雪の大晦日(04/12/31)
■朝の雨がいつしか雪になって松阪は一面の銀世界です。これはたいへんと大晦日の年越しそばなどを買いに行ったら24時間営業のスーパーは朝から大にぎわいでした。みんな同じこと考えてる(^_^);; 買い物をしていると“防災みえ.jp”から大雪警報や風雪注意報のメールが届く。こんな大晦日は初めてです。
■昨夜、やっと年賀状を作りました。ソフトはMicrosoft PhotoDraw Ver,2、プリンタはEpson PM-A700です。どちらも使い勝手は申し分ありません。PM-A700はPM-2000Cからダテに6年の時を経て世に出たものではありません。音も振動もリビングに置いても全然気にならない。フチなしのポストカードもいい。インク消費量=ランニング・コストも驚くほど少ない。ソフトで設定するときイメージした通りのプリントが出てくる。失敗がないのだ。PhotoDraw Ver.2も画像と文字とのアセンブルで抜群の使い勝手です。写真のレタッチはPhotoShopに任せますが…
■仕事上は3月が区切りですが、年末を迎えて、突っ走ってきた1年だったと思っています。新しい年もきっと走り続けるだろうと思います。私のマン・オブ・ザ・イヤーはイチローかな!

脳で楽しむUSJ(04/12/29)
■大阪に行って来ました。USJは2回目で、ここの楽しみは今回もストリートパフォーマンスです。アメリカの4人のボーカルグループがトラックの荷台のステージで歌って踊る。リズムの刻みがすごく気持ちいい。今年はなぜかリズムに身体が反応していることを実感しました。そこがちがうところ。生バイオリンひとつでジャズプレイするパフォーマーの音楽も“ノリ”が楽しくてたまらない。このところ身体で奏でる音楽、身体で聴く音楽という概念が気になっています。『わが指のオーケストラ』(山本おさむ 秋田書店 1991)を読んだばかりで、私の思いは“身体”に傾倒する。
■スパイダーマンのアトラクションは60分待ちでしたが、スピーカーから流れる音楽が楽しくてたまらない。ロックのインストゥルメンタルで、エレキギターの弦の振動が見えるような音楽でした。USJの音響システムはRAMSAのはず。聴いていてすごく気持ちがいい。音楽もいいけど音響システムの質の高さがなくては音楽のよさも伝わらない。“ステレオ”にお金をかけなくなって私のQOLは確実に落ちている。スパイダーマンのアトラクションの音楽は聞けば販売していないとのことでした。残念!
■「バック・トゥー・ザ・フィーチャー」のアトラクションはアイマックスの映像に連動して動くデロリアンのシートに収まってのアドベンチャーです。アイマックスは松阪市の“三重こどもの城”にもあって、初めて見たときは酔いを覚えましたが今回は堪能してしまいました。ジェットコースターも年を重ねる毎におもしろくなっています。私の脳は身体で反応することの醍醐味を感じる脳になってきているのだと思います。音楽の聴き方が変わってきています。
■デロリアンはジウジアーロのピアッツァとどこか似てる。デロリアンのアルミボディの研磨痕は彼の生きた証だと思う。
■難波花月劇場では桂三枝がすごかった。自然体なのだ。彼もまた身体で表現する人なのだと思いました。
■大阪から帰る西名阪は雪景色でした。
■冬休みのポコ・ア・ポコが始まりました。2004年最後のポコ・ア・ポコは13家族のみなさんに来ていただきました。1年の感謝の気持ちをこめてふだんしないボールのやりとりをしました。このプログラムは子どもたちと私とのスペシャルプログラムです。

プリンタ(04/12/25)
■ついにプリンタを買いました。6年間使ってきたパラレル接続のPM2000Cをつなぐ術がトラブルでなくなってしまって急遽の購入です。エプソンのPM−A700にしました。ほどほどのスキャナと使いようでハイクオリティのプリンタとの一体型が年末特価でした。プリントはA4サイズですが縁なしプリントがうれしい。これでポストカードを作ることができます。PM2000Cはヘッドを動かすギアの歯が欠けているので修理に出します。まだまだ使える! プリンタは使いようです。プリンタの性能を云々する前にデータのクオリティを上げる方がよっぽど大事だと思う(-_-)
■今夜はKENNY Gのクリスマスソングを静かに聴いています。

X JAPANを聴きながら…(04/12/24)
■テレビのリモコンをビッグマックなどの“スイッチ”で使えるように改造することもこのところたくさんニーズを寄せてもらえるようになってきました。今日は重度心身障害者施設の職員の方が来校して改造のサポートをしたり、改造したリモコンを勤務先の養護学校の子どもの家に“納品”したりしました。ただチャンネルのアップのラインを引き出すだけの改造ですが、そのリモコンを子ども自身が操作すること、そこに“価値”を見出して、さらにサポーターが+αの“価値”を付加して発達障害がある子どもたちのQOLを高めようとすることはサポーターに必要なセンスでありスキルだと思います。センスは自分で獲得するものですがスキルは伝え継承されるものです。
■そうそう!と思い出してリビングのごみ箱から昨日のムーブメントの研修会で書き留めたメモを探しました。ビデオで紹介された小林芳文さんの保育園でのセッションで使っていた音楽です。ムーブメントスカーフのバックに流れていたのはABBAでした。スエーデンの知的障害の子どもたちのバイオリンアンサンブル、ラムセバンドのコンサートでもABBAの曲を演奏していました。ABBAは私も子どもたちの活動に使えないかと考えたことがあります。ABBAだけでなくその頃の音楽が持つストレートな高揚感が私は好きです。ただ、終わり方がフェイドアウトが多くて活動の終止感がつけにくいのが難点です。ポップスの録音でフェイドアウトが多いのはどうしてだろう!?
■クリスマスイブも朝から一日中仕事で走り回って終わりました。X JAPANをヘッドフォンで大音量で聴きながら夜が更けます。これも私の脳のニーズなのでしょう。

ムーブメント(04/12/23)
■近くの養護学校のムーブメント教育研修会に行って来ました。講師は横浜国大教育人間科学部教授小林芳文さんです。今年で3年目の小林芳文さんの研修会で、今回は小学部のお子さんも参加です。会場の体育館に到着したお子さんからフリームーブメントに加わり、研修会の開始時刻に何のアナウンスもなくフリームーブメントが続くという、子どもたちの主体的な活動をじゃましないよく考えられた進行です。先生たちは子どもたちの中でサポートしています。課題ムーブメントに移ってからは先生たちのますます生き生きとした動きと、先生たちが小林先生に注視することで子どもたちも注目すべき対象を感知して活動に参加する姿を目の当たりにして、学校はやはりマンパワー、先生たちの熱いハートパワーだと実感しました。先生たちのピアノもフルートもクオリティの高いものでした。保護者のみなさんもおだやかなまなざしでお子さんたちを見守っていました。親子で楽しむムーブメントもいいかな…と思いました。
■小林芳文さんはセッションの終わりにサンタ姿でクラリネットを演奏して、アンコールにカンツォーネ「サンタルチア」を歌いました。超多忙の毎日、“よく働くヤツほどよく遊ぶ”というわけ! もちろんクラリネットもカンツォーネもなかなかのもの。今日、小林芳文さんは長島茂雄さんと似ていると思いました。身体で表現する人だと思いました。ムーブメントも感覚統合の原理に基づいていますが発想はもっと豊かなものかも知れません。
■月曜日の昼は2日続きだけどマクドナルドに入りました。ビジネススーツでマクドナルドに入ったらやはりスーツの男がふたり、テーブルをはさんで座ってそれぞれ携帯でやりとりをしながら時々短い言葉を交わしていました。目の前のハンバーガーも周りの人たちのことからもふたりの注意は全く離れてしまっています。こんなシーンも私の目を惹きます。
■4年前のモデルチェンジのとき買ったセリカのプラモデルが出てきました。買ったときのままで組み立てていません。箱のふたを開けて手にしたボディを見て、セリカってこんなに美しい形なのかと見入ってしまいました。いつかはスポーツカーに!

コートの美学(04/12/18)
■この写真も三重県総合文化センターのエントランスで撮りました。コートを着た男が歩く姿がとても優雅に思えました。カメラはフジフィルムのFinePix4800Zです。パソコンでピクセル等倍で見るとすごい手振れです。でもポストカードサイズならほどよいブレです。モノクロにしてみました。今年のベストショットかも知れません。それにしてもコートを着た男のなんと優雅なこと!

小澤征爾と新日本フィル(04/12/15)
■小澤征爾指揮新日本フィルハーモニー交響楽団の演奏会に行って来ました。プログラムはラフマニノフのピアノ協奏曲第3番、ベートーヴェンの交響曲第7番です。ピアノはアルカディ・ヴォロドスです。小澤征爾の音楽はヴィヴィッドです。生命力に溢れている。ラフマニノフもロマンティックだけどウェットではない。ベートーヴェンは構造的で各パートが歌っている。アンコールのウィンナ・ワルツはこれまで聴いたことがないようなテンポルバート! 小澤征爾は全身音楽なのだ。彼の感性のとらわれのなさの秘密は何なのだろう。彼の音楽は彼自身そのものだと思う。
■イルミネーションは演奏会会場の三重県総合文化センターです。三重県総合文化センターは文字通り文化の拠点として機能しています。行くたびに頭がリフレッシュします。このイルミネーションはまるでスヌーズレンです。

心に響く言葉で語りたい(04/12/14)
■2月の日曜日のポコ・ア・ポコが音楽療法ネットワーク三重の講習会とダブルブッキングしていてポコ・ア・ポコの日を変更しました。会場が空いていてよかった!
■2月27日の音楽療法ネットワーク三重の講習会は三重大学教授・精神科医の大谷正人さんが講師で、テーマは「音楽療法家に必要な精神医学」です。クライエントの理解に必要な精神医学・心理学の基本的問題のレクチャーです。
■今週は超ハードスケジュールです。こんなときはなぜか+αの“gift”もあります。昨日買った大瀬敏昭著『輝け!いのちの授業』が私にとって大きな“gift”です。病院のICUに流れていたのは彼が好きなサザンの歌だったこと、ICUのナースたちの身のこなしや言葉の「みごと」さ、学校の教師の実践的行為は「身体」と「言葉」がたいへん重要な観点となってくること、「教え-学び」「育み-育ち」という「育み合う母校づくり」を新設の浜之郷小学校の課題としたこと、校歌の作詞・作曲を佐藤学さん・三善晃さんに依頼したこと…私の中で点だったことたちが次々と線で結ばれていきます。まさに教育に携わる者の醍醐味と責任です。世知辛い言い方をすればこれこそ「教師の専門性」であり「学校経営品質」に他ならない。大瀬先生のように心に響く言葉で語りたい。

「斬新」(04/12/13)
■慌ただしい一日の終わりに古本屋に行きました。2時間あまり、ずっと本を見ていました。ほんとに読みたい本は小説。だけど今は時間がありません。今日買ったのは仕事の本ばかり。『輝け!いのちの授業』(大瀬敏昭 小学館 2004)、『子どもへのまなざし』(佐々木正美 福音館書店 1998)、『ビジュアル版 脳と心の地形図 思考・感情・意識の深淵に向かって』(リタ・カーター 原書房 1999)の3冊です。小説はがまんしました。
■この3冊にはそれぞれ思い入れがあります。『輝け!いのちの授業』は茅ヶ崎市浜之郷小学校初代校長大瀬敏昭さんの授業実践の記録です。NHK−TVで特集番組もありました。教育は人だと思う。『子どもへのまなざし』はTEACCHプログラムの児童精神科医佐々木正美さんの著書です。発達心理学+医学バックボーンの納得の話です。『ビジュアル版 脳と心の地形図 思考・感情・意識の深淵に向かって』は脳科学の本です。でも、ほんとの主人公は心という考え方です。原題は『Mapping The Mind』 心を語るとき知っておくとクールになれる本です。監修は養老孟司さんです。どれも納得の1冊です。
■「斬新」という言葉が好きです。英語ではどんな言葉だろうとネットで検索したところ「novel」とありました。そう、小説は斬新であることが大事だ。読む人にあなたの知らない文脈、生き方を教えてくれるのが小説だと思います。「リートを聴く前と聴いた後ではその人の人生は変わっていなくてはなりません」と言ったのは、ソプラノ歌手エリーザベト・シュヴァルツコップフです。ドイツ・リートと小説は私にとって同じものかも知れません。今日、外国文学の棚の前にいる時間がいちばん長かった!
■本を見ているとき、書店のとなりの消防署から救急車が出動しました。私が古本屋で夢中になって本を見ているとき救急車で運ばれる人もいるのだ。もしかしたら、その人は、私が知っている人かも知れないと、ふと、思いました。

スィートバジル(04/12/12)
■12月の日曜日のポコ・ア・ポコは19家族のみなさんに来ていただきました。就学前のお子さんがたくさんいていつになく華やいだひとときでした。そんな楽しい思いをお子さんといっしょにお家で思い出していただければとお話ししました。子どもの感じ方を共有する人が傍にいてくれること、それは子どもが自分の存在を確かめることです。自尊感情、自己肯定感、セルフ・エスティームにつながることです。
■夕方寄った書店で『<子ども>のための哲学』(永井均 講談社現代新書 1996)を見つけて買いました。自己の気づきと築き、なぜ自分は存在するのか、これは誰にとっても大きな課題であり問いです。この問いにどういう答えを見いだしていくのか、どうやって答えを見いだしていくのか、そのプロセスのサポートが大人の責任ではないでしょうか。
■今日、ポコ・ア・ポコの準備をしながら「ポンキッキ」の「またね」を何度も聴きました。シチュエーションは保育園の卒園でしょう。詞も曲もアレンジも歌もちょっと切ないけどポジティヴなベクトルを感じさせます。ユニバーサルデザインの音楽だと思います。こんな歌がたくさん生まれるといいのに! そうそう、昨日、NHK−TVの「おかあさんといっしょ」を見ていたら「赤い屋根の家」が流れました。この歌は西六郷少年少女合唱団の鎌田典三郎さんに教えていただいて知りました。おだやかでなつかしくて、そんな暖かい歌です。3拍子の曲です。
■この頃スーパーでスィートバジルを見かけなくなってトマトソース作りもお休みが続いています。スィートバジルはどこへ行ってしまったのだろうと、よくよくスーパーの棚を見ると、あるある! でも、1パッケージが400円前後と高い。乾燥のバジルはバジルとスィートバジルの2種類があります。スィートバジルはトマトソースに入れても鮮やかなグリーンです。どこがちがうのだろうと比べて見ると、スィートバジルのパッケージに「FREEZED DRY」とありました。たぶん、香りはそうちがわない。だけど色がちがう。私はその色にこだわってしまう。

脳のニーズと想いの深さ(04/12/11)
■2日前にスポットで入ったオーダーのセッションがありました。26人の子どもたちとの広い体育館でのセッションでしたが不思議とひとりひとりのお子さんが見える空間でした。終わりの大きなシャボン玉がずっと空中に止まっていて、そのまま割れてしまいました。暖冬といっても陽の光は冬の色です。シャボン玉も金色の暖かい色に染まっていました。
■今日、私はセッションがあって行けなかったのですが、地元で豊田市こども発達センター精神科医の高橋脩さんの講演会がありました。高橋さんの「自閉性障害(石井と高橋1983)」は、@対人関係の障害、A言語の障害、B同一性保持傾向、変化への抵抗、に加えて、C感覚、運動の障害を明確に挙げています。4つめの捉えはインクルージョン、共生という概念の実現にたいへん重要なファクターとなるもののと考えます。みんなみんなひとりひとり感じ方はちがうもの。障害のあるなしにかかわらずみんなちがうじゃない! そう考えることでもっともっと生きやすくなる。でも、そのためにはセルフエスティーム、自尊感情が欠かせない。ここかな、いちばん大切なのは!
■三重ミュージック・ケア研究会のウェブサイトを新ジオシティーズに引っ越しました。カウンターも旧サイトから引き継いで復活です。日本ミュージック・ケア協会はNPO法人格を取得しました。三重ミュージック・ケア研究会も支部として活動できるように手続きをしなくてはなりません。理念だけでなく形あるものとして築いていきたい。
■仕事の量と難しさがふくらむほどちがうことをしたくなります。この頃どこまでも続くワインディングロードをマニュアルミッションのスポーツカーでひとり飛ばす自分をよく想います。車はチタニウムグレーのRX−8 6MT! これは私の脳のニーズなのでしょう。私は“徒党”を組もうとは思わない。この冬は八ヶ岳高原の一人旅に行けるだろうか…。ひとりひとりの“想いの深さ”を想う。

イタメシの魅惑(04/12/10)
■市内のイタリア料理店で食事会がありました。窯で焼くマルゲリータのおいしいこと! オリーブオイルとローズマリーの香りがするパンも一口一口しっかり味わいました。ドリンクはジンジャエールにしました。そういえばこの頃トマトソースを作っていません。また作らないと!
■料理といえば圧力鍋が気になっています。この冬に買うつもりです。
■昨夜、車のキーを探していました。リビングのボードの上で見つかるまで小1時間、あちこち探していてちがう物をいくつか見つけました。アルティザン&アーティストのセールのDMも…でも東京か…
■注文していた鍵盤ハーモニカ、スズキ メロディオン PRO−37 V2が届きました。すっと落ちながらも確かな抵抗感がある気持ちのいいタッチ、金属製のねじ式の唾抜きなど見るからに精巧な造りです。前にスズキの鍵盤ハーモニカの工場を見学したとき、1台1台すごく丁寧に作られるのを見て心を打たれたことがあります。プロのミュージシャンも使う楽器です。音はまだ出していません。付属のケースがもっとどうかならなかったものかと思います。

子どもはみんな宝(04/12/8)
■勤務先の養護学校のスクールバスが事故に遭ってその対応に追われていました。幸い子どもたちを降ろした後でしたが車両はしばらく使えなくなってしまいました。何よりも子どもたちの安全が優先されることをあらためて噛み締めています。子どもたちはみんな宝だと思う。どんなに障害が重くてもみんなみんな大切なかけがえのない存在です。大人たちは自分に課せられた子どもたちの育ちへ重大な責任をもっともっと自覚するべきだ。

ハウルの動く城(04/12/5)
■ジブリの新作「ハウルの動く城」を観に行きました。始まって音楽が聴こえたとき、これはただごとではないと思いました。弦のテンションとピアノがすごくきれい。そして、これは3拍子ではないか! 町を後にしたソフィーがひとりで歩くシーンのファゴット、ミュゼットアコーディオンの澄んだ音色も最高です。チェコ・フィルのミロスラフ・ケイマルのトランペットもすごいものだ。エンディングの字幕を見ると演奏は新日本フィルハーモニー交響楽団です。その音楽に小澤征爾の音を聴くのは私だけではないでしょう。
■「ハウルの動く城」のヒロイン、ソフィアが若くなるとき、それは荒れ地の魔女の魔法を自分で解くときです。魔法は自分で解くものというメッセージに納得です。
■スズキの鍵盤ハーモニカ、メロディオン PRO−37 V2を注文しました。このモデルは鍵盤ハーモニカのサイトで絶賛です。ダイナミックかつこまかなアーティキュレーションの表現が可能だとか。ピエゾピックアップを組み込んでエレアコ化している人もいて、その実力はなかなかのものみたいです。19,000円+taxは高いのか安いのか、それは私の使い方次第ですね。私が演奏してみたい曲…桑田佳祐、シャンソン、そして、パガニーニもと思う。
■新聞でIBMがパソコンから撤退かと知って驚いています。たぶん、IBMの哲学とパソコン市場の動向の折り合いがつかなかったのではないでしょうか。International Business Machineという名前は伊達ではなかったということでしょう。IBMはハードとソフトのコンビネーションの達人としてこれからもコンピュータ界をリードしていくものと思います。ThinkPadはいつも気になる存在でした。このところIBMのパソコンのいまひとつというスペックが気にはなっていましたが、IBMはいつも確かな+αのクオリティーを提供してきました。いつかはまたThinkPadと思っています。
■昨日、町内のかえで公園のそうじがありました。名前の通り楓の木がたくさんあります。かえでの紅葉は橙色というのでしょうか、とても暖かい色調です。落ち葉たちが青い草の間にほどよく収まってきれいでした。今日は朝からかえで公園の木々に残っている葉っぱたちの写真を撮りました。機材はEOSD30+SIGMA70-200mmF2.8です。jpeg、Large-Fine、A-mode、F2.8、EV+1.2/3で撮りました。このレンズはただものではないと思います。

