「久里浜だより」
 
国立特殊教育総合研修所 短期研修「知的障害教育コース」
(2000.5〜7)

このページは2000年度国立特殊教育総合研修所短期研修知的障害教育コースの短期研修員として派遣された当時のリアルタイムのプライベート・メールマガジンです。講義録の持ち出しを制限されていましたのでネットでの公開は控えていましたが、この研修は私の人生の大きなターニングポイントのひとつというだけなく、日本の障害児教育の質的向上を求める国立特殊教育総合研修所のスタッフの熱い思いの結晶のひとつの現れと捉えてアップをすることにしました。これは講義録ではありません。私の日記です。このことをご理解の上お読みください。このページの無断引用は決してなさらないでください。尚、アップに際して勤務校との事務的なやりとりやプライバシーにかかわることなど一部を削除しました。

久里浜だより1(2000/5/10)
■神奈川県久里浜の国立特殊教育総合研究所(NISE)の短期研修「知的障害教育コース」に来て3日が過ぎようとしています。オリエンテーションとして各研究室からの講義が続く中、懇親会も終わって研修員どうしも打ち解けてきました。
■私の部屋は幸運にもオーシャンビューです。1階なので満開のつつじの間から海が見えます。宿泊棟の白い柱、つつじの鮮やかな色、まるで南国にいるかのようです。久里浜の海は太平洋です。海は透明度もあってきれいです。波が高い日は潮騒が聞こえます。ここで2か月間勉強に専念できるのはまたとない絶好の機会です。送り出していただいたたくさんの方々に感謝しています。
■窓は白いブラインドだけなので早い時間からすごく明るくて、6時過ぎには目が覚めます。朝一番にブラインドを上げて海を見ます。9時に研修棟に行きます。研修棟は歩いて1分くらい。講義は夕方4時15分に終わります。こうして書くとなんとゆとりのある毎日だと思われるかも知れませんが、オフの時間は図書館に行ったり本を読んだり、考えごとをしてパソコンに向かったりと、今しかできないことにけっこう追われています。
■だからリフレッシュタイムの「体育・健康」があります。昨日の午後、私はジョギングで三浦半島を海沿いに南下するコースを15キロくらい走ってきました。ウインドサーフィンをする人、絵筆をとる人、学校の帰りに浜辺で花を摘む中学生、海沿いの道に捨てられた廃車で暮らす人、ネズミ捕りをする人(神奈川県警!)…かつて「体育・健康」の時間にダンスやレクリエーションゲームなど行っていたそうですが、かえってストレスがたまるということで「くれぐれも勉強をしない」時間として自由に使えるようにしたとか。こんな時間をプログラムに組むとはなんと粋なはからいか! でも研究する環境とは本来そのように自由でなければならないと思っています。
■講義録の配布は禁じられていますので、私が考えたことなどをお知らせしようと思っています。オリエンテーションの講義はすでにいくつか終わっていますが自分の中でもう少しあれこれ考えてからにします。
■久里浜の海は近々ホームページにアップすべく準備をしています。
■では、また…

久里浜だより2(2000/5/12)
■今日はNISE(国立特殊教育総合研究所)のコンピューターシステムと研修員のパソコン事情について書きます。
■こちらにきて2日目に自分のパスワードやメールアドレスをいただきました。システムの紹介はNISEの電子計算機係作成のマニュアルから引用します。
====================================
■この端末はWindowsNT Server Terminal Editionを基本ソフトとするサーバに表示されている画面を利用者からの端末から覗いているようなしくみのシステムです。
■この端末本体にはパーソナルコンピューターに搭載されているハードディスクドライブはありません。
■どの端末を利用しても自分のデスクトップ環境で利用できます。どの端末も自分のユーザー名、パスワード、ドメインを入力すればみなさまが最後に利用したディスクトップ環境で利用できます。ですから昨日この端末を利用してWord等で文書を作成して保存したから今日もその端末を利用しなくてはならないというこはありません。受信したメールについても同様です。
====================================
■端末は各研究室、図書室、ブラウジングコーナーなどにたくさんあって、どれを使っても自分の使い勝手で使えるという便利なシステムです。端末のモニターは全部液晶で、これが目にやさしくてとてもいいものです。
■ハードはコンパックです。納入設置はNTT。管理もNTTかな。教育工学研修室が研究所のシステムの維持管理まですると肝心の教育工学の研究をする時間が取られるからたぶん外注でしょう。
■WindowsNTなので端末を使うときにはログ・インの手続きをとります。ユーザー名とパスワードを入力します。それでワードやエクセルなどのアプリケーションを使ったり、ブラウザーを使ってインターネットに入ったりします。メールの送受信はサーバの自分のメールボックスにブラウザーでアクセスします。グループウエアはロータス・ノーツでメールもノーツです。私としては“あの”ノーツを使うことができて感激しています。
■昨年12月にこのシステムが導入され、短期研修のように大勢で本格的に使うのは本年度第一期が初めてだそうです。一度に数十人がログ・インするとどうなるかな、と心配する声もあります。
■研修員はこの端末を使って図書館などのデータベースを利用したり、メールの送受信をしたり、レポートを書いたりします。とくにパソコンを持ってきていない研修員は勤務校や友人とのメールのやりとりに端末をよく利用しています。
■研修員の多くはノートパソコンを持ってきています。プリンタも何人か持ってきているようで、私もキャノンのモノクロ専用プリンタを用意してきました。久里浜に来てから秋葉原に行って初めてパソコンを買ったという人もいます。宿泊棟の2台のグレ電(データ通信ができるグレーの公衆電話)はデータ通信をしたい人が順番待ちすることもあります。
■私はグレ電とIDOの携帯電話のパケット通信の両方を使っています。部屋でメールチェックをするのはパケット、多量のデータをやりとりするときはグレ電です。そうそう、久里浜の映像をいくつかホームページにアップしたのでなにかのついでにでも見てください。いいところです。活断層の上に建てられているのがかなり不安ですが。
■講義に持ち込むパソコンはやはり長時間バッテリー駆動ができることが求められます。長期研修員でひとりパナソニックの Let'sNoteを使っている人がいます。マルチベイにサブバッテリーをつけると10時間近いバッテリー駆動ができるはずです。
■パソコンによって研究がかなり効率的になっているようですが、NISEの教育工学研究部長のオリエンテーションでは、コンピューターはまだまだテクノロジーとしては未熟だという話がありました。研究所のNTもそうそう安定していないようですし、私はMy Documentsを毎日バックアップしないと眠れない人です。

久里浜だより3(2000/5/14)
■久里浜の週末は曇り時々雨でした。それでも釣をする人、ウインドサーフィンをする人、ジョギングをする人たちがいます。それを「趣味」という言い方もしますが、私はもっとちがう言葉を使う方がいいように思うことがあります。私も金曜日の夕方小雨の中を走ってきましたが「趣味」ではないように思っています。だったら何なのでしょうね。
■この土日は東京の姉の家に行って来ました。相模原市の麻溝公園のクレマチス展も行きました。とてもきれいでした。帰りに淡い黄色のリーガルベゴニアの鉢植えを買って来ました。
■さて、先週の各研修部からのオリエンテーションの嵐をどう自分で消化しようかとずっとずっと考えています。各研究部の講義のテーマは全部「障害児教育〜その課題」で同じでした。視覚障害研究室、情緒障害研究室、言語機能障害研究室、知的障害研究室、肢体不自由教育研究室、病弱教育研究室、聾教育研究室、重複障害研究室、教育工学研究室、附属教育相談施設、特殊教育情報センター研究開発部門、全部で11のセクションの講義を50分ずつ何日間も続けて聴くのですから頭の整理がつきかねます。
■各研究室からのオリエンテーションでよく聞かれた言葉に“inclusion”があります。“integration”は子どもたちを障害の有る無しでまず分けてからもう一度いっしょにして教育をすることで、“inclusion”は最初から分けずに教育していくこと、という定義の仕方があります。ユネスコは1994年に“inclusiveeducation”という言葉を使い始めたのかな? でも定義はとくにされていない。“SEN”(special educational needs)という考え方では“gifted”(優秀過ぎる子ども)にもspecial educationを、となります。
■OHPシートや資料には英語がたくさん出てきます。どうして英語なんだろうと不思議に思うくらい英語が多いのです。日本語の訳語があってもわざわざ英語が併記されていたりします。障害児教育に限ったことではないのですが、こうした理念なり概念、原理は欧米生まれが多いように思いますがどうしてでしょうね。
■いよいよ明日から「研究協議」が始まります。研究討議は「テーマに基いて7班ほどのグループに分かれ、約30時間の協議」をするものです。その研究の成果を最終的なレポート(A4版約1000字を10枚程度)とします。
■前以て研究協議のグループ分けの資料とすべくレポートの提出を求められました。「現在課題としているテーマ、特に関心のあるテーマなど1つないし2つに絞って、A4版1枚程度にまとめて4月末までに」郵送するというものでした。私は『養護学校において音楽療法のよさを活かすには』というテーマで書きました。でも音楽をテーマとする人は少ないだろうと思って、幅広く子どもたちと音楽や音楽的要素とのかかわりを考えていきたいという内容のレポートとしました。
■自己紹介で各自のテーマを発表する機会がありました。音楽は私を含めて4人いました。実際のグループ分けは明日行います。研究部の原案のメンバーで集まって各自が意見交換をして、これでやっていけるかどうかを確認し合います。もし自分と合わないと思ったら他のグループに移ることができます。おもしろいシステムです。
■では、また…

久里浜だより4(2000/5/15)
■昼3時頃までいい天気でした。午後の講義が遅れて2時開始となったので昼休みに洗濯をして干しました。真っ白のシャツが海をバックにゆっくり揺れているのはほんとに気持ちのいいものです。
■午前中は研究協議の第1回目でした。知的障害教育コースの69人は最終的に次のようにグループ分けとなりました。
A:自閉児の指導=6人
B:コミュニケーション=9人
C:職業教育・移行教育=7人
D:発達=11人
E:教科学習(国・算)=9人
F:教科学習(音・体・図)=6人
G:自立活動・個別指導計画=9人
H:総合的な学習=6人
I:交流学習=6人
■私はF班で、音・体・図という組み合わせはかつて途中でまとまらなくなったこともあったようです。メンバーの6人は音楽が2人、体育が2人、図工が2人です。音楽・体育・図工と教科は分かれていますが、聴覚・視覚・触覚・前庭覚などへの感覚刺激で積極的にアプローチして子どもたちからの主体的な動きや働きかけを引き出す工夫を研究していくことになりました。1人1時間程度、1回に3人ずつ、計2回の研究協議でお互いの実践や計画、課題を発表して、さらに実践の工夫をしていきます。研究室に相談したり、図書室で調べたり、研修員にアンケートをお願いしたり、場合によっては近隣の学校に参観に行ったりして進めます。レポートはNISEの図書館に製本して納められることになるので緊張感があります。
■午後の講義は『世界の特殊教育』がテーマでした。総合企画調整官の阪内宏一氏が講師です。文部省サイドというと構えてしまいがちですが、私見も交えるたいへん真摯な姿勢で感銘を受けました。こんな講義の終わりには自然と拍手が出ます。
■“SEN”(special educational needs)という言葉を前回の“久里浜だより”に使いました。“SEN”は1978年にイギリスの『ウェーノック?報告』で初めて使われた言葉で、文字通り「special educationを必要としている」という意味で
す。障害がある子どもはspecial educationが必要です。だけど“gifted”(優秀過ぎる子ども)にもspecial educationが必要だという考えです。つまり、どの子どもにもspecial educationが必要で、これが個別の教育課程なんだ、ということですが、保護者の声が大事にされているところが日本とちがうという話がありました。保護者は学校に「お任せします」ということが多くてなかなか保護者の願いが伝わってこない。でも学校は保護者にどれだけ働きかけをしているかな、と私は思いました。
■これは文化のちがいと言ってしまえばそうなんでしょうけど、欧米の個人主義と日本の“日本的な部分”とのちがいはこれから急速になくなってくるんだと思います。日本が欧米に近づくという形で。何事も言葉で説明したり言葉で理解する、というような社会です。これも英語で言う方がよく伝わるかも知れません。accountabilityです。お互いに。(accountという名詞と動詞の意味の方が大事かな。「説明」です。)でも、そうした目に見える関係の急速な変化に心がついていけるのかな、とも思います。
■講義が終わると大勢の研修員は研究棟に直行します。“端末”を使ってメールチェックをしたり、自己研修先を探したりするのです。図書室にもたくさん行きます。私は図書館で調べものがあったのですが、途中、ネコたちと会ってデジカメで写真を撮りました。ノラネコだそうですが5匹いてゴロゴロと寄ってくるネコもいます。ネコたちの映像もホームページにアップしますのでまたご覧ください。

久里浜だより5(2000/5/17)
■16日火曜日は久里浜養護学校の校長先生の話と参観でした。学校のくわしい紹介、学校と地域とのつながりについて、また、「特殊教育」のあり方について話をされました。子どもたちの話、現場の話となると研修員はさらに身を乗り出して聴いて見て深く考えています。
■バス停の「国立特殊研究所」という名前についてのエピソードが久里浜養護学校はじめNISEと地域とのかかわりを表しているようにも思われました。戦前から横須賀は海軍の町だったこともあってか、あそこでは一体何を研究しているのかと不信に思った住民が昨年久里浜養護学校を訪れたそうです。「悪いことはしてませんよ、と説明しました」とのこと。私らは笑ってしまいましたが、校長先生は「笑っちゃいけない、きちんと校長室で対応したんですから」と言われましたから、おそらくかなりの誤解があったのでしょう。でもバス停の「国立特殊研究所」にはびっくりです。
■養護学校はこんなところですというPRをして、学校の特性を活かした公開講座もして地域のみなさんに還元していこうと考えているようです。近隣の養護学校には幼稚部をおいている学校はないので幼稚園や保育所の先生を対象に講座をすることも考えているとか。
■さて、久里浜養護学校は今28人の子どもたちがいて、知的障害と盲・聾・肢体不自由・病弱・情緒などの障害を重複しています。定員が54人なので今はおよそ半分の子どもしかいません。最大でも30数人だったとのこと。6つの教室が廊下で結ばれている構造の校舎で、子どもと会いたいと思っても各教室の奥に行かないと姿を見ることができません。静かでした。
■ある教室に行ったら経管栄養の子どものそばに女の人が座っています。先生かな、と思ったら看護婦でした。なんと、5人の看護婦がいるとのこと。えっ、とびっくりして質問すると、看護婦は学校には付かないので、もともと寄宿舎に付いていた看護婦を、組織を改変して学校で仕事をしてもらうようにしたということです。「私たちはとても助かっています」…それはそうでしょう。とにかく子どもにずっと付きっきりなのです。
■別の教室では、先生が歌いながらギターでコードを押さえて子どもがジャランと鳴らして、それが2人で話をしているかのようでした。
■度会養護の子どもたちを思い出しました。何しとるんかな、今頃、と。
■久里浜養護学校の子どもたちは、朝10時に登校して、幼稚部は1時30分、小学部は2時30分に下校です。通学はスクールバス、自家用車、電車とバス、そして寄宿舎にも9人入っています。
■給食は子どもたちの分しかありません。普通、きざみ、ミキサーの3種類を作って、子どもに合わせてさらに二次調理もします。先生は弁当で、日によっては子どもたちが下校してから弁当を食べることもあるとか。
■学校の前は海です。天気もよくてすてきでした。三浦半島の先までずっと海岸線が見えるのです。
■今日17日水曜日は、午前中はコンピューター実習、午後は文部省の特殊教育企画官の講義でした。
■コンピューターは、基本的な操作の班と、ワードを使ってホームページを作成する班に分かれました。私はホームページ作成の班です。ワードでwebページを作るのは初めてでしたが、ワープロ感覚の操作で作れるので感心してしまいました。でもワードの操作の説明がほとんどなのでもの足りないところがありました。
■休憩の15分はおもしろかったです。「オプショナル・ツアー」でサーバーを見せてもらいました。1つ200万円余もするサーバーがゴロゴロしていて、24時間稼働しています。研究所のコンピューター・システムの心臓部です。管理はNISEの職員でした。
■NISEのコンピューター・システムは2つあって、1つ、いちばん大事なデータベースやメールを管理するサーバーのOSはUNIX(ユニックス)です。とにかく1回スイッチを入れたら1年間何もしなくても確実に動いてくれるんだそうです。もう1つ、端末でワードやエクセルを使うためのサーバーのOSはWindowsNTです。1週間に1回はリセットしないとまともに動いてくれないとのこと。ひどいところは毎日リセットするらしい。Windowsはお金もかかるし(ハードはUNIXの2倍するらしい)トラブルになったらどこがどうなっているのかさっぱりわからない。1台で使うにもOSはUNIX系がいいと強調していました。三重県はWindowsらしいし、大丈夫?
■昨夜、東海圏人会がありました。長期研修員1人、短期研修員12人、久里浜養護学校5人、研究所8人の総勢26人です。三重県からは短期研修員3人だけでした。愛知県は久里浜養護学校と研究所にもたくさんの人材を送っています。
■研修が始まって10日になろうとしています。みなさん慣れてもきましたが、ちょっと疲れ気味。当番はアイウエオ順のせいか、私は日直も掃除も第1週に当たってあわただしく過ぎました。こんなものかな、と思っていましたが、今週はちょっとゆとりがあります。洗濯機とコピー機は人気があるので使うにはタイミングが大事です。夜はみなさんよく寝ます。昼間よく動きますから。精力的に情報収集をしたり、見学や参観の交渉をしたり、コピーをしたり…。26日の自己研修では横浜国大附属養護学校にたくさんの人が参観に行きます。宮城県の養護学校がちょうど研究会なので東北まで行く人も何人かいます。ねむの木学園に行く人もいます。土日も研究会に参加する人もいます。パチンコを10時間以上した人もいます。今夜、東京まで「わらべうたの会」に行った人もいます。26日、私は調布養護学校に音楽の授業参観に行きます。
■では、また。

