poco a poco にスタッフとしてご参加のみなさまへ
2005.6


はじめに
東京ディズニーランドを経営するオリエンタルランド社長、加賀見俊夫氏の経営哲学は障害があるお子さんのQOL向上への支援にも共通するものがあると考えています。「TDLの成功の秘密はこだわりですね。自分たちが決めたハイクオリティーなスタンダードをどう維持していくか。妥協は絶対しない。」キーワードはSCSEです。「Safety=安全性、Courtesy=礼儀正しさ、Show=ショウ、Efficiency=効率」です。障害があるお子さんへの支援にも当てはまるキーワードではないでしょうか。毎日が安全で安心できること、人権を保障する第一歩は礼儀正しさであること、人生の演出もQOLを高めること、出会いの一瞬一瞬を大切にすること、私はそう考えてセッションの準備をし、セッションに臨みます。どうかご理解の上ご参加ください。

■いっしょに参加します
音楽を感じてセッションのプログラムに子どもたちといっしょに参加してください。
・質問には後でお答えしますのでセッション中にメモなどをなさらないようにお願いします。

■お願い
・子どもたちが部屋に入ったそのときからセッションは始まっています。心の準備をしてください。強い刺激となるような言動はなさらないようにしてください。(スタッフの私語などが影響するときは退室していただきます。)
・服は原色やキャラクターなどの大きな柄を避けてください。思い切った動きが取れないスカートもご遠慮ください。

■ポコ・ア・ポコについて
poco a poco (ポコ・ア・ポコ)は発達につまずきがある子どもとのかかわりへの音楽療法の活用と応用について実践研究することを目的とするサークルです。(略称「ポコちゃん」 poco a pocoは音楽用語で「少しずつ」の意。)
・セッションは音楽を用いての@コミュニケーション、A自己実現、B自尊感情を育むことの3点を基本方針とし、子どもたちのQOLの向上を幅広いパラダイム(枠組み)から求めていきます。もちろん、音楽が余暇の楽しみとなってくれることを願っています。
・気になるお子さんの子育ての相談にも応じます。

■ポコ・ア・ポコのセッションについて
・音楽を感じることをいちばん大切にしています。音楽をより感じるために動作があり、鈴やバチなどの道具を使います。動作と道具によって自分の体を意識しやすくなります。感覚がより活性化します。そのことで自分自身と対峙し、ボディイメージの獲得や心地よさをよりたくさん感じることができます。調和のとれた音楽の文脈に自分の身も心も預け、満足感と達成感を味わいます。そのことが発達を助けることにもなります。これはリトミックの考え方と共通するところです。
・音楽は子どもたちの動作と心の感じ方を応援します。意味づけします。それでいいんだよ、とバックアップします。
・ミュージック・ケアのプログラムには「動」と「静」の場面が何回も出てきます。「静」は曲の前に、曲の中で、曲の終わりに出てきます。運動機能の発達から見れば「動」が大切ですが、情緒・心理面の発達から見れば「静」が大切です。「動」と「静」のコンビネーションは自分をコントロールする力を助け、情緒・心理面の発達を援助します。もちろん、できるだけ質の高い援助でなくてはなりません。

■ミュージック・ケアについて
・ミュージック・ケアは「音楽の特性の一部を利用して、その人がその人らしく生きるための援助を行うことであり、子供の場合はその子供の持っている力を最大限に発揮させ、発達の援助を行うことである。」という考えのもと、「音楽の特性を生かして、対象者の心身に快い刺激を与え、対人的な関係の資質を向上させ、情緒の回復や安定を図る。さらに、運動感覚や知的機能の改善を促し、対象者の心身と生活に好ましい変化を与える。」ことをねらいとしています。
・具体的な手法と理論についてお知りになりたいときは説明しますのでその旨お伝えください。

■ポコ・ア・ポコの活動について
・ポコ・ア・ポコのセッションは夏休みなど学校の長期の休みに教職員の研修として保護者のご理解を得て始まりました。お子さんを参加させてくださる保護者のみなさまに感謝しています。2003年度から毎月のセッションも行ってきています。学校の教職員だけでなく、趣旨に賛同していただける方といっしょに研修をしていきたいと思っています。

・研修はミュージック・ケアを中心に、音楽と音楽療法について幅広く勉強していきたいと思っています。また、発達につまずきのあるお子さんへの支援についても音楽だけでなく幅広い情報交換をしていきたいと思っています。セッションについても説明責任があります。セッションの後に療育について相談があることも少なくありません。

<資 料>勤務校(度会養護学校)の校内研修会から

同和教育研修資料 2003.1.16

音楽と自己実現文責:飯田幸雄)

1.さりげなく、でも、大きな音楽の力
2.マズローによる欲求の5段階構造を音楽で体験すると…
・<生理的にいい感じ!> → <安全、帰属、愛…> → <尊 敬> → <自己実現>
・自分の力で成し遂げるのがいちばんだが、そんなにうまくいかないことが多い!
・自分だけでは到達しにくいから適切な支援が必要
・難しいのは自分のコントロール
  ・身体的な側面
  ・知的発達の側面
  ・心のコントロールの側面
 …むずかしいところがゴールにもなる…
・それぞれの文脈を読み、新しい文脈をつくっていくということ
・クライエントとセラピストとふたりと…
3.音楽にも文脈がある
・知識と技術と感性と…
・モードということ
・生活から生まれた節回し
・同和教育に通じること

音楽とは自分自身を語ること
音楽とは自分自身と語ること
音楽(教育)とは語るべき自分をつくり、もたせ、守らせること。
音楽など芸術は人が幸福に生きていけるための感性を養う手段
北村 智恵