スヌーズレン再び(04/12/1)
■県内の養護学校のスヌーズレンの研修会に行って来ました。講師は日本スヌーズレン協会理事小菅秀泰さんで、一言一言が腑に落ちる話を聴くことができました。何よりも本人の意思を大切にすること、人的環境がスヌーズレンの質に最も影響するファクターであること、介助者の気づきが利用者のQOLを高めるサポートにつながること、などなど。私はスヌーズレンの空間で私自身が感じる豊かさ、この子たちといっしょにいるからこそ感じる豊かさから説明し得るその子の育ちや評価の“言葉”について質問しました。「どんなにいい実践もそのそのよさを伝える言葉がないとそのよさを伝えることができない」と私は考えています。でも、「その豊かさこそ全て」という小菅さんの言葉は自分の感じ方を大切にすることそのものの価値の大きさを教えてくれたように感じました。スヌーズレンの空間はそのままのあなたを無条件に受け止めます。今日の研修会は私の仕事の質を必ず高めてくれると思いました。(スヌーズレンの画像は11/13勤務校の文化祭のものです)
■4年前、横須賀に単身赴任していたとき、長野新幹線に乗って軽井沢に行ったことがあります。アナウンスで「あんなかはるな」と聞いてその響きがとても心地いいものでした。夜であたりは真っ暗でしたが安中榛名を発車した新幹線は急勾配をぐいぐいと上っていくのがわかりました。軽井沢からの帰りは在来線に乗りました。安中という駅に停車した車窓の風景は私の目を釘付けにしました。山の斜面を覆ってそびえ立つ東邦亜鉛安中精錬所です。この工場は私だけでなく見る人に強い印象を与えるようです。そこには生きとし生けるものの懸命さと逃れられないものの大きさを感じました。何かに似ている…宮崎駿の絵かも知れない。ブリューゲルの絵かも知れない。今、安中精錬所はそんな想像とはちがうパラダイムにいます。でも、やっぱりあの景観はただものではないと思う。
■先週土曜日の夕方、車で押尾コータローのギターをFMで聴きました。演奏テクニックもすごいがチューニングを曲によって自在に変えるのもすごい。よく頭の中がこんがらないなと思う。番組の最後はラヴェルの「ボレロ」でした。ギターと言われればギターと思うけど今まで聴いたことがない「ボレロ」でした。

ブラック・ジャック(04/11/22)
■スクールバスの添乗で往復100キロを立ちっぱなしで乗ってまた椎間板ヘルニアがおかしくなりました。この仕事はハードです。ひとりで十数人のお子さんのサポートをするのも責任が重い。今日添乗したのは山間部のコースで、色づき始めた木々の葉が晩秋のやわらかな陽にキラキラと光る車窓の風景はとてもきれいでした。
■昼休みに音楽を聴くのが好きなお子さんがクラスにいます。今日は初めて鍵盤ハーモニカを吹いてみました。近くにあった楽譜は横須賀に単身赴任していたとき東京銀座のヤマハで買った思い出の『アドリブ・メロデイー付きB.G.M.のすべてベスト348』(全音)で、その中から、「魔女の宅急便」から「晴れた日に」、リード楽器なので「パリの空の下」、ヴァイオリンの「タイスの瞑想曲」、山下達郎の「クリスマス・イヴ」、ドリカムの「LOVELOVELOVE」、松田聖子の「瑠璃色の地球」と、なんでもありのミニコンサートです。鍵盤ハーモニカは息で吹く楽器なのでアーティキュレーションが表現しやすくて意外にダイナミックな音楽になります。そのお子さんは私の鍵盤ハーモニカに気づくと少しずつ寄ってきてくれて、鍵盤ハーモニカに手を添えて、頬もすり寄せて、私が楽譜をめくって次の曲を探していると「早く弾いて!」と私の手を鍵盤に持っていきます。私はその積極さに驚きました。CDやキーボードのデモを聴くときとはちがう姿です。生の音楽はやっぱりすごいものだとあらためて実感しました。
■「瑠璃色の地球」はレコード全盛期に買ったアルバム「SEIKO MATSUDA SUPREME Sound Portrait」(1986 CD:SBS/SONY32DH518)で知りました。平井夏美の曲も三枝成彰のアレンジもすばらしい。これはただ事ではないと、松田聖子の歌を聴きました。松本隆のリリックもすごくいい。その後CDで買い直してずっと聴き続けています。
■新聞のテレビ番組のページを見ていたら「ブラック・ジャック」を見つけました。あわててチャンネルを換えたけどエンディング曲でした。「ブラック・ジャック」は私の好きなアニメのひとつで、このコミックを読みたいがために漫画喫茶に通いました。彼の生き方は胸のすく思いがします。彼は“孤高の人”だけどピノ子と暮らしています。そのいきさつはさておき、と思いながらも、そのわけありのいきさつはこのアニメの文脈のひとつとなっているように思います。手塚治虫はなぜこのシチュエーションにしたのだろうと思い巡らすことがあります。テレビのエンディングもピノ子が主役です。心理学的考察をしてしまいます。

冬支度(04/11/21)
■土曜日、松阪大学短期大学部開学40周年記念の講演会とフォーラムに行きました。講演は香山リカさんの「心を伝え合うということ〜精神科医の現代コミュニケーション考〜」で、キーワードは「自己肯定」でした。障害児教育の現場で私が今いちばん価値ある概念ととらえているのがセルフエスティームで、セルフエスティームとは自分が価値ある存在であると感じていること、自分自身に対して肯定的な感情をもつことです。香山さんも精神科医療の臨床で同じ問題意識を感じていました。言葉で伝えることの意味と難しさに対するとらえも共感するところでした。
■続いて卒業生がパネリストのフォーラムでした。テーマは「地域とともに明日を拓く」でした。パネリストは各方面の第一線で活躍しているだけあって言葉にパワーがありました。学生たちはそのパワーをしっかり受け止めているようでたいへん価値ある企画と思いました。地域とともに…ポコ・ア・ポコも学校という枠組みの外で地域の資源となるべく歩んでいます。音楽療法で地元の大学と協働したいとあらためて思いました。
■少し前にお気に入りの革ジャンが裂けて着れなくなったので替わりを買いに行きました。やはり黒の、でも、今回はポリエステルの表地にフリースのライナーという組み合わせのジャケットにしました。一見ハーフコートですがフードにフェイクファーが付いていてこれが気に入りました。靴は黒のワークブーツの手入れをして明日から冬の装いです。ジーンズは年中同じ(^_^);
■コニカ・ミノルタ初のSLRデジタルカメラが発売です。老舗カメラメーカーで最後発といえるカメラです。それだけに魅力的な仕上がりです。ボディにアンチシェイク(コニカミノルタの手振れ補正システム)を組み込んですべてのレンズに手振れ補正が効くようにしたところがすごい。APSサイズの600万クラスですが手振れの影響が極めて少ないのでそのクオリティは抜群に高い。35mmf1.4などの名レンズが大型三脚なしで実力を発揮できるこのと価値はすごく大きい。これは売れるだろうな…αレンズの充実がカギを握っているのだけど!

音楽と哲学(04/11/17)
■日曜日に近くの小学校の文化祭に行ってきました。3年生が「A Whole New World」を歌うのも関心がありました。この曲はニューヨーク大学のノードフ&ロビンズ音楽療法センターのセッションでもよく使われるとのことです。フレーズの終わりがなかなか来そうにない旋律の上がったり下がったりという繰り返しが発達障害がある子どもたちの心情に共感をもたせるのではないかとのこと。(船橋音楽療法研究室主宰の濱谷紀子さん談) 文化祭で子どもたちは日本語で歌っていました。伴奏の生ピアノの音楽性も高く、私は聴き入ってしまいました。
■名古屋の弦楽器店シャコンヌから展示会のダイレクトメールが届きました。夜、ふと、ヴァイオリンが聴きたくなってCDの棚を探りました。ヴァイオリンは学生オーケストラから弾いてきたので思い出も思い入れもたくさんある楽器です。今夜はちょっとノスタルジーに浸ってしまいました。
■京都教育大学管弦楽団でヴァイオリンを弾いていた頃、大学の先輩で大阪フィルの長尾正さんが演奏会などでいっしょに弾いてくれました。彼のヴァイオリンはオーダーメイドの“ニュー”で、ボディは薄く、彼の指に合わせてネックは細く作られていました。明るい色のヴァイオリンでした。チャイコフスキーの交響曲第5番を練習していたときそのヴァイオリンの音はつむじ風のように私を巻き込みました。音が空間に波を起こしていました。音が空気の振動で伝わることが目に見えるような圧倒的なパワーを感じました。彼の十八番はパガニーニです。演奏会後に酒を飲みながらヴァイオリンの話をしていて、「哲学が合う」という話がありました。ヘンリク・シェリングはバッハと「哲学が合う」、僕はパガニーニと「哲学が合う」というのです。弾いてみて初めてわかることだと思いました。哲学専攻の友人は「哲学とは思い切る原理」と私に話しました。哲学は自分自身の存在の理由といえるでしょう。楽器を奏さなくても音楽は哲学として私たちに生き方を問うものだと思います。
■急に寒くなって野球のスタジアムジャンパー?を着ています。肩周りがとてもゆったりしていて思わずピッチ&キャッチのモーションをしてしまいます。マラソンのアップにも使える。快適そのもの! でも、暑い!

スヌーズレン(04/11/13)
■勤務先の養護学校の文化祭でブラック・シアターとスヌーズレンの空間をクラスの企画として作りました。準備が慌ただしい前日の夕方、スヌーズレンの道具をすべて点灯したとき、教室は私にとってこの上なくやさしく安心できる空間になりました。人工の環境なのにどうしてこんなにも落ち着けるのだろうと、スヌーズレンを体験するたびに思います。「スヌーズレンは、治療方法や教育プログラムではありません。障害を持つ人が感じ取りやすく、楽しみやすいように、光、音や音楽、いろいろな素材の触れるもの、香りなどの刺激を揃えた環境を作り、提供します。障害を持つ人との活動で、介護者は治療効果や発達を一方的に求めず、障害を持つ人の人や物への対 応の仕方をありのままに受け入れ、共にその場を楽しみます。」(日本スヌーズレン協会) スヌーズレンは障害がある人のためだけのものではないと思います。そこはがんばらなくていいところ、自分の感じ方を確かめられるところ、美しいものを美しいとストレートに感じ合えるところ、誰にとっても大切な空間ではないでしょうか。セルフエスティームを育み支える空間です。
■文化祭では音と音楽の持つ力の大きさと意味についてあらためて考えました。障害がある子どもたちにとって環境を整えることはとても大切です。音もそのファクターのひとつです。体育館などの音響システムに発達障害の子どもたちが認知しやすい音と映像の環境を構築し、子どもたちの感覚の統合を効果的に支援するための機能をもたせたいと考えています。その第一歩は視覚的に注意すべき方向から注意すべき聴覚情報が聞こえてくること、そして、その質を高めることです。そうして環境を認知する力を高めることは自分自身の存在を確かめ、認め、セルフエスティームの育ちをバックアップすることにつながります。
■音というとNHKのかつての効果部主任、織田晃之助さん抜きには語れません。1980年頃のNHK特集の効果音はとても印象的でした。ひとつの音で映像が語り出すのです。ときには悲惨な場面もありました。ときには幸せな場面もありました。私は幸せを感じる音が欲しい。誰もが幸せを感じる音が欲しい。昨日、同僚から「音楽の時間に使う、ぎゅーっと子どもたちを包み込むような音楽が欲しい」と相談がありました。私の提案はシルヴァ・マクネアー&ダニエル・コビアンカの「アンチェインド・メロディ」です。至高の空間を感じます。

音楽運動療法で医学博士号(04/11/11)
■音楽運動療法開発の野田燎さんが医学博士号を授与されることになりました。野田燎さんは大阪芸術大学教授で音楽家です。音楽家への医学博士号授与は珍しく、音楽運動療法での医学博士号も初めてです。これは画期的なことです。トランポリンでクライエントの体を揺さぶりながら生演奏を奏でて脳を刺激する治療、その音楽運動療法がEBM(Evidence Based Medecine)と認められたということととらえています。私は野田燎さんの模擬セッションを体験してそのパワーを実感しています。トランポリンの上下動に音楽が組み合わさったとき世界が一変しました。音楽のパワーはすごいものがあります。音楽にできることはもっともっとある、そう思います。私が音楽療法に一歩を踏み出したのは野田燎さんの音楽療法を取り上げたNHKの番組「トモくんがしゃべった〜音楽運動療法の挑戦〜」が大きなはずみでした。
■月曜日は海辺の小学校に1日出張をしていました。時ならぬ雷鳴と俄雨に灰色の空を見上げました。曇り空でしたが空は広くてすがすがしい気持ちになりました。そこに毎日がある子どもたちのなんと生き生きとした笑顔! なんとしても守りたいものがそこにもありました。
■勤務校の文化祭(11月13日土曜日)で私のクラスはブラックシアターをすることになりました。ナレーションと音楽の編集はやっぱりパソコン頼みです。録音はMDです。テープの編集で悪戦苦闘していた頃がうそのようです。デジタルのパラダイムは画像と音響に文字通り革新的な変化をもたらしています。ポコ・ア・ポコの音楽もデジタルプレーヤーを使おうかとあれこれ品定めをしています。
■夜、探し物をしていて見つけたMDを聴いてみたらプロコフィエフの「ロミオとジュリエット」でした。これも秋の音楽と思いました。

秋の音楽(04/11/7)
■11月の日曜日のポコ・ア・ポコは19家族のみなさんに来ていただきました。雲ひとつない秋晴れの暖かい中、ポコ・ア・ポコに来ていただいて感謝しています。今日は小さなお子さんたちが多くて私の目線も低くなりがちでした。フラップバルーンも低いところで波打ってふたつのボールはずっと仲良く散歩をしていました。
■日曜日のポコ・ア・ポコを始めて1年と半年が過ぎました。ミュージック・ケアのエッセンスをわかりやすく説明するポコ・ア・ポコのパンフレットを制作する時がきています。本質は変わらなくても情報発信を常に更新しなければ輝きを失ってしまうように思います。
■朝日新聞夕刊に「デジタルカメラ最前線」の連載が始まりました。1回目は「パノラマの達人 高度な合成で『新世界』」です。新聞の印刷でも目を引く精緻な画像です。EOS D30のデータ不足を合成で補うためのソフトはD30に同梱されていて合成そのものは今更というものですが、ここまできれいにまとめられると目が釘付けになります。作者のPECこと杉浦さんのサイトを見ると圧巻です。カメラはCanon EOS D60とのこと。ディストーションや色調をどうやって調整するのか興味津々です。
■ディストーション(歪曲)の修正は私もフリーソフト“ImageFilter”であれこれ試しています。前回アップの天井の写真はFinePix 4800Zで撮りました。ディストーションがすごい! 少しでも直らないかと試してみましたがここを立てればあちらが立たずという具合で無難なところがこれ…ソフトの使い方のコツがいまひとつわからない。それともコンパクトカメラの限界なのか? D30で撮った写真のディストーションの修正はけっこううまくいきます。うまくいかないときは写真を撮ったときの被写体とカメラの位置関係に問題があったときです。いちばんむずかしいのはフラットな壁を真正面から撮ることです。写真はシャッターを切る瞬間がいちばん大事なことはデジタルでも同じです。
■この頃またいろんな音楽を浴びるように聴いています。先日、ベートーヴェンのピアノリサイタルに行きましたが、休憩中にプログラムといっしょにもらったチラシを見ていて小澤征爾が振るラフマニノフのピアノ協奏曲3番のコンサートを見つけて頭の中はホロヴィッツが弾くライブが鳴っていました。秋から冬にかけてラフマニノフやチャイコフスキーをよく聴くようになります。

白い天井の青い光(04/11/4)
■新しく開院する病院の内覧会に行く機会がありました。そこは心臓病専門の病院で検査機器などは最新のものをそろえています。検査や治療のようすは別室に中継されて家族は説明を受けながら見守ることができます。建物はピンクにハートのマーク、内装は白と明るいオークの壁と床、手術室は淡いグリーン、どのベッドにも外の光が届き、ナースステーションの天窓は不思議なブルーでした。白い格子の向こうには空が見えるだけ…どうしてこんな色になるのだろう…
■今夜はギドン・クレーメルのバイオリンでバッハの無伴奏パルティータを聴いています。静かな夜です。

特別支援教育は今(04/10/31)
■中央教育審議会初等中等教育分科会の「特別支援教育を推進するための制度の在り方」の中間報告素案は文部科学省のサイトから削除されたようですが他サイトで読むことができます。PDFバージョンはこちらテキストバーションはこちらにアップされています。PDFバージョンは1ページ目の日付が手書きで生々しいものがあります。初等中等教育分科会特別支援教育特別委員会の議事録と配布資料はこちらです。それぞれ15番が初等中等教育分科会特別支援教育特別委員会です。素案をサイトから削除した経緯はわかりませんが、議事録からは特別支援教育の根幹にかかわる重要な議論がなされていることがわかって取りまとめにはさらに時間が必要だということでしょう。でも、待つのではなく自分にできるところから実績を積んでいきたいものです。
■Canon EOS20Dのカタログを見て「うまい!」とうなってしまいました。デジカメのカタログにモノクロを使っています。カラーの写真よりもアピールするものを感じるのはおもしろい。昨日はフジフィルムのFinePix S3proの画像を雑誌で見て「すごい!」と見入ってしまいました。きめ細かな解像感と絶妙なバランスの色調、広いダイナミックレンジ、すごいとしかいいようがない。ボディはいまひとつですが画像はすごく魅力的です。
■今日は小雨に濡れる枯れた夏草たちの写真を撮りに行きたいと思っていましたが新聞の切り抜きに時間を費やしてしまいました。ふと、バレエと演劇の記事に目が留まりました。ミュージック・ケアのセッションをしているとどうしても自分の体の動きの拙さが気になってしまいます。向上にはバレエの動きがヒントになってくれるかも知れません。
■この頃またサックスばかり聴いています。フィル・ウッズの「THE THRILL IS GONE」は小雨の秋の日にちょっとスリリングな空間を作ってくれます。

大切なものは何か!(04/10/29)
■保育所でポコ・ア・ポコのセッションと子育ての話をさせていただく機会がありました。子どもたちの元気な声が響く町中の保育所は心が暖まる空間でした。そして、子どもたちひとりひとりの文脈とお母さんたちひとりひとりの思いの重さを肌で感じた思いがしました。だれだって幸せになりたい。幸せとは自己実現だとあらためて思いました。
■名刺を作り直しました。文字は黒、紙は光沢写真用紙にしました。ポコ・ア・ポコのロゴをきれいに出したかったので光沢写真用紙にしました。文字を黒にしたら“オフィシャル”の様相です。オフィシャルといっても“肩書き”は音楽療法関係のものばかりで、これは自分で作ったパラダイムです。ともすると責任が曖昧になりがちな公務員の世界…自己責任のパラダイムを持っていることは大事だと思う。
■授業でピアノの連弾をしました。パートナーは小学部6年生のお子さんです。昼下がりの音楽室でグランドピアノに向かって即興弾きをしました。そのお子さんはマイナーが苦手と思っていましたがAmから始まるクリシェの揺れるテンポに確かなやりとりがあったものととらえています。グランドピアノの澄んだ音に私も聴き入ってしまいました。そのピアノは浜松のカワイの工場で試弾して選びました。誰が弾いても音のまとまりがある暖かい音のピアノです。音楽は私たちのQOLを支える大きなファクターのひとつです。
■台風一過はいきなり晩秋の寒風で団地のハナミズキの並木はここ2〜3日で一気に色づきました。桜の木には数えるだけの葉しか残っていません。その寒々としたシーンも美しいと思う。

音楽療法とサックス(04/10/20)
■サックスのクリスマス曲を聴いていたらポール・ウィンターのソプラノ・サックスを聴きたくなりました。今放送中のトヨタ自動車のテレビCMに鯨とソプラノ・サックスとの“デュオ”のシーンがあります。この組み合わせは忘れた頃にフィーチャーされます。私が覚えているところではおよそ20年前の保険会社のCM、そして90年の日産自動車のCMです。どちらもソプラノ・サックスはポール・ウィンターです。ポール・ウィンターの音楽には鯨とイルカの声が演奏の中に収録されています。
■折しも月曜日に勤務校の秋の社会見学で二見シーパラダイスに行ってイルカと遊ぶことができました。写真の手は私の手です。イルカが人間と遊ぶスタンスは自閉症スペクトラム障害の人たちへのサポートの理想のスタンスかも知れません。つかず離れずの距離をおいて、寄り添って…いつも、どう?…と尋ねてくれて、でも、がんばって答えてくれなくていいよ、ぼくが必要ならその分いっしょにいるよ!とメッセージを伝えてくれているようでした。自閉症のお子さんのセラピーにイルカとのセッションが行われている理由がよくわかります。
■奈良市音楽療法研究会編集『奈良市 音楽療法士への道』(法政出版 1997)にこんな記述があります。「フランスのある音楽療法では、『新生児に音楽を用いるとき、弛緩を喚起するものからはじまり、次第にテンポをゆるやかにする。それは4曲の子守歌からなり、その1つに《鯨の声》が使用されている』(ジャック・ジョスト 永田丕訳『フランス音楽療法』 リブロポート 1994)という。A君のようにゆっくりと成長発達する子どもには、胎教音楽のようなものから提供していけばよいと考えた。なぜなら、鯨の声が入っているCDを流したときのA君の反応は、安心し、リラックスした状態の時にみられた微笑だったからである。」 たいへん示唆に富むセンテンスです。
■この本にはサックスを使ってセラピーをする音楽療法士のレポートがあります。大阪芸術大学の野田燎先生も音楽運動療法でサックスを使っています。媒体は何でもいいけどサックスは魅力的です。

枯れ草のにおい(04/10/17)
■10月のポコ・ア・ポコは21家族のみなさんに来ていただきました。ちょうどフロアいっぱいの輪ができました。たくさんでしたが落ち着いた空間でした。お母さんとお父さんが乗っていただくとお子さんたちも集中してくれます。参加のみなさんに感謝しています。
■昨日100円ショップでサックスのクリスマス曲集のCDを買いました。バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」はアルトサックスのソロで100円とは思えない買い物です。演奏者の名前はどこにもなくて、これが残念です。演奏は演奏家にとって分身であるはず。“作品”は“重い”ものです。夜、そっとサックスを吹きました。リードには“2001.6.8”の文字がありました。もっと吹いてあげないと!
■午前中は団地の草取りでした。枯れた夏草のなんといいにおい! 麦藁のにおいです。秋の陽に輝いていて刈ってしまうのがかわいそうでした。

秋の空(04/10/11)
■先月の台風21号の対応からふだんの備えの大切さを痛感しています。気象、道路、河川、自治体の対応などの最新の正確な情報をきめ細かく集めて総合的に判断しなければなりません。スクールバスの係なので台風が来る度にテンションは120%になります。
■この写真は台風22号“マーゴン”一過の日の夕空です。FinePix4800Zのデフォルトで撮ってこの出来は出来過ぎだと思います。いじりようがない。そもそもFinePixのデータはいじれないのですが…。構図もまずまず(^_^) でも、サンルームのフレームが歪曲しているのは気持ち悪い!
■LaVieGのWindowsXPにServicePack2をインストールしました。インストールの小1時間はモニタとにらめっこでした。HomePageBuilderからしばらくサーバにつながらなくて焦りました。転送モードを変更してやっと解決しましたがその間サイトは真っ白でした。このごたごたのついでにHomePageBuilderの修正プログラムもインストールしました。SP2はいろいろ御利益?があるようですが私のLaVieGは起動が安定して速くなったようです。
■YahooオークションでMS PhotoDraw2000ver.2を落札してやっとのことでバージョンアップができました。落札から商品の到着まで迅速スムーズで出品者を「非常に良い出品者」と評価したところ、逆に私を「非常に良い落札者」と評価してもらってびっくりです。落札者が評価されるとは知らなかった! 写真のレタッチはPhotoShopLEでしていますがPhotoDrawは拡張子mixのファイル操作が感覚的に分かりやすいので私は隠れファンのひとりです。
■しばらく穏やかな天気が続きそうです。玄関横のキンモクセイが香り、団地の並木のハナミズキは赤い実をつけています。秋の日差しに輝く立ち枯れの夏草のなんと美しいこと!

