大掃除の文脈(06/12/30)
新年のポコ・ア・ポコのご案内がようやく発送となりました。葉書1枚なのにいつも文面に全力を注がないとできません。言葉は私にとってデザインです。言葉にならないパラダイムに言葉でアプローチしているつもりです。それだけに時間がかかります。

先日、2階のクローゼットをのぞいてはっとしました。これは今日着たスーツなのにどうしてここにあるんだろう…もしかして同じスーツを買ったのだろうか? 居ても立ってもいられなくなって1階からその日に着たスーツを2階に持って上がりました。電気をつけてよく見るとほんの少しちがう。メーカーは同じですが品番はちがいました。それにしてもいつ買ったのだろう。スーツは仕事の帰りに半ば衝動的に買うことが多い。ただ、確かなことは、黒系よりも濃紺のスーツを買うことが多くなったことです。リクルートスーツでさえ黒系が多くなってきている中、あまのじゃくの私には濃紺の引力が魅力です。

先週、暗くなってからMPVのタイヤをスタッドレスに交換しました。十字レンチでの手作業なので1時間かかりますが、1本1本自分で締めていくので身体が納得します。今年はニュータイヤなのでフレッシュなゴムのにおいがします。これが意外に嫌なにおいではありません。走ってみるとアクセルのオン・オフで不安定になりました。空気圧を確かめると左前が0.2kg足りない。2.4kg指定のところを2.6kg+αにそろえると直進もカーブも安定して走りました。挙動がおかしい車はまずタイヤの空気圧を疑うこと! アテンザのタイヤ交換は大晦日になりそうで、今回は真紅のスペーサーを入れてみます。オリジナルのオフセット+3mmでベストバランスだと思うのですが安全性に不安もあります。

この年末の大掃除はいつになく拭き掃除に力を入れました。水拭きです。新建材に水拭きは禁物ですが、年に1回はいいだろうと、硬くしぼった雑巾でなんでも拭いてしまいます。「丹精の薔薇を切る園丁の瞳」(村松英子「欲しい」)の私です。感覚統合の文脈なら、「雑巾で力を入れて拭くことで固有覚が刺激されてボデイイメージの形成につながり、拭く物の素材のちがいからくる感じ方のちがいが外界の認知のキャパシティを広げる。そして、拭くことの前後の視覚情報も相俟って達成感を獲得する。」そんなところです。少なくとも満足感はありました。

Believe(06/12/24)
前任校で担任させていただいたお子さんが13歳で亡くなりました。告別式での現担任の言葉「・・・作ってくれたつながりを大切にしていくことを約束する」このことの意味の深さと重さを、私たち障害児教育に携わる者は社会に向けて情報発信していかなければならない。子どもの死は何よりも悲しい。もう何回目なのだろう・・・

iTunes STOREでNHK「生き物地球紀行」サウンドトラック「Believe」を試聴して冒頭のソロに惹き込まれました。子どもの声です。オリジナルは今まで知りませんでした。知っていたらシンセサイザーの打ち込みもちがうものになっていました。その歌声はトレーニングした声ですが、持って生まれた声質は変わりません。聴くと幸せになる声、風のような声、すっと心に入る声、私の好きな声がまたひとつ増えました。

僕のコダクロー(06/12/17)
この12日、「うちの食卓」というブログに「ドライいちじくのパウンドケーキ」のことがアップされました。いちじく、と聞くといつも思い出す人がいます。前任校の同僚のお母さんですが、昨日、そのかつての同僚と思いがけなく話をする機会がありました。時間は短かったものの、お互いのそれからと今、先のことなど、確かめ合うように話をすることができて、自分自身の在り様を見出すようなひとときでした。

映画「レナードの朝」を久しぶりに観ました。この映画の原作と出会ったのは6年前、神奈川県三浦半島の書店で、それこそ私は貪るように読みました。今回、久しぶりに観て、映像や台詞がさまざまな示唆に富んでいることにあたらめて気づきました。行き着く思索と議論は人生についてです。ひとりひとりの人生は自ら紡ぐもの、物語、ナラティブは自ら綴るものであり、社会の制度が成せることと成し得ないこと、他者が人と人との関係において成せることについて、皆、知恵を合わせるときが来ているのではないのだろうか。

KodakのサイトでエクタクロームE100VSとコダクロームが生産終了となることを知ってカメラ店に寄りました。E100VSは3本組が1パック、コダクロームは3本組が4パックありました。今、どちらで撮るべきか!? それはコダクロームです。パッケージに「重厚な色彩」とキャッチコピーがあります。あの深いコダクロームの色は古色蒼然としてますが来春には手に入らなくなります。唯一の外式のリバーサルで、たとえ買い溜めても現像できなくなるでしょう。サイモンとガーファンクルの歌に「僕のコダクローム」があります。私も今更ながらの“僕のコダクローム”です。

消え行く銀塩フィルム(06/12/15)
障害学に関連して調べものをしていて立命館大学臨床人間科学オープンリサーチセンターのサイトをヒットしました。学術フロテンィア推進事業プロジェクト研究シリーズのリストは気になるものばかりで、早速何件かダウンロードしました。「臨床の知とケアの理論のために」(中村正)、「心理学からみた質的研究」(サトウタツヤ)、「ナラティブ・ベイスト・メディスン〜医学と人間科学のコラボレーション〜」(斎藤清二)等々、拾い読みするだけで私が求める言葉がそこここにたくさんあります。ここでも身体(からだ)が重要なキーワードのひとつとなっていました。「対峙する『こころ』と『からだ』〜性同一性障害の当事者に聴く〜」(上川あや、山路明人、聴き手:中村正)を読んでいて、心と身体の関係のアンバランスが人に与える影響の構造のようなものが、ふとわかったように思いました。自分の身体が自分のものでないような感じ、それは、自閉症スペクトラム障がいの様相のひとつであろうことは定説になってきています。思索は深まるばかりです。

NHK-TV番組「世紀を刻んだ歌〜明日に架ける橋〜」でこの曲を聴いて、サイモンとガーファンクルが聴きたくなってベストアルバムをレンタルしてきました。CDの録音は当時のもので、これはこれで好きですが、私はセントラルパークでのコンサートがいちばん好きです。リズムの刻みや音作りが整っていてすっきりしているのに二人の歌は吟遊詩人の刹那と悠久のイメージを彷彿とさせるものがあります。スティーブ・ガットのドラムもすごい。

ところで、この番組の案内役は緒川たまきさんで、OLYMPUS OM-2で写真を撮っています。レンズは単焦点の50mmF1.2かも知れない大口径です。イギリスのローズガーデンを案内するNHKの10年くらい前の番組ではOLYMPUS PENを使っていました。カメラの腕もなかなかです。同時代なのに時の流れの向こう側にいるような彼女は不思議な魅力があります。脳科学者の茂木健一郎氏も彼のブログに似た印象のエピソードを書いています。

PENTAX FA35mmF2が届きました。FAレンズ最軽量のわりに大きくてちょっと意外ですがMZ-30とのバランスは絶妙です。フィルムはどれにしようかと、これはあれこれ思案することが楽しみです。FA35mmF2はKodakのエクタクロームE100VSで撮ってみたいと思って調べると、なんと、すでに製造が終わっていました。コダクロームも在庫限りとのこと。FUJIFILMもラインナップが少なくなっています。予想外の速さでフィルムがなくなってきていて驚くばかりです。しかし、いちばん驚いたのは、FUJIFILMが化粧品を発売したこ
とです。写真や映像で蓄積した技術の応用なのだろうか?

FA35mmF2(06/12/11)
今日は朝から地元の行政機関をいくつか回りました。メールでの迅速な連絡やていねいな説明など見習うべき対応で、「伊勢湾水質汚濁防止法に基づく総量規制」等への対応の手続きも早く終わりました。そうそう、県庁舎のエレベーターでは各階の案内から教育事務所の名前がなくなっていてさみしく思いました。

PENTAX FZ-30のレンズをあれこれ考えていたところ、ネットではFA43mmF1.9LimitedよりFA35mmF2の方が評価が高そうで、35mmという画角も使い勝手がいいのですが、このFA35mmF2が急速に品薄になってきていることがわかって急いで注文しました。ネットのショップも軒並み売り切れで、やっと見つけて注文したら最後の1本だったらしく、翌日には「メーカー在庫切れ入荷未定」という表示になっていました。この期にこの1本は幸運です。“隠れスターレンズ”といわれる描写が楽しみです。今週、届く予定です。昨日は黒のキルティングの布を買って来ました。キルティングの袋に入れたFZ-30をバッグに放り込んで街歩きです。そんな時間は年末年始の休暇までありそうにありませんが…(>_<)

新年の1月から3月は土日のスケジュールがどんどん埋まってしまい、加えて会場の都合もあって、1月の日曜日のポコ・ア・ポコは7日日曜日になってしまいました。でも、よく考えると、冬休みのウインター・セッションは新年の4日からしていました。来月はミュージック・ケア総合研修三重会場も始まって充実の年明けです。何か見つかるかも知れません。

ポコ・ア・ポコの空間(06/12/10)
12月の日曜日のポコ・ア・ポコは9家族のみなさんに来ていただきました。1年のまとめ、ということではないと思いますが、いつにもまして胸のすくような終わり方で、みんなで“静”を感じることができました。また、シャボン玉の「野ばらに寄す」と「典子は今」、カップの「ガボット」、そして、ボールの「詩人と私」は、曲の長さと動作がちょうど合って、これも胸のすくような終わり方に寄与していました。その構造感をしっかり感受する子どもたちは素敵だ。ポコ・ア・ポコの空間は、子どもたち、きょうだい、お母さん、お父さん、スタッフの間の絶え間ない“やりとり”の調和で成り立っています。私が前もって準備できることはその何割もありません。その場その時に適切に反応する自分になれるようにと、それが次のポコ・ア・ポコへの私への宿題です。

週末は映画のレイトショーに行って「トゥモロー・ワールド」を観ました。映画のテーマはさておき、私がずっと気になっていたことが2つあります。スクリーン全体が絶えず揺れていることに始まって間もなく気づきました。カメラは手持ちなのだろうか。パンもぎこちない。ところが不快な感じはありません。コンピュータ処理で意図的に1/fのゆらぎを加えているのかも知れません。何にしてもこれは意図的な制作スタイルと考えられます。あと、主人公がコートを着ているシーンが多いのも印象的でした。

家でCDなどを聴くオーディオシステムがずっと故障したままだったのですが、やっと、MDも使えるシステムに新調しました。ほどほどのスピーカーですが、ヘッドホンではなく、部屋の空間に音楽を静かに流して過ごす夜はいいものです。1月に1回のポコ・ア・ポコで聴く「またね」とちがう文脈の音がします。聴きたい音楽によってオーディオシステムを選ぶこともありだと思います。

夜、NHK-TVでワーキング・プアの特集を観て愕然としました。日本はすでに文化国家ではないのかも知れません。

BOSEの音に耳を傾ける(06/12/3)
朝から四日市に行く用があって車で家を出たものの、行き先は近鉄四日市駅から近いところなので伊勢中川駅から近鉄電車に乗って行く事にしました。電車は急行でも速い! 45分で四日市駅に着いて、時間があったのでスターバックスで一息入れました。マグカップのカプチーノをテーブルに置くと心地いい乾いたエレキギターの音が聴こえてきて、天井を見上げるとBOSEのスピーカーがありました。アメリカの音、なのでしょう。

都ホテル前の公園ではフリーマーケットが店を並べていました。カメラを並べた店でPENTAX MZ30の未使用を見つけて一思案。MZ30はPENTAXのフィルムカメラの忘れ形見のようなモデルです。それほどマニアックでもなく、それほどエントリーでもなく、ほどほどに作品作りができる機能があってコンパクト軽量、MZシリーズのしっかりした基本性能を受け継ぐモデルなら持っていていい1台です。メーカー希望小売り価格の85%引きで買いとなりました。フィルムバックのデートは「06 12 03」と今日の日付を示していました。次はレンズか…FA43mm F1.9 Limitedしかないではないか!

家に帰って、劇で使うドアを作りました。一気に作りましたが、仕上げの把っ手を付ける頃は真っ暗でした。完成したドアはベニア板1枚の大きさで、枠は2×4の木材で頑丈にしました。しばらく眠っていた電動工具は文字通り目覚めたようでした。刃と木のキーンという摩擦音やモーターの振動は私の職人気質を目覚めさせました。物作りはおもしろい。

週末にビリー・ジョエルが来日したニュースで今の彼を見てその老けぶりに驚きました。年相応なのですが、歌が若くて声とは不相応です。彼のCDを探して家を出しました。久しぶりに彼のアルバムを聴きました。アテンザのBOSEで聴くビリー・ジョエルはアナログ録音のあのやわらかい音がしました。

京都(06/11/25)
2年ぶりの京都は紅葉が見頃で、京都大学桂キャンパスの紅葉したプラタナスの葉が晩秋の日差しに琥珀色に輝いて印象深いものでした。

コミュニティースクール・フォーラム2006はたくさんの示唆に富んでいました。コミュニティースクールは制度面がクローズアップされがちで、そのベースとなる理念は必ずしも議論の前線に登場するものではありませんでした。今回はその核心になるバックボーンと触れる機会でした。慶応義塾大学の金子郁容教授のコミュニティ・ソーシャルキャピタル論は私の思考の隙間を埋めてくれる明晰な考え方でした。テーマコミュニティはmixiなどのSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)人気の文脈を説明する考え方であり、そのマンパワーが地域コミュニティにスライドしないジレンマに私のもやもやはさらに募りました。何が人の心を動かすのか!?

