■ハーブソルトを付けたチキンをオリーブオイルで蒸し焼きにします。オリーブオイルをたくさん使ったり野菜を入れたりするとスープが増えて蒸し焼きというより煮込みでしょうか。
■骨付きチキンを使うととてもいい味です。
■ハーブはローズマリーだけフレッシュを使っています。ローズマリーはたいへん丈夫なハーブで作りやすいので庭の片隅に1本植えておくと肉料理に幅広く使えて重宝します。

チキンのハーブ蒸し焼きにシメジとポテト(01/12/9)
■今日はシメジとポテトを入れてみました。
■ポテトは予めかために茹でておきました。
■チキンの骨近くがまだピンクのときシメジを入れました。1パックですからけっこうな量ですが、火が通るとこんな感じです。
■ポテトは煮崩れせずに味が付くくらいがちょうどいいのですがこのタイミングはむずかしい。今日はちょっと遅くてあっさりポテトでした。
■チキンは手羽元を使いました。やはり火の通りが早い。
■シメジを入れると水分がぐんと増えます。弱火で煮るとオリーブオイルとよくなじみます。ここまでスープが多くなるともう「蒸し焼き」とはいえないな! さて、なんとよぼうか…。そして、この皿…
■またネギを忘れてしまいました。

チキンのハーブ蒸し焼き(01/11/28)
画像はありません。
撮影でき次第アップします。
<材料>
■チキンの骨付きもも肉(やっぱり骨付きがいい!)
■S&Bの“地中海のハーブソルト”
■ローズマリー(3切れ。庭に植えておくと重宝します。)
■オリーブオイル(150ccくらい。かなりの量です。)
画像はありません。
撮影でき次第アップします。
<下ごしらえ>
■“地中海のハーブソルト”を裏表に振りかけて付けます。これは100%自然の調味料で安心です。手軽でとてもいい香りと味が付きます。
■下ごしらえは直前でもOKです。
画像はありません。
撮影でき次第アップします。
<オリーブオイルににんにくの香りを!>
■たっぷりのオリーブオイルと2〜3かけのにんにくを入れた業務用の大きなアルミのフライパンを右に傾けて、オリーブオイルのプールでにんにくをゆっくり温めます。にんにくの香りをオリーブオイルにつけるためです。これはいつもわくわくするセレモニーです。火は強火でもOKです。にんにくが少し焦げ目がつくまでじっくり温めます。
<肉を入れます>
■いよいよ骨付きチキンのもも肉を入れます。チキンの水分でオリーブオイルが撥ねますから注意してください。私は火を弱火にしてしばらく待ってから肉を入れます。
■上にローズマリーを3本置きます。これがとってもいい香り。庭から摘んだばかりのローズマリーです。“ハーブソルト”が少ないようでしたらここで振りかけてもOKです。
■火は弱火です。
■フライパンの蓋は必ずします。蒸し焼き状態にします。
■骨付きもも肉は火が通りにくいので時々返します。肉がフライパンに張り付いていたら火が強いので火の調節をします。
<およそ30分後>
■この日はから揚げ用のもも肉も買ってあったので途中で加えました。
■やっとここまできました。とにかく弱火です。およそ20分後、フォークなどで骨付きもも肉を刺すと赤い血が出たりします。予めフォークなどで味が中まで通るように刺しておくといいかも知れませんが、私は途中でブスブスと火の通り具合を見ながら刺します。これでもけっこう味がつきます。冷凍の肉を解凍せずに使うときはフォークが刺さりませんから…
<およそ45分後>
■やっとできました。ローズマリーをはじめハーブの香りがとてもいい!
■オリーブオイルもハーブや肉から出た旨みでおいしそうです。途中でポテトやキノコを入れてもいいと思っています。
■業務用フライパンはそのままテーブルに出してもいいと思います。機能がすぐれた道具は絵になります。手羽元をたくさん使うときはフライパンのままテーブルに出すととてもリッチな気分です。
■ところが、この日はたいへんな忘れ物をしてしまいました。それはネギです。最後に細かく切ったネギを少しちらすとレアな香りがします。イタリア料理はもちろんチャイブですが、ネギでも大丈夫です。
<いただきまーす!>
■この日はグリーンレタスと合わせて盛り付けました。
■味は骨のところまでよくついています。
■時間はかかりますが、弱火なので失敗も少なく、見た目もちょっとリッチです。