書くということ(05/12/30)
■四日市の寒さはまるで北国のようです。凛とした寒さです。それが心地いいのだけど、雪がよく降ってこちらはたいへんです。仕事納めの朝も東名阪から見えるのは雪景色で50km制限でした。伊勢道と東名阪をつなぐ高架橋の路面は白くて背筋が凍りました。ひたすら慎重に走る。
■このところ車は見たこともないような汚れ方です。原因は凍結防止剤などのケミカルだと思うのですが、ボディ一面に汚れがこびりついている状態です。給油で寄ったガソリンスタンドで洗車することにしました。機械洗いで1200円は高いと思いましたが、洗い残しがなくて撥水コートはしっかり効いているし、車内もガラスやインパネを拭いて掃除機までかけてあります。待ち時間は15分。これで1200円は納得です。ここのところ車を洗う時間どころか眠る時間も十分にとれない毎日なので助かりました。そうそう、アテンザのアルミホイールの色はグレーではなくガンメタと呼ぶのが一般的だとわかりました。ずいぶん存在感がある車になりました。
■12月に入って続いていた書き物が一段落しました。時間がかかったのは高校と特別支援教育についてでした。自己像の形成、自己理解は誰にとっても大きな課題ですが、発達障害がある生徒の自己理解のサポートが高校の特別支援教育のもっとも大きな課題となってくると考えています。あと、音楽療法関係の機関誌に寄せる学校と音楽療法についても難しいテーマでした。特別支援教育はこれまで当たらず触らずにしてきた課題を真正面から突きつけています。現場のひとりひとりが踏ん張らなくては価値ある新しいページは開かない。書くことは相当なエネルギーを使いますが、自分自身を吟味することであり、意見をいただくことで糧とすることができます。新年1月の中頃にどちらも印刷物となります。
■帰りに寄った書店で本の雑誌のコーナーで足が止まりました。ここしばらく書き手モードだったので私のスタンスは物書きになっていたのかも知れません。そういえばずっと小説を読んでない! “斬新”とは“novel”のこと! この年末年始に1冊読めたらいい。

冬本番(05/12/23)
■11日日曜日、12月のポコ・ア・ポコをしました。11家族のみなさんに来ていただきました。この日も午前中は出勤という慌ただしい毎日でしたので、ポコ・ア・ポコはほっとする空間でした。動と静のコンビネーションがいつになく心地よかったです。サンタさんは来年呼ぶことにします。
■この日は帰ってアテンザのタイヤをスタッドレスに換えました。タイヤはYOKOHAMAのiceGUARDでサイズは215/45R17、雪がない路面ではソフトで静か、ハンドルにはそれなりにクイックに反応するけどアクセルのオンオフにはまるで鈍感になってしまいました。でも、さすがに雪には強く、昨日の大雪をものともせず走ることができました。昨日、鈴鹿と四日市は20cmくらいの積雪があって、至る所でノーマルタイヤの車がスタックする中、MTなので下り坂も不安がありませんでした。松阪から四日市まで7時間半もかかってしまいましたが…とんでもない誕生日でした。7スポークのグレーのアルミホイールはそれなりに凄みがあってちょっとあやしい雰囲気です。「となりに止めたくない」と言われました。あと、5mmのスペーサーを入れてオフセットを+43にする予定で、ますます「となりに止めたくない」車になりそうです。
■18日日曜日はオペラ「ヘンゼルとグレーテル」に行きました。この前オペラに行ったのはいつのことだったのか思い出せないくらい久しぶりでした。オペラは最前列で観る!とは私のセオリー、オーケストラピットのすぐ前の席に座りました。
■オーケストラピットといっても、指揮者、シンセサイザー、パーカッションの5人と譜めくりの2人だけ。シンセサーザーはヤマハのSTAGEAでした。この演奏が素晴らしくて私は聴き入ってしまいました。音だけはオーケストラに聴き替えてましたけどね…このことは自分でも不思議でした。管パートのアーテキュレーションはとりわけ抜群で、STAGEAはこんな使い方も想定して開発されたのだろうか…だとしたらヤマハのプロデュースはすごい。STAGEAの奏者の音楽性はもちろん素晴らしい。1幕と2幕は右スピーカーの電源が入らなくて物足りない音でしたが、私はオーケストラに聴き替えながら音楽を堪能しました。
■「ヘンゼルとグレーテル」は日本語上演で、聴き取れない歌手は何語で歌っても聴き取れないものですが、主役は実力十分でほんとに楽しむことができました。主役は私の知人で、こんな時間を持ち合わせていることにただただ感動です。私もまた奏でたいと思いました。非日常の空間を持ちたいと思いました。非日常と日常はいつも同じ刹那にあるのだけど、私は器用じゃない。非日常だけの時間を持ちたい。
■この土日はフィギュアスケートグランプリフィナーレ2005も堪能しました。浅田真央が滑る度に成長する姿がいい。彼女のフリーはチャイコフスキーの「くるみ割人形」でした。今までにない「くるみ割人形」を聴かせてくれたのは彼女の舞です。身体で表現することの力を教えてくれました。安藤美姫のフリーの音楽はジャズナンバー「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」で、ヴァイオリン・ソロが私をただ事では済まない時間に誘う。エキシビションはフィギュアスケートならではの+αの楽しみです。でも、規定のプログラムがあってこそエキシビションが映えるのだと思います。
■「情熱大陸」は花屋・東信で、またまた血が騒ぎました。彼の文脈は「どう反応するか」…緻密で濃密な時間がありました。心騒ぐ時間こそ次の扉を開くのだ。
■今日はNHT-TVで「デザインルームの6か月〜伊・スーパーカー誕生」があってとりあえずHDDに録画しました。観て驚きました。フェラーリ・ロッサのデザインはピニンファリーナで、日本人デザイナーの作品でした。彼、岡山清行はピニンファリーナのチーフデザイナーなのだろうか…信じるのは自分の才能だけ、妥協はしない。今年の彼の作品はジュネーブのオートショーで最優秀を獲ったとのこと。コンセプトを貫く彼の姿は孤独だが気高い。番組で登場するトリノの車たちの姿と音、そして、バックの音楽が私を惹き付けました。明日はアテンザでアンドレア・ボチェッリの歌を聴きます。

サンタクロースの文脈(05/12/4)
■四日市では「山に3回雪が降るとスタッドレスを履く」と聴いていて、今朝、その3回目が降ったとのことですが、きらら学園は雨でした。
■今日は病院勤務の精神保健福祉士の方と音楽療法の勉強会をしました。私は精神科医療について詳しいことは知りませんが、互いの情報交換の中で、ミュージック・ケアのメソッドは双方の原理に相通ずるところがあると思いました。今後、継続して勉強会をしていくことになりました。
■四日市の帰りに自動車用品店に頼んであったスタッドレスのホイール&タイヤのセットを受け取りました。グレーのアルミホイールはとりあえずスタッドレスにつけました。7本スポークはあまり見かけないのでちょっとうれしい。デザインはいまひとつ詰めが甘いけど袋ナットが見えるタイプなのでそれなりにシャープな印象になるかな?
■昨日は朝から松阪のムーブメントのセッションに出て、サンタクロースになって子どもたちにプレゼントをわたしました。サンタクロースになるのは初めての経験でした。サンタクロースを見つめる子どもたちの目はなんといえばいいのだろう。深い深い瞳でした。今まで見たことのない奥深さでした。クラウンもいいけどサンタもいいと思いました。ポコ・ア・ポコにもサンタさんを呼ぼうか…
■リビングのステレオが使えなくなって1年になります。CDラジカセやウォークマンなどで音楽を聴いていますがとても満足できるものではありません。聴くだけで幸せになる音ってあります。お金はちょっとかかるけどコンポーネントでそろえたいと、日々、思いは高まります。毎日アテンザでBOSEを聴いているのでなおさらです。
■今夜の「情熱大陸」は占星術研究家の鏡リュウジでした。彼のサイン会に並んだ女性がこう言っていました。「言葉がポーンと入ってくる感じ」という。そう、あなたがほしい言葉を今私が口にすることができるか、それがあなたに大きな価値を提供することになる。豊かな言葉を使うことができる才が今しばらくの社会のニーズだと思うのです。

今夜はグールドを聴きながら(05/11/28)
■ペンション・モーツァルトのコンサート以来、ピアノとバイオリン、チェロをよく聴きます。ずっと聴いていると、私はやはりバイオリンが好きなんだと思います。音域が高く反応が速くて感度が高いところに惹かれるのだろうか。私もそんなふうに弾きたいのですが、技術が伴わないから単に乱暴な弾き方になってしまいます。誰のために弾くわけでもないのでそれでいいのですが、ピアノに限らず楽器が弾ける環境は今の私にはありません。ペンション・モーツァルトで過ごした一夜が夢のようです。思い出すとなぜかモーツァルトのクラリネット五重奏曲イ長調K.581が聴きたくなります。
■土曜日26日は勤務校、北勢きらら学園の学校祭「きららまつり」でした。各グループで趣向を凝らした企画からは担任の先生と子どもたちとの関係性の深さが伝わって来て心を打たれました。先生たちの企画はさらに凝っていて、手作りコーナーやショーをすべて回るには2日はかかりそうでした。温水プールではテーマパークさながらのショーまであって、観た人はさぞかし驚いたことでしょう。たくさんの人に来ていただきましたが、所在地域のみなさんにもっと来ていただけるように日頃から学校経営を考えていかなくてはならないと思いました。そして、来年、創立10年を迎えるきらら学園の文脈の創造の歩みを文書にしておきたいと思うのです。
■学校祭の準備などで帰宅が遅くなる日が続いたので当日の夜は料理するものしんどくて外食にしました。その帰りにあのCDとDVD2枚2500円のセールに寄りました。パガニーニのバイオリン協奏曲1番などのCD(UCCG-7049)と、加羽沢美濃の「霧笛荘夜話」(COCQ83894)を買いました。
■パガニーニのソリストは庄司紗矢香です。オーケストラとの共演は17歳とは思えない落ち着いた演奏で、これはちょっと聴くシーンを選んでしまいそうです。でも、生演奏はちがう印象だと思います。ナタン・ミルテンシュテインの「パガニーニアーナ」がいちばん伸び伸びとした演奏で私のお気に入りリスト入りです。
■加羽沢美濃の「霧笛荘夜話」は同名の浅田次郎の小説からのinspired musicだとか。劇伴の印象もあります。描写音楽といってもいいと思います。加羽沢美濃お得意の音楽ですね!
■やはり土曜日、NHKでターシャ・チューダーの特集番組がありました。再々のまた再放送です。「人は物事の悪い面ばかり考えがちだけどそれは間違っているわ。この美しい世界を楽しまないなんてばかげてるわ。」「今が人生でいちばん幸せよ。」という90歳の彼女の言葉に大きな意味を感じてしまいます。美しいものを美しいと感じる心、感性、センスが大事。そうそう、そのことについて特集する番組がやはり今夜、NHK-ETVでありました。「ETV特集 心はどこにあるのか?」です。長時間番組なのでこれも観るのは明日以降です。
■日曜日は朝から団地の掃除、午後は自治会の仕事、夜は団地の管理組合の会議と、慌ただしく過ぎました。団地の掃除は中央公園の山の草刈りで、草刈り機を使って下草刈りをしました。紅葉も終わりに近く、たくさんの落ち葉や枯れた草に付く露が朝日に輝いてそれはそれはきれいなこと。2時間半があっという間に過ぎました。
■パガニーニを聴くとなぜかバッハも聴きたくなります。土曜日、寝る前に聴いたのはヘンリク・シェリングが弾くバッハの無伴奏パルティータ第2番ニ短調BWV.1004です。1955年の演奏ですからなんと半世紀も前、私が生まれる前の録音ですが、「今夜のコンサートで聴いてきた演奏」といっていい。実に生々しい、コンテンポラリーといっていい演奏です。
■今朝の朝日新聞朝刊のコラム「時の墓碑銘」はグレン・グールドについて書いてあります。グールドファンのひとりとして、私はこのコラムの一字一句をうなずきながら読みました。彼ほど文学的に多くを語られる演奏家はいないのではないかと思います。吉田秀和の言葉もまたすごいものだ。「桁外れに風変わりなようで、その裏に厳しい定則生を感じさせ、乾燥している半面あふれる詩情があり、何か途方もない演奏という外ない」そう、そうなんだと、意を得たりと腕組してうなずいてしまう。今夜はグールドを聴きながら眠ろう。
■アテンザは、先週、通勤途中の東名阪でフロントガラスに石が当たってヒビが入るというアクシデントがありました。その日のうちにリペアして、痕は残りましたが、これもハードな毎日の勲章みたいなものと思っています。スタッドレスは値段の安い旧モデルを取り寄せてもらうことになって、ホイールは深いグレーのアルミにしました。このホイールは気に入ってしまって夏タイヤに使おうかと一思案です。アテンザはブレーキダストがボルボ並みに相当なもので、深いトーンのホイールだと目立たなくていいかも知れません。オフセットが48mmと-7mmで、タイヤがちょっと外に出るのもいい。わずか7mmですが左右で計14mm、印象もきっと変わります。そもそもアテンザのオフセット55mmがちょっとない設定です。

米子で(05/11/20)
■先週は全国肢体不自由教育研究教育研究協議会鳥取大会に行ってきました。今回は校長代理で、初日16日(水)の校長研究協議会に出席しました。文部科学省の調査官の講話は貴重な内容ばかりでした。このところ教育をめぐる情勢の変化はとても早くて、毎日のように情報をチェックしなければならないくらいです。しかも、現場では先を見通して布石を打っておかなくてはなりません。現場の力量が容赦なく問われる状況が続きます。
■鳥取大学地域学部地域教育学科教授、小枝達也さんの講演「特別支援教育に期待するもの」は、特別支援教育と発達障害の子どもたちを小児科医の言葉で語り、ややもすると袋小路に入りがちな教育の枠組みをわかりやすく解きほぐしてくれる、そして、同時に、課題の確信を明らかにしてくれる内容でした。私も真摯に努力を重ねたいと思うのでした。
■米子市で目を引くのは王子製紙の工場です。夜もオレンジ色の照明に照らされて煙突から煙を吐く姿は海辺の平野に聳え立ってちょっと異様な光景です。「ハウルの動く城」を彷彿とさせました。だからというわけではないのですが、研究協議会の会場の前のSATYでちょうど発売になった「ハウルの動く城」のDVDを買ってしまいました。フィルムの1コマがついていました。SATYではスーツの中に着る黒のベストとグリーン系のネクタイを調達しました。このネクタイしてペンション・モーツァルトに行けたらいいなと、漠然と思って買ったもので、この次行けるのはいつのことでしょう。
■大山はちょうど16日に初冠雪とのこと。17日にその姿を少し見ることができました。ほんと、富士山だ! 冬の鳥取は「ぴしぴしする」と、大学のとき鳥取出身の友人が話していました。吐く息はすでに白くて雪雲のような灰色の雲がところどころに覆いかぶさるように浮かんでいました。温暖な三重とはちがう文化が生まれ育まれるのも然りと思いました。
■今日はポコ・ア・ポコ音楽療法の会の勉強会と日曜日のポコ・ア・ポコをしました。午前中の勉強会は多職種勉強会となり、精神医療での音楽療法について考える機会となりました。午前午後と、今日は11家族のみなさんに来ていただきました。ほんとにいい天気で、行事が多い中、いつも来てくださるみなさんに感謝です。
■このところ悩ましいのはアテンザのスタッドレスです。215/45R17のスタッドレスはけっこうな値段がしますが、その前に、そもそもこの近辺では姿どころか店頭の価格表にさえありません。四日市では店頭にあるのに! スタッドレスのホイールは今のオリジナルを使って、春にラジアルのホイールを選ぶことも考えています。またまたあまりないアイテムを考えています。そうそう、アテンザの燃費は富士の帰りに13km/lが出て感心することしきりです。

ペンション・モーツァルトで…(05/11/13)
■私のスケジュールのミスからこの土日は山中湖に行くことになってしまいました。P(ペンション)・モーツァルトの予約がそれです。いくつかの行き違いや思い込み、そして、誰かさんのちょっとした悪戯から非日常の世界に迷い込むことがあることを身をもって思い知りました。
■晩秋の冬枯れの葉が金色に輝く富士山スバルライン、今が見頃の山中湖畔の紅葉、P・モーツァルトの深い陰翳の佇まい、私の部屋番号はモーツァルトの「レクイエム」の作品番号のK626、美味しいフランス料理、そして、夜のコンサートのプルミエの素敵な演奏…こんなことってあるのだろうかと、昨日のことなのに信じられないくらいのたくさんの出会いがありました。
■ピアノトリオ、プルミエのことは何も知らなくて、もちろん、昨夜は演奏者の名前も知らなくて、いきなり五感が120%目覚める演奏が私を包み込みました。シャンソンから始まるおしゃれなプログラムですが、どの曲もちょっとひとひねりしてあって、曲の前にもう1曲演奏されるのです。ときにはピアノ伴奏がそっくり書き直されているクラシックもありました。ジャンルは何にしてもスタンダードナンバーへのプラスαは勇気がいるもの。でも、その選曲と編曲からうかがわれるとらわれのない自由な発想は彼女たちの音楽の豊かな裾野を知らしめるものでした。
■昨夜のプログラムで曲名の紹介がないまま演奏が始まった曲で、1曲、何が奏されるのかわかった曲がありました。作曲は誰だったか、よく知られている「マドリガル」です。曲の前に奏される部分に「マドリガル」の伏線が紡ぎ込まれていたのだろうか。聴く者の心を続いて奏する音楽にいざなう選曲と編曲のセンスに脱帽です。
■ドヴォルザークの「ラ・ルーナ」をピアノトリオで聴けたのも大きな収穫でした。今夜、家に帰ってサラ・ブライトマンが歌う「ラ・ルーナ」を聴き直しました。この曲のメロディのなんと美しいこと!
■こんなプルミエだから音楽はほんとに楽しい。生き生きしています。CDアルバム「1ere」(フランス語で左のeの上には点がちょこんとついています)は「“みる”コンサート物語」の音楽集で、この上なくおしゃれでほんとに楽しい。「雨ふり りんちゃん」は最高に楽しい。
■コンサートが終わってプルミエのメンバーと話していて、彼女たちは「こころのバリアフリー・笑顔のお手伝い」「“みる”コンサート物語」の音楽を担当していることを知りました。このようなリソースへのネットワークは大切にしたい。2003年には三重県四日市市で「“みる”コンサート物語」があって来ていただいているとか。知らなかった(×_×) 影絵と語り、そして、音楽という組み合わせは考えただけでわくわくします。発達障害の子どもたちにぜひ来て観て聴いてほしいコンサートです。
■プルミエのチェロ、平山織絵さんのアルバム「full moon」は曲のスピードと音の色彩が実に心地よい緊張感をプレゼントしてくれます。プルミエの活動はもっともっと評価されるべきだと思います。クオリティの評価はあってもある程度のマス、量としての評価があって然るべきではないでしょうか。このあたりはマネージメントの課題かも…。オリジナル集の「full moon」は腑に落ちる音楽です。
■私のミュージックの旅のフィナーレはTOYOTAのF-1マシンのサウンドでした。ヤルノ・トゥルーリがドライブするF-1マシンの咆哮は血が沸き立つ感覚です。私とは何かを教えてくれているように思いました。
■2日で850キロを走ったアテンザ23S-MTはドライバーにとって疲れ知らずでした。四肢を駆使するマニュアル・トランスミッションはドライバーの感覚を統合させるシステムだと思います。

秋の夜長のココア(05/11/8)
■土曜日、朝から地元のムーブメントのセッションに出て、午後は名古屋に行って音楽療法セミナーに参加しました。セミナーはアメリカのスザンヌ・ハンザー博士の講演で、テーマは「統合医学における音楽療法研究」でした。音楽療法の社会的認知が進んでいるアメリカならではの余裕のようなものを感じました。
■この講演は通訳を介して行われましたが、スライドの英文と邦訳とのニュアンスが異なるように感じました。誤訳というのではありません。文脈がちがうということです。このちがいはどこからくるのか? 文法だろうか、それとも、文化のちがいなのだろうか。そもそも西洋の体系で語られることが多い音楽療法や医学です。欧米の言語の方がなじむのは当然かも知れません。
■日曜日は半日新聞の切り抜きをしていました。そして、新聞を資源回収のために束ねようとしたら荷造り紐が見つからなくてまた山積みです。でも、それは宝の山です。
■この週末に「デビッド・コパフィールド」のビデオを見ました。VHSで2巻、3時間余りもありますが原作のダイジェスト版のはず。でも、ディケンズの温かい細やかな眼差しを十分に感じることができました。きっと俳優たちもこの本がほんとに好きなのでしょう。
■昨日今日と出勤すればまたまたてんてこ舞いでした。そんな中、暗くなってからいただいた温かいココアのなんと素敵な香り、そして、甘くてちょっぴり苦い風味に一日の疲れがどこかに飛んで行ってしまうようでした。
■本田美奈子さんが亡くなったとテレビが教えてくれました。今夜は彼女が歌うカッチーニの「アヴェ・マリア」ばかり聴いて帰ってきました。
■毎日思うこと考えることはたくさんあります。それを書き留める時間がないことにため息が出ます。そうそう、書き留めるといえば、フランクリン・コヴィーのクラシックサイズがこのところ大活躍といったところです。

リチェルカーレ(05/11/4)
■山中湖のP(ペンション)・モーツァルトの予約が取れて目の前がパッと明るくなったように思った…というのは大げさですが、P・モーツァルトのことを知るにつれ、私の期待は大きくなっていきます。小さなことだけど、P・モーツァルトのタンノイのオートグラフというスピーカーは、私が学生の頃、京都で通った名曲喫茶「リチェルカーレ」の思い出そのものです。私の宿泊予定の日は弦楽アンサンブルと星を見る会もあるとのこと。P・モーツァルトは八ヶ岳倶楽部がある八ヶ岳高原にも近く、いつかこの組み合わせで行ってみたいもの。
■「リチェルカーレ」は私が卒業して1年後にはもうありませんでした。ベレー帽をかぶった小柄なおじいさんがマスターで、モーツァルト以前の音楽に限ってライブラリーをそろえていました。もちろんアナログのレコードです。私はペーター・シュライヤーがソロを歌うバッハのミサ曲をよくリクエストしました。リクエストノートのリストに友人の名前を見つけてリクエスト曲を見るのも楽しみでした。あの空間は私の記憶から決して消えることのない私の宝物です。
■HDDレコーダーは期待以上の使い勝手です。テレビ番組をとりあえずHDDに録画して保存しておくべき番組をDVDにダビングする、VHSからDVDにダビングするというフローはあまりにスムーズです。私が使っているDVDは1枚70円! VHSのビデオライブラリーのDVD化は数が膨大で、DVD化してもビデオテープはすぐには捨てられないから悩む。