その後の京都での滞在時間は書店で本漁りです。『現代思想』11月号(青土社)の特集はリハビリテーションで、哲学のパラダイムから考察されたリハビリテーションにまつわる考え方は私の思考をいつになく活性化させてくれます。「患者から見たリハビリテーション医学の理念」「ニューロリハビリテーション」「認知運動療法の基礎概念」「脳の中のバイオリン・認知を生きる物語」「行為とメタファー」「『ミニカー並べ』の現象学・自閉症児にとって『私』とは何か」等々、読まずにいられない項目が目次に並んでいました。帰りの電車で学究の徒となってずっと読んでいました。

古本で買ったのは福永武彦の「風のかたみ」(新潮文庫 1979)です。初版は1967年(昭和43年)ですが、私は文庫版の発売でこの本を知りました。大学3年のときでした。大学を卒業して25年目に訪れた京都でまたこの本に出会うことの縁に思うこと多々ありです。

京都に持って行ったカメラとレンズはEOS D30とEF28〜135mm F3.5〜5.6 ISです。この組み合わせはパワーポイントのスライドを記録することにかけて申し分のないパフォーマンスを発揮します。今回もその役目をしっかり果たしてくれました。APS-Cでの28mmは画角に不満がありますが、今回はあえてこの1本です。ビジネスバッグにEOSを裸で放り込んで行きました。このスタイルそのものは快適でしたが、やはりカメラが重い。長時間持ち歩くには重い。EOS Kiss Digital Xに軽量レンズというコンビネーションを探っていきたいと思うのでした。

SWING Music Music ! (06/11/23)
この休みにジャズ喫茶SWINGに行きました。実に18年ぶりで、志摩市片田で今も営業を続けていてうれしくなりました。マスターと奥様とのしばしの思い出話に懐かしさがあふれてきました。アナログレコードに真空管アンプ、そしてJBLのスピーカーからあの音が聴こえてきました。ビル・エヴァンスをリクエストして思わずのけぞるくらいの大音量で堪能しました。“ジャズ・スピリット”を身体で実感するかのようでした。ひらすら音楽を聴いているのにあれこれ考えていたことに糸口が見えて来て、私にとって大きな一区切りとなった一日でした。

今週から東京JAZZ2006の放送が始まりました。上原ひろみ、ラリー・カールトンと、初日から目と耳が釘付けです。HDDに録り溜めた番組を観る時間がなくて1回の放送を観るのに3日くらいかかってしまいますが、そうそう簡単に観てしまうのがもったいないくらいです。東京JAZZ2006の音はクリアで明晰そのもの。私は今の音楽が好きだとあらためて思う。

明日は京都市立西総合養護学校のコミュニティースクール・フォーラム2006に出席します。教育は動産、社会の変化の先読みと現実的な対応を半歩先にタイムリーに行うセンスが要求されます。それは、子どもたちを守るため!

音の記憶(06/11/19)
11月のポコ・ア・ポコは4家族のみなさんに来ていただきました。子どもたちは6人、小さな輪で、とてもゆったりとしたひとときでした。夏休みのサマーセッションを思い出しました。子どもたちの真っ直ぐなアテンションがとてもよくわかって、私も子どもたちひとりひとりへのメッセージを送ることができたように思います。少人数なのに時間はいつもよりも延びました。これは意外! 時間はやっぱり延び縮みするのでしょう。

セッションのあと、スタッフの保育士の方と子どもの育ちの話をしました。たくさんの可能性を持つ小さな子どもたちを大人の尺度でしばりたくないと意気投合です。どの子もみんなみんな幸せになるための責任を大人たちは負っている。そのことの大きさを大人たちは明確に自覚しなければならない。

先週はフランソワーズ・アルディの「さよならを教えて」が頭の中でずっと鳴っていて、iTunes Storeでアルバム「告白」を買ってしまいました。どうして突然フランソワーズ・アルディかというと、京都に住んでいた頃よく行った喫茶店をネットで調べていたとき彼女の名前が目に入って「さよならを教えて」が鳴りだしたのです。フランス語はわからないし詩の訳もないけど、明るさも深刻さもほどほどで安心して聴いていられる音楽です。ウェブサイトで知ったところでは、彼女は詩の勉強をしていて歌を書き始めたとか。

京都の喫茶店フランソワはショパンの曲がよく流れていました。シンフォニーはベートーヴェンの交響曲がよく似合っていました。リチェルカーレは音楽史からモーツァルトまで。タンノイのオートグラフの音はただただ懐かしい。『二十歳の原点』のシアンクレールは普通の喫茶店でした。でも、ジャズが流れていたかな・・・思い出せません。よく行ったジャズ喫茶の名前も思い出せません。いちばんよく行ったのは大学の近くのコロラド・コーヒーのチェーン店で、今も営業していて同級生の消息を教えてくれます。百万遍の進々堂もお気に入りで、学生が本を読んでいたり、ノートに何か書き込んでいるシーンが好きでした。今でもスターバックスで本を読む人はすぐ目に入ってしまいます。

iTunesはVer.7になってアビアランスがMacOSXと相容れない無骨なデザインに変わってしまって少なからずがっかりしていましたが、それは私だけではなかったようで、MacOSXライクのデザインに変更するソフトがあることを『MacPeople』12月号(ASKII)で知りました。.ukだからイギリスのサイトです。Aqua4iTunes3.0で見事iTunesが復活! デザインはすごく大事だ!

先週、給食の検食のとき、窓から見える植え込みの紅葉がくっきりと光ってとてもきれいでした。週明けに一気に紅葉が進むのかも知れません。

身体が納得する走り(06/11/12)
昨日は朝から地元の中学校の文化祭に行きました。午前中いっぱい吹奏楽部の演奏と合唱祭で、久しぶりにコンクール曲以外の中学校の音楽をたくさん聴くことができました。2年生の学年合唱曲「手のひらをかざして」(山崎朋子作詞作曲)が印象に残っています。八分音符と四分音符が緩やかな旋律線を描いて整然と並ぶ譜面が目に見えるようです。心に決めることは小さいかも知れないけど揺れる心、行きつ戻りつの揺れる心が音楽の構造になっているような曲です。この点でディズニーの「A Whole New World」と共通する要素があります。「A Whole New World」はニューヨーク大学の音楽療法セクションに通う子どもたちからのリクエストが多い曲だと聞いたことがあります。気になる曲がまた増えました。そして、500人を超える中学生を前にして、今、リアルタイムで在る教育の課題を思わずにはいられないのでした。

夜は遅くからシネマコンプレックスに出かけて「父親たちの星条旗」を観ました。全編がちょっとくすんだ色調で音と音楽も控えめ。それが却って観る人の中でリアリティを生んで説得力につながっていると思いました。

この頃の私の仕事着は来客の対応や出張からスーツです。スーツのいちばんのメリットは、朝、上下の組み合わせに悩まなくていいことです。堅く見えるが実は雑かも知れないというスタイルです。それだけにシャツやネクタイをしっかり選んでしまいますが、そもそもスーツのためのアイテムをあまり持ってないのでパターンが限られてしまいます。あと2〜3着あってもいいかなと、シネマコンプレックスで映画が始まるまでの間に服売り場に行ったらちょうど改装中で、私のサイズのお気に入りのタイプはたった1着しかなくて唖然! 見たいときにはないもの。ところが、1ボタンのタキシード風の礼服を見つけてこれは即決調達となりました。

週末から急に寒くなって今日はファンヒーターを使いました。ガソリンスタンドに灯油を買いに行ったとき、このところ加速や車線変更のとき微妙に不安定になるアテンザのタイヤの空気圧をチェックしました。リア左が2kgを切っていたりして4本がバラバラな数値で愕然! これでは不安定になります。気温がぐっと下がるので2.5kgに揃えました。走ってみると爽快です。走る、曲がる、止まるという基本性能がアテンザのクオリティーで統一されました。この走りに身体が納得する。ロードレーサーの緊張感があります。アテンザに乗るとSaecoのレプリカ、キャノンデールのあの一体感が身体に蘇ります。

イカと小松菜とハーブソルトのパスタ(06/11/4)
木曜日まで修学旅行の引率で大阪に行っていました。学習の場が校外に移ることで他職種の人たちとの恊働の機会が広がります。それぞれの分野でプロフェッショナルとして仕事をしている人たちとの恊働はダイナミックで気持ちのいいものだとあらためて感じました。学習のねらいのベクトルに合わせて構造化された学習環境でそれぞれの課題と向き合う子どもたちは真剣で生き生きしています。教員はそのコーディネーターでもある。教育のニュースがトップになることの多い昨今ですが、今このときだからこそ教育の本質を真正面から取り上げて語り、真摯に対峙したいと強く思うのです。

昼食はここしばらくこだわりの「イカと小松菜とハーブソルトのパスタ」を作りました。まちがって買ってそのよさがわかった「1.8mm11分」のパスタと新銘柄のハウスのハーブソルトを使うのは2回目です。しめじも忘れずに調達、そして玉ねぎを使いました。イカは“するめいか”です。このパスタは使い慣れていないので茹で具合を細かくチェックしました。このどれがどう効を奏したのかわかりませんが、この組み合わせは“当たり”です。ここ数年、細めのパスタばかり使って来て、その難しさは私のこだわりが追って止まないものでしたが、ちょっと太めのパスタはスローフードのエッセンスを教えてくれたというところかも知れません。懐の深さを感じました。ただ、このパスタ、何かが足りない。

この週末にレンタルした映画は「地下鉄のザジ」です。題名は有名ですが観る機会がなくてやっと今頃、1961年の公開から45年、半世紀近くたってやっと観た次第です。今となっては当時のパリの下町を伝える貴重な映像という+αの価値もありますが、9歳の女の子ザジの生き生きした行動力と彼女の周りの人たちの滑稽かつ真剣な姿に目が惹き付けられます。ナンセンスも意味深長と考えてしまってしっかり観てしまいます。この点で「アメリ」と共通するところがあります。ハリウッドでは作り得ない映画かも知れません。「音」も全くちがう。いろんな映画があっていい。

Kiss Digital Xを買ったのにD30への愛着があって、D30をどう使っていこうかとばかり考えてしまいます。現像パラメータを全て「弱」に設定して記録、PCでレタッチして仕上げるという「王道」はD30の場合特に必要だと考えられます。そのこともあってEOS Kiss Digital Xに付属のソフトをMacにインストールしました。トーンカーブが使えるのが強みです。

赤い椅子(06/10/27)
職員室の私の椅子が壊れて注文していた新しい椅子が届きました。色は赤です。「これ、誰の?」「三重県でここだけとちがう!?」「青がいちばん落ち着くと思うけど・・・」といろいろ言われながらの“納品”でした。でも、グレーの事務机やロッカーに囲まれた“私の場所”にワンポイントができました。赤はパッションの色、一時たりとも安閑と落ち着いていられない私の毎日にマッチする色です。座ってしまえば見えない椅子の色ですが、赤い椅子に向かって進むとき、赤い椅子にズーミングするような錯覚があって、私の中に波風が立つようで一目で気に入ってしまいました。

週末の今夜はレンタルショップに寄って映画「オペラ座の怪人」をレンタルしました。どのシーンも密度が高くて圧倒されます。アンドリュー・ロイド・ウェッバー自身が担当した音楽は圧巻です。でも、彼の歌はサラ・ブライトマンで聴きたくなります。「オペラ座の怪人」のDVDを止めてiTunesでサラ・ブライトマンを聴きながらキーを叩いています。

いっしょにレンタルしたのはブーニンの「ショパン:ワルツ全集」と加古隆の「風のワルツ」のCDです。今なお新鮮なアーティキュレーションのブーニンのショパンは素敵だ。そして、加古隆の3拍子は聴く人の心を大きく揺さぶる。どちらもピアノ曲、そして3拍子でした。

この夏のアーカイブ(06/10/23)
大雨洪水警報の中、高速を帰ってきました。前も見えないくらいの大雨でしたがアテンザは何事もないかのように安定して走りました。ウェットの路面はドライよりもタイヤのノイズが少ないのかも知れません。X-JAPANがいつになくよく聴こえました。アテンザを追い越すクラウン・アスリートの円いテールランプが水煙の中に消えて行く様はきれいでずっと追っていきたいと思いました。松阪インター付近は雨が上がりかけていました。松阪の夜景はもっときれいでした。

ポコ・ア・ポコの準備が終わった会場で私が必ずはじめに聴く曲があります。「ひらけ! ポンキッキ」の「またね」です。セッションで使っているPAで聴くこの曲はストリングスの導入に続くアコースティク・ギターが私の気持ちをきりりと引き締めます。橘いずみの歯切れのいい歌声も気持ちがいい。私の身体が納得する歌です。ポコ・ア・ポコのスタンバイ完了です。ところで、「またね」は保育園の卒園の歌です。クオリティの高い曲、そして、アレンジ、演奏、録音です。

未消化のものがときどき私の頭を占領することがあります。この夏はあっという間に過ぎてしまいましたが、今になってアーカイブが紐解かれるようにこの夏の出来事のひとつひとつが私の頭の中を占めるようになっています。

今日は、8月はじめに勤務校で行った音楽療法の研修会の参加者アンケートの集約が届けられて考えさせられることがいくつかありました。どんな資料を用意したのかさえ忘れていました。アンケートに率直に回答していただいたみなさんに感謝しています。そして、そうして私の思索と音楽療法の実践をいっしょに検証していただける場があることに感謝しています。

この夏のアーカイブがすべて紐解かれるにはまだまだ時間がかかりそうです。

されどD30、されどKiss Digital X(06/10/22)
10月のポコ・ア・ポコは12家族のみなさんに来ていただきました。きれいに円く座っていただいて、それも落ち着いたセッションにプラスになっていたのだと思います。最後のシャボン玉を、誰も立たずに、じっと見つめていて、整った構造の空間でした。

EOS Kiss Digital X が届きました。・・・されどKissと観念してしまう完成度です。実用上、文句をつけるならその小ささしかありませんが使いやすい重さです。
私のDSLR(デジタル一眼レフ)は奇しくもキャノンの初代D30と最新モデルKiss Digital Xとなりました。D30は300万画素、Kiss Digital Xは1000万画素です。価格は四分の一です。D30は何だったのかと思うかも知れません。でも、D30の懐の深い画像は解像度を超えたクオリティがあって銀塩かと見紛うほどです。ボディはEOS 1シリーズを超える頑丈な造りで、使い方を間違わなければ今でも現役です。明るい単焦点レンズで渋く使っていきたいと思います。