久里浜だより6(2000/5/20)
■5月20日土曜日、雨。
■東京都港区北青山のクレヨンハウスに行きました。トラや帽子店の『あそびうた大全集』を買うついでにいろいろ見てこようと思いました。
■昼、クレヨンハウスはランチタイムでバイキングです。生野菜をたくさんたくさん取って、ご飯は玄米を選びました。肉はスズキ、そしてシチューのチキンです。スズキ(魚です)がおいしかったです。野菜も米も食材はみんな有機農法で栽培されたものばかりとのこと。しかも新鮮なので歯ざわりも最高でシャリシャリバリバリと音がします。なんでこんなにもおいしいのだろうと甥っ子と2人でパクパクとすごくたくさん食べて大満足でした。1200円+消費税は安いと感じました。
■クレヨンハウスにはずいぶん長い時間いたのですが、5万冊というものすごい本の、ほんのちょっとを見ただけです。子どもの本はものすごくたくさんあるだろうと思って行きましたが、3階の「女性の本の専門店ミズ・クレヨンハウス」の品揃えには驚きました。本屋さんのカテゴリーからすると「社会、哲学、人文、心理学、芸術」というところでしょうか。でも、そんな枠ではくくれない魅力的な本が集められています。バージニア・ウルフ(イギリスの作家)の邦訳がちゃんと出版され続けて何冊も並んでいることも、グレン・グールド(カナダのピアニスト)の書簡集がさり気なく並べれられていることも、まるで自分のために揃えてくれたのではないかと、ふとそんな気にさせる本棚でした。目は点! クレヨンハウスは大阪にもあることを知りました。
■次にカワイ(楽器メーカー)のショールームに行ってグランドピアノを試弾させてもらいました。120万円ちょっとの小さなグランドピアノ(奥行き160cm)ですが、その音のよさに驚きました。芯のある響き、深み、のびやかさ、音が形として見えてくるような、手を伸ばせばふれることができるような音がしました。鍵盤の手ざわりも象牙のそれと似ていて、アクションもきっといいのでしょう、音のコントロール性も及第点でした。これが120万円? 高いけど安い!
■姪っ子のガイドで、青山通りでコーヒーを飲みました。“STARBUCKS”(スターバックス)という外資系のコーヒーショップです。セルフサービスの店です。私はカプチーノにしました。280円。これがすごくおいしい。コーヒーってこんなにおいしいものだったのかとこれもびっくりです。コーヒーは紙コップに入っていて、そのコップはアメリカのシカゴで製造云々と英語でプリントされていました。
■コーヒーを飲みながらいろんな話をして、デビッド・ヘルフゴットのピアノ・リサイタルの話になりました。彼は映画『シャイン』のモデルです。演奏活動をしていることを知らなかったのでまたまたびっくり仰天です。彼はてんかん、精神疾患があります。彼のピアノはきく人のインスピレーションに響くものがあってすばらしい。6月に彼は東京でリサイタルをします。チケットを買ってくれているので彼の演奏がきけることになって感激しています。ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番のCDは日本でも発売されています。
■青山通りとの交差点近くの表参道に“AOYAMA DIAMOND HALL”という建物があります。最近できたものかな。御影石の壁に外国の人が人待ち顔でもたれていて、ここはニューヨークか?とはっとしました。
■ここまで今日はプライベートなことをたくさん書きました。でも、今日は、そうしていながらもずっと金曜日の講義のことを考えていました。
■金曜日から障害児教育の核心の講義が始まりました。金曜日は選択講義で、「発達障害の診断と療育」と「自閉症の教育と医療との連携」のどちらかを選びます。私は前者を選択しました。講師は筑波技術短期大学教授の石川知子先生です。講義のテーマは発達障害全般を含むものと受け取られますが、実際は「広汎性発達障害(=自閉症)」が中心です。
■石川先生は医学博士で、日本に2つしかない小児精神科医療施設の1つ、梅が丘病院で診察もされています。(もう1つは三重県のあすなろ学園です)ドクターの言葉は「先生」をしている私のそれとはちがいます。(行政の人はまたちがいます。)石川先生はそのちがいに共感をもって話をされていました。
■「講義要旨」から引用します。(石川先生のレジメは27ページもあります。)
====================================
■近代医学の進歩により、身体疾患については精緻な自然科学的診断技法が開発されていますが、精神疾患の診断については、残念ながら未だに臨床という経験科学に頼らざるを得ないのが現状です。児童青年精神医学で発達障害とされるものには、精神遅滞、特異的発達障害、広汎性発達障害(=自閉症)の三つがあります。(中略)過半数に精神遅滞が併存する広汎性発達障害は、発生機序も未だに解明されていませんが、人間存在の根源をなすものについての示唆を与えてくれる興味深い障害です。特殊教育の場でも対応が難しいといわれます。それゆえに、講義は広汎性発達障害に重点をおこうと思います。ひとりひとりの子どもに、より適切な教育や指導を行うためには、この障害についての医学的診断や障害にかんする的確な知識が不可欠です。講義では多数の症例を提示し、詳細な解説を加え、障害の本質についての理解を深めて頂いた上で、教育や訓練上の諸問題を考察します。その他の障害(LD、てんかん等)との関連、長期予後(青年期や成人期の社会適応の問題)、薬物療法等についても触れるつもりです。
====================================
■自閉症の定義はICD(WHOによる『国際疾病分類』)とDSM(アメリカ精神医学会による『精神障害に診断ならびに統計のための手引書』)がレジメにあります。石川先生はそれらの定義を「散文的な叙述」と言われました。また、その診断をする際の判断について「コンテクストに合っている」という表現もされました。「コンテクスト context」には「文脈」という訳語があります。でも、これはひょっとしたら日本語にはない概念かも知れません。「文脈」という訳語は誤解が生じるかも知れません。人は自分の体験や経験の上に立ってその時その時の理解なり判断をします。その判断の流れがcontextではないでしょうか。話をしていて「ああ、やっとわかった」と思うときがあります。「腑に落ちる」という表現の仕方もあるでしょう。それはcontextとして理解し得たということだと思います。
■ドクターのcontextと「先生」のcontextはニアミスの連続でしょうか。でも、石川先生の講義はそのニアミスを限りなく近づける前向きなものでした。親のcontextもきちんと考えてみえます。
■クレヨンハウスのcontext、カワイのピアノのcontext、“STARBUCKS”のcontext、“AOYAMA DIAMOND HALL”のcontext、デビッド・ヘルフゴットのピアノ・リサイタルのcontext、今日出会った驚きのそれぞれはそれぞれのcontextがあるが故の驚きだったと思います。簡単にいうとカルチャーショックかな。

久里浜だより7(2000/5/22)
■週明け早々ヘビーな1日でした。IEPの講義が午前中3時間午後3時間、計6時間があっという間に過ぎてしまいました。講義中のメモはなぐり書きとはいえ27ページにもなりました。日直室でも日直がパソコン持ち込んで今日の講義を打ち込んでいました。1人はPowerBookG3…見とれてしまった(^_^)...!
■午前中は熊本大学助教授干川隆(ほしかわ・たかし)先生が『個別の指導計画:考え方と枠組み』というテーマで、午後は佐賀大学附属養護学校教諭瀬尾裕子(せお・ゆうこ)先生が『養護学校における個別の指導計画』というテーマで講義をされました。白熱の1日でした。
■午前中の干川先生の講義はレジメにすべてがまとめられています。干川先生は講義ですべてを読み、説明をされました。(資料最後のIEPの例は紹介程度)
■この『久里浜だより』では講義で印象に残ったことを箇条書きでお伝えします。
====================================
■IEPミーティングが大事。「IEPの作成過程の中心は、IEPミーティングです。ミーティングを通じて親と教師は、共に子どもの教育のプログラムに関する決定を行います。IEPミーティングの一つの成果は、IEPの記録です。この成果は、IEPチームによる関与とチームによって到達した結論について書いた記録です。」(ミネソタ州のIEP作成マニュアル)
■アメリカでは14歳以上の子どもにはITP(Individualized Transition Plans「個別移行計画」)が作成される。将来、地域でどういう生活をしていくことを目指すか、ということ。コミュニティーで、仕事で、レクレーションで。
■「保護者の思いを生かすには」、意見をきくだけではなく、親にビジョンをもってミーティングにのぞみましょうと呼びかけている。まず夢を語ろう。夢みたいなもの大事。PATH(Planning Alternative Tomorrow with Hope「パス」)という考え方。PATHとは夢を絶えず持ちながらなんとかしていこうとグループで考えること。みんなで夢を語っている。かなうかも知れないがかなわないかも知れない。北極星は見えているけど手が届かない。誰が、何がいいとか悪いとかじゃない。「1.夢に触れること−北極星。2.ゴールを感じること。3.いまに根ざすこと。4.参加する人を明らかにすること。5.力をつける方法を見つけること。6.次の数ヶ月の作戦を描くこと。7.次の1ヶ月を計画すること。8.最初の一歩を踏み出すこと。」(http://www.inclusion.com)
■IEPの課題は2つ。保護者の意見を入れることと、どう授業に活かすかということ。
(「引用」はすべてレジメにあります)
====================================
■保護者の意見を入れるにしても、家族支援するPATHの考え方に感銘を受けました。将来こんなふうに生活していけたらいいな、という夢を語り合って、じゃあ、何から始めようか、と話を始めるわけです。このスタートは大事だと思いました。
■こうしたIEPが日本になじむのか。午後は佐賀大学附属養護学校で行われているIEPミーティングと教育活動全体についての講義がありました。内容が多いので今回はまとめられませんが、私はいいなあという感想をもちました。何かの機会にお伝えできたらと思います。休憩のあとで瀬尾先生がしみじみと語った言葉を紹介します。
■「ミーティングやることによって気が楽になった。最初はドキドキ。専門家の話聞ける。役割分担できる。教育実践やりやすくなった。自分だけで決めていないので自信もてる。保護者の了解得ているので効果も上がりやすい。教師だけではIEP作れない。保護者のニーズ取り入れることいちばんいい。『うまくいかないですよね』と言いやすい。教師の意識改革難しい。『私は私のやり方があるんだ』自分がやりたいことが優先課題になっている。支援者に徹する。…してよかったな、と思う。」
■実際のIEP作成にあたっては、様式は各学校で考えるもので、目標は具体的な方がいいこと、などなどありますが、それはそう大きな課題ではないでしょう。
■IEPミーティングのビデオはNISEの図書室にもあるというので一度見たいと思います。全部英語だとか。でも雰囲気はわかるはず…(-_-)…?
■ところで久里浜の猫たちと遭遇しました? こちらでは「もっと猫いるよ」と教えてくれますのでまた取材に出かけます。下のMySiteの右のURLをクリックするとブラウザが起動します。ぜひ猫たちと会ってやってください。

久里浜だより8(2000/5/23)
■今朝は朝寝をしたので8時前に六角食堂に行きました。海が見える窓の前のテレビはちょうど中田喜直さんの遺作の話題でした。中田喜直さんは作曲家です。『夏の思い出』『雪の降るまちを』などの名作をたくさん作曲しました。この5月はじめに亡くなりました。彼の遺作は『すばらしき自然とともに』(こわせたまみ詩)という題です。病床で書いた楽譜はメロディーにコードがついただけのものでした。CやGといったシンプルなコードです。テレビではアレンジされてピアノ伴奏でソプラノ歌手が歌いました。なつかしい中田さんのメロディーです。時間が止まったかのようなひとときでした。中田喜直さんは私に日本語の歌曲の魅力を教えてくれた人です。CDが出たら買い直そうと思っています。
■IEPの講義から補足をしておきたいと思います。IEPの講義をされる先生方はみなさん短期目標は超具体的スモールステップだと言われます。例えば、「登校してランドセルをかける」「服の2番目と3番目のボタンかけをする」とか。これは佐賀大学附属養護学校のIEPです。
■干川先生もIEPを作るに当たっては、今ある情報を利用してスタートすることを言ってみえます。NISEの知的障害教育研究部長山下皓三先生は、まず1つ目標を決めて始めて、子どもとのかかわりの中から出てくることをまた目標にするくらいでと言われました。IEPを作ることに時間と労力をかけてすごい量のものを作っても使われないのではないかということです。佐賀大学附属養護学校のIEPは連絡帳や評価表兼通知表もあるので6様式ですが、少ないところでは1枚という例、評価が○×というシンプルな例もありました。(これは干川先生のOHPシートなのでコピーできませんでした)
■佐賀教育大学附属養護学校では、子どもたちの青年期の姿をめざしてトップダウンの考え方でIEPを作っています。子どもの成長のビジョンは地域で暮らす青年期の姿です。社会資源をどのように利用して自立し、仕事をし、余暇をどうやって過ごすのか、というところから考えます。だから小学部のときからお手伝いをしてもらったお金を貯めて映画を見に行くという学習活動もあります。小学校低学年はボトムアップの考え方も取り入れています。障害のちがいや障害のあるなしにかかわらずこの考え方は意義深いと思いました。
■今日の講義は「行動障害の分析と対応」で1日が終わりました。自傷が主なテーマでした。自傷、他傷、器物破損など行動障害はいろいろな形がありますが、「行動の型より、その行動の役割に注目する」ことが大事だという話が興味深かったです。自傷と他傷では全然ちがうではないかと思うのですが、子ども本人にとって「お母さんに相手してほしい」という意味なら自傷でも他傷でも何でもいいというわけです。知的障害の学校の子どもたちに多いケースかも知れません。もっとくわしい内容を知りたいときは連絡してください。明日の朝は7時集合で町田市まで実地研修に行くので今夜はちょっとご勘弁ください。