2学期の折り返しに思う(05/10/30)
■長いようで短い1週間が終わり、明日からまた1週間が始まります。対処療法的な仕事が多くて部分最適で終わっているようですが先を見てつなげていかなければならない。半年余りが過ぎ、2学期の折り返しを迎えてさらに気持ちを引き締めています。でも、来週は3日も出張が入っています。11月はスタートからたいへんです。
■木曜日は県の「出前トーク」で障害者自立支援法を軸にこれからの福祉行政について話を聴きました。福祉の変遷、そして、障害観についても触れるたいへん質の高い内容でした。変わる社会福祉、ピンチはチャンスとしなければならないが課題は大きい。
■今日はPTAの事業で市内(四日市市)の県立高校の吹奏楽部の演奏会がきらら学園でありました。高校生の演奏を聴くのは久しぶりで、スケールの大きな演奏を堪能しました。生徒たちの動きに無駄がなくてきれいです。子どもの育ちの不思議さと素晴らしさを思いました。
■私のMac PoweBookG4のデスクトップは10月7日に四日市都ホテルで撮ったビッフェです。(10/7 COFFEE TIME)Macのモニタで見る画像はほんとにきれいです。この写真を自宅のエプソンPM-A700でプリントしたらモニタと同じ色で驚きました。パソコンのモニタの色とプリントの色はそもそもちがうものと思い込んでいましたが、これはカラーマネジメントがインテグレートされてないWindowsでのこと。MacとWindowsが決定的に異なる点のひとつがここだ。クリエイターがMacを使う最大の理由がここにある。イメージ通りの色がプリントアウトまでコントロールできるのだ。これは当たり前のようだがWindowsではできないからモナコEZカラーなどカラーマネジメントツールを別途用意しなければならない。勤務先のきらら学園で授業で使っているAdobe IllustratorもWindows版故に生徒は色のちがいに戸惑う。私のシステムはまだきちんと設定していませんがMacのカラーマネジメントに納得です。
■そして、この写真に写るふたりのスタッフのスタイルが実にきれいだ。型がある。ホテルのホスピタリティがこんなところにも表れている。
■iTunesとCREATIVE MuVo V200との間で音楽データのやりとりができるようになってますます音楽漬けです。といってもMuVoで聴くのは家事のときくらいですが、MuVoにはWordのファイルも入れて重宝しています。こうして使っているとiPodの使い勝手がほしくなります。Appleのベクトルがわかるような気がしています。MacもiPodも小宇宙かも知れないと思う。少し前の新聞広告で「iPodの一人勝ちで日米愕然」というニュース雑誌の見出しがありました。新しいiPodは魅力的!
■MuVoでよく聴くのはヴィヴァルディ作曲マンドリン協奏曲ハ長調RV425です。スペイン村で聴いたこの曲はもっと強弱がはっきりしていたような印象がありますが、それはパフォーマーのジャグリングの巧みなコンントロール故です。視覚と聴覚とのマッチングが揺さぶられる、そういえるでしょうか。目で聴き、耳で見る、という表現ができる。人間の感覚、脳はほんとに不思議だ。ミュージック・ケアの秘密もここにある。
■昨日は、津、伊勢、南島と、200キロ近く走りました。行く先々で異職種の文脈との刺激的な出会いがありました。夜は今日の食材を買いにイオンに行ったら“阪神タイガース応援ありがとうセール”をしていて、前からほしかったカシミヤブレンドの黒のコートとやはり黒のスーツ、そして、やっとHDDレコーダーを買いました。VHS、HDD、DVDと何でもありで、それぞれ双方向の6通りのダビングができるとか。家の押し入れの一画を占拠しているビデオテープをDVD化しないとライブラリーをこれ以上増やせませんから重宝します。今日はセッティングをしました。ケーブルテレビのチューナーが間に入るので配線はややこしい。やっとのことでフジコ・ヘミングの特集番組の録画に間に合いましたが録画モードの設定で間違ってLPになってしまいました。どんな画質で録画されるのだろう…
■今日は思い立ってガソリンスタンドの洗車機で車を洗いました。似て非なる洗車機です。今日は“当たり”でした。
■この頃すすきがきれいです。通勤路の路肩で風に揺れるすすきの穂が秋の日差しに光る様は他の何ものにも喩えようがありません。

秋本番(05/10/23)
■10月のポコ・ア・ポコは12家族のみなさんに来ていただきました。何かと行事が多い秋、お子さんと来てくださるみなさんに感謝しています。今日は私にとってなんだか何か月ぶりかというポコ・ア・ポコで、いつもの私を取り戻すまで少しかかりました。今日もいちばん落ち着いていたのは子どもたちでした。ポコ・ア・ポコがみなさんにとって“居場所”のひとつとなればと思っています。
■午前中は青山高原の風力発電の風車のところまで行きました。朝から晴天で山の麓から風車も見えていたのに登って行くとすごい霧でした。風車を下から見上げても回転する羽根が上に行くと霞んでしまうくらいでした。アテンザの外気温はなんと9℃を示しています。寒い! 青山高原道路は落ち葉が濡れた路面に貼り付いてさながら嵐の後でした。別荘地の道も少し、ゆっくり通ってきました。セカンドハウスは持てないけど、そんな、「あいだ」を感じることができる時間と空間は見つけておきたいもの! 帰りに寄った店で「具だくさん汁」用のお椀を買いました。この秋冬は汁物に凝る! 家の前のハナミズキ並木は真っ赤な実をつけています。いよいよ秋本番です。
■ポコ・ア・ポコの準備を慌ててしたものだから半袖のTシャツのまま車に乗ってしまいました。寒かった! 今は熱っぽい(×_×)

哲学の使命(05/10/22)
■昨日の朝、アテンザの外気温度計が12℃を指しました。前日までは17度が最低だったら5℃も一気に下がりました。空気が凛とするこの季節は美しい。日が昇った青空も夕日もきれいだ。散りゆく葉っぱたちの一枚一枚もなんときれいなことか。
■やはり昨日の朝、きらら学園の校門でいつもの交通整理をしていたら藤車(とうぐるま)を押したおばあさんに声をかけられました。家には58歳の肢体不自由の子がいて、その子が小さな頃は学校にも行けなくて、きらら学園の前を通る度に「ここには行かせてもらえんのやろな…」と思うとのこと。母は86歳、私が倒れたら子どもは施設に入れてもらうしかないと、そうさらっと話す言葉のなんと重いことか。私はやりきれない気持ちに襲われました。日本はほんとに文明国なのか!? 私は今と今に続いてきたこれまでに意味と価値を見いだし、今と今に続くこれからのビジョンを描き続けながら仕事をしているつもりですが、力の至らなさを痛感しています。
■今日は三重大学教育学部附属教育実践総合センター主催のiCERP研究会「木村敏:文化講演会―じこ・あいだ・いのち―」に行きました。ハイデッガーたちヨーロッパの哲学者の文脈と彼の「じこ・あいだ・いのち」という概念の文脈のちがいを自身の体験から語る言葉は私を魅了しました。倫理社会の教科書で知った「自我」という言葉、彼は「私は自我という言葉は使わない。ヨーロッパ製の言葉だ。」と言う。自分の言葉で語る木村敏は心強い存在です。彼自身ピアノを弾くことから音楽の話も随所に盛り込まれてこれも私の理解を助けてくれました。「あいだ」という概念について聴いているうちに新しい障害観のことを考えてしまいました。障害も「あいだ」にあるものではないのか。彼の思索の中に障害を語る言葉はどうあるのだろう。
■哲学の講義は大学以来でとても新鮮でした。私はノートを取りながら戦慄を覚えました。そして、哲学こそこれからの社会に必要だと思いました。ビジョンを描くためのビジョンが求められている。大学の使命は大きい。
■昨夜、「RED VIOLIN」をビデオで観ました。愛する妻の血をニスに混ぜて塗ったバイオリンが紡ぐ数々の数奇な運命はバイオリンという楽器の魔力を思わせる。1本のバイオリンに翻弄されているかに見える人たちは、でも、自分でその運命を紡いでいるのではないのだろうか。夫の元に向かう身重のアンナを見てそう思いました。2階のクローゼットの私のバイオリンはこれからの私の人生にどんな文脈を書き足そうとしているのだろうか。
■今週、Macで初めてプレゼンテーションをしました。Windowsで作ったPowerPointのファイルも難なく使えてあっけないほど! 同じデータを使うなら、でも、やっぱりMacの方がちょっとうれしいのはなぜ?

「グース」(05/10/16)
■4年ぶりに映画「グース」を観ました。私のお気に入りです。カナダの、文字通りの大自然の美しさに圧倒されます。そして、今の私にはない人生がそこに在ることに惹かれる。このことを映像で伝える営みとアクターの“仕事”の意味を思わずにいられない。主演のアンナ・パキンは「ピアノ・レッスン」で11歳でアカデミー賞をとったとか。子役たちのキャリアアップを祈らずにはいられない。日本の凛ちゃんとはちがう文脈がある。
■今夜の毎日放送「情熱大陸」は東京銀座のフレンチレストラン「ロオジェ」の総料理長ジャック・ボリーでした。彼の文脈は「クラシックとモダン」で決して立ち止まらない。料理はおもしろい。この土日、私なりのこだわりの料理を作ってリフレッシュしました。

古典と前衛(05/10/15)
■今週は仕事でイマジネーションを必要とするケースがいくつかあって身体と頭が別々の動きをしているようなちょっと不思議な感覚です。クリエイティヴなイマジネーションなら血が騒ぐというもの! ネットサイトには書けないことなので何のことだかわからないね(^_^) ;;;
■このところ家事が滞っていて休日はもっぱら家事従事です。今日は朝から家の掃除と片づけをした後、大型スーパーの台所用品と家庭用品の売り場でいろいろ調達を目論みました。でも、地元ではなかなか思うような物がありません。妥協して買わないこと!
■帰りに寄った書店&レンタルショップの「CDとDVDよりどり2枚2500円セール」で誰も買わないようなアイテムを買いました。CD「ナイジェル・ケネディ グレイテスト・ヒッツ」(EMI TOCE-55469)とビデオ「デビッド・コパフィールド」(IVCV-20047)です。
■ナイジェル・ケネディは「クラシック界のパンク野郎」とのことですが楽曲の本質を奏でているように思います。もし私がバイオリンの演奏を生業としているなら彼の演奏スタイルかも知れません。大切なのは奏でる人にとっての音楽です。このCD、でも、録音はもっとどうかならなかったものか! ケネディの演奏はもっともっとヴィヴィッドなはずだ。
■ビデオ「デビッド・コパフィールド」は「ハリー・ポッターと賢者の石」の主演ダニエル・ラドクリフのデビュー作とのコピーですが、このビデオは「ハリー・ポッター」がヒットしなければ日本で発売されなかったかも知れない!?と思う。でも、私にとってはディケンズの原作の貴重なドラマ化です。「BBC制作」という文脈はディケンズの評価がイギリスでいかに高いかを表しているものだといえるでしょう。VHS2巻というこの「デビッド・コパフィールド」、果たして観る時間はあるのだろうか…
■今夜は地元の音楽療法のサークルが主催するコンサートに行ってきました。作業所や音楽サークルの演奏からは自らの音楽を奏でていることが伝わってきました。価値あるコンサートでした。
■コンサートの山間部の帰り道はなぜかX-JAPANが聴きたくなってBOSEのボリュームを上げて飛ばしてきました。アテンザMTの図太いトルクで走る山間部のワインディングロードは最高だ! 今夜はX-JAPANが“古典”だと、いつになく思いました。音楽のアヴァンギャルドは「現代音楽」だと思う。武満やケージはいつ聴いても新しい。でも、聴きたくなるX-JAPAN、そしてQUEENです。古典と前衛は紙一重だと思う。どちらも非日常で、その狭間がこの時、この刹那、コンテンポラリーという“今”だと思う。

行動が内面に反映する(05/10/8)
■アテンザのオイル交換を市内の自動車用品店で工具がないからと断られてディーラーに行くことになりました。フォード規格とのこと。オイル交換の後は音も振動もぐっと低くなって吹け上がりもあっけないほどスムーズです。合成オイルだったらきっともっとスムーズですがあまりに高価です。
■本田美奈子の「AVE MARIA」(COLUMBIA COCQ83633)を入手しました。2年前に本田美奈子がカッチーニ作曲「アヴェ・マリア」を録音したと聞いていたのですが、彼女はロックシンガーだと思っていて聴く機会を逃していました。このアルバムはクラシックの定番を中心に日本語で録音されています。でも「アヴェ・マリア」は原語のままです。この歌の歌詞は「アヴェ・マリア」の繰り返しだから! 原語を知っている他の曲はニュアンスがちがって歌としては別物の感があります。このアルバムは彼女の歌に加えてアレンジも演奏も聴きどころがあります。今日、四日市との往復で何度も聴いたのはモリコーネ作曲「ニュー・シネマ・パラダイス」でした。日本語の歌詞と本田美奈子の歌があやういほどの切なさを奏でる。2コーラスのクラリネットもいい。「ベラ・ノッテ」の井上鑑のピアノがソロ・ピアノのように音楽を奏でる。何曲かで奏でるチェロのソロもとてもいい。オリジナル1曲の他は全曲よく知っているのだが初めて聴くように思えます。
■2時間近く本田美奈子の歌を聴いて勤務校に到着。来週の「開かれた学校づくり支援事業」授業公開、再来週の授業参観に備えて駐車場に使う隣りの四日市市の空き地の草刈りです。草刈機に混合油を入れてエンジンを始動して調整。長靴など用意して雨の止み間にと早足で空き地に向かうと何かちがう。近づいてみると、なんと、広大な空き地全体が見事に草が刈られているではないか! 先週末には確かに一面に草が伸びていた。よく見るとトラクターのようなタイプの草刈機で刈った形跡があります。市有地だから隣りの県立高には草刈りの情報は伝わらなかったわけ。わざわざ休日に来たのに…でもありがたい。
■その後四日市市青年会議所主催の講演会に行くまでに時間があったので尾平のイオンに寄って島村楽器で小さなアコーディオンを買いました。仕上げも音程も???だけどおもちゃのようなカラフルでかわいいサイズはクラウンにお似合いです。赤、白、青から青を選びました。発達障害の子はなぜかブルーが好きな子が多いから。小さいけどベースとコードもついています。CとGとF、そしてドッペルドミナントのDです。リードは硬質な感じではっきりした音が気持ちいい。これは使える。値段は3,129円でジャグリングボールのセットより安い。
■ジャグリングといえば、志摩スペイン村での大道芸「ジャグリング・コンサート」で使っていた曲がわかりました。聴いたことがあるけど曲名が思い出せずにいたのですが、ライオンシステマのCF音楽がそれでした。インターネットで調べるとヴィヴァルディ作曲マンドリン協奏曲ハ長調RV425です。この曲をボールのジャグリングに使うアイデアに脱帽です。長身のパフォーマーの身体の動きのなんときれいだったことか! 子どもたちは音楽がとてもうれしそうでした。
■今夜の四日市市青年会議所主催の講演会は小山裕史の「方向性を示し共に楽しみましょう」でした。彼の著書「新トレーニング革命?初動負荷理論に基づくトレーニング体系の確立と展開」(1994 講談社)はトライアスロンのトレーニングのヒントに買いましたが、その時はこの本の真の価値はわかりませんでした。ところが今日は目から鱗でした。神経筋制御システムを核にした彼の運動理論は身体の動きが心をつくるという今私が考えている仮説を裏づけるものです。ミュージック・ケアのメソッドがなぜこんなにも腑に落ちるのか、私の悩ましい考え事はこの私自身の体験から始まっています。その答は感覚統合と脳生理学、そして、神経筋制御システムにもあるといえるでしょう。いつかきちんとまとめたいと思います。身体の上手な使い方を知ったら不登校の生徒が学校に行きだしたという多くの例は想像に難くない。「行動自体が内面に反映される」という彼の言葉は重要な意味を伝える。文部科学省も彼にアプローチしているという。期待するが待っているだけでは当面何も始まらない。私は今の私にできることから行動していく。

今、高校は(05/10/7)
■東海地区高等学校教頭会協議会が四日市都ホテルでありました。午後の研究討議の各県の発表は現場の真摯な取り組みのようすがよくわかって心を打たれました。少子化と価値観の多様化が進み、高校は待っているだけでは生徒は来ません。受験する生徒が減ると統廃合になります。退学が1年に100人を超える高校があります。九九を学習する学習グループを設けている高校があります。国公立大学の合格者数で云々される高校があります。これからの社会を担う生徒たちを前に学校の存在を懸けて学校経営に当たる先生たちの苦悩は校種こそちがうが他人事ではない。私たち学校の教職員は子どもたちにどんな価値を提供しているのだろうか。真摯に謙虚に吟味しなければならない。
■都ホテルで朝の準備を終えて4階から吹き抜けをのぞくとこの光景です。なんとおしゃれなんだろう! 同じビルにスターバックスも店を出していました。ハロウィーンのタンブラーにカプチーノを入れてもらって昼休みにホッと一息!
■私は開催地区なので朝の準備から終わりまで何と11時間もホテルにいました。帰りは23号線を通ったらこれまでにない渋滞です。スズカサーキットのF1の影響です。決勝の日曜日はなんとか雨も上がりそうで楽しみです。テレビで観るだけですが…
■今週の月曜日と火曜日は小学部の修学旅行でした。行き先は伊勢志摩で、月曜日は志摩スペイン村、火曜日は二見シーパラダイスに行きました。宿泊先は鳥羽の本浦温泉です。時間にゆとりのある行程で、子どもたちと先生のいろんなやりとりを見ていて関係性の大切さをあらためて思いました。

三重県立美術館(05/10/6)
■三重県総合教育センターで学校マネジメントの研修がありました。横の三重県立美術館が秋晴れの朝陽の中でパステルカラーに輝いていました。昼休みもパステルカラーでした。ベビーカーのちっちゃな子どもたちと若いお母さんたちが美術館のコートでランチタイムでした。なんと優雅なひとときなんだろう! 久しぶりに訪れた三重県立美術館は新鮮でなつかしい空間でした。20年前、美術教育雑誌に掲載するための写真を撮った日のことを思い出しました。そのときはモノクローム(白黒)のフィルムを使いました。今日もらった三つ折のパンフレットの写真はコダクロームの色でした。どちらもノスタルジーを感じます。この写真はFUJIFILM FinePix4800Zで撮りましたがパステルカラーで驚きです。

ケアリング・クラウンの文脈(05/10/1)
■もう10月です。月日が過ぎることのなんという早さ! 今週来週と出張続きで、来週は1日しか勤務校にいません。かといって行かないと決済が遅れるので夜に出勤です。「こんな週もあるさ」とクールにいきたい…というものの、車に乗ると音楽をガンガン鳴らして頭はすでに仕事モードだ。昨日の朝はいつになく早く仕事モードに入ってしまって考え事ばかりで、ETCカードをセットするのを忘れてそのままゲートへ! 見事にバーをはねてしまいました。ハザードを出して車を止めるとJHの職員が来てチケットをくれました。ぺこりと謝って車をスタートさせると落ち込むゆとり?もなく通勤モードに戻る自分が不思議ですらありました。
■夜は名古屋に行ってケアリング・クラウン研究会の学習会に出ました。中部地区第2回の学習会はパッチ・アダムスの「クラウン・イン・カブール」の鑑賞とグループディスカッションでの「感想」と「ケアリングクラウンの可能性、今私たちができること」でした。スクリーンの映像は戦争の悲惨さをストレートに伝えるものでした。そこにクラウンがどう在るのか。その空間でどう在るのか。私はクラウンたちの寄り添う姿勢に感銘を受けました。ケアリング・クラウンと教育は本来同じ文脈を持つものではないのだろうか。
■会場は名古屋国際センターの研修室でした。灯りを消した部屋の窓からブラインド越しに夜景が見えました。スクリーンとは対照的な光景でしたが、そのミスマッチが却って映画の内容の重さを知らしめているように思い、映画が終わって1枚撮りました。中央右のビルはタワーズです。(FUJIFILM FinePix4800Z ManualMode DayLight -1.5EV)
■今日は地元のムーブメントのセッションのアシストに行きました。私のお気に入りは「歩く・走る」です。子どもたちと円を描くように歩くととても気持ちがいい。見かけ上はただ歩くだけだけど身体の隅々まで一気に目覚めるような感覚になります。そうして歩くおとなの姿はその空間の意味を子どもたちに伝える。ヒューマン環境の影響はとても大きい。

さんまと皿(05/9/25)
■さんまがおいしい季節となりました。新鮮なさんまを見つけたら夕飯は何をおいてもさんまにします。昨日は包丁を研いだのではらわたを出すのもすっと切れて気持ちも凛となります。大根おろしも作って秋ならではの一品です。でも、さんまの皿はいつも困る。私のお気に入りの25センチの皿でも頭と尾が出る。身の細い魚だから皿の“余白”が妙にさみしい。さんま用の細長い皿を買うしかない!と、その話を、今日、実家の母にしたら「なんでさんまを切らんの!」と即座に切り返されて目が覚めた。そうか!さんまを切れば円い十数センチの皿に乗るではないか! よくよく思い返すと母が料理したさんまはいつも頭を落として身も二つに切ってあった。私は腹のところが好きなので腹ばかりねらって食べていた。どうして私はさんまは長いまま料理して盛りつけなければならないと思い込んでいたのだろう。母が言うには、料理の本でもさんまは二つに切って焼いてあって絶妙な角度で重ねて大根おろしやすだちを添えてあるとか。そういうものなのかと私はむっくり起き上がって腕組みをしながら母の話を聴いてしまった。母の話はさんまから皿に移って、食器棚の皿を出してあれこれと語りだした。私にとってもなつかしい思い出の食器をどこでどんないきさつで何枚買ったのかと、80歳になる母はくわしく話してくれて私は聴き入ってしまった。食器の記憶は人生にとって大切なものだとしみじみ思った。だけど、さんまをのせる細長い皿はほしい! 色は潔く白がいい。
■「CDとDVDよりどり2枚2500円セール」で思いがけない掘り出し物を見つけました。小澤征爾指揮サイトウ・キネン・オーケストラの「ブルックナー作曲交響曲第7番」(PHILIPS UCCP-1093)と加羽沢美濃の「飛べない鳥」(DENON COCQ83609)です。アテンザのBOSEで聴くこの2枚は最高です。どちらも演奏はいうまでもなく録音も出色の出来です。家までの夜道の風景がちがって見えました。私の長い通勤時間はますます大切な時間になります。それでも時間が足りそうにないからどこか旅に出ようか…