イチロー(04/10/4)
■イチローがアメリカ大リーグの年間ヒット数新記録を達成した。その日のNHK−TV夜7時のニュースのトップ17分間がイチローだった。彼のコメントがすごい。「ドキドキする感じやわくわくする感じ、プレッシャーがかかる感じは僕にとってたまんないですよね。勝負の世界にいる者の醍醐味ですよね。」だからこそ今までの彼と今日の彼があるのだと思う。勝負の世界にいなくてもわくわくドキドキ、そしてプレッシャーは大事だ。感動する心は大切だ。
■土曜日に勤務校の運動会がありました。「度会の中心で愛をさけぶ」で子どもたちひとりひとりの「愛」を「さけぶ」シーンがありました。胸が熱くなりました。
■古本屋で新しい古本を2冊買いました。アレックス・ロビラ&フェルディナンド・トリアス・デ・ベス、田内志文訳『グッド・ラック』(ポプラ社 2004)と日野原重明&乙武洋匡『65 27歳の決意・92歳の情熱』(中央法規 2003)です。『グッド・ラック』が希望のファンタジーなら『65 27歳の決意・92の情熱』はそのリアリティーだと思う。そして、共通していることは「幸運は自分の手でつかみ取ること」を示していることだと思う。
■台風21号の対応で走り回って大汗をかいて、サウスシーブルーで書いた大事なメモがその汗で消えてしまいました。やはり仕事用インクは水に強くないと困る。となるとパイロットのブルーブラックかな…

NPO(04/9/27)
■伊勢市役所に内閣府国民生活局制作の小冊子「暮らしの課題とNPO〜地域の一員となるNPO〜」があって1部もらってきました。学校というパラダイムだけではなくポコ・ア・ポコを始めて私の何かが変わりました。「風の花束」の歌詞「いいこと ありそう/なにかが できそう/だれかにおしえたい/みんなにわけてあげたい」(作詞:中田有博)に惹かれるのはそれが今の私の気持ちだから。「風の花束」みたいに世界で一番早起きしたら…もちろん比喩だけど何かが生まれそうな気がする。それは何なのだろうと思っています。NPOもひとつの選択肢と思う。この冊子のネーミングがまた私の興味をくすぐる。
■今日は振替休日で昼は伊勢の“まめや”で食べました。伊勢うどんの老舗です。80年前からずっと今のところでうどん一筋です。伊勢うどんといえば私は“まめや”です。その太くてやわらかいうどんは麺とはよべない。すごい存在感で“うどん”そのものとしかいいようがありません。汁もほどよく濃厚でネギと一味を入れると伊勢育ちの私はノスタルジーに浸ってしまいます。
■FinePix4800ZのバッテリーチャージャーをYahooのオークションで調達しました。送料や手数料を入れても市価の1/3程度です。予備バッテリーはバッテリー専門店のウェブサイトで購入しました。NP-80系のバッテリーはコダックや京セラのデジカメでも採用されていて、また、バッテリーの容量も何種類かあって裾野の広さに驚きました。

FinePix再び(04/9/25)
■インターネットで見つけて注文したデジタルカメラが届きました。フジフィルムのFinePix4800Zです。フジフィルムの縦型デジタルカメラのラスト・バット・ワンのモデルで、新品が残っているとはにわかには信じられなかったのですがとりあえず注文しました。なにせCCDは1/1.7インチでコンパクトデジタルカメラでは今や考えられない大きさです。432万画素という記録画素数よりもこのサイズのCCDで240万画素というのがすごい。値段もいいけど贅沢でバランスのとれたアセンブルです。デジタルカメラのデータのクオリティは1画素当たりの面積で決まるところが大きい。上位機種の6800Zより評判もよかった。私はひとつ前のFinePix4700Zを使っていてそのスーパーCCDハニカムのクオリティの高さは今も魅力ですが、バッテリー管理に問題があって中古で買ったこともあって修理には出さずに使わなくなってしまいました。4800Zは4700ZゆずりのEBCフジノンレンズとスーパーCCDハニカムで使い勝手は同じです。問題のあったバッテリー管理は一新されてデザインはポルシェになりました。色はチタンカラーでアルミボディです。(これで99,800円+taxが16,800円!) 宝物のようなカメラで仕事には使いません。普段使いはタフなEOS D30です。
■音楽療法に使うバチに毛糸のカバーをつけようと考えています。板張りで叩いてもやさしい音になるようにです。毛糸の色をあれこれ考えています。暖かい色にしたい。

いろんな色の風の花束(04/9/23)
■音楽療法ネットワーク三重の講演会と総会、懇親会が三重大学でありました。今回の講師は二人とも音楽大学と医学部の二つの大学を卒業というキャリアの持ち主で、医療と音楽療法のふたつの枠組みが交錯する場面があってたいへん興味深い内容でした。
■パーキンソン病患者に特徴的なパーキンソン歩行の「すくみ」や「突進」の原因は脳の線条体の機能の不具合で、ペーシング、歩行リズムを保持することが難しくなるとのことです。そういえば同様の症状は自閉症スペクトラム障害のお子さんにも見受けられます。机などを一定のリズムと強さで叩く子もいればテンポも強さも急にアップしてパタリと叩くのをやめる子もいます。それは脳がその刺激を求めているからであり、自己調整をしているからです。そして、そこに何らかのケアやサポートのニーズがある。多くのお子さんは認知にも課題があるので音楽のリズムだけに頼る療育は難しい。しかし、ターゲットとなる症状と原因となっている脳の部位との関連が療育の仮説となり得る裏付けをもらったように思いました。
■大学の構内を歩くのは昨年夏の千葉淑徳大学以来です。休日も学生があちこちで何かしていました。掲示板にひしめく掲示物は大学の活気を象徴しているかのようでした。そんな中で研究職の人の話を聴くことは混沌とした私の頭の中を整理してくれます。大事なことは何かと見抜く力を教えてくれるように思っています。

■保育園から“健常”の5歳のお子さんたちへの音楽療法のセッションのリクエストがありました。セッションのあとでお母さんたちと話し合いの時間があってその資料を作っています。資料のいちばんはじめのキーワードは「セルフ・エスティーム」です。自尊感情、自分を大切にすることです。自分を愛することで誰かを愛することができる自分がある。そして、関係発達の中で子どもの心は育つ…子どもの育ちに大切なことは発達障害のあるなしにかかわらずどの子にも同じです。障害児教育の理念と考え方、そしてサポートのノウハウはどの子の育ちにもたいへん大切なはずです。
■先週は車で「風の花束」ばかり聴いていました。聴いているうちにこの歌声は杉並児童合唱団だと気づきました。私が好きな児童合唱の歌声は東京少年少女合唱隊です。まるで話し言葉のような自然な印象の歌声です。杉並児童合唱団はその対極にあるものと思っていました。でも、「風の花束」の少し荒削りな歌声を聴いて魅力を感じています。「風の花束」の頃のポンキッキ、90年代前半のポンキッキは音楽的にとても充実していたと思います。92年のクリスマス特集はビデオに録画してあって今もときどきみます。今週は映画「SWING GIRLS」にはまっています。
■ポコ・ア・ポコのブルーの花を教えてもらいました。私のイメージ通りのブルーの花です。今のポコ・ア・ポコのロゴのブルーはプリンタによって濃くなってしまうので今月新しく作ったロゴのブルーでした。同じ色が好きな人がいるんだと思うと幸せを感じます。感性の響き合い、共感はそんなものですね! 同じ空間にいるという感覚です。空間は風だと思うことがあります。いろんな色の風を花束にできたらすごく素敵です。そんな音楽空間を作りたい。

Burn Out(04/9/16)
■帰りに寄ったスーパーで夏物処分のTシャツを買いました。紺とベージュのシックな色遣いが気に入りました。でも、車に乗ってふと気になりました。胸のロゴが「Burn Out」だったような…信号待ちでライトを点けて確かめると、やっぱり「Burn Out」でした。「Burn Out」とは「燃え尽きる」ということ。「Syndrome」が付くと「燃え尽き症候群」です。自分の性格を思うといつか燃え尽きてしまうような気がします。それでいいと思うのだけどこの頃は燃え尽き方も考えてしまいます。
■教室にあったCDを聴いていて『風の花束』という歌に釘付けになりました。詩とメロディーが不思議なアンバランスで構成されています。楽曲としてとくに斬新なフレーズはないけどフレーズの組み合わせがおもしろい。この歌は1992年の作品で「ポンキッキ」のエンディングです。誰が聴いてもわくわくしてしまう…そんな歌、ユニバーサルデザインの音楽だと思う。
■来月、第42回中部地区肢体不自由教育研究大会三重県大会が開催されます。私は分科会の司会です。昨日、実施要項が届いて、分科会がワークショップの形態をとることを知って心地よいカウンターを食らった気分です。ワークショップなら司会は司会ではありません。折りしも、夜、NHK−ETVの「福祉ネットワーク」で「パッチ・アダムスと若者たち」を観て心が揺さぶられました。パッチ・アダムスはワークショップで日本の若者たちひとりひとりが自分のエンパワメントに気づくワーキングに、そっと、でも、大胆に導きます。今、ほんとに大事なことは何なのかと考えさせられました。ひとりひとりの感性や思いの重さをまた思うのです。
■ススキの穂はいつ頃見頃なのでしょう。ススキの穂も風の花束にしたいもの…

『愛と同じくらい孤独』(04/9/12)
■名古屋に行って一太郎とバッグを調達してきました。今になって一太郎を使うことになるとは想像もしませんでしたが仕事のファイルが一太郎で送られてくることが少なくありません。スプレッドシートはエクセルなのにワープロはどうして一太郎なのか!? 一太郎をインストールしたらATOKが優先されてしまってまたややこしい。だけどこの際どちらも使えるようになっておくこともいいかと、今、ATOKで打っています。使い心地はなかなかのもの! 一太郎は“12”のキャンペーン版が半額以下でした。オンライン登録のとき思い出した。私はジャストシステムのIDを持っていた! IBMのAptivaのプレインストールソフトが一太郎でした。そのIDはジャストシステムにキープされていて、これは当たり前だけど感心してしまいました。
■バッグはまたノーマディックのWISE-WALKERにしました。色は黒です。サイズはA4からB4とひとまわり大きなもの(WW14)にしました。これだとカメラも入る! このバッグは縦長のトートだけど2段に使うことができるので物が底に“堆積”することもなくて使いやすいのです。500ccのペットボトルポケットも便利。素材は強くて3年間毎日使っても擦り傷ひとつない。縫い目もまったく破綻なし。それだけにファスナーのへたりは残念でなりません。今回はファスナーのタブを別に買ってポイントにしました。ショルダーストラップも肩に負担の少ないパッドのモンベルを調達…これが意外に長くて考えものですがすごく楽です。
■名古屋に行ってホームレスの人たちと会うとフランソワーズ・サガンの『愛と同じくらい孤独』を思い出します。「毎週金曜日の朝七時のミサに行く途中で夜遊びの人たち、ベリ街とポンチュ街の飲みさわぐ人たちに出会うわけです。皆ごみ箱の上に半分のっかっていて、シャンペンの壜を抱えてタキシードを着ていて、スコット・フィッツジェラルド風で、わたしは《ああ、この人たちは皆わたしよりも楽しい思いをしているわ!》と思ったものです。彼らは大声で笑っていて、翌日の計画、競馬などについて話しているのに、わたしはこれから四時間の宗教の授業に出るところでしたから! 《不公平だわ》と思っていました。」(サガン『愛と同じくらい孤独』 新潮文庫 朝吹由紀子訳) 価値観のひとつがたぶん180度ちがうであろう人たちとの出会いは私の価値観へのアンチテーゼです。
■反語的だけど大都市であればあるほどマイノリティー(少数派)がひとつのマジョリティー(多数派)に成り得ると思う。絶対的な人口が多いから。では地方都市ではどうなのか!? “地域”というパラダイム(枠組み)も大事だけど世界というパラダイムのないパラダイムを見据えて自分たちの価値観を問うべきではないのだろうか…

ボールのやりとり(04/9/11)
■今日は病院の外来療育で音楽療法のセッションをさせていただきました。初めてのお子さんがボールを返してくれるときにすごくがんばっていることがストレートに伝わってきて私は胸がキュンとなりました。ボールのやりとりは子どもにとってすごく重いもの。子どもが秘めている力はほんとにすごいと思う。
■そして、子どもたちひとりひとりがしあわせでいたいというねがいに大人たちは真摯に応えるべきだと思う。子どもたちのしあわせのためのサポートが社会システムとして位置づけられることを願って私は私にできることを続けていきたい。
■ふだん使っているバッグのファスナーが傷んできて、それならユニクロのはどう?と教えてもらってユニクロに行って来ました。だけど店によって品揃えがちがうようでお目当てのバッグがない店に行ってしまいました。せっかくだからといろいろ見ていくうちにお気に入りのボタンダウンのシャツとノータックのチノパンツを見つけて買いました。どちらもコストパフォーマンスの高いクオリティとデザインで満足度は高い!

音楽の自立(04/9/7)
■朝、西の空に虹が出ていてとてもきれいでした。今日は一日休暇をとって県内の養護学校の体験入学に行って来ました。真摯な対応で気持ちのいいものでした。
■帰りに鈴鹿のイオン・ベルシティに行きました。1階でクラリネットとピアノのデュオの生演奏をしていました。クラリネットのアーティキュレーションがすばらしくて聴き入ってしまいました。ひとつひとつの音たちが歌っているようでした。曲は聞き覚えがある…ドラマ「冬のソナタ」の「はじめから今まで」でした。でも、ドラマの影を引きずっていないドライな演奏です。私は2階の島村楽器で楽譜を探しました。譜面で選んだのはヤマハのCD付楽譜です。車に戻ってすぐそのCDを聴きました。イメージ通りのアレンジというだけでなくドライかつ音楽的に腑に落ちる演奏にまたまた聴き入ってしまいました。ピアノ演奏は西本梨江です。譜面はジョージ・ウィンストンのそれと似た印象です。音楽はそれだけでなくいろんな背景といっしょに記憶されるものだけど、「冬のソナタ」の音楽もドラマから離れて演奏されて、そう、“自立”させることも大事ではないのだろうか。このところカヴァーが多い「冬のソナタ」の音楽だから余計にそう思うのだ。楽曲は作曲家から離れて旅立ち、演奏家は自分の言葉として演奏し、聴く人は自分の聴き方で聴くものではないのだろうか。
■ロシアの学校を狙ったテロはターゲットが学校の入学式の子どもたちというあまりに非人間的な行為で理由は何であれ決して許されるものではない。私は強く抗議する。

夏の終わりに(04/9/5)
■9月のポコ・ア・ポコは17家族のみなさんに来ていただきました。降水確率は低くはなかったのですがポコちゃんが終わるまでは雨は降りませんでした。今日はセッションが終わってもみなさんすぐには帰らないでその場に座って近くの人と話をしてみえました。あと、何かプラスαがほしいのは私だけではないのでしょうね。私自身のスキルアップを思うこの頃です。
■『PHaTO PHOTO』(シー・エム・エス)9−10月号に目が釘付けになるモノクロの特集があります。上田義彦の作品です。家族の写真ですが彼が撮ると“作品”に見えます。どんなカメラで撮ったのだろう…ライカかも知れません。彼は2001年の『コマーシャルフォト』(玄光社)の表紙の撮影にライカM4と60mmを使っています。今回は広角も使っています。私の関心事はライカというブランドではなくレンジファインダーかどうかということ!
■9月に入って朝夕めっきり冷えるようになってきました。夏も終わりです。この頃よく考えること…自分からアクションを起こさなければ何事も起こらないし現実は変わらないということです。閉塞感に立ち止まっていては何も変わらない。この頃ほんとによく考えます。夏はいつも私に力を分けてくれるようです。この秋のススキの穂と紅葉はいつになく輝いて見えるかも知れません。

風車再び(04/9/2)
■昨日、勤務校で2学期が始まりました。出勤前に今日から9月なんだと気づいてミッフィーのサイトから9月のカレンダーをダウンロードしました。今月は三日月にちょこんと乗ったミッフィーの絵を選びました。ミッフィーといえばお盆前にクリーニングに出したミッフィーのネクタイをまだ受け取りに行ってないことを思い出しました。
■風力発電の風車のことを話すとたくさんの人が風車とのエピソードを話してくれます。間近で見て大きさに驚いたこと、見に行ったときの季節や風景のこと、羽根が道路わきに横たえてあってその大きさに圧倒されたこと、生まれ育った所から見えること、犬の散歩をしていると見えること、などなど。中にはあの巨大な羽根を深夜交通規制して運搬するようすを見に行ったという人までいてびっくりしました。おもしろいことにみんなうれしそうに話してくれます。風車に魅力を感じる人が多いことがわかりました。風力発電の風車は空力学に適う形を追求するとあの形になってしまうだけのことだと思いますがインパクトは大きい。ゆっくり回るあの悠々とした姿もいい。見ているとおおらかな気持ちになります。
■先週、校内研修会の準備にTEACCHのビデオをまとめて見ました。アメリカ・ノースカロライナのTEACCHのサポートのビデオです。日本もどこかにこんな資源があるのかも知れませんが私は知りません。松阪を日本のノースカロライナにしたい!と夢は大きく持とう!