久里浜だより8+(2000/5/23)
■訂正です。
■『久里浜だより』8号の「佐賀大学」が「佐賀教育大学」となっているところがありますが、正しくは「佐賀大学」です。もっと正確にいえば「佐賀大学文化教育学部附属養護学校」です。ごめんなさい。
■今日『英和中辞典』を家から送ってもらいました。英和辞典が手もとにほしくなるほどここでは英語が気になる講義が続きます。講義の文脈からして英語の方が理解しやすいのです。これ、私たち教育の現場にいる者にとって大きな課題ではないでしょうか。

久里浜だより9(2000/5/24)
■今日は町田市への実地研修でした。朝7時集合、バス3台で町田市に行って3か所で研修、帰着は10時という予定です。どうして帰りがそんなに遅いかというと、横浜市のビア・ポートで懇親会をして、その後ベイブリッジの大黒パーキングエリアで休憩というちょっとお洒落なコースだったからです。町田市の研修は内容がつまっていましたが、天気は上々、アフター・ファイブは楽しかったです。ビアポートの飲み放題のビールはすごくおいしかったです。ホップの香りが新鮮でフルーティーですらありました。大黒パーキングでいちばん景色がいいのはマクドナルドです。シェイク片手にしばし夜景に見とれていました。
■町田市は就学指導の段階で「判定」ではなく「所見」という言い方で結果を保護者に伝えます。学校または学級を選ぶ情報を多く伝えて保護者は子どもの進路を決めます。1974年に東京都が地域の学校に希望者全員が入学できるようにとの方針を打ち出したので町田市でもそれに沿って取り組みました。かなり重度の子も地域の学校に入学するようになりました。子ども8人で1クラス担任2人という東京都の定数では担任が足りないので町田市が市の予算で指導員と介助員を付けました。そのための予算は小学校と中学校を合わせて年間2億数千万円です。また、市制30周年記念事業として障害がある人たちが働く場として「花の家」や「大賀ぐうし館」などを建設しました。福祉が充実している町田市には、障害がある人と家族がわざわざ引っ越してくることもあるそうです。ここまでの道のりは障害がある子どもの保護者や市のケースワーカーの人たちのたいへんな努力があってのことと聞きました。
■ところで「ぐうし」という言葉を聞いたことありますか? 漢字は第二水準だとあるのかな? 「藕絲」です。1951年(昭和26年)に千葉県検見川遺跡から発見された2000年前のハスの実3つのうち1個が発芽に成功。実の発見から発芽までを指導した大賀一郎博士の名前をとって「大賀ハス」と名づけられました。そのハスの茎から抜き出したクモの糸のような細い糸が藕絲です。藕絲を紡いで織って織物にしたり、ハスの実を念珠にしたりと、ハスをいろんなものに加工している町田市の通所授産施設が「町田市大賀藕絲館」です。そんなもの売れるのかな?と思っていましたが、商品開発もどんどん行って売れ行きは好調だとか。私は念珠を買ってしまいました。不思議な魅力があります。一度藕絲館を出てバスに向かって歩きだした研修員が、どうしようかな、まだ時間あるかな、と言いながらハスの実の念珠を買いに戻ったりしていました。
■『久里浜だより8+』の最後に英語のことを書きました。これは私のこだわりです。障害児教育は、というか障害児教育の用語も英語がたくさん使われていて、ほんとに自分のものになっているかな、どういう意味でその言葉を使っているのかな、と疑問に思うことがあります。障害児教育の考え方、理念、理論などは外国生まれのことが多くて、主に英語圏から伝わってくるので英語のままなんでしょうね。でも、そこでどうして訳語が生まれないのだろう、訳語が生まれてもどうして使われないことが往々にしてあるのでしょうか。保護者と話をするとき、英語では話したくないな、と思いつつも、保護者にとっても英語の方が理解しやすいのかな、とも思います。
■このところ洗濯物がたまっています。明日は洗濯だな…

久里浜だより10(2000/5/25)
■午前中の研究協議で自分の実践紹介や課題についての協議をしました。今日は私の番で1時間くらいしゃべったり歌ったりしました。『あおむしくん』や『ぶたさんぶうぶうこんにちは』を実演したので度会養護学校の子どもたちの顔が次々と浮かんできて音楽室で授業をしている気分になってしまいました。
■午後は弘済学園園長飯田雅子先生の講義で、テーマは『知的障害への福祉的対応』です。通勤寮やグループホームで生活する人たちのようすをビデオで見せていただきました。6月1日には実地研修で弘済学園に行って行動障害の研修もします。
■明日は東京都立調布養護学校に行って小学部5・6年と中学部の音楽の授業を参観させていただきます。夕方、久里浜駅近くまで行って手土産を買ってきました。調布養護学校はここから片道3時間もかかります。11時の授業に間に合わせようとすると7時半頃のバスに乗らないと間に合いません。時間もかかるけどお金もかかります。こんな旅費は出ないんだろうな…。
■こちらでは歩くか走るかバイク(ロードレーサー=自転車)で用を済ませています。夕食にと駅前でポパイハンバーグ弁当を買ったのですが、弁当をバックパックに入れると横になるというか縦になって汁がもれたりします。今日は調布養護学校への手土産が入っているので絶対ダメ。しまった、どうやって帰ろう。そのへんで食べるような場所はない。あれこれ考えてDHバー(肘を乗せるタイプのハンドル)に弁当を乗っけて帰ることにしました。でもバイクはすごい振動で、梅干は動く、漬物もあっちこっちして、やっと海が見えるところまで来たとき振動と風圧で袋がずれて弁当が飛んでいきそうになってまいってしまいました。みなさん、自転車で弁当を買いに行くときはよーく考えましょう。
■今夜は7時から不登校の勉強会が始まっています。私は文集作りの編集会議に出ます。文集の名前は『野比2000』だとか。「野比」は「のび」と読みます。NISEの所在地名です。ヘンな名前だなぁ…

久里浜だより11(2000/5/26)
■午前10時45分頃から午後3時45分頃まで、延々5時間も調布養護学校にいました。給食をはさんで授業を2時間参観させてもらったのでそうなりました。
■調布養護学校は校舎新築のために府中市に仮住まいです。窓の外を見ると府中養護学校の超豪華な校舎が見えます。どっかのテーマパークのようです。屋内プールが2つもある。米軍キャンプの跡地利用、だからこれだけのスペースがあるのです。しかもバブル全盛期の遺産です。超豪華です!
■調布養護学校では小学部6年生と中学部の音楽の授業を参観させてもらいました。次々と繰り出されるプログラムに私も惹きこまれてしまうほどの小気味よい流れでした。
■なんと、ここにもバイオリンを弾く先生がみえました。授業で『ユーモレスク』をきかせてくれました。子どもたちはしっかり見てしっかりきいていました。バイオリンの生演奏は子どもたちを惹きつけますね。横浜国大附属養護学校中学部の先生もバイオリンを授業に活用してみえます。(こちらはビデオでありますので見たいときは連絡してください。)
■中学部ではパネルシアターをブラックライトでしていました。音楽室に暗幕があって、きれいに浮かび上がる星やおもちゃには自然と気持ちも集中してしまいます。
■調布養護学校ではリトミックを音楽などの授業に取り入れていました。調布市では音楽療法士がセッションを行っていて、毎年1回、養護学校の先生と意見交換をしているそうです。学校のオフにセッションに通っている子どもたちも少なくないようです。
■あとでいろんな話を聞かせていただいて、スクールバスで帰る子どもたちを見送って帰ってきました。
■毎日毎日すごくたくさんのことが頭に入ってきます。自分でどう消化しようかとあたふたとしていると夜が明けてまた新しいことが入ってきます。今日もそういう状態で、調布養護学校を出て電車を乗り継いでどうにか銀座のヤマハにたどり着いて、あっという間に2時間以上が過ぎてしまって閉店でした。ヤマハでは奈良市の音楽療法の取り組みの本と、Jポップからクラシックまで355曲がコード入りでのっている楽譜を買いました。『エストレリータ Estrellita 』という曲をご存知ですか? すてきな曲です。この曲がのっているので買ってしまいました。
■研究協議の「音楽・美術・体育」という組み合わせでどういうレポートができるのか、わからないことが多いので楽しみでもあるのですが、やっぱり不安です。NHK教育テレビの『ストレッチマン』や青山の『こどもの城』をプロデュースされた小串里子先生は、都内の養護学校勤務中に美術と音楽、体育という組み合わせの学習を研究されていました。3教科を組み合わせたというよりも結果的に3教科を合わせた学習になったというべきでしょうか。6月に小串先生からそのあたりの話をきかせていだだく機会があるかも知れません。今は退職されて埼玉にお住まいとのことです。
■自分の頭の中を整理する時間がほしくなってきたこの頃です。

久里浜だより12(2000/5/29)
■久里浜での研修が始まって3週間、「座学」をなんとか続けてきましたが学校現場との環境のちがいはやっぱり大きくて、かなり意識して体調を整えなくてはならないと実感するようになりました。食堂の食事の量が多くて運動量が急に減ったので体がついていかないのだと思いました。土曜日は雨が降る前に買い物に行って不足しがちな野菜などを仕入れてきましたがあとは部屋で寝ていました。疲れがたまっている。ひたすら眠る。こんなはずではなかったなぁ、明日も雨か、とぼーっと考えていました。講義や参観が続くとこんなのかと初めて知りました。講師の先生方もたいへん中身のあるお話をしてくださるのでなおさらです。あと、いちばん前の席にいることも原因の1つかな? OHPなどが見やすいし居眠りしない! でもストレスにもなる…。先週末から摂るエネルギーも減らして朝はパンとサラダにしました。そして運動です。昨日は天気予報を裏切ってまずまずの天気だったので鎌倉までバイクでロングライドをしてきました。いろいろ寄ったので往復で76キロ走りました。湘南は強い風と高い波でサーフィンやウインドサーフィンをする人がいっぱいでした。ところがものすごい潮風と砂嵐でベトベトザラザラになって帰ってきました。江ノ島もかすんでいました。
■今日の午前中は東洋大学助教授緒方登士雄先生の『ノンバーバル・コミュニケーション』という演習でした。机を端っこに寄せてノートもとらずにノンバーバル・コミュニケーションの体験です。先生役と子ども役の2人1組で言葉を使わずにやりとりしました。「立ち上がり、おじぎをする」など、先生役は子ども役がそうするように手で伝えます。勤務先で介助の研修もしているのでこれはちょっとうまくいきましたね。子ども役を体験するとまたちがう感じ方なのでいい勉強になりました。
■午後の講義はNISEの知的障害教育研究部長、文部省の教科調査官などを歴任された埼玉大学非常勤講師宮崎直男先生の『知的障害教育における教育課程と授業づくり』でした。教育のプロだったらこれくらいは…という迫力のある話で始まり、戦後の学習指導要領の特徴や裏話など興味深いものがありました。終わりは子どもたちの作品のスライドを80枚見せていただきました。宮崎先生は美術の先生だったわけです。チャイムが鳴ってからの先生の言葉はホンネ中のホンネだと思いました。「教師がねらっていることが身につけば生単でも教科でもいい。子どもの生活がベースということがいちばん効率がいい。」
■3日土曜日には小串里子先生から話を聞かせていただくことになりました。楽しみです。(小串先生は前回の『久里浜だより』に登場!)

久里浜だより13(2000/5/30)
■午後は「体育・健康」の時間でした。私は城ヶ島まで走ってきました。長い距離をゆっくり走ることをL.S.D(Long Slow Distance)といいます。(L.S.Dという呼び方はちょっとあやしい。)道を間違えたので延々4時間以上走ることになってしまいました。でも三浦半島の最南端まで行って満足です。距離は30キロを越えていると思います。あと少し、というところで自動販売機でお茶を買ったら、なんと「あたたかい」お茶だった。今頃こんなもん売るな!
■いくつか同時進行で考えていることがあって、というか私の頭では理解できないのか、どうもすっきりしなくて気分転換にパソコンの雑誌でも買ってこようと夕方出かけました。ところが本屋で買ったのはパソコンの雑誌ではなくて『Newton』の7月号でした。特集が「神の設計図〜すべてはDNAから始まる〜」です。これを見たとき、はっとしました。
■午前中の講義は湘南福祉センター診療所長の猪股丈二(いのまたじょうじ)先生の『知的障害への医療的対応〜発達障害とその援助〜』でした。猪股先生は30年以上にわたって神奈川県の障害児を医療の立場からサポートされてきました。養護学校の校医としても学習内容について具体的なアドバイスをしてみえます。今日は知的障害、自閉症などの障害に対する医学的な分析と治療について話していただきました。
■教育現場にいる私は障害がある子どもたちを臨床的に見がちです。でも、医学的な選択肢としては自然科学的生理学的な方法論もあります。内臓の病気はもっぱらこっちですね。ややこしい言い回しなんですけど、障害もDNA分析で解明する話が今日ありました。自閉症のDNA分析はすでに始まっていて「Y染色体の異常に基く自閉症はわかっている」とのことです。DNAですから遺伝的側面も当然論議されます。これについてどう考えるべきなのか。心がそれを受け止める準備ができているのか。人権と倫理の課題です。猪股先生を「Y染色体…」という話だけで話題にすることは慎重になさってください。猪股先生は障害がある子どもたちと家族、まわりの人たちをあたたかい気持ちで見つめて治療を続けておられます。また自閉症という言葉も曖昧な側面がありますね。石川知子先生の講義では自閉症の診断は散文的な定義で行われているという話もありました。「自閉症スペクトラム」という考え方もありますね。“spectrum”は英和辞典で「(多種多様だが関連のあるものの)連続体」という説明があります。こんなことわざわざみなさんに説明することもないのですが、私はそう考えているという私の「文脈」をお伝えしたかっただけです。(^_^)
■DNA分析は今や企業の投資として行われてます。塩基の配列は著作権がらみです。その世界を垣間見したくて『Newton』を買ったのですが、この雑誌はちょっと良心的過ぎますね。NHKテレビの特集番組はドロドロした企業間の競争を描いていました。アメリカ政府もからんでましたね。
■猪股先生はテレビなどのマスコミの伝達内容をチェックする仕事もしてみえます。テレビで暴力シーンが増えてくると十代の暴力行為も増えるという相関関係を明らかにして民間放送に申し入れをされたとのことです。今回の「17歳」の事件の扱いもたいへん憂慮されていました。
■ところで、話はがらっと変わりますが、ゴキブリは人に慣れるものなのでしょうか。部屋に大きなゴキブリが1匹(たぶん1匹)いて、ずっと観察しています。ひょっとして人に慣れて手乗りゴキブリなんてなったらおもしろいと思うんですけどね。