ドーナツはどこへ消えた?(05/09/23)
■音楽療法ネットワーク三重の音楽療法講習会がありました。テーマは「ウィリアムズ症候群の子ども達の表現行為〜その意味と理解をめぐって〜」、講師は三重大学教育学部助教授の根津知佳子さんです。ウィリアムズ症候群の発見と診断の歴史は障害をめぐる社会的な諸相を見る思いがしました。欧米と日本との文化の差がウィリアムズ症候群の子どもたちの理解と人生の文脈に大きく影響しています。私はウィリアムズ症候群そのものの理解だけでなく関係性の中で双方が何をしていけるかを見つけて行くプロセスそのものに価値を見いだそうとする営みの価値をあらためて教えていただきました。関係性をベースとするスタンスは私も同じでたいへん共感するレクチャーでした。たいへん質の高い内容でした。
■三重大学教育学部の建物は歴史が長いこともあってどこもかしこもボロボロです。見慣れたとはいうものの学生の学習環境としてこれでいいのかと気になります。でも、非日常を感じる大学の空間は魅力的です。休みの日に音楽棟のそこかしこで楽器の練習をする学生たちは25年前の私でもあります。もう一度大学で学びたいと今日ほど思ったことはありませんでした。そして、私の音楽を奏でたいと思いました。
■今日の講習会で私はスタッフなのでセッティングから片づけまでいました。すごく不思議だったのは、懇親会用にとスタッフが買い出しに行ったミスドのドーナツ20個、2箱が箱ごと姿を消したことです。懇親会の会場でドーナツがないことに気づいたスタッフと学生が探しに行ったけどどこにも見つけられませんでした。懇親会はアーモンドチョコレートとあられとチーズだけになってしまいました。ほんとに不思議でした。
■帰りにカメラ店に寄ってフジクロームベルビア100Fを1本買いました。ベルビアの新製品で気になる1本です。“新装”きらら学園をどのフィルムで撮ろうかとあれこれ試すのも私には楽しみです。PENTAX67Uのカタログももらってきました。今さら銀塩、今さらの中判です。このMacもね… でも、今だからこそ!と思うのです。バイクもトライアスロンも音楽療法も、あれもこれも、しておかないと後悔すると思ってしてきたことばかりです。あと、したいことは、映像と音楽を創ること、そして、サーフィンです。サーフィンはロングボードだよ(^_^);;;
■今朝、NHK−TV総合で「喜びは創りだすもの〜ターシャ・テューダーの四季の庭〜」をみました。彼女もまたクリエイターです。人生の意味というのだろうか、QOLという言葉が月並みに思える圧倒的な、でも、日常の空間が広がっていました。

find myself ということ(05/9/19)
■9月の日曜日ポコ・ア・ポコは16家族のみなさんに来ていただきました。元気いっぱい、という印象でしたが、集中力が途切れず、それぞれのプログラムの文脈に乗って「静」も気持ちよく決まりました。すごい! 今日のセッションは1時間10分もしてしまいました。
■セッションの後、スタッフ4人で障害がある人の地域での暮らしについて話をしました。障害がある人といるからこそ得ることのできる豊かさがあることをどう社会に伝え、文化としていくか、このことこそ私の使命だとあらためて思いました。ポコ・ア・ポコのクォリティは絶対落としてはいけない、地域社会にアピールしていく私のベースはポコ・ア・ポコだとあらためて深く思いました。
■夕方、近くのショッピングモールに長袖の黒のシャツを買いに行きました。私のようなおじさんが行く店ではありませんが、アヴァンギャルドのアフォーダンスを発する服たちを見て回ると私の価値観が「自分を見いだす」のがわかります。自分を見失わず、フェアに、真っ直ぐ進んでいきたい。
■その店で流れていたのはクラシックのミサ曲のテーマのロックでした。原曲の名前が思い出せなくてしばらく天井のスピーカを見上げていました。
■何でも窮めようとする姿は美しいものだ。「もっときれいなものはたくさんある」(ファッションデザイナー川久保玲)

ことえりの意味(05/9/18)
■「ことえり(言選り)用語を選択すること。」(広辞苑 第四版 岩波書店)とあって納得です。素適なネーミングだ。『広辞苑』では『源氏物語』の「帚木」から用例がありました。古い言葉です。
■この1週間はいつになくハードで、先週末に戻った体重がまた3キロ減りました。毎週この繰り返し(×_×) 体重が落ちると動きやすくていいけど体力も落ちます。この3連休は地元の細々したことを片づけています。平日に地元で動けないことの影響は大きい。
■朝、リビングで団地の自治会費の領収書を書いていたらNHK-TVで農村型テーマパークを特集していて興味深い内容でした。大型マシンなどないものの年間30万人の入園者を集める岩手のテーマパークは開園以来20年間黒字とのこと。自治体が経営していた淡路島の赤字のテーマパークの経営を引き継いだこの会社の大胆な手法も興味津々でした。ここのところ私の頭の中は「地域共生」というキーワードがぐるぐる回っています。昨年、地元松阪市にオープンした農業系テーマパーク、ベルファームの健闘を期待しています。ほんとは自分自身で文字通りの「地域共生」興しをしたい!
■10時過ぎに地元の梅村学園三重中学校の学園祭に行きました。理科室は暗幕が引いてあって展示と午後の実験のパフォーマンスの準備がしてありました。ふと見ると片隅に紺色のチェロのソフトケースがケースだけ立てかけてあってミスマッチに見とれていたら、となりのラジカセから私のお気に入りの音楽が静かに流れているのに気がつきました。DANIEL KOBIALKAの「WHEN YOU UPON A STAR」から「Children’s Sonata (Mozart)」でした。なんでこんな戦慄する出会いがあるのだろう! 実験の跡が残る古い理科室はちょっとあやしい空間で、私はモーツァルトのピアノソナタが流れる中、FinePixのシャッターを切っていました。
■帰りに寄った書店でWeb Designの本を見て“目から鱗”どころか頭がすっきりです。優れたデザインは視覚を通して感覚の統合を加速してくれる。あと、リバーサルの動向を知りたくて写真雑誌や写真集を見ていました。リバーサルは“イメージカラー”のベルビア(RVP)が一人勝ちかも。ポートレートもベルビアで撮っている作品がありました。ここで『ローレンシャンの秋〜カナダ・ケベックの森が燃えるとき〜』(吉村和敏 アップフロントブックス 2005)を購入。PENTAX67とベルビアのペアは圧倒的な映像です。
■午後は初秋の太平洋が見える南島まで行きました。行き帰りに聴いたのは松田聖子の「Supreme」とクリスマスアルバムです。秋になると聴きなくなるクリスマソング、そして、「Supreme」です。
■帰って久しぶりに夕食を作りました。今夜はチキンの胸肉のアルミホイルハーブ蒸し焼きと小松菜いっぱいのみそ汁です。どちらも美味! 料理は素敵だ! トム・ハンクスとメグ・ライアンの「めぐり逢えたら」の懐かしいシーンがテレビの画面から時々見えました。
■朝、大事なことに気づいた。明日のポコ・ア・ポコで使うMDなどを勤務校に置いたままだ! 明日は朝から往復140キロ走らないといけない。なんという不覚!

ことえり(05/9/12)
■ケーブルテレビの工事が終わりました。どのチャンネルも色が濃くてクリア、ソースの質が高いとテレビの性能がよくなったみたいによく見えます。ずっと不調で見れなかった衛星放送どころか“多チャンネル”なので気象情報ばかりのチャンネルなども見ることができます。WOWOWも今月は無料(^_^)… でも、見る時間がない!
■Macで困ったことがまたひとつ。WindowsのWordで作ったポコ・ア・ポコのご案内ハガキのファイルがMacでそのまま開けないのだ。行間が文書の途中から広くなってどうしていいのかわからない。新規文書として作り直しても広くなる。罫線が関係しているのだと思いますがやっかいです。
■Macの日本語入力システムはどうして「ことえり」というのだろう。前々から気になっていました。「ことえり」に古語の響きを感じるのは私だけだろうか…

Macの文脈(05/9/9)
■Macはこれまで使ってきたパソコンのどれよりもスムーズに使い始めることができました。ワイヤレスLANも端末の設定だけなのでパスワードを入れてEnterキーを押すだけでした。これはすごい!と思いましたが、いくつかクリアしなければならないこともあります。まず、メーラーが決まらない。Windowsで使ってきたBeckyに似た使い勝手のメーラーを探しているのだけどいまひとつのものばかりです。OS]のメーラーは自動改行ができないのだろうか…シンプルでいいのだけど改行は自動がいい。OutlookExpressもMacでは安定しているようですがWindowsで痛い目に遭っているので今さら使う気にはなれない。とりあえずMicrosoft Office Entourageをセットアップしました。WindowsのOutlookのMacバージョンですがほどよい自動改行でさくさくとよく動きます。あと、Eudoraを試してみたいのですがTigerでは「動作確認中」とか。あと、ホームページ作成ソフトの候補は今のところDreamweaverです。レタッチはPhotoShopCS2がいいけど値段がね、高い!
■WindowsとMacとのいちばんのちがいは何といってもデザインで、そのデザインのちがいの文脈の核のようなところで使い勝手への哲学がちがってきているように思います。Macの前にいるとそれだけで気持ちがいい。車もそんなところがある。アテンザがそうで、この夏は大きなヒットが加わりました。
■昨夜、テレビでYOSHIKIの特集番組の後半だけ観ました。彼は今カリフォルニアに住んで音楽の仕事をしているのだとか。映像からはセレブでしたが、クリエイターは皆生みの苦しみと喜びがいつも隣り合わせで緊張を強いられている。YOSHIKIの姿もそうでした。でも、そうして“作品”を生み出す仕事もいいものだと思う。
■今夜はふとしたことで『アマデウス』をこま切れに観ました。モーツァルトも果敢なクリエイターでした。

松阪木綿のような…(05/9/7)
■今日は暴風警報が出て臨時休校でした。こんなとき学校ではこのときとばかり溜まっている仕事を一気に片づけようと色めき立ちます。慌しい一日でしたが、帰りの高速道路、東名阪と伊勢道をつなぐところで真正面に三日月がくっきり見えて絵のようで、気持ちがすっきりしました。
■PowerBookが届きました。パッケージもおしゃれで開けるときわくわくしました。でも、スイッチを入れるのは明日以降です。今夜はポコ・ア・ポコのご案内ハガキを作っていました。シアンのインクがうまく出なくてポコ・ア・ポコのロゴに幾筋もの白い線が入ります。ちょっとかすれていてまるで松阪木綿のようです。クオリティを求める私には許せない“作品”ですが、今週中にお届けするには今夜がリミットです。あきらめてプリントを仕上げました。

MacLife(05/9/6)
■台風14号の雨の中を帰ってきました。途中、津市では前が見えないくらいの豪雨で、池のような交差点も通りました。三重県はコースからはずれそうですが明日は授業ができるでしょうか…
■Macを注文しました。PowerBookG4の12インチです。MicrosoftのWordとExel、PowerPointのファイルが使えるならOSはお気に入りが使い得です。メーラーはBeckyを使ってきたおかげでデータは全部保存してあります。ただ、DTMのシーケンスソフトはTiger対応のXGソフトがないのでまたThinkPad535Eが頼りです。XGworks4はWindowsXPで使うためのファイルがヤマハのサイトでダウンロードできなくなっているようで、これもLavieGのHDDに保存したファイルが頼みです。綱渡りのPCライフです。この南の風のサイトはコンテンツは引き継ぎたいもののリニューアルを考えています。

雑誌三昧(05/9/4)
■今日はたまっていた疲れが一気に出たのか朝食後から昼前まで寝込んでいました。昼は久しぶりのパスタにして身体の中からもリフレッシュです。午後は猫のトイレの砂を入れ替えたり資源ゴミの整理などしてから書店に行きました。雑誌を見たら要チェックが続々。『ラピタ』9月号(小学館)と『ブルータス』9月15日号(マガジンハウス)を買いました。『ラピタ』はスポーツカー、『ブルータス』は杉本博司の特集です。
■杉本博司については多くを知らなかった。8×10の大判で焦点距離を無限遠の2倍にして撮影するのだとか。彼の作品のピンボケはただのピンボケではない。輪郭だけでなく面もボケている。こうした写真に本質なる何かを感じる人間の認知の仕組みはとても不思議だ。杉本博司の仕事場はニューヨークとのこと。スタジオや暗室、撮影の現場など興味深い映像とテキストがあります。杉本博司の特集の他にも写真の記事がいくつかあって頭のリフレッシュになりました。熱いコーヒーを飲みながら『ブルータス』をじっくり観ました。
■ニューヨークといえば『エスクワァイア日本語版』(エスクワァイアジャパン)9月号がニューヨークの映像を特集していました。これもなかなかのものでした。携帯の「お天気plus」のサイトではニューヨークのライブ映像を見ることができます。ニューヨークは今の私には非日常です。ニューヨークの映像を見て私の日常から距離をおいてみると私の日常の見方もまたちがってきます。いろんな価値を生み出し認める懐の深さを思い、私もまた自分の価値観を吟味することができるように思います。
■今夜の「情熱大陸」は『CanCan』のモデル、押切もえ。「読書で内面を磨いた」というナレーションは彼女がただ者ではないことを伝える。

きらら学園の校歌(05/9/1)
■今日から2学期が始まりました。子どもたちは2学期が待ち遠しくて待ちに待った始業式だったことでしょう。始業式で40日ぶりに勤務校の校歌を聴いて、いいなぁとしみじみ思いました。この校歌はちょっとない構成で、AA'A''の冒頭の2フレーズ目のA'が短調です。ここでぐっと来る。そして、二分の二拍子の刻みでゆったりと進むメロディに、やさしい言葉が連なる歌詞が重なります。そのままのあなたでいいんだよ!と語りかけてくれる校歌です。校歌に何度も歌い込まれる「きらら」という校名が素敵だ。きららは雲母、鈴鹿山脈の雲母峰からのネーミングです。
■月曜日は名古屋のアップルストアでいくつか質問をして、それならMacと思いました。あおぞら銀行がシステムをMacに移行との報道も後押しです。リナックスを採用したMacにインテルが載るのも長期的にはアップルに追い風かも…MacOSがリナックスをベースとする限りMacが勝つかも…カギはアーキテクチャがオープンであるかどうかではないのだろうか。私はTronも応援しています。でも、Macの魅力はやっぱりモニタ上のデザインとユーザーに合わせてくれるような使い勝手でしょう。
■昨夜は自宅使いのパソコンをセットアップしました。DVD±RWドライブのe-machineで49,800円という廉価版。スイッチオンで冷却ファンの轟音に驚きましたが、これは電源を入れたときだけのご愛嬌みたいでした。RAMを追加して無線LANのセットアップもパスワードを入れて難なくつながり、快調にさくさくと動きます。自宅に スイッチオンだけですぐ使えるデスクトップが1台あると便利です。デスクトップは故障しても自分で直せるから安心です。

音楽を奏でる意味(05/8/28)
■久しぶりに声楽のコンサートに行きました。K&Gの「午後のひととき〜アンサンブルの楽しみ〜」です。日本歌曲にフルートが加わって、そのフルートがスリリングなオブリガードを奏して、それはそれはただならぬ緊張感を生み出していました。ヴァイオリン、フルート、マリンバ、ピアノの四重奏はスペイン風のリズムと4度5度を多用した和声でジャズのノリ、これもまた私の血を騒がせました。歌は言葉を大事にした歌い方で好感がありました。
■昨夜はNHK-ETV特集「ヨーヨー・マとシルクロード・アンサンブルの仲間たち」を観て、タングルウッドの音楽空間を堪能しました。タングルウッドは権威や特定の主義主張、地域の文化からとらわれることなく音楽家が自らの内なる声と対話しながら音楽を作っていく空間だと私はとらえています。私もまた自分のための音楽を奏したいと思いました。音楽を奏でる意味を想います。
■今日の朝日新聞に「2005リバーサル・フォトコンテスト」の上位受賞作品の特集がありました。デジカメが普及する中、ネガフィルムは出荷数が減少しているのにポジフィルムは微増だとか。わかるわかる! リバーサルは撮る人、フォトグラファーの意図がそのまま“作品”として記録され残るのだ。私もリバーサルとモノクロへの回帰に惹かれる。
■明日はやっと3日目の夏季特休です。名古屋のアップルストアに行ってパワーブックなどしっかり見てきます。来年6月にはインテルのCPUがマックに載るとか…マックを買うなら今だと、私の心はマックにぐっと傾いています。マックもワードとエクセルが使えます。だったらこれまでの私の仕事に一区切りをつける意味で再スタートもいいと考えています。メールのデータは保存してあるし、ホームページのリニューアルもいい。人生の何幕目かも知れないと、それはちょっと大げさかもね(^_^);;;

夏の終わりに(05/8/27)
■台風一過の秋晴れ?でなんとさわやかな青空! すかさずデジカメでチェックしました。北勢きらら学園のバスターミナルと奥に給食棟です。木部の塗り替えを終えてきりりと締まって見えます。FinePix4800Zのマニュアルモードで露出補正-0.9、PhotoShopLE5.0でレベル自動補正です。こうして見るとベルビアの発色ですね…
■今日の昼はスーパーで買った弁当を明和病院の木陰の白いベンチで食べました。気温は高いはずなのに西風が気持ちよくて秋を感じました。このところ夏の疲れが出たのか眠い眠いzzz

IBMの良心(05/8/23)
■昨日は高校における特別支援教育の視点についてプレゼンテーションをしました。軽度発達障害の生徒は高校にも在籍しています。高学歴の人にも少なくありません。サポートを求めています。
■ThinkPad535EのPowerPointのバージョンは2000なのでXPで設定したアニメーションの全てが動くというわけではありませんが助かりました。ThinkPad535Eのキーボードは指先になじむとても使いやすいものでした。今のThinkPadもそうなのだろうか? 535Eはハードディスクを換装、OSをWindows95OSR2から98SEに入れ換えました。このときIBMのサイトでwindows98用のBIOSやMwaveのドライバを公開していました。今もしています。IBMの良心だと思います。コンピュータの文脈を知る人たちの姿が見えるようです。ThinkPadなどパソコン部門を手放したIBMの社員の心の痛みを思わずにいられない。あの頃をなつかしく思い出して苦楽を共にしてきた無骨な535Eが頼もしく感じました。でも、今では実用になりません。昨日のプレゼンテーションが終わってやっと夏休みが来たという気分なので次のマシンを考えます。
■EOS630の電池を買ってきました。2CR5です。勤務校の木組み部分の塗装工事が終わるので空気の澄む秋空をバックに写真に残しておこうと考えてのことです。20mmの広角を20mmとして使いたくてフルサイズのフォーマット、そして、リバーサルの発色がほしくてEOS630です。フィルム選びにあれこれ考えるのも楽しみです。
■今日の帰路はBOSEをOFFにして高速を走ってきました。

ThinkPad535E(05/8/21)
■8月の日曜日のポコ・ア・ポコをしました。13家族のみなさんに来ていただきました。雨の中、お子さんを参加させてくださるみなさまに感謝しています。
■日曜日でしたが朝から出勤して週明けの仕事の準備をしてきました。パソコンが壊れたので不便極まりない! 明日のプレゼンテーションはThinkPad535Eを使うことにしました。もう8年も前のノートパソコンで、USBもないしPowerPointのアニメーションも制限があるけどよく動いてくれます。
■2年5か月ぶりにリンクのページを更新しました。更新といっても少し直しただけです。リンク切れやURLの変更がいくつかあって、追加もしました。個人のサイトがなくなっているとどうしたのだろうと気になります。お世話になったサイトばかりです。

明日は休養日(05/8/18)
■自分のスケジュールを見たら明日は休暇を取ってありました。21日の日曜日のポコ・ア・ポコの会場の鍵を借りたり、10月以降の会場の予約をしたり、保険をかけたりと、しなければならないことがいくつかありますが、明日は休養の一日にします。土曜日は社会福祉法人全国心身障害児福祉財団の「地域達人ふれあいボランティア育成事業」のイベントにボランティアで参加です。
■帰りにパソコンショップに寄りました。モバイルだとモニタはやはり10インチです。でも、10インチのモニタのノートパソコンはほとんど展示品にありません。今日はVAIO Tタイプだけでした。VAIOだからよくできていますがスペックがいまひとつで、買うならオンラインでBTOを組みます。
■アテンザのオイル交換をしました。オイルを選ぶとき、「アテンザはスポーツカーですよね!」と店の人に言われて、そうか、そうだよな、と思いました。「どんな走り方をしますか?」と聞かれましたが、あまり飛ばさないからとほどほどのグレードにしました。オイル交換を済ませるとアイドリングからして音は静かだし振動もぐっと少ない。5300kmも走ってしまったけどもっと早くオイル交換をしてあげればよかったと思いました。鈴鹿でガソリンを入れました。今回の燃費は11.3km/lでした。これまでの最高は12.4km/l、最低は10.4km/lで、平均すると11km台前半です。よく走る!

スタバでカプチーノ(05/8/17)
■昨日今日と出張で、初任者研修での講演と特別支援教育研究会の助言でした。特別支援教育に携わる先生方の熱意に私のテンションも張り詰めっぱなしでした。今日の午前中は文部科学省の特別支援教育調査官、石塚謙二さんの講演「特別支援教育の現状と課題」でした。国立特殊教育総合研究所での講義を思い出します。たいへんなつかしく思いました。
■この2日間、仕事の帰りに伊勢自動車道久居IC前のスターバックスに寄りました。私はいつもカプチーノです。カプチーノの味と香り、暖色系のインテリア、曇りながらも少し色づいた西の空…張り詰めたテンションがとけていくのがわかりました。スタバは私のお気に入りの空間です。そうそう、昨日はこの夏のバージョンのタンブラーを買いました。淡い水色ベースの海を泳ぐ色とりどりの三角の魚たちのレイアウトがα波を出しているみたいです。
■ホームページのアップは2年前まで使っていたVAIOを使っています。ニューマシンは決まりません。

Lavieダウン(05/8/15)
■いつになく慌ただしいお盆でした。極めつけは、昨夜、LavieGのモニタが縦縞しか映らなくなって、つまり、全く使えなくなってしまいました。ここ1週間のプレゼンテーションのファイルもボツ…いや、スピーカからは起動と終了のサウンドが鳴るのでHDDは大丈夫と、今朝は開店1番に2.5インチHDDケースを買ってきました。LaviGを分解してHDDを取り出し、ケースに収めて他のコンピュータにつなぐとデータは全て残っていることがわかりました。ここ10年近くの仕事とプライベートの重要なデータ全てが入っているHDDです。ホッと胸を撫で下ろしましたが昨夜はほとんど眠れませんでした。結果、80Gのリムーバブルディスクができたものの、ノートパソコンは買わなければならないのか…出費がかさむ! 時間も今日はこれで半日かかって、夜11時過ぎまで仕事をしていました。
■次のパソコンはMacにしようしようと思うのだけど、いざ買うとなると代替マシンなのでやっぱりWindowsしか買えない。しかもiBookライクの白いパソコンはどうせMacじゃないと思うと敬遠してしまう。Macコンプレックスだな…
■午後は三重病院に出張して医療的ケアの医学個別研修を受けました。教頭になっても医療的ケアをするとは思わなかったけど子どもとかかわりがあるのはうれしいものです。30日も他のお子さんの個別研修が入っています。

水に入ると…(05/8/11)
■昨日、勤務校の屋内温水プールで水治訓練のひとつを教えてもらって6年生の女の子とプールに入りました。授業では中学部の水治訓練でプールに入るときがあります。水に入ると人は変わります。子どもは生き生きします。身体を動かそうとします。息のコントロールを積極的にします。視覚も聴覚も全開で環境を認知しようとします。いっしょに入る先生との関係性が深まります。プールに入る度に私も新しい発見があります。昨日も充実したひとときでした。
■私も水は好きで、夏季休暇の今日、津の御殿場海岸に行きました。私のサイトのGALLEY 「御殿場2000夏」の海です。波もうねりもなくて久しぶりに海で泳ぎました。岸に平行にクロールで泳ぐと気分はトライアスロンです。これまで参加したレースを思い出しました。またトライアスロンに出たいという気持ちと、椎間板ヘルニアをかかえて無理をしてはいけないという気持ちが交錯してため息が出ました。でも、せめて身体だけは小麦色にと焼きました。
■午後は地元の療育サークルの依頼で音楽療法のセッションをしました。このサークルとのセッションは3年目、3回目です。初めてのお子さんが何人かいて落ち着けないのは自然なことです。24家族という大勢でアンプのボリュームはいつもの1.5倍、私も体育会系のメリハリとなりましたが、今日しかない出会いに感謝しています。

メンタルヘルスリスナー(05/8/9)
■メンタルヘルスリスナー研修会に行って来ました。講師は愛知教育大学大学院助教授岸良範さんで、ダブルのチノパンツに黒のニットタイ、茶色のブリーフケースと、アイビーで決めたスタイルに相応しい早口でリベラルな語りは好感度120%でした。そもそも「人間関係」という言葉は日本語にはない言葉だった、個という概念が日本にはなかった、という切り口から始まる社会と人間との関係のとらえはヒューマニズムに溢れたものだ。私もささやかだけど良心でありたいと思いました。
■夜、cobaの「風のナヴィガトーレ」(東芝EMI TOCT-6996)を久しぶりに聴きました。澄んだアコーディオンの音が私に元気をくれる。さぁ、明日も笑顔でいこう!

