フジフィルムのスーパーデジタルプリント(02/3/23)
■初めてデジタルカメラのデータを銀塩ペーバーにプリントしてきました。店はカメラのキタムラ松阪店で、フジフィルムのスーパーデジタルプリントというシステムです。写真は勤務先の養護学校で子どもたちの毎日を撮ったおよそ600枚です。
■銀塩フィルムからデジタルプリントしたプリントのクオリティには不満があったので今回も期待していませんでした。ところがです。圧倒的なクオリティに驚きました。子どものなめらかな肌、細い髪、目の輝き、笑顔、伸ばした指先、プールの水の透明感…インクジェットでプリントしたとき不満があった暗部の階調もなめらかで色のにごりも格段に優れています。
■私はフジフィルムのFienPix4700Zというデジカメを使っています。第2世代のハニカムCCDで、記録画素は432万画素です。ところがハニカムのデータ補間を使うと画像データそのものはかなり落ちます。1画素あたりの面積が大きい方が画像そのもののクオリティが高いというセオリ通りです。私はハニカム補間を使わないばかりか、画像サイズも小さめの130万画素で撮っています。これが今回とてもいい結果になったようです。64MBのメディアで198枚も撮ることができます。この1年間に仕事で撮った写真は4000枚余もありました。その中からおよそ600枚をセレクトしてサムネイルをプリント、CD-Rに焼いてプリントに出しました。
■フジフィルムのデジタルカメラはとにかく肌がきれいに写ります。撮影時の補正はありません。ただシャッターを押し続けました。フジフィルムのデジカメとフジフィルムのデジタルプリントシステムとの相性がいいことは同一メーカーだから当然ですが、それにしてもここまできれいだとは驚くほかありません。これは銀塩フィルムメーカーのフジフィルムが生き残りをかけて開発したシステムだと思いますが、色調のコントロールのノウハウはフィルムメーカーとしてこれまで蓄積してきた資産の底力といえるでしょうか。
■一眼レフタイプのデジカメが出そろいつつある今、各メーカーの特性がはっきりしてきたように思います。私はコンパクトタイプのデジカメならフジフィルムが好きですが、一眼レフタイプのデジカメとなるとキャノンです。ハードの性能の向上が際立つ中、その性能に見合うレンズは、これも好みですが私はキャノンのレンズの方がどこか暖かさを感じて好感をもっています。単に解像度などの数値だけではわからないレンズの魅力もまた銀塩と同じなのです。ボディのデザインや使い勝手もキャノンが好みです。
■4000枚の中の数枚はEOS D30で撮りました。ファイバーストリングス(光ファイバーおよそ200本)の光だけというむずかしい条件下、EF50mmF1.4を解放で使いました。画像はFinePix4700Zとは比べものにならない高いクオリティです。600万画素のD60も魅力ですが、そこまでの画像サイズはファミリーユースでもてあますでしょうね。ただ、D30のコダクロームライクな色調は好みが分かれるところですね。私は好きですが…
■それにしても1年間に4000枚、よく撮ったものだと自分でも驚いています。銀塩で撮っていたらとんでもない支出になっていました。