映画「ターミナル」(06/10/15)
■今日は分刻みの日曜日でした。夜、一息ついて寄ったレンタルショップで「ターミナル」のDVDをレンタルしました。空港という非日常の空間にあってもいい、ほんとにあるのでは!?と思わせる映画です。空港の貨物セクションは、学生時代、トラックのターミナルでアルバイトしたときの感覚を思い出させてくれます。その頃、私はチェロを買うために時給の高い深夜のアルバイトをしていました。長距離トラックから京都ターミナルに下ろされる荷物の仕分けです。山積みの荷物と長距離トラック、体を張って仕事をする運転士たち、仕事の合間の読書、そのどれもが今の私に続く大切なメッセージを分けてくれました。「ターミナル」の主人公たちの毎日はその頃の私です。トランジッションの人たちです。
■iTunes Storeでアンドレア・ボチェッリ&夏川りみの「Somos Novios」を試聴して購入しました。ジャンルはなぜかラテンですが、それはそれとして、この曲の出来映えはすごくいい。このふたりのセッションは誰のプロデュースなのだろう。

空港と写真と(06/10/14)
■一雨ごとに朝夕は冷えていきます。家の前のハナミズキ並木は少し色づいて、逆光の朝日を浴びて浮き上がるように光る様はとてもきれです。でも、西方の堀坂山から吹き下ろす冷たい風がひとたび通り抜けると紅葉した葉は一晩で落ちてしまいます。今しばらくの初秋の輝きです。
■今日はセントレアに行ってきました。ユニバーサルデザインのリサーチです。写真を撮ったりメジャーで測ったりと、不審者と思われても仕方のない行動をしてきました。一通り見て回ったあとはスカイデッキで飛行機が離発着するのを見ていました。セントレアは小型機が多いのでジャンボジェットや中型機の存在感がとても大きな印象です。飛行機も新幹線もコンピュータも、私はテクノロジーの固まりが好きです。空港もその異空間が好きになりました。スターバックスのカプチーノで一息入れたら日暮れ間近で急いで車に戻りました。
Photo:Canon EOS D30+EF28〜135mm F3.5〜5.6 IS USM,Parameters:Standard,PhotoShop LE
セントレアの往復で車で聴いたのはX-Japanです。いつになく音がきれいに思いました。
■先週、NHK-TVの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で写真家上田義彦の特集を観ました。あれもこれも彼の作品だったのかと、気になっていた写真・映像の正体が判って賦に落ちるものがありました。やわらかな色調の彼の映像はスローフードのようですが、撮影の現場は息を呑むような張り詰めた空気に満ちています。彼の現場でも「体が動く」という言葉がありました。
茂木「シャッターを押す瞬間てのはどうやって決めてるんですか?」
上田「体が動きますね。反応してしまいます。」
テロップ「脳は1秒前から準備する」
体の反応は脳の反応です。自ら鍛えた脳こそ体を動かすのだと思います。そこに「自分を信じる」という世界がある。新しいページをめくるのはそれがあってから。自らを鍛えないと何も起こらない。

騎士たちの踊り(06/10/9)
■3連休で名古屋に行くことがありました。JRや地下鉄の駅の構内はSoftBankのロゴで溢れていました。SoftBankはvodafoneを買収して勝算はあるのかと思っていましたが健闘しているとのこと。その好調ぶりに音楽が貢献しているというのが私の考察です。プロコフィエフの「ロミオとジュリエット」から「騎士たちの踊り」です。テレビのCMで流れている印象的な音楽です。
■私がこの曲を知ったのは大学生の時です。当時の私はお金が続く限りカセットテープを買い込んで、ときには講義もさぼってFM放送のエアチェックをしました。その中にプロコフィエフの「ロミオとジュリエット」がありました。私はただならぬ胸騒ぎを覚えてテープを繰り返し聴きました。それから何年かして、地元の市民オーケストラでこの曲を弾く機会があって全曲のCDを買いました。小沢征爾&ボストン交響楽団の演奏です。「騎士たちの踊り」を知ったのはそのCDでした。ちょうど学校の体育で「表現」が取り入れられた頃で、私は「これは使える」と思いました。恐竜が歩くシーンに使いました。とても印象的な曲です。でも、あまり知られてなくて、今回、SoftBankがテレビCMで使うのが遅過ぎの観があります。「騎士たちの踊り」はSoftBankの社運をかけた投資を象徴しているかのようで、でも、勝算確実とビジョンの力強さをアピールしているように思います。この選曲とちょっとアップテンポの演奏をチョイスした感性に脱帽です。
■プロコフィエフの「ロミオとジュリエット」は、でも、その物語と相俟ってヒューマニズムに溢れた音楽です。今もiTuneで聴きながらキーを叩いています。演奏は小澤&ボストンです。熱くクールな演奏です。シャルル・デュトワ&パリ管だとすごくロマンティックです。この曲はどの演奏も聴き応えがあります。それだけ「懐の深い」音楽なのです。

C7というピアノ(06/10/7)
■この夏、ヤマハのグランドピアノC7を弾く機会がありました。「翼をください」の伴奏です。茨城県つくば市の独立行政法人教員研修センターで、研修最終日の前夜のお別れパーティーで弾きました。その前の日、練習をするためにピアノの蓋を開けるとC7でした。ずいぶん疲れたピアノでしたが、鍵盤のタッチと音は紛れもなくC7でした。地方にいてもC7はときどき出会うピアノで私はとても親近感があります。ここでC7を弾くのかと思うとほっとしました。
■かつて、ヤマハでは型番のCFがフルコンサートでC7はセミコンサートという位置づけでした。ピアノの資質は全く別物ですが、家庭で弾けるグランドピアノとしては最大クラスでそれなりのスケールの大きな演奏ができます。そして、私が弾けるピアノとしても最大です。フルコンサートを弾くにはテクニックはもちろんですが指の力が要ります。私にはテクニック以前のフルコンサートを弾くための力がありません。ここもC7に親近感を覚えるところです。
■これまでに出合ったC7でベストコンディションといえるピアノは1台しかありません。ピアノの先生宅だからそれもそうでしょう。他のC7は弾かれに弾かれて疲れ切っていました。教員研修センターのC7もそうでした。でも、C7の資質は失われてはいませんでした。軽くなった鍵盤をしっかり奥まで押さえるように弾くと眠っていた音がよみがえります。歌と何回も合わせていくうちにひとつひとつの音と音とが響き合うようになってきます。長い弦だからこそ持てる力もあり、弾き手のコントロールにも応えてくれます。C7の音は今となっては旧さを感じさせますが、私にとっては身近な音で弾きやすいピアノです。
■8月30日、お別れパーティーでC7はほんとによく奏でてくれました。

ポスト COFFEE TIME(06/10/4)
■サイト管理は今ひとつ決め手がなくてブログも使うことにしました。@niftyなど日本のサービスは“南の風”の名前がすでに使われているのでアメリカのブログの老舗、Bloggerです。ちょっとない色彩です。
■ブログは簡単という印象があったのですが、リンクもカウンターもタグをいじることになってとてもマニアック、私は満足です。ブログは“ポスト COFFEE TIME”、@niftyのサイトはファイルバンクとして整理していきます。
■Bloggerバーの“NEXT BLOG”をクリックすると英語や中国語など外国語ばかりです。言葉はわからなくてもデザインのちがいが文化のちがいを知らしめてくれます。それが私を異空間に誘ってくれます。おもしろいのはアップの時刻が日本時間ではないことです。世界のどこかの時刻です。

オランダの育児書(06/9/25)
■「オランダで32万部のベストセラー育児書!」『0歳児の心の秘密がわかる本』(H.ヴァン・デ・リート、F.ブローイュ著、川本英明訳、PHP研究所 2004)を買いました。0歳児の12か月の成長をこんな言葉でとらえた育児書は初めてです。
・約1カ月「感覚の世界」
・約2カ月「様式(タイプ)の世界」
・約3カ月「移り変わる世界」
・約4カ月半「出来事の世界」
・約6カ月「つながりのある世界」
・約8カ月「分類(カテゴリー)の世界」
・約10カ月「組み合わせの世界」
・約12カ月半「計画(プログラム)の世界」
ここには発達障害がある子どもの発達課題のステップがその言葉のまま並べられています。認知発達のステップです。だから私にはたいへんイメージしやすいものとなっています。こんな言葉で子どもの発達をとらえる文化圏だと発達障害の子どもへの理解も容易なのだろうかと考えてしまいます。
■先週の木曜日から金曜日まで、高等部の修学旅行で神戸と大阪に行っていました。交通機関や行く先々で一行のニーズに応える対応がなされ、ホテルやレストランでペースト食が当たり前のように用意されるようになってきています。もちろん職員による事前の十分なリサーチとオーダーはありますが、それに応えるべく旅行代理店がリソースリストを予め用意しているのも心強い。ユニバーサルデザインが企業価値を高める時が来ていることを実感する修学旅行でした。
■USJはやはり音と音楽が気になる空間でした。映画の世界を求めると音も付いてくる。ディズニーリゾートとはそこがちがうように思います。今、同時代、コンテンポラリーの音楽があるのもUSJです。アメリカのストリートミュージシャンも実に楽しい。アトラクションのパラダイムも五感に響くものがあるように思います。今回もまた「脳で楽しむUSJ」と思いました。
■ゲート付近で流れていた曲、聴き覚えのあるその曲はチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲第1楽章のテーマでした。思い出せなくて小1時間悶々としていました。
■いつの間にかデジタルSLR(一眼レフ)が出そろっていて近くの店で触ってきました。コンパクトSLRもキャノンのEOS Kiss Digital Xが一枚上の出来だと思いました。AFのスピード、シャッターの反応、ミラーショックの処理など、カメラとしての基本性能がしっかりしていて身体が納得する出来です。上位機種の30DはKissを更に洗練させたフィーリングで申し分ありませんでした。1Dシリーズに至ってはまるで人工知能を持ったロボットみたいで、それぞれにシャッターを切る文脈に隙がないという印象でした。

2か月ぶりのポコ・ア・ポコ(06/9/11)
■9月の日曜日のポコ・ア・ポコは16家族のみなさんに来ていただきました。久しぶりの子、初めての子もいて、2か月ぶりのセッションに私の五感は感度が上がりっぱなしでした。バチのプログラムの頃には一体感がはっきりしてきて、「静」をともに享受することができました。2か月のブランクを感じさせないあの空間がそこにはありました。夏の疲れからか、フラップバルーンの動きがずいぶんおとなしかったのがちょっとおかしかったです。それにしても2か月で子どもはこんなに大きくなるのかと驚きました。

夏の終わりに(06/9/5)
■松阪は日中は暑さが残るものの、自宅近くの田んぼはほとんど稲刈りが終わっていてすっかり秋の気配です。わずか2週間でしたが季節の移り変わりに驚いています。夏の終わりのcoffeetimeです。
■つくば市の宿舎の私の部屋は最上階の7階でした。いつしか朝夕は部屋のエアコンをつけなくても涼しくなって、網戸を通して虫の声が聞こえるようになっていました。三重に帰る前夜、荷物を段ボール箱に入れましたが、本や講義資料の分だけしっかり増えて、ギターアンプの中にも小物を詰めてやっとのことで入りました。1回もマラソンに使わなかったマラソンシューズのスペースがもったいない。マラソンをする時間はありませんでした。研修成果のアカンタビリティは理解できますがハードなプログラムでした。(画像は宿舎の屋上から望む筑波山です)
■今回の研修は法令も主な内容で、法の趣旨や精神、解釈について勉強をすることができました。リーガルマインドとコンプライアンスの概念についても考えさせられました。今、この時期にこのテーマの研修はタイムリーでした。
■独立行政法人教員研修センターのスタッフと講師の先生方に感謝しています。そして、ここで演習をともに進めた班のみなさんには格別の感謝の思いです。
■イギリスで学校改革を成し遂げた校長先生に、学校の校長に必要なものは何かと聞いたところ、「強い志、子どもを愛する気持ち、そして、ユーモア!」と返って来たというエピソードをふたりの方から聞きました。思わずうなずいてしまいました。シャロン・ホローズさんの言葉だと思います。今回の研修生のみなさんもユーモアのセンスが抜群でした。慌ただしく多忙な毎日、ときにはユーモアで気持ちに余裕をもちたいものです。
■研修プログラムで、先週木曜日には歌とピアノのコンサートがありました。歌はソプラノの家田紀子さん、ピアノは金井紀子さんでした。私にしてはめずらしく、日本歌曲の方が楽しむことができました。「ふるさと」は編曲が斬新でよかったです。テンションが入った和音や2コーラスを無伴奏で入るなど展開が楽しみでした。
■2回の土曜日は東京まで音楽療法の勉強に行きました。朝5時半起床、6時23分発の東京行高速バスにギターとアンプを持って乗り込むという、これもハードでした。でも、大滝昌之先生からマンツーマンでギターを教えていただくというまたとない機会でした。ギターの歌い回しというのか、ギターの構造から生まれる歌い回しというのか、ギターの常套句の構造が少しわかったように思いました。午後は2日間ともレインボーハウス明石でのセッションに参加させていただいて多くを学ぶことができました。私の研修期間と大滝先生の研修会とが同じ期間に重なって、これもタイムリーですがちょっと出来過ぎの感もあります。
■タイムリーといえば、東京駅八重洲口発筑波山行の高速バス、ニューつくばね号は今月いっぱいで廃線とのこと、今日、教員研修センターのホームページで知りました。ほとんど空車で走っていたからこうなるのも遠くないと思っていましたが、こんなに早いとは、けっこうさみしいものがあります。私が乗り降りしたバス停は大穂支所前といいます。ポコ・ア・ポコのご案内を投函した郵便局はバス停近くの大穂局で、ここ、大穂局の消印です。
■研修から帰った翌日は9月1日、2学期の始業式でした。子どもたちが登校して学校が学校らしくなりました。私には2週間ぶりの出勤で、とてもなつかしく、うれしく思いました。
■Macでもサイトの更新ができるようにソフトをインストールして行ったのですが、思いの外細かなレイアウトができなくて断念しました。「freeway4 express」はソースのテキスト編集もできないのだろうか? これは想定外! ピュア・テキストだとFTPさえあれば他に何もいらないからいちばんいいのですが・・・