9月のポコ・ア・ポコ(05/8/8)
■郵政法案が否決されてほどなくポコ・ア・ポコの会場から連絡が入りました。9月11日は衆議院選挙となって、ポコ・ア・ポコは9月19日月曜日・敬老の日に変更になりました。ご注意ください。
■今日は通勤と出張で300q走りました。三重県は長い。睡眠時間2時間でこの距離は堪えるけど、山間部のワインディングロードを3速で引っ張るのは快感だ。でも、こんなところでは200ps超のパワーがほしい。アテンザが私のところに来て今日で4000q走りましたが、その間、前の車の急ブレーキや飛び出しで怖いと感じたことがありません。秀逸な利きのブレーキとクイックなステアリングは安全につながります。でも、イージーはひたすら安全走行です。

気づきあう美しい意味(05/8/6)
■昨日は榊原温泉の国民宿舎に泊まりました。週末にもかかわらず宿泊客は私たちのグループだけのようでした。昭和30年代にタイムスリップしたかのような、今では存在そのものが不思議というくらい旧い施設でした。湯は榊原温泉の湯で、ぬるぬるすべすべを堪能しました。
■宿泊したメンバーで、高校に在籍する軽度発達度障害の生徒への支援についても意見を交わしました。養護学校からの高校への積極的な情報発信は待ったなしの状況だと思います。ひとりひとりが今できることをしていく、これが特別支援教育の質を上げていくための重要なスタンスです。私はE・ショプラー教授の言葉を心の中でよく繰り返します。「私たちは自閉症の人々に、あなたがたの周囲の世界には、こんなに美しいいろいろな意味があるということを伝えたい。」 今、このとき、ここに、気づきあう美しい意味があるのだ。
■そんなことを考えながら翌朝(今朝)出勤して、なぜか、帰宅時には夕飯は天ぷらとそうめんにしたくて食材を買いました。キッチンドリンカーしながら天ぷらを揚げました。久しぶりにゆっくり料理ができて満足しました。油温計がこわれてから勘が頼りの揚げ物ですが、不思議と失敗はありません。天ぷら粉も計らずに溶くけどこれもなかなかのもの。料理はきっちり計ってもアバウトでもおもしろい。この頃気になっている料理はアクアパッツァです。
■障害児教育の現場では精神医療の世界にも踏み込んで子どもたちと家族をサポートする必要性があります。自傷もそうしたケースです。スティーブン・レベンクロン著、森川那智子訳『リストカットする少女たち』(集英社文庫 2005)を書店で拾い読みしたとき、クライエントとセラピストとのやりとりが生々しくて分析的で、これは読んでおかなければと思い購入しました。故ダイアナ妃は「心の痛みが大きすぎると、身体を傷つけることで助けを求めようとする」と語ったそうです。私は精神科医でも心理療法の専門家でもありませんが自傷を理解する視点はもっと勉強しなければなりません。そして、社会分業モデルとして学校が他のリソースとどんな連携が可能なのか、これも取り組まなければならない課題です。やることは山のようにある!

ニセアカシアの棘と香り(05/8/3)
■月曜日は音楽療法の体験セッションとレクチャー、昨日火曜日は高等学校における特別支援教育の研修会について提案をして、この夏季休業中の仕事の山をひとつ越えました。でも、まだスタートラインに立っただけ。これから始まります。前進あるのみ!
■昨夜はユニバーサル社会の実現をめざす地域のサークルの会議に出て、帰宅したのは11時半を回っていました。話をしているときは100%全開でしたが終わってみるとさすがに疲れていました。仕事をする身体と遊ぶ身体、そして、休む身体もほしいと思いました。今日は休暇を取って午前中はひたすら休養、午後は滞っていた家事やら庭仕事をゆっくりペースでしてリフレッシュしました。
■ニセアカシアの切り株から枝が伸びて庭がたいへんなことになってきたので枝を全部切りました。切り取られたニセアカシアの葉と枝は強い日差しに水分を奪われて新しい畳のような匂いがします。暑いといっても土ベースの環境は気持ちのいいものです。ニセアカシアの枝には鋭い棘があります。植物の棘が指に刺さる痛みは独特のものだと思います。指先が痛いと何をしていても気になって集中できません。

雷雨のポコ・ア・ポコ(05/7/31)
■日曜日のポコ・ア・ポコ、今日は始まる前から降り出した雨が雷を伴って大荒れとなりました。10家族とこじんまりで音も小さめで雷鳴もよく聞こえましたが、どのお子さんも全く動じることなく落ち着いてセッションを続けていたことに驚きました。「ここに来てよかった。家だと雷が鳴ると怖がって…」と話されていたお母さんがみえたとか。今日はボールのやりとりもして、人数が少ない分ひとりひとりのお子さんとたくさんのコンタクトをとることができました。
■今日はアテンザでショパンのピアノコンチェルト第1番、ショパンコンクールでのブーニンを聴きました。これも聴ける。アテンザのBOSEはクラシックといちばん相性がいいのかも知れません。明日はアルゲリッチが弾くプロコフィエフとバルトークのピアノコンチェルトのCDを持って通勤です。

バイク・バイク・バイク(05/7/30)
■鈴鹿8時間耐久レース前夜祭、風の会のイベントに行って来ました。障害がある人はタンデムシートにベルトで乗ります。みなさんわくわくドキドキしながらも緊張の面差し! それはそうでしょう、ほとんどの人が初めてバイクに乗ります。気温は35℃、コースからは疾走するレーサーのサウンドが聞こえます。西コースの駐車場は8耐ですが一味ちがう空間です。大型バイクと“障害者”…それがどうした! バイクは誰にでも同じメッセージを伝える。ダイレクトに伝わるエンジンの鼓動とサウンド、そして、風…バイクとの一体感は至高の体験です。レーシングコースを1周してきた生徒はトーキングエイドで「かぜがきもちよかったですうんてんおありがとう」とライダーに感謝の気持ちを伝えていました。このイベントがこれからも長く続くように応援していきたい。
■写真は生徒の肖像権の承認をいただいてないので私だけです。(私の右手は車いすに乗った高等部の生徒とガッツのシェイクハンズです。) 私もかつてバイクに乗っていました。バイクをあれこれ見て回りました。このバイクはBMW R1200STです。レーサーレプリカ好きな私にはいまひとつのツアラーですが、ドイツ車ならではの質感は最高です。また走りたい!と思いました。北勢きらら学園の教頭は歴代バイク乗りとのこと。教頭は私で4代目です。えっ、あの人もライダーなのか!と親しみを感じました。
■今日はずっと考えていた月曜日の音楽療法の研修会のレクチャーに大きなヒントをもらいました。キーワードは「ミュージック」です。バイクの鼓動はサウンドとして伝わる。サウンドは時間を区切ることでミュージックと同義だ。時間を区切るリズムは人に安心感を与えてくれる。バイクのサウンドは身体に直接鼓動を伝える。人が音楽を聴く原初の理由はここにあるのだと思う。
■私をいちばん惹きつけたバイクはBMW K1200RSでした。大柄なサイズに相応の太く低いサウンドに“文化”を感じました。車もそうだけどヨーロッパのバイクは魅力的です。ドイツ車は優等生で面白味がいまひとつと思いながらもその完成度と質感に脱帽です。

やっと届いたETCカード(05/7/29)
■水曜日、盲・聾・養護学校教育研究大会に行って来ました。今年の講師は明石洋子さんです。障害がある人が地域社会で生活していくためは社会の在り方がいちばんの課題です。明石さんの講演では触れられませんでしたが、理念はICFです。環境因子の課題解決が不可欠です。自閉症と個人の特性に適切に対応したサポートの構築も環境因子の課題です。そして、「養護学校の小学部から高学部までの12年間の過ごし方がその人の生き方にたいへん大きな影響を及ぼす」という言葉にこめられた真意を私たち養護学校の職員はよく考えなければなりません。「学校でできても生活の場まで汎化できなければ意味がない」…その通りです。障害のあるなしにかかわらず、「学校音楽校門を出ず」のようなことでは子どもは育たない。学校という場を超える教育実践が求められているのだ。
■これも水曜日、やっとETCカードが届きました。申し込みから2週間と2日かかりました。通勤時間帯半額のメリットは大きいけど、帰り、夜8時までにゲートを通過することは難しい。昨日初めてETCのゲートを通りました。ほんとにバーは開くのだろうか!? これがけっこう不安で、後続の車がないようにタイミングを見計らって20qほどでゲートに向かいました。「ETCレーンを通過できます」とナビからアナウンスがあって、上がったバーの間をあっけなく通過しました。四日市ICでは「料金は800円です」と、いつもの半額のアナウンスがありました。これから便利になります。
■アテンザで聴くブラームスのシンフォニーはいいものだ。BOSEのコントロールをさわっていたらALCとパネルに出て、0→+3で低音がぐっと豊かに! 低弦のあの響きだ。サブウーファーが存在をアピールする。でも、ALCってなんだろう…
■明日は鈴鹿8時間耐久レース決勝前日で、風の会が主催する「身障者の方をタンデムシートに乗せて走行する活動」のボランティアに行きます。バイクは身体の感性に直接響く乗り物です。マシン=エンジンと風との一体感は乗らないとわからない。感覚統合水準を一気に高次レベルに引き上げる感覚だ。乗馬もいいけどバイクもいい。

久しぶりのブラームス(05/7/26)
■この日曜日の「情熱大陸」は指揮者、大植英次でした。大きなアクションのエネルギッシュな指揮は山田一雄を彷彿とさせるものでした。山田一雄は亡くなる1年前、ブラームスを振ってくれました。大植英次が番組で振っていた1曲もブラームスのシンフォニーでした。久しぶりに聴くブラームスはたまらなく優雅でした。後期ロマン派のオーケストラ曲をアテンザで聴くのもミスマッチかも知れないけど案外いいかも…と思いました。夜か雨に煙る日がいい。
■昨夜、アテンザが戻ってきました。ナビのアンテナコードをフロントピラーのトリム内に入れるなどディーラーならではの工作です。ETCのアンテナもダッシュボードに組み込みで全くわからない。4日かかったというのもうなずけます。カー用品店とは価格差以上の仕上がりで納得です。4日ぶりのアテンザ、走り出すとそこは別世界でした。身体に馴染むたっぷりなサイズのシートとポジション、そして、湧き上がるようなパワーは胸のすく思いです。178馬力は伊達ではありません。MTだからアクセルワークに敏感に反応します。両手両足のコンビネーションも快感です。ますますはまります。

繭子のWeather Life(05/7/23)
■町内の夏祭りの係なので一日中遠出はできず、祭りの準備の合間に家に戻って夏休み中の講演などの準備をしていました。前任校でストックしてきた資料は価値あるペーパーです。
■昨年度、勤務校の保護者の方からいただいた中日新聞の切り抜きを探しました。「障害児理解で事件防ぎたい」というみだしで、清泉女学院大人間学部降籏志郎教授の著書『軽度発達障害児の理解と支援』(金剛出版 2004)についてのコラムです。その記事の文面は重い。「警視庁や長野県警で、カウンセリングを通してさまざまな子どもたちを見てきた。『なぜ、こんな非行を』と考えたことも『今思えばLDだった』というケースも多いという。『障害を理解して、一人ひとりに接していれば防げた事件ばかり』と過去の事件を思い起こす。『軽度発達障害児とのかかわり方が理解されていけば、子どもたちの幸せにつながることはもちろん、現場で苦労している先生や家族が自信を持って子どもと向き合えるようになる』」 このコラムは直視しなければならない現実を示している。「知らなかった」では済まされない。発達障害者支援法はここまで読まれなければならないと私は考える。
■夏祭りでお菓子の引き換えやドリンクの販売、抽選の参加受付などをしました。私はいつしかマンウォッチングをしていました。学校でもない、会社でもない、地域のサークルでもない、自治会の行事だけどひとりひとりが社会的な肩書きぬきで家族や友だちという最小単位で参加するときに見せる姿は、素のままのその人を見ているようで親しみを感じました。天気は朝からずっと曇りで涼しくて、長丁場だったので助かりました。これも台風の影響だろうか…。今年も防災三重に加えて携帯情報サイトの登録、今年はweathernewsの天気Plusにしました。“weather”から“繭子のWeather Life”を連想してしまった。weathernewsというネーミングは優しい響きの言葉だ。

コーチングのパラダイム(05/7/21)
■夏休み早々2日続きの出張で私の机の上はきっと書類の山!
■今日はコーチングの研修でした。コーチングは発達障害の子どもへのサポートの応用の研究が始まっています。話を聴いていくとABA(応用行動分析)のファクターも多々あり。経営品質もそうだ。でも、これってみんな教育がしてきたことではないのか!? ちがうのは「言葉」だ。教育のパラダイムは自らの「言葉」の復権が課題だと思う。
coach21のテキストで「タイプ分け」をしました。「人との関わりにおける『新しいインターフェイス』の発見。」とのこと。40項目の質問に答えて出た結果は、なんと、「プロモーター」でした。「自分のオリジナルなアイデアを大切にし、人と活気あることをするのを好むタイプです。自発的で、エネルギッシュ、好奇心も強く、楽しさこそ人生と思っています。」「未来を自由に描くことを好む」「話の展開が早く聞き手がついてこられなくなる」…ビジネスコーチという実務のパラダイムでの「タイプ分け」なので納得の結果です。ちなみに「タイプ」とは、「コントローラー」「アナライザー」「プロモーター」「サポーター」の4つです。そして、とても興味深かったのは、それぞれの「タイプ」でグルーピングしたらその瞬間にそれぞれのタイプになり切っているみんなの心理です。「プロモーター」は、もしかしたらADHDかも知れないと思いました。みんなハイテンションで意気投合してしまいました。「タイプ分け」を言い換えると「告知」かも知れません。自分の居所が見つかってほっとする心理ではないでしょうか。もちろん、この「タイプ分け」がすべてではありませんが、この「タイプ分け」で自分と他者との関係をコントロールするしたたかさは実務で有益だと思いました。
■思い返せば、学校というパラダイムを飛び出して、コミュニティーでひとりで音楽療法を始めたのは「プロモーター」の資質のなせるところだったのでしょう。すべからくべくこうなったというわけ。そんなふうに腑に落ちる「タイプ分け」でした。
■ETCとナビの取り付けでアテンザをディーラーにあずけて昨日から代車のデミオに乗っています。排気量も価格もサイズも“半分”ですが、乗ってすごくおもしろい車です。きっと、車の性格を決めるボディの哲学がアテンザと同じなのだと思います。「インテリアの質感」は他社に負けるかもしれませんが、「走る、曲がる、止まる」という車の基本的なファクターで身体が納得するというパラダイムにおいてマツダは相当高いレベルに達していると思います。私の車歴は3代目ファミリアXGがスタートでした。クイックなハンドリングと高速で沈み込むような固めのサスペンション、そしてMTです。私はあの頃のわくわくドキドキを追っているのかも知れません。それは身体が覚えていること。

スヌーズレンの文脈(05/7/17)
■金曜日は1日出張でした。休憩には前日に届いた『ICF活用の試み〜障害のある子どもの支援を中心に』(独立行政法人国立特殊教育総合研究所・世界保健機構(WHO)編著 ジアース教育新社 2005)を読んでいました。読み進むとタイトルの「試み」という言葉の文脈がよくわかって国立特殊教育総合研究所=NISEのスタッフの熱い思いが伝わってきます。5年前、短期研修員として赴いたとき、スタッフが研究中のテーマまでオープンに語る姿勢に感銘を受けました。そのときのことを思い出しました。私もそのような真摯でフェアな姿勢でありたい。ICFを“共通言語”として個別の教育支援計画が書けるようにしてきたい。そうしていきたいのではなく、そうしていかなければならないと思っています。巻末の「ICF関連資料一覧」の量の多さは頼もしい。「論文等名」を読んでいくと私も頑張らねば!と思うのです。
■この本にはICFのチェックリストの原文も掲載されています。「OTHER CONTEXTUAL INFOMATION」の「contextual」は「背景(の)」と訳されていますが日本語にはない概念だと思います。でも、ICFそのものの理念と体系を必要としている日本社会の、それこそcontextualな側面が現に在ることを認識しておかなくてはなりません。日本語にない言葉は英語を使っていけばいいのではないでしょうか。そのとき英語は日本語になります。ICFは示唆に富む英語がぎっしりつまっています。
■今日は全国心身障害児福祉財団の「地域達人ふれあいボランティア育成事業」の行事があって前任校の三重県立度会養護学校に行って来ました。私の担当はスヌーズレンで、遮光カーテンでほの暗くした部屋にサイドグローやブラックライト、ミラーボールなどを用意しました。なつかしい子どもたちがたくさん来てくれて、スヌーズレンというよりお喋り会のようになってしまいました。今日、そうしてたくさんの人たちとたくさんの言葉のやりとりをしていただけたことをほんとにうれしく思いました。
■スヌーズレンの会場で二人の女性にスヌーズレンの理論を説明させていただいたところ、「養護学校の近くにいながら養護学校のことを何も知らなかった」と言われました。その後お二人は中学部の生徒たちが制作したベンチで楽しそうにお喋りをされていました。養護学校は特別な空間かも知れませんが、その“機能”は社会に欠かせないものがあります。養護学校からの情報発信と価値の提供をもっともっと進めていかなければなりません。
■スヌーズレンにと私が用意したCDの1枚はエンヤでした。永久(とわ)を感じるエンヤの音楽です。私にお金があったらポコ・ア・ポコとスヌーズレンの空間を社会に提供したい。

ICF(05/7/14)
■今日は朝と夕方に休暇を取って自治会の当番、資源ごみの整理などをしました。朝は雨が降ってたいへん、夕方は汚れたシートを洗って干してたいへん、中6時間だけ出勤した私の机の上は仕事でいっぱいでした。明日は出張だし、週末からの3連休は出勤です。
■『ICF活用の試み〜障害のある子どもの支援を中心に』(独立行政法人国立特殊教育総合研究所・世界保健機構(WHO)編著 ジアース教育新社 2005)、『大学における支援体制の構築のために 発達障害のある学生支援ガイドブック〜確かな学びと充実した生活をめざして〜』独立行政法人国立特殊教育総合研究所 編著 2005)などが届きました。どちらもこの4月と5月の新刊です。2冊ともカルチャーショックを覚えるほどの存在です。特別支援教育の理念を支えるのはICFです。今が踏ん張り時です。それにしてもICFのWHOでの採択が2001年で日本語の実用版が4年後の2005年というのはちょっと遅過ぎます。しかも、国立特殊教育総合研究所が「障害がある子どもの支援を中心に」と編集したものです。これは国家レベルで取り組まなければならない事業ではないのか!
■アテンザのエンジン音をなんと表現しようかとあれこれ考えていて、「コォー」という表記を思いついたのですが、同じような表記のサイトを見つけて腑に落ちるものがありました。アテンザについて私が感じていることをそのまま代弁してくれています。アテンザはどんな乗り方でも楽しいの一言に尽きます。身体が納得する車、それは音楽療法と相通じる機能を果たしていると考えられます。クロスギアに納得。同じ速度でもギアがちがえば文脈もちがう。

障害学(05/7/9)
■土曜日でしたが出勤して職員室で“管理業務”をしていました。仕事をいくつ終えて、障害学についての文献をネットで探していました。学校法人鎮西学院長崎ウエスレヤン大学の山城順さんのサイトで、キリスト教の『聖書』に登場する障害がある人たちの記述についてくわしく書かれている文献を読みました。『聖書』に登場する障害がある人たちの記述をここまで整理した文献は私は初めてです。A4にプリントして130ページを超える長文です。日本の歴史における障害がある人たちの姿についてもくわしく記述があります。障害学について調べていた頃、私は哲学者たちが障害者をどのように捉えてきたかを調べたことがあります。そのときは何も見つけられませんでした。この文献にそのとき出会っていたら私の文脈もちがったものになっていたかも知れません。他の宗教ではどうなのか、そして、やはり、哲学者たちはどうなのか、少なからず関心があります。
■いくつかのサイトで、障害がある人たちに対する考え方の両義性の記述がありました。「福子」(ふくご)と「鬼子」(おにご)です。この両義性の背景も掘り下げてみたいと考えています。ふたつの価値観の間を揺れ動く営みは何も障害がある人たちのことだけではありません。この営み、迷いこそ人を人たらしめている機能だと思っています。障害とは何か、自分にとって障害とは何か、自分に障害がなくても障害がある人がいない時代はなかったしこれからもない。今、この時も、障害がある人が同じ時を生きている、そのことをどう自分の中で整理しているのか、これからしていくのか、これは人として避けて通れないハードルであるはずだ。WHOのICFの文脈はこのことに明解な指針と博愛の精神を教えてくれます。
NPOえじそんくらぶのサイトで、同代表の高山恵子さんが、日本語の障害という言葉がもつ概念について、「『障害』に訳してしまっている英単語はたくさんあり、微妙にニュアンスがすべて違います。」と書いてみえます。私は「障害」という言葉は疑問を感じながらも便宜的に使ってしまっています。三重県教育委員会事務局研修分野作成の『特別支援教育Q&AU〜支援のためのヒント集〜』(2005.3)では、「困り感」という言葉も使っています。この夏に使うスライドでは、勉強のしづらさや友だち関係の築きにくさ、生活のしづらさの気づきの段階での言葉として私も「困り感」を使うことにしています。高山さんは「その社会にその概念がないからその単語がない」とういうエピソードに「セルフエスティーム」を取り上げてみえます。私もこの言葉は英語のまま使っています。レジュメには「自己尊重」「自己肯定感」とともに併記しています。NPOえじそんくらぶの文脈に共感することが多々あります。
※三重県教育委員会事務局研修分野作成の『特別支援教育Q&AU〜支援のためのヒント集〜』(2005.3)はこちら(2004年度三重県総合教育センター刊行物)からダウンロードできます。(pdf 55ページ)