夏休みのポコ・ア・ポコを終えて(04/8/28)
■昨日で夏休みのポコ・ア・ポコが終わりました。わずか5日でしたがたくさんのみなさんに来ていただいて感謝しています。地域の療育関係の場でのセッションでは年に1回しか会わないお子さんもいますが、セッションを進めていく中で1年前のポコ・ア・ポコを思い出してくれて積極的な参加をしてくれます。記憶の引き出しに視覚と聴覚と固有覚、そして、前頭葉の記憶もいっしょに、質の高い体験としてたくさん入れておくこと、そんな子どもの育ちをサポートする環境の大切さを実感します。また、ポコ・ア・ポコの活動を通して私は子どもが人を信じることができることの大切さをますます強く感じるようになってきています。ポコ・ア・ポコも子どもたちが信じることができる対象でありたいと思っています。今まで築いてきた質、構造性をキープすることで応えていきたいと思っています。
■6月のポコ・ア・ポコあたりからMDが曲の途中で止まることが起こってきています。車でも長時間同じMDを聴いていると同じようなことが起こることがあります。ポコ・ア・ポコのMDのはいつも車に載せています。夏場の高温で不具合が出てきているのかも知れません。たぶんMDは高温に弱い。今のところ他に替わる機材がないのでしばらくMDを使い続けることになりますが、いささか心もとないのでMP3プレーヤーなどの可能性も探っていきたいと思っています。
■テレビで布袋寅泰のライブを放送していて最後まで観てしまいました。彼の音楽は古典的だと感じました。そもそもエレキギターのリフはクラシックの音楽理論に則ったものと私は捉えています。モード奏法です。モードは言葉の言い回しに根ざしている。だから安心して聴ける。彼の音楽はいい。
■台風16号が近づいています。今は嵐の前の静けさ…

風車(04/8/25)
■出張の帰りに青山高原の風力発電の風車を見に行きました。風車のすぐ前に立ったとき私はその大きさと羽根が空気を切り裂く太い低い音に圧倒されました。風力発電の風車の実物を見るのは初めてです。目的的に効率を第一にデザインされたその姿は不思議な形に思えました。一切の無駄がないというのはどういうことなのかとその大きさで私に迫ってくるようでした。テクノロジーのパワーを肌で感じる思いもしました。
■ちょうど日没間際で夕日がきれいでした。カメラを持ってきてなくて携帯のカメラで撮りました。DoCoMoのFOMA F2102Vは露出補正ができて“作品”作りができるところがマニアックでおもしろい。左は標準、右はマイナス補正(EV−1程度)です。右の写真はもう少し空を入れる方がよかったと思う。
■風車の羽根が空気を切り裂く音は音が空気の振動であることを実感するものでした。そして、切り裂かれる空気の乱れやよじれを思わせる音は今まで聴いたことのない音でした。ロシナンテを駆って風車に向かって行ったドンキホーテは風車に何を感じていたのだろう。

誰だって幸せになりたい(04/8/21)
■@niftyから入会8周年のお知らせのメールが届きました。8年前というと1996年、Windows95全盛期にWindows3.1でニフティ・サーブのフォーラムを使い始めました。IBMのThinkPad535E、Windows95でホームページを開設したのは1998年のこと。この10月で6年になります。“南の風”のサイトは私の情報発信の場です。たくさんのアクセスをいただいて感謝しています。
■今夜、NHK教育放送の「ETV特集」で「ディスレクシア・英国の実践」が放送されました。具体的なサポートが公教育でシステム化されているところが高く評価できます。イギリスと同様“先進国”であるはずの日本ではようやく特別支援教育の場でサポートがシステム化されようとしているところです。20年以上のギャップがあります。軽度発達障害の子どもたちへの理解とサポートも明日からではなく今日から求められていることを教育関係者は認識して自分にできるアクションを起こさなくてはなりません。そして私は、今、本人への障害の告知について考えることが多くなっています。誰だって幸せになるために生まれてきたのだ。がんばることとがんばらなくていいいことを具体的に子どもが腑に落ちるように知らせることも教育者の責務ではないのでしょうか。得意な分野での成功を褒めて自分を愛する気持ちを育まなければならない。番組でも成功体験の積み重ねの大切さがアピールされていました。大切なのは本人の気づきです。子どもひとりひとりの歩みにどこまで寄り添えるのか、そこが教育者のセンスです。本人への告知、本人の気づきと受け容れ、心の“問題”についても番組は取り上げています。これらがシステム化されているイギリスの教育制度はすばらしいのだけどそんな子たちを支えるのは先生ひとりひとりなのだ。先生との関係性の確かさが子どもを支えるベースになっているのです。
■ABBAの「チキチータ」を聴くたびにユニバーサルデザインの音楽だと思ってしまいます。「チキチータ」はスペイン語で「ちっちゃな女の子」の意味とのこと。ユニバーサルデザインということは何かうれしいことがあったときも落ち込んだときも聴けるということ。
■動き回る子どものスナップ写真を何枚かカメラ店でプリントしました。子どものふだんの姿を写す写真はピントもブレも二の次で、タイミングと構図が写真を決めるファクターです。オートフォーカス一眼レフでは追い切れないショットと思いました。私は高校までレンジファインダーを使っていてその頼もしい機動力を時々思い出します。
■古本屋で神立尚紀の『撮るライカ』(光人社2004)と『ライカ通信bP0』(竢o版社2003)を買いました。ライカはカメラも高いが本も高いから古本屋頼みです。ライカの本を読むと自分の写真の原点を教えられる思いです。
■ようやく涼しくなってきました。でも、曽爾高原のススキの穂はこれからでした。ススキの穂が風になびくころ、また行きたいと思います。

レインマン再び(04/8/14)
■「レインマン」は自閉症の文化だけでなくアメリカの文化も伝えています。施設もロケーションもハイウェイも家もモーテルもアメリカでなくでどこなんだ!アメリカそのもの!だということ。アメリカ・クオリティだ。物質文明の最たる姿ですが、欲望の実現という発想ではなく、人を大切にしているが故の発想だと考えてみる。アメリカはどんな社会なのだろうと思い巡らすのです。
■今回久しぶりに見てトム・クルーズばかり追ってしまいました。彼はLD(学習障害)とのこと。子どもの頃学業でずいぶん苦労したと思うが、今、彼がすばらしい俳優として楽しませてくれるまでになるプロセスでアメリカの文化がどう係わってきたのかを知りたい。直接的にはサイエントロジーという宗教がサポートしてきたとのことだが、それも私にはアメリカ的と思えるのです。サイエントロジーは精神的という以上にプラグマティズム、現実的な対応で彼をサポートしてきたのではないだろうか。それは具体的な方法論だと思う。宗教であるかどうかはとりあえず二の次にして本人が求めるサポートは何なのか、そして、それがサポートであり得る社会の文脈を考えたいと思うのです。
■夜、“南の風のトマトソース”にナスとシーフードを入れてパスタを作りました。ピュアな味で200グラムのパスタを食べてしまいました。パスタは1.6mm、ちょっと硬めがおいしい。仕上げのネギがなくて心残りでした。
■夏休みに入ってカメラのシャッターを切ることがほとんどなくなってしまいました。仕事はデジタルが100%になっていますが、やはり気になるのはライカを筆頭とする銀塩モノクロです。フィルム2本を同時に現像できるタンクを買ったのにまだ1回も使ってない。撮りたい写真のイメージがこの頃頭の中をぐるぐる回っています。また始めよう…

レインマン(04/8/10)
■久しぶりに映画「レインマン」を見ました。ダスティン・ホフマンもトム・クルーズも好きな俳優です。この映画は自閉症の世界へのアプローチのステップがていねいに描かれています。ほんとによく考えられた脚本だと思います。
■三重県立養護学校玉城わかば学園の公開講演会で、日本LD学会会長・東京学芸大学副学長、上野一彦さんの講演を聴いて私は胸のすく思いでした。特別支援教育はもちろん大事ですが、これまで学校の先生たちが積み上げてきたことを大切にして自信をもちなさい!というメッセージは私も発信してきたことです。学校の先生だからこそ結び得る子どもたちと保護者との関係性は、社会が変わっても変わることのない、ヒューマニズムに支えられた営みです。学校の先生のアイデンティティーはここにあるのではないでしょうか。かといって先生は自分の経験を過信してはいけない。「理論・経験・創造性」はバランスが大切ですが、その中でも創造性、斬新さの大切さを思うこの頃です。

音楽漬けの夏に(04/8/4)
■夏休みになって慌しい毎日が続いています。昨年は県内外の研修会のはしごをしていましたが今年は勤務校と地元の活動のはしごです。昨日は勤務校のPTA行事でセッションをしました。ミュージック・ケアの理論も説明しながらのセッションとなりました。1時間15分はあっという間でした。
■障害がある子どもたちの松阪市サマースクールは今日が2日目でした。音楽が嫌いで聞こえてくると耳を押さえてしまう子がいて、今日は視覚と固有覚への情報が大きいプログラムから始めました。シャボン玉、そして、小さなバルーンに青と赤のボールを乗せて落ちないようにバルーンを操作するプログラムです。介助スタッフの協力もあってその子は耳を押さえることなくセッションを終えることができました。いつも思うこと、それは、子どもがいちばんの先生だということです。いちばん大切なことは子どもたちが教えてくれる。
■2年前に名古屋市立科学館のショップでプラネタリウムで使われている音楽のCDを買いました。同じ棚にダニエル・コビアルカのCDアルバム「星に願いを」もあって、これもプラネタリウムで使っているんだ!と思いました。私は仕事でよく使います。そのとき買ったCDもよく見るとダニエル・コビアルカの作品が入っていました。いちばんのお気に入りの「アンチェインド・メロディ」でした。インターネットで調べると彼はサンフランシスコ交響楽団の第2ヴァイオリンの主席奏者とのこと。CDもたくさん出ていて知る人ぞ知るアーティストのようです。彼のアレンジはテンポをかなり下げてもやもやっとした印象です。いつの間にか目に見えるような、手を差し出せば触れることができるような、そんな音たちに包まれるような音楽です。ベースはシンセサイザーです。それがとても心地よくて時間が止まっているかのような感覚になります。いつかセッションで使いたい音楽です。この夏は音楽漬けになるかも!
■万年筆のインクがなくなって入れました。ウォーターマンのサウス・シー・ブルーはお気に入りになっています。これで水に強ければいうことなしなんですけどね…

空間の質(04/8/1)
■8月の日曜日のポコちゃんは11家族のみなさんに来ていただきました。スペースにも余裕があってふだんしないプログラムも入れて1時間半近いセッションとなってしまいました。就学前のお子さんにはとても長い時間ですが最後まで集中してくれました。お母さんとお父さんのフォローに感謝しています。

手話の文化(04/7/30)
■三重県立盲・聾・養護学校教育実践研究大会で有限会社手話文化村代表取締役米内山明宏さんの講演を聴いて胸のすく思いがしました。ぼやっとしていたことがすっきりした感があります。演題は「理想の教育とは?〜現実とのギャップをどう考えているのか〜」です。
■2月にシンボルコミュニケーションのブックを作っていて、シンボルの選択と配置に文法のちがいを感じました。日本語の文法とはちがう文法があるのではないかということです。やはり視覚によるコミュニケーションである手話はどうなのだろうと考えてしまい、インターネットで検索して龍の子学園を知りました。そう、龍の子学園は米内山さんが設立したフリースクールだったのです。
■文法がちがうということは意思決定のプロセスと背景、文脈がちがうということです。文化がちがうのです。文化のちがいを知ることは自分の文化を知るということ。自分の文化を知って愛することはちがいを認めることにつながる。セルフ・エスティームの育ちが大切なのだ。聴者の文化を自ら愛する者が聾の人の文化も尊厳も認め得るのではないだろうか。自閉症スペクトラム障害も同じです。
■米内山さんが描く「理想の教育」へのプロセスは「教育はみんなのもの、オープンにみんなで語り合えるものであってほしい」ということ。学校は壁を作っている…そのことをまた指摘された。
■障害児の松阪サマースクールでピアノを使って私の指が昂ってくるのがわかりました。ピアノといっても電子ピアノですがアクションはハンマーアクションです。ピアノはいいなぁと思いました。

ユニバーサル・デザインの音楽(04/7/27)
■昨日から夏休みのポコちゃんが始まりました。午前は松阪市療育センターのお子さんたち、午後はいつものポコちゃんです。親子でいっしょに楽しんでいただけるひとときになればと思っています。午後は11家族26人のみなさんに来ていただきました。
■勤務先の養護学校の運動会で使う音楽の選曲をしています。集ったみんながひとつにつながれる音楽…アバやクイーン、そしてハワイアンなども聴いています。SMAPや槇原敬之、往年のヒット曲からも探しています。ユニバーサル・デザインの音楽を探しています。鼓舞してがんばれ!とは言わない。あなたの気持ちわかるよ、そうだね、そんなこともあるね、私でよかったらいっしょに考えさせてくれない? あなたはひとりじゃないよ。そんなメッセージのある曲です。シチュエーションは何でもいい。いっしょに歩いて行こうというプラス思考のメッセージが感じられることが大事。そして、その音楽をどんな場面でどのように使うのか、その場面設定と演出が私の責務。
■私が長生きして音楽療法のキュアとケアを受ける時が来たとき、私はどんな音楽を求めるだろうと考えるときがあります。私はありきたりの童謡や演歌で癒されはしない。クラシックやロック、ジャズでアイデンティティーを感じる。それがわかる音楽療法士が育ってほしいと思っています。童謡や演歌を否定はしない。音楽の機能を理解して使ってほしいと思うのだ。音楽を聴いて癒される前にドキドキわくわくしたい。私は扱いにくいやっかいな年寄りになりそうだ。ロックバンドはどの年代でもやっかい者だろうね(^_^);;;

夏休み!(04/7/25)
■ほとんどの学校が夏休みに入りましたが私の勤務校は昨日24日土曜日から夏休みに入りました。夏休みのポコ・ア・ポコは明日からのスタートとなります。年々忙しくなって今年は5回だけになってしまいました。夏休みのポコちゃんは3年目です。1年目はクラスの子に頼んで来てもらって2家族でスタートしました。翌年の5月から日曜日のポコちゃんを始めました。いつまで続けられるかわかりませんがポコ・ア・ポコは私の文脈の中にしっかり根を下ろしています。来ていただいているみなさんにとってもそうであってほしいと思っています。
■昨日は三重県いなば園第4回音楽療法セミナーに行ってきました。土田玲子先生の「感覚統合と音楽療法」です。視覚と前庭覚との関係や自閉症の人たちのものの感じ方などたいへん共感する内容でした。アメリカの自閉症の子が14歳でタイプライターを打つようになって書いた詩が紹介されました。「生きたまま墓石の下にいるようなもの 叫んでも声にならない」 これが発達検査でIQが20台という最重度の子の言葉である。自閉症の子がいかに低く評価されているか、理解されないでいるかということを思い知るべきだ。自閉症の子の心の声に心を傾けるべきだ。
■障害がある人との関係のいちばんの課題はコミュニケーションだと考えます。「言いたいこと言っていいんだよ」「言えば伝わるよ」というメッセージを伝えることが障害児教育に携わる者の責務である。もちろん「言う」といっても音声発語だけでなく身振り手振りやシンボル、VOCAなどを含めたAAC(拡大代替コミュニケーション)、伝えるための手段をきちんと提供してのこと。ニーズに応じた適切なコミュニケーションの手段を提供することはコミュニケーションに自信をもたせてあげること、伝えてなんぼの結果をきちんとわかってもらって言いたいことを言おうと思ってもらえること。そのためにはその人のものの感じ方を理解することがはじめの一歩だ。一方的な思いやりや先入観ではなくいっしょに感じ合うこと。いっしょに何かを探すこと。それがひとりひとりが生きるということではないのだろうか。
■講演を聴いているうちにサックスが吹きたくなってきました。家に帰って久しぶりにサックスをケースから出しました。
■『ライカ通信bP1』(竢o版社2003)を見ていていいなぁと思って買ってしまいました。カメラそのものよりもライカで撮った写真に惹かれた。モノクロは滑らかなグラデーションが、カラーはコダクロームのようなコクと透明感が写真に深い陰影を与えています。

夕焼けに幸せを感じて(04/7/19)
■7月の日曜日のポコ・ア・ポコは19家族のみなさんに来ていただきました。大勢でしたがとても落ち着いた空間で、いつもよりゆったりと長めのセッションとなりました。子どもたちもみなさんも参加のかたちはそれぞれでポコ・ア・ポコの空間にいっしょにいてくれることを嬉しく思っています。でも、みんな、こんなにいい子でいいの? がんばり過ぎてないの? そんなこともふと思いました。
■金曜日、日曜日のポコ・ア・ポコを前にグッズの点検をしようと車から全部降ろしました。そもそもFFのワゴンのリアオーバーハングに荷重がかかる使い方は酷なものだ。荷室がからっぽになったらなんと軽く走ることか! 加速は速いしブレーキもよく効く。コーナリングは車との一体感があります。ミッションも2−3は手動でシフトして引っ張る。4,000〜5,000rpmオーバーのエンジンの音が心地いい。フィールダー購入のときディーラーでマネージャーをしている友人からMTにしないのか?と言われた。そうしておけばよかったと今頃しみじみ思うのだ。次の車は操って楽しいスポーツカーにしたいもの。NHKの「プロジェクトX」でマツダのル・マン総合優勝のときのメカニックがマシンのエクゾーストノイズを「ミュージック」と言っていたことを時々思い出します。
■土曜日にNHK−ETVで「土曜フォーラム」「ともに学びともに育つ〜『軽度発達障害』の子どもたちの教育〜」が放送されました。文部科学省特別支援教育課柘植雅義さんは国立特殊教育総合研究所の研修で指導してもらって懐かしく思いました。彼が最後に言った言葉は私がいつも話していることで意を得たりの感があります。「いよいよ特別支援教育が全国で始動していきます。それを期待して待っているだけでなく、外野から見ているのではなくて、みなさんにできることは何かということを考えていただいて、できるところから具体的に行動していただくと、みなさんのお住まいの地域の特別支援教育はより早くより質の高いステージに達するのではないかな、と思います。」地方分権ではなく地方主権という発想、ひとりひとりが動かなければ道は切り開けないと思うのだ。新宿区柏木小学校教諭井上薫さんの言葉も現場の声として共感するものがたくさんありました。
■夕焼けを久しぶりに見ました。綿菓子をちぎったような雲が夕陽にあかく染まって、でも、空は青くて、鮮やかなきれいな空の色でした。見ているとなぜか幸せな気持ちになっていました。

夏の準備(04/7/10)
■曽根富美子・森口奈緒美『この星のぬくもり 自閉症児のみつめる世界』が8月に復刊されるようです。出版社はぶんか社とのこと。(復刊ドットコム『この星のぬくもり』のページ) この本についてネットで調べたのは副題の「自閉症児のみつめる世界」という言葉を思い出したからです。みなさんどんな読み方をしているのだろうと…。この本は自閉症の子たちのものの感じ方を視覚的に教えてくれます。
■仕事で子どもたちの写真を撮っています。学校生活のアルバム用です。自閉症や感覚の入力と処理に課題のある子たちは視線が合わないことがよくありますが、私は子どもたちの視線の行方を追って、何を見ているんだろう、何が好きなのだろうとよく思い巡らします。それは、たぶん、キラキラするもの、すき間から差し込む光、薄暗い廊下の天窓から漏れる光、紙に反射する光、小さなやさしい光、物理的角度では測れない視野の狭さ…私が撮る写真もいつしかそんなシーンが多くなってきました。ピントがバシッと合って解像度が高くてカリカリしていてコントラストも高くて鮮やかな色彩、そんなレンズの優等生みたいな写真は刺激が強過ぎると思うことがあります。
■レンズにはそれぞれ個性があって好みで使われるものです。ロシアのLOMOやライカのレンズで撮った写真にノスタルジーを感じるとき、もしかしたら自閉症の子の感じ方になっているのかも知れません。私は今キャノン使いなので、そうですね、EF50mmF1.4をF1.4〜F2で撮るとそんな感じかな? 危ういくらいボケがきれい。D30で撮るとなおさらです。
■視覚的色彩ははっきりしないのがいいのですが、音楽の授業ではビートがはっきりした音楽を使います。ピアノもリズムのゆらぎを大事にしながらビート感をはっきりさせて弾きます。もちろん音色はやわらかなものを選びますが、音楽の三要素のリズム、メロディー、ハーモニーではリズムがいちばん大事です。リズムは心臓の鼓動であり脳のパルスです。
■古いのを騙し騙し使っていたメガネをやっと買いました。イタリアのデザインだと思う。買い物で迷っているときちょっと背中を押してくれる人がいると心強い。真っ白のナイキのスニーカーも調達してこの夏の準備ができたような気になっています。POCO A POCOというロゴのプリントのTシャツを見つけました。これも白!