久里浜だより14(2000/5/31)
■午前中にNISEの中度知的障害教育研究室長の小塩允護(おじお…)先生の『就労をめぐる課題と対応』という講義がありました。
■小塩先生は今回の知的障害教育コースの研修を担当してくださっています。たいへんユーモアのある方で、実地研修のあとで横浜ベイブリッジに寄るとか、粋なはからいをしていただいています。プリント類もおもしろくていい記念になります。
■テーマは「就労」ですが、進路全般についての講義でした。養護学校の高等部への進学者はどんどん増えているのに高等部卒業生の就職者は減っているというデータに驚きました。就職率ではなくて就職者の実数です。就職すべきかどうか、その判断はそれぞれの価値観によりますが、たくさんの生徒が高等部に進学しているのですからもっと仕事にチャレンジしてもよさそうに思います。そのシステムはどんどん充実してきているので「学校の先生もがんばれ」です。社会性や子どもの得意分野を伸ばす、また、仕事をして報酬があり、そのお金を使う楽しみを知り、そして社会に役立っているんだという充実感を味わう学習を小学校低学年から始めるプログラムが10数年前からアメリカでできていることを知りました。東京都立王子養護学校の高等部卒業生の就職率は60%で、平均が10数%ですから抜群の就職率です。王子養護学校はそれだけの進路学習をきちんとしているとのことです。知的障害教育コースの講義なのでそちらにシフトした内容でしたが、障害がある人たちの就労の厳しさをあらためて知ると同時に、どんどん変わりつつある社会の受け皿システムについて自分がいかに知らなかったかということを反省しています。
■それにしても今日も英語がたくさんたくさん出てきました。OHPの資料もアメリカのもので英語! がんばれニッポン!
■午後は研究協議の3回目でした。音楽・美術・体育という3教科の“先生”が集まってあーでもないこーでもないと1時間も延長して話し合いました。どーなるかな。
■話題がかわります。
■夜、みんなとお酒を飲んだりしていていいなぁと思うことの1つにいろんな方言が聞けることがあります。これはテレビドラマで俳優が勉強して喋る方言ではありません。今その地方で使われている生きた言葉です。方言とはこんなものだったのかと、そうですね、大学の時以来でしょうか、こんな出会いは。話をしていても方言だとその人の言葉、という感じです。方言で話しかけられたらウソでも信じてしまいそうです。沖縄から来ている人は、勤務校の校長先生から「くれぐれも標準語で話をするように」と言われてきたとか。たしかに方言だとさっぱりわからなかったです。
■石垣島から来ている人は石垣島の祝歌などをきかせてくれました。これもすてきでした。沖縄のメロディーとも似ているのかな。強い日差し、青い空と青い海、白い砂、生い茂る亜熱帯の木々や色鮮やかな花、そして暖かい風。「南の風」というイメージが好きな私にとってはうっとりするような歌でした。私の「こだわり」からすると、親子3代が集まっていっしょに歌える(ときには踊れる)歌がそうしてきちんとあることがすばらしい。その人はわらべ歌やリトミック、音楽療法も研修の対象にしています。
■明日は朝7時集合で弘済学園に実地研修に行きます。小塩先生の話だと弘済学園の実地研修は毎年雨だとか。明日はよさそうですね。今年の短期研修員の心がけはいいんだよ、な!

久里浜だより15(2000/6/1)
■神奈川県秦野市の弘済学園に実地研修に行ってきました。弘済学園は知的障害の児童施設です。入園している210人のうち児童は170人で、40人は19歳〜22・3歳の大人です。児童施設に大人が入っているのは全国的な傾向で、これは在宅が増えたこと、少子化、そして療育を続けるための延長入園が認められているからです。
■弘済学園の大きな特徴は、神奈川県立伊勢原養護学校の先生25人が施設訪問教育を行い、弘済学園の先生とTTを組んで子どもたちの療育・学習に当たっていることです。授業を参観させていただいたところ、例えば「音感」という時間には、8人の子どもたちに2人の養護学校の先生と2人の弘済学園の先生がTTを組んで学習を進めていました。
■知的障害、自閉症、ADHD、強度行動障害の子どもたちが入園しています。弘済学園の子どもたちは、家ではどうしていいかわからない、家族が疲れきってしまった家庭から来るとのことです。弘済学園では毎日の生活をわかりやすく構造化して、子どもたちが安心して生活できるように、ゆったりと時間をかけて接しています。
■自由見学の時間に「音感」を参観させてもらいました。
■音感…音楽ではありません。音楽という名前でもよさそうですが、あえて教科のにおいのする名前よりも子どもたちの受け取り方を大事にして名づけたようです。
■「音感」の時間のプログラムです。
「2」組(小学部低学年?)
1)はじめのあいさつ
2)シャボン玉が飛ぶ中を走ったり歩いたり
3)名前でよびかける歌…(この時間はここまでは見ていません)
4)スキンシップ1(室内アンサンブル曲)
5)スキンシップ2(ピアノ曲)
6)絵本『フレールジャック』(A2判のスケッチブック1ページの1枚の絵)
7)絵本『おかあさん』(同じく1ページ)
8)おわりのあいさつ

「1」組(小学部低学年?)
1)はじめのあいさつ
2)名前でよびかける歌(子どもたちに歌いかける人とピアノを弾く人)
3)スキンシップ1(室内アンサンブル曲)
4)ウォーキング(『となりのトトロ』の『さんぽ』)
5)絵本『おはようクレヨン』(ストーリーを追ったたくさんのページ。歌は谷山浩子)
6)おわりのあいさつ
■音感の部屋のオーディオ・システムがすごいものでした。ホーンスピーカー、セパレートアンプ、という凝りに凝ったシステムです。だから耳にやさしいやわらかい音です。これは1972年の建築時からだそうです。部屋の中には大きなグランドピアノと子どもたちのいすが8脚あるだけ。床はカーペットです。
■プログラムはあくまでも静かに落ち着いて、子どもたち一人一人に声かけとスキンシップをしながら進められます。
■ホーンスピーカーからのやわらかな音、先生のあったかくてすてきな声。名前でよびかける歌のときのピアノは、子どもたちに歌いかける先生の微妙なニュアンスに見事に合わせて、また、間奏は次の子どもに合わせてコントロールして子どもたちに語りかけます。自分に歌いかけてくれる先生の目を見て、手を握ったりさすったりしてもらっている子どもたちはほんとにうれしそうでした。授業を進める人とピアノを弾く人はやっぱりちがう方がいいと思いました。分担ですね。(この時間はビデオに撮らせていただきました。)
■元気一番という音楽の授業もあります。でも弘済学園の子どもたちはこの時間にリラクゼーションを求めているんだな、と思いました。入園前の安心できない日々を背負っている子どもたちの緊張を解きたいと願っているとのことでした。
■スキンシップは床にねころがったりいすに座った子どもたちの体をさすったりします。音楽はフォーレっぽい感じでした。フォーレではないと思いますが。
■音感の時間は音楽療法に近いアプローチを目指している、等の説明がありました。
■障害がある子どもたちが安心して暮らせる場と時間を用意して、そして作業学習などを通して自信がもてるように支援していく、それが24時間ケアの弘済学園の強みだと思いました。
■今日もまたまたたくさんの勉強で頭の中は飽和状態なので今夜の『久里浜だより』はこれで終わりにしますが、「構造化」の具体的な手立てなどお知りになりたいときはご一報ください。

久里浜だより16(2000/6/2)
■久里浜の猫の名前が1匹わかりました。車の下で寝ている牛になりたい「茶トラ」は「みかん」でした。今日、図書室からの帰り、NISEの裏庭でいつものように寝ている茶トラをゴロゴロいわせていたら、「この子、みかん…みかん、名前」と後ろから声がしました。教えてくれたのは長期研修員でたぶん中国からきている人でした。「この子、男の子、だから、みかん」と言うのですが、なんで男だったら「みかん」なのだろうか。(彼女はここで英語が実用となっています。つまりそれだけ英語ができる人がここにはいるのだ!)
■今日の講師の福山平成大学教授の田口則良先生のお話では、昨年は17匹の猫がいたそうです。しかも噛もうとしてきたとか。今年は5匹しか見なくてどうしたんだろうと話してみえました。
■田口先生の講義のテーマは『授業研究の理論』でした。支援でいちばん大事なことは先生が「待つ」ということ。そして「受け止める」。もう20年も前にNISEで講演を依頼したある先生は、子どもからの主体的な関わりを待つことの大切さを示すために、なんと、ずーっと黙っていて、「どうしたんですか?」などの問いかけにも「うん」とか「あー」しか言わなかったとのことです。信じられない話ですがホントらしい。なんでそれで講師料もらえるの?と思ってしまった。
■授業例の紹介もありました。実体験、直接体験をすると「生きる力」がつきやすいが、失敗してもすぐには手伝わず、回数を重ねることによって子どもが学ぶのを待つことの大切さを強調されました。
■そして「集団を生かした個の学習」の具体例がいい勉強になりました。集団の構造化…これだけだとよくわからないけど、みなさん興味がありましたらなんとかします。指導案もあります。集団の力をうまく利用することでかなりの能力差があってもいっしょに学習できる、という実例でした。昨日の弘済学園でもグループ・ダイナミクスの話が出ました。
■最後に北九州の養護学校の実践例で、肢体不自由と知的の重度の重複障害がある子どもの学習が紹介されました。小学部5年生の男の子。ADLが1〜3ヶ月。先生が抱いて好きな歌を歌って揺らすとうれしそうな表情がちょっと出る…。そのようすを見た田口先生は、先生と子どもは共感以上、一体となっている、と感動されたとのことです。養護学校の先生は歌や言葉がけのときに「間」をつくって子どもからの返事や要求を受け取り、学習を進めていく。そうして子どもがかすかながらも表情で要求すること、それが彼の生きる力に結びつくんだという指導です。その話に研修生はシーンとしましたが、私は勤務している度会養護学校の毎日を思い出してしまいました。
■その先生の歌を「すごく上手、ききほれた、こっちまで気持ちよくなる」と田口先生はしきりに感心してみえました。養護学校の先生は歌が上手な人が多いですけど、とくに上手という先生がいますね。たぶん才能でしょう。昨日弘済学園で音感の学習を担当されていた先生もそうでした。私はそんな人がうらやましくて仕方がない。
■今日は1人の先生の講義を午前中3時間、午後も3時間、それぞれ10分の休憩をはさんでずーっときいていました。いちばん前でひたすらノートをとりながら。ノートは29ページも使った。ぼーっとしてきて先生のジョークまでみんな書く。今日までに使ったノートは300ページをこえました。ということは研修が終わる頃には600ページか…。こんなノートの取り方は下手です。でも言葉の積み重ねから見えてくるものがあるような気がします。
■こだわりの強い私ですからノートにもこだわっています。A4のルーズリーフを見たことありますか? B5だと26穴、A4だと30穴です。B5は携帯に便利だけど1枚の情報量が少ない。A4は視覚的にも広々感があっていい。ところが、ファイルするための30個の穴とフォルダーに整然と並んだ30個のリングは私には几帳面過ぎて長く付き合えないのです。A4のメリットをわかっていながらも「やめてくれー!」という気分になってしまいます。でもルーズリーフのメリットは無視できないので、今回の研修ではA4の3穴のルーズリーフを使うことにしました。A4といっても縦の長さが2〜3センチ短い。だからA4版の資料はファイルできないというやっかいなサイズです。しかも穴が3つしかないので1つの穴にかかるストレスが大きくて破けやすい。それでも使いたい。これだと不思議にいろんなアイデアが浮かんできて仕事や趣味がはかどります。NASAのマニュアルもみんな3穴のこのサイズです。つまりアメリカの規格です。ファンはきっと多いですよ。三重県では四日市のパワーシティーのオフィス・マックスで入手できます。ほんとは無地を使いたいのですが東急ハンズでも無地は置いていません。私の筆記用具は中字の万年筆です。東急ハンズで2000円で買った安物ですが太い字がおおらかで安心感があります。インクはモンブランの明るい明るいブルーを使っています。南の海の色のつもりです。
■明日は朝から大宮に行って小串里子先生のお話を聞かせていただきます。そのあとは…軽井沢だ!

久里浜だより17(2000/6/5)
■3日土曜日に大宮の小串里子先生のご自宅に行ってきました。1時から延々6時間半、夜の7時半過ぎまでたくさんのお話を伺い、夕食までご馳走になってしまいました。なので私は軽井沢に長野新幹線で行くことになりました。
■小串先生のお住まいは日本版ログハウスです。よくあるログハウスのように天井が高くてロフトがあります。でも法隆寺の五重塔などと同じ「田の字」工法で日本の杉材がふんだんに使われていてほっとする空間です。壁のウォーホールの作品などはみんなホンモノ! えっ!と小市民は電卓に並ぶ0の数を想像してしまった。
■小串先生は94歳のお母さんに経管栄養や吸引などの「医療的ケア」をしながら、食事の用意をしながら、表現についてたくさんの話をしてくださいました。夕食は、麦や玄米、ごぼうなどが入ったご飯にオリーブオイルをかけて焼いた鮭、そしていっぱいの野菜でした。薄味でとてもおいしかったです。
■またまたたくさんノートを取りましたが、今はキーワードだと思う言葉を並べることしかできません。でも、お伺いした研修員3人が求めるところだと思っています。音楽・美術・体育という「教科」は「表現教科」だということです。
■私がまとめたキーワードです。
====================================
小串里子先生との話し合いから(2000.6.3 SAT)