『教育と医学』(05/7/8)
■夏季休業中の自分の予定が先月半ばにほとんど埋まってしまいました。5月のGW明けからただごとならぬ雰囲気だったので早めにスケジュールチェックを始めましたがこれほどまでとは…。受けたい研修はほとんど行けなくて、逆に自分が話をする機会が増えています。そのための準備ですが、行政関係の動きがとても早くて、中身と文脈を探るのに多くの時間とエネルギーを費やしています。環境の変化に的確に反応しなくては主体性が隠れてしまいます。大切なことは変わらないのに! 踏ん張り時です。
■昨夜から『教育と医学』(教育と医学の会編集 慶應義塾大学出版会 2004/12号)を読んでいます。特集は「障害児支援をめぐる課題」です。この雑誌は1953年(昭和28年)創刊です。半世紀もの間、教育と医学について書き綴られてきたわけで、その文脈を支えてきた人たちの知見と志の高さに心を打たれます。教育の今を捉える言葉として医学の言葉はますます重要になってきていることを感じています。
■アテンザに乗るようになって身体の疲れがぐっと少なくなりました。両手両脚を使う操作が私の身体を覚醒させてくれます。そして、スピードを抑えて走るようになりました。きっと、身体が「これでいい」と信号を出しているのだと思います。身体が納得する走りと操作感です。20年ぶりにMTに乗って、MTなら車は何もしなかったら止まるものだと思いました。ATは何もしなかったら前へ前へと進み続けます。エンジンブレーキも効きにくいから勝手に走る車を押さえつけようとする操作になってしまう。だから疲れるのだと思います。もちろん、アテンザはMTというだけでなく運転者の操作に敏感に反応する車だから私の身体も納得するのだと思います。これは私の思い込みです(^_^);;; 初めてヘッドランプを点けたとき、ワンテンポ遅れて青白い光が点いてディスチャージドタイプとわかりました。フロントをよく見ると、ランプは4個ずつ左右に、なんと、計8個も並んでいます。バンパー下にはフォグランプが1ペアあって、つまり10個も付いているのです。八つ目うなぎどころではない。どの操作でどのランプがどういうふうに点灯するのかわからない。他にも操作面で?なところがあって、この土日に取説を読んでみようと思っています。

美を感じるための構造化(05/7/3)
■7月3日の日曜日のポコ・ア・ポコは雨にもかかわらず19家族のみなさんに来ていただきました。いつになく参加のみなさんのアテンションが高くて私も力が入ってしまいました。もちろん、いい意味で! 参加のみなさんに感謝しています。あの空間はみんなで作るものです。
■ポコ・ア・ポコはアテンザで行きました。グッズが余裕で入る荷室の大きさにびっくり! ミドルサイズワゴンの余裕にまたまた満足です。ドアミラーの下にはみ出す3ナンバーボディのふくらみと取り回しのしやすい5ナンバー枠いっぱいの全長を上手く使ったパッケージリングはただものではないと思うのだ。ただものではないから個性的…かも知れません。私は好きです。カーポートにはMPVとアテンザ、マツダ車2台が並んでいます。どちらも初期モデルです。
■今日は梅雨空の山間部も走りました。木々や田畑、畦道の草たちの緑のなんときれいなことか。それは“美”だ。美しいものは、もっとたくさん、身近にある、そう思いました。大切なのは“美”感じる自分の感性だと思いました。“美”を伝え感じるためには“美”を取り巻く環境の構造化が欠かせないと思いました。ミュージック・ケアの空間がそれだと思う。
■FMでブラームスの交響曲のピアノ版を聴いてオーケストラのオリジナルを聴きたくなりました。交響曲1曲を聴くには小1時間かかります。通勤時間しかない!

スポーツカーのDNA(05/7/2)
■初めてアテンザに乗りました。運転しました。ただ走るだけなのに充実感があります。ミドルサイズのボディを軽々と走らせるスムーズでパワフルなエンジン、よく効くブレーキ、直進で安定している印象なのにカーブでクイックに切れるステアリング、マニュアル・ミッション、抜群の剛性のボディ、腰をしっかり支え肩胛骨までサポートするサイズのシート、生理的に快いBOSEサウンド、ハンドルで音量などがコントロールできる使い勝手、朱系のイルミネーション、等々、満足です。今日1日、あれこれ用事で100q走りましたが疲れません。シートに収まっているだけで落ち着きます。シートもポジションもインテリアも優れものだから! そして、“走る”という車として基本的な行為そのもので私を満足させる。だからほどほどのスピードで走ってしまう。スピードを上げなくても気持ちがいい。私の覚醒水準を一気に200%にしてしまったかのような感覚がありました。スポーツカーのDNAを感じます。
■実家から大学生のとき夢中で読んだ本を持って来ました。ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』(中野好夫訳 新潮文庫)4巻です。買ったのは1979年11月から12月で、はさんであったレシートを見ると京都と大阪で買っていました。すごくなつかしい本です。でも、ただ、なつかしいだけでなく、ストーリーそのものの面白さに巻き込まれたいと思って持ってきました。でも、読む時間はあるのだろうか…

ハードな1週間(05/7/1)
■いつになくハードな1週間でした。数々の書類作成や2週続けての宿泊学習、対外的な対応とてんてこまい! でも、いちばん大切なのは子どもたちの生命です。入院の子が二人三人と増えて気がかりです。
■今週、なんの前ぶれもなくアテンザがやってきました。帰宅したらカーポートにアテンザがいた。東京からの長旅と思って書類を見たら初登録は富山ナンバーでディーラー所有でした。次に多摩ナンバーですが所有は不明。初登録から1年4か月間の走行距離は3686qでした。小キズはあるものの新車同然です。旧モデルのMTのアテンザワゴンはネットでも数えるほどしかなくて、BOSEはこの1台でした。こんな出会いがあるとは奇跡的かも知れません。明日、アテンザをドライブします。

リーダーの条件(05/6/25)
■名古屋でレーザポインタを調達してきました。パワーポイントを使うときレーザポインタは必須アイテムです。地元の電気店の取り寄せ価格の1/5で在庫がある大須はやっぱりありがたい。名古屋ではアップルストアも寄りました。仕事で自分のPCをほとんど使わなくなったのでマックは身近になってきているのかも知れません。PCはPersonal Computerの頭文字です。コンピュータはパーソナルなもの、このネーミングの文脈はコンピュータのヒストリーを紡いできた人たちの想いそのものだと思う。
■大都市に行くと“豊かさ”ということに思いを巡らしてしまいます。高層ビルや溢れる商品、道を行く高級車…大都市の“顔”はそうだけど、でも、日本は今もそればかりじゃない。一本“裏道”に入ってみると…大須、アメ横は私の気になる空間です。
■平原彩香のアルバム「the voice」を聴いていて、ふと、ジャニス・イアンを思い浮かべました。心の内を歌っているのに普遍性を感じる広がりと社会派のメッセージ性を感じます。「the voice」は管のソロが入る曲があります。ソプラノサックスとオーボエです。これがとてもいい。
■アメリカでBSEの2例目の確認がアメリカ政府によってなされました。台湾はアメリカからの牛肉輸入を即日停止しました。日本は…日本は誰も決断をしないのか! 国民の安全に責任を持とうとするリーダーはいないのか! 求められるのはその時その時の反応の資質だ。

アテンザ(05/6/21)
■今朝、東名阪を走っているときカローラ・フィールダーのオドメーターが10万qを越えました。そして、今夜、次の車が東京荻窪を旅立ちました。今頃はカーキャリアで東名を走っているのでしょうか。新しい車はアテンザ・ステーションワゴン23Sです。新しいといってもディーラーの展示車でした。それにしては、色はシルバーコントレールメタリックで全然売れ筋ではありません。しかもMT(マニュアル・ミッション)で、あってもよさそうなリアスポイラーは逆になくて、なぜかBOSEがついています。ちょっと???な車です。でも、すべて私の狙い目です。価格も…
■これでやっとMTに乗れます。MTは20年ぶりです。たっぷりなサイズのシートにおさまってMTのシフトを操作するのは悦楽かも知れません。マフラーとシートもスポーツタイプだったらいうことなしなんだけどね(^_^);;;

日常と非日常の両義性(05/6/18)
■出張で木曜日に200q、金曜日に300qと走ってさすがに疲れました。県立学校の出張範囲は全県下となるのでたいへんです。今日は今日で伊勢と南島町に行ってまた150q走りました。南島町の港で白のミニを止めて海を見ている人がいました。絵になるシーンでした。
■夕方、書店で久しぶりに車の雑誌を見ました。その時間に“非日常”を感じていました。フェラーリは夢のまた夢だけど、こんな車を作ろうと脈々と続く熱い想いを受け継ぐ人たちの時間と私の時間はちがうのだろうなと、ふと、思いました。こんな車に乗ったらどこに行くのだろう…胸騒ぎがする!
■金曜日は伊賀つばさ学園に行きました。開校10年目の養護学校でとても落ち着いた学校でした。そこでの会議…私が所属する県立学校教頭会研究委員会学校教育部会は高等学校における特別支援教育を研究テーマに取り上げることになりました。生きにくさや勉強のしずらさでしんどい思いをしている生徒への支援のステップのひとつにしてもらえたらと切に願うところです。軽度発達障害は決して“軽度”ではありません。適切な支援がないとしんどさは生涯続きます。LDやADHD、高機能自閉症等への国家的レベルの支援はまだまだこれからです。支援のための社会的な資源があまりに少ない。だから学校の先生ひとりひとりができるところから始めなければならない。
■夜、久しぶりに夕食を作りました。何でもないレシピだけど朝からずっと考えていました。こんなことってほんとに楽しい。料理の盛りつけやテーブルのメイキングといってもただ料理や箸を並べるだけですが、そのときがいちばん充実感を覚えます。土日しか料理をすることができなくなってしまって、でも、通勤のドライブがその代わりをしてくれているのかも知れないと思っています。日常と非日常の行き来、自分の中にある日常と非日常の両義性の意味の大きさを思う。

6月のポコ・ア・ポコ(05/6/12)
■6月の日曜日のポコ・ア・ポコをしました。20家族のみなさんに来ていただいて、なんと、カップが足りないという初めての出来事がありました。この4月から久しぶりに来ていただくお子さんが何人かいて、今日も、1年ぶりかというお子さんが来てくれました。うれしいことです。長く続けていると、といってもまだ2年ですが、出会いにドラマを感じることも出てきました。子どもはすぐ大きくなります。ほんの2〜3か月会わないだけで印象が大きくちがうことがあって、私が知らない時の流れを思うのです。
■セッションの後は庭木の剪定をしました。肥料をやってないのにどうしてすくすくと育つのか! 30分くらい切っただけでゴミ袋10個分にもなりました。この土日も慌ただしく過ぎました。

■スピードの美学(05/6/11)
■9日木曜日10日金曜日と中部地区肢体不自由養護学校教頭研究会で静岡に行って来ました。養護学校は今、特別支援教育や障害者自立支援法への対応、そして、何よりも、誰もが自分の意思で生きることができる社会の機能の構造化に向けて何ができるかに懸命です。今、文明国家としての日本の在り方が問われています。2日間の研究会は他県の情報を得るだけでなくこれから自分に何ができるかを問われる厳しい場でした。
■静岡に着いて昼食はスターバックスにしました。真っ黒な大きなタンブラーに「私はあなたのもの!」というアフォーダンスを感じて購入。いつものカプチーノにシナモンスコーンとチーズデニッシュというリッチなランチとなりました。(FinePix4800Z WB:DL)
■CDウォークマンは持って行ったけどソフトを忘れてしまい、静岡で買ったのはマーラーの「千人の交響曲」です。松阪では見つけられなくて、これは!と購入した次第です。「死を予感した…」というこの曲に私は特別な思い入れはありません。来年、この曲の合唱にチャレンジしようかとあれこれ考えているところです。音楽的にどうなのか、そこにこだわる。レナード・バーンスタインのこだわりです。
■帰路の静岡駅で早めにプラットホームに上がって通過する新幹線を見ていました。200qで駆け抜ける新幹線は美しい。新幹線は乗って美学を感じます。加速の力強さ、カーブでの傾き、メリハリの効いた走りは私を覚醒する。私もきっとADHDだと思う。スピードに酔ってしまいます。
■新幹線で読んだ本は『セロトニン欠乏症〜キレる脳・鬱の脳をきたえ直す』(有田秀穂 NHK出版 2003)です。セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリン、この3つの脳内情報伝達物質のバランスが今を生きる人の危ういバランスを支えていると思いました。
■この出張でどういうわけかとても不思議に感じたことがあります。静岡でも“日本語”が通じるということです。これって当たり前のこと。でも、私にとってはとても新鮮な体験でした。もしかしたら、今日、地元で誰かと話をして通じたら新鮮に思うかも知れません。
■出張から帰ったら麦畑のほとんどが刈り入れを終わっていました。

マグナムの写真たち(05/6/5)
■ミュージック・ケア初級総合研修三重会場が昨日から三重県いなば園で始まりました。昨日は出勤だったので私は今日から参加です。12人の研修生は連日の研修で少々お疲れのようす。ミュージック・ケアの研修は質の高い充実した空間です。私も基本を叩き込み直しました。一日たっぷりとミュージック・ケアの研修をして身体の固さがほぐれて目覚めたように感じます。心もリフレッシュです。
■夜、「NHKスペシャル」の「一瞬の戦後史〜写真が記録した世界の60年」を観ました。第二次世界大戦後のキャパのソ連取材から今のイラクまで、写真の中の人々の姿に打ちのめされた思いがしました。激動の歴史に翻弄されるのはひとりひとりの人間です。その誰もが皆その人だけの人生がある。1時間にこれほどの写真を見ると胸が詰まります。なんという重い写真たち。マグナムのカメラマンの意識の高さがその一瞬一瞬を逃さずフィルムに焼き付けたのだ。フレーズが次から次へと押し寄せる吉田潔の音楽も繰り返される歴史の真実を強く印象付ける役回りをしていました。
■サザンのバラッドを聴き直そうとCD4枚をレンタルしてきました。茅ヶ崎市立浜之郷小学校初代校長 大瀬敏昭さんがICUで麻酔から覚めて聴いたバラッドの空間を知りたいと思ったからです。通勤ドライブでは先週から平原彩香の「明日」ばかり聴いています。

麦秋(05/5/29)
■麦秋の麦の穂がきれいなので車を止めて写真を撮りました。

『島のねこ』(05/5/28)
■先週から捨て猫をあずかっています。仔猫で真っ白、目はブルーイッシュ・グレーです。しっぽは長くて真っ直ぐです。この1週間でずいぶん成長しました。跳んだり跳ねたり、動くものなら何でも興味をもって近づく、前脚を伸ばして触れようとする…仔猫の感覚が統合されつつある発達のドラマがダイレクトに見えるのだ。ボディ・イメージ、前庭覚、固有覚、空間認知…こんなに早く獲得するものなのかと驚きます。人との関係性も。それにしてもかわいい。名前はオードリーとしました。今ちょうど庭に咲いているプリンセス・オブ・ウエールズのような純白です。
■猫といえば、“猫写真家”関由香さんの『島のねこ』(新風舎2004)が猫写真集のお気に入りです。この写真集の猫たちは南の島に住んでいて“本土”の猫たちとはちがう文化圏にいるみたいです。ただただリラックス。「陽をさけて へたりだらりと 島のねこ」というコピーの帯の下には、猫もこんな格好するんだ!と驚きのリラックスポーズが! こんな写真は簡単には撮れない。
■夜、NHK−ETVで「うつ」の特集がありました。「うつ」はある時点のひとつの結果でありプロセスだと思います。幼い頃からの育ち、インナーチャイルドの存在の大きさを思わずにいられないのと同時に、今今があらゆる可能性に通じていることを信じることの大切さを思わずにはいられません。番組でウォン・ウィンツォンが弾くのはベーゼンドルファーでした。
■『翔彩がイルカを感じた日』(新田順子 光文社 2003)を古本屋で見つけて買いました。イルカも馬も、犬も猫も、人が求めているアタッチメントを形あるものとして実感させてくれる存在です。

数字の文脈(05/5/22)
■先週、年度初めの書類をひとつひとつ片づけてあと少しで一区切りと思っていたら、会計監査院の監査の書類を作成するようにとの指示がメールで届きました。調書の表を勤務校の実態に合うようにサイズを変更して一日かかって仕上げました。明日から証拠書類の準備です。数字ばかり見ていますが、児童生徒数の「+1」や「−1」のひとつひとつに深く長い文脈を思わずにいられません。
■この連休に本を3冊買いました。『アサヒカメラ』6月号(朝日新聞社)、坂井優基『パイロットが空から学んだ一番大切なこと』(インデックス・コミュニケーションズ 2005)、茂木健一郎『脳と創造性「この私」というクオリアへ』(PHP研究所 2005)です。
■『アサヒカメラ』は6月号を見てやはり“社会派”だと思いました。色褪せた歴史的な記録からアヴァンギャルド、社会のマイノリティたちの映像は迫力があります。6月号は渾身のエディションだと思います。
■坂井優基『パイロットが空から学んだ一番大切なこと』は私の好きな飛行機ものです。「私にとって空ほど美しい職場はありません。」という一文は羨ましい限りです。空を職場とする者しか知り得ない記述にあふれています。でも、この本のいちばん素晴らしいところは関係性の中で皆が成長する文脈を描いているところです。「プロフェッショナルでなければならない」「機長1人で飛んでいるのではない」「フライト毎のテーマ」「目的の明確化と手段の自由化」「視点としての地文航法」「不確実性への備え」「スキャンという技術」「チームワークには『自由』という空気を」「第一声は、ありがとう」「心の中で合理化をしない」「先輩の恩は後輩に返す」等々、章や見出しの言葉を見るだけでこの本の文脈の深さがわかります。
■茂木健一郎『脳と創造性「この私」というクオリアへ』は突っ走る今の私への警鐘です。脳科学が全てではない。タイムリーな一冊です。でも、この本のアフォーダンスをキャッチした自分も少しは褒めたいと思います。
■ポコ・ア・ポコの音出しにとデジタル・ミュージック・プレーヤーを購入しました。CREATIVEのMuVoV200は底値でした。フラッシュ・メモリだと少々荒っぽく扱っても大丈夫です。セッションで使う曲全部が入って頭出しもすぐできる。1曲再生モードがあることを確かめて買って、確かにそれはできるのだけど、なんと、再生ボタンのスイッチオンで曲がすぐに始まるではないか! そのレスポンスが売りということに気がつきませんでした。これではひとりでセッションをするときに困ります。スイッチを操作して輪の中に入って、「ようい…」と構えてから音楽が始まってほしい。1曲1曲にブランクデータを入れなければならない…なんと面倒な(×_×)
■CREATIVEのMuVoV200のメモリは256MBです。4分の曲が120曲くらい入るとか。ポコ・ア・ポコで使う30余曲に加えて100曲入ります。このメモリの空きにどんな曲を入れようかとあれこれ思い巡らすことの楽しさになつかしさを覚えます。“My Favourate Songs”をレコードとカセットテープで作った頃を思い出します。
■MuVoV200を買った店で、Canon EOS Kiss Disital Nを初めて触りました。軽さ、AFのスピードと正確さ、シャッターレスポンス、そして、手にした質感にこれはすごいと思いました。これにコンパクトなISレンズを着けたら手放せなくなるな…
■今日は雨、車のワイパーゴムを換えました。カローラフィールダーの走行距離が10万qに近づいてきました。通勤だけで1日140q、1か月に3500q走るとして1年で4万qという走行距離です。フィールダーはボディの鋼性も高くて高速でも安定しているので長距離通勤も苦になりません。コンパクトだから取り回しも楽です。でも、やっぱり物足りないのはATだからなのだろうか…。今夜はF−1モナコ・グランプリです。血が騒ぐ!