長期ロード(06/8/15)
■明日から茨城県つくば市に2週間の研修に行きます。長期ロードですが、異なるパラダイムに浸ることは貴重な体験です。また、研修中の土曜日2日間は東京で大滝昌之さんの音楽療法の研修会もあって、これも貴重な研修です。このためにエレキギターを持参します。マラソンシューズとウエアも宅配便で送りました。脳が最高のパフォーマンスを発揮するには運動や“おいしい食べ物”も必要です(^_^)

千葉と東京で(06/8/14)
■千葉淑徳大学の発達臨床研修セミナーはいつも新鮮で、自分の中のもやもやが整理されるように思います。発達の仕組みは自分の言葉で仮説として把握しておくこと、これは発達や障害児教育に限ったことではなく、世の中の様々な分野でのワークの進め方においてもっとも大切な事だ。宇佐川浩先生(淑徳大学)の発達論は同時代の仮説、リアルタイムの仮説として私にはたいへん腑に落ちる。とりわけ共感したのは発達論の概念図の中心に「姿勢・身体」と置かれたことだ。また、三次関数の1軸を「時系列の文脈」とされたところも私の考え方と通じるところである。「身体で聴く音楽」「四次元を構造化する音楽」をキーワードとする私の音楽機能論と照らし合わせながら私もステップアップしていきたいと思います。
■研究方法では、筑波大学附属久里浜養護学校の質の高さが印象的でした。発達障害児への指導支援に公的機関が真正面から価値ある研究として取り組む姿勢は社会の熟成にとって大事なことです。
■東京には帰路の乗り継ぎを少し延ばして、表参道の変貌を自分の目で確かめたくて山手線を原宿で降りました。表参道を初めて訪れたのは学生の頃でした。同潤会青山アパートをやはり自分の目で見たくて行きました。実際に目の当たりにすると、和洋折衷の古色蒼然としたアパート群はインパクトがありました。十数年前にはクリスマス前に訪れました。1階部分はブティックなど店舗にも使われており、クリスマスデコレーションを施したショーケースはとてもおしゃれでした。その同潤会青山アパートが表参道ヒルズに生まれ変わり、ヴィトンやラルフ・ローレンなど名立たるファッションブランドが店舗を構える通りとなっていました。黄昏時にしばし立ち止まってはその空気感に浸りました。表参道ヒルズの向こう側には神宮小学校が沿うようにあって、ここの研究発表会に来たこともあります。神宮小学校の先生はジャージでは絶対通勤しないと思います。
■クレヨンハウスでセッションに使うシャボン玉の液を調達してKAWAIのショールームに行こうとしましたが見当たりません。もしかして店じまいと焦って行き来していたら工事中でした。「カワイ表参道9月23日(祝)グランドオープン」の小さな張り紙にほっとしました。そこは横須賀で研修中にピアノの試弾に何度も訪れた思い出多いショールームです。
■上の写真は、左から、ソニープラザのプロデュースのファッションコンビニ“ミニプラ”の袋、表参道ヒルズ、クレヨンハウス、蘇我港の夕日です。
■2日間iPodで私が聴き続けたのはSPEEDでした。MALTAのサックスと通じるのはテンションの高さだと思っています。テンション・・・この言葉の解題もしなくては!
■全国高等学校教頭会総会及び研究協議会の報告で講演の要旨を読んでたいへん共感するところがありました。お茶の水大学教授藤原正彦先生の「祖国とは国語」の要旨です。「『学問』とは、語彙の習得であり、思考を言語化することである。国語を学習する目的は次の3点である。①読書を通して国語力をつけることにより教養を身につける。②国語力をつけることで、論理的な思考ができる。③論理の出発点となる仮説を選択する力である情緒を養う。」彼は数学者です。だからなのだろうか、この透徹さは!
■ポコ・ア・ポコのご案内葉書をプリントしようとしたらブラックインクが出なくてグレー設定の文字が緑がかってしまうし、ブラックインクが出たらイエローインクが出なくなってポコ・ア・ポコのロゴが白抜きになってしまうしでちょっとうんざり(×_×)猛暑でプリンタも調子が出ないのかも知れません。

夏本番!(06/8/3)
■あっという間に7月も終わって8月です。夏休み早々の出張を終えての土日はちょっと一息つけることができました。思い立って海に行きました。リフレッシュと日焼けが目的です。わざわざ二見まで行ったので海に着いたのは2時過ぎでした。大雨が続くためか、海水は暗い緑色に濁り、水温は低めに感じました。ゴーグルを忘れてしまい、トライアスロンで感じる海との一体感、大海原に漂うあのなんともいえない感覚はありませんでしたが、リフレッシュには絶好の機会となりました。私の肌は記憶にないくらいの“白さ”で、砂浜に寝転がって日焼けを試みました。
■ふと見ると、欠けた巻貝の貝殻がありました。ここで私のあさましさが出て写真に撮ることにしました。20枚くらい撮った中からセレクトしたのがこれです。カメラはFujiFilm FinePix4800z、デフォルト設定で、PhotoShopLEで船などを消してトリミングをしました。構図に私のオリジナリティーはありません。でも、この1枚のために、暑い砂浜に右肩を押し付けてずっとシャッターチャンスを待った事で、作品は意図して作られるものであることを身体で思い知りました。夜、直射日光にさらされた左肩が熱を持っていました。ピントがないのはわかっています。海面が歪んでいるのもわかります。FinePix4800zと私のレタッチテクニックではこれが限界です。子どもの下の砂の黒いすじは消し忘れですが、デジタルだと画面の整理もいとも簡単にできます。それを潔いとしないならデジタルを使わないまで。だけど、“作品”制作はそれなりにしたい。とりあえずデジタルで、そして、たぶん、ずっとデジタルで、ということになります。EOS D30をもっと使ってあげないと!

■8月のポコ・ア・ポコは私のスケジュールが詰まって開催できなくなりました。8月は半分以上県外に出張です。明日明後日は千葉淑徳大学の発達臨床研究セミナーに行きます。私が淑徳大学に行くときはいつも台風が来ますが今回は台風の心配はなさそうです。今回のセミナーは土野研治さんの音楽療法やスヌーズレンを取り入れた自立活動など、今日的なホットなテーマが詰まっています。道中はiPodを持って音楽漬けです。

Mac.Mac.Mac(06/7/16)
■7月の日曜日のポコ・ア・ポコは13家族のみなさんに来ていただきました。地元の大きな祭りがある中、ポコ・ア・ポコに来ていただいて感謝しています。8月以降の予定は24日にアップの予定です。
■金曜日はヤマトホールデングスとCBCが主催するクロネコファミリーコンサートに行きました。勤務校の子どもたちを招待していただいたのでサポートです。駐車場と会場を1時間ほど行ったり来たりしたらシャツは絞れるくらい汗だくになって、あとで35度と聞いて納得です。
■オーケストラは金聖響指揮の名古屋フィルハーモニー交響楽団で、編み込まれた楽器の音の素材感が伝わる緻密な音楽を堪能しました。プログラムでは、新作のオリジナル絵本、原作:佐野洋子、作曲:三宅一徳・森本レオ・P.エヴァンス、編曲:三宅一徳の『100万回生きたねこ』がよかったです。原作のテーマである博愛が緻密な音構造となって会場を優しく、且つ、しっかりと包み込まれるように感じました。
■昨日土曜日の朝日新聞「be on Saturday」のトップは電気自動車「エリーカ」をつくりあげた慶応大学環境情報学部教授、清水浩さんでした。効率を上げるために8本の車輪にモーターを組み込むことや新しい技術を作り上げたこともすごいことだが、そのスタイルも革新的でいい。こうしたコンセプトをアカデミックのパラダイムが形にして世に問うことが素晴らしい。化石燃料から発電してもガソリン車の4分の1のエネルギー消費で済むことはまさに「破壊的な技術」だ。経済構造のみならず社会構造をも大きく変えることになります。あと、ユーモアを感じたのは「車の音を作曲」するというアイデアです。
---エンジン音がなく静かですが、人はエンジン音で車が近づいたことがわかる。事故につながらないか心配です。
清水「新しい車の音のために作曲をしようと思っているんです。「車が来たよ」と前の方向にだけ騒音にならないように知らせる、そういう音を作曲しようと思います。
なんとユニークな発想か! これこそME(Music Effect)ではないのか! と私は元気になって朝からアテンザを洗った次第です。
■アテンザはシャンプーでていねいに洗いました。シャンプーで洗うと虫の死骸などもきれいに取れてすっきりです。車内は掃除機ですっきり。午後から思い立って名古屋に行ったら夕立に降られてがっかりです。
■名古屋ではアップルストアで「freeway 4 express」とMighty Mouseを購入しました。Macを使い始めて1年近くになって、やっとMac用のホームページ作成ソフトを調達です。ピュアテキストを考えたこともありますが、さすがに勉強する時間がありません。それと、今のサイトのデザインが気に入っているので簡単に移行できるソフトがあれば一番との判断です。Intelプロセッサにも対応しているのでしばらくは使い続けることができます。Windows98と98SE、MEのサポートが打ち切られたこと、XPもあと2年半でサポートが打ち切られるとのニュースに私のWindows離れもまた一歩進むことになりました。
■アップルストアに並んだMacやiPodを見ていると、もちろん、アップルストアの空間も全てを見てのことですが、そこにいるとリフレッシュされるように思います。これも魂のための食べ物なのでしょう。

魂のための食べ物(07/7/9)
■少し肌寒い梅雨空の日はとても懐かしい空気に包まれます。この空気感は文学書の少し湿った紙のようです。そう書いたのは6月のこと。あっという間に7月も半ばにさしかかろうとしています。蒸し暑い日が続きます。
■私がいっしょに勉強をさせていただいている精神科病院の法人のデイケアで、ミュージック・ケアを取り入れたところ、とてもいい結果が出ていると聞きました。患者さん曰く、「頭がすっきりする」とのことです。ミュージック・ケアがある日は利用も多いとか。予想以上の結果に私もほっとしています。これはデイケアのスタッフの感性の賜物です。
■夏の研修会に向けて少しずつメモを書きためています。前半はミュージック・ケアの体験で、理論面は昨年度の復習をします。後半は音楽そのものについて考える内容としたいと思っています。文字通り、音楽の意味そのものを扱うことになります。これは哲学を語ることです。でも、音楽は演奏ぬきには語れない。実際の曲や演奏を聴き比べたり、映像と組み合わせて聴いたりという体験から、みなさんひとりひとりに音楽の力に何かしら新しい気づきがあればと構成を考えています。
■音の力、効果ということでは、元NHK効果部の織田晃之祐を語らずにはいられません。80年代、「NHK特集」が好きだった私は、ある時、効果音の存在に気づき、魅了されていきました。効果音を聴くだけで織田晃之祐の仕事だとわかるようになりました。レコードも買いました。このレコードはCDになって買い直しました。レコードになっているのはME(ミュージック・エフェクト)ですが、私が彼の音に惹かれたのはSE(サウンド・エフェクト)の頃の効果音で、その音がほしい。でも、CDになってしまうとSEの音情報だけではさすがに売り物にはならないのでしょう。効果音は音そのものの機能を使うことになります。音そのものの機能、これを考えるパラダイムは音響学だということを後になって知りました。織田晃之祐が講義する武蔵野美術大学の音響学の授業計画は興味津々です。「地球、光と音、人の想い。その波動世界について。地球は音の星。環境としての音。音と人間。その営為について。音の認識。音の記憶。音による表現とは。音、言葉、音楽表現力学とは。」そして、音の物理、録音の歴史、磁気テープによる録音の革命、光と音の定着、映画やドラマなどの音響論へと続く。ぜひ聴講したいものです。
■東北大学では音楽音響医学分野を設けて研究をしているとのことです。音楽療法を含む、音と人との関係が研究の対象です。このような広いパラダイムを一分野として研究する環境は人間を主人公とする発想から生まれたものにちがいありません。
■また、このところヒューマニズムという言葉が私の頭の中をぐるぐる回っています。ひとつ、大切な言葉を挙げるとしたら私はヒューマニズムを選ぶにちがいありません。桜林仁著『心をひらく音楽・療法的音楽教育論』(音楽之友社 1990)に「音楽ヒューマニズム」という言葉が出てきます。きっと、著者の造語だと思います。音楽、音楽療法を何よりもまずヒューマニズムの視座でとらえることの意味の重さをよく思います。
■先週、NHKの「プロフェッショナル」でピニンファリーナのデザイン部門を統括する奥山清行が特集されました。マセラッティのクアトロポルテも彼の「作品」だということを今回知りました。あれもこれもと並べると、ここ数年の注目度の高いカーデザインはすべて彼の「作品」ではないのかとさえ思える量産ぶりです。彼のマネジメントに学ぶべきところはたくさんありますが、彼の本当の強みは現場をよく知り、自分自身が線を描き続けていることにあると思います。現場、臨床の場を持つことは仕事の質を上げることに欠かせないと考えます。そして、自分もデザイナーも「崖っぷちに追い込んで創造性に火をつける」仕事のやり方は私が自分に対して課すことと同じだ。
■この番組の中でホストの脳科学者、茂木健一郎と、奥山清行のこんなやりとりがあります。
テロップ:「デザインに魂を込める」
住吉:「デザインというのは、言ってしまうと、世の中で、水とか食べ物とか、そういうものに比べて、なくてもいいものかも知れないものなのですけど、それに、そこまで自分の人生をかけるって、どうしてなんですか?」
奥山:「あの、必要なものだけ持って生きてちゃ、動物じゃないですか。やっぱり、人間て、必要じゃないものが人生の中にたくさんあって、それを自分たちで作り出して生きてくのが人間で、なくてもいいデザインだからこそ真剣に作らなかったら、そういうメッセージを、それを使ってくれる人や買ってくれる人に通じないと思うんですよ。だから僕らは、いらないものだからこそやっぱり僕らは真剣に作んなきゃいけない。いい加減なもの作ったら絶対買ってくれない、絶対使ってくれないですから。」
茂木:「人間の脳って、食べ物とか水とか、生きるために必要なものと、いいデザインのものとか、いい音楽を聴いたりするときに、喜びを感じる部位って、全く同じなんですよ。だから、人間の脳からすると、水とか食べものと同じくらい必要なんですよ、実はいいでデザインって、全く同じところが喜んでるんですよ。ほんとにだから、魂のための食べ物かな。いいデザインてのはね。」
奥山:「それはいいこと聴いたな」
そうか、そういうことなんだと、いろんなことが腑に落ちました。お金がない十代がどうしてあんなにも音楽のためにお金を使うのか、その理由がわかったように思います。それでは、どうして音楽なの?ということは私なりに答があって研修会に向けてまとめています。
■音楽と自分との接点として、今、DTMがいちばんいいかも知れないと、その環境をあれこれ考えています。慣れ親しんだYAMAHAのXGもいいけど、今のPC環境からすると、PCハードとソフトを新たに調達する必要があって投資が負担です。このMac PoewrBook G4だとプロユースのLogic Proの最新バージョンが使えることがわかって気もそぞろです。オーケストレーションのシミュレーションができるかどうか、ハード音源との相性が気がかりです。
■少し前から自動巻の機械式腕時計を使っています。日本製SEIKO5の逆輸入モデルで、曜日の表示が英語とアラビア語という、オイルマネーと化した円を取り戻そうと目論んだ時計です。文字盤は白、アクセントは秒針の赤ですがオーソドックスなデザインです。秒針が時報とピタリと合ってないと落ち着かない私が機械時計を使うのは25年ぶりです。学生の頃は手巻きの秒針なしを使っていました。秒針があると誤差が気になるので敢えて秒針なしの時計でした。クォーツが普及するとその正確さが私を虜にしました。だから1秒でもちがうと落ち着かない。今回、電波時計も考えていたのですが、デザインが気に入って購入したこの時計です。少々の誤差は許そうと思っていました。果たして、少々のちがいだったかというと、なんと、1日に数秒も進む。こんな時計、使い続けることができるのかと思いました。でも、電波時計ではなくこの時計を選んだ時点で私のパラダイムは変わっていたのでしょう。前のように時報と合っているかどうかということを気にしなくなりました。1~2週間に一度、時報に近くなるように長針を秒針の動きに合わせるだけです。では、どうやって正確な時刻を知るのか…これは旧国鉄マンだった父から教えてもらった方法を使っています。今日、自分の時計は時報と何秒ちがっているか、それをチェックするのです。旧国鉄の運転士はそうやって列車を走らせていたとか。なるほど!と思いました。誤差を読むのです。これは私の性分に合っています。

