台風10号でこわれた花壇

10月17日から18日にかけて接近した台風10号は、度会養護学校の持ち上げ花壇に思わぬ被害をもたらしました。なんと、花壇の最上段のせり出したところの板を吹き飛ばすとき、組み合わせてあった両サイドの板のホゾ横を割って、破片を30メートルも吹き飛ばしてしまったのです。その部分は木ねじで留める予定でした。これからどうやって修理するか、またまた頭を悩ますことになります。
風で飛ばされたパーツとホゾ横が吹っ飛んだ部分です。わかっていただけるでしょうか。
いちばん上の木がぴょこんと飛び出しています。その下の部分が割れてなくなりました。ほんとは一直線に下につながっていなければなりません。こんなことでは子どもたちがケガをしてしまいます。
吹き飛ばされた破片は30メートル離れたところで見つかりました。ずっと遠くに見えるのが持ち上げ花壇本体です。