サハラ砂漠の砂(04/7/3)
■朝からウォーターマンの万年筆、エキスパートCTが届いて早速サウスシーブルーを入れてみました。あれ?色がちがうではないか。タクトゥールはやっぱりフロリダブルーがペン内に残っていて混ざっていたのだ。エキスパートで書くサウスシーブルーは鮮やかだ! 南の海の色だ。エキスパートのニブのサイズはM=中字で日本語を書くにはかなりの太めといわれますが漢字もおおらかに書けていい。フランクリン・コヴィーの紙質はサウスシーブルーとの相性もよくてすらすら書けてすっと吸うけど滲まない。これを文化というのだと思う。和紙と墨との関係と同じだ。そして、ブラスベースのずっしりと重いエキスパートはどんな字をどんなふうに書いてきた人たちを想定してデザインされたものだろうかと思うのだ。ネットショップに「砂漠の砂紋をボディに書き出したようなモダンなデザインは、神秘的な光沢を放つメタリックラッカー仕上げ。」とある。砂漠の砂紋のボディから南の海の色のインクがさらさらと流れるのはミスマッチかも知れない。でも、砂漠のイメージは嫌いではありません。
■東京の書店でサハラ砂漠の砂を買ったことがあります。赤っぽい細かなさらさらとした砂が5センチくらいの試験管みたいなガラスの容器に入っていてコルクの栓がしてあります。鞄に入れてずっと持ち歩いていた時期がありました。エキスパートはブルーです。夜の砂漠はこんなこんな感じなのだろうか…。「アラビアのロレンス」やインディー・ジョーンズのシリーズに代表される「第三世界」への欧米のベクトルは心理的にどう説明されるべきものなのだろうと考えるときがあります。
■木曜日の帰りに書店に寄ってサーフィンとオートバイの雑誌を買いました。先週には自転車の雑誌を買って、昨夜はクラプトンのCDを買いました。これまで、これをしないと、人生、後悔をするだろうなといろいろしてきました。オートバイもトライアスロンも音楽療法もそうですが、サーフィンはまだしたことがありません。椎間板ヘルニアがあるのでちょっとむずかしいかも知れません。
■三菱自動車のCMで「愛しのレイラ」の冒頭を聴いて、なぜかこれはエリック・クラプトンだと思いました。ところが私はクラプトンをよく知らない。CDで全曲を聴いて後半のピアノの部分があることも初めて知ったくらい。でも、そう思った。これはエリック・クラプトンだと。

サウスシーブルー(04/7/1)
■私が使っているフランクリン・コヴィーは7月始まりで、今回はモンティチェロのデザインにしました。ネイビーのマーブル模様がブルー系インクにマッチするように思ったからです。リフィルの日付文字とページ内側のラインがゴールドで、バインダーの金具のゴールドとよくマッチします。
■そのインク、サウスシーブルーが今日届きました。私の手持ちのウォーターマンはタクトゥール・ライト・ソフトのブルーです。2000年の8月に買ってフロリダブルーを入れていましたがインクが固まりやすくてほとんど使いませんでした。ペンからフロリダブルーを完全に抜こうと白い陶器に水を入れてペン先を入れておくと濃いフロリダーブルーがゆっくり流れ出します。何回水を換えても底に濃いブルーの層ができます。10回目くらいにやっと水がきれいなままとなってサウスシーブルーを入れました。色はブルーというよりターコイズかな…でも好きになれそうな色で、しばらくこのまま使います。
■私が万年筆を使うのは書きやすいからです。そして、万年筆で書いているとちょっと深い想いで時間が過ぎてゆくように感じるから…
■今日の朝日新聞朝刊の一面の真ん中に青いバラの写真がありました。サントリーが遺伝子技術で開発したとか。ブルームーンに似た色合いですがもっと濃い印象です。「丹精の薔薇を切る園丁の瞳を」(村松英子「欲しい」より)私も欲しいものだ。

「がんばる」ということ(04/6/26)
■クラスの子が病院のICUでがんばっています。明日で1週間になります。

だまされるな


人は何か一つくらい誇れるものをもっている
何でもいい、それを見つけなさい
勉強が駄目だったら、運動がある
両方駄目だったら、君には優しさがある
夢を持て、目的をもて、やればできる
そんな言葉にだまされるな
何もなくていいんだ
人は、生まれて生きて、いつか死ぬ
人間、それだけでもえらいんだ


 ビートたけしの詩です。がんばらなくていいんだよ…がんばって…がんばっちゃだめだよ…でもがんばって…「がんばる」という言葉は日本語にだけにあるものなのだろうか…
■ここしばらく夜な夜な万年筆のサイトを渡り歩いています。2000年の国立特殊教育総合研究所の研修では大阪心斎橋の東急ハンズで800円で買ったアルミの万年筆にモンブランのロイヤルブルーを入れて書きに書きまくった毎日でした。その万年筆を失くしてしまって今は1本も使っていません。でも、また使いたくてあれこれ探しています。そんな中で知ったウォーターマンのサウスシーブルーというインクはPCのモニタで見るだけですが惹かれる色です。

障害者支援費不足(04/6/22)
■今日の朝日新聞夕刊のトップは「障害者支援費170億円不足」でした。支援費制度はWHOのIFC、厚生労働省の障害者基本計画に基づく障害者本人の選択と決定で必要なサービスを利用するという理念によって整備されたものだ。それが始まって2年目で「制度存続の危機」とは、朝日新聞の署名記事のようにリサーチが適切に行われていなかったことがいちばんの原因だと考える。民間企業ならすでに倒産している。「国が本気で脱施設に取り組む気があるのか。支援費の不足問題は、国にその答えを突きつけている。」(朝日新聞040622夕刊) 更に言いたいことは、在宅は理想だがその理想の在宅を実現するためにはハードもソフトも不足しているということだ。社会資源があまりに足りない。残念なことに心も余裕がなくなってきているのではないか。不況が続き、命があまりにも軽く失われる事件が続く中、ヒューマニズムなくして人はどうして生きていくことができるというのだ。そして、在宅の現状はきびしいものがあるということをわかってほしい。学校の先生たちもそのことを理解して必要なサポートを考えていくべきではないのか。
■昨日は台風6号の影響で勤務先の養護学校は臨時休校でした。職員は休みではありませんからフルタイムでたまっている仕事を片付けていました。ところが給食がなくて、昼頃は雨も風も強くてとても買い物に出られたものではなかったので昼抜きになってしまいました。休憩時間もなく9時間よく働きました。おかげで今日はジーンズがゴソゴソでフラフラしていました。
■6月の日曜日のポコ・ア・ポコは21家族のみなさんに来ていただきました。ブラームスの「ハンガリー舞曲第5番」を初めて使いました。両手で大きな輪をゆっくり描くコントロール=静のなんと素敵なことか。

脳の認知処理(04/6/19)
■木曜日に済生会明和病院発達支援センター「なでしこ」指導室長大友正明先生の講演を聴く機会がありました。「K−ABCの活用について〜心理・教育アセスメントバッテリー〜」です。子どもの認知処理を継次処理と同時処理に分けてとらえ、習得度と照らし合わせてサポートの方針を決める考え方です。この考え方は心理セッションや授業だけでなく生活のあらゆる場面でのサポートに役立ちます。しかし、脳の認知処理の仕方を把握しながらのサポートだけにサポーターのセンスが何よりも求められます。子育てはもともとそうなんですねどね…
■ドコモショップでFOMAとPCを接続するUSBコードを注文してきました。ソフトは端末に同梱されていてコードを購入するだけでデータのバックアップとパケット通信ができるというシステムは良心的です。
■台風6号が近づいています。明日のポコ・ア・ポコは荒天かも知れません。

I NEED TO BE IN LOVE(04/6/15)
■ここのところ車でよくカーペンターズの「青春の輝き」を聴きます。今日はこの1曲ばかり聴く通勤ドライブでした。この曲の原題は「I NEED TO BE IN LOVE」です。この原題がどうして「青春の輝き」となったのか、私は疑問でならない。英語のオリジナルはもちろん、CDのカードの邦訳からも「青春の輝き」が邦題になるとは思えない。この歌にこめられた想いはちがう。愛を求めるひとりの女性の切ない想いだと思う。私はカーペンターズの歌の中でこの歌がいちばん好きです。歌詞はあまりに切ないけれど…。サビをなぞるホルンがその切なさを私の心にたまらなく響かせるアレンジも泣かせる。誰だって…I NEED TO BE IN LOVE!
■通勤路の合歓の木の花が咲きました。夜になると閉じる葉はやわらかな楕円で、花は繊細なピンクの花です。私はその花が風に揺れるシーンを写真に撮りたい。風はおだやかな南の風であってほしいけど嵐の日もあるかも知れない。咲いたのはまだ1本だけですがどうして今日1本だけ早く咲いたのでしょう…

『コレリ大尉のマンドリン』(04/6/14)
■勤務先の養護学校のスクールバスの介助の代替添乗をしました。片道1時間40分、5市町を走ります。椎間板ヘルニアは今日はおとなしくて支障なく仕事を終えることができましたが、脚はずっとしびれがあってこの仕事をいつまで続けられるかなと思っています。いつかは車いすの生活になるかも知れません。それならと新しいページをめくるようにわくわくしたいけど、できるかな?
■ルイ・ド・ベルニエールの『コレリ大尉のマンドリン』(太田良子訳 東京創元社 2001)を読み始めました。これは長大な物語。ストーリーでありナラティヴである。ひとりひとりが語っている。読み手も語り始める。この深い物語の渦の中に身も心もゆだねる感覚が好きだ。

郵政互助会の助成(04/6/11)
■今日、松阪郵便局の局長室で郵政互助会からの助成の贈呈式がありました。ポコ・ア・ポコ音楽療法の会への助成です。フラップバルーン4m×4m、鈴30個、タマゴマラカス40個をいただきました。感謝しています。フラップバルーンは勤務先の養護学校でも使わせていただきます。
■ポコ・ア・ポコは第1回から書面でのご案内を続けています。水色のポコ・ア・ポコのロゴとスクエアのデザインとダイレクトメールは私のこだわり。学校から配布していただくこともありますが郵送がベースです。お金もかかりますが郵送にこだわってきて郵送互助会から助成をいただくのも何かのご縁かと思っています。
■出張で言語聴覚士、理学療法士、作業療法士から直接話を聴く機会がありました。こうした専門職の方と話をすると学校の先生の専門性とは何?というアイデンティティーをふと考えてしまいます。長い時間子どもたちといっしょにいるからこそできることがある。それは確かな関係性の中で育つ子どもの心を見守ること。見守るだけではないのだけどこう書きたい時間の共有の感覚がある。
■毎日新聞の「治療成績格差 信頼のものさしは」の記事は衝撃的でした。例えば、肺がんの早期がん(1B期)の手術後5年の生存率が病院によって約4割〜約9割という倍以上の格差があるというのだ。助かるものも助からないことがあるというわけだ。ただ、こうした調査結果をかなりの病院が実名で公開することに了承していることは評価できる。
■椎間板ヘルニアの古傷が疼いておとなしくしていましたが、今日は軽めのダンベルを買ってきて積極策に出ました。思えばトライアスロンのレースを休止してから体調が変わってしまった。体力は+αの使い方でキープされるものだと思う。

風車(04/6/6)
■ミュージック・ケア初級総合研修三重会場が終わりました。野中先生のレクチャーと受講生のみなさんの真摯な姿勢にサポーターの私も初心に返って学ばせていただきました。昨日は野中先生の実践=セッションがあってまたとない研修となりました。私は音出し(音楽をかける担当)をさせていただいて緊張感も実感です。
■ミュージック・ケアの研修の会場に向かうとき、晴れていると遠く青山高原の稜線に風力発電の大きな風車が見えます。ゆったりと回っていて、大らかで、ちょっとのことでは動じない信念のようなものを感じます。ただの風車なのにおもしろいことです。
■古本屋でルイ・ド・ベルニエールの『コレリ大尉のマンドリン』(太田良子訳 東京創元社 2001)を見つけました。500ページを超えるハードカバーで読み応えは十分です。戦争は肯定できない。でも、戦乱の真っ只中にいる人たちの選択と決断のドラマに私は惹かれるものがあります。そこに音楽がからんでいると私はただならぬ気配を感じます。コレリ大尉のように自ら音楽を奏する人が登場すると尚更です。
■今夜、NHK−TVで「ヨーロッパピクニック計画〜こうしてベルリンの壁は崩壊した」の再放送があります。1993年の制作ですから10年も前の番組です。東ドイツ人を西側に逃すことにハンガリー首相が見返りを望まないばかりか当然のことと言ったとき、西ドイツのコール首相は涙したとのことです。ビデオを見る度にここで私も泣いてしまう。ヒューマニズムの重さを感じるのだ。

理論(04/6/4)
■三重大学附属養護学校の学校見学会に行って来ました。講師は大学の先生たちで、developmentの語源やempowerment、secure base、マスローの欲求の5段階など、久しぶりに聴く研究機関の講義に惹きつけられました。こんな理論は頭の中を整理してくれるし胸のすく思いがします。会場もすごくいい環境でした。生活訓練棟の「ひまわり」のホールの壁は目にやさしい木材で、レースのカーテンがさわやかな風にゆっくりふくらんでは何事もなかったかのように静かに戻り、それはそれは心地よい空間でした。いつもpoco a pocoに来ていただいている1歳の女の子もお母さんと来ていて心も和む一日でした。
■理論といえば京都大学教授鯨岡峻先生の関係発達論をしっかり勉強したいと著書を5冊取り寄せました。今日の学校見学会で会った1歳の子と私とのやりとりのすべてに意味と価値を見出すためにも関係発達論は心強い見通しをもたせてくれます。

合歓の木(04/6/2)
■通勤路沿いに合歓の木があるのを教えてもらって花が咲くのを楽しみにしています。花が咲いたら写真に撮ります。合歓の木の花は細い細い淡いピンクの花弁たちの花。風に揺れる合歓の木の花を写真に撮りたいと毎日の通勤路は気もそぞろです。木の時間の流れはゆっくりです。そのゆっくりさがうらやましいと思うことがあります。
■朝日新聞の文化欄に舘野泉ピアノリサイタルのことが載っていた。「2年前に脳溢血で倒れた…この復帰リサイタルの曲目はすべて左手のためのもの。右手は今でも後遺症で使えないという。…ピアニストにとって致命的とも言える逆境にあってなお、それを逆手にとって新しいプログラムを開拓していこうとするその好奇心の旺盛さには、ただひたすら頭が下がる。」(岡田暁生 音楽学者 2004.6.2 朝日新聞夕刊)
■そうそうと探した楽譜は萩原英彦の『エチュード・アルモニーク〜こどものためのピアノ曲集』(カワイ出版 1983)です。この中の「左手のための三つの小品」の「狂詩曲(ラプソディー)」が聴きたくなりました。でもCDはすでに廃盤。レコードはあってもプレーヤーがなくては聴けません。楽譜を見て音を思い浮かべるだけ。それでも萩原英彦の立体感のある色彩感はよみがえる。

こころが行き交うつながり(04/5/29)
■金曜日、勤務先の養護学校の社会見学で松阪市に新しくオープンした農業公園ベルファームに行ってきました。初夏らしい明るい青空で暑いくらいでした。イングリッシュガーデンは花も咲いていましたが私は伸びて横になった芝のキラキラとした輝きに見入ってしまいました。この草の中にしゃがんで触れる子もいて…わかるわかる!
■ここのイングリッシュガーデンはバラクライングリッシュガーデンのケイ山田さんの監修とのこと。そういえばバラクライングリッシュガーデンにはもう2年以上行ってない。
■NHK−TVの「21世紀ビジネス塾 シリーズ 地域が自立する日 第1回 『段々畑を農協が変えた』」を見て意を得たりとうなずいてしまいました。「零細農家」ばかりなのだが年収1000万円を超える農家が200軒以上もある。農家が選んだ作物を作って自分でパッケージして値段を決めて、6か所の直売所のどこに何をどれだけ出荷するのかなど、全部自分で決める。売れ残りは翌日出荷場に戻ってきて引き取る。商品にはすべて自分の名前が出る。顔の見える仕事だ。松阪ベルファームにもそんな店がありました。売り場には生産者の顔写真まであります。みんなこだわりの商品です。値段は高かったり安かったりでおもしろいのだが、何よりも安心感がある。こころが行き交うつながりがある。

包丁を砥ぐ(04/5/27)
■日曜日にミュージック・ケア初級総合研修三重会場2日目がありました。1日目に5曲、2日目に13曲、計18曲のレクチャーがありました。今年度からはテキストも使っての研修ですが習得の難しさは変わりません。私は研修を終えてのサポートですが、ひたすら先生の真似をして基本の動作を確認しようと必死でした。
■昨夜、“パエリアの素”を使って炊飯器でパエリヤを作ってみました。米3合とシーフードミックス、そして“パエリアの素”を入れてスイッチを入れるだけです。なかなかの美味だけどやっぱりスパイスをアセンブルするところから自分で作りたいと思うのだ。
■朝から家の電気工事で休暇を取っていました。30分の予定がなかなか終わらなくて、でも、いつ終わるかも知れないのでパソコンを開けて仕事するまでもなく家の片付けをしていました。それも一段落して、次に包丁を砥ぎました。切れ味を確かめたくてネギやキャベツを切って夕食の準備としました。砥いだ包丁の切れ味はスパッというようりもネットリとした質感です。包丁の切れ味は料理そのものを面白くする。夕食はお好み焼きでした。

MC研修始まる(04/5/22)
■ミュージック・ケア初級総合研修三重会場が始まりました。研修主任の野中千枝先生の基本の動作のなんと美しいことか! 私はその技を自分のものにしようと初心に返って集中していました。サポーターといえども気の抜けない研修です。
■研修の会場までの道から麦秋の麦畑が見えました。今年の麦秋は早く訪れました。
■北朝鮮から拉致被害者の家族が帰国する報道が続いています。私はこの拉致という行為がどうしても許せない。そして、日本はどうして毅然としてそのことをアピールしないのか、私は理解できない。「人道支援」も日本政府が北朝鮮国内で独自の「配給所」などを設けていちばん困っている人たちに直接物資を届けるべきではないのか! 拉致だけでなく、そもそも自国民が逃げ出すような国を作った北朝鮮の「リーダー」たちはその責任と恥を思い知るべきだ。
■このところの長雨で洗濯物が乾かず、ジーンズも乾燥機にかけたら「ふんわり」仕上げになって肌触りが変わってしまいました。だから乾いたジーンズをみんなまた洗濯しました。ジーンズはゴワゴワのバリバリに限る! と思ったらまた雨だ。
■金曜日は出張で鳥羽まで行きました。鳥羽湾に4本マストの帆船が停泊していました。帆は出ていませんでしたが優雅な姿でした。海はオーシャンブルーでした。

「関係性は専門性を超えるんだって!」(04/5/19)
■医療的ケア全国ネットワークのリーフレット「医療的ケアってなぁに?」に「関係性は専門性を超えるんだって!」という見出しを見つけて意を得たりとうなずいています。「その子と日常的な関係の深い人の方が医療スタッフより適切に医療的対応ができるんだョ!」というセンテンスは誤解を招くかも知れませんが、多くの時間をいっしょに過ごす人たちとの関係性は子どもたちと保護者のみなさんにとって何よりも安心できるよりどころであると考えています。医療や音楽療法などの専門性が障害児学校の教職員に求められるようになってきていますが、学校の教職員の基本的なスタンスは子どもたちと保護者との厚い関係性です。学校の教職員だからこそなし得ることを見つめ直し、再確認しながらこの教育の変革の時に積極的にかかわっていきたいのです。尚、誤解がないようにリーフレットからこのテキストも紹介しておきます。「お医者さん、看護師さんにもお願いしたい事がいっぱいあるんだ! 専門スタッフの必要性を否定するものではありません。お医者さんや看護師さんが学校や地域施設でその経験や技術を生かし、専門スタッフとしての役割を果たすことはますます必要になっています。研修・指導・難易度の高いケア。教師・へルパーのバックアップ・サポート。訪問看護の充実(重症心身障害児に対応するステーションはまだまだ足りません。)」
■オーシャンブルーの腕時計が届きました。なかなか届かないので宅配業者のサイトで検索したら「不在預かり」とか。電話で問い合わせたら再度お届けに上がる途中とのこと。すると間もなく届いてネットサービスの便利さを実感しました。腕時計はきれいなデザインで満足ですが、多軸タイプはやっぱり視認性がいまいちですね。仕事上子どもの発作の時間を正確に把握するにはちょっと目を凝らさなければと思っています。この腕時計はなんと日本製です。今時この値段(\16,000→\4,000)、この仕上げで日本製はちょっとない。それでいてデザインは日本離れしていてこのミスマッチがおもしろい。

1周年の日曜日のポコ・ア・ポコ(04/5/16)
■日曜日のポコ・ア・ポコは1周年を迎えました。今日は23家族のみなさんに来ていただきました。広い会場はいっぱいで、来てくださるみなさんに心から感謝しています。まだ1年、だけどこの1年のあゆみはたとえようもなく大きいものを感じています。これからひとりひとりのお子さんのニーズとホープに応える運営を考えていきたいと思っています。プチポコ=小さい、少人数のポコ・ア・ポコもしていけたらと思いますが、この多忙な中でどこまでできるでしょうか…。そして、ムーブメントや認知学習など、ひとりひとりのお子さんに焦点を合わせたトータルなサポートにも思いが馳せます。日本はほんとに文明国なのかと、つくづく思います。
■ずっとずっと晴れが続いていた日曜日のポコ・ア・ポコも1周年の今日ついに雨が降りました。会場の駐車場の木や壁に這うかたつむりを捕まえてふたりだけの時間を過ごす母娘の姿に私の心も和んでしまいました。ポコ・ア・ポコのプログラムだけでなく、こんな思いがけないスポットのシーンもまた子どもにとっては大切な時間だと思います。余剰性、ノイズといわれる部分です。人はいつもいつも何かの目標に向かって頑張っているわけではありません。ポコ・ア・ポコももっとゆるやかなパラダイム=枠組みでいたいと思うこの頃です。
■昨日、ネットでTIMEXの腕時計を注文しました。文字盤はオーシャンブルーです。深い青。この色をオーシャンブルーとネーミングするデザインのセンスと文脈もまた私には興味津々です。私は腕時計に日と曜日の表示がないと落ち着けません。秒針もピッタリ標準時間に合ってないと気がすまない。そんな自分を笑っていられる自分もまた笑ってしまいます。こんな心理を心理学ではなんというのだろう!?