Y.M.O.(06/6/18)
■今日は前任校の地域支援でミュージック・ケアの実践をしました。赤ちゃんから大人まで、にぎやかな集まりで、私も説明だけでなくおしゃべりも入れて、終わってみれば1時間45分が過ぎていました。会全体としてはちょうどよかったようですが、私はセッション最長記録を30分も更新してしまいました。そこに集う子どもも大人も、何か、確かなものの上にいるように思いました。話が飛躍しますが、今は地方の時代、地域の時代です。行政区分がどうなっても地域社会の主体性の在り方ひとつで地域の人たちの幸せが大きく左右されます。小さな町の“親の会”の健闘と町の支援を祈らずにはいられないのです。
■会場に行く前、前任校近くの交差点で、養護学校の先生の和太鼓グループの車と出会いました。やはり、地域支援で和太鼓を叩きに行くとか。そのグループの名前は「ペコ」です。私の「ポコちゃん」に対抗して「ペコちゃん」とのネーミングです。異動で勤務先がばらばらになっても一声で集うメンバーの心意気に心から拍手を贈りたい。
■先週末は深夜2時に帰宅。さすがにすぐに眠ってしまいましたが、翌?土曜日の朝は早く起きても眠気も疲れも感じない。これはあぶないかな…と思いつつも、けっこうしっかりしていたので実家の畑の草刈りで汗を流しました。草刈機の刃を換えてまだいくらも使っていないので仕事が早い。草刈りが終わると妙に空腹感が…そうか! 朝、食べずに家を出て来たのでした。この草刈機を使う度に買ったときのことを思い出します。数字ではわずかな排気量の差がどの程度のものか、おじさん然とした店員さんにたずねたところ、「車で言うと、これがカローラならこれはクラウン、それくらいちがう」とのこと。なんとわかりやすい説明! 腑に落ちる説明にお礼を言って、私が買ったのはカローラでもクラウンでもない、コロナでした。(コロナはもうないけど、そのおじさんならきっとコロナと言うにちがいありません)でも、やはりパワーはもっとほしい。クラウンでもアスリートくらいのパワーと足回りがほしい。草刈りも極めるにはパワーがいる。
■昨日の午後はレンタル店に寄ってCDを5枚レンタルしてきました。このところ音楽熱が再発して脈略のはっきりしないセレクトです。Y.M.O.「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」、坂本龍一「星になった少年」、映画「アメリ」サウンドトラック、松田聖子「Seiko Smile」、モーツァルト「2台と四手のためのピアノ作品集」(Pf:アルゲリッチ&ラビノヴィチ)です。こんなセレクトをするときは頭が疲れているときですが、不思議に澄みわたる感覚もあります。ずっと前のことが鮮明に頭をよぎる。
■大学生の頃、姉からピンク・レディーを知っているかと疑われたくらいクラシックばかり聴いていました。Y.M.O.は興味の範囲外でした。ところが、ある日、Y.M.O.のコンサートの会場警備のアルバイトに来ないかと友人に誘われて京都会館に行きました。大型トラック満載の膨大な機材を休みなく運び込み、つながれたコードが床に黒い渦を作って行きました。私はどういうわけか楽屋口の番をすることになりました。「入ろうとするヤツが来るから絶対に入れるな」とのこと。確かに、来る来る。来る人来る人みな変わっている。髪をピンクに染めて紺色の人民服を着た高校生と思しき男の顔は今も思い出すことができます。今ならなんとも思わないのですが、その頃の私はさながら油屋に迷い込んだ千尋でした。人は見かけで判断してはならないといいますが、そのときは私の価値観を試されているような気がしました。そのうち、楽屋の方から関係者らしき人が来て、たばこを買って来てほしいと話しかけられました。彼は外国人で顔もはっきり思い出すことができます。「ここから離れてはいけないと言われている」と言っても「だいじょうぶ、ボク、みてる」と言う。仕方なく走って、名曲喫茶「シンフォニー」近くの自動販売機でたばこを買って来ました。このときはこれで済みました。またしばらくすると、関係者らしき人が奥から来て、「ボクの姉が来るから入れてあげてね、○○というの」と言いました。「はい」と返事すると彼は奥に行きかけたものの数メートルのところで突然振り返って私のところに急いで来てこう言いました。「ボク、高橋です」「はい、高橋さんですね」「・・・」このやりとりは今思うと穴でもあったら入りたいくらいです。コンサートが始まってしばらくすると私を“油屋”に誘った友人が来て、「せっかくだからお前も中に入れ」と楽屋口番を代わってくれました。気が進まなかったのですが、客席の“警備”に入ると、そこは私の音楽観を書き換えてしまう音楽の渦中でした。すごかった。体中の血が逆流するような音楽に溢れていました。今思えば、私の身体が納得する音楽でした。こんな音楽もあるんだと思いました。Y.M.O.は文字通り、私の音楽観を書き換えてしまいました。今聴くと、古色蒼然の感があります。四半世紀前の音楽です。それも仕方ないでしょう。でも、Y.M.O.は私の中で揺るぎないポジションを占めています。
■今日の夜は団地の自治会の会合もあって慌ただしいながらも実り多い2日でした。私自身のキャリアについても考えることがありました。私はやはり音楽が好きです。音楽抜きのキャリアはあり得ないのではないかと・・・

6月のポコ・ア・ポコ(06/6/12)
■昨日、6月の日曜日のポコ・ア・ポコでした。朝からの雨も始まる少し前に上がってほっとしました。ポコ・ア・ポコの日はきっと晴れる! 今日は12家族のみなさんに来ていただきました。天気がしめりがちなのでちょっと元気よく進めました。途中で眠くなりそうな小さなお子さんもよくついてきてくれて、終わりの大きなシャボン玉をみんなで見つめることができました。そうそう、シャボン玉といえば、今日、始まる前にシャボン玉の液をこぼしてしまって新しい補充ボトルを開けました。封を切ったばかりの液だとシャボン玉の大きさや数のコントロールが思い通りです。シャボン玉の液はこまめに新しいものに交換していかないといいセッションはできないと思い知りました。

笑顔いっぱいコンサート(06/6/4)
■朝から団地の一斉清掃、そして、管理組合の事務処理と、昼過ぎまで慌しく過ぎました。家に帰るとさすがに疲れていましたが午睡もなかなかできないテンションが続いていました。
■昨日、勤務校の開校10周年記念行事でミニコンサートをしました。「にじのむこうに」「こうえんにいきましょう」「てをたたこ」「はらぺこあおむしのうた」「シアワセ」「こどもがいっぱいわらってる」「ともだちになるために」そして、アンコールは「アイアイ」です。子どもたち、卒業生、保護者、きょうだい、家族のみなさんの笑顔が会場いっぱいに広がりました。
■養護学校の先生のその場の居方(いかた)に私はあらためて心を打たれました。自分だけが楽しむのではない。子どもを乗せるためでもない。その場、空間の意味を子どもたちといっしょに、ともに、受け止め共有する。子どもの主観をはっきりさせるメッセージを送り、肯定する。そして、自分と子どもの主体が入れ替わるような心理的な交感(交歓)、つまり、間主観性の関係をいともあっさりと築いてしまうのです。子どもも安心して笑顔になれます。空間が幸せを感じる豊かなものとなります。先生がいちばん輝くのは子どもといっしょにいるときです。
■今回、歌のおねえさんと準備をする中、調性の設定でいくつか気づかされるところがありました。「ここをこの音で歌いたい」というところから全体の調性を設定したのは「こどもがいっぱいわらってる」でした。オリジナルのホ長調は変ホ長調となりました。「はらぺこあおむしのうた」は嬰ハ長調です。何調でも歌う、歌える歌手はそれだけ技術もあってオールマイティです。でも、この歌をこんなに歌いたいという思い入れがある歌は、音楽的にどうのこうのという以上に聴く人にアピールするものがあるように思います。そのことで歌のおねえさんのメッセージがより多く、深く伝わったのではないでしょうか。ピアノでいうところの黒鍵が主音の調は、やや硬質ながら芯がはっきりした華やかさがあります。それだけ聴く人を惹き付けます。25分という限られた時間のコンサートの構成としてひとつのスタンダードになるスタイルだったと思います。私にとっては音楽の力を再認識する機会でした。自分のスタイルをもった人との共演?競演?は勉強になります。
■先週、通勤ドライブでずっと聴き続けたのはMALTAの「サマーベスト」でした。MALTAのサックスのテンションは私のそれと共鳴します。このテンションはまだまだ続きます。

無題(06/5/27)
■ふと思い出して本棚を探るときがあります。昨夜は『翻訳の世界1982年2月号』(日本翻訳家養成センター 1982)でした。特集は「童話 ことばのレッスン 分かりやすさだけでいいのか」です。この特集にある佐野美津男の「ことばがきえる」は初めて読んだときから強いメッセージ性を感じるものでした。この文章のどこが私をしてただならぬ胸騒ぎを覚えしめるのか。どんなときにそうなるのか。
■童話という言葉を童謡に置き換えると、やはり同じことが言えるのではないか。佐野美津男のテーマの横にはこの一文がある。「『いつまでもねんね』と思う親、いつしか自立していく子ども…共生的児童文学を断固として退け、子の成長を促せ。児童文学の真の成熟を!」 私も大人の逃避の対象となるような捏造された子どもの世界は受けつけられない。文学でも音楽でも同じだ。佐野美津男が引用するメルロ=ポンティの講義要録『言葉と自然』(滝浦静雄・木田元訳 みすず書房)では、「対人関係と知性と言語とは、直線状の系列や因果関係に配置されうるものではなく、ある人が生きている渦巻く流れに属しているのである。言語行為とは話上手な母親のことである、とミシュレが言っていた。ところで、言語行為は幼児を、あらゆる物に命名し存在を言葉にするこの母親とのいっそう深い関係に導きもするが、それはまたこの関係をいっそう一般的な秩序へと移調もするのである、つまり、母親こそが幼児に、まずは母親の直接性から遠ざかって行く回路-この回路を通って、幼児は必ずしもその直接性をふたたびみいだすとも限らないのだが-を開いてやるのである」とある。言語行為という単語にはフランス語の読みの「バロール」がルビとしてついている。これを音楽行為と置き換えた時、やはり私は共感する文脈を見いだすのだ。童謡なる音楽も幼児をいっそう一般的な秩序へと移調させる役割を本来担っているはずである。音楽と出会うことで子どもが自分を大切に思い、母親や友だちとの間で音楽を共有することで他者との関係性の築き方を覚える、つまり、一般的な秩序へと移調させていくのである。ただ、そうなればいいのであるが、一歩間違えると、母親なるものとの共生から自立できなくなる。音楽はその力の大きさゆえに音楽を扱う仕事に就く者の責任もまた大きいことを肝に銘じておくことが必須だ。
■若尾裕はカワイの『あんさんぶる』連載の「音楽は生きている」(No.423 2002年3月号「ナポリの音楽療法ヨーロッパ学術大会その2」にこう書いている。「Aという人とBという人との間に音楽が成り立つということは、この二人の間に共有の音楽文化があるということだ。ではAという音楽療法士と、Bという、例えば5才の自閉症児の間ではどうだろうか?やはり、AとBの間には共有の音楽文化が成り立つことを音楽療法の前提にしている。だが、こういった音楽文化については心理学や医学で論じることはまったくできないのである。科学の方法論では、なぜ音楽は存在するのかといった哲学的な問題は扱えないのだ。そこに関わることができるのは、哲学、美学、音楽学などの文系の学問なのである。」教育もそうなのだが、今は数値で評価を求められることが多い。アカンタビリティ(説明責任)を果たすプロセスの中でそうした量的評価も必要となる部分もあるが、音楽療法、教育とも、量的評価傾倒からの揺り戻しが始まっているように私は思えてならない。この流れは歓迎するものの、果たして、「哲学、美学、音楽学などの文系の学問」で語ることができる土台が音楽療法や教育の現場にあるのかどうか、危惧するところだ。いくら価値ある実践を積み重ねていても、そのよさ、価値を伝える言葉をもたないとそのよさも価値も伝わらないことが少なくないし、また、致命的なこともある。
■こうしたことをあれこれ考え、腑に落ちる言葉を探して綴っているのは、発達障害の子どもたちの成長とQOLの保障について考えることがこのところ多いからです。
■上田義彦写真集「at home」(リトルモア 2006)が届きました。B4版と小柄ですが、厚さはなんと3.3cmもあります。柔らかなトーンのモノクロはライカと銀塩フィルムの成せるところで、写し込まれた人の存在のリアリティとでもいうのでしょうか、日常の営みの意味の重みが伝わってきます。この写真集は一押しです。折しもSONYのデジカメ、サイバーショットR1のコマーシャルで“似た”写真を見ました。お母さんの胸に抱かれる赤ちゃんの写真です。レンズはカール・ツァイスです。でも、でも、ちがう。銀塩モノクロフィルムとはちがう。別物です。
■夜、NHK-BSで映画「今そこにある危機」“CLEAR AND PRESENT DANGER”を途中から観ました。主演はハリソン・フォードです。主役が徒党を組まない設定は映画のストーリーの定石ですが、ハリソン・フォードが演ずると格別の感銘があります。私も徒党を組まないことを肝に銘ずる。