・21世紀は個人の個性よりもコミュニケーションの中から何か出てくる。
・社会性をもった美術。
・造形遊びはやってみてそのおもしろさがわかる。大学生もおもしろい。
・行為が問題。結果は問題ではない。
・体動かして何かすること大事。
・集中、呼吸の安定。
・その子らしさが出ていることが大事。プロのアーティストはコンセプトを出すことに懸命。
・音楽→心が動く→体が動く→出てくるものでまた体が動く。
・体が動くと心が開放される。
・年をとっても創造的な人は60歳以上がいちばん創造的。自己表現は簡単じゃない。それをさがしてどこまでもやっていく。
・音楽の時間に先生の歌をきく、手遊び、リズム…心が開き、他の時間に落ち着く。
・楽しみのないコミュニケーションない。
・生き生きと楽しめて体を動かすことの意味、表現教科でバラバラで技法の順序性追わない。21世紀はこうなる。
・個性を強く出せばいいというのでない。今教育界で起こっている問題すべてコミュニケーションがうまくいってないことから。
・癒しへのエネルギー。
・心を開く表現体験。
・仮装じゃなく変身。
・総合表現学習。
・表現の拡大。
・表現しようという心、だれかが引き出す、自分で引き出す。
・動けば気持ちは開く。人を動かす。
・プレイセラピー、サイコセラピー。心の治療になる。
・音刺激大事。バラバラにするよりもまとめる方が心が開く。劣等感もたない。まちがいというものない。出てきたものから評価するもの探す。先生は評価できなければならない。「どういうふうにしたいのか」。失敗はない。
・偶然性から発見していくことの心のメカニズムが表現では大事。
・みんなでやるとコミュニケーションがある。
・美術、音楽教育は統合されていく。枠はない。子どものトータルな表現としてやっていく。
・コラボレーションの方向でいく。
・心を開く表現活動。
・五感を統合する。体育と美術、無関係ではない。
====================================
※“collaboration”は「共同、協力、共同研究(制作)、共同研究などの成果、共同制作品、共著」という意味ですが、続く“collaborationist”には「《軽蔑的》(敵などへの)協力者」の意味があります。(小学館『 PROGRESSIVE英和中辞典』)
■前にも書きましたが小串先生は都内の養護学校でずっと勤務されて、「子どもの城」やNHKの「ストレッチマン」をプロデュースしてみえます。そのほか、ここNISEの短期研修の講師、武蔵野美術大学の講師、現代音楽の作曲家とのコラボレーションなどもされてきました。40年間一貫して「表現」行為の意義を追及、最近やっと「あなたのいうようになってきましたね」と言われるようになってきたとのことです。
■小串先生が具体的にどうやって授業を進めてみえたのか、それはまたの機会にします。小串先生の実践は本になっています。写真がたくさん入っていて3000円を越す値段となったので、小串先生が若い人たちが買えるようにと1冊あたり約1000円、350万円を負担することにされたとのことです。だから2200円という値段です。
■小串里子著『ワクのない表現教室〜自己創出力の美術教育〜』(フィルムアート社 2000.2.21 2200円)
・養護学校から美術大学まで…障害・年齢の枠を超えて
・美術教育の思索と27の事例集
■軽井沢では絵本美術館のブラティスラヴァ世界絵本原画展がとてもよかったです。『スイミー』の原画を見ることができました。1963年の作品なんですね。私が小学校に入学する前の年です。原画はどれも見る人の目を強く惹きつけます。目録を買ってきましたがそれを見ながら美術館で見た原画の肌触りのようなものを思い出しています。でも印刷されても絵本はやっぱりいいものです。
■軽井沢は寒かったです。夜12度の中を半袖で歩いた。翌日は晴れて浅間山がとてもきれいに見えましたが寒いのでまいりました。
■今日5日月曜日の講義は北九州市教育委員会主幹の野依啓多(のより…)先生が『養護学校における授業研究の実際』というテーマで、北九州市立八幡西養護学校の取り組みを中心に話をしていただきました。八幡西養護学校は肢体不自由と病弱の養護学校です。やはり重度の子どもたちばかりです。高等部と中学部のビデオを見ながら度会養護学校を思い出していました。ビデオは総合学習の「外に出かけて楽しもう」(高等部)と「かっこよくなろう」(中学部)のようすでした。「かっこよくなろう」では茶髪を選んだ生徒の髪をほんとに茶色に染めてしまうのだそうです。もちろん保護者には前以て総合学習のねらいを文書で説明し、単元に関わる1人1人の生徒の家庭でのようすについて保護者から情報を提供してもらって学習活動を計画します。くわしいくわしい資料があります。小学部は年間計画だけですが、小・中・高の3つの学部が縦の連携をもって計画しているものです。入用でしたら連絡してください。(平成8年度なので「総合的な学習」ではありません)
■明日はまたまた朝7時集合で南沢学園に実地研修です。明後日は自己研修で深谷市のさくらんぼ保育園でリトミックの研修です。明日の夜は深谷市に泊まることになります。さくらんぼ保育園では朝9時半から2時という長時間のプログラムで給食も食べます。なんと500円。1食500円の給食なのでどんなに豪華なのだろうと期待もしています。でも動きやすい服と着替えを用意してほしいとの連絡もあって、ひょっとしたら1日保育士をするのかも知れない。これは未体験だ!

久里浜だより18(2000/6/7)
■2日連続の所外研修で疲れました。
■昨日6日火曜日は東京都立南大沢学園養護学校で実地研修をしました。高等部の産業技術科、手作り教具、中学部の音楽の授業、等々たくさん勉強になりました。
■帰り、南大沢駅で貸切バスから降りて埼玉県深谷市に向かいました。深谷市は遠くて遠くて深谷駅に降りたときには夜8時半を回っていました。デニーズで夕食を食べてホテルに着いたのが10時でした。
■今日7日水曜日は朝からさくらんぼ保育園に行きました。さくらんぼ保育園に行ってまず目に飛び込んできたのは4メートルくらいの土山とそこで泥だらけになって遊ぶ子どもたちと先生でした。保育園のまわりは高い高い木々にかこまれて広い木陰を作っています。そこにいるだけで心が落ち着く空間でした。
■子どもたちも先生もはだしです。私たちもはだしになるように言われました。さくらんぼ保育園をわかってもらうには子どもたちといっしょに過ごすこと、それが第一歩というわけです。
■子どもたちと“リズム”をしました。先生が弾くピアノでいくつかの動きをします。背骨をやわらかくする動き、風やトンボになりきって走り、ヒノキの床に腹ばいになって両生類の動きをする…子どもたちはほんとに楽しそうに動いていました。私も楽しかったです! 子どもの頃を思い出していました。さくらんぼ保育園の理念はそうして体で感じることがいちばんの近道だということがわかりました。理論付けはきちんとありますがわざわざ言葉にすることもないでしょう。体を動かすと心も開く、これは小串里子先生の思索ともつながります。
■さくらんぼ保育園には障害がある子どももいました。知的障害の子どもで、リズムで楽しそうに走ったりしていました。これまでもたくさんの障害がある子どもたちを育ててきました。学童保育所も運営していて、養護学校の生徒は高等部まで入ることができます。
■新潟大学の大学院生も私たちといっしょに“実習”に来ていました。彼の専門は建築で、保育園の環境はもちろんのこと、保育園を核にした地域の横のつながりを研究テーマにしているとのことでした。彼のテーマは“保育園の地域センター化”とも言えます。さくらんぼ保育園と保護者の連携についても質問していました。大学でもそうした研究が進む中、学校と保護者、学校と地域の関係も変わってきます。私なりのビジョンをもって考えていきたいと思いました。
■さくらんぼ保育園を出たのが3時半。すぐに東京に向かって渋谷のブックファーストに行きました。久里浜に来て初めて大きな書店に行きました。教育の本ってこんなにたくさんあるのか、と感動すら覚えました。小串里子先生の本と交流学習の本を買いました。
■その後、同行の4人で食事をして閉店間際の東急ハンズで3穴のノートを買って、またまた電車に乗って、自分の部屋に帰ったら10時を過ぎていました。疲れました。明日からまた座学です。

久里浜だより19(2000/6/8)
■いよいよ梅雨入りですね。明日から天気がくずれると聞いて今朝早く洗濯をしました。いい天気で昼までにすっかり乾いたのに取り込まなかったら午後の講義の終わり近くに雨が降ってきてシャツの肩が濡れてしまいました。あーあ…
■今日の講義は上智大学教授の飯高京子先生の『言語の発達と障害』です。
■レジメのいちばんはじめの項目には、
1.はじめに
1)自分自身を知り、好きになろう
2)自分の 器を大きさ と やわらかさ
3)ひと として 生涯 成長しつづけよう
とあります。
■講義のはじまりは先生ご自身の満州での体験でした。終戦直前にソ連が攻め込んできて女と時計を要求したこと、日本軍も同じことをあちこちで行ったこと、両親が身寄りのない子どもを100人以上連れて帰国する途中病気で次々死んでしまったこと、帰国して70人以上のクラスで勉強する中ついていけない友だちができることを工夫したこと、教わった先生から特殊教育をアメリカで学ぶようにすすめられてアメリカの大学に行ったこと、大学で助手をしながら11年アメリカで勉強して帰国したこと…。言葉で形容できないくらいの話でした。
■そして次の項には、
2.ことばの発達についての基本的な考え方
1)ことばの発達は全体的な発達の一部である
2)発達には一定の順序性と 方向性がある
3)発達に 個人差が つきものである
4)発達は子ども自身の のびる力と 子どもをとりまく環境との 相互のかかわりあいの中で可能となる
とあって、講義はその理論的背景とビデオやスライドを使ってのケース・スタディでした。
■飯高先生も人と人との関係、コミュニケーションの大切さを強調してみえました。人と人との信頼関係があって初めて言葉の学習も可能となるのです。そうそう、コミュニケーションは音声言語だけではありませんね。
■昨日さくらんぼ保育園でたくさん体を動かしたので今日の座学はかなりがまんするところがありました。仕方ありませんね。あと、とりとめのないことを書きます。
■いつだったか、会社や学校帰りの人でいっぱいの新宿駅の構内を歩いているとブルース・ハープがきこえてきました。ハーモニカで吹くブルースです。路上パフォーマンスです。私は音のする方に行ってみました。すると、ネクタイにダークスーツのサラリーマンと思しき長身の青年がビジネスバッグを後ろに置いてブルースを奏でているのです。彼にとってそのひとときが彼のアイデンティティーなのかも知れません。痛快だと思いました。昼間はオフィスで黙々と仕事をしてアフターファイブの新宿駅で路上パフォーマーに豹変するのです。なんだかすてきでしたね。
■今年の知的障害教育コースのメンバーは近年にない集まりなんだそうです。乗りやすい。しかも悪乗り。でもよく遊ぶヤツほどよく仕事?をする。一昨日の実地研修先の教頭先生の話がけっさくでした。「昨年の研修員の方は良識ある紳士的な方ばかりで…」と、質疑の時間に質問もなくあっさりと終わったそうなんですが、今年はすごかったです。次々と質問が出て3人の教頭先生は回答に焦ってました。(私も質問してしまいました。知りたいことは知りたいのだ!)
■研修棟では毎日どこかでパソコン教室が始まります。休みのたびに秋葉原でパソコン買ってくる人がいて初歩の初歩からインターネット、画像処理まで一気に勉強しています。南大沢学園の中学部の音楽の時間にパソコンでヤマハのピアノプレーヤーをドライブしていたのを見てパソコンを買う決心をした人もいます。NISEの研修制度はひょっとしたら経済波及効果も大なのかも知れません。またそれだけコンピューターはいろんな可能性をアピールするモノなのでしょう。これもネットワークがあるからこそなのだと思います。コミュニケーションですね。私自身もニフティのネットワークと資産を利用したくてパソコンを使い始めました。1996年夏、4年前のことです。今期の研修員は研修期間が終わってからもインターネットで情報のやりとりをします。私は音楽ソフトの使い方をレクチャーして音楽情報のネットワークを広げようとしています。1人1人は1本の細い根です。でもその1本1本が集まると強靭な生命力をもつ草がたくましく成長します。研修が終わってから研修が始まる、そんな気がするこの頃です。だって、あと1月しか久里浜にいられないのだからアフター久里浜を考えてしまいます。

久里浜だより20(2000/6/12)
■金曜日から日曜日にかけて自宅に帰っていましたのでご無沙汰してしまいました。
■家に帰ったらハッピー(猫)のお腹が大きくなっていて、なんと、日曜日の朝、4匹の子猫を産みました。子どもは大喜び。ハッピーはぐったり疲れていました。ハッピーはグレーのトラです。子猫もみんなグレーっぽい。養子先募集しまーす!
■9日金曜日の午前中の講義は大阪工業大学教授角田禮三(かくた…)先生の『交流による教育』でした。角田先生は養護学校の校長で定年まで3年を残して退職されたとのこと。したいことがあったから。それはボランティアです。ちょうど阪神大震災が起こって馳せ参じた。そうしてボランティア三昧の人生を楽しんでいたら大阪工業大学から声がかかって、若い人たちに自分の考えや体験を伝えたいと大学の先生になる。奥さんと娘さんからは「おとうちゃん、すじがとおらん!」と大反対されたそうな。講義にだんだん熱が入ってくると大阪弁でえらい勢いでしゃべるのでおもしろい。吉本や!(ご本人がそういうとる) 講義そのものの内容もよかったです。最後に涙が出ました。
■角田先生は「生きる力」とグローバル(地球規模)な考え、そして子どもも先生も自分で動いて体験することの大事さを強調してみえました。
■角田先生がスコットランドの養護学校に行かれたときのことです。子どもたちが電卓を持ってスーパーに買い物に行きます。「これは安いけど傷みが激しい。賞味期限をよく見なさいよ…」と消費者教育を実地でして、子どもたちは欲しい物の金額を電卓に入れて買えるかどうか確かめてからレジで支払う。さすが生協発祥の地や、と感心。しかし、「電卓つこたら計算することおぼえやへんのとちがいまっか」と聞いたら、その学校の先生が「ちょっとちょっとみてみ、あの子、そろそろ計算できそうや。こんど来るとき電卓にカラの電池入れとくんや。それで、さあ、買い物やいうときに、あっ、電卓が使えん! そんなこともあるやろ、だから紙の上で計算もできやなあかんのや、と勉強するんや」と言ったそうな。大笑いしてしまいましたが、日本はどうや? 1対1で一生懸命九九覚えた、けど使えん…69人の研修員はシーンとしてしまいました。
■角田先生は知的障害の養護学校と通常の学校との交流に関わってみえます。交流にポランティアを組み込んでいます。養護学校と通常の学校の子どもたちが力を合わせて計画と準備をして老人ホームに行き、障害がある子もない子もともにボランティアをします。このあたりの話は細かいので省略!(角田禮三編著の『ランティア教育のすすめ』明治図書\2060にくわしい)
■OECD(経済社会改革機構)の「21世紀に向けて求められる教師の資質能力」をご存知ですか? 私は知らなかったんですが、7つの資質能力の4番目に「障害児を指導する力量をもつこと」とあるとのことです。世界中のすべての教師にその力量が求められています。言われてみれば当然なことですけどね。あとの6つの資質は「先生たちよ、自分の言葉で語れるか?」というようなもの、だと私は受け取っています。
■この講義のノートを読み返すと話があちこち飛んで字が乱れ切って読みづらい。そういえば話がよくあちこちした講義でした。
■最後に知的障害の養護学校の子どもたちが坂本九さんの『見上げてごらん夜空の星を』を手話入りで歌って交流相手校の子どもたちがびっくりしたというエピソードを紹介していただきました。私たちも手話入りで歌いました。ふだんボランティアを受ける側になりがちな子どもたちが、ちがう障害をもつ人とのコミュニケーションの手段である手話で歌う、というその「文脈」に、そして坂本九さんのあったかい歌声に、ホロッとしてしまいました。とてもよかったです。詞も曲もいいですね。(よくできている曲なので私は「クリシェ」という伴奏パターンの練習に使っていました。だからなつかしい。)みなさん、子どもたちと手話で歌いませんか!
■金曜日の午後は東京学芸大学名誉教授の山口薫先生の『発達障害児と学校教育』という講義でした。山口先生はまた「文部省学習障害及びこれに類似する学習上の困難を有する児童生徒の指導方法に関する調査研究協力者会議主査」という肩書きももってみえます。これってずいぶん長ーい名前です。この会議は結果発表までになんと7年もかかっています。「名は体を表す」といって笑ってはすませられない時間のかかりようです。
■講義はLDの子どものセッションの記録ビデオやイタリアのインクルージョン教育のスライドも見せていただいて、また、ポーテージプログラムの紹介もあって3時間があっという間に過ぎてしまいました。山口先生は日本ポーテージ協会の会長でもあります。ビデオのセッションはうまくいった例とはいえ子どもは劇的な変わりようでした。
■金曜日の2人の講師の先生もイギリスやアメリカ、イタリアなどで障害児教育のようすを実際に見てたいへんよかったと話をされていました。またある講師の先生は「自分の子どもが障害もっていたらアメリカに住まわせたい」と言ってみえました。私のノートにはその前後に「これは教育の問題だけではない。文化etc…」「アメリカでできることは日本でもできるんじゃないかな」というメモが残っています。がんばろう!
■今日12日月曜日の午前中は京都市立西養護学校教頭の朝比奈覚順(あさひな・がくじゅん)先生の『高等部教育と進路指導』でした。朝比奈先生も話に熱が入ってくると関西弁でまるでケンカ腰の講義となってきます。事実、学校でも教委でもよくケンカなさったとか…。お名前からしてどこかお寺のご住職かな、左手首には念珠もある…がっちりした体格だし昔なら僧兵だな、とここだけの話だよ(^_^)
■朝比奈先生は「養護学校生徒の進路開拓をめざす・巣立ちのネットWORK」を創設された方です。朝比奈先生に限らず、進路関係の講義の先生方は「みなさんは卒業生がどうしているか、どんなところで働いているか、知ってますか?」と必ず問いかけをされます。高等部だけではない、小学部も中学部も子どもたちの進路を知っていなければ今どうあるべきかわからない。私にとってこれは課題です。
■午後は旭出学園教育研究所研究員の服部美佳子先生の『発達障害のアセスメント1:理論』という講義でした。明日は実際にさまざまな検査の演習です。
■この日曜日にインターネットで障害児教育や障害がある子どもの親のホームページをたくさん見ていました。目の前の子どもがいちばん大事なんですけど、ときにはホームページの親の声に触れることも大事かな、と思いました。
■『久里浜だより』にたくさんメールをいただいてありがとうございます。お返事が書けなくてごめんなさい。今夜もごめんなさい。