カードの束(04/5/14)
■今日は朝5時半に家を出る出張があって、そのために昨夜早く寝たのに午前1時30分に目が覚めて、次に眠ったら5時に起きれるかどうかが気になって結局朝まで眠れず! だから24時間丸一日起きていることになりそうです。
■すごく大事なことを忘れてしまっていて、でも、突然思い出してあたふたとする…そんなことが今日ありました。落ち込むことしきりで、ゴンチチを聴いてお酒を飲もうと帰りにレンタルショップに寄ったら今度はレンタルカードがない! カードケースのカードを繰ると診察券やしばらく行かないうちになくなってしまった店のポイントカードが出てきてしばし見入る。結局レンタルせずに帰ってきました。こんなことってある。

スターバックス(04/5/11)
■先日スターバックスに行く機会がありました。タンブラーをひとつ買いました。ボディはゆるやかな曲線のデザインに変わっていました。エレガントです。スターバックスは私にとってもうひとつの空間です。ジャズが静かに流れる店内は自分のアイデンティティーを実感します。私のオーダーはいつもカプチーノです。同じカプチーノをオーダーする人がいると、ふと、どんな文脈の人かな…と想像してしまいます。
■ミュージック・ケア初級総合研修三重会場が最小履行人数をクリアして実施と連絡があってホッとしています。研修主任の野中千枝先生が来ていただけることもあってクオリティの高い研修になります。サポートスタッフとして参加できることを幸せに思っています。
■FOMAの取説を見ていたらPCとの接続ソフトが同梱されていることがわかりました。FOMAはPCと接続しなくても使えますがバックアップやデータ通信などPCとの連携を標準と考えて企画されているわけです。

From A Distance(04/5/8)
■ベッド・ミドラーが歌う「From A Distance」を久しぶりに聴きました。ポコ・ア・ポコのセッションでフラップ・バルーンに使っている曲です。セッションで使っている演奏はリチャード・クレイダーマンです。ベッド・ミドラーがオリジナルです。聴く度に音楽に溺れるような感覚があります。この曲はどうしてできたのだろうと考えることがあります。クライマックスは曖昧ですがテンションが波打つように繰り返されます。何度繰り返して聴いても終わりのない曲です。不思議な曲です。
■「From A Distance」の文脈は終わりのない旅かも知れません。トリップは目的地が決まった旅、ジャーニーは目的地が決まってない旅、でも、旅の目的はある。目的を見つける旅はなんというのだろうか…

やわらかな光の一日(04/5/7)
■今日はとてもやわらかな光の一日でした。朝から車であちこち走り回っていましたがサングラスをかけなくて済みました。いいえ、サングラスをかけるのがもったいないくらいのやわらかなやさしい光でした。桜並木の葉の間からこぼれる光もなんとやさしかったことか。キラキラしているのに目に痛くない。気象学的には春の大気が云々ということなのでしょうね。自閉症スペクトラム障害の子どもたちにとってはまたとないいい日だったと思います。午後から出勤した養護学校でも子どもたちもいつになくおだやかな表情に思えました。
■創刊間もない『月間プレイボーイ』のインタビューにヘルベルト・フォン・カラヤンが登場したときの言葉をよく思い出します。カラヤンはオーケストラの指揮者、そして、スピード好きです。インタビュアーが「あなたはsinrich(感覚的)ですか?」(ドイツ語のスペルが間違っていたらごめん!)と質問してカラヤンはそうだと答えた、メカニズム好きで緻密な構築にこだわるカラヤンは、実は、自分の感覚のままそうしているという文脈だったように覚えています。私も理論派と見られているようで、確かに、発言や講演は理尽くめですが、理論に基づく文脈の構成を決めるのは私自身の感覚です。感覚に頼って考え判断しています。哲学といってしまえばそれだけなんですが、哲学にしてしまうと不動のものとなってしまうように思います。私がいう感覚とは常に動いている自分自身そのものです。センス、ともいえる。
■昨年も紹介しましたが、ジミー(幾米)の『君のいる場所』(小学館2001)の冒頭にこんな詩があります。「二人は信じる/求める気持ちが出会わせたのだ/信じあう心は美しい/でも揺れ動く心はもっと美しい」(ヴィスワヴァ・シンボルスカ「恋」より) そう、「揺れ動く心はもっと美しい」…コンテンポラリーということ、同時代、今、この一瞬、刹那をいっしょに生きているということの重みは何ものにも換え難いものなのだ。
■そして、美しいということも大切だ。2002年1月にNHK-TVで放送されたファッション・デザイナー川久保玲のドキュメントで、番組の最後に彼女が若い人への言葉としてこう語りました。「もっときれいなものはたくさんある。」何でもそうだけど歩みを止めてはいけない。前へ前へ! 川久保玲も立ち止まらない。だけど、ふと立ち止まったとき生まれるものも美しい。

脚の感覚(04/5/6)
■トライアスロンのレースから遠ざかって4年になります。いちばん苦手だったスイムですが、練習をしているうちに水に包まれている感覚がだんだん好きになってきました。レスキューボートが大波に押し戻されるような荒れた海に入っても恐怖感は感じなくなりました。ところが、水と触れる感じ方が体の部位によってちがうことに気づきました。右脚と左脚でちがうのです。その理由がわかったのは2年前かな…職場の腰痛検査でのこと、椎間板ヘルニアで神経が圧迫されて右脚と左脚の感覚の伝わり方がちがっているとのことです。ドクターが私の脚を刷毛でそっとなぞると感じ方がまるでちがいます。感覚が敏感になるときそのことを思い出します。昨日、そんなことがありました。
■スターバックスのタンブラーにコーヒーを入れて車に乗ろうとして、ちょっとルーフに置いてドアを開けて乗り込んで…タンブラーを乗せたまま走り出してタンブラーは道に落ちて割れてしまいました。これで2個目!

GW大掃除(04/5/4)
■久しぶりにトマトソースを作りました。タマネギのみじん切りがめんどうでフードプロセッサーがほしくなりました。今日のトマトソースはちょっとあっさりしています。作る度にちがいます。それにしても今日のタマネギには泣かされました。涙ポロポロでした。
■GW大掃除で2年前に使っていたメガネを見つけました。アルミのような素材でレンズの下半分はフレームレスのデザインです。気分転換にかけています。フレームが細くて気にならなくて視野が広がったようですが自分の顔に似合っているのでしょうか!?
■前に使っていた万年筆も見つけました。4年前の国立特殊教育総合研究所の講義では2か月間、月曜から金曜まで毎日万年筆でノートを取りました。私のお気に入りのインクはモンブランのロイヤル・ブルーです。明るい鮮やかなブルーです。このインクも1箱出てきました。2か月の間に取ったノートは3穴のバインダーのリフィルに800ページだったかな…鬼のように勉強したことを思い出しました。今の私があるのもこの研修のおかげです。
■このLaVieのHDDのデフラグをしました。所要時間2時間余でした。使い始めて10か月、初めてのメンテナンスです。日によっては10時間くらい使いますがよく応えてくれます。コンピュータは丈夫が一番! 同僚もこのGWにリカバリをするとのことでした。こんなときでないとなかなかメンテナンスはできないものです。
■私のサイトを携帯で見てくださっている方がいて、ほんとに見ることができるのだろうかと自分の携帯でアクセスしてみました。見えました! iモードがhtml(hyper text markup language)を使っていることは知っていましたのでテキストは読めると思っていましたがロゴや画像がモニタに合わせてリサイズされて見えるとは知りませんでした。ただ、1ページの容量が大きいときは超えた分以下がカットされるようです。htmlを採用したことはiモードの卓見だと思います。でもmovaだと通信料がかかるだろうな…
■今、新緑がきれいですね。昨日道に迷った名古屋の国際会議場の並木がとてもきれいでした。

幸せを感じる音(04/5/3)
■名古屋大須のアメ横に行ってきました。コミュニケーションの授業で使う教材を作るパーツ探しです。発光ダイオードを点滅させる電子パーツとオレンジとブルーの発光ダイオードです。スイッチは壁面用のユニバーサルデザインのスイッチを使います。これらのパーツをどんな形にデザインしようかとあれこれ思案中です。
■アメ横のオーディオ専門店の横を通ったとき、聴こえてきたピアノに足が止まりました。1本数十万円〜というスピーカーの上にちょこんと乗った高さ25センチくらいの小さなスピーカーから流れるジャズトリオでした。音を聴くだけで幸せを感じるのです。しばし聴き入ってしまいました。ユニットのコーンは木でした。こんなふうに音が人を幸せにすることがあります。音は波動ですが音色は何なのでしょう。
■今日は車でずっと桑田佳祐を聴いていました。この頃『希望の轍』ばかり聴いています。八分音符のリズムの刻みが心地いい。

ピンク・フロイド(04/5/2)
■NHK−TVで「広がる週末起業」を見ました。その中で「社員の目で見ていてはいけない」という言葉がありました。経営者のように全体を見なさいということです。これはどんな事にもいえることです。そして、興味深かったのは、社員として有能な人ほどそうした“サイドビジネス”にチャレンジして結果を出しているということです。「よく遊ぶやつほど仕事ができる」!
■夜、煮豚を作りました。豚肉のブロックに焦げ目をつけてたれを入れて煮るだけ。でも、火をとめてからが勝負です。味は冷えるときに芯まで浸み込むのです。冷えるまでの時間が長ければ長いほど味はよく浸みる。
■煮豚を作りながら見たのはNHK−ETVの「芸術劇場」の「ピンク・フロイド・バレエ」です。ピンク・フロイドの一定のリズムに乗せて少しずつクライマックスにつなげる手法はラヴェルの「ボレロ」に通じるものを感じます。エレキギターのハイなトーンはクールかつアパッショナートです。情熱に満ち溢れています。

ジンジャーエール(04/5/1)
■コーラもいいけどジンジャーエールがこの頃のお気に入りです。近くのイオンでクラシックを置いていて喉にちょっと強い刺激がいい。ドライのジンジャーエールをいっしょに飲めて話せる人はいないかな? 先着順!とはちょっと悪乗りです(^^ゞ
■このゴールデンウィークは家の片付けでスタートしました。いつの間にか増えた本の多さに閉口しています。床に平積みの本がいまさら本棚に入るわけがありません。どれもが大事な本です。そして、やはり平積みになった新聞の切り抜きでこのGWが終わってしまうかも知れないという強迫観念があります。
■部屋の片付けはほとんどが本の片付けなのですが、意外に多かったのが楽譜でした。オーケストラのスコア(総譜)です。私とクラシックとの出会いはモーツァルトのピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466でした。このスコアはなぜか2冊もありました。シューマンの歌曲集「詩人の恋」もありました。恋をするなら詩人の恋、言葉で想いを書き留めたいと思うのです。

新緑と間主観性(04/4/29)
■先日、車のエンジンオイルを交換しました。音も振動も小さくなってスムーズです。里山の通勤ドライブが快適です。昨日の朝は春の嵐が去って空気が澄んで新緑が朝陽に輝いていました。こんな感じ方を誰かと共有したいと思うこと、それが間主観性。その「誰か」がいちばん近い大切な人ですね!

青い麦たち!(04/4/24)
■ギターでクラシック!と思ってもそれは私にとってとんでもなくむずかしいことです。でも、口ずさむのはクラシック、ということが多い。勤務先の養護学校で子どもといるとき口ずさむ曲は、ゴセックの「ガボット」、バッハの「平均律第1巻」より「プレリュード」のメロディーライン、パッヘルベルの「カノン」のコードをギターで弾きながら口ずさむ思いつきのメロディー、などです。ポップスではなぜか「アマ・ポーラ」が定番です。もちろん自分の好みを子どもに押し付けないように気をつけています。子どもがうれしそうにしてくれたらいっしょに楽しむのです。関係性はそうしてふたりで作っていくものと考えています。
■昨夜、布袋寅泰のギターを「ミュージックステーション」で聴きました。ソリッドの魅力たっぷりで惚れ込んでしまいそうです。すごい! 私の中ではクラシックもロックもない。好きなものは好きとしか言いようがありません。今日は鈴鹿のベルシティの島村楽器でアイバニーズのJ-CUSTUMのスルーネックを見つけて目が釘付けになりました。あるところにはあるものだ!
■今日はSAS鈴鹿自閉症勉強会の勉強会に参加させていただきました。ノブくんのお母さん、丸岡延子さんの講演です。テーマは「『楽しみな将来』のための暮らしづくり〜丸岡家の場合〜」で、内容は「@10年後を見つめた、今日の一歩Aサポートブックを作ろう!」です。ノブくんと坂井聡先生との出会いは養護学校高等部です。そこから「使える」コミュニケーションの学習が始まりました。スケジュールの自己管理やシンボルによるコミュニケーションです。すばらしい! でも、それにつながるそれまでの何かがあるはずだと、そのことを質問しました。「約束は必ず守った。」「これから何をするかを必ず伝えた。」というご自身のパーソナリティはノブくんのサポーターの必須条件ですが、スイミングや体操、くもん、認知学習など、毎日のように通われて、それぞれに「今」につながるものがあったとのことです。「本人がいやがらないのなら何をしてもいいのでは!」という一言は納得です。そして、「くもんもいいけど先生によります!」にも納得です。
■鈴鹿からの帰り、夕日なのに青々とした麦たちがとてもたくましく美しく見えました。金色の麦秋まであと2か月です。今、テレビで「冬のソナタ」を放送中です。映像と音楽がきれいです。

TEACCHビジュアル図鑑(04/4/22)
■『TEACCHビジュアル図鑑・自閉症児のための絵で見る構造化』(佐々木正美 学研 2004)という胸のすくような本があります。全編イラストで一目瞭然、佐々木正美先生のテキストも明快で、自閉症スペクトラム障害の子どもたちのサポートをめぐる緒論に新たなベクトルを提案しています。常々疑問に思うのは、学校教育の現場でどうしてTEACCHプログラムをもっと取り入れないのかということです。TEACCHがその緒論に入っていない現状そのものが疑問です。そして、TEACCHは発達障害がある子どもたちのためだけの理念ではないということをわかってほしい。程度の差こそあれ、私たちはTEACCHの理念に支えられて日々の営みがあるということだ。
■ポコ・ア・ポコ音楽療法の会の活動に金銭的な助成をという申し出をいただいています。音楽療法は楽器や機材に多額の投資が必要です。これまで借用していた楽器や新たなアイテムを購入することができますのでたいへんありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです。

自分って、なーに?(04/4/18)
■4月の日曜日のポコ・ア・ポコがありました。16家族のみなさまに来ていただきました。人数のわりにこじんまりとした空間で、ひとりひとりのお子さんとの距離も短く感じられました。カップにゴセックの「ガボット」を使って、中間部にお茶のお手前の動作を入れてみました。子どもたちの注視はいつになくしっかり感じました。すごいと思いました。物語ることの力、ストーリーとしての音楽療法の場の在り方を考えてしまいました。
■次回5月で日曜日のポコ・ア・ポコは1周年を迎えます。今日は開けた窓から気持ちのいい風が入ってきました。そんな頃に始めた日曜日のポコ・ア・ポコだったと、まだ1年ということが信じられないくらいたくさんのことがありました。お子さんを参加させてくださる保護者のみなさま、スタッフのみなさまに深く感謝しています。
■子どもたちの服は初夏のカラーでした。髪を切ってさっぱりとした子もいました。それだけでなく、身のこなしや私との言葉のやりとりなどが目的的になっていたりと成長を感じました。見かけ上の「できる」「できない」ではありません。1月でこんなに印象が変わるのは春だけのように思います。暖かい時は子どもの成長も大きい!?
■今日は風がすごく心地よかったです。シャボン玉もちょっと風に吹かれて上へと上がっていきました。セッション前には何回しても作れなかった大きなシャボン玉がセッションではできて、その大きなシャボン玉が上へと上がって、そして、はじけて消えて、みなさんからため息がこぼれました。
■記録用のビデオカメラのモニタをレンズと同じ方向にして後片付けまで残っていたふたりの子どもに見せました。ふたりとも自分が映るモニタをじっと見つめて微笑んでいました。自分がリアルタイムで見えることのおもしろさと意味をあらためて実感しました。自分って、なーに? これは発達の課題であり、哲学です。

直線は真っ直ぐに!(04/4/16)
■校舎の壁の隙間に根を下ろした百合です。花は枯れてドライフラワーです。根元からは新しい葉が力強く、でも、さりげなく、こんなに青々と芽吹いています。この写真は三脚も水平器も使わなかったし試しのレタッチなので納得の作品ではありませんが、いちばん気になっているのは校舎の横のラインです。直線ではない。樽型の歪曲が出ています。レンズはEF20〜35mmF3.5〜4.5です。ズームレンズの限界を感じるのはこんなときです。デジタルなので歪曲を修正するソフトを使えばそれはそれでいいのですが気持ちよくありません。写真は撮りたいと思ったときのイメージ通り写ってほしいものです。単焦点レンズで撮り直しです。ファインダーを覗いてこの歪曲に気づかなかった自分の目も情けない!

新学期!(04/4/15)
■月曜日は勤務先の養護学校の入学式でした。教育相談係として入学前から子どもたちとかかわってきた私としては入学式も感慨深いものがあります。6歳のお子さんをスクールバスに乗せて学校に通わせていただく保護者のみなさんの心の内を思うと感謝の気持ちでいっぱいです。 
■医療的ケアの研修がありました。痰の吸引の個別研修です。ドクターから手技について直接レクチャーを受ける貴重な研修です。子どもたちの命に直結する研修なのでいつしか汗だくです。ドクターの呼吸介助に合わせて大きく息をする子どもの姿に生命の営みそのものを目の当たりにする想いがしました。呼吸介助も大切なコミュニケーションです。昨年夏に亡くなったお子さんを小学部1年生のとき担当して、私はいっしょに過ごす時間の中でほんとにたくさんのことを教えてもらいました。子どもたちは先生の先生です。
■ドラマ「光とともに」が始まりましたね。勤務先の養護学校で昼休みに子どもとギターで30分くらい遊びました。ギターをケースから出すとすっと寄ってくれて、いっしょにコードを弾きながら私は静かに歌いました。遊び、といっても私が音楽を使うと療法的な空間です。音楽の力を実感するひとときでした。
■これから若葉の季節ですね。近くの運動公園のもみじ峠の若葉は格別です。

『光とともに』(04/4/10)
■春休みから仕事で一太郎を使っています。ワード使いの私にはこれがなかなかなじめません。書きながら考える私はとくに表の融通がきかないことに参っています。マニュアルを読んでもわからない。引き継いだファイルは余計にわかりません。仕事の効率は極めて低い! 一太郎のファイルはワードで開くことができるし、また、ワードのファイルは一太郎でも開くことができる。それでもどこまできちんと開けることができるのかわからないので結局使い分けることになる。このLavieには一太郎が入ってないので勤務先のパソコンでしか仕事ができない。つまり、持ち帰れない。いや、持ち帰らなくてもいいようにしよう。すると結局休憩時間に仕事をすることになる。ワードも一太郎もプレインストールされたパソコンを与えておきながらどうして一太郎のファイルと指定されるのだろう!?
■昨夜から今朝にかけてこのLavieに何かあったようで、HomePageBuilderのFTPデータ(アップロード設定)が全てなくなってしまいました。 ひとつひとつ設定し直す羽目になりました。最後に頼りになるのはやっぱりメモ、ハードコピーです。
■古本屋で1時間余り丹念に背表紙を見ていました。今日買ったのはテンプル・グランディン著『自閉症の才能開発Thinking in Pictures〜自閉症と天才をつなぐ環〜』(学習研究社1997)と春山茂雄著『脳内革命〜脳から出るホルモンが生き方を変える〜』(サンマーク出版1995)です。あと、遺伝子の本も興味津々でした。自閉症スペクトラム障害の人たちのものの感じ方はご本人たちに聞くのがいちばんです。そして、すべては脳にありと、今のところそう考えています。
■コンビニに戸部けいこ著『光とともに』(秋田書店)がおいてあってびっくりしました。でも、テレビでドラマが始まるから売れ筋と読んでの品揃えですね。日本テレビ系で14日水曜日午後10時から始まります。自閉症スペクトラム障害のことが原作通りきちんと伝わるでしょうか。そして、今こそ地域にサポートへの理解を呼びかける絶好のチャンスとして動き出す時です!

「冬のソナタ」の音楽(04/4/9)
■「冬のソナタ」のクラシックバージョンを聴いています。ドラマは先週初めて見ました。ドラマの演出は見えるものの韓国の日常が感じられてとてもいい印象でした。でも、音楽はちがう。音楽だけ聴けば日本のドラマと何ら変わらない。ところが、日本の音楽もまた日本の伝統音楽ではないから事態は複雑だ。音楽は素敵だけど人が受ける印象を大きく変えてしまう影響力があります。音楽は好きだけど音楽に溺れるだけではいけないと思う。そして、音楽の仕事をしている者の責任は大きいことを自覚するべきだと思う。
■リビングのテーブルに太宰治の『人間失格』があって、ふと、古いことを思い出しました。私にとっては古いことではないのですが…この本を「嫌だ!」と言える世代のなんと頼もしいことか!