アイデンティティー(05/5/15)
■ポコ・ア・ポコの音楽療法の研修会を行いました。8人の参加をしていただきました。お子さんも4人、実技と私の話につき合っていただいて和やかな研修会でした。でも、私からのメッセージは焦点が絞れきれなくて大まかな話に終わってしまいました。ポコ・ア・ポコのセッションと文脈を分析的にみるとほんとにたくさんのファクターがあって丸一日話していても足りないくらいでした。音楽療法だけでなくひとりひとりのお子さんに合ったサポートを組み合わせていかなくてはなりません。この研修会は秋にも行う予定で、子どもたちの育ちに少しでもプラスになればと思っています。
■午後の日曜日のポコ・ア・ポコは18家族のみなさんに来ていただきました。今日は元気印のお子さんが多くてこれも楽しいものでしたが、大勢が苦手なお子さんにとってはつらいものもありました。こんなときお母さんのサポートが欠かせません。みなさんに支えていただいているポコ・ア・ポコです。今日は日曜日のポコ・ア・ポコの2周年となるセッションでした。私の目標はとりあえず10年続けることです。
■今夜は久しぶりにトンカツを作りました。油温計がこわれてしまったので勘が頼りです。前に実家の母にフライを揚げるコツを聞いたら、ややこしい説明を一通りした後で、「見とったらわかるに!」と締めくくりました。そうか、見ていたらわかるのか!? 果たして、油温計がこわれてからは揚げ物の失敗がなくなりました。計器に頼って失敗し続けてきたそれまでは何だったのか!
■NHK−ETVの「新日曜美術館」は「ミュシャ〜スラブ悠久の叙事詩」でした。そういえば見覚えのある印象的なミュシャの絵です。でも、彼が描く母国チェコの絵の迫力には遠く及びません。アイデンティティーを発見した人の強さです。ゲストに劇作家・声楽家の池田理代子さんが出演していました。彼女の存在感も大きかった。創作家だからこそ持ち得る強さだと思いました。私のアイデンティティーはポコ・ア・ポコかも知れません。
■平原彩香のコンサートが三重県多気町であってとてもよかったとのこと。私は行けなくて、今夜は彼女のアルバム「ODYSSEY」を聴いています。こんなに聴かせていいの!?と思うくらいです。歌はもちろん上手い。すごくプライベートな歌詞なのに無限の拡がりを感じます。バックの演奏もクオリティが高くて魅入られてしまいます。

メトロポリタン美術館と日曜日のパスタ(05/5/8)
■朝からWordの差し込み印刷と格闘しているうちにテレビ(NHK−TV)でメトロポリタン美術館の特集番組が始まりました。「美術品は半永久的な情報発信となる」という学芸員の言葉は説得力がありました。ニューヨークは興味津々です。
■昼前のNHK−TV「食彩浪漫」を観ていて、休日の昼はやっぱりパスタ!と、冷蔵庫の在庫整理にこんなのを作りました。フライパンにたっぷりのオリーブオイルとニンニクを入れてから火を点けて少しずつ温めて、ピーマンとしめじ、茹でて殻から取り出したサザエと小松菜を入れてさっと炒め、茹でたパスタにからませてハーブソルトをパラパラとふりかけてできあがり。パスタの茹で具合には神経を集中するけどあとはそのときの即興です。手前味噌ながら美味! 料理といえばこの頃「うちの食卓 Non solo italiano」のサイトがお気に入りでよく見ます。壁紙がグレーで南の風と似ています。写真がとてもきれい。食住のライフスタイルがいい感じ!
■「食彩浪漫」のゲストはcobaでした。今回のテーマは「五感で味わう春野菜」で、彼の料理も友人の料理も食材に反応して作っていると思いました。BGMに流れるcobaのアコーディオンはいつ聴いても血が騒ぎます。
■このパスタの写真はFUJIFILMのFinePix4800Zで撮りました。画像が荒れるのでノーレタッチです。テーブルの集成材の継ぎ目やフォークが曲がっていることが気になります。受光素子やソフトがどれだけ進歩しても写真を決めるのはやはりレンズです。レンズのサイズに制約があるコンパクトデジカメの限界です。今日はテーブルの反射をなくすために自然光で撮りました。F2.8、シャッタースピードは1/9でした。窓がない方向の左上が暗いしフォークへの映り込みがちょっとじゃまだな…

人工構造物の美学(05/5/4)
■いつも夜走る通勤路を明るいうちに帰ってきてこんな風景なのかと新鮮でした。道と風景が一致して再発見した次第です。四日市の石油コンビナートはなぜか惹かれるシーンです。
■今日はエンジンオイルを交換しました。するとエンジンのなんと滑らかに回ることか! 1日140qの高速走行は過酷です。もっとこまめにメンテナンスをしてあげないといけない。
■セントレアが開港して低く飛ぶ大型旅客機がよく見えるようになりました。夜、仕事を終えて小高い丘の駐車場から見上げる大型旅客機の光と音はたまらない。私はメカが凝縮された構造物が大好きです。飛行機はその最たるもの! 車もバイクもコンピュータも私には自分の分身のように思えます。ヒューマニズムにこだわると人工構造物にもますます愛おしさを感じるようになるのは不思議だ。

intersubjectivity(05/5/2)
■インターネットにつながったら今度はモニタに縦縞が出て慌てました。同じタイプのLaVieGが同じような症状で使えなくなっていたのでこれはたいへんと外付けHDDにデータを移しました。これに3時間! さらにWindowsXPの復元などあれこれしてやっと直りました。コンピュータは気難しいし気紛れだ!
■そのあたふたしていたとき、テレビで愛知万博の紹介をしていて、フィリピン館の館長が「intersubjectivity」と言ったような気がしてはっと画面を見ました。場面はアロマテラピーの紹介でした。彼女は日本語がとても上手でしたが「intersubjectivity」を日本語で説明しようとして困ってしまい、何か言いかけて笑ってしまっていました。日本では「間主観性」と訳されることが多いのですが、これは心理学用語でかえってわかりにくい。「主観が同じベクトルで交わること」とでも説明しようか…日本語には言葉としてはない概念かも知れませんが、「あの素晴らしい愛をもう一度」(北山修司詞 加藤和彦曲)の歌詞、「あのとき 同じ花を見て 美しいと言った二人の心と心」の通い合いこそ「intersubjectivity」です。主観が同じベクトルで交わり、その主観が意味のあるものとして強化され、そうしていっしょにいることが至高の体験となり、関係性の中で心が安定し、アイデンティティーを見出し、セルフエスティーム(自己尊重)を実感するのだ。テレビを観てふと思った。「intersubjectivity」は欧米では日常的な言葉であり概念であるのだろうか。文化の歩みのちがいを思うのだ。

セブンイレブンなこの頃(05/4/29)
■一昨日から自宅のADSLがつながらなくなって何かにつけて動きが取れず、落ち着きませんでした。NTTのサポートデスクに電話して、モデム→ルータ→PCの順に電源を入れ直すことで解決しました。これって基本の“き”だよな…。でもどうして不具合が出たのか? NTTから確認の連絡があって聞いたら、モデムやルータにリセットがかかることがあって、その修復は電源の入れ直ししかないとのこと。NTTの対応はていねいで適切なものでした。
■今の職場は職員間の連絡も書類のやり取りも90%はイントラネットでペーパーレスで済ませています。慣れると便利この上ない環境です。県立学校と教育委員会とのやり取りもイントラネットでそのほとんどを処理することができます。それだけにコンピュータ様様で、ひとつのものに頼り過ぎる怖さがあります。バックアップとセキュリティ対策はこまめにしないと!
■今週は県立学校教頭会の研修会がありました。「教頭は“F−1Mart”のように年中無休で、毎日は“セブンイレブン”と言われます」という会長の言葉に真顔で「うんうん!」とうなずく会場がおかしい。年度初めの4月、私も帰宅すると日付が変わっていることが何日かありました。
■今日は久しぶりにNHKの「おかあさんといっしょ」を観ました。特集でコンサートでした。音楽的に分析して聴いてしまうところが悲しい性ですが、セオリー通りの音楽は構造が整っていて気持ちがいいものです。その枠組みの中で斬新を感じるところが「おかあさんといっしょ」の底力です。
■書店で斉藤孝著『頭がいいとは「文脈力」である。』(角川書店 2004)を見つけました。納得の1冊で、こうしてまとめるところが彼のすごいところです。「文脈」という言葉こそ空間と時間を構造化する人間の営みを象徴している。

reactionの文脈(05/4/24)
■夜、「NHKスペシャル 日本の群像・再起への20年 @トップの決断・米国が震えた巨額買収 ソニー」を観てただならぬ戦慄を覚えました。価値観が多様化する今、reaction(反応)の有り様こそアイデンティティーだと確信するものがありました。刻々と変化する状況へのリアルタイムの反応こそ、今、価値ある決断なのだ。アメリカの投資ファンドのクールな反応がすごかった。ソニーの提案に「筋道が通っていました」とシンプルに答える文脈がアメリカの強さだと思った。
■小澤征爾のプロコフィエフ「ロミオとジュリエット」を聴いています。小澤征爾の音楽がいつもスリリングなのはその場その時の空間への反応が彼の音楽となっているゆえではないのだろうか。シャルル・デュトワの「ロミオとジュリエット」も魅力的だがCDを聴くとそれぞれの文脈のちがいがわかる。私はスリリングな小澤征爾が好きだ。私も走り続ける。

プロコフィエフ(05/4/19)
■この頃仕事はコンピュータとの闘いだ。年度当初はファイルを探すのに時間を費やしていたが今はちがう。今朝は起動するときイントラネットにつながらずに30分待たされる。添付ファイルを開けるのに何分も待たされる。そうこうしているうちにフリーズする。今日1日で3回フリーズした。Ctrl+Alt+Delでプログラムをひとつひとつ強制終了させる途中で完全に固まる。結局、電源スイッチの4秒押しだ。半日そうしていた。これでいいはずがない。私の仕事はコンピュータの機嫌とりではない。子どもたちと職員のために何を為し得るかだ!
■セントレアが開港して低く飛ぶ旅客機がよく見えるようになしました。私は飛行機が好きなのでたまらず空を見上げてしまいます。そんな飛行機を丘の上の駐車場から見上げて車に乗り込みます。四日市の郊外からアップダウンが続く笹川団地を抜けて23号線に向かうと石油コンビナートの灯りが見えてきます。この風景が好きで遠距離通勤も苦になりません。似ているわけではないのに「耳をすませば」を思い出します。
■マルタ・アルゲリッチのCDを探していて彼女が弾くプロコフィエフのピアノコンチェルトのCDを見つけました。オーケストラはシャルル・デュトワ指揮のモントリオール交響楽団でとてもおしゃれな演奏です。そうそう、小澤征爾の「ロミオとジュリエット」もいい。明日はプロコフィエフを聴きながら帰ることにしよう!

新学期の日曜日のポコ・ア・ポコ(05/4/17)
■新学期の1週間が終わりました。桜はずっと咲き続けてくれています。ドーム屋根の食堂をバックにムスカリと咲く桜のなんときれいなこと! この食堂で私は検食をします。ひとりで食べるとおいしさも半減ですが、その後の摂食指導は子どもたちと毎日過ごすことができる私の大切な時間です。給食の時しかいっしょにいないのに私といることを確かめる子どもの眼差しのなんと愛おしいこと!
■新年度の日曜日のポコ・ア・ポコは15家族のみなさまに来ていただきました。前任校の子どもたちと会うのも修了式の日以来で、とてもなつかしくうれしく思いました。大勢のセッションでしたがみなさん集中してくださって充実した1時間でした。私もひとりひとりの子どもがよく見えているように感じました。アリサシリーズで動作を間違えましたが誰も動じなくてびっくり感動です。今日はいつになくみんなみんな大きく成長して見えました。5月のポコ・ア・ポコが今から楽しみです。
■5月のポコ・ア・ポコの日は午前中に音楽療法の研修会を行います。音楽療法だけでなく自閉症のサポートと感覚統合を軸に考える子どもの発達と心です。加えて精神医療の分野にも踏み込む内容を考えています。参加のみなさんといっしょに考えていきたい、私にとって新たなチャレンジです。
■昨日土曜日に休日出勤してその帰り、鈴鹿に寄ろうとナビの通り走ったら知らないところばかりでした。途中、聖母の家の表示があって寄りました。いつか参観したいと思いました。私立の養護学校という文脈、博愛の精神に私は惹かれるのだ。
■ポコ・ア・ポコの帰りにパソコンショップに寄ってノートサイズのキーボードを調達しました。トラックパッドとパームレストが付いてまるでノートパソコンのキーボードそのままという不思議な代物です。勤務校の私のデスクトップに使います。いわゆるフルサイズのキーボードだとミスタッチばかりで、これを「ノート病」というらしい。ミニサイズのキーボードだと机も広く使えます。
■この桜の写真はFinePix4800Zで撮りました。明度と色調をいじろうとしたら画像が荒れてしまいます。そうか、FinePixの画像はアンタッチャブルだった。
■桜の花を見て聴きたくなるのは「さくら横丁」です。加藤周一の詩も中田喜直の曲も伊藤京子の歌も私の心をゆさぶる。音楽の力はすごいものだ。1日の仕事を終えて弾く夜の音楽室のピアノは私そのものです。しばらくバッハを練習します。今夜はマルタ・アルゲリッチのバッハ「イギリス組曲第2番イ短調BMV807」を聴いています。グールドとスタイルはちがっても文脈は同じだと思う。

桜の花と入学式(05/4/11)
■勤務先の養護学校の始業式と入学式がありました。学校はやっぱり子どもがいてわくわくドキドキするもの! このドキドキを大切にして今年もきらきらする1年にしたいと着任のあいさつをしました。桜はちょうど満開でとてもきれいでした。子どもたちが登校する明日も明後日も、ずっとずっと楽しみです。

『100万回生きたねこ』(05/4/8)
■昨夜は新任校の、今夜は前任校の歓送迎会がありました。ひとりひとりの転任新任の言葉を聴く度に、学校はマンパワーだと思い知りました。
■今夜、歓送迎会までに少し時間があったので会場近くの書店に入りました。入り口すぐ横に絵本のコーナーがあって、『100万回生きたねこ』(佐野洋子 講談社 1977)が目に入って買いました。その前、伊勢に向かう電車の中で、私は大瀬敏昭さんの『輝け!いのちの授業』(小学館 2004)を読んでいました。がんの「転移再発、死の恐怖との闘い…その恐怖と絶望の淵に沈んだ私を救ってくれたものは『絵本』であった。なかでも『わすれられない おくりもの』、『100万回生きたねこ』、『1000の風、1000のチェロ』、『ポケットのなかのプレゼント』などの絵本は、私にとって生きる希望と勇気を与えてくれた。それとともに、闘病生活は、新たな学校づくりのヒントをも与えてくれたのである。」 そう、『100万回生きたねこ』はいつも勤務校の図書室で読んでいて自分の本を持っていなかったと気づきました。この絵本は愛することと生きることの真実を教えてくれたように思っています。
■目眩くピアノが聴きたくて、家に帰ってマルタ・アルゲリッチのシューマンを聴いています。

どう反応するか(05/4/3)
■今月から三重県立養護学校北勢きらら学園勤務となりました。度会養護学校と同じ肢体不自由の養護学校で、療育や医療的ケアなどの専門性に共通したニーズがあります。きらら学園は開校9年目の新しい養護学校で、教室がある校舎や温水プールもある体育館、円形の食堂など総木造でとてもきれいです。先生たちのマンパワーもすごい。子どもたちと出会う11日が楽しみです。
■この土日も出勤して仕事の引継ぎや新年度準備をしていました。今日は私の机に並ぶ4台のパソコンのモニタを8時間見続けてさすがに視覚がおかしくなりました。名は体を表す…パソコンはパーソナルなコンピュータです。早く私のパソコンにしないと!
■今夜の毎日放送制作「情熱大陸」は装丁家、鈴木成一でした。年間600冊を超える本の装丁のアイデアはどこから?という質問に、「どう反応するか、ですよね」と答える彼の文脈はすごいものだ。今の私の課題そのものです。落ち着いてなんかいられない。彼は43歳、第一線の人たちの年齢が気になります。彼もMac使いでした。

ランエボ\(05/3/31)
■今日は県教委の人事異動の発表の日です。明日の朝刊に私の名前も載ります。今日は7年間勤務した三重県立度会養護学校での最後の日でした。教育はどれだけしても終わりのない旅です。勤務時間を過ぎるまで仕事をして転任の整理をしていました。音楽室においてある楽譜を片づけに行ったのは5時を回っていて少し暗くなっていました。音楽室のグランドピアノは浜松のカワイの工場に行って私が弾いて選んできたピアノです。薄暗い音楽室で指が覚えているシューベルトの即興曲を弾きました。7年間もいてこんなふうにピアノを弾く時間がどうしてなかったのだろうと思ってしまいました。ピアノとふたりだけの時間でした。グランドピアノの豊かな包み込むような音をたまらなく愛おしく感じました。
■駐車場で荷物を車に積み終わったとき、同僚からランサー・エヴォリューション\を運転してみないかと声をかけられました。ランエボ\は発売されたばかりのニューカマーです。まだ500qも走っていない新車です。ほんとにいいのか?と何度も聞いて、だったらと運転席に乗り込みました。280馬力もすごいがいちばん驚いたのはドライバーの「こう走りたい」というライン通りに走る高いコントロール性です。この上ない安心感がある。ドライバーの意思と操作が車の挙動にダイレクトに現れる高いレベルのセンシビリティーは私の覚醒水準を一気に引き上げる。そして、まるで生き物のような息づかいのエンジン音…カワイのピアノ工場のホールで佇むフルコンサートピアノもまるで生きているかのような生々しい音でした。鍵盤の重さはランエボのクラッチの重さと似ている。フルコンサート・グランドピアノとランエボの文脈は同じだ。生命あるものの生々しさを感じる。セクシーだ。朝からどこかもやもやしていたものが一気に吹っ飛んで生き返ったようでした。明日から高速道路で片道70qの通勤の毎日です。ランエボだったら…と思うのだ。

春休みのポコ・ア・ポコ(05/3/24)
■この春休みのポコ・ア・ポコはお休みをさせていただくことになりました。春休みのポコ・ア・ポコのスケジュールをとホームページを訪れていただいたみなさまには心からお詫びをいたします。ごめんなさいm(-_-)m。3月の春休みから新年度にかけて出勤と出張の日々が続きますが、日曜日のポコ・ア・ポコはこれまで通り4月以降も行っていきます。登録メンバーのみなさまには郵送でスケジュールとメッセージをお知らせいたします。新年度からもポコ・ア・ポコをよろしくお願いいたします。

最後の授業(05/3/23)
■修了式を明後日に控えた今日、私の音楽の授業が終わりました。卒業生とお休みの子がいないので子どもは二人だけの授業でした。ミュージック・ケアのアリサ・シリーズとバルーン、新聞紙とシャボン玉のプログラムを組み合わせました。回を重ねる毎に療育の目的だけでなく子どもたちも楽しんでくれてきていることがわかります。最後の授業でしたが私も特別な気負いもなく進めることができました。重度心身障害の子どもたちとの音楽療法の文献は多くはありませんが、ミュージック・ケアのプログラムが身体で音楽を聴き、表現することを手法としていることの有効性を教えてくれたのは勤務先の養護学校の子どもたちでした。この1年は私にとって実り多いかけがえなのない年となりました。子どもたちに感謝しています。

F1マシンの引力(05/3/20)
■名古屋に行って来ました。伊勢道と東名阪がつながってなんと早いこと! でも、地上何十メートルという高架は苦手で早く通り過ぎようとついついアクセルを踏み込むことになります。
■JR高島屋の東急ハンズでフランコリン・コヴィーのクラシックサイズのバインダーを調達しました。在庫のイタリアンカーフは血筋がいくつかがありましたがこれもめぐり遇いと買うことにしました。素材も作りも申し分ない一品です。
■仕事用の鞄は東急ハンズにこれというものがなくて、栄に行くとオアシス21でプレ万博のイベントをしていてトヨタのF1マシンが展示してありました。2年ぶりに見るトヨタのF1マシンは変わらず官能的でした。エクゾーストパイプのあたりがいちばんのお気に入りのアングルです。コクピットサイドにはラルフ・シューマッハの名前がありました。F1にチャレンジスピリットを感じます。
■鞄はロフトにありました。もうこれしかないと思いました。ノートパソコンもクラシックサイズのフランクリン・コヴィーもジャストミートです。しかも大き過ぎない。このサイズにこんなに入ってどうするの! メーカーはどこだろうとタグを調べたら、なんと、ノーマディック(株)でした。買い直して毎日使っているショルダーのメーカーでした。ノーマディックのバッグは一度使うと離せない優れものです。マンハッタン・パッセージを日本のメーカーが作るとこうなるというお手本かも。値段はマンハッタン・パッセージの半分ですが満足度は倍以上かも(^_^)
■アップル・ストアはどこもかしこも真っ白でした。iBOOKが私を呼んでいるような…

小学校の卒業式で(05/3/19)
■昨日は地元の小学校の卒業式に行く機会がありました。今年の頭上の飾りは紙のボールと鶴です。これが不思議な空間を演出していました。待ち時間のBGMはエンヤです。ピンと張りつめた冷たい空気をエンヤの音楽が振動として伝わってくる感じがしました。卒業生入場はピアノの生演奏、証書授与のBGMはバイオリンとピアノ、子どもたちのストレートな歌声、この小学校の音楽のセレクトは卒業式に限らずいつも素敵だ。卒業生も在校生も真摯な姿勢で式に臨み、凛とした空間は素晴らしいものだ。学校はやっぱりマンパワーだとあらためて思い知らされました。感動しました。「ビリーブ」を歌っているときかなり大きな地震があって、雨あり風あり地震ありでこのことでも忘れられない卒業式となりました。
■このところ連日帰りが遅くて夜10時を過ぎることもあって、家に着くとぐったりです。昨日は夕飯を食べるのを忘れてふらふら…。でも、勤務時間、子どもたちの前では“元気ハツラツ”です。元気を取り戻す私のおまじないはウォーキングです。背筋をピンと伸ばして視線を真っ直ぐにしてリズミカルに脚を運ぶ。そうして廊下を歩いています。このとき“腰の回転”意識して歩きます。“腰の回転”を意識する走りと同じ理屈です。ときにはデューク更家のメソッドも入れて腕を大きく動かします。これが爽快です。全身がリフレッシュします。身体のリフレッシュは脳のリフレッシュに直結します。でも、このところの生産性の低さはただごとではありません。そもそも花粉症がいちばんの原因です。せめてと「花粉迷惑」というキャンディーを買おうとスーパーで探したけどなくて、となりの薬局で買おうと行ったら「スギ薬局」という名前に足がすくんでしまいました(*_*)
■花粉症にやられてたまるか!と、1年ぶりに車を洗いました。もうキズだらけです。タイヤはスタッドレスから夏タイヤに替えました。空気圧は1.6キロに落ちていたのでガソリンスタンドで2.2キロにしました。エンジンオイルも交換して音も静かになりました。荷室からポコ・ア・ポコのグッズを降ろして走るとなんと軽いこと! 半日身体を動かして、花粉症もなぜかあまり出なくて、身体も軽くなったみたいです。

雪の日のポコ・ア・ポコ(05/3/13)
■3月の日曜日のポコ・ア・ポコは16家族のみなさんに来ていただきました。年度末のポコ・ア・ポコです。卒園・卒業、そして、進学、進級とステップアップのときだからでしょうか、お子さんたちが一回り大きく見えました。ひとりひとりのお子さんにきめ細かなサポートをしていきたいと、そう思いました。片づけを終わって会場の玄関の鍵をするとき、吹雪のような雪が風に乗って舞っていました。
■今日のポコ・ア・ポコの待ち時間に流していたのは「ひらけポンキッキ」の「またね」です。歌は橘いずみ…歌も編曲も演奏もクオリティが高くてとても気持ちがいい。卒園の歌だと思いますが「幼稚な感じ」がない。明日をまっすぐ見つめる子どもの輝く瞳が目に見えるような歌だ。すごくいい!
■ポコ・ア・ポコのあとはこの頃のお決まりの古本屋巡りをしました。何冊か気になる本たちがあって、この年度末の多忙が一段落したら買いにこようと思いました。