久里浜だより21(2000/6/14)
■やっと雨があがりました。窓を開けて久しぶりに潮騒をききながら部屋で過ごしています。
■昨日は1日中検査検査でした。検査といってもドッグじゃなくて、『発達障害のアセスメント2:演習』で、K−ABC、田中ビネー、WISC−V、遠城寺式・乳幼児分析的発達検査、CLAC−U、PRS、SM社会生活能力検査、自然観察法、を延々とやりました。その他、紹介だけの検査も含めるとすごい数の検査の研修をしたわけで、1日があっという間に終わってしまいました。
■最後に話があった「AAMRによる診断、分類、サポートシステム」がたいへん興味深いものでした。AAMRとはAmerican Association of MentalRetardation(アメリカ精神遅滞学会)で、またまたアメリカです。
■第1段階として「精神遅滞の診断」をします。1)知的機能がIQでいうと70〜75以下、2)2つ以上の適応スキルにおける問題、3)発症年齢が18歳以下、という3つを満たす場合に精神遅滞と診断します。
■第2段階は「分類と記述」です。「知的機能と適応スキル」「心理・情緒」「健康・身体・病因」そして「環境」の諸要素についての「分類と記述」です。コミュニケーション、身辺処理などの項目についてそれぞれ「力(strength)」と「力
の弱さ(weakness)」を記述します。「環境」の項目は「生活環境」「職場環境」「教育環境」そして「最適環境」(自立と相互依存を助け、生産性を高めて、コミュニティへの統合を進める最適環境を記す)です。散文的な記述となるのでしょうか。
■第3段階は「必要なサポートとプロフィールのレベル」で、「知的機能と適応スキル」「心理・情緒」「健康・身体・病因」そして「環境」の各項目について「サポートの機能」「活動」「サポートのレベル」を記入します。「サポートのレベル」とは「一時的intermittent」「限定的limited」「長期的extensive」「全面的pervasive」で、それぞれにくわしい内容が例示されています。
■この「AAMRによる診断、分類、サポートシステム」は、障害の程度を「軽度・中度・重度」などと分類していません。その人の「力(strength)」と「力の弱さ(weakness)」をコミュニケーションや身辺処理などについて記述して、それぞれに必要なサポートをしていこうというものです。根底にはインクルージョンの思想があります。「重度だからここでこれ」というような割り振りとも受け取られかねない考え方とは根本的にちがう、と私は思います。
■今日は午前中が研究討議、午後は講義、夕方は研究討議の続き、夜は文集の編集でした。なんと忙しいことか!午後の講義は筑波大学講師の宮崎信明先生の『脳のはたらきと障害』でした。これは明解な話でした。たくさんたくさん、これでもか、というくらいの情報量でした。話は、新生児、脳性麻痺の仕組み、てんかんの仕組みと薬の知識、ADHDと自閉症についてでした。
■超未熟児(700〜800g)のスライドはかわいそうでした。髪の毛くらいの太さしかない腕の血管に点滴の針を入れられて、体には心電図や二酸化炭素などのセンサーが付けられていました。その子が成長したときの写真を見るとホッとしました。でも、反対に小学校6年生で髄膜炎になって重い障害が残ってしまった例もありました。
■脳性麻痺はかつて脚にくる場合が多かったのですが、それはちょうど脚の動きを司るところの脳が発達するときにトラブルがあったからだとのことです。34週、1500gで生まれてくる子どもに多いそうです。しかし今は医学が進歩して34週くらいで生まれてもうまく育ち、脚に麻痺がくることも少なくなって、脳性麻痺もどんどん減って、体全身に重い麻痺がある子どもが残り、また、増えてきているのです。
■脳の発達期のある時期のある場所のトラブルが障害を起こしている。障害は脳が完成する前にこわれて、発達の過程で他の部分が影響を受けて起こるのではないかということです。自閉症は脳の右と左の機能分離が発達の過程でうまくいかなかったことで情緒不安定になっているのではないか、ということも言われてきているそうです。
■てんかんはいろんなタイプがありますね。薬の特徴を知っておくべきだとその説明がありました。また主治医と学校の連絡で使っている例をコピーさせていただきました。
■てんかんの子どもはプール水泳をさせない、するんだったら親がプールサイドで見ていること、としている学校があります。でも、プール水泳の途中は大きな心配はないとのことです。脳の働きを抑制するシステムは興奮しているときに強く働くので、脳の勝手な暴走(てんかん)を起こさせにくくするからなんだそうです。そうでない場合、興奮していときに発作が起こりやすい場合もありますからプール水泳は医師の判断によります。
■てんかん発作がこわくて学校行事に参加しないことは子どもの発達にとってマイナスになるので、プール水泳に限らず、修学旅行などへの参加も、投薬の指示をきちんと守っているか、家族が参加を強く希望しているか、などの条件を整えている病院もあります。
■ADHDがリタリンという薬で改善されるという話は前に書いたように思います。でも薬に頼るだけでなく、刺激を少なくする、友だちとうまくいくように配慮するなど教育的アプローチも合わせて行って医療と教育が融合してうまく乗り越えさせることが大事。
■では、自閉症はどうかというと、今のところうまくいってない、つまりいい薬がないんだそうです。TEACCHプログラムなど教育プログラムしかうまくいかない、という医師もいるようです。
■宮崎先生はずーっと喋りっぱなしでしたがまだまだ話し足りないと言ってみえました。もっともっと教えてほしかったけど半日3時間ではこれが限界か、残念!

久里浜だより22(2000/6/15)
■久しぶりに晴れました。午後はちょうど体育健康です。もう走るしかありません。
■午前中は東京学芸大学附属養護学校教諭の井上美園先生の『障害児と性教育』の講義でした。
■はじめに話をされたケースが、今の障害観の象徴のように思いました。生活寮で暮らすある女性が勤務先の男性と恋愛関係になりました。ところがその男性には妻子がありました。生活寮では職員がたいへん心配して本人から話を聞き、相手の男性からも話を聞きました。その結果、純粋な気持ちで好きになって不倫していることがわかって、本当だったらやめさせたいが、そうして恋をするのも権利だし、結末で傷つくのはあなたですよ、と話して支援することにしました。不倫を支援する? 応援することではないが、見守っていくことにしたんだそうです。
■午前中の講義が終わったらすぐ洗濯機を回して、その間に食事です。洗濯物を干してちょっと休んでジョギングに出発!今日は横須賀まで行こうと裏山にあるという近道を探したけど見つからずに時間ばかり過ぎてしまって、近場の「くりはま花の国」に行くことにしました。近いので遠回りしました。ずっと上っていくとハーブガーデンがあったので入ることにしました。500円。私はメッシュのランシャツにサイドが開いたランパン、そしてスポーツ・グラスというスタイルだったのでチケット売り場の人にジロジロ見られてしまいました。
■ハーブガーデンに入るとハーブの香に包まれてなんと気持ちのいいことか。サントリーナの白い葉っぱがきれいです。そして「うさぎのしっぽ」というギリシャ語のラグルス。そういえば今はちょうど麦秋だなぁと、明和町あたりの金色に輝く麦畑を思い出しました。おかしかったのはラムズイヤーが「ラムズイヤーズ」と複数形になっていたことです。英語ではそういうのかな? ラベンダーソフトクリームがあったので食べる。300円。淡い紫色のソフトクリームだよ。おいしかった。
■花の国のハーブガーデンはとてもよかったです。ハーブガーデンにありがちな生え放題で荒れた感じはまったくなくて、雑誌の写真のようでした。
■帰ってシャワーを浴びて、宿泊棟のグレ電で障害児教育関係のサイトからデータをHDDにため込んでいたのですが、これがすごい量です。これをプリントするのかと思うと時間とインクがバカにならない。モノクロ専用プリンタしか持ってきてないし…と考えていて、ふと気がつきました。モノクロのプリントといえば研究所のレーザープリンタです。これなら通信もプリントもお金がいらないではないか。なんだ、どうしてもっと早く気がつかなかったんだ、と5時過ぎに研究所へ。
■さあ、プリントしよう…?…プリンタが動かない。プリンタのウインドウで確かめると、だれや、日本ハムファイターズの公式ホームページをプリントしようとしたのは! 障害児教育とどう関係があるんや! そこでプリンタ・エラーになって止まっているではないか。仕方なく別の端末コーナーに行くはめになりました。
■そこで150枚くらいプリントしました。今日はTEACCHを中心に情報を集めました。自閉症のための教育プログラムですね。外国の情報、民間団体での実践、学校での実践、家庭の声、などほんとにたくさんの情報です。インターネットをうまく使えばどこにいても勉強ができるのだ。
■『久里浜だより』購読の方から「構造化」について質問をいただきました。構造化といえばTEACCH、TEACCHについて次のサイトをご覧いただいてはどうでしょうか。
■日本自閉症協会京都支部
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/atoz3/ask/index.html
■京都府立向日が丘養護学校の自閉症児の療育アイデア集
http://www.asahi-net.or.jp/~qc3t-msn/zihei.htm
■能代知的障害研究会
http://www.shirakami.or.jp/~sakurada/top.html
■TEACCH:家庭内の構造化の試み
http://www.synapse.ne.jp/~shinji/jyajya/wadai/teacch1.html
(このページをご覧になったらページ下の「表紙にもどる」をクリックしてみてください。自閉症のデータ・ベースです。)
■自閉症関連のリンクのページ
http://www.geocities.co.jp/Beautycare/2812/link.html
■障害児教育用語解説ならこれはどうだろう
http://www.edu-ctr.pref.kanagawa.jp/daini/FAQ/start.htm
■では、また。

久里浜だより23(2000/6/16)
■今日は2コマの座学でした。午前中の講義でかなりエネルギーを使ってしまったので、午後の講義は半分くらい機械的にペンを走らせているような感覚に陥ってしまいました。終わったらヘトヘトで、部屋に帰ったらいすに座ったまま眠ってしまいました。右手の親指は腱鞘炎なのか、慢性的な痛みがあります。こういう経験はちょっとできない貴重なものなんでしょうね…(-_-)…
■午前中はNISEの重複障害教育第一研究室長の土谷良巳先生の『重度・重複障害児の指導』でした。盲・聾・肢体不自由・知的・自閉などの障害がいくつかある子どもたちの話で、これは自分の勤務校の子どもたちの姿です。
■主体性、自己実現、自己決定、生きる力はスキルとして教えられるのか。スキルならアメリカやカナダの考え方でいくとプログラム化される。でも生きる力ってIEPの長期目標や短期目標にどうやってのっけられるのか。
■困ったときは逆転の発想で、どんな状況におかれたときに主体性が損なわれているのか、と考える。それは、わかりにくい状況、できないことを求められるとき、常に先取りされた状況、共有できない状況で、そんなとき不安と緊張を与え、子どもは受け身の生活となる。こんなときは、制約となっている項目をあげて1つ1つつぶして子どもがどう変わっていくかみる。これは指導の前にやること。(学習以前の問題ということですね)
■ここでアメリカのビデオを見ました。『Getting in Touch 〜Communicationwith a Child who is Deaf-Blind〜』(盲・聾の子どもと接するためのタッチ・コミュニケーション)です。盲・聾の子どもと接するお母さんや先生のためのビデオとのこと。子どもたちがまわりの状況がわからなくて不安になったり緊張したりしないために、子どもたちに提供しなければならない情報をどうやって伝えるか、というスキルをまとめたものです。(土谷先生は同時通訳+画面を止めての解説付きで私は唖然としてしまいました。)障害がある子どもたちとかかわるときにいちばん大事なことは「個別性」で、ここから考えていく。(例えば「知的障害の子どもたちは…」という発想はない。)そのスキルは自分の勤務校では日常的にしていることでしたが、もっとていねいに子どもたちとかかわらなくてはならないな、と反省しました。
■土谷先生は、カレンダーボックスやオブジェクト・キュー、カードなどの小道具を使って、ネゴシエーションという考えで子どもの主体性を育てる研究を続けてみえます。ネゴシエーションは交渉です。コミュニケーションがうまくいくからといって両者が完全に納得することは限りません。しぶしぶ妥協する、主張しながらも妥協することが多いですね。そんな交渉、対話、やりとり、かかわりが大事で、それを助ける小道具の工夫が必要です。オブジェクト・キューやサインに一貫性をもたせること、選択肢を設けることなどたくさんの内容でした。
■肢体不自由の養護学校の鎌倉養護学校のビデオも見せていただきました。子どもと先生とのあーでもないこーでもないというやりとりは度会養護学校の子どもたちを思い出してしまってテレビの画面に見入ってしまいました。
■土谷先生は障害がどんなに重くても自分の意志を表すことの大事さを最後に強調してみえました。
■午後の講義は立命館大学の望月昭先生の『ニーズのアセスメントと対応〜障害観の変遷〜』でした。午前中の講義の「選択肢」に「他の選択肢」が選べるものを加えたときの子どもの反応などについて話がありました。「AかBか、もっと他のもの」という具合です。
■『煉獄のクリスマス』が最近日本にあったという話はショッキングでした。乱暴な言い方ですが、問題行動は周囲の人間が事態を難しいものにしていくという実話でした。
■そんな講義の休憩に研修棟の2階のベランダから海を見ていて、ふと久里浜養護学校を見ると、先生が「公開授業」という縦看を門にくくりつけていました。明日は授業参観みたいです。おとなりの研究所には案内も何も来ないのかな? 行けるのかな? 行けたら行きたいのですが、保護者を対象にした参観かも知れません。
■では、また。