青いバラ(04/4/7)
■日曜日は朝から出張で山間部の重度心身障害者施設に行ってきました。櫛田川を見下ろす山腹を切り開いたロケーションは桜の頃とあってしばしその風景に見入ってしまいました。
■春休みのポコ・ア・ポコは2回だけでしたが実り多いセッションでした。2回とも7〜8家族の少人数で、子どものことがよくわかって、そして、子どもたちもお母さんたちもリラックスしてみえました。
■今日、知人宅でブルーのバラを見せていただきました。切りバラで買ったとのこと。深くて、でも、明るいブルーで見ているとすい込まれそうです。素敵な色でした。そのバラを他の花たちとコップにアレンジするセンスにもため息が…! ベースはピンクのバラだと思いました。ブルーのバラは作れないとのこと。最相葉月の『青いバラ』(小学館2001)はバラの育種にまつわる人の想いの深さを教えてくれます。「丹精の薔薇を切る園丁の瞳…」
■青、といえば、閉店後の店内をブルーにライトアップする絵や額を扱うお店が市内にあります。いつも車で通り過ぎるだけですがとても素敵です。そして、東郷青児の絵を集めた京都の喫茶店「ソワレ」…昨年12月に京都に行ったとき、学生の頃と同じたたずまいで同じ所にあってとてもうれしく思いました。ここも店内はブルーのライトアップです。

欲しい

私は欲しい
視界から瞬時に消える
かもめの胸を

私は欲しい
ひきがねにかけられた熱い指を
丹精の薔薇を切る園丁の瞳を
岸壁に傷つく海のわき腹を

身をこがす
激しい愛の魔術が
嘘のように白く解ける一瞬のその清らかな顔を
私は欲しい

ふたたび
私はのぞまない
ただいちど
ひとが出会う
死の刹那
その心を
私は欲しい

村松英子1971『一角獣』より


春休み…(04/4/3)
■春休み早々左手人差し指の爪の先の間にフライパン洗いのブラシの毛を刺してしまってギターが弾けなくなってしまいました。化膿しているのか嫌な痛みがあります。なさけない(*_*) しかも、春休みに入って出勤すると頭と心を悩ますことが山積みで、しゃべりっ放しだと水分補給がどうしても後回しになって体が水分不足になっています。一度こうなるとなかなか体が戻りません。がんばってウォーター・ローディングをしないと本調子が出ません。重ねてなさけない((**__**))
■ウイングスティックのカレーに三度目のチャレンジをしました。イメージしている食感にだんだん近づいてきてはいますがどうもしっくりしません。スパイスを合わせる湯の量をぐっと少なくしましたがまだ多いようです。スパイスはきっちり入れる方がおいしい。だけど、旨みのようなものが足りない。鶏肉はやはりウイングスティックでないとその旨みが出ないのかも知れません。そして、トマトのおいしさももっと出てほしい。むずかしい!
■兵庫県西宮市の学校の医療的ケアのパンフレット(保護者たちが作る会による)を見てすごい!と思った一文があります。「関係性は専門性を超える」というみだしです。学校の先生の専門性である関係性について学校外の評価としてこれだけ明確に打ち出した文言は少ない。長野県の田中康夫知事も医療的ケアは子どもたちとの関係が深い学校の先生が行うべきだとの見解と聞いています。特別支援教育への移行に備えて日々悶々としている私にはとても心強い後押しです。子どもの育ちを支えるには子どもの理解が大前提であり必須条件です。しかし、これまで学校の先生の専門性が必ずしも明確でなかったことの理由のひとつが、それをきちんと説明し得る言葉を持ってなかったことと私は考えています。いくらいい実践があってもそのよさを伝える言葉を持たなくてはそのよさが伝わらないことがある。とかく曖昧になりがちな学校の先生の専門性について客観的な正当な評価がなされるときではないのでしょうか。学校の先生として実感することです。もちろん、障害がある子を支えるサポートについて教育だけでなく、療育、医療、福祉などの専門性も先生たちひとりひとりが深めることが前提です。
■今夜からNHKの地上波放送で「冬のソナタ」が始まります。私は一度も見たことがありませんが、ヒロインが勤める設計事務所の名前が「ポラリス」だとか? 私の携帯のメールアドレスにも「polaris」とあります。北極星の学名です。でも、私の「polaris」はアメリカの障害があるお子さんのサポートシステム「PATH」のチームがいつも感じていたいとするホープとしての北極星の意味です。メールアドレスのpolarisに続く431は地球からの距離431万光年からです。「冬のソナタ」のファンとよく間違われます。携帯といえば、docomoのFOMAを使って4か月ですが、FOMA1台でau2台分の出費です。テレビ電話以外にこれというメリットがないばかりかメールの遅延は困りものです。auの回線は残してあるのでまた戻ろうかと思案中です。今夜のテレビは里山やピアノコンクール、マン・レイなど気になる番組がたくさんあります。

桜(04/3/28)
■少し前にテレビでいかりや長介さんの葬儀が放送されていました。バックにマーラーの交響曲第5番から『アダージェット』が流れていました。出勤間際の朝のことですがふと聴き入ってしまいました。こんなにきれいな音楽だったのかと…その夜、CDでじっくり聴きました。
■金曜日、勤務先の養護学校の修了式があって今年度の授業が終わりました。新学期は4月12日です。残務整理は意外に時間がかかって残業となってしまいました。バサバサと切るように事務処理をしました。
■ST(言語聴覚士)のアドバイスに自閉症の子たちのサポートの話がありました。自閉症スペクトラム障害の人は“健常”とされる人たちの中にもかなり多いのではないでしょうか。自閉症、PDD、ADHD、LD、AS、レット症候群、そして、MR、統合失調症、うつ、など。診断名はちがっても脳内の情報処理の不具合という点では共通のファクターがあるのではないでしょうか。厚生省(厚生労働省)のサイトでも自閉症の原因はセロトニンやドーパミンなどの不具合ではないかとの言及があります。キレーションも含めてテーマの核心について脳科学の視点からの検証が国家レベルでなされてもいいように思います。早くそうしてほしいし、社会福祉の面でも地域でもっと手厚いサポートがシステムとしてなされるべきです。そして、コミュニティで取り組むサポートはやはりTEACCHではないでしょうか。
■1週間前に満開だった桜並木が葉桜に姿を変えようとしています。なぜかその桜たちだけが早く咲きそろいました。淡いピンクの桜の花が今年はとりわけ美しくやさしく私の目に映ります。風に舞う桜の花びらに巻かれてしまいたいと、ふと思いました。これから本番の桜の季節はいつになく心ときめくひとときとなることでしょう。

「砂の器」(04/3/21)
■3月の日曜日のポコ・ア・ポコを行いました。19家族のみなさんに来ていただいて50人くらいのセッションとなりました。大勢ですがみなさんセッションの文脈を理解して参加していただきました。感謝しています。
■今日のセッションでは、私自身が音楽がよく聴こえていたように感じました。子どもたちの動きもよく見えて声かけをすることや、プログラムの細かなところはセッションをしながら組み立てることができてました。だからこそ、終わってから、あの時はこうするべきだったという反省がたくさんあります。
■終わりの大きなシャボン玉が子どもたちの頭の上でふっと消えてしまいました。こんなことは初めてですが、これで終わり!という区切りとしてはこんなのもいいかも…と思いました。あいさつをして『世界にひとつだけの花』を小さめの音で流しました。すると、残ったみなさんから手拍子が始まりました。私がシャボン玉を吹きたい子たちとひととき遊んでいるうちに歌が終わって、今度は拍手です。なんだかじーんときました。
■終わってから指編みの毛糸を探しに行きました。おめあては水色の太い毛糸です。シーズンオフ間近で半額とか! でも、思うようなのがなくて、いちばん太いのを買ってきました。子どもの指にはちょうどいいかも知れません。
■日曜日のポコ・ア・ポコの4月と5月の会場を予約してきました。その前に春休みのポコ・ア・ポコのスケジュールを決めなくてはならないのですが、自分の動向がわからないのでまだ決まりません。
■夜、TBSの「砂の器」のコンサートのシーンで音楽をじっくり聴くことができました。千住明作曲ピアノ協奏曲「宿命」 です。映像がまた悲しくて、でも、かつてそんな親子と出会っていたかのような、そんな感覚を覚えました。イタリア映画の「鉄道員」や「道」など、涙なしでは見られない、でも、見てしまうあの感覚です。
■金曜日、地元の小学校の卒業式に出席する機会がありました。たいへん落ち着いた空間でした。音楽はほとんどがピアノの生演奏です。「ビリーブ」「さくら」「さようなら」の3曲の子どもたちの歌とよくマッチして、生ピアノはこんなにもきれいな音だったのかと、いいものだとしみじみ思いました。歌があってもなくても、ピアノはただ指がよく動くといった技術だけでは聴く人の心に届く音楽が奏でられるわけではありません。テクニックはより高いものがある方がいい。でも、子どもたちといっしょに音楽しよう!という気持ちの方がずっと大事です。体育館の頭上のカラーテープがきれいでした。

関係発達論(04/3/17)
■小学校の研修会で病弱のお子さんへの支援について話をする機会がありました。このところ障害児学級の新設を控えてのレクチャーの依頼が増えてきました。特別支援教育を見据えてのことだと受け止めています。取り組みに感謝しています。できる限り真摯にお応えするように心がけています。
■質疑で自閉症のお子さんとの交流学習について質問があってあらためて思いました。自閉症のお子さんへのサポートはどのケースもオーダーメイドであるということです。お子さんの文脈を紐解いて、そして、その子らしく再び綾なしていくことへのお手伝いです。それにしてもサポーターの数があまりに少ない…
■今、私がいちばんお伝えしたいことは、子どもは関係性の中で育つということです。京都大学の鯨岡峻先生の関係発達論をいつも取り入れてお話ししています。関係発達論とは、例えば、「育てる者」と「育てられる者」という関係はひとりの中で同時に存在して、その両義性こそが人を育てるという考え方です。この両義性の存在を子どもに教えていくのが前世代の責任です。親は子どもから子育てを教えられながら親となっていくのです。教育における先生と子どもとの関係もそうでありたい。障害がある人とそうでない人との関係もそうでなくてはならないと私は考えています。

ポストカード(04/3/14)
■TBSの「報道特集」のキレーションのことですが、どうして教育プログラムが同時に必要かというと、キレーションを始めたその時から子どもの人生の文脈が書き換えられることになるからです。脳がリセットされるという仮説です。新しい文脈を急いで組み立て直さなくてはならない。ただキレート剤を飲んでいるだけではいけない。ABAなどの強力なリードがなくてはならない。番組で紹介されたお子さんは週40時間のABAのセッションを受けてみえるそうです。
■MacライクのOPERAにしてからブラウジングが新鮮に感じられて、今日はプリント待ちの時間に写真のサイトをずっと見ていました。ぐっと惹かれるのはやはりアートフォトとよばれる写真たちです。モニタで見るだけでも自分の中の何かが変わる、そんな感じがしました。それにしてもプリンタの遅いこと! PM2000C…5年も前のプリンタだから仕方ないか…モノクロでいいからレーザーのスピードがほしい。仕事の効率が上がらない!
■先週、自分が撮った写真をポストカードサイズにプリントすることがあって、写真をポストカードの縦横比でトリミングしたらすごく安定感が出て驚きました。よく使うワイド4つ切の縦横比に比べて若干広め。ポストカードの写真を見慣れているだからだろうか!? 安珠のサイト(リンクしています)ではポストカードのセットを販売しています。このサイズにこだわって作品を仕上げるのもいいな…と思っています。写真も身近なところで親しみたいもの。ポストカードサイズならどこでも置ける。
■写真のサイズといえば、昨日、『ハッセルブラッドの時間』(藤田一咲、笊カ庫 2003)を本棚で見つけてぱらぱらと見ています。6×6のスクエアのフォーマットは魅力的です。デジタルだとスクエアのトリミングも簡単ですが、長方形のファインダーからスクエアの画像をイメージするのはむずかしい。
■MPVのリコールがあって修理に行って来ました。ディーラーにブルーのATENZAワゴンがあってその色に見とれてしまいました。

クリスマスローズ(04/3/13)
■10日に勤務先の養護学校の卒業式がありました。私は今の勤務校に赴任して6年です。いっしょに入学してきたお子さんたちの小学部の卒業式でいつになく感慨深いものがありました。卒業生を送る音楽は今年もリチャード・クレイダーマンの「フロム・ア・ディスタンス」にしました。ポコ・ア・ポコのフラップ・バルーンで使っている曲です。フィナーレの演出には欠かせない素敵な曲だと思います。
■昨日は志摩まで出張でした。あいにくの天気で海の色も冴えず、車を止める時間もなくて写真は1枚も撮らずに帰ってきました。100キロを超えるドライブでした。ずっと「the piano songs」を聴いていました。
■写真のサイトを作ろうと無料のホームーページスペースを確保しました。少しずつ作品をアップしていこうと思っています。
■この頃EOS-D30がフル稼働です。毎日7キロのバッグをかついで仕事をしています。レンズはEF20〜35mmF3.5〜4.5です。D30だと32〜56mmでちょうどスナップ向きです。このレンズはISはないもののとにかく色がきれいです。逆光でもフレアが最小限でわずかに回り込む光がとてもきれいです。D30は評価測光が迷いに迷ってどうしようもないけどヒストグラムで確認しながらどうにか補正して使っています。カメラのコンピュータとの知恵比べです。ニコンならこんなことはないけど迷うおもしろさもない…かな? でも、レンズはやっぱりキャノンがおもしろい。ちょっと危うい色と線の細い描写がいい。デジタルの鉄則に反してハイキーで飛ばすのがこの頃のこだわりですf(^_^);
■クリスマスローズが咲き始めました。一昨年に株分けをしたら次のシーズンは咲かなくて、やっと咲いたという感じです。でも、クリスマスローズは今頃咲くのだったかな?

りんちゃん返事(04/3/9)
■TBSの「報道特集」で自閉症と水銀の特集を見ていて思ったことがいくつかあります。
■私は自閉症スペクトラム障害の原因を脳内の情報伝達物質とレセプターの不具合ではないかと考えています。ADHDの症状がリタリンで改善されるのはその証とも考えています。水銀は脳内の神経の成長を阻害するわけですからもっと深刻な状態です。キレーションによってその状態が改善されるわけですからこれは画期的ともいえます。でも、「報道特集」を見ていて思ったことがあります。キレーションだけでは子どもは“よくならない”のです。
■キレーションは体質を改善するものと考えます。体質は改善されても、子どもは体質の改善だけでは成長も発達もしません。子どもを取り巻くすべての環境が適切に整って初めて子どもが全体として伸びる、つまり発達するわけです。ここに子どもの発達に積極的に関与する教育プログラムの重要性がクローズアップされてきます。TEACCHなどです。私たち“学校の先生”はキレーションや脳科学のことも勉強しながら、子どもを全体像としてみる専門性を適切に説明できる言葉を持たなくてはなりません。私たち“学校の先生”が頼るべき理論は関係発達論だと考えています。関係性の質の向上が子どもの発達を全体として好ましい方向に導くのではないでしょうか。
■「僕と彼女と彼女の生きる道」にはまっています。「はい」という“りんちゃん返事”は発達につまずきのある子どもがよくする返事と似ています。今、コミュニティでサポートしている子もそんな返事をしてくれます。
■サイトの壁紙のデザインを替えてみました。

自閉症と水銀(04/3/7)
■今日のTBSの「報道特集」でセンセーショナルなことが取り上げられました。自閉症の子に水銀を排出する薬=キレート剤を服用させたところ自閉症が治ったというものです。自閉症スペクトラム障害が脳内の情報伝達物質の分泌とレセプターの不具合ではないかということは前々から考えいます。「記憶の断片化」です。TEACCHの絵カードや構造化などは断片化された記憶をつなぐ役割を担う教育的サポートです。これは仮説です。でも、この仮説によって自閉症スペクトラム障害のお子さんの理解とサポートがたいへんわかりやすくなることは事実としてあります。水銀排出療法の薬の処方は日本では認められていません。アメリカから取り寄せとのこと。副作用もあります。でも、藁をもつかむ気持ちでこの療法にかける家族の思いもよくわかるのです。そして、自閉症のお子さんのシアワセとは何かと、また思うのです。

国府白浜(04/3/4)
■志摩まで出張に行って来ました。これは国府白浜です。時刻は夕方5時を回っていて、“白浜”と雲がわずかにピンクに染まっているのは夕日のいたずらです。
■休日はサーファーで賑うこの浜も今日は静かで、風向きのせいか海の香がしませんでした。誰もいなくて、静かで、ただただ波の音がするだけでした。その波もサーファーを寄せつけない穏やかさでした。
■淡いピンクに染まった砂浜には小さな白い貝殻が落ちていて、冷たい風の中、その白さが浮き出て見えました。

OPERA(04/3/3)
■昨日から胃痛と発熱でダウンしてしまいました。ここのところちょっと無理をしていたのかも知れません。ひたすら寝て復活です。朝も昼も眠っていました。だから今起きている!
■LavieにOPERAをインストールしてみました。フリー版なので広告バナーが入りますが、それでも十分におしゃれなデザインと快適な使い心地です。スキンはMacOSXVolterでMacライクにしました。こんなちょっとしたデザインの変化で実感するちがいはかなり大きい。デザインは大事だと思う。メーラーもOPERAのデザインがいいけどBeckyに蓄えた今までのメールは捨て切れません。
■でも、ブックマーク(お気に入り)はまたひとつひとつ登録していきたいと思います。ブックマークは自分の過去を引きずっているように感じてしまうことがあります。時に一掃して新しい自分を見つけなくては!と思うけど何かきっかけがないとやらない。

テルミン(04/3/1)
■日曜日に名古屋大須のアメ横に行ってきました。VOXのギターアンプが半額で一番小さいモデルを練習用に購入。一番小さいモデルといっても10Wだから教室くらいなら十分に実用です。軽くて持ち運びが楽なのがいい。音はノスタルジーを感じるオーソドックスなもので、BOSSのスーパーコーラスを使うとさらにノスタルジックです。“あのサウンド”といったところです。
■トヨタ自動車博物館も行きました。期待のF1マシンは…なかった。聞けばジャパングランプリの頃に展示されるとか。秋ではないか!
■車で聴き続けたのは「the piano songs」です。歌もピアノもいい。歌が先に生まれたのかピアノが先に生まれたのかわからないくらいどちらもいい。どうしたらこんな曲が生まれるのだろうと不思議なくらいです。
■今日、知人からテルミンをいただきました。映画『ハンニバル』で登場して脚光を浴びた楽器です。早速VOXのギターアンプにつないで試奏です。音のコントロールが難しい。果たして使いこなせるのだろうか?

四角のお皿(04/2/28)
■やっぱり来た杉花粉症…今日、病院に行ってきました。薬を飲んだら眠気が襲ってきて早々に寝てしまいました。そして深夜に目覚めてHPのアップです。
■知人からmamaikukoの四角い皿を4枚いただきました。四角の皿を選んでくださった知人のセンスにもう脱帽です。テーブルに並べて見惚れてしまいました。このお皿に負けない料理を作らねば!とまた料理にのめり込むのだ。
■“ウイングスティックのカレー”を作りました。鶏肉の手羽先とトマト水煮缶、スパイスを使うカレーです。ルーは使いません。スパイスはチリパウダーにクミンシード、ターメリック、コリアンダー、そしてガラムマサラを使います。もちろんカレー粉も。これってカレー?と思ってしまったけどとても美味だ。何かが多過ぎてピリリと舌を刺激する。チリパウダーかな? 手羽先だからコラーゲンが豊富です。
■この火曜日に松阪市の小中学校の特別支援教育振興会の「卒業を祝う会」に行ってきました。障害児学級の卒業学年のお子さんの卒業を祝う会です。感動しました。ひとりひとりの子どもが主人公ということを実感しました。そう感じた理由は子どもたちの「がんばり」もですが、会の運営の質の高さも大きな役割を果たしていました。アナウンス、音楽、ピアノ、パワーポイントのスライド…ほんとによかった! とても暖かい空間でした。ほんとによかった。そして私は改めて思った。障害児教育こそ教育ではないかと!
■PhotoDrawをXPのLaVieにインストールしました。 ほとんど化石化してしようとしているソフトですが、これでないと作りにくいファイルがあってダメもとでインストールです。表示が?なところもありますが一応使えることがわかってホッとしました。しかし、起動がまた遅くなった。それにしてもこのLaVieG−Mは丈夫だとつくづく思う。安心感があります。PCはやっぱり丈夫が一番です。このLaVieは、でも、シルバーの塗装部分がけっこうこすれて地の黒が見えてきました。漆塗りのパソコンなんていいだろうね。

今日のシャボン玉(04/2/22)
■2月の日曜日のポコちゃんは18家族のみなさんに来ていただきました。今日は、最後のシャボン玉の終わりに子どもたちが私のところに来て大きなシャボン玉を待っていました。曲は『典子は今』です。手で割ってしまうと「あーあ」となりますが、「ふっとして!」と言ってシャボン玉を下から吹くと、私を真似て落ちてくるシャボン玉を吹く子がいました。でも、ちょっと息が強くてシャボン玉が4つくらいに分かれてふわふわ浮きました。みなさん、感嘆の声というかため息で見入ってしまいました。シャボン玉はどこかはかなくて見る人の心を映してしまうように思います。
■三重ミュージック・ケア研究会のサイトのアップが復活しました。パスワードがちがっていたようですが、パソコンに保存のパスワードがどうしてちがうということがあるのか、どうも???です。昨日そういうことがあって、2004年度のミュージック・ケア初級総合研修三重会場の日程を早速アップしました。半年以上アップしないのにサイトを残してくれたYahooに感謝です。
■復活といえば皿問題が復活してしまいました。セッションが終わってから皿を買いに行きました。ところが、商品の入れ替えがあったようでお目当ての皿は1枚もありませんでした。皿問題復活です。
■今夜は春の嵐のはずなのに、もう、風はおさまってしまったかのようです。南の風が吹くと気もそぞろな私です。

TEACCH再び(04/2/20)
■いつになく慌しい1週間でした。毎日何か書きものをしていました。週末を迎えてホッとしています。仕事とポコ・ア・ポコのセッションはありますが、どれも音楽のことなのでこれはプラスのストレスです。
■自閉症のお子さんのためのコミュニケーションブックを作っています。ソフトはPIC−DICです。WindowsXPではインストーラーが走らないのでエクスプローラでHDDに直接コピーして起動しています。(exeファイルのショートカットはデスクトップに置いています。)このソフトはどうも使い勝手がよくなくて、結局Wordでそのシンボルを使って作ることになりました。
■シンボルによるコミュニケーションブックは、本人の今に続く過去と未来を結ぶものでなくてはなりません。その制作に当たっては、本人の文脈を読むということ、そして、本人と家族の生活をコミュニケーションブックで組み立てていくという大きな責任があります。
■文法も考えなくてはなりません。やはり視覚情報によるコミュニケーションとして手話の文法が参考になります。何よりも大切にしなければならないことはひとりひとりのお子さんのものの感じ方です。そして、空間認知、時間軸の認識、感覚の統合、脳の働きに仮説を立てること、などなど、とてもinterestingな“仕事”です。
■発達障害がある人のサポートはやっぱりTEACCHだと思います。学校よりも家庭と地域で取り組むべきサポートだと考えています。2年前に聴いた佐々木正美先生の講演の一言一言が忘れられません。「家庭に入って指導できるか」…学校の先生の実力が試されるときです。学校という場はかなり整理された空間です。学校でよかっても家に帰ってよくなかったら学校教育の成果はないと見られても仕方がないと思うのだ。
■エレキギターのエフェクター、BOSS CH-1 スーパーコーラスを購入しました。今日買ったばかりでまだ使っていません。これは楽しみ!