遠い日の記憶(05/3/11)
■勤務校の養護学校の卒業式がありました。今年は卒業生のクラスなので感慨もひとしおです。先日、そのお子さんのこの1年の学校生活のスナップ写真を80枚選んでネットプリントに送信しました。小学部のお子さんの成長のなんと早いこと! 1学期の写真の顔がすごく幼く思えます。成長は顔だけではありません。そのお子さんとの授業は私は週1時間だけで行事などで抜けることもありましたが学習そのものだけでなくノイズ=余剰性への対応もどんどんうまくなっていくことを実感しました。子どもの1日1日1時間1時間のなんと大切なことか!
■また、そのお子さんは私の音楽観のステップアップをしてくれました。私の中でいまひとつはっきりしていなかった音楽の三要素(リズム、メロディ、ハーモニー)のプリミティブな優先順位をはっきり私に教えてくれました。いちばん大事な要素はリズムということです。そのお子さんはビートがはっきりした音楽がお気に入りでした。私のピアノのスタイルも変わりました。ビートをはっきりさせる弾き方です。ビートは心臓の鼓動に直接響くもの。脳の時間の刻みに直接作用するもの。そして、リズム=時の区切りは相互作用を成立させ得るもの。つまり、外界とのコミュニケーションを成立させ得るものだということです。あなたとわたし、という相互の繰り返しを明確化します。コミュニケーションは時間の経過があって成立し得るものです。四次元のパラダイムがそこにある。自閉症スペクトラム障害の人たちが苦手とするのは時間の流れの把握です。音楽は時間の流れを意図的に操作する側面があります。この時間の流れを意図的に操作する音楽のとらえ方のキーワードが「身体で聴く音楽」です。この冬休みに勤務先の養護学校で行った音楽療法の自主勉強会のキーワードです。このことについてはまた書きたいと思います。
■学校生活のスナップ写真はキヤノンのEOS D30で撮っています。セレクトした80枚の仕上がりを見るとすごくきれいです。これはFUJIFILMのカラーマネジメントのノウハウの結果ですが、D30の元データのクオリティがあってこそ出る結果だと思っています。PCのモニタで見るとなんだかぼやけた印象ですが、CANONのEFレンズのクオリティが元データの可塑性を支えています。雨後の竹の子のようなデジカメ市場が一段落した今、元気印なのはやはりレンズのノウハウがあるメーカーに絞られてきています。写真を知る者が生き延びるということでしょう。私はFUJIFILMのレタッチのノウハウが欲しい。FUJIFILMの底力はすごいものだと思う。そして、D30の底力もすごいものがあると思っています。露出は迷いっぱなしですが・・・(*_*)
■2月27日の音楽療法ネットーワーク三重の講習会「音楽療法士に必要な精神医学」(三重大学教育学部教授大谷正人さん)で知った統合失調症(精神分裂病)、そして、クライエントとの距離のとり方と、ドクター(セラピスト)自身の自己の精神のとらえのことをよく思い出しては考えています。これまで私は人を発達障害を軸に考え過ぎてはいなかったか! 精神というもののとらえの認識があまりに少なかったように思って反省するばかり。教育界の“弱み”といえるかも知れません。そもそも精神とは何なのか? 私の思索の旅は続く。
■夜、聴きたくなって探したグールドのバッハのCD。まるで語り部のようにピアノが語る。それは遠い日の記憶だ。遠い日の記憶とはインナーチャイルドなのだろうか・・・

あっという間の土日(05/3/6)
■昨日は朝から地元の発達障害のお子さんたちのムーブメントのセッションにスタッフとして参加、午後は四日市市の小山田記念温泉病院での三重県療育研究会の研修会に高速道路を飛ばして行きました。
■三重県療育研究会はPT、OT、STの研究会で、“学校の先生”のパラダイムとはちがう“言葉”の中に身を置くことができます。これが超刺激です。養護学校の先生は自分にないPT、OT、STの専門性に惹かれる。嫉妬すら覚える。では、学校の先生の専門性は何なのか!? 学校の先生はもしかしたら家族よりも長い時間を子どもたちと過ごしています。そこに受け持つべき役割と果たすべき責任があると私は考えています。子どもと同じ時間を長く共にすることで子どもの気持ちと寄り添っていっしょに活動し、考え、笑い、ときには落ち込みながら共に成長していく。この関係性こそお互いの成長につながるものであり、これが学校の先生の専門性のベースになるのではないのか。その上でPT、OT、STの専門性や音楽療法などのスペシャリストたらんと努力することが求められていると私は考えます。
■今日は勤務先の養護学校の所在地の「手をつなぐ親の会」の行事に参加しました。手巻き寿司とポコ・ア・ポコのミュージック・ケアのセッション、地元の手品のサークル、ビンゴゲームとゆったりした日程で、発達障害がある子もない子も私たちも楽しい一日となりました。富山ケアネットワークのデイケアハウス「このゆびとまれ」もこんなのかな?と思いました。
■この土日は私にとっていい刺激になりました。でも疲れた(*_*)…明日は志摩市の海辺の小学校に出張です。

精神医学(05/2/27)
■音楽療法ネットワーク三重の講習会がありました。テーマは「音楽療法士に必要な精神医学」で講師は三重大学教育学部教授大谷正人さんです。精神医学について「統合失調症(精神分裂病)」「乳幼児の心の発達と自閉症」「老年期の精神医学とターミナルケア」と全般にわたってドクターから一度にまとまった話を聴くのは初めてで自分自身の勉強不足を痛感しました。教育、障害児教育、音楽療法に携わる者として、人の心、精神についてもっと科学的に知っておかなくてはと思いました。発達障害そのものよりも二次障害が「その子のむずかしさ」とされがちな現場です。精神医学についてももっと知らなくてはなりません。質疑応答で、セラピストは自分のヒストリーについて知っておかなくてはならないという話がありました。精神療法や精神分析を学びたいと思いました。
■統合失調症の症例として映画「シャイン」の一部をみました。音楽はラフマニノフのピアノ協奏曲第3番、私がいちばん好きなピアノ協奏曲です。ヘルフゴットは2000年に東京で生演奏を聴くことができました。音楽を心から楽しんでピアノを弾いていた彼の笑顔と楽しい音楽は私の大切な記憶です。
■今日の講習会で私は主催者側だったので早めに行くことになっていました。その上時間を間違えて早く着いたので近くのサティSCに行って通勤鞄を見てきました。地方だとサムソナイトがいいところで実物を見るとそのクオリティに納得してしまいます。でも、真面目過ぎて面白味がない。かといって他に何があるのだろう。ノートパソコンとクラシックサイズのフランクリン・コヴィー、ときには一眼レフとレンズも…と考えると、そんな鞄あるはずないよな(^_^);;;

今日のポコ・ア・ポコ(05/2/26)
■2月の日曜日のポコ・ア・ポコがありました。9家族のみなさんに来ていただきました。お子さんは10人、9人のお母さんとスタッフが5人です。少人数だったからでしょうか、とても落ち着いたひとときとなりました。ひとりひとりのお子さんとのアイコンタクトの時間も十分取ることができました。ひとりのお子さんのシャボン玉が完全に消えるまでその子の前にいることができました。こんなことがとても大事。音楽と私の声の大きさも控えめにして、私の動作の静止のサインも控えめにして、子どもたちひとりひとりが音楽の文脈を見つけ出せるように心がけました。子どもたちはセッションの文脈をしっかりとらえてくれて感激しました。終わりのボールのやりとりも充実した今今でした。
■夕方、古本屋に行って本を見て回りました。今日は『インナーチャイルド 改訂版 本当のあなたを取り戻す方法』(ジョン・ブラッドショー著 新里里春監訳 NHK出版 2001)を買いました。これは「交流分析療法の理論とその技法、そしてアダルトチャイルドの概念を統合して、一般の人にもわかりやすい理論と技法を縦横に駆使して誰にでも使えるワークブック」にしたものとのこと。「子どもには、無条件に受け入れてくれる親が必要だ。自分が必要とされていることを核心することで、自分を信じ、他人を信頼することができるようになる。親の愛を得るために感情を抑制しつづけた子どもは、怒りや心の傷をかかえたままおとなになる。無視され、傷ついた『過去の内なる子ども』つまりインナーチャイルドが、人間の精神的苦痛の根源なのだ。私たちは自分の力でこのチャイルドを再生し、本来の自然の子どもを取り戻すことができる。」(同書 カバー) アメリカ的な発想だと思う。文化のちがいを感じます。でも、こうした精神分析の手法が現在の日本の社会でニーズとされてきていることもまた事実だと受け取っています。
■夜、NHK−ETVの「夜回り先生」をビデオに録画しました。追い詰められた人たちの姿と声が水谷先生の言葉から浮かび上がる。また思うのだ。日本は文明国なのかと…
■ここのところ私は膨大な言葉の情報に取り巻かれていて自分の言葉をみつけるのにあくせくしています。明日は精神科医のレクチャーを聴きに行きます。言葉は文脈に乗って語られるものです。自分の言葉をみつけるということは自分の文脈をみつけるということです。でも、今はたくさんのいろんな言葉を知りたいときです。心に響く言葉で語り合えることが学校の先生に必要な能力です。

京都市立総合養護学校の文脈(05/2/25)
■昨日今日と、文部科学省教育研究開発学校指定研究中間報告会出席のために京都に出張しました。研究テーマは「総合制・地域制の養護学校における教育課程はどうあるべきか〜障害種別の枠をこえた教育課程のあり方に関する研究〜」です。
■出張の前夜にamazonから『学びとケアで育つ〜愛育養護学校の子ども・教師・親〜』(小学館2005)が届いてバッグに入れて京都に向かいました。早めに京都に着いたので駅ビルのカフェで読み始めました。
■この中の佐藤学さんの「学びとケアの共同体へ〜教育の風景と原風景〜」にカリキュラムについて次の記述があります。「日本において『カリキュラム』とは、通常、子どもの学びに先立って準備されている『計画』や『プログラム』を意味するものとして認識されている。しかし、『カリキュラム』は、そもそも『人生の履歴』という意味を含意していることが示すように、『学びの履歴』を意味するものとして認識すべきだろう。すなわち、『カリキュラム』は欧米において『学びの経験の総体』として定義されているように、学びと経験を構成する活動内容や環境や人の組織を含みこんだものとして認識するべきだろう。『計画』や『プログラム』は『カリキュラム』の一部に過ぎないのであり、『カリキュラム』の創造と『学びの経験』の創造とは同義である。『カリキュラム』は『学びの履歴』であり、一日の終わりにつくられ、年度の終わりに編成されるものとして再定義する必要がある。」 ここで大切なことは「カリキュラムを『学びの経験(履歴)』としてどう洞察し構成するか」ということになる。これは極めて難しい。だからこそ教育に携わる者に要求される専門性なのだと思う。「反省的実践」(松木 2003)の積み重ねこそ教育の営みの核心であり、特別支援教育の中核をなす理念だと考えます。
■京都市立総合養護学校の「カリキュラムベース」はその「…洞察し構成する」ことの試みのひとつといえるでしょう。発達障害がある子どもの指導・支援の継続性と一貫性、そして、実生活への汎化という、いちばん大切なことにもかかわらず課題であり続けていることへのチャレンジです。これを140万都市で行い、地域制・総合制に基づく養護学校の再編をしたのですからその実行力はたいへん大きなものがあります。これを可能ならしめた理念とその共有への歩みはどれほどのものであったのかを私は思わずにはいられません。京都市立総合養護学校の文脈は障害児教育に一石を投じてくれています。私も勉強します。
■京都駅で私が入ったカフェはカフェ・デュ・モンドです。そこでカプチーノと隣りのミスドでアップルパイを買ってテーブルに着きました。そこは北風が吹き込むオープン・カフェです。フリースの膝掛けまであります。寒い! ミスドのスタッフはコートを着ているし、カフェ・デュ・モンドのスタッフはおそろいのフリースの襟を立てています。わざわざそんな店を選ばなくてもいいのに次から次へと人が来ます。学生、サラリーマン、OL、お年寄り…中にはパソコンを出してキーを打つ人もいました。はるか頭上にはトラス構造のアーケードがあって灰色の冬の空が見えます。寒い! でも、私もそこで小1時間本を読んでました。くつろげる空間であることは確かでした。
■出張先の“みやこめっせ”は京都会館の向かい側でした。京都会館第二ホールは私が所属していた学生オーケストラの定期演奏会の会場でした。第一ホールが私が初めてバイオリンを弾いたステージでした。YMOとの出会いも京都会館でした。もう25年も前のことです。なつかしいけど今も新鮮な印象がありました。私は音楽を聴くときいつも“今”の聴き方をしてしまうからでしょうか。今と今に続く今が大事。
■映画「フォレスト・ガンプ」がテレビで放送されて録画したビデオをみました。彼は自閉症なのか…その設定はわかりませんが、この映画は「人間存在の根源をなすものについての示唆を与えてくれる」※ものであると思っています。人を信じることの大切さを教えてくれています。人を疑えないのが自閉症…誰もが人を信じたいと思っている。幼い頃からの父親との関係のトラウマを背負うジェニファが自分探しの旅の終わりに、人生の最後に信じ得たのがフォレスト・ガンプだったという設定は彼の存在の意味をいやがおうにも考えさせるのだ。また、彼の人生のトピックがアメリカの歴代大統領の変遷とタイアップして描かれていることも興味深い。この映画の文脈は深く重い。※(「…広汎性発達障害(=自閉症)は、発生機序も未だに解明されていませんが、人間存在の根源をなすものについての示唆を与えてくれる興味深い障害です。」(石川 2000))
■明日はポコ・ア・ポコです。子どもたちと会えることを楽しみにしています。

モーツァルトはいつも新しい(05/2/20)
■昨日、土曜日。休日も朝早く目が覚めてがっくり(=_=) 睡眠不足と緊張が続くと眠れない。とにかく眠ろうとがんばってどうにか昼まで寝てました。
■昼は久しぶりにパスタにしました。1.6mm。このところトマトソースは作ってないのでレトルトを使う。でもおいしい。パスタが私をリフレッシュする。パスタを食べるとお腹の中がきれいになるように感じるのはどうして?
■午後は今日の保育のグッズの調達にあちこち回りました。クラウンのバルーンは欠かせないしオリジナルのペットボトルをボーリングのピンにして遊ぶのも楽しい。そんなことを考えながらおもちゃ屋やホームセンターを回りました。
■今日は地元松阪市で新しく立ち上げた“team えん×4”の第1回井戸端会議がありました。“team えん×4”はユニバーサルデザインの地域社会の実現を目指す草の根のサークルです。私はその井戸端会議の裏番組の託児を担当しました。託児ボランティアのスタッフのみなさまのサポートで楽しいひとときとすることができました。大学生も高校生もがんばってくれました。感謝しています。
■昨夜、本を買いました。『リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大切なこと』(林田正光著 あさ出版 2004)と『魅せる技術』(西松眞子著 インデックス・コミュニケーションズ 2004)、そして『DVD版 どこでも1歩ウォーキング・ダイエット』(デューク更家 講談社2003)です。2冊はビジネス書です。でも、私には大切な2冊です。
■夜、NHK−ETVの「芸術劇場」でマルタ・アルゲリッチのモーツァルトを聴きました。ピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466です。この曲は私を虜にしたモーツァルトとの出会いの曲です。もう30年も前のことです。ピアノはアンネローゼ・シュミットでした。ベートーヴェンのカデンツァも30年前のままです。懐かしいけどとても新鮮です。モーツァルトはいつも新しい。
■明日からの1週間は忙しい毎日です。木・金と京都に出張です。天気はよくないみたい。だったら雪だとうれしい!

美しいいろいろな意味(05/02/17)
■昨日、水曜日の朝、降りしきる雨の中、出張でR23を鳥羽に向かって車を走らせていました。宮川にかかる橋で左車線から追い抜きをしたとき、右を走る淡いクリーム色の軽自動車の助手席のチャイルドシートの子どもに私の目は一瞬釘付けになりました。2歳くらいの男の子かな…水滴の着いた2枚のガラス越しなのになぜかはっきり見えました。その子は対面タイプのチャイルドシートに収まって、黒い大きな目はガラス越しに灰色の空を見ていました。ガラスの水滴を見ていたのかも知れません。オー・ヘンリーが書くストーリーに登場するような子どもらしい子どもだと思いました。親の深い愛情を一身に受けている子どもで、ユーモアとウィットと、少しのペーソスが入り交じったストーリーの名脇役といえるかな…。この子は幸せなんだろうな、でも、どうして灰色の空をそんなに見つめているの?と考えてしまいました。そして、子どもたちを守る義務感が私の中にわき上がってくるのを感じました。それにしても絵になり過ぎていました。私はABBAを聴き続けて車を走らせました。出張先の鳥羽の小学校に着いたとき、潮の香りがする横殴りの雨が私の認知感覚をさらに覚醒させてくれました。
■2002年のNHKスペシャル「イギリス授業崩壊からの脱出〜シャロン校長の学校改革〜」をときどきビデオでみます。先週末の3連休も途中何度かテープを巻き戻しながら3回みました。教育は人だとあらためて強く思います。番組の映像からはリーダーの「詩と真実」を知ることができます。シャロン・ホローズ校長はNHKの取材のとき41歳、校長になって5年目とのことですから36歳で校長として公立カルバートン小学校に赴任したことになります。その5年の間に離婚してシングルマザーとなります。長女は病気が元で97%の視野と視力を失ったとのこと。でも、それがシャロン校長の価値観を変えることになりました。彼女の学校経営の成果はエリザベス女王から爵位を受けるほどの評価を得ます。学校は何を為し得るべきなのか、学校の先生は何を為し得るべきなのか、私は考えます。また、シャロン校長の改革を可能ならしめたイギリスの教育制度とトニー・ブレア首相の教育を重視する政策の意味の深さと重さにも思いを馳せています。三重県教育委員会のスタッフもシャロン・ホローズ校長に学ぶべくイギリスに赴きました。私は「ニューズ・レター」に続くフィード・バックを待ちながら自分でできることから始めているつもりです。
■『自閉症の教育が楽しくなる本』(柴田静寛編纂 無明舎出版 ISBN:4895443299)の佐々木正美さんの「序文・TEACCHから学んだこと−自閉症の人々との共存/バリアフリー」にこんな記述があるとのこと。「最初の訪問の時にショプラー教授が言っていた言葉が忘れられない。『私たちは自閉症の人々に、あなたがたの周囲の世界には、こんなに美しいいろいろな意味があるということを伝えたい』」。「美」は私たちの感性によって「美」と認知されることで「美」となり得るものだ。「美」を「美」として共感する営みこそ私たちの社会を価値あるものとしていくのだ
と思います。ヒューマニズムそのものだと思います。
■明日の天気は下り坂だとか。また雨かな? 窓ガラスをつたう雨を追って過ごした子どもの頃の記憶をきっと追ってしまう。

久しぶりのスタバ(05/2/12)
■スターバックスのタンブラーお目当てに鈴鹿のイオンSCベルシティに行って来ました。スタバではいつものカプチーノで幸せ(^_^) ベルシティでは、島村楽器でエレキギターの弦を、無印良品でチャコールのタートルネックのセーターを買いました。島村楽器ではDTMのコーナーが、無印良品では4穴のA4のファイルがなくなっていて残念でした(>_<)
■エレキギターの弦はFenderの3150Lにしました。パッケージの“give you a warm full-tone”という言葉で決めました。弦を交換した私のギターは20日に大滝昌之さんに使っていただきます。
■同じイオンSCでも鈴鹿のベルシティだと接客の質的なちがいを感じます。客である自分が大切にされていることを実感します。「人は自分が大切にされるところにもどってくる」という経営品質の原理を実感します。「北高南低」は南北に長い三重県にも当てはまってしまうのか!?
■先週の日曜日の「情熱大陸」(TBS)はファッションディレクター祐真朋樹さんの特集でした。カリスマスタイリストとよばれる彼自身の仕事のスタイルは魅力的でした。信じるのは自分の感性、自分が信じる美しいものを納得がいくまで追求する。仕事をしている彼の空間の息詰まるような緊張感はただただ凄い! 分野はちがっても私にパワーを分けてくれます。緊張感は他の誰でもない自分自身が作っていくものだ。
■祐真朋樹さんの道具をチェックしました。絵コンテを描くのはパイロットのHI-TEC-Cのクロ。PCはiBook、カメラはM型ライカ。パイロットのHI-TEC-Cは私もお気に入りで同じものを使っているとうれしくなります。私は0.4mmです。この頃この辺りでブルーブラックが手に入らないのが残念です(>_<) 祐真さん自身がM型ライカで撮った写真が掲載される『BRUTUS』(マガジンハウス) の発売(3月15日)が待ち遠しい!
『カメラ日和』(第一プログレス)創刊号で写真を撮っているSAEKOUさんのサイトの“Cafe”の「関西・ミナミ」に私もお気に入りの我楽茶堂の名前を見つけてうれしくなってしまいました。SAEKOUさんはフォトグラファーでこの3連休も忙しそうです。

身体を意識するとき(05/2/6)
■寒波が峠を越して雪の心配をしなくてもいい朝がきたときはほっとしました。木曜日のことでした。毎日は短かったけど長い1週間でした。緊張が続いてかなりバテています(>_<) 夏は台風と洪水、崖崩れ、冬は雪と凍結、そして、交通事故…今年度スクールバスはいろいろありました。でも、なんとか乗り切っているのはマンパワーがあるからこそと思っています。それぞれのポジションで最善を尽くそうと踏ん張るスタッフがいます。感謝しています。
■この土日はほっと一息。用事の合間に書店で本を探したりイオンSCの専門店フロアを誰よりもゆっくり歩いて見て回ったりして、家では気になる音楽を聴いたり気になる本を拾い読みしたりしていました。昨日はイオンSCのVILLAGE VANGURDという店に初めて行きました。ここの書籍に興味津々です。そのほとんどがいわゆるビジュアル系で写真やイラストが満載です。面白い。こんな本の制作にかかわりたいと、ふと、思いました。
■別の書店でデューク更家のウォーキングの本が目に止まりました。彼のウォーキングの考え方は腑に落ちるものがあります。私も歩くとき自分の身体を意識しています。「モオツァルトは歩き方の達人であった。」と書いたのは小林秀雄でした。視線を落としたモーツァルトのデッサン風の肖像画は鼻が印象的で、彼は鼻に引っ張られて歩いていたのだと私は思いました。誰でも歩くときは鼻が先頭で風を切るのだが彼の場合その歩きがすでに音楽であったのではないだろうか。彼の音楽は彼の歩きそのものだ。どこへ行くかは身体が教えてくれる。歩き方も身体が教えてくれる。彼の音楽が天衣無縫といわれる所以だと思います。
■今、子どもたちの育ちの諸課題に対して確かな応えとなっていると考えられる教育実践は子どもたちの育ちに果たす身体の役割をとても大切なものとして位置づけています。佐藤学さん(東京大学大学院教育学研究科・教育学部教授)はそのことを学校教育の空間で展開しようと現場でメッセージを伝え続けています。冬休みに勤務先の養護学校で行った音楽療法の勉強会のキーワードは「身体で聴く音楽」としました。音楽や体育だけでなく他のパラダイムでももっともっと身体を意識することが子どもたちの育ちにとって最高のサポートにつながるものと私は考えています。
■そんなことを考えていたらパフォーマーたちと会いたくなってビデオを探しました。「DAIDOUGEI(大道芸) WORLDCUP IN SHIZUOKA 1992」(NHK)と「モントリオール コメディ大会」(NHK「ショータイム」)です。どちらも10年も前のものですがその楽しさはいつも新鮮です。欧米のパフォーマーは身体のキレが気持ちいい。
■そのビデオに続いて録画したあったのはステファン・グラッペリのライブ(NHK「ショータイム」)でした。そのときすでに70歳とか。エレキギターとベースとのトリオ、そして、ラリー・コリエルを招いてのクァルテットは至福の空間です。大学の頃ステファン・グラッペリが好きなクラスメイトがいました。いつも何かを探し求めているような眼差しの彼女は彼のことを「グラッペリおじさん」とよんでいました。あとになって彼女の「詩と真実」がわかったように思ったのはそれから何年も後のことでした。
■ステファン・グラッペリのライブに続いてジョージ・シアリングのライブもありました。彼のひとつひとつの音と音たちのつながりに自分の「詩と真実」を見つける人は少なくないでしょう。
■Excelの説明書を探していてデータベースだけのものを見つけました。『速効!図解 Excel 2003 データベース編』(木村幸子著 毎日コミュニケーションズ 2004)です。ハードコピーのデジタル化はPDFファイル化することにしました。変換ソフトはフリーのPrimoPDFをインストールして快調です。