久里浜だより24(2000/6/20)
■先週からあっという間に火曜日の夜になってしまいました。土曜日はレポート書き、日曜日はピアノの演奏会、昨日月曜日は町田市への研修、そして今日火曜日は2コマの講義でした。
■ピアノの演奏会は映画『シャイン』のモデルとなったデビッド・ヘルフゴット本人の演奏をきくことができました。場所は渋谷・文化村のオーチャード・ホールです。
■デビッド・ヘルフゴットは駆け足でステージに登場。膝を折って何度も何度も嬉しそうに客席を見ました。プログラムです。
ショパン/『雨だれ』『ノクターン変ホ長調』『幻想即興曲』
ラヴェル/『道化師の朝の歌』
ドビュッシー/『亜麻色の髪の乙女』『月の光』
ミリー・バラキレフ/『イスメライ』
リスト/ピアノソナタ ロ短調
■『雨だれ』のなんときれいな音か。限りなく静かで透明感があって、ひとつひとつの音がていねいにていねいに紡がれていきます。戦慄が走り、全身の感覚が彼のピアノに集中します。
■ピアノを弾きながら、彼は絶えず何かしゃべり続けます。片手が休みのときは大きく腕を動かしてまるで指揮をしているかのようです。グレン・グールドと似ている。でも、デビッド・ヘルフゴットは客席に顔を何度も何度も向けながら「どう?、そうだろ、そうなんだよ、そしてこうなんだよ」と言っているかのように口も動かせてピアノを引き続けます。すべてのコンサート活動をやめてレコーディング・スタジオでピアノを引き続けたグールドとそこがちがいます。
■ショパンの前奏曲もノクターンも即興曲も、みんなテンポを自在に揺らして、強弱のつけ方も好きなようにして、でもそれが何の不自然さもないのです。すてきでした。よーくきくと、あれ?…ここはこんな和音じゃなかったはずだよ、ここの装飾音のつけ方がちがう、など、音までも変えてしまっているのですけどごく自然に流れる。音楽が彼の表現そのものなんだと思いました。
■彼の病理はくわしくは知りません。1997年5月4日の中日新聞の『中日春秋』には「精神を病んで入院生活をしたことがある」とあります。彼は今も常動行動があり、精神状態は完全には治っていないのでしょう。音楽が彼の支えの1つになっているのだと思います。http://www.chunichi.co.jp/news2/chu/shunju/9705/970504sj.htm
■翌19日月曜日は、町田市のすみれ会館で音楽療法のセッションをいくつか見せていただきました。すみれ会館は就学前の発達が気がかりな子どもたちの療育を進めています。
■午前中は肢体不自由と知的の重度重複の子どもたちのセッションでした。直径5センチくらいの小さなシンバル型の鐘をやっと動く手でチリンと鳴らしてすごく嬉しそうな笑顔を見せてくれた子、音楽療法士の歌いかけでタンバリンに手を伸ばす子、音楽の力はなんと大きいのだろうとあらためて思いました。療法士の方は特別なことはしませんでした。歌いかけて、待って、子どもからの働きかけを受けてまた笑顔と歌で語りかける…。保育士も子どもの動きを必要最小限支援するだけでした。防音設備が施された静かな部屋で子どもと療法士の対話が続きました。
■子どもがたたく太鼓や体の動きに、療法士がピアノを即興で弾いてやりとりをするセッションもあるとのことです。午後のダウン症の子どもたちのグループ・セッションのリトミックで、そんなやりとりの片鱗を見せてくれました。ピアノの弾き方一つで子どもと豊かなやりとりができるものです。でもピアノを弾く技術以前に療法士の方が子どものことをよくわかっていて音楽の楽しさを共有していることを強く感じました。
■今日20日火曜日は実践女子大教授の中根晃先生の『自閉症の病理』と植草学園短期大学講師の名古屋恒彦先生の『生活単元学習の指導』でした。
■『自閉症の病理』の中根晃先生は医学博士です。医学博士ならではの緻密な医学的分析と教育プログラムの有効性がどう結びつくのか、という未知の部分について先生ご自身の推論を加えるという、私の頭ではちょっと理解し難いところもありました。カオス理論をご存知ですか? 「カオス」「ゆらぎ」「ノイズ」…うーん、勉強しないとわからない。
■午後の『生活単元学習の指導』は学習指導要領の呪縛?から離れたところで、生活中心主義とイデオロギーっぽく言ってしまうと誤解があるかも知れませんが、子どもの生活を大事にするという点でたいへん共感するところがありました。
■今日の講義はくわしい資料がありません。ノートは49ページ取りましたが書いた本人さえも解読困難!
■ところで水越けいこさんをご存知ですか? ♪ほほにキスして そしてさよなら 今度会う時は笑顔で…と歌ってヒットした歌手です。20年前のことです。デビュー前は朝の天気番組のレギュラーで、私はこの頃から知っていてファンでした。彼女の子どもがダウン症で、夫が家を出て行き、車を売って生活費にするような日々もあったとのことです。朝日新聞東京版6月19日(日)で大きく取り上げられていて初めて知りました。今彼女は「コンサートを開いたり、インターネットを通してアルバムを発売したり、徐々にだが活動の場が広がってきた」(朝日新聞)とのことです。検索エンジンで「水越けいこ」でサーチすると100件以上ヒットします。よかったら一度アクセスしてみてください。

久里浜だより25(2000/6/21)
■今日は千葉県立野田養護学校長の中坪晃一先生の『作業学習の指導』と淑徳大学教授の宇佐川浩先生の『認知の発達と障害』でした。千葉県を二分する…という組み合わせなんだそうですが、研修員たちは「いいとこ取りをしたらいい」と、いたって冷静です。
■宇佐川先生の講義はすばらしかったです。レジメの冒頭を引用します。
■「淑徳大学発達臨床研究センターの障害幼児にたいする長年の臨床活動からは、発達障害児の認知発達そのものを中核にすえて発達臨床を展開していくことが、もっとも本質的な発達支援活動になりうると捉えられている。ここではこれまでの臨床的研究をもとに、認知発達とその臨床方法論について考えてみよう。」
■宇佐川先生の講義は前々から楽しみにしていました。ビデオもたくさん見せていただいて、3時間があっという間もないくらいすぐに過ぎてしまいました。そして、レジメが自分の言葉で書かれていることに感銘を受けました。
■夏に淑徳大学発達臨床研修セミナーが開かれます。6月中なら参加できそうとのことです。案内は届いているかと思いますが、もしまだでしたらお送りします。同セミナーの概要をお知らせします。
■第25回淑徳大学臨床研修セミナー
期 日:2000年8月4日(金)〜5日(土)
テーマ:障害児の発達臨床における対人関係論の再考
会 場:淑徳大学(千葉市)
定 員:500名
参加費:3000円
内 容:
8月4日(金)
事例研究1「初期段階の子どもの発達過程〜臨床像の異なる2事例の検討〜」
(淑徳大学大学院:池畑 美恵子)
事例研究2「発達障害児の音楽療法における対人関係の変化について」
(日本臨床心理研究所:薬師神 彩)
講演「太田ステージの視点からみた対人関係」
(東京大学医学部付属病院精神神経科:染谷利一)
講演「感覚と運動の高次化の視点からみた対人関係」
(淑徳大学発達臨床研究センター:宇佐川 浩)
8月5日(土)
事例研究3「自閉傾向幼児の対人関係とコミュニケーションの発達過程」
(淑徳大学発達臨床研究センター:阿部 秀樹・小倉美紀)
講演「動作法の視点からみた対人関係」
(文京大学:今野義孝)
シンポジウム「障害児の発達臨床における対人関係論の再考」
(パネラー:染谷利一・今野 義孝・宇佐川 浩 /司会:金子保)
■開催案内(申し込み用紙)がご入用の方はお知らせください。ディズニーランドも近いよ!

久里浜だより26(2000/6/22)
■夕方から雨が降りだしました。沖縄は20日に梅雨が明けたそうですね。久里浜は暑かったり肌寒かったりで、風邪気味の人もいます。みなさん、体調はいかがですか?
■今週もあと1日で終わりです。明日の研究協議の原稿書きと検討をしたり文集の仕事をしたりと、あっという間の1週間でした。今夜、レポートの原稿を書いたらこの土日はちょっとゆっくりできそうです。
■今日の午前中は東京都立七生養護学校教諭、石丸良成先生の『演習:図工・美術の指導』でした。「自由な表現活動は心の解放につながる」「感覚的なものを全部出して表現に結びつける」と、結果として作品はできるが、そのプロセスを大事にした表現活動について実践紹介をされました。
■ビデオで実際の美術の時間のようす、そして子どもたちの作品を見ることができました。子どもたちは自分の活動に集中していました。「障害が重い子の方がつくるものがおもしろい」…たしかにそう感じました。「型にはまっていないから」…たしかにそうでした。現代美術に通じるところがあるということで、現代作家の作品も見せてもらいました。大きな大きなカンバスに絵の具をバケツでぶちまけたポロックの絵、足で描いた白髪一雄の絵、ベニヤ板をくりぬいて組み合わせた斎藤義重の作品…「ほとんど障害児美術」というコメントに笑い声、それが何百万もすると聞いて「おーっ!」と驚きの声です。
■久里浜に来て小串里子先生と出会い、軽井沢で美術館に行ったりして、それでなくとも街には絵などがたくさん飾ってあり、むしろ街そのもの、人の動きやスタイルそのものがアートに思えてきているこの頃です。石丸先生のビデオにも音作りや体の動きの表現活動がありました。今研究協議でまとめようとしている表現活動は同じ方向性をもっています。
■後半はスチレン版画の演習です。私は久しぶりの「美術」でなんだか緊張してしまいました。初めての素材なのでどうするとどうなるのか、という見通しがもてなかったからでしょうか。素材を楽しむなんて余裕はありませんでしたが、そうして新しい素材にドキドキすることが素材を楽しんだことなのかも知れません。どうにかできて、69人の研修員の作品、A5くらいの小さな作品ですが、みんなの版画を正面のホワイトボードに貼ったらこれがなんと、とてもすてきでした。
■生活単元学習や作業学習に力を入れている養護学校の日課表には、教科としての美術がない学校があることがわかってきました。逆に、日課表は音楽・美術・体育ばかり、という学校もあるのです。同じ知的障害の養護学校なら私は美術がほしいと思っています。技法を追うばかり、作品の出来栄えを追うばかりでない表現の時間の確保として。音楽も体育もそうです。
■それにしても石丸先生の頭はずいぶん柔軟だと思いました。美術も音楽も体の動きも、みんなアートとして取り込んでしまう。子どもたち一人一人の今の幅を広げる活動としの表現を追求されています。理論もきちんとまとめてみえます。
■午後は安田生命社会事業団子ども療育相談センターの主任相談員、新井利明先生の『社会性の発達と障害』でした。レジメがあまりに細かくていねいにもれなく作っていただいてあったのでノートは少し取っただけでした。何を社会性としてそれがどう身に付くのか、考えてしまいました。

久里浜だより27(2000/6/23)
■今朝は5時前から起きていて一日中どーも頭がすっきりしませんでした。時間切れなので朝5時からレポートの原稿をまとめました。空は曇っていました。なんとか原稿が形となって、午後の研究協議で検討も終わりました。この土日で仕上げて月曜日から最終チェックです。
■夕方はブック・セラピーと称して本屋で立ち読みをしました。ずーっと立ち読みをしているとだんだん頭が冴えてきます。単に血が下がって頭が軽くなっただけなんですけど、そんなときにけっこうおもしろい本と出会います。今日はオリヴァー・サックスの『レナードの朝』(ハヤカワ文庫 2000.4 \980)です。映画では知っていましたが原作を手にするのは初めてです。(この文庫版は新約版です。)普通、映画は原作のごく一部しか映画化されません。『レナードの朝』も例外ではなく、その文庫本は厚さ2.5cm、解説も入れると661ページもあります。映画はレナードという患者一人のストーリーでしたが、原作は20もの症例の記述があり、前後にくわしい医学的な考察があります。
■この忙しいときになんでこんな分厚い本を買ったのかというと、パラパラと見ていて「カオス」という言葉があったこと、目覚めたときの患者の言葉が興味深かったこと、そして患者についての叙述に心を打たれたからです。
■患者は嗜眠性脳炎という病気のために何十年も眠り続けて、1969年、ある薬によって目覚めて徐々に生活を取り戻していきます。眠り続けるといっても同じ姿勢をとり続けることで、その薬には副作用があります。
■作者のオリヴァー・サックスは精神科医です。彼が患者を見つめるまなざしに深い感銘を感じます。読んでいると活字の中から患者が目に見えるようであり、また、一人一人の患者と共感しあう何かを感じます。深い愛情といえるかも知れませんがそれはものたりない表現です。
■そんな本と出会って心を打たれた今日の自分は、午前中の講義で同じような感覚を味わったからだと思います。
■吉備国際大学教授の小林重雄先生の『自閉症児の特性と対応』の講義で、私は、自閉症の人たちの感じ方を実感した思いがしました。内容は行動療法なので「うーん」と感じる方もあろうかと思いますが、小林先生の自閉症の感じ方の話はたいへんわかりやすいものでした。
■自閉症だから視線が合わないのではない。見たいものはちゃんと見る。視線を合わせたくないから合わさない。誰かと視線を合わすことは強すぎる刺激だから避ける。赤ちゃんはお腹がすくとかオムツが濡れて気持ち悪いという生理的な要求から泣いたり、また、相手してほしいと泣く。ところが自閉症の赤ちゃんは生理的要求では泣くが、余分な刺激はいらないからそれ以外のときは泣かない。誰かの顔が近づくなんておそろしい刺激だから誰かが近づくようなことはしない。(中には縦揺れを好む自閉症の子もいて抱いて揺すってほしいと泣く子もいるようです。)自分を守るために刺激を避ける。そのために人とのかかわりが少なくなって社会性の発達にマイナスになる。
■こんな話をまるで自閉症の人の心の声のように話をされるものだから聴き入ってしまいました。誰かのことがわかるとか理解するとか、一体どういうことなのだろうと考えてしまいました。障害を言葉や理論でとらえることは大事です。でも、どこまで障害がある身の上(どうもへんな表現だな…)に近づけるというのだろう。
■『レナードの朝』の「付録7《レナードの朝》の演劇と映画」はそのあたりのことについてたいへん示唆に富むエピソードをいくつか取り上げています。レナードを演じたロバート・デ・ニーロはもちろんのこと、『レインマン』で自閉症患者を演じたダスティン・ホフマンも次のようなエピソードで取り上げられています。
■「何年か前、ダスティン・ホフマンが私を訪ねてきた。彼はそのとき、映画《レインマン》のために調べ物をしていたのだ。そこで私が担当していた自閉症患者を訪ね、その後植物園を散歩した。私は映画監督と話をしながら歩き、ダスティンは数ヤード後ろを一人で歩いていた。突然、私は患者の声を聞いたような気がした。びっくりして振り返ると、そこにいたのはダスティンだった。彼は先ほど会った若い自閉症の男のことを、体を使いながら考えていたのだった。」(『レナードの朝』P.636)
■「体を使いながら考えていた」というくだりは、私たちのグループが進めている研究協議の「体が動けば心も開く」という考え方に通じるところがあります。通じるというよりそのものかな。
■ロッキングをしている自閉症の子どものロッキングのリズムに合わせて自分もロッキングをしてアプローチしていくという小林先生の話は、音楽療法も似た手法なんですけど、俳優が役になりきるときの手法そのものだと思いました。自閉症の子どもへのアプローチは他の方法もありますが、これも「人間存在の根源をなすものについての示唆を与えてくれる興味深い障害」(石川知子2000)だということを目に見える形として教えてくれるエピソードだと思いました。
■ウイスキーのロックを飲みながらこんなこと書いていると頭はカオスそのものです。シラフで読んでくださったあなた、ごめんなさい。