音楽学の復権(06/5/14)
■4年目の5月のポコ・ア・ポコは13家族のみなさんに来ていただきました。プログラムが進むにつれて曲の終わりの“静”がピタリと決まって見事でした。すごい!
■新沢としひこ作曲「はらぺこあおむしのうた」は絵本の言葉のほとんどそのままが歌になっています。ところどころちょっとない音が交じっていて曲の彩りになっています。この歌は生ピアノで弾く方が歌の表現やアーティキュレーションが生きるとの判断です。歌のピアノ伴奏といえばピアノもソリストの如く奏でるシューマンの歌曲が好きなのでついつい冒険をしたくなります。かつて聴きこんだ音楽が私の文脈になっています。今日、音楽療法の勉強をしているポコ・ア・ポコのスタッフから「自分自身の音楽史」を書いていると聞いたことを思い出します。音楽療法の数は音楽療法士の数だけあるとはよく言われるところです。平均寿命が80歳とはいえ、その長い人生の中で音楽の好みはそうそう変わるものではありません。母語や生活環境、社会背景などさまざまなファクターが影響し合う中で音楽と出会い、自分の音楽観が形作られてくるのでしょうが、ある音楽が自分の人生に大きく影響していると感じている人は少なくありません。これは、音楽そのものについて語られるべきものであり、音楽療法が音楽そのもののパラダイムで語られることの意味の大きさを示しているものと私は考えます。音楽療法においても音楽学の復権を期待しています。

GWの意味(06/5/7)
■夜な夜な時間を見つけてしてきた「はらぺこあおむし」の打ち込みは1/3を済ませたばかりです。XGworksを使うのは久しぶり、気合いを入れて打ち込みをするのも久しぶりで、いくつか発見がありました。これまでXGパラメータの再挿入がうまくいかなかったのですが、PCの性能がいいとスムーズに更新できることがわかりました。すると、会場でのリハーサルで環境に合わせて設定を細かく調整することができることになります。そして、曲によって、パラメータを細かく設定することができます。当然できるはずのことをこれまで涙を呑んでいたわけで、俄然、やりがいも出てきます。欲も出る。全曲、パラメータの設定のやり直しです。ただ、Windowsでしか使えないXGworksのこと、ThinkPad535Eの解像度の低い10.4インチでは作業効率があまりに低いのですが、なんとかやりくりするしかありません。
■私のiPodのライブラリーでいちばん多いのはJ.S.Bachです。あれもこれもとiTunesに読み込んでいったのですが、結果的にバッハがいちばん多くなりました。音楽のジャンルではRockが多いかも知れません。あと、「おかあさんといっしょ」は仕事柄かなりあります。あれもこれもとという読み込みが一段落して次に私が選んだのはシューマンのピアノ曲でした。とりわけ仲道郁代の「ロマンティック・メロディ」(BVCC-34011 1999)に聴き入っています。メンデルスゾーン、シューマン、クララ・シューマン、そして、ブラームスとシューベルトの作品が収録されていて、これはただならぬ1枚です。
■ここ何週間か写真家の上田義彦のモノクロが気になっていて、昨夜、ふと思い立ってネットで検索したらそのモノクロが写真集として発売間近だとわかって予約をしました。『上田義彦写真集 at home』(リトルモア 2006)です。Amazonのレビューから…「出版社/著者からの内容紹介 上田義彦、最新写真集!!/13年間の家族の記憶。夢のようで、どこにでもある幸福。/サントリー烏龍茶、伊右衛門、無印良品、資生堂など広告写真を中心に比類ない活躍を続けている上田義彦。モデル・桐島かれんとの結婚から、4人の子供の誕生で家族が6人になるまでの13年間の軌跡が、確かな技術に裏打ちされた繊細な撮影によって記録されています。流れゆく時間の中で二度と見ることの出来ない、小さなほほ笑み中にあるかけがえのない記憶に満ちあふれた本書は、
写真家上田義彦の一つの到達点を示しています。/出産・育児を経てモデル業を再開し、テレビや雑誌での活躍を通じて、多くの女性たちから圧倒的な支持を受けている桐島かれんが、1993年からつけている「十年日記」を抄録。/胸を締めつける、小さなほほえみの数々。写真家は、二度とない大切な時間に魔法をかけ、永遠の中に封じ込めた。」…文字通りとはこのこと、まさにその通りの印象です。私はこの中の数枚しか知りませんが、ライカM型で撮ったモノクロはかけがえのない一瞬の輝きを止めていて私の目は釘付けになりました。プライベートな写真なのでこんなふうに写真集として世に出るとは驚きです。私の写真集のライブラリーとして最も大切な1冊となることと思います。今夜、FUJIFILMのテレビCMで、この写真集に収録されているかも知れない1枚を見つけました。子どもを撮ったスチール写真のスライドショーの最後の1枚で、これはカラーでした。到着が待ち遠しい写真集です。
■今日のNHK「食彩ロマン」は作家角田光代でした。「野菜は彩りだから食べなくていいよ」と親から言われて野菜と食べなくて、肉、肉、肉の食生活! 作家になると小学生のときに決めていたとのこと。26歳のとき書けなくて料理に開眼、料理をしているときは何も考えなくていいとも。あゆみはちがうけど料理大好きな私にはそのことがよくわかります。今夜、カレーと唐揚げをたくさん作ってウィークデーに備えました。キッチンに“椅子”が欲しい! 料理をしているときは何も考えないけどちがう何かを考えています。山を下りるシーシュポスのように…

iPod来る(06/5/5)
■昨日は結婚式に行っていました。新郎新婦入場のBGMはエルヴィス・コステロの「She」で戦慄を覚えました。愛をストレートに歌い上げることの力は大きい。本来音楽はこうして聴くものだと思いました。
■そんな昨日の今日、iPodが届きました。iPodの文脈はちがう。アテンザのCDプレーヤーの右チャンネルが長時間聴いていると音が切れるので長距離通勤で音楽を聴ける環境の担保です。私は音楽中毒だとつくづく思います。意識したのは小学生の頃です。iPodでますます深みに入り込みます。でも、発達障害がある子どもたちにとって“音楽こそ命”と思う場面に出会うことは多くあります。音楽療法が担う価値は私たちの想像をはるかに超えて大きいのです。
■iPodも取説を読まずに使っているので???なところがありますが、PowerBookのiTunesとの同期も難なく終わって私のiPodにはすでに2262曲も入っています。これで7.74G、残りの容量は20Gです。足して30GにならないのはそもそもHDDの容量が27Gだから。クラシックなど長時間の曲も入っているので7,500曲も入るとは思えませんがしばらくは大丈夫でしょう。ケースもなく保護シートも貼ってないので表面はすでに小傷がたくさん付いています。黒だと擦り傷が目立ちます。でも、iPodを直接見ることができない、直接ふれることができない使い方では聴く音楽も変わってしまいそうです。私はiPodも“使ってなんぼ”です。もちろん“身に着ける”ためのグッズは必需品ですが…
■今日は玉城町の国束山に登ってきました。山の空気は命の洗濯でもしてくれるかのようで、登山口に立つだけでリフレッシュします。標高413mで40分も登れば山頂です。展望は登山道の1か所しかありませんが、山の魅力はそれだけはないと思いました。地蔵さんや古い道標、頂上近くの古寺跡に真新しい祠が建ててあったり、登山道から水をのがす溝が掘ってあったりと、山を守る人たちの営みを追うのも心が温まります。
■先日、“うたのおねえさん”とコンサートの打ち合わせをしました。「エリック・カール絵本うた」のCDで「はらぺこあおむしのうた」を聴いて私はただごとではなくなりました。この歌の楽譜は『クーヨン』(クレヨンハウス2005.5)にメロディーが掲載されただけで市販されてないとか。それを知って私が燃えない理由はない。早速採譜を済ませました。XGWorksの打ち込みが楽しみな曲です。
■先月の末の夕日が残る中、帰りにスターバックスに寄りました。ここ半年ばかりにタンブラーを2本割ってしまってその調達です。濃いチャコールのスーツに黒のハットをかぶった欧米人と思しき長身の初老の人に続いて店に入りました。470mlの黒のタンブラーにカプチーノを入れてもらって小休止です。若尾裕さんのコラム集を持って行きました。腑に落ちる言葉から窓の外に目をやると、低い雲に澄んだ空気の夕暮れ時、私のアテンザの横に白いカングールが止まるのが見えました。いつしか店の中は満席近くになっていました。人、人、人、目に入った人の文脈に少しばかり想像力を働かせてみました。スターバックスの宣伝をするわけではありませんが、そこに集う人たちは、何というのか、すっきり見えるように思います。ひとりひとりちがって見えます。それは当たり前のことですが、そのことがよりはっきり感じられるように思います。スターバックスに入ると私自身のモードがちがってくるからなのでしょうか。不思議な空間です。

ナージャの村(06/4/16)
■4月のポコ・ア・ポコは17家族のみなさんに来ていただきました。活発なお子さんも多かった中、静の共有がしっかりできてただただ感心です。その静こそ価値ある文脈の共有の姿です。今日は見学の方もみえて皆さんに助けていただきました。感謝しています。
■このところまたまた音楽にはまっています。iTunesとMusic Storeは常習性を誘う厄介者だと思う。iPodの購入も今や時間の問題です。iTunesのフォーマットもMP3からAACに変更しました。ますますジョブスの思うつぼに入ってしまう。でも、Appleの理念はそれだけ私のニーズに応え得るパラダイムを備えているのだと思います。仕事はWindowsですがプライベートはWindowsには戻れないと思います。それにしてもiTunesとMacはどういう仕組みになっているのかわかりませんが、WordやExcelを使いながらCDからの読み込みをしてもエラーは全くありません。ライブラリーを再生しながらのCDからの読み込みも問題はありません。私が使って来たWindowsでは考えられない安定感です。私のPowerBookは今やジュークボックスです。AACフォーマットに圧縮するのでHDDは余裕があります。CDアルバム1枚が50MB前後なので1Gで20枚、100枚で5G程度です。30GのiPodだと600枚分も入ります。私のPowerBookのiTuensのライブラリーを数えたらすでに100枚を超えていました。フォーレの歌曲全集も全115曲を読み込んでますます楽しみです。聴きたい音楽がクリック2~3回ですぐ聴ける環境は音楽好きにはたまらない。ジョブスはそこまで見通していたのかと思うとすごいとしかいいようがありません。
■先日、iTunes Music Storeでカラヤン指揮のモーツァルトのレクイエムK.626を購入しました。この曲はカラヤンの演奏がいちばんのお気に入りです。私がカラヤンを好きな理由はスピード感と構造感です。でも、デジタル環境ではそれがいまひとつ感じられないところが不思議です。逆に、デジタル環境だとこれまで聴きづらかった音が聴こえる録音もありますが、演奏はその時代、日々、コンテンポラリーを反映するものです。旧い演奏が今ひとつしっくりこないのはそこだと思う。なんとなくギャップを感じてしまう。旧い演奏はどう聴いても旧い。もちろん、演奏そのものの価値は別で、旧くても色褪せるものではありません。それをわかっていても私はいつも新しい演奏、音楽を求めてしまいます。
■古澤巌の「チャールダーシュ」をiTunesのイコライザーをAcoustic設定で聴くとオブリガートを奏でるクラリネットがはっきり聴こえて、これがすごくいい。私はオブリガートを聴くのも好きですが自分で即興で付けるのも好きで、もっぱら鍵盤ハーモニカを使っていました。と、過去形なのは、今やそんな機会はなくなってしまったからです。
■それでも学校現場に勤務していると時に音楽に係わる仕事もあって、先週、シーケンスソフトXGworksをセットアップしました。「おかあさんといっしょ」の「にじのむこうに」など、かつて打ち込んだ曲をあれこれ聴いて、やっぱりいいなぁとしみじみ思いました。何がいいって、アレンジと打ち込みは音楽の醍醐味そのものだし、自分で打ち込んだ演奏のコンサートで子どもたちに楽しんでもらえたことです。そのコンサートは2001年のことだからもう5年も前のこと、またコンサートをしたいと思っています。そうそう、YAMAHAのXG音源の音のよさも再認識です。
■Macのプレインストール音楽ソフトにGarageBandがあります。これもシーケンスソフトです。昨日は詳しいガイドブックを買ってきました。『Mac Fan GarageBand2マスターブック』(毎日コミュニケーションズ 2005) Ver.2から五線譜も使えるとか! これは楽しみです。
■“精神病”が脳機能の不具合という医学モデルは明らかになってきており、社会モデルとしての“精神病”がこれからの課題であることもまた明らかです。4月始めに県内の精神病院の文化祭に行って患者さんたちのおだやかな表情に心を打たれるものがありました。そこには“発達”というパラダイムはありません。今、今今、この刹那を価値あらしめるパダライムこそ真の価値なのだと思いました。
■今夜、NHK-TVでチェルノブイリの原発事故のその後の特集番組がありました。『ナージャの村』(写真:本橋成一 1998 平凡社)のその後です。次々と癌に倒れる人々と家族の姿はあまりに哀しい。私たちはどこに向かおうとしているのか、次の世代に何を残し得るのか!? 今夜は本田美奈子が聴きたくなります。