ああ、北極星!(04/2/11)
■昨日は朝も昼も食べる時間がなくて、気がつけば夕飯を作っていたという感じです。
■「特別支援教育と交流学習」の講演で、私は、障害観と障害理解、そして関係性の質の向上について述べました。鯨岡峻先生の関係発達論の考え方を紹介して、関係性の質の向上が心を育てるという相互的な関係の営みが相互障害論の障害理解につながるのではないかというプロットです。お伝えするのがむずかしい内容だと思いましたが、終わってから共感された旨のお話をいただいてほっとしました。北極星の話は時間がなくてカットしてしまい、今頃後悔しています。
■今日の昼ご飯は久しぶりにパスタを作りました。たくさん食べたけどお腹すっきりです。

TEACCH(04/2/6)
■今日はSOHOすることになってしまいました。ふだん読めない本を読んだり、新聞の切り抜きを読み返したり、そして、講演のスライドを作ったりしていました。その間に料理や洗濯をして一日はあっという間です。でも、こんな生活は自分に合っているかも知れない。毎日だとどうかわかりませんけどね。
■昨年夏の淑徳大学発達臨床研修セミナーでの鯨岡峻先生の講演「子どもの関係性の発達」のレジュメを読み返していて、なんでこんなんにもわかりやすいのだろうと驚いています。言葉がすっと入ってきます。「心は関係性の中で育つ」ということ、そして、先生といわれる仕事の人たちも子どもたちとの関係性の中で育ててもらっているということをしっかり受け止めたい。
■自閉症スペクトラム障害のお子さんの地域でのサポートにお応えするべくTEACCHを勉強し直しています。TEACCHは納得の理念です。2年前に聴いた佐々木正美先生の講演でのエピソードをよく思い出します。「ノースカロライナの自閉症の人、人なつっこい。」そして、「家庭に入って指導できるか。」です。学校はかなり整理された環境です。家族が障害がある子といっしょに過ごすためのスキルやケアは学校というパラダイムでどれほど育てることができるのか、この頃私は考え込むことが多くなってきています。だからこそTEACCHだと思うのです。
■「ボードメーカー」というコミュニケーションシンボル作成ソフトを使うたびに思います。なんとシンプルな機能! だけど絵がいい。ほんとにいい。スタンダードになるのもわかる。だけど、あまりにシンプルな機能で、かといって不満もないのですが、これで売れるというのもおもしろいと思うのだ。ユーザーは“文化”を買うことになる。
■CD「the Piano songs」を買いました。「ピアノのきれいな曲を集めました」というコピーについついはまってしまいました。聴くとピアノもいいけど歌もいいと思わせる選曲です。

保育所で(04/1/30)
■水曜日、出張で82キロのドライブとなりました。暖かくて空気が澄んでいて遠くの山々の冬枯れの枝々の1本1本がくっきりわかるくらいでした。ほんとに気持ちのいい天気でした。山間の小さな保育所での子どもたちとのひとときは私自身がシアワセを実感する空間でした。小さな子たちとすぐ仲良しになれる自分はなんとシアワセ者なんだろう! 空間はほんの刹那…だけど、人の心に、脳裏に焼き付くたいへん重い記憶になりますね。この仕事でよかったなぁとしみじみ思いました。
■発達検査をする度に思うことがあります。発達検査は子どもの発達の凹凸を曝け出します。これでもか!というくらいに。でも、ちょっと待って! だからといってそれが何なの? 私たち学校の教員はその結果を承知しながらも子どもをもっともっと幅広いパラダイムで受け止めています。それが「学校の先生」の専門性です。このことの意味の重さを言葉できちんと説明することが求められているとの認識でいます。もちろん、+αの専門性が求められています。このことをしっかり自覚するべきです。
■椎名林檎の『りんごのうた』のCDが届きました。聴けば聴くほどヘンで不思議で惹かれる歌です。哲学的な歌詞とメロディーとアレンジ、そして、心地よさを感じます。不思議な歌です。といいながら、今、ヘッドホンで聴いているのはカーペンターズです(^^ゞ
■来月、市内の小中学校の教員を対象に「特別支援教育と交流教育」というテーマでまとまった話をする時間をいただいてその準備にあれこれ考える毎日です。

皿問題(04/1/25)
■松阪シティマラソンで10キロを走りました。みんな速い! 私は53分57秒…40分そこそこで走っていた頃と比べるとキロ1分以上も遅いわけで、これは相当なちがいだ。でも、ふだんの運動量からするとよく走れたものだと思います。今日のペースは脂肪燃焼ペースではないのですがやっぱり体が軽く感じます。
■その勢いというわけではありませんが、家に帰ってからトマトソースを作って、パンジーとビオラ、クリサンセマムの苗を30本、庭に植えました。この頃、空気がすごく乾燥していて土も乾き気味です。チューリップの球根も大丈夫かな?
■そうそう、18センチ前後の何にでも使えるような皿が欲しくて店に行くたびに探していますが、これ!というのがなかなか見つかりません。どんな皿を探しているのかと聞かれても困る。自分でもどんな皿を探していいのかわからない。そもそも「何にでも使える」という発想がいけないのかも知れません。皿はそれぞれ用途があってデザインされているのだろうか。もう1年以上探しています。これ!という皿にめぐり合えるのだろうか…

時にはシューマンも(04/1/19)
■先週土曜日、朝起きてカーテンを開けたら外は真っ白でした。これはたいへん!と大急ぎで車のタイヤをスタッドレスに替えて腰が痛くなったとは情けない! 好きな写真も撮る時間がなくて…
■1月の日曜日のポコちゃんは18家族のみなさんに来ていただいて50人のセッションとなりました。「今日の料理」はこの頃の子どもたちは知らないのかな…お母さんたちのリアクションはしっかりありましたけどね。同じカップのプログラムで使ったゴセックの「ガボット」はやっぱりよかったです。チョン・キョンファのヴァイオリンはやっぱりいい。ほんとにいい。文字通りの「静」をみんなで感じることができました。いつもいつも、お子さんを参加させていただいている保護者のみなさんに感謝しています。
■勤務先の養護学校の授業で使う臼井裕美子作曲『クリモカ・ベル』をシンセサイザーで打ち込みました。もともと音楽療法のシーンにと作られた曲です。トーンチャイムとツリーチャイムを使います。打ち込みはピアノにストリングスのオスティナートとフルートのユニゾンを控えめにつけてみました。とりあえずのアレンジです。テンポもとりあえず一定です。それでもけっこう聴けるものとなりました。生のピアノ演奏がいちばんですがマン・ツー・マンのサポートをしようとするとテクノロジー頼みです。そしてヒューマンスピリットでつなぐわけ。ミュージック・ケアもそうですからね、大事なのは音楽を感じること。でも、この打ち込みはいろいろ工夫してみます。
■夜、急にシューマンのピアノが聴きたくなってキーシンのアルバムを持って車に乗り込みました。『アベッグ変奏曲』と『交響的練習曲』です。これで冬の雨が降っていたら別世界です。

間主観性が支える生きる力(04/1/15)
■ビデオキャプチャのDVフォーマット出力モデルを買ってしまって、確かに高画質で1コマ単位の編集ができるのだけどDVフォーマットだとHDDをやたら食うなぁ…と今頃になって思うことが多い。キャプチャしたらその都度DVDに焼いてしまえばいいだけですけどね…私のIEEE1394のHDD、60GBだとおよそ5.5時間分です。作業領域もいるから特集番組だと2本がいいところです。でも、相当なクオリティはあるから、ま、いっか、というところです。
■AAC(Augmentative & Alternative Communication=拡大代替コミュニケーション)へのニーズに応えるための教材をあれこれ作るようになってきました。コンピュータは私の強い味方です。そして、自閉症スペクトラム障害など脳神経の仕組みまで考えないと支援の見通しがつきにくいケースに対応する度にコンピュータのことを思い浮かべます。ある意味、汎化が究極の課題のコンピュータはハードの進歩でキャパシティを広げてきています。でも、“人間のハード”は研究や開発でどうかなるというものではありませんね。治療的教育プログラムが“人間のハード”のキャパシティを広げる効果的な手段であるはずです。特別支援教育への移行はまさに教育の力の試金石となります。
■昨年夏に千葉淑徳大学で聴いた鯨岡峻先生の講義のことをよく考えます。冬休みに講義メモをワードファイルに整理しました。「間主観性の鯨岡」と言われているとのことですが、みんなみんな、間主観性がQOLの源のひとつとなっているのではないでしょうか。間主観性とはわかりにくい訳語です。英語ではintersubjectivityです。「主観性(subjectivity)が交わる(inter)」という説明がわかりやすいですね。人と人との心の通じ合いということです。関係性という言葉とも通じるところです。教育のプロはそのことを何よりも大切にする姿勢が必須だと考えています。間主観性が支える一瞬一瞬の輝きが私たちの生きる力の源ですね!
■10月10日アップのフランスのおみやげはシュガースティックとのことです。それにしてもなんとエレガントなこと!
■NHK-TVの「今日の料理」のテーマ曲をよく聴くとABAのBの部分がなくなっていることに気づきました。わずか22秒! こんなことになっているとは…うーん、どうしようかと悩むのだ! シンセサイザーの打ち込みをしようか…

FAUCHONのキャンディー(04/1/10)
■フランス旅行のおみやげにいただいたFAUCHONのキャンディーです。ステッィクにキャンディーの結晶が付いています。これは結晶だろうか? スティックはほんとの木です。ありそうでちょっとない。文化のちがいを感じるね、とその人と話しました。とてもうれしいおみやげでした。
■D30+EF28〜135mmIS、絞り開放(5.6)、評価測光+0.5EV、現像パラメータはオール弱、PhotoShopLEのトーンカーブで少しいじりました。コントラストをちょっと強くしてハイライトをちょっと飛ばしました。EF50mmF1.4の開放を使いたかったけどIS頼みのシーンです。でも、このクオリティに満足しないわけがありません。D30は今やデジタルらしくない“味”があります。もっとちがう構図で撮りたかったけど部屋がちらかっていてこれがいいところです。
■PowerPointのスライドにDVカムのビデオを挿入することができました。取説を全然読まないから試行錯誤の連続です。DVカムからのキャプチャと編集はIEEE1394接続の外付けHDDです。いろんなデバイスがやっと順調に稼動し始めました。
■今日、塾の先生と会う機会がありました。公立学校の教職員は塾の先生に見習うべきことがたくさんあると思っています。塾の先生はCS(顧客満足度)向上に懸命です。私は、今年度、勤務校の養護学校で教育相談を担当しています。就学前のお子さんと保護者のみなさんとお会いして学校見学や教育相談を担当させていただいています。法改正で養護学校は行きたくなければ行かなくてもいいという解釈ができるようになりました。教育相談は一歩まちがえると営業活動となるように思うことがあります。でも、それはまちがいでいはありません。就学先はお子さんと保護者のみなさんの選択と自己決定によるものといえます。私は特別支援教育のプロ集団としての養護学校を選んでいただけることをうれしく思いながらも、障害があるお子さんが地元から離れた学校を選ばざるを得ない状況を残念に思っています。
■仕事といえば、AAC(拡大代替コミュニケーション)の活用をあれこれ考えています。年末にはテレビのリモコンを改造してワンタッチのスイッチでチャンネルが変わるようにして担当のお子さん宅に“納入”しました。スイッチがゴールの場合もありますが、私はスイッチはコミュニケーション手段の確立へのプロセスのワンステップと考えています。ですからスイッチに他者がからむことが何よりも大切です。伝えたらちゃんとわかってもらえるじゃん!という成功体験の積み重ねがQOLを高めます。コンピュータを利用したAACはすごく使えます。ローテクの前にハイテクです。
■この3連休はストロベリーポットにどんな植物をアセンブルするかとあれこれと考えて、そんな余剰にすごくホッとするこの頃です。

ブラックモアズ・ナイト(04/1/9)
■元ディープ・パープルのギタリスト、リッチー・ブラックモアの新ユニットのアルバムを聴きました。Blackmore's Nightの『Under A Violet Moon』です。「ロシア民謡から中世ルネッサンス風の音楽まで…」と帯にあるようにディープ・パープルとはかなり趣きが異なるアルバムです。発売元のポニーキャニオンではクラシックのカテゴリーです。リッチー・ブラックモアはギター、マンドリン、ベース、ルネサンス・ドラム、タンバリンを奏しているとか。ギターはアコースティックです。これがすごくいい。「緑の風のような音楽」という帯の言葉のとおりだと思う。「ミンストレル(吟遊詩人)」というたとえもそうだと思う。生活に根ざした民謡を取り上げているのも音楽におけるモードの力を感じます。リズムもテンポも打ち込みでは表現し得ない人間臭さがあっていいし、私の感覚を覚醒するだけでなくホッとする。そして聴いていると胸騒ぎがします。わくわくする。不思議な音楽です。

地震!(04/1/6)
■今日、冬休みのポコちゃんの最終日でした。12人のお子さんとお母さん、療育センターの先生方、大学生のボランティア、スタッフと30人を超えるセッションとなりました。人数は多かったのですが、求心力がしっかりあるというのか、とても充実した空間となりました。ところが、ビニール袋のプログラムで袋をほぐしていたら地響きがして地震がありました。もうセッションどころではありません。会場の建物は築数十年と思しき年代物です。天井が落ちるなど最悪の時が来るのか?自分がリーダーだとかえって冷静になるものですね。福祉会館の職員も来てくださって落ち着いた対応ができました。みなさんに感謝しています。
■久しぶりにゴセック作曲「ガボット」を使いました。ヴァイオリンはチョン・キョン・ファ、私のいちばんのお気に入りの「ガボット」です。すてきな演奏です。子どもたちは音楽とプログラムに集中してくれて私は感動してしまいました。この曲は絶えずテンポが揺れます。ヒューマニズムにあふれた演奏です。しっかり聴かないとついていけない。私が演奏の文脈を心の底から感じようとしながら動作をしていくとそこに求心力のような不思議な力が返ってくるのがわかりました。チョン・キョン・ファのアーティキュレーションはすごい!…そう思いました。音楽はいいものだとあらためて思いました。
■発達障害のお子さんの理解には脳生理学の理解が不可欠だと、そう、今日、あらためて思いました。そして、ニーズだけでなくホープ(希望)に応え得る教育や福祉など社会資源の連携による支援を構築していかなければなりません。
■日曜日に園芸店の開店を待ってパンジーなどの苗を買ってきて半日ガーデニングをしました。昨年はあまりの多忙のため草取りだけで終わったのでなんとかしたいと、でも、正月にするというのは自分でも笑えました。寄せ植えも作って気持ちのゆとりもちょっとできたかな!?
■PowerPointのプレゼンテーションにビデオを入れたくていろいろ試していました。このLavieGノート・タイプM+Ulead VideoStudioではソニーのDVカムからキャプチャができない。コマ落ちばかりでとても使えたものではありません。IEEE1394のボードを追加したDELL・Dimensionではコマ落ちの表示は出ないものの映像は止まってばかり。.aviの拡張子のファイルはかろうじて再生ができるくらいですね。VAIOノートSR+DVGateだと問題はないのですがいつも使っているLavieでないといろいろ困る。最終的にLavie+外付けHDD+DVカムをIEEE1394のディジー・チェーンで接続してやっとうまくいきました。HDDの性能と相性?がネックだったようです。(ソニーのIEEE1394の規格がネックだということを聞いたことがあります。) ビデオ編集に使うHDDは断片化してガタガタになってしまうのでノートには外付けのHDDが必須アイテムです。なぜかLavieは実質1ドライブの設定なので尚更です。それにしてもこんなことしてるとまた仕事を増やすことになるのかなぁ…

パソコンのメンテナンスの続き(04/1/3)
■この正月は年末に買った食材を食べていました。久しぶりにトマトソースを作ろうとセロリを買って帰ったらあると思って買わなかったタマネギがありませんでした。そんなハプニングがあっても笑っていられるのも年末年始休暇ゆえです。かえって仕事のインスピレーションがあって仕事がはかどるという笑えない毎日です。子どもとかかわる仕事の人たちに心のゆとりがなくてどうしていいシチュエーションが生まれようというのか!
■DELL・DimensionのビデオカードのドライバはDELLのサイトからダウンロードして無事インストールできました。DirectX6のインストールはエラーメッセージが出るけど一切無視して強行! それと、CD−ROMドライブのトレイが開かなくなってきたのでショップでCD−RWドライブを調達して交換。なんとライティングソフトもついて3,980円! 音も静かになって快調! あと、デフォルトのボールマウスも調子がいまひとつなのでオプティカルマウスを調達。これが899円! 物の値段はいったいどうなっているのだろう…
■パーツショップでいろいろ見ていくとパソコンを自作したくなってきます。DELL・Dimensionも実用的なUSB2.0とIEEE1394のカードには投資してもいいかな、と思いました。そうなるとCPUの強化もしたくなります。CPUはスロット1のゲタをはいたソケット370です。ソケット370のCPUは今やかろうじてCeleron1.4GHzがあるぐらいです。底値だし換装は今のうちでしょうね。DELL・DimensionのWindows98SEはPenV500・128MBのメモリでも体感的にはPentiumM1.4GHz・512MBのこのLavieよりスピーディーでストレスがありません。
■CRTは液晶にない美しさがあります。クオリティにこだわるとやっぱりモニタはCRTです。人の感覚に直接触れるものたちのクオリティはとても大事です。パソコンのモニタも音楽を聴くときのスピーカーも私たちのQOLに直接影響します。障害がある人たちはその影響を想像以上に強く受けます。このことを理解しておくべきですね。
■ギターの練習の王道は何かといろいろ試しています。藤田智久『テクニック向上促進プロジェクト 演奏能力開発エクササイズ エレクトリック・ギター』(リットーミュージック 2001)が私のいちばん納得のメソッドです。ピアノでいうとハノンです。機械的な練習に思えるけど脳と神経が覚醒する! 「指の独立性」に着目する点でクラシックピアノのエクササイズと同じです。

パソコンのメンテナンス(04/1/1)
■年末年始はこれまでもパソコンのメンテナンスに費やすことが多くて、今回もDELL・DimensionのHDDの換装とOSのインストールをしました。13Gから40G+30G=70Gと十分な容量となりました。ビデオカードのドライバのインストールがうまくいかなくて今のところVGAモードです。データのバックアップが主な役割だからそれでもなんとか…といったところです。PCIスロットはモデムとLANの2枚のカードを抜いたので空きができましたが、PenV500MHzだし無理をせずに98SEで動くソフト用に大事に使っていこうと思っています。解像度だけはどうかしないとさすがに16色では困りますが…
■こんなことをしながらも頭の中では仕事のことがいくつかぐるぐる回っています。年末の大掃除をしていてもインスピレーションがあればノートにメモしたりパソコンに打ち込んだりしていました。今月、小学校で肢体不自由のお子さんの支援と特別支援教育について話をする機会があってPowerPointのスライドを作っています。スライドはあっという間に50枚! 実技もあるので時間が足りるのだろうか?
■大晦日にNHKの「紅白歌合戦」で平井堅と坂本九の『見上げてごらん空の星を』を聴いてやっぱりいいなとしみじみ思いました。この歌は国立特殊教育総合研究所の短期研修の講義で手話で歌って泣けたことがあります。ピアノで弾くとベースが半音ずつ下がるクリシェで、それはそれでセオリー通りなんだけどそれだけにしっくりきます。昨年秋、平井堅がこの歌を坂本九が残した録音とデュオをしたと聞いて、あ、やられた!さすが!と思いました。
■初料理はおぞうにでした。水菜を入れてこれがまたおいしい!