「人間存在の根源をなすもの」とは?(05/1/31)
■日曜日に川崎医療福祉大学特任教授佐々木正美さんの講演会に行ってきました。キリン福祉財団助成事業スペース版プレイセンター リソースプログラムで、主催はNPO法人体験ひろば☆こどもスペース四日市です。テーマは「子どもへのまなざし〜地域で子育てするために〜」です。講演は「地域で子育てするため」のノウハウではありません。子どもの育ちの本質を教えてくれるものでした。
■「人間の自立とは相互依存すること」「人間は誰もが存在する意味と価値をもっている。でも、その価値と意味は人間関係の中にしか見出せない。それは人間関係の中にしか実感し得ない。(サリバン)」「基本的信頼(Basic Trust)とは他人を信じることができること、自分を信じることができること」「基本的信頼(Basic Trust)を子どもの中にきちんと育てなくてはならない。」「基本的信頼の獲得には乳児期から幼児期にかけて信じることができることができる人と出会うこと」「育児支援は育児代行ではなく、自分自身もよその子を育てることを支援するということ」「子どもが望む他者とは親が信頼している人」…そして、エリクソンのライフサイクルモデルなど共感と納得の2時間でした。鯨岡峻さん(くじらおかたかし・京都大学大学院人間環境学研究科教授)の関係発達論の両義性と共通する考え方と受け取っています。
■「スーパーテレビ情報最前線・自閉症の我が子へU奇跡の子育て奮闘記」をみました。この番組は自閉症などの発達障害があるお子さんと家族の毎日、そして、自閉症の理解のための考え方を相当ストレートに伝えています。自閉症のお子さん本人の感じ方でのナレーションもいくつかありました。学校のパラダイムへの問いかけもありました。私は価値ある番組と評価しています。
■「…広汎性発達障害(=自閉症)は、発生機序も未だに解明されていませんが、人間存在の根源をなすものについての示唆を与えてくれる興味深い障害です。」(石川 2000)という言葉の重さをあらためて思う。

冬枯れの木たち(05/1/29)
■このところ一太郎と“格闘”しています。ある程度ソフトが使えないと仕事の効率が上がりません。そして、ソフトは使い分けるもの。でも、ビジネスにひとつというとExcelと雑誌で読んだことがあります。ラベル印刷などExcelだけではできないこともありますが、データの蓄積と分析はどう転んでもWordではできそうにありません。Excel使いにならないとこの先仕事で新たな価値ある結果を出せないようにも思っています。
■来週は大雪かも知れないと、朝から残り少ないウィンドウ・ウォッシャー液を買いに行きました。1:1の希釈で−2℃まで凍らないとか。ちょっと濃いめにして補充しました。ウィンドウの内側が汚れていると曇りやすいのでしっかり拭いてすっきり。室内も拭いてなんと気持ちいい!
■朝、枯れた畑の草を焼いているところを見ました。その横には冬枯れの高い木立が並んでいます。このところ木をゆっくり眺めるゆとりもありませんでした。山梨県大泉村の八ヶ岳倶楽部でスタッフと話していて、「ここに来るのはいつも冬で花も葉もないとき」と残念そうに言うと、「私は冬の雑木林の方が好きですよ」と返ってきました。冬に葉が落ちる木はなぜか惹かれます。冬枯れの木を思うとチャイコフスキーの「悲愴」を聴きたくなります。

「…カルテに書かないこと」(05/1/27)
「障害児医療から カルテに書かないこと」という学研のサイトをよく読みます。最新号の「実践を磨くということ」(吉野邦夫・よしのくにお・国立秩父学園園長・小児神経科医)とバックナンバー最新号の「ああ、『マニュアル』 」(鈴木周平・すずき しゅうへい・大阪医科大学小児科学教室・小児科医)の文脈はこの頃私がよく思うことなので意を得たりです。自閉症スペクトラム障害など発達障害のお子さんの特徴を理解して適切な対応をとることができることは障害児教育に携わる者の必須の条件です。でも、支援やケアの単なる「マニュアル化」はヒューマニズムの放棄だと思う。人権の無視だ。人生はもっともっと複雑なもの。これは障害のあるなしに関係のないこと! 「マニュアル化」で済むならいろんな課題はみんな解決しているはず。「答え」がないから惹きつけられることってたくさんある。子育ても教育もそう! 「久里浜だより」の国立特殊教育総合研究所での研修もそうだった。今も「答え」を探し続けています。「答え」を見つけたかな…と思うとすでに次の「答え」を探してしまう。終わりのない旅だ。それでいい。その営みこそ人が人たる所以ではないのか! 「…カルテに書かないこと」もEBM(Evidences Based Medecine=確証に基づく医療)のパラダイムに収まり得ない人間の「詩と真実」だと思う。この「詩と真実」を見つめ続けることが学校の先生の「詩と真実」ではないのか!
■来週は大雪かも知れないとのこと。スクールバス係の憂鬱は続く(-_-)

「First PC」(05/1/24)
■「First PC」(アスク 1997)というコンピュータ・ソフトを勤務先の養護学校の授業でよく使います。Windows95のソフトなので起動に工夫が必要ですがWindowsXPでも動きます。このソフトのいいところはリアルタイムのフィードバックが子どもたちに親しみやすいCGとSEで表現されていることに加えて、リアクションにバリエーションがあって意外性があることです。自閉症スペクトラム障害の子どもたちにとってその意外性は外界の変化の不規則性(ノイズ)を最小限の刺激で知らしめてくれるところです。タッチパネルのモニタを使うことで学習のさらなる構造化が可能です。そして、そこに“先生”が“ちょっかい”を出すことで三項関係が成立します。フィードバックがあります。自分の行為が外界への意味あるアクションとなって、それはコミュニケーション手段の獲得につながります。このソフトの“文脈”を分析するとこんな表現になりますが私自身夢中になってしまうくらいおもしろいソフトです。そのおもしろさに瞬時にはまる子どもたちの感性はほんとにすごい! 『発達障害の豊かな世界』(杉山登志郎 日本評論社 2000 ISBN:4535561559)の文脈だと思う。
■携帯FOMA F2102Vのアラーム音がいつの間にか設定とちがっていたのでおかしいと思っていたのですが、果たして、すべての音のテンポが10倍くらい遅くなっていた。着メロなんて間延びしまくってなんの曲だかさっぱりわからない。「5匹のこぶたとチャールストン」が辛うじてわかるくらい。どうして? そんな日が1週間くらい続いて、昨日、なぜかわからないまま直りました。でも、電源が急に落ちてからだから、たぶん、どこかにリセットがかかったのだと思います。FOMAがわからない。完成度を高めるにはまだまだかかるのじゃないかな?
■MISIAのベストアルバム「MISIA Love & Ballads」(BMG BVCS-21037)にはまっています。歌もすごいがバックもすごい! アレンジがいい! 演奏がすごい! 聴き惚れてしまう。だから睡眠時間が短くなってしまう。

料理が好きだ!(05/1/23)
■出張でBMWとルノーに同乗する機会がありました。どちらも左ハンドル、そしてマニュアル・ミッションでした。エンジンは1800ccと1600ccでジャスト・パワーです。コントラーブルで車を操るおもしろさを感じました。これはただごとではない! 私の車歴はマニュアル・ミッションでスタートしました。20年も前のマツダ・ファミリアです。ハンドリングはクイック、100km/hを超えてからの路面に吸い付くようなあの感覚は忘れられません。マツダのアクセラ1500ccMTはその文脈に応えてくれそうに思います。マニュアル・ミッションを少なからず残しているマツダと富士重工はエライ!
■「これをしないと人生後悔する!」と思ってしたことがいくつかあります。バイクに乗ること、トライアスロンをすること、音楽療法をすること、この3つです。でも、まだしていないことがいくつかあります。そのひとつはサーフィンです。ロングボードに乗りたい。「久里浜だより」を読み返していて湘南の海を思い出しました。あの頃、人はどうして海を見るのだろう…そんなことも思いました。
■仕事が忙しくなるほどキッチンにいる時間がとても大切なものに思われてなりません。今が旬の小松菜の葉っぱの深い緑とごわごわした手触りが私をリフレッシュしてくれます。揚げ物のタイミングはイマジネーションをかき立ててくれます。料理は同じものを作ってもいつもちがう。新しい発見がある。音楽療法のセッションと同じです。そして、料理は人と人をつなぐものだと思っています。食べることは生きることに欠かせないものだけど手料理は+αの価値があります。料理に心を砕くことの意味の大きさを思うこの頃です。料理店も私の夢のひとつ!

「久里浜だより」を読み返して(05/1/21)
■2000年度国立特殊教育総合研修所短期研修知的障害教育コースの短期研修員として派遣された当時のリアルタイムのプライベート・メールマガジン「久里浜だより」をアップすることにしました。
■久里浜だよりの最終号は研修全体について書こうと考えていましたが言葉になりませんでした。メールマガジンを送りつけられた勤務校のみなさんへのお詫びもせずに久里浜だよりは終わってしまいました。そのことをずっと引きずってきました。でも、それがいつしか私のパワーの源になっていることに気づきました。
■この冬休みの勤務先の養護学校での勉強会で使うスライドを作っていて、私の大きなターニングポイントはこの国立特殊教育総合研究所での研修だったとあらためて思いました。第一線の研究者と実践者と出会えたこと、その情熱と真摯さに私はひれ伏す思いの毎日でした。研究することの大切さを肌で感じました。そして、比喩的ですが、私はそこで言葉を学びました。言葉が大切なのだと思い知りました。2か月の講義録は3穴のルーズリーフ数百ページにもなりました。私の宝物です。現任校に赴任して7年が過ぎようとしています。異動があるかも知れません。この7年の間に教えていただいたことを自分の言葉で多くのみなさまにお伝えするときがきているものと思っています。
■最終日の翌日、千葉淑徳大学発達臨床研究センターの音楽療法のセッションを見学させていだたくことになっていましたが台風でセッションは中止となってしまいました。これがとても残念でした。一昨年のセミナーでも台風が来ました。私が淑徳大学に行こうとすると台風もついてくる…今年度も天災に翻弄されっぱなしのスクールバス係でした。いや、まだあるかも! ♪雪が降る あなたは来ない…

3穴のルーズリーフ(05/1/17)
■昨年買った鍵盤ハーモニカ、スズキ メロディオン PRO−37 V2を初めて吹きました。とにかく緻密な音でレスポンスがいい。息漏れが少ないので息が吐ききれずに苦しくなる。でも音は大きい。猫のハッピーが開いていた押入の奥に避難してしまった。ハッピーはサックスの音も苦手だ。ゴーシェが弾くチェロに驚くねずみみたいでおかししい。この写真は携帯(FOMA・F2102V)で撮りました。人格をもった猫みたいでちょっと不思議な写り方です。大胆な冒険の旅に出そうだ!
■5年前の国立特殊教育総合研究所の短期研修で毎日使った3穴のレターサイズのリフィルのストックを昨夜探し物をしていて見つけました。今はA4サイズが一般的でレターサイズはマイナーですが、3穴のルーズリーフはどこかおおらかで私は好きです。インスピレーションが今ひとつなこの頃、また3穴のリフィルに思うままを書き留めてみようと思っています。

記録より記憶(05/1/16)
■1月の日曜日のポコ・ア・ポコは16家族のみなさんに来ていただきました。大勢でしたが集中力が高くて、でも、お母さんとのやりとりもすごくうれしそうです。私もひとりひとりのお子さんが見えていて、声かけや動作でのアプローチもいつも以上にできたものと思っています。これもお母さん方のポコ・ア・ポコへのご理解のおかげと感謝しています。
■写真の焼き増しでカメラのキタムラに行って久しぶりに店内を見て回りました。いつの間にか店内の半分以上がデジカメで埋まっていてびっくり! 中古のカメラとレンズをチェック。EF28mmF1.8がある! 冷蔵庫のKODAK E100VSの6本組が安かったりして…。時間がないから撮れない写真もあるけど行動を変えないでも撮れる日常の写真を撮らないと何も生まれないなと思う。そうそう、『カメラ日和』(第一プログレス)でこんな言葉を見つけました。「記録より記憶」 私たちは写真を記憶で見ている。私たちは写真に限らず記憶でものを見ている。記憶の色はフィルムで決まるのではないかと思う。今更ながらフィルムメーカーのエンジニアたちの“こだわり”に親近感を覚えます。家に帰って2台のEOS630を久しぶりに手にしました。なんと、2台ともバッテリー切れでした。

パッチ・アダムス(05/1/15)
■時間を見つけては録りためたビデオテープの整理をしています。押入の最上段はビデオテープでいっぱいです。映像でしか残し得ないものがあります。それにしてもうさぎ小屋にVHSのカセットは大きな負担です。いつかはDVDにコピーすることになるのかも…
■その中にNHKの「福祉ネットワーク」の「パッチ・アダムス」のテープを見つけて、今日は映画のビデオをレンタルしてきました。NHKの番組はパッチ・アダムスが昨年来日して神戸で行ったワークショップ「愛の戦略」を特集したものです。
■映画「パッチ・アダムス」は雪景色の山間の道をバスが走るシーンから始まります。音楽はピアノソロから始まってストリングスがかぶさり、オーボエが主旋律を受け継ぎます。シンプルで静かで、それは続くドラマの大きさと、その確かなヒューマニズムの力強さの伏線です。
■パッチ・アダムスは言う。患者こそ医者なのだと。そこには関係性の両義性がある。私の琴線が共振する。大切なのは人生の質なのだとも…原語ではQOLかな? 教育も同じだ。ほんとは教育こそリードするべきことなのだが…
■この映画でいちばん重要なアクターは子どもたちだと思う。子どもこそ宝なのだとあらためて思う。
『カメラ日和』(第一プログレス)創刊号を買いました。インターネットでも話題になっているようです。どのページにもたまらないなつかしさがあります。デジタルの真面目さもいいけどそれは使いよう。カメラに使われては本末転倒だ。『カメラ日和』の取材写真は全てフィルムカメラによるもの。フィルムもクリエイターだ。
■この冬はマフラーを首に巻いています。暖かい!

パイロットのブルーブラック(05/1/9)
■名古屋の大須にAAC(Augmentative and Alternative Communication:拡大・代替コミュニケーション)に使うパーツを探しに行きました。驚いたことにいくつかのショップにLEDの点滅キットがたくさんありました。昨年、発達障害の子どもたちのAACにと相談したアメ横のショップでは私が思い描いていた通りのLEDの“教材”が作ってあってびっくりです。感動してしまいました。私もがんばって作らなくては! でも、探していた汎用のフレキシブルスイッチはありませんでした。
■丸善でパイロットのブルーブラックのボトルインクを買いました。このインクはモンブランのブルーブラックと並んで二重丸の耐水性があるとのこと。ウォーターマンのサウスシーブルーで書いた字が汗で濡れて跡形もなく流れて消えてしまって困ったことがあったのでインクの耐水性は一番の課題でした。でも、顔料インクの証券用のブラックは使いたくない。やっぱりブルーがいい。ブルー系で耐水性があるのはモンブランのブルーブラックとパイロットのブルーブラックとのこと。気難しいモンブランは御免してもらってパイロットのブルーブラックにしました。箱には“水性”とあります。ほんとに大丈夫なのかと帰って試したら、なんと、水に濡れても全然流れない! パイロットのブルーブラックが私の定番となりそうです。
■このところ車でヴァネッサ・メイの「バッハ・ストリート・プレリュード」(J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番) ばかり聴いています。犬の鳴き声も入っていておもしろい。今夜はサラ・ブライトマンのソプラノとナイジェル・ケネディのヴァイオリンのビデオを観ています。そうそう、昨年、大須で見つけたESPのLTD(エレキギター)はまだ半額のままありました。いつか買えるだろうか…

アメリカ文学(05/1/7)
■水曜木曜と勤務先の養護学校の勉強会で音楽療法と自閉症の支援について話をする機会がありました。終わってほっと一息、古本屋に寄ってしばし本と過ごしました。『私は「うつ依存症」の女〜プロザック・コンプレックス〜』(エリザベス・ワーツェル 湯沢千陽訳 講談社 2001)と『アルジャーノン、チャーリィ、そして私』(ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 早川書房 2000)を買いました。英語圏の翻訳文学によく感じる文体のテンポが心地いいダニエル・キイスです。その文体へと続く文脈の深さと長さを思わずにはいられません。こんなハードカヴァーをショルダーにほりこんでマフラーを巻いて街を歩きたいと思うのです。
■私は英語圏の文学が好きです。1989年、平成元年3月発行の『小説新潮臨時増刊 アメリカ青春小説特集』(新潮社)は3回の引っ越しとたぶん30回の大掃除にも生き延びて、今夜も本棚から出してパラパラとページをめくりました。この本にはアメリカの作家たちの仕事場の映像もたくさんあってその空間に惹かれます。広くて明るくて窓から見える木立も摩天楼も私の目を惹きつける。
■今日は映画「小説家を見つけたら」をレンタルしました。ショーン・コネリーもいいけどブロンクスで生きる人たちの“個”の存在感がたまらない。そして、言葉の存在感がすごい。“腹芸”ではなく“文芸”の世界だ。今今を生きる言葉たちがそこにあるように思う。自分を探し求めている人たちの言葉が詰まっている。ショーン・コネリーは言う。「君は迷いを書きつけていた “人生をどう生きるか”」 その君がバスケットの名選手であること、身体をしっかり使っているところもいい。
■昨日の勉強会で自閉症の支援について話をするためにスライドを作っていてあらためて思ったのは、TEACCHやペアレント・トレーニングのパラダイムがやはり私にはしっくりくるということです。アメリカらしいプログラティズム、現実的でわかりやすい、そして、本人の意思を大切にするサポートの考え方とシステムです。“You can !”と後押ししてくれるポジティブなところがいい。言葉たちが生き生きとしている。ダニエル・キイスを読んで感じたことでもあるが、アメリカの社会における言葉の存在は日本のそれとはちがうように思う。言葉に確かな存在感を感じる。そこが私を惹きつけるところなのでしょう。

“斬新”な小説を読みたい(05/1/5)
■新年のポコ・ア・ポコが始まりました。今日は13家族16人のお子さんに来ていただきました。療育センターの就学前のお子さんも来ていただいてなごやかなひとときとなりました。ポコ・ア・ポコは「少しずつ」の意味の音楽用語です。少しずつが積み重なって“成長”となる時、それはそれはうれしいものです。今日はお子さんたちの成長を実感する場面がいくつもありました。ポコ・ア・ポコはお子さんたちの成長にさほど力になれなかったかも知れません。でも、ポコ・ア・ポコの場でお子さんの成長を親御さんといっしょに喜ぶことができることはほんとにうれしい。続けてよかったと思います。これからも続けます。
■大晦日の雪でこの冬は雪が多いかも知れないと正月休みにタイヤをスタッドレスに換えました。クロスレンチの手作業で1時間かかりました。左前輪のホイールのナットがひとつ、手で簡単に回るくらいゆるんでいてぞっとしました。スタッドレスを履くのは2年ぶりでタイヤはペチャンコ寸前…ガソリンスタンドでチャージするときのゲージはなんと1.2! メーカー指定より0.1高くチャージして高速走行も快適そのものです。雪が降るとめんどうだけど銀世界は好きです。
■夜、夏目漱石のドラマがありました。夏目漱石は学生時代に何度も読み返しました。ドラマに登場した芥川龍之介は全集を揃えました。仕事の本しか読まなくなったこの頃、“小説”を読みたいと思う。“斬新”な小説を読みたい。それは“古典”かも知れないけどね(^_^);;;

「ターミナル」(05/1/2)
■時間ができたので夕方から109シネマズに行ってトム・ハンクスの「ターミナル」を観てきました。チケットを買ってから上演まで1時間余りありました。その間に黒のハイネックのセーターを2枚とピアノの雑誌『PIANO STYLE』を買ってサンドイッチを食べて待ちました。明和のイオンは天井が高くて私のお気に入りの空間です。音が上に抜けるからなのか、耳が疲れません。
■「ターミナル」を観てまた文化のちがいに思いを馳せました。舞台はJFK空港です。繁栄を象徴する華やかな空港を舞台にそこに働く人々の人生を背景にしたストーリーの展開はよくあるもの。でも、「ターミナル」にあるのはたくさんの長い文脈たちでした。人物像がはっきりしていてひとりひとりが自分のヒストリーを語ることができる。そんな設定だといってしまえばそれまでだが、そういう設定でこの映画が作られることになる文化はアメリカらしいと思うのだ。
■音楽はアコースティックサウンドで、クラリネットとストリングスが奏でて静かに静かに流れます。映画音楽によくあるドラマティックなものではありません。誰の音楽だろうと思って字幕を見ていたらジョン・ウィリアムスでした。こんな音楽も作るんだ! シアターの音響もすごくよくて、でも、音源がよくないとこの感じはない。音そのものが文化なのだ。こんな音にしたいという思いや哲学を包む文化の中に浸りたい。そして、「ターミナル」ではジャズがアメリカ、ニューヨークのシンボルという設定だ。
■「オペラ座の怪人」が映画になるとのこと。109シネマズのエントランスにその映像とアンドリュー・ロイド・ウェッバーの音楽が流れていました。これは観たい!
■109シネマズを出て1階を歩いていたらKUMIKYOKUからカーペンターズが聴こえてきました。そして、どこからかポール・ウィンターのソプラノ・サックスが聴こえました。どの店だろうと見上げたら高い天井の白い格子が夜空を四角に区切っていました。
■今夜は映画「ハンニバル」があって観てしまうだろうな…