメリカではギターは音楽療法士になるための必須楽器なのです。
■今夜もサイモン&ガーファンクルのセントラルパークのライブを見ています。

仕事始めの前に(03/1/5)
■サイモン&ガーファンクルのセントラルパークのライブはとてもよかったです。1981年のこととか。彼らは20世紀最高の吟遊詩人ではないでしょうか。
■今日は名古屋のタワーズの三省堂書店で立ち読み三昧をしてきました。心理療法の概論の本が欲しかったのですが、手に取る本すべてがおもしろく思えてしまい、決めかねて何も買わずに帰ってきました。他の本は買いました。野村順一『色の秘密』(文春ネスコ 1994)と内田ユキオ『ライカとモノクロの日々』(竢o版 2003)です。
■『色の秘密』は心理学でいう「色聴」(音刺激によって色覚をともなうこと)についてくわしく説明してあるだけでなく、色と音楽について触れてあって興味深く思いました。音楽療法のセッションで私が着る服の色とかプレイバルーンの色は前々から気をつけていたのですがこれといって根拠はありませんでした。この本で少しステップアップできそうです。
■『ライカとモノクロの日々』は大好きな内田ユキオさんの代表的な作品と語りが文庫本に凝縮されていて珠玉の一冊といったところです。
■タワーズのスターバックスは相変わらずの混みようでした。またまたカプチーノで一休み!
■夜、NHK−TVで「小澤征爾・魂の響きを伝える」を見ました。そうして音楽に浸ることができたら…
■年明けから伸ばしていたヒゲをきれいさっぱり剃りました。明日から仕事です。

雨の日は…(03/1/3)
■雨ですね。冷たい雨です。降るなら雪がよかった!
■朝から音楽療法の研修会の案内の宛先を入力してまだ終わらない。数百件はある。日暮れとともにやめてしまった。
■年末年始の楽しみのひとつがテレビ番組です。アンコール放送、映画、特別番組などなど! 昨夜、テレビで『風とともに去りぬ』を見ていたら、メラニーが朗読する本はディケンズの『デビッド・コパフィールド』でした。なんとなつかしい! 学生の頃読んだ本やよくきいた音楽とか、フラッシュ・バックのようによみがえってきました。ビビアン・リーの写真集も学生の頃買いました。今夜はプロ・フィギア・スケートの番組でチャイコフスキーの「白鳥の湖」のヴァイオリンをきいてやっぱりヴァイオリンはいいと思った。アーノンクール指揮のウィーン・フィルのニュー・イヤー・コンサートは品があってよかった。今夜はサイモン&ガーファンクルのセントラルパークのライブが放送されます。このコンサートのドラムはスティーブ・ガッドです。一時期、彼のドラムは音をきくだけでわかるくらい惚れこみました。そんなこんなでタイムスリップしてしまう年末年始です。
■豚肉の角煮が気になっています。インターネットでレシピをあれこれ検索中です。料理をすると一日の疲れを忘れさせてくれます。