蒲郡オレンジトライアスロン99完走記


▼なんのめぐりあわせか、私は51.5キロのショート、オリンピックディスタンスは初レースでした。トライアスロンはもっと短いレースから始めて、伊良湖のAタイプ(75キロくらい)は何度か完走しているので距離に不安はなかったのですが、かえって短い距離だとアベレージも速いだろうな、と思って落ち着きませんでした。
▼レース前の1週間は泊り勤務もあって1晩で体重が3キロ近くも減るなど、一時はどうなることかと体力に不安をかかえたまま当日を迎えました。レース内容には不満が残ったものの、かえってリラックスしてゴールすることができました。3時間をやっと切るタイムでした。
▼蒲郡競艇場の水は手ですくうと茶色の藻のようなものがいっぱい浮いていて、こんな水絶対に飲むものか、と思いました。水温27度で、ぬるま湯の中を泳ぐような感じでした。トラいとこは1つあとのウエーブのスタートでしたが、きっとどこかで追い越していくんだろうな、と思いながら、無理をしないで泳いでいました。タイムは38分50秒くらいだったと思います。
▼バイクでは転倒! 周回コースの最初の左Uターン手前の直角カーブで減速し切れなくて、コンクリート壁の直前で止まったものの、そのまま立ちゴケ! 頭をガンと打ったけどヘルメットのおかげで事無きを得ました。ケガも脚をちょっとすりむいただけでした。得意なはずのバイクもさんざんなスタートで、脚は回らないしどんどん抜かれて、トラいとこに追いついたものの、スピードに乗れないまま終わってしまいました。
▼ランはエイドステーションが適所にあってのんびり屋の私もけっこう走れました。途中、トラいとこに「ショートは忙しいね」と声をかけたら「のんびりしてないね」と返ってきました。
▼蒲郡はスイムが波もなくて、バイクはUターンがあるもののランもフラットで、周回コースなので応援もしやすいし、都会のトライアスロンという感じでよかったです。