伊良湖トライアスロン98完走記


■この写真はトライアスロン伊良湖大会のゴールの様子です。今年はこれも参加賞のひとつでした。
■天気予報では前日も当日もまずまずでした。ところが、当日の夜明け前、泊まった民宿の横の国道を通る車の音がちょっと気になりました。まさか、と思って障子を開けたら雨。それもけっこうよく降っているではないか。5時に起きてサイクルコンピュータにラップを巻きました。
■トランジットでは半透明の大きなゴミ袋を下に敷き、ランシューズなど置いてそのまた上から同じタイプのゴミ袋をかぶせました。この半透明のゴミ袋は中身が見えるので欲しい物がすぐ取り出せて便利です。穴を3つ開けてかぶるとゼッケンを隠さないのでレース用ポンチョになります。
■いよいよスタート。スイムでは気にならない雨です。海はすこしうねりがあるくらいでまずまずです。スイムは自信がないので後方からスタートしました。何度か着ているものの普段の練習では着ないウエットスーツが苦しくてイマイチペースがつかめない。だんだん遅れていく。
■伊良湖のスイムコースは、2キロを泳ぐAタイプは3回Uターンします。3回目はUターンというよりVターンですけど。それが今回よくわからなくてコースを確かめようと止まったらボードに乗ったスタッフが90度右を差すのです。えっ、まさか、僕一人全然ちがう方向に向かって泳いでいました。
■あと、クラゲに顔を刺されました。翌日、ウェットスーツから出ていた脇の下もやられていることがわかって、1週間くらいフロでこすって洗えませんでした。無数の水ぶくれみたいなものができていてチクチク痛みました。
■雨は降り続く。伊良湖はトランジット内もバイクに乗れるのでよっこらしょという感じで乗りました。ところがカーペットを敷いてあっても下はグチョグチョ。走れない。横をバイクを押して歩く人が追い抜く。
■バイクはそれでもけっこうスピードをキープできました。バイクで気づきました。そうか、今日は暑くないんだ。とにかくブレーキングに気をつけて走りました。カーブのアウト側の木にはマットがつけてもらってあって、突っ込んだ人は命拾いでした。
■ランは暑くないから走りやすい。気持ちよく走れました。伊良湖のランコースはすごく景色がきれいです。しかし、雨が災いしてとんでもなことになってしまいました。8キロを過ぎたあたりから両足の踵の後ろが痛くなって走れなくなってきました。どんどん追い抜かれる。折り返して2つ目のエイドステーションでがまんできなくなって止まって足を見てみました。なんということだ、靴擦れではないか。ナイキのレーサーのカップは血染め状態です。エイドステーションでバンドエイドをもらって両足に貼って再び走りだしました。痛い、痛い…。どんどん抜かれる。バンドエイドは濡れてずれる。痛みに無感覚でいられるようにそればかり考えて走りました。
■結果は、スイム2キロ=1時間1分11秒、バイク51キロ=1時間40分27秒、ラン20キロ=2時間8分40秒でした。