設 置 の よ う す

基礎は水平器を使ってきちんと出します。円筒形のテストピースの下はぐり石を入れてドン突きをするなどしないと沈みます。
こんなふうに加工して組み立てます。各パーツは4分の1の深さのホゾを入れます。
だいぶん組み上がってきました。なんだかわくわくします。
手前にせり出した部分の底になるパーツを組むところです。
プランを作るとき、ここの高さを決めるのにいちばん頭を悩ませました。高過ぎると小学部の子どもたちが使えないし、低過ぎると高等部の生徒の車椅子が入らないからです。また、土の重さが直接かかるところなのでここだけ4センチの厚みの木を使っています。
完成です。パーツを作るときの苦労を思えばあっけないほど簡単に組み上がりました。

手前にせり出した部分の下の方の四角い穴(写真右下)はまちがってあけてしまったものです。
組み上がった花壇を内側から見ました。こうして見ると思いのほかきれいな仕上がりなのでびっくりです。

写真の中央上のように、端はのこぎりで角を落としてグラインダーとヤスリで角という角をすべて丸めてあります。
いよいよ土を入れます。全体に土を入れると相当な重量になるので技術室の自動かんな機などから出た木くずを下の方に入れました。タオルで鼻と口をおおうくらいすごい粉塵です。この作業のあと、コンタクトレンズの調子がおかしくなった職員もいました。
木くずをここまで入れました。ゆくゆくは木くずが腐って有機肥料となってくれます。
木くずの上に土を置きます。
職員のデモ。手前にせり出した部分は地面から70センチの高さです。この高さでは小学部の子どもたちには高過ぎるので、車椅子の下に置く台を作ります。
まだ土が上まで入っていませんが、こんなふうに使ってもらえたら幸いです。

制作に関わった職員の記念撮影です。みんなうれしい! やったね。

(フルメンバーがそろったら映像を入れ替えたかったのですが、
99年4月の異動でフルメンバーがそろわなくなってしまいました。)