久里浜だより28(2000/6/27)
■こちらでは三宅島が噴火しそうで、朝からヘリが飛び交って臨場感がありました。
■みなさんお元気ですか? 私は先週夜更かしが続いて疲労困憊、土曜日は昼の2時まで寝たり起きたりで、あとは本を読んで過ごしました。日曜日はちょっと元気が戻ったので銀座のアンティークカメラ店を回ったり、楽器店で楽器やCDを見たりしました。お昼は贅沢をして、クレヨンハウスの有機野菜たっぷりのバイキングを山盛り2皿食べて大満足でした。クレヨンハウスでは、町田市のすみれ会館の音楽療法のセッションで使っていた鐘(タンバリンについている小さな円盤状の鐘)を見つけました。ドイツ製、2枚で1セット、なんと4800円! ボーナスが出たら買って帰ります。勤務校の授業で使えるかな、と思います。
■さて、講義は昨日今日で4コマありました。昨日は筑波大学教授池田由紀江先生の『ダウン症の特性と対応』、奈良県立西の京養護学校教頭小原信先生の『養護学校における教育相談の役割』、今日は千葉大学附属養護学校副校長三田一夫先生の『日常生活の指導』、そして午後は埼玉県立寄居養護学校教諭土野研治先生の『演習:音楽の指導』でした。(土野先生の「土」はJISに入ってない字で、「土」の右上に点を一つつけた字です)
■いろいろ思うことがありました。が、今日の午後、土野先生の音楽の講義は私にとって最高の時間でした。こんな講義は丸々1日とってほしいものです。
■ノートは…36ページ取りましたが、そのままだとわかりにくいので私の感想をお伝えします。
■使った曲は『大きなくりの木の下で』、『小さな世界』(ディズニーの『It's a Smoll World』)、『きらきら星』の3曲と、ペンタトニックの即興とリズム伴奏的な即興でした。もっといろいろな曲が出るかな、と思っていたのですがこれだけでした。養護学校でのマン・ツー・マンの授業(音楽療法のセッション)では、やはりピアノの即興と『大きな古時計』でした。特別な曲はありませんでした。
■しかし、子どもたちと土野先生とのやりとりは、ビデオですが、これはすごかったです。音楽で子どもたちとこんなにコミュニケーションができるものかと…音楽がきちんと土野先生の言葉になっているのです。子どもの動きを引き出したり、誘ったり、フェイントをかけたり、元気づけたり…。
■土野先生のピアノの演奏技術はもちろんすごいものです。今日の講義でも『大きなくりの木の下で』の前奏で呆気にとられてみんなの歌いだしが遅れたくらいです。どう「すごい」かというと、シンプルだけど雄弁で色彩感があるのです。右手は主にメロディーを弾いていますが、左手は複雑に動いて、右手と左手のたった2音の組み合わせにもかかわらず、曲の流れの中で一つ一つの場面を見せてくれるのです。これは和声進行の理論的な要素が半分です。
■でも、その前に、土野先生と子どもたちとのかかわり方が大事です。その上でテンポや音の大きさを自在に揺らすことによって子どもたちへの働きかけを音で表現する土野先生のセンスが生きるのです。センスとは音楽の感じ方の幅の広さと柔軟さです。セッションのビデオでは一瞬一瞬が勝負でした。子どもの動きに応じてテンポや音の大きさはもちろんのこと、使う楽器や空間の使い方をどんどん変えていきます。
■ビデオ(知的障害養護学校小学部)の自傷の場面はショッキングでした。でも、音楽室でセッションが始まると、その子の自傷行為がなくなるどころか、音楽を媒体として土野先生といろんなやりとりができるのです。それは彼の主体的な動きだったと感じました。
■土野先生は音楽大学の声楽科を卒業。肢体不自由の養護学校で11年、宇佐川先生のもとで音楽療法など長期研修をされて、その後知的障害の養護学校で10年、そして今は病弱の養護学校に勤務されています。ビデオは知的障害の養護学校の記録でしたが、子どもたちの体の使い方を重力との関係でとらえるなど、知的障害の養護学校の子どもはよく体が動くけど決してうまく使っているわけではないと、肢体不自由の子どもたちのとらえ方から何度か指摘をされました。私らは知的障害教育コースですから土野先生もそのあたりを意識されてのことでしょう。
■文献紹介のプリントでは私が好きな本も何冊か上がっていたのでちょとうれしくなりました。直接音楽療法の本ではありません。井上直幸の『ピアノ演奏法』(久里浜に来るとき私も持って来た)、畑中良輔の『演奏家的演奏家論』(学生の頃読んだなつかしい本)、長田弘の『黙されたことば』(詩集)、そしてグレン・グールドやジャクリーヌ・デュ・プレの演奏です。
■土野先生は7月8日に神奈川県藤沢市で講演をされるとのことですが、この日は淑徳大学の宇佐川先生の音楽療法のセッションを見せてもらうことになったので行けません。土野先生は、あと、8月29日に広島で講演されるとのことです。これは広島大学の若尾先生の音楽療法の研究会かも知れません。
■最後に、土野先生の著書を持ってきているのでサインをしていただきました。がんばろう、と思いました。
■土野先生の講義の内容はきちんとまとめたいと思います。時間がかかりますが、ほしい方は連絡してください。夏休みになるかも知れませんが。

久里浜だより29(2000/6/30)
■レポートの印刷もあと表紙を残すだけ、座学も今日で終わるなど、ある程度メドがついてきたはずなのにチマチマと忙しいことに変わりはないという毎日です。そういえば今週は文集作りもけっこういろいろありました。文集のカラーページは保存性を考えてカラーコピーにしたので、コンビニで延々とコピーして帰ったら午前様という日もありました。でもみんなとワイワイとやってるのは楽しいものです。あと、近くのロシア料理店「火の鳥」にも行きました。ものすごい風の中、野比の海岸沿いの道を歩いて行ったら、潮風で顔もメガネもみーんな塩辛くなってしまいました。
■28日は研究協議と体育・健康でした。体育・健康はレポートの最終チェックと印刷に使ってしまって、嵐のような天気ということもあってジョギングはしませんでした。
■29日は、昨年まで千葉大学附属養護学校教諭だった水戸正衛先生の『遊びの指導』と東京都立保健科学大学助教授の野村みどり先生の『バリアフリー生活環境論』でした。
■『バリアフリー生活環境論』では欧米のようすを100枚以上のスライドで見せてもらって、これはカルチャーショックでした。
■個人主義の社会で障害のある人たちが生き抜くためにはそれなりのスキルが必要で、「自己主張訓練」というプログラムがあると先週の講義で聞きました。でも、今日は、誰かが「これをしたい」と表明したらそれをどうかして実現できるようにしようという支援が「システムとして」素早く組まれるように感じました。事実そうなのでしょう。
■アメリカ、カルフォルニアのバークレーの大学で学ぶ日本人の話です。彼は電動車いすを使っています。手にも障害があります。「日本には戻りたくない。日本では私は不具者だ。」野村先生にそう言ったとのこと。日本ではどこの大学にも受け入れてもらえなかったとか。これは一つのエピソードです。すべてではありません。でも、彼が20年生きてきてそう感じたことは事実として受け止めなくてはならないと思います。
■プレイセラピーの紹介もありました。1977年、スエーデンでプレイセラピーが制度化され、病院はプレイセラピーの提供が義務となりました。プレイセラピー科です。病院の待合室もおもちゃや大型の遊具があります。そして子どもへのインフォームド・コンセントも行われて、子どもが治療の意味を彼らなりに理解すると大人よりも辛抱強いことがわかっているとのこと。野村先生が脚本を担当された映画のビデオを注文したのでぜひ見てください。(少子化と医学の発達で病院に入院する子どもが減ってきている中、各地で子どものための病棟の閉鎖が聞かれるのはどこの国か! 土野先生の病弱の養護学校のとなりの子ども病棟も今年度いっぱいで閉鎖されるかも知れないとのことです。)
■そうして子どもたちが大切にされるのと同時に、職員の健康も同じくらい大切に考えられています。子どものいすと机は台に乗ったりして高くなっています。先生が中腰や前かがみにならなくてもいいようになっているわけです。天井のリフターのレールもそうです。
■スライドを見ているうちに、画面の中になんとなくのんびりした印象をもちました。時間の流れがちがうように思えてきました。たぶん私は貧乏性でゆとりがなくなっているのでしょう。早く職場に戻って子どもたちと過ごしたいと思っています。講義も演習を2つを残すだけとなりました。
■「ゆとり」でふと気づきました。小出進先生を頂点する「生活を中心とした教育」は一体なんなのだろう。千葉大学附属養護学校小学部の「遊びの指導」はわかる部分が多い。中学部の生単も。でも中学部と高等部の作業ばかりの、作業ばかりではないというが、あのがむしゃらな毎日は一体何? この目で確かめてみたい気もします。
■今日は、愛知県立一宮東養護学校教諭の堺和之先生の『算数・数学の指導』と埼玉大学附属養護学校副校長の桜井康博先生の『国語の指導』でした。「生きる力」がキーワードでした。
■さて、明日からは最後の土日です。本屋めぐりをして仕事の本を買い集めてきます。手に入りにくい本は直接出版社に行って見せてもらえるように電話して頼みました。めいわくな客です。

久里浜だより30(2000/7/3)
■今日は1日中演習でした。教材教具の作成です。私は研究協議のグループのレポートの仮想指導案に出てくるパネルシアターを作っていました。
■私たちのグループには美術が専門の人が2人いるので絵はバッチリです。宇宙をイメージした表現活動がテーマなので蛍光絵の具とブラックライトを使います。プレゼンテーションは5分足らずでしたがハプニングがいくつもあって爆笑爆笑でした。
■パネルシアターの教材もいくつかコピーできたので夏休みはパネルシアター作りもしたいと思っています。東京都立調布養護学校の中学部の音楽の授業で使っていた『おもちゃのチャチャチャ』もあります。いろいろ作ってみたいと思います。自分で絵が描けたらいいのに! こちらに来て美術の先生はいいなぁと何度も感じました。(逆に音楽の先生はいいなぁと言われますがそれぞれ悩みがあるのだよ!)
■夕方にNISEの是枝先生のムーブメントの実技がありました。ロープやフラフープ、バルーンを使いました。バルーンはやっぱりいいものですね。初めてバルーンを体験した人たちは感動してました。
■この土日は東京行脚をして、本と楽譜、楽器などを買い集めていました。1か所に3〜4時間いるので1日に2か所が限度です。クレヨンハウスや楽器店など回りました。昨日は銀座のヤマハに4時間もいて、外に出たらホコテンが始まっていました。道のド真ん中の炎天下のベンチでしばし足を休めました。マン・ウォッチングがとてもおもしろくて、WENDYでハンバーガー買ってきて食べながら1時間近くいました。
■そして野比の駅に着いたのが5時半で、道をまちがえて海岸に出てしまいました。たくさんの人がのんびり過ごしていて、私も駅前で買ったビールを1本飲みながらまたまた1時間つぶしてしまいました。銀座も久里浜の海岸も、こうしてのんびりする時間はもう最後だと思いました。
■明日、免許取得のためのレポートの課題が発表されます。ますます暑い!
■暑い日が続きます。みなさまお体に気をつけてください。

久里浜だより31(2000/7/4)
■今日、最後の講義が終わりました。最後の講義は愛知県教育委員会特殊教育課主査の佐藤賢先生の『演習:体育の指導』でした。
■体育の時間の運動を子どもたちのハートレート(脈拍)から評価する話がありました。トライアスロン界では10年以上も前からハートレートを重要な指標とするトレーニング方法が主流となっています。学校でもようやくそうした視点が入ってきたのかと感無量、とは大げさなんですが、そういう思いもチラリ! 私もセンセーのはしくれなので、「いいと思ったら自分からやらなあかんやねえか」という声が…言い訳がましくなりますが、小学校勤務の頃は学年に応じて取り入れてました。理由は、すごく飛躍しますが、長い目で見て生涯スポーツへつながるかなと考えたからです。
■話をもどします。講義では、障害のちがいと体育の時間のハートレートのデータとの差とか、いろいろ興味深いデータがありました。動機づけでどれだけ「記録」が伸びるか、という点では、自閉症の子どもたちがいちばんよく伸びるとのことでした。動機づけでいちばんいいのは何だと思いますか? 先生の声かけです。
■あと、すごくおもしろい教具?を作りました。新聞紙とビニールテープでボールを作るのです。これでキャッチボール、バレーボール、サッカー、ホッケー、キックベースボールをしました。蒸し暑い体育館で大人が夢中になるほどおもしろかったです。中には「体育」が苦手な人もいたはずなのに! 障害のあるなしに楽しめる最高のボールだと思いました。知的障害の子どもたちはよく動くのだけど体をうまく使えてないから、ボールを投げられない、受けられない、蹴れない…そんな子どもたちにもってこいだと思います。投げやすい、受けやすい、蹴りやすいボールです。作り方はホームページに画像でアップしたいと思っています。ちょっと待ってください。
■最後の講義が終わって、免許の単位認定のレポートの課題が発表されました。課題からNISEのプログラムの意図がわかります。NISEでは、今、障害児教育で何が重要視されているのかということが。
■夜、荷物の箱詰めをしました。トラや帽子店の『誰かが星をみていた』をききながら片づけをしました。明日の夜、手話で歌う歌や障害児教育で使いやすい歌を歌って勉強する会があります。そのときに歌いたい歌があって伴奏をしてほしいとある人から頼まれて、今朝あずかったCDに『誰かが星をみていた』が入っていたのです。MDに録音させてもらって、結局、この歌ばかりききながら帰る仕度をしていました。久里浜に来る直前に教えてもらった歌なので、今度はこれをききながら帰り仕度をするのは、なんだかしみじみとしたものがあります。明日の夜の勉強会でも取り上げようと思います。

『誰かが星をみていた』 Someone Watching the Star

アフリカの星を みて
ゾウたちは そだった
くさはらに ねころんで
流れ星を みてた

南極の星を みて
ペンギンは そだった
氷山に ねころんで
流れ星を みてた

いつでも 星は あった
誰かが 星を みていた
過ぎていく 時の流れ
星だけが 知っている

ニッポンの 星をみて
ボクたちは そだった
物干しに ねころんで
流れ星を みてた

■ (みなさーん、最近、星たちをゆっくりみてますか? そういえば私は久里浜の星をみた、という記憶がない! 帰るまでに夜の海岸でゆっくり星をみたい!)
■明日明後日は自己研修です。渋谷のこどもの城などに行ってきます。しつこく!

久里浜だよりを読み返して(2005/1/21)
■久里浜だよりの最終号は研修全体について書こうと考えていましたが言葉になりませんでした。メールマガジンを送りつけられた勤務校のみなさんへのお詫びもせずに久里浜だよりは終わってしまいました。そのことをずっと引きずってきました。でも、それがいつしか私のパワーの源になっていることに気づきました。
■この冬休みの勤務先の養護学校での勉強会で使うスライドを作っていて、私の大きなターニングポイントはこの国立特殊教育総合研究所での研修だったとあらためて思いました。第一線の研究者と実践者と出会えたこと、その情熱と真摯さに私はひれ伏す思いの毎日でした。研究することの大切さを肌で感じました。そして、比喩的ですが、私はそこで言葉を学びました。言葉が大切なのだと思い知りました。2か月の講義録は3穴のルーズリーフ数百ページにもなりました。私の宝物です。現任校に赴任して7年が過ぎようとしています。異動があるかも知れません。この7年の間に教えていただいたことを自分の言葉で多くのみなさまにお伝えするときがきているものと思っています。
■最終日の翌日、千葉淑徳大学発達臨床研究センターの音楽療法のセッションを見学させていだたくことになっていましたが台風でセッションは中止となってしまいました。これがとても残念でした。一昨年のセミナーでも台風が来ました。私が淑徳大学に行こうとすると台風もついてくる…今年度も天災に翻弄されっぱなしのスクールバス係でした。いや、まだあるかも!