新年度の始めに(06/4/2)
■3月、学校は修了式が終って春休みに入りました。桜咲く春本番がそこまで来ていることを日差しや風に感じる修了式でした。続く離任式では21人の席が前に並び、人数の多さに驚きました。4月の着任式では離任を上回るニューフェイスを迎えることになります。ますます大規模化していきます。年度末から年度始めにかけて慌ただしい毎日です。明日から新年度が始まります。
■木曜日金曜日と、亀山から鈴鹿にかけての東名阪は雪景色でした。木曜日はきらら学園も雪化粧でこれには驚きました。スタッドレスから夏タイヤに換えてあるので少々焦りました。
■このところ休みの日は病院と家を往復しています。先週の土曜日は暖かい日でした。病室の窓を外からクリーニングしていて、時々、作業服の業者が通ります。「パンダの着ぐるみを着た人が通ったらおかしいな」とたわいもない話もしました。ベッドサイドに『ダ・ヴィンチ・コード』(ダン・ブラウン 越前敏弥訳 角川文庫 2006)があって、読み始めたら止まらない。西洋文学によくある写実描写はないものの、テンポよく展開するシーンの連続が惹き付ける。ハリウッド映画みたいだ。でも、全部を読み切る時間はありません。
■「テンポよく展開するシーンの連続」とは、一瞥で把握し得るように整理された視覚情報であるシーンが連続するという意味で、おそらく、映画界では名前が付けられた常套的手法になっているものと思います。自閉症スペクトラムの人たちの認知を理解するためのヒントにならないのだろうかと私は考えます。認知と思考の関係、個々の要素のつながり、認知情報と思考とのつながり、そんな関係やつながりと人の生理とのつながりのことです。人の生理とは身体感覚、脳の働きと心です。「つながり」という言葉で自分の考えを表現してみようと思うのは、赤ちゃんの発達について書かれた本の中に、赤ちゃんは6か月頃になると自分の周りの様々な物や現象の「つながり」に気づくようになるとあったからです。「つながり」をキーワードにすると、picture(脳にインプットされた個々の視覚情報)同士の「つながり」が同時(at a time)だけではなく、複数の時間の中での(at some times)「つながり」として、ある程度自分でコントロールして有意に利用することが心身に安定をもたらすという言い方になります。では、何が「つながり」をもたらすのか。直接的には、それは脳内情報伝達物質の働きではないのかというのが私の仮説です。身体活動や連続した有意な外界認知が脳内情報伝達物質の分泌を促していることは間違いないでしょう。映画など映像作品の制作は視覚情報の構造化に他ならない。シーンの連続は四次元の構造化であり、そこから直接的な視覚情報を除いたものが音楽であるという考え方もできるだろう。
■『ダ・ヴィンチ・コード』にゲーテの言葉がありました。「建築は凍れる音楽である」と。建築の整理された構造が人の認知に連続する時間とのマッチングをもたらすのだ。ゲーテの頃の建築はそう理解されるのでしょう。今はそればかりではない。何もない空間が大きなニーズをつかんでいる。
■先々月の朝日新聞(2006.2.28 朝刊)にずっと気になっている記事があります。見出しは「8時間労働のゆくえ」で、公立学校の教員の超過勤務について次のようにあります。「『労働時間規制の適用外が認められたら何が起きるのか。公立学校の教員の今が、それを暗示する』。龍谷大学法科大学院の萬井隆令(よろずいたかよし)教授(労働者保護法)はこんな見方をする。公立の教員は『自発的、創造的な仕事で時間管理になじまない』と、70年代に時間外労働を把握しない仕組みになった。全日本教職員組合の02年の調査では、1日8時間労働と比べた超過勤務時間の平均は、月換算で80時間を超えた。過労死裁判に詳しい村山晃弁護士も、こう指摘する。『教員の過労死は多いが、労働時間をつかめないので労災認定されにくい』」この記事を読んで私ははっと思った。教育は「自発的、創造的な仕事」と私も思ってきています。子どもたちのためにと、教材研究や授業準備、行事の企画運営、研修、そして事務処理と、することは年々増えるばかりです。この状態は単に仕事を減らすとかそういった発想では解決できない文脈を含んでいるように私は考えています。教育における「自発的、創造的な」部分と、社会における公教育の役割について整理が求められてくることでしょう。子どもたちの育ちを学校と家庭だけでなく地域社会と地域のリソースがもっとたくさん受け持つことが豊かな社会づくりにつながるのではないのだろうか。これまでの学校の枠組みでは解決できない状況になってきていると考えられます。新年度の大きな課題です。
■日曜日のポコ・ア・ポコの4月から7月の会場予約を済ませて日程が決まりました。月例セッション案内葉書のフォーマットをWord for Macで設定したので今回から宛名面も含めて100% Macで作成します。WordもExcelもWindowsとMacとでは似て非なる仕様で、やっと文面の6分割デザインが設定できました。それにてもポコ・ア・ポコのご案内はいつも文書に悩みます。

春一番とモーツァルト(06/3/16)
■深い霧の中を飛ばして病院のICUに行きました。彼はモーツァルトの10枚組のCDを持って病院に行き、ICUにも持ち込んでいました。たくさんあるCDからどうしてモーツァルトなのだろう。私も思春期にモーツァルトと出会い、惹かれていきました。
■昼過ぎから降り始めた雨は、夜、ひとしきり激しく降ってやみました。続く強い風に冷たさはありませんでした。春一番?

30000(06/3/12)
■3月のポコ・ア・ポコは15家族のみなさんに来ていただきました。初めてのご家族も何組かみえて、お子さんのプロフィールをあれこれ考えることの多いセッションでした。できることならお子さんひとりひとりの育ちのことで言葉を交わしたいと思いました。“子ども理解”…それが第一歩であり、全てです。“全て”とは、個人を超えた社会の在り方そのもの、歴史観、哲学に及ぶことです。社会の枠組みが個人の枠組みに大きく影響します。
■南の風のサイトのアクセスカウンター30000を自分で踏んでしまいました。開設の1998年10月は前任校の1年目で、車いすで使う花壇をアップするためにサイトを作りました。その花壇を組み立てたのは9月の伊良湖トライアスロン完走の翌月曜日のことで、よくこんなにパワーが残っているものだと自分で感心しながら電動工具を使っていたのを思い出します。その花壇も私が異動する前に朽ち果ててしまいました。
■今日からF-1が始まります。今年こそ鈴鹿でレース観戦といきたい。
■週末の私の楽しみは料理です。パスタや具沢山のみそ汁、オリーブオイルとニンニクを使うレシピも入れたい。今日は明日からに備えてビーフシチューをたくさん作っておきました。年度末の慌ただしい日々が続きます。

音に思う(06/3/11)
■昨日はきらら学園の卒業式でした。卒業生を見ているとこの1年の成長がよくわかり感慨深いものがありました。教育計画の教育課程だけでなく、ヒドゥン・カリキュラム(隠されたカリキュラム 佐藤学)の積み上げの大きさを実感する思いがしました。高等部を卒業する生徒たちは学校という枠組みのない場での毎日が始まります。障害者自立支援法の施行と時を同じくして新しい生活を始める彼らの幸せを祈らずにはいられません。
■卒業生に送る歌は杉本竜一作詞作曲の「ビリーブ」でした。ピアノ伴奏は私が知らないアレンジで、テンポは楽譜の指定よりも少し速くて、AとBの間で少し急くルバートが入ります。このテンポ感がとても心地よくて、伴奏にしっかり付いて歌う先生たちも日頃から歌い慣れている養護学校ならではの資質なのでしょう。驚きました。私は頭がすっきりして覚醒水準が上がるような感覚がありました。そして、きらら学園の校歌はいつもながら心の奥深く染み入る歌でした。木造の体育館にやわらかく響くピアノと歌声は日常の中の非日常の空間です。このQOLを社会全体のものにしてきたいと、そう思わせる音楽の空間でした。
■でも、アナウンスは蒲鉾型の屋根の反響で聴き取りにくいというやっかいな体育館です。これは既存の音響システムにPAシステムを追加してかなり改善しました。県内の他の養護学校、高校の体育館でもやはりPAシステムを導入して聴きやすさの向上を工夫しています。注目するべき方向から注目するべき音情報が聴こえてくることはジョイントアテンションのみならず感覚統合の発達を積極的に支援することに他ならない。感覚の統合につまずきがある子どもの音環境を整えること、音環境の構造化も学習内容と同様にたいへん大切です。むしろ、音環境が整わなくては学習が成立し得ないと考えるべきで、意味のある音を提供することが大事だ。学校の音を整えること、それは20年前、初任の小学校が文部省の体力作り研究指定校で、その研究のプロセスで気づき、部分的にしていました。今また自分のこだわりの原点に戻る。
■3月3日、高等部のミニコンサートで弾いたのはエルガーの「愛の挨拶」のテーマです。バイオリンを弾くのは数年ぶりで、楽譜もなくて、やっとメロディーになるのはこの曲の冒頭と、チャイコフスキーの交響曲第3番第4楽章の第二テーマだけです。木曜日の夜、音楽室で練習していて、思うように弾けなくて、でも、だからといって焦るでもなく、ただただ、自分の音とのダイアローグに、忘れていた自分を取り戻すプロセスをクールに見つめる自分がありました。
■リビングのテレビで「アメリ」が映っていて思わず見入ってしまいました。フランス人はみんな変わっているのではないかと思ってしまう人たちの映画です。このような映画はどこか哀しげなものだがそんな気配は微塵もない。日常こそ彼ら彼女たちにとって宝箱なのだ。神にも感謝なんかしていない。自分に嘘をつかない。おかしな人たちだけど最高の人生と思わせる不思議な映画です。こんな映画をプロデュースしようという発想を生み出す文化に私は興味津々です。ところが音楽は保守的に思えます。それは伝統的というべきですが、頑なさを感じます。そういえば映像自体も暖色系で、まるでコダクロームです。私が知らない文化です。
■こうした色調はとても大切で、昨夜放送のあった「耳をすませば」をHDDに録画したらすごく鮮やな色で、それはこの映画の私の記憶色にない色だったので違和感があります。
■勤務先で使っているパソコンのキーボードを換えたら仕事のスタイルまで変わったように思っています。物が書ける、という感じです。指が納得している。これも感覚統合の悪戯にちがいない。Macもきっとそうです。

『誰も寝てはならぬ』(06/2/25)
■寒暖の差が大きくて体調管理に気を遣うこの頃です。先々週の雨の帰り道ではカエルが跳ねていて驚きました。まだ2月だよ!
■12日、2月の日曜日のポコ・ア・ポコは9家族のみなさんに来ていただきました。子どもたちもお母さん方も場の文脈をよくわかってくださり、とても整理された空間のセッションでした。私にとってもひとりひとりにていねいにメッセージを送ることができました。みなさんに感謝しています。
■先週の木曜日と金曜日は四日市市消防本部で防火管理講習でした。座学ばかりでストレスが溜まりましたが、2日目の実習、とりわけ消防署屋上からの垂直型避難シュート体験は初めてでわくわくしました。座学ばかりといっても防火管理は人命を守るノウハウです。防火管理者の社会貢献のパラダイムをいつも意識していたいものです。
■講習の間にも消防署では救急車と消防車の出動があって緊迫した空間でした。そんな消防署の片隅にsaecoのエスプレッソマシンがありました。命懸けの職場とエスプレッソコーヒーになぜか腑に落ちるマッチングを感じて私の目は釘付けになりました。
■金曜日の朝、支度をしていたらテレビの速報で荒川静香がフィギアシングルで金メダルを獲得とのテロップが映りました。曲はバイオリンの『誰も寝てはならぬ』が印象的でした。開会式のパヴァロッティの歌もこの曲でした。いつもながらいい曲だと思います。パヴァロッティもいいけどバイオリンもいい。
■来週、バイオリンを弾くことがあって、先週、ケースから出したら弓の毛が何本か切れていました。張ったらまたパラパラと切れてしまいました。毛替えをして5年くらいになるでしょうか。ほとんど使わないままだったから弱くなってしまったのでしょう。弦は切れてなくて、チューニングをしたらバイオリンならではの鋭い反応の音がやたら大きく聴こえました。ところで、バイオリンを弾くといっても何を弾いたものだろう。そんな一思案がちょっとうれしいノイズです。
■仕事で使っているパソコンが昨年12月末に更新されて“生産性”が納得のレベルになりました。でも、机上の配置と使い勝手がうまくいかず、キーボードを別に買うことにしました。PFUのHappy Hacking Keyboard Lite2の日本語配列かな無刻印モデルの白です。キーのサイズはフルサイズのままテンキーどころかファンクションキーまで削ったモデルで、刻印はアルファベットと?な記号だけです。価格は5,800円とベーシックなキーボードにしては値が張りますが、キーの音は映画のシーンの“あの音”が思い当たる質感があって生理的に納得してしまいます。色は白といってもオフホワイトで、IBMのPCの旧き時代を彷彿とさせる味わいがあります。PFUは文字の刻印が全くないキーボードも作っています。キーボードに向かう度に神経衰弱のゲームをするみたい。これが2万円を超えるプレミアムで、カラーは“墨”もあって、モニタで見てもなかなか魅力的です。L2モデルはオプションのMac化キットでMacのキーボードに変わります。Mac miniのキーボードならこれがお似合いでしょう。

さまざまなミュージック(06/2/11)
■昨日、3週間ぶりにいつもの勤務に戻りました。いつもの勤務とは12時間勤務(×_×)です。この3週間にいろいろなことがありました。入院していた身近な人が亡くなりました。寺の住職で、生前の法話を思い出しながら“命”そのものを思う日々です。
■今日、三重県療育研究会の多職種研修会でたいへん腑に落ちる話を聴いて、私自身の自分らしさを取り戻したように思いました。感覚統合の勉強をしたのは養護学校勤務1年目のこと、8年前です。脳幹網様体が覚醒水準に関係していることなど、前任校の狭い畳の部屋で勉強したことを思い出しました。あのときの研修がなかったら今の自分もなかったと思います。私の音楽療法と教育を支えているパラダイムのひとつは感覚統合です。
…ここからはメモ…
■人文系の仕事ばかりしているとコンピュータなど理科系テクノロジーで頭を使いたくなります。このところそんな状態ですがその時間もないと思っていたらコンピュータの方からアプローチされました。
■VAIOはHDDのクラッシュでした。最悪の結末でデータが取り出せません(×_×) データのバックアップは重要なリクスマネージメントなのに使用頻度が低いとついつい怠ってしまっていました。複数のマシンが常時稼働する環境を維持することもリクスマネージメントです。VAIOの後に来たのはEPSONのEndeavorNT350 White Editionです。画面の明るさはEndeavorが一枚上で、真っ白なボディと相俟って好印象です。CPUはCeleronMですがこのG4より速いかも知れません。動作の安定感はこのPowerBookと並ぶ印象です。ハードの造り込みもクオリティが高くてなかなかのものです。Windowsも悪くないと思わせてくれます。
■携帯のF902iにMacのアイコンを入れてみました。もともと“プラチナシルバー”のF902iはiPodと見紛うデザインですが、モニタを開けるとPowerBookライクで気に入っています。Appleが携帯を作ったらこうなるかも! 私のF902iはAFボタンのクリック感がなくて不良品かと思っていましたが、カメラモードの半押しAFロックと深押しシャッターの2段階ボタンの機能があって、そのために他のボタンのようなカチッとしたクリック感がないと判明。カメラモードでそのボタンを使うとすごく使いやすい。納得です。搭載受光素子、FUJIFILMのハニカムCCD400万記録画素の実力も相当なはずですが、取説を読む時間がなくてその真価を使いこなす術を知りません。きっと、デジカメいらずのはずです。携帯のモニタで見る限り、シャープで歪曲も少ないレンズです。F902iに組み込まれたテクノロジーは相当なものと思いますが、FOMAのアーキテクチャはやはりどこか脆弱です。電話なのに通話そのものが不安定に思います。
■FUJIFILMのデジタルの絵作りはFUJICHROMEライクで私は好感を持っていますが、CanonのEOSの絵作りもまた好きです。EOSデジタルの色は“あっさり”との評価が一般的ですが、その“あっさり”のニュートラル感は他にない優しさがあるように思います。“素材”としての懐の深さもあります。D30の絵作りから脈々と続くEOSデジタルの文脈にエールを送りたいと思うのです。20Dの後継モデルが出たらほしいけどD30も手放せない。このPowerBookのモニタの画像で目に優しいのはEOS D30のデータです。今では気難しいD30ですが、その気難しさもまた私は愛おしいと思わしめるのだ。
■ピニンファリーナ社を取材した「デザインルームの6か月」(NHK)のノーカット版の再放送がありました。どこか物足りなかった部分が埋め合わされていてこの番組の制作意図が伝わってくるように思いました。トリノオリンピックでテレビの番組表にはイタリア特集が増えてきました。
…今日に戻って…
■テレビのトリノオリンピックの開会式を横目で観ていたらフェラーリのF-1マシンとルチアーノ・パヴァロッティ、そして、オノヨーコが出ていました。私の気になる存在です。F-1マシンのミュージックとパヴァロッティのミュージックは私にとって最高のミュージックです。スキーの滑降も!

幾たびかの旅(06/1/29)
■身近な人が入院して病院通いが続いています。“命”そのものを思わずにいられないとき、人は価値観を揺さぶられます。医療というパラダイムと私たちの日常のパラダイムとをつなぐもの、それがひとりひとりの個人に委ねられている状態は私を落ち着かせません。患者だけでなく医師と看護師の負担は大きい。満床の大病院にはそれでも次々と傷病の人が来て慌ただしく、治療の場ではあってもセラピーの場とは思えません。現場は文字通りたいへんです。病院の6階の窓から見える松阪の夜景はきれいなのに…ほんとにきれいです。
■若尾裕著『奏でることの力』(春秋社 2000)の「この世で最後に聴く音楽」を読んで、私は、自分にとっての奏でることの意味を考えました。ときおり思い出しはしましたがそのために突き詰めて考えてはこなかったこのことを、今また考えずにいられません。病院で私が奏でるとしたら何を奏でるのだろう。ターミナルケアで“音楽療法”が成し得ることは何なのだろう。いや、音楽療法というパラダイムではなく、音楽そのものの領分のことです。私はまた幾たびかの旅に出る。
■辻邦生の文体に30年ぶりに触れました。辻邦生をむさぼるように読んだのは高校の頃です。今では古本屋でしか見かけない本を探す。これも旅。
■今夜の「情熱大陸」(毎日放送制作)はベルリンフィルの主席ヴィオラ奏者清水直子でした。昨年のジルベスターはモーツァルトプログラムだったようです。サイモン・ラトルのモーツァルトはヴィヴィッドで楽しい。「この世で最後に聴く音楽」はモーツァルトかも知れないと思うのだ。

crown nose(06/1/22)
■先週は睡眠時間が短いのに眠くならない危険モードに入ってしまって土日は休養にあてる予定でしたが、連日の夜の会議や細々した用事で終わりました。
■先々週12日木曜日は昼を食べる時間も走って200kmという思いの外ハードな出張となりました。前任校で音楽療法と社会福祉の講演会がありました。先立ってプライベートセッションがありました。大滝昌之さんのギターと歌のライブは久しぶりで、録音ではわからない空気感が手を出せばまさに触れるような存在を感じる空間でした。知人が用意してくださったギターはハイクオリティのオーダーメイドでアンプはジャズコーラスという大滝昌之さんお気に入りのセットです。音楽の力、奏でることの意味をあらためて思い知りました。
■15日日曜日は1月の日曜日のポコ・ア・ポコをしました。13家族のみなさんに来ていただきました。ずっと通ってくださっているお子さんの成長は保護者の方にとっても私にとってもほんとにうれしいものです。そして、家から40分かけて歩いて来てくださる子どもとお母さん、100km近く車を走らせて来てくださるご家族のみなさん、ポコ・ア・ポコに価値を見出してくださるみなさんに感謝感激です。今回はずっと体調がすぐれなかったお子さんが1年ぶりでしょうか、表情豊かに参加していただいて、それはそれは自分のことのようにうれしく思いました。来月はどんな出会いがあるのでしょうか。楽しみです。
■金曜日の夜はケアリングクラウン研究会の第4回定例会に行きました。会場は名古屋国際センターです。今回のテーマは「ケアリングクラウンのコミュニケーション」で、ケアリングクラウンの文脈の核心といえる重要な内容についてでした。言葉はちがいますが、私が教育や音楽療法の文脈の核心ととらえているものと共通する部分が相当あると考えています。たくさん言葉が浮かびます。人と人とが織りなす相互性が築く豊かな関係性、心理療法「色彩ブロット描画物語法」(酒木保)の行程を重視する目的地を決めない旅ジャーニーの概念、セルフエスティームを高めること…。ケアリングクラウン研究会代表高田佳子さんのレクチャーはたいへん共感するものでした。この日は他にボディワークやグループディスカッションもありましたが、1日かけてじっくり学びたい内容でした。そして、さまざまな分野の人たちと出会い、言葉を交わすことができて価値ある時間となりました。疲労がピークでしたが行ってよかったと思いました。そのシンボルがこの日いただいたクラウンの赤い鼻かも知れません。私の宝物です。PowerBookのACアダプターにつけて写真を撮りました。
■この日、愛知県の作業療法士の人と名刺を交換して話をしたところ、精神科医療に携わる共通の知人がいることがわかりました。それぞれ分野のちがいはあっても、お互いの枠組みを超えたところで+αを求める人はいつの間にか隠されたネットワークで結ばれていくものかも知れないと思いました。それには自分からアクションを起こすこと! 内だけでなく外を見ること!
■年明けから音楽療法の評価について書くことがあってインターネットで調べていたらたいへん共感する文章に目が釘付けになりました。音楽療法の量的評価と質的評価について検索していてヒットしたサイトです。URLをたどっていったら、なんと、若尾裕さんのサイトでした。広島大学から神戸大学に移られたとのこと。若尾裕さんの著書(言葉)は私の音楽へのこだわりにいつも応えてくれます。音楽のことで行き詰まりを感じたときなど、ふと手にしたり思い出したりするのは彼の著書です。今回の音楽療法の評価の難しさの本質について腑に落ちる言葉を示してくれたのもやはり若尾さんでした。音楽療法の評価をめぐる議論の核心やポール・ノードフの“本心”は教育の現場で子どもたちと同じ時を過ごす私のこだわりそのものです。私も自分のこだわりに真摯でありたいと思いました。
■年明けに実家から芥川龍之介全集第1巻と第12巻を持ってきました。芥川龍之介全集を買ったのは書簡集を手元に置きたかったからです。1982年のことです。今は彼の“作品”の潔さに触れたいと思っています。言葉のリズムがしっくりきます。この頃よく思うこと、それは、公私の枠を超えた私自身のライフワークです。新しい年は大きな変化があるかも知れませんが、それは、私には自然なことなのでしょう。
■先週はVAIO SRの電源が入らなくなってしまいました。華奢な造りで腫れ物にでもさわるように使ってきましたが、4年半、使って使ってしてキーポジションのキーの文字は消えてしまっていました。VAIO SRは3代目、このPowerBookは5代目です。Windowsマシンでいちばん愛着を感じているのは2代目のThinkPad535Eです。スペックの制約があって実務では使えませんが、書き物をするにはいちばんです。私の指は今もTinkPad535Eのキーのタッチと配列を覚えています。音楽や仕事のことについて自分の言葉で書き物を始めたのもThinkPad535Eでした。横須賀の国立特殊教育総合研究所の狭い部屋で「久里浜だより」を書き続けたのも、DTMの打ち込みをして「おかあさんといっしょ」のコンサートをしたのもThinkPad535Eです。このPowerBookは私にとってのThinkPad535Eを超えるでしょうか…それは私の使い方次第ですね

心さわぐ年始(06/1/9)
■昨日の朝日新聞朝刊のトップの見出しは「特殊学級『特別支援学級』で存続」でした。文部科学省が今月招集の通常国会に提出する学校教育法改正案とのこと。人的なリソースを確保する意味においては高く評価されますが、地域共生社会を目指す障害者基本法や発達障害者支援法、特別支援教育の理念の実現に向けた取り組みが減速することがあってはなりません。同紙に障害児教育が専門の大学教授が「妥当だ」とコメントを寄せているのは意味深長です。ますます地方の努力に俟たれている割合が大きくなってきました。先月脱稿した私のレポートも書き換えたい部分が出てきました。「特別支援教育を推進するための制度の在り方について」の中央教育審議会総会での審議と文部科学省大臣への答申が12月8日、翌9日早朝に文科省のホームページに全文が公開されて1か月後の新聞報道がこれです。学校教育の改革のスピードは早い印象を持たれる人が多いと思いますが、障害者基本法の理念に比べて教育界のトーンは低いと言わざるを得ません。国際的にみてもそうではないでしょうか。WHOのICFなど地球的な規模の理念も日本から情報発信するくらいの志がほしいものだ。だったらお前はどうだ!と自分に問う。
■先週は地域の有志の集まりがありました。地域力、地域が潜在的に持っている力、地域に住むひとりひとりの力こそこれからの社会を作り得るのだと思いました。その社会が“新しい公”ではないかと。今求められているのは長期のビジョンです。ビジョンは理念がなければ描けない。そして、理念こそ人と人とを前向きのベクトルでつなぐものと思っています。
■今日は精神科と神経科が主な診療科目の病院で、精神保健福祉士、作業療法士、看護師のみなさんと音楽療法の勉強会をしました。精神科医療とミュージック・ケアに共通する要素がいくつかありました。勉強会の後で精神福祉士と作業療法士の方と話をしていて、学校とのパラダイムのちがいも実感しました。学校は成長や発達がパラダイムのベースにあります。でも、成人はちがうと思いました。成長や発達ではない何か、うまく言えませんが、人生の価値観そのものでしょうか。成長や発達が日々の目標ではなくなったと感じる年齢になったとき、人は何を価値あるものとして生きていくのでしょう。学校教育と長い人生との関係について真摯な考察が必要だと思います。
■いくつか終えましたが、書くべき物があといくつかあって、何をするにもそのことが頭を離れない。書き終えた物はひとり歩きをします。書いた物はそれ自体が新しい関係を作って行くものです。これはプレッシャーだけどチャンスは活かしたい。
■一昨日、ペンションモーツァルトから年賀状が届きました。年賀状の写真は宇宙から見た地球です。宇宙から見た地球は神秘的です。立花隆の『宇宙からの帰還』(中公文庫)は、宇宙飛行士たちの地球帰還後のさまざまな人生を描くことで宇宙飛行での体験の実体を探ろうとしています。この本を読んで私は宇宙から見た地球の映像を見る目が変わりました。宇宙の神秘が